ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

2015.07.18 Sat » 櫛田神社の「温泉」

櫛田神社の「霊泉鶴の井戸」の写真です。
20150718meisui1.jpg

で、由来や飲み方を説明してあるこの掲示は意識にのぼりやすいですよね。
20150718meisui2.jpg

一部読めない文字がありましたが文字おこししておくと、
お櫛田さまの御本殿地下からは
昔も今も変わることなく滾々(こんこん)と
霊泉が湧き出で不老長寿の
いのちの水として霊験誠に灼(あらたか)と
信仰され(?)時参拝者が絶えない 飲料水

この霊泉をいただくには、
一口目には 自分の不老長寿を
二口目には 家族の不老長寿を
三口目には 親類縁者の不老長寿を
心で念じながら三口でお飲み下さい 社務所

で、これを読んで霊泉をいただいて終わってばかりでしたが、
先日ふと掲示の裏に温泉成分表があるのに気づきました。
霊泉が温泉だったとはイメージなかったのでちょっと驚きました。
20150718meisui3.jpg

これも前半部分を文字起こししておくと、

泉質 含食塩塩化土類泉(緩和性・高張性・冷鉱泉)
成分 カルシウムイオン・ナトリウムイオン・マグネシウムイオン等
効能 飲用=慢性消化器官疾患・慢性便秘症等

◎ただし、飲用は杯一杯までが限度です

ちなみに、

浴用の効能も書かれてあって、リュウマチ・運動器障害・
切り傷・慢性湿疹・虚弱児童・婦人病疾患・更年期障害
吸入は慢性気管支炎・咽頭炎等
湿布=あらゆる外部炎症疾患

だそうです。

神社で温泉とか入れたらすごくご利益ありそうですが…
噴出量が少なそうですし場所がないから無理でしょうね。

んでも、特質としてかん味(塩辛い味)・苦汁味(苦み)、無色無臭
とあるから、この霊泉をかん水にした麺とか作って食べたいなあ~なんて。

あああもう少しこのネタはこねれそうな気がしますが
もう23:50なのでここでアップさせていただきます。

それではおやすみなさい。

関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1573-7c869edc

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif