ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

2015.07.16 Thu » この「セット炒飯」がすごい!

城南区のお仕事の日。久しぶりに車での出勤だったので、
ユニオンさんに「セット炒飯の量がすごい」と教えていただいたけれど
なかなか行く機会のなかった楽香園(らくこうえん)さんにいくことに。

20150716rakukouenmise.jpg
住所:福岡市南区鶴田2-22-27 (MAP) 駐車場:大量
営業:11:00~14:30 17:00~24:00

「営業時間が福源さんに似ています」との情報があったからかもしれませんが
お店を最初に見たときの印象は「福源さんそっくり」というもので、
なんの根拠もない私の勝手な想像ですが、
ブランドを統一するフランチャイズ的なやりかたではないけれど、
どちらかというと「持ち帰りから揚げやさん」の展開方法に似た感じで
ブランドは各店自由だけど、どこか全国的なコンサル的なところが用意している
「台湾料理店パッケージ」を共通して採用しているのだろうなあと。

まあでも他店にはないこちらのお店の特徴は「駐車場が豊富!」で
店の前の駐車場だけでも10数台ほど停められそうで十分なのに
さらに第2駐車場もある模様なので、
「リア充に反抗した哀れなぼっちたちが各自の車でやってきて相席で満員!」
なんてことにならない限り駐車場で困ることは皆無だと思います。

で、700円(税込)のラーメンセットのメニューがこちら。
20150716rakukouenramensetmenu.jpg

福源さんよりメニューも豊富で、
ラーメンは「(醤油・塩・豚骨)×(ノーマル・台湾)」の6種に
台湾味噌ラーメンと担々麺をプラスした8種類です。
(ノーマルの味噌がないのは何故だか不明ですが)

で、合わさるご飯ものは、炒飯、中華飯、麻婆飯、天津飯、回鍋飯、牛肉飯に
高菜炒飯と焼き餃子のセレクトが出来るのが特徴的かなと。

本当では高菜炒飯が食べたかったのですが、高菜をプラスした分
盛が減ってしまったりしては本末転倒(?)なので
ここは初志貫徹で「台湾塩ラーメン+炒飯」のセットで注文です。

で、出てきたのがこちら。
20150716rakukouenramenset.jpg

いやほんと炒飯の量は大満足で、もうほんと普通の1人前。
最初見たときは「どんぶりとかで丸く固めていないから量はさほどではない?」
と疑ったのですが、食べるとやはり充実の量であることがわかって満足です。

食感は、米粒一つ一つが離れた、いわゆる「ぱらぱら」系に思えましたが、
ぱらぱらを過度に目指して油多すぎて「揚がった」感じになることもなく
強すぎる火力で表面が「ぱりぱり」になってしまうこともなく、
米粒は分離しているけど内面は油ではなくうまみのある水分がしっかりあって
ピラフ的なしっとりしっかりした旨みと炒飯のぱらぱらが両立した感じだったかなと。

正直具などはありきたりで肉も少ないので、
口に感じる味自体は非常に「家庭的」なのですが、
食感に関してはほんとお店じゃないと出せないものだと思いました。

で、お次はラーメンの感想です。
20150716rakukouenramensetramen.jpg

「台湾ラーメン」というと「醤油系鶏がらラーメン」をベースにすることが
多い気がして、あまり「塩台湾」というのは聞いたことないなあ…
と思って注文したのですが、これは結構正解だったような気がします。

醤油ってなんでも飲み込んでひとつの「醤油味」にまとめる力が強い気がしますが
その分、他の味を目立たせるためには辛味や香辛料の量を増やす必要があって
そのため結果的に「辛い!」「スパイシーすぎる!」台湾ラーメンを生みがちだったかなと。

けれども塩のスープだと「辛味油」、「にら」、「ひき肉」の味がそれぞれ目立ちやすく、
そのためそれらがすべて控えめな味付けであったとしても
「台湾ラーメン」を食べているんだなあ!と思える力が増すように思えました。

まあでもそうして「ひき肉」の味が目立つようになる分、
肉の味の独特さも感じられたのと、福源さんには存在する
「ひき肉すくいようの穴あきスプーン」がないのが少し残念だったかなと。

ラーメンの麺は、黄色くつやつや透き通った加水率高そうな縮れ麺で、
この手のタイプはゴム系のぷりぷり弾むようなコシがあるのかな~
と思って噛み込んで見ると全然そういうのではない、
どちらかというと博多ラーメン的なさくっとぽそっと噛み切れる感じで
けれども粉感などは感じない結構独特の食感だったかなと。
確かにこの手の麺の方が、ざらざら系の麺だと辛味油つかみすぎて
くどくなりそうなのを避けることもできるし、
ニラのしゃきっとぬきっとした食感とぷりぷりが重なると
口の中で暴れすぎて延々かみかみし続けないといけなくなるのを
ぼそっとした感触でのどに流し込む働きがでていいのかもなあと。

量がうれしいのは「これをまだまだ食べ続けられるとは!」という
味のうれしさがあってこそだと思いますが、こちらのおせみは
その両方がそろっていてしかもお値段も安価、ということで大満足でした。
20150716rakukouenkodomomikoshi.jpg

7月18日(土)には鶴田1区のこどもみこし夏祭りが
午前10時から午後12時まで開催とのことなので
おそらく午前12時の間違いだとは思いますが見学がてら
ラーメンセットを食べにいらっしゃってはいかがでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
差し出がましいようですが
午後12時でいいんでは
Re: 差し出がましいようですが
コメントありがとうございます。

最初、私も「正午を意味する午前12時と午後12時って同じなのかな???」
と思って調べてみると、国立天文台 http://www.nao.ac.jp/faq/a0401.html 
とか日本広報協会のページ http://www.koho.or.jp/useful/qa/hyouki/hyouki07.html
を見る限り、明治5年に出された太政官達第337号で
正午は午前12時であって午後12時ではないことなどが決められているみたいです。

そうした知識を得たあとだったので、うれしがって書いたのですが、
説明不足だったため誤解されやすい書き方になっていたことお詫びします。

でも、私の長くて読むのに飽きる文章の、最後の方まで
目を通していただけたこと分かってすごくうれしいです。

誤字脱字に誤った情報などの多数混ざる本ブログですが、
今後もいろいろと教えてもらえると幸いです。
午前零時は真夜中
午後零時は昼間
かち歩きおみこしなのかもしれません。
だから午後12時の真夜中

久しぶりに食べ物(外食)の話で安心しました。

Re: 午前零時は真夜中
コメントありがとうございます。

アルコール度12%の赤ワイン720mlを空にした状態でコメントの返信をしているので
返信に失礼な内容などありましたらお許しいただけると幸いです。

小学生の頃は、自然の家での宿泊訓練や天体観測などで
夜遅くまで起きていても良い体験が大好きだったので、
真夜中まで続くお祭りがあったらいいなあ…とは思いはしたのですが
やはり正午までのお祭りだろうなあと思ってのブログ記事になっております。

最近、外食自体は続けていたのですが、ブログに書けるかと言うと
・・・・・。な出会いばかり続いていたので困っていたのが実情です。
(大分も無理だったりして3店ほど連続で書けておおりません。・゚・(つД`)・゚・。)

そこで、ユニオンさんに教えていただいたお店に行くと
こうしてブログに書けるような満足体験できたので、
ユニオンさんにお店を指定していただいて、そこに行って感想を書く、
みたいな流れにしたほうがブログの更新がはかどるかなあ…なんて
無茶なお願いを考えてしまったりもしております。

また、「こことか行ってみてはどうだ???」とか思われるお店などありましたら
こちらのコメントランでいろいろご示唆いただけると幸いです。
なるほどでした
おっしゃるとおり午前11時、午前12時(午後0時)でした。
いい勉強になりました。ありがとうございます。
Re: なるほどでした
コメントありがとうございます。

私の細かすぎるネタでまどわしてしまったのに、
こうして丁寧に返信いただけて感謝しております。

これにこりず今後とも本ブログに通りががっていただいて
お目を通していただけるとうれしいです。
余りラーメン食べないのですが
18日土曜日に久しぶりに長浜家1に行きました。
店員が外人さんのせいか「ネギ山」が通じない。
説明してやっと出てきましたが
ネギから水が出たせいか薄いラーメンでした。
ラーメン屋も外人店員の流れなのでしょうか。
Re: 余りラーメン食べないのですが
コメントありがとうございます。

私は一度もネギ山を頼んだことがないのですが、
他の方のブログを拝見する限りでは、
注文してもスルーされることは結構あるみたいですね。

飲食店などは特にアルバイトの人手不足が深刻みたいですね。
こうした現在の流れから、正社員の比率が増えるように
社会が動いていったらいいのにな~などと夢想しておりますが。



comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1571-f089e9dd

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif