ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

2015.02.18 Wed » メールに出る「加齢臭」と「青臭さ」

先日、友人とのやりとり媒体としてのメールの話を書きました。

で、メールに対しての意識が高まった状態でお仕事してて、
関西の同業他社の若い人からのメールを受け取って再認識したこと。

「若い人達は”時刻”に関わることからメールを書くことが多い」

今日の人は「こんにちわ」から書きだしておりましたし、
「夜分遅くすみません」なんて書き出しで若い人から
仕事用のメールが届くことが結構多いなあとは前から思っておりました。

若い人達にとって、最初にふれあったメール文化が「携帯メール」なので、
「メール=送ったその時点で受け取るもの」であり、
「送信時間=受信時間」という意識があるんだろうなあと。
20150218fushiginasora1.jpg

おっさんにとっては「メール=メーラーを立ち上げた時に一挙に受け取るもの」
なので、「送信時間」と「受信時間」は全然違うのが通常の認識かと。

それと似た若い人のメールの特徴として「自分の名前を書かない」
「件名も書かないことが多い」などもありますが、これはまた別の機会にて。

で、若い人が時刻に関するあいさつからメールを始めるとしたら
年寄りは「葉書文化」がまだ抜けきってないので、時刻じゃなくて
時候の挨拶から始めることが結構多いと思うのですがいかがでしょうか?
さすがに同じ職場の人のメールに書くことはありませんが、
数ヶ月単位でしかメールしない人に対しては、
「こちらは福岡にしては珍しく雪景色の朝を迎えました。
出勤に難儀して面倒と思いつつも、これが今年最後の雪になるかも…
などと思うとどこか名残惜しく思っている所存ですが、
そちらはいかがお過ごしでしょうか?」なんて書きだして書くことが多いです。
20150218fushiginasora2.jpg

なので、メールの書き出しが「時刻は若者」「時候は年寄り」
という法則があるのでは…忙しい若者とおいてけぼりのおっさんの
違いが明確に出ていて面白いなあ…などと。

もっと年をとったら、時候どころか「いずれの御時にか…」とか
「ここに…」とかから始めるようになるのかなあ…などと。
(ちなみに調べたら前者は『源氏物語』、後者は『古事記』の書き出しみたいです)
20150218fushiginasora3.jpg

最近麺の話が全然書けていませんが、金曜日は確実に外食になって
その後も時間が出来るはずなので、よっぽどひどいお店にあたらない限り(笑)
その日のうちに感想を挙げるつもりなので乞うご期待です。
関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1423-73509db6

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif