ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

2015.01.03 Sat » 今年の初ラーメン!!!

ここ数年、初ラーメンは「はかたや」さんに固定してきていたのですが
今年は「なるべく視野を広めてみる」を目標にしているので
他のお店がいいなあ…出来ればデフレラーメンで…と思いながら
馬出周辺を歩いていると福芳亭さん発見。

fukuyoshiteimise20150103.jpg
住所:福岡市東区馬出1-10-13 (MAP) 
営業:11:00~23:00(日月は21:00まで) 駐車場:なし 周辺コインPは豊富

よかった、330円だとまずは一安心。

香椎の九産大近くのお店が一時290円から390円に値上がりして
その後330円に戻したのですが、
こちらが390円だったらどうしよう…と思っていたのですが
330円だったので迷わず入店です。

fukuyoshiteimenu20150103.jpg

記憶ではカウンター6席に3テーブルくらいのコンパクトな店内は、
気のおちつかない高級感を演出するためではない
気のおけない日常感を提供するための気楽な和風でいい感じです。

で、出てきたラーメン330円がこちら。
fukuyoshiteiramen20150103.jpg

まず印象的だったのが表面に張る脂の層で、
きれいに透明な黄色い脂が4,5mm程度の厚さで拡がっていました。
この手の脂の豊富なラーメンは別に珍しいものではありませんが、
ふんわりさせてる膳さんや、あっさりさせてるはかたやさんなど、
脂を前面に出さないことが多いデフレラーメンの中では珍しく感じました。

では、スープ本体も濃厚なのかなあ…正月料理に慣れた胃に
いきなりこってり濃厚はきついかも…と少し身構えたのですが
スープ自体は醤油が前面に出るしっかり塩味だけど非濃厚系だったかなと。

で、カタ麺で頼んだ麺をいただくことにすると、
まず印象に残ったのがその白さ。
今写真でみるとそれほど「ホワイト」って感じではないのですが、
表面がつるつるつややかだったので光を集めやすく
そのため白さが目立ったのかなあ…などと。

で、そうしたつるやかな麺なので歯ごたえはもっちり系か?
と思って噛み込むと意外なほどざっくりぽっきり離れるタイプだったので、
量の多い脂をするりと持ち上げすぎず、さくさくと口の中を流れて
脂も一緒に運んで行ってくれるので口の中をさらりとしてくれていいなあと。

で、こうした麺だとバリカタで頼むともっとばっきばっきになるのかなあ…
と思って替え玉100円をバリカタで頼んでみると…
バリカタだとムゴムゴした弾力あるゴム系の食感だったのでまた意外でした。

私の勝手な思い込みでは、湯で時間の上昇により「粉感から弾力へ」
変化するのが普通な気がするのですが、その逆をいく変化だったので、
面白い麺だなあ…固さ指定を変えて替え玉した甲斐があったと満足でした。

トッピングはしっかり味付けで固さ香ばしさもしっかりしたチャーシューと
きくらげで、味の強めのスープと躍動感ある麺に合った感じでした。

強敵ひしめく福岡のデフレラーメン界ですが、この脂の使い方などで
オリジナリティある存在になっている気がしますので、
みなさまもぜひぜひ…って私が書かなくても、
九大病院に県庁に県警がひしめくこのゾーンなので
お昼時とかは阿鼻叫喚レベルの混雑なんだろうなあ…とは思いますが。
関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1377-cdd7b672

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif