ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

2014.09.08 Mon » 雑草として咲いた花 ~安宿のススメ~

もうよほど超人気すぎる観光地とかでない限り、
高級なホテルや旅館が建ち並ぶ中心からほどよく離れたところに
工事や建設や調査関係の中長期宿泊客が泊まる安宿ってあるもんで、
一人観光地に泊まる場合はそう言う場所を探して泊まるようにしています。

dinnerofsyowashinzan.jpg
(安宿の晩ご飯。ごはんがおひつでおかわり出来るのが救い(笑))

赤や緑の原色なのに歴史による減色で落ち着きをみせる絨毯に
すり切れて読めなくなった旅館名の書かれた茶色スリッパがならび、
無駄に磨かれた表面のつややかさと、無限に埃が入り込んでくすんだ
皺のコントラストが年代を感じさせる革張りのソファの奥には、
動いてはいるけど誰にも時を期待されなくなった柱時計と
栄枯盛衰を永久に訴え続ける賞楯と剥製と造花が居並んで、
同じく人生の盛りを過ぎた中年を優しく誘ってくれる…。
syowashinzanwithcosmos.jpg

こういうお宿を好きな人も意外といると思うのですが、
奥さん(or旦那さん)やお子さんと一緒だとさすがに嫌がられるだろうし、
本人としても甲斐性みせたいからまず泊まらないんじゃないかなあと。
lakeshikotuko.jpg

で、私のような貧乏性が高いホテルに泊まると
「料金分元とらないと!」みたいな貧乏性根性がフル回転して
「ホテルや旅館の設備を使い倒さないと!」みたいになってしまいがちです。

んでも、安いホテルや旅館の場合「安宿だから周りをみて楽しもう!」
てな感じのモチベーションが高まって、すごく早起きして
朝食前に外出してホテル周辺を観光したりするので、
結果として楽しい記憶が残る旅行になることが多いかなあ…なんて。
ここまで貼ってきた写真は確か6年前に北海道で昭和新山を見に行ったときに
早起きして朝食食べる前に撮った写真なんですが、技術的には下手ですが
風景自体をワクワクドキドキ楽しんで撮っていたのが自分には伝わってきて、
これは都会で高いホテルに泊まったときにはみられない感じだなあと。

breakfastofsyowashinzan.jpg

「安宿」なんて書いているのでホテルの具体名は挙げませんが、
この時泊まったホテルは正直料理も設備も「修学旅行的」だったけど、
その分目に入って来た風景の楽しさも「修学旅行並」だったよな…なんて。

syowashinzan.jpg

みなさまいかがでしょうか安宿たそがれ一人旅。

ある意味これから深まる秋の醍醐味ではないかと???
関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1259-29b02a5d

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif