ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

2014.04.29 Tue » どんたくが本格始動!

先日、櫛田神社に掲げられたどんたくののぼりについて書きましたが、
近日ではそれに加えてどんたくに関わる立て看板も掲げられました。
takekan.jpg

で、その写真を撮って出勤しようとすると、境内になんだか人の群れが…
のぞいてみると、どんたくのメイン行事である松囃子で
各流が持って練り歩く傘鉾に御神入れの神事が行われていたようでした。

残念ながら神事自体は終わっていて、福神、恵比須、大黒の3流のうち、
残っていたのは恵比須流と大黒流のもの2体のみでしたが、
こうして櫛田神社の境内で神様が入ったばかりの傘鉾を
写真に納めることが出来た僥倖に感謝感謝でした。

kasahokoofebisu.jpg
傘鉾をかぶってオバQ状態になって運ぶ人が
先輩に「ちゃんと上みとらんかい!」と指導されつつ
なんとか門をくぐって外に抜けていく直接的指導の姿。

kasahokoofebisu2.jpg
で、それを見ていたもうひとつの流の人が
誰かから何かを言われるわけではないですが、
先の流のやりかたをみていて要領よく門をくぐっていくのを見て
これが間接的な指導だわなあ…こうした日常に埋もれた
細かい細かい学習や指導がつもりつもって博多の祭りの伝統を
維持してきているんだろうなあ…バンデューラ万歳!なんて
わけのわからないことを思いながら拝見しておりました。

kasahokoofdaikoku.jpg

ピリと張り詰めて凜とした神事自体の厳かな雰囲気も好きですが、
祭りの後のどこかほっとした、ある意味弛緩した雰囲気が好きな私なので
こうした風景を見ることが出来て良かったなあ…と思って去ろうとすると、
神職の人が御神入れに使った紙吹雪(?切麻っていうのかな?)を
ほうきではいて集めている姿をみてほのぼのとしたものを感じつつ
「神様の宿っている物をほうきで(笑)」などと心の中でツッコミを(笑)。

sweepedpaper.jpg

ま、でもよく調べてみると紙吹雪自体は神様がやどっているものというよりかは、
周りを清め祓うためにまかれるものであるらしいし、
まあ、紙に神様が宿っていたとしても今は傘鉾に移られているわけだし、
なんというか神様が宿るとしたら紙そのものではなくて、
紙が示すそのゆらゆらとした動き自体に宿ってはるんやろうなあ…
なんてぼやっと思っていて、はたと出勤時間を思い出して退散したのでした。

behindofkasahoko.jpg

ちなみにユニオンさんから教えていただいた花電車、
確かにJRから私も見ることが出来ました。
私がみた時はすでに花は満開咲き乱れていたので
どんたくが本格的に始動したんだと実感。
昨年は4日にみにいったので今年は3日にみにいくぞ~~~!
関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1126-7b3efa9a

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif