ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

2014.02.12 Wed » 東のデフレラーメン王に突撃!

夜は新橋で飲み。

これまでは「最初に飲んでから〆にラーメン」というのが多かったのですが、
最近はそれだとすきっ腹にいきなりアルコールを入れることになって
酔っ払いすぎることが増えたので、飲む前にラーメン食べることが増えました

まあでも今から飲むのだから軽めのラーメンを…
しかもお財布にやさしいお値段も軽めのものを…
となると、関東ではここしかないでしょうということで
西のデフレラーメン王がどこかととわれると群雄割拠の体を示してますが、
東のデフレラーメン王はここであろう幸楽苑さんへ。
ちなみに公式の店舗一覧を見てもみごとなまでに日本の右半分のみ。
なのでデフレラーメニスト(笑)としては外せないお店でありながら
実はまだ一度も訪れたことがなかったお店なので感動もひとしおです。
kourakuenmise.jpg

店内はある意味「格安ラーメン店のスタンダード」と言ってもよさそうな、
すっきりシンプルな内装で、自動チャーハン製造機があるところやメニュー構成などが
かつてしょっちゅう通っていた「びっくりラーメン」に近いものあるかなと。

記憶ではびっくりラーメンが減衰の傾きに入っていったとともに、
幸楽苑さんが増加の傾きに入っていった気がしますので、
ある意味「格安ラーメン店のスタンダード」を引き継いだ感じかなと。

今調べてみると、幸楽苑さんの歴史自体はかなり長いものの、
値下げしてデフレラーメン界に殴り込みをかけたのは2006年からのようなので、
おそらく上に書いた私の感覚はそう外れていないのではと。

で、お店には嫌われるらしい「中華そば単品304円」を注文してしばし待つことに。

kourakuentennai.jpg
新聞片手にハイボール飲んで、ラーメンではなく酔いの到来を待ち構える人
つけめん大盛りに餃子にから揚げ!って頼む大柄な男性の奥で
「餃子だけでもいいですか。」と聞いてひっそりたたずむ猫背の中年男性、
ジュージュー軽快な炒め音を立てつつも、何故か機械自体は「無言」の印象があって、
重力に従いぼたりぼたりと落ちる運動を繰り返す自動チャーハン機の向こうには、
右、左、右、左とそれぞれの端で交互にかすかにつながることで
重力に逆らって何枚も連なるレシートのぶら下がっているのが見える…
なんて格安ラーメン店の心地よい風景にぞくぞくするほど感動していると
でてきたのがこちらです。

kourakuenramen.jpg

まずもって驚くのが値段に似合わぬ見た感じのきれいさでしょうか。
チャーシュー・ねぎ・メンマ・のりがバランスよく配置されて
そのまわりを透明すぎず不透明すぎずの褐色のスープがぐるりとかこんで
ギラギラ光ることはないけどそこそこ丸く厚くおちついた脂の層が浮かんでいます。

そしてまたきれいなのが麺で、結構太目で少し偏平した感じで
加水率は結構高めでつるぷやっとした感じで軽く縮れています。
麺の量自体はそれほど多くはないのですが、上記の形状の麺だから
噛み応えもあって口の中でのリズム感もあって食べがいがある気がします。

あと、チャーシューはちょいゴムハム感ある肉とぷるん感ある脂が
層になっているタイプで、この価格でこの厚さのが2枚あるのはうれしいよなあと。

という感じでスープ自体はチェーン店ならでは系なのですが、
麺やらチャーシューやらに手を抜かない感じがして満足度高いよなあと。

あああ福岡に来て欲しいよなあ…と切なく思いながらお店をあとにしました。
関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1051-dd949018

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif