ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

2014.01.31 Fri » ふきやさんに感動

先日「元関西人がふきやさんで食べた感想」なんて
まるで「数々のお好み焼き経験を経た上での重厚な考察」
でもするかのような書き方をしてしまっておりました。

しかし、これは私だけなのかもしれませんが、
関西人ってあまりお好み焼きを外で食べない気がします。

たこ焼きも同様ですが、たこ焼きの場合、寿司をぶら下げるほどの
お金のない時の親が酔ってぶら下げてくるものの筆頭がたこ焼きの気がするので、
まだお店の物を食べる経験は多いと思うのですが、お好み焼きはほんとないなと。

友人などと「たこ焼きパーティー」は経験あるけど
「お好み焼きパーティー」などでよそのおうちでお好み焼きよばれた記憶も皆無だし。

おそらく、愛知で「味噌煮込みうどんは家で作る方が多い」
人が結構いることとほぼ同様のことだろうし、
福岡だと、「屋台はよそからのお客が希望した時以外はいかない」
人が結構いることに似ている現象なのかなと。

てな感じなので、別に「関西との違いを見極めたい!」なんて気分ではなく、
「安くでかなり大盛りにしてもらえるらしい」という、
デカ盛りチャレンジ系のモチベーションとともにバスセンターのお店に。

fukiyamenu.jpg
住所:福岡市博多区博多駅中央街2-1 博多バスターミナル 8F
営業:11:00~22:00 定休:なし

15時を過ぎた平日、かつバスセンターの8F というロケーションなのに
テーブル席に空きはない人気にびっくりしつつカウンターへ。

肉の入らない生地自体の味を確かめるため貧乏なため
野菜焼き400円を大で注文してしばし待つことに。

fukiyasauce.jpg
ピントが爪楊枝にあっていてわかりにくいかもしれませんが、
ソースの容器にさされた刷毛が直立している様に
中島みゆきの『時代』の歌い出しを頭で口ずさみながら
ソースの濃さと粘度の高さに感服しておりました。

店員さんは4人いた気がしますが、焼きに関わるのが
1,2人なのは焼きへの技へのこだわりがあるのかなあ…
でも素人目にはお好み焼きの焼きの技術はわからんなあ…
なんて思いながらぼんやりと店員さんの焼き作業をみていると
焼き終わったお好み焼きをバシュバシュバシュっつと
ラピュタの雷のように豪快かつ鮮やかにこて入れて
きれいな碁盤の目状に切り分ける技に感服しきりでした。

で、出てきたのがこちら。

fukiyaokonomiyaki.jpg
すでにソースと青のりがついて出てくるのでまずはそのままで一口。

もっちり♪むっちり♪にっちり♪ねっちり♪
もったり♪のったり♪ぬったり♪ぺったり♪


粘性を表す数多のオノマトペが口腔いたるところに実存化してへばりつきます。
しかも、お好み焼きの表面と中身のそれぞれ異なるもっちゃりが
うまみの相乗効果ならぬもっちゃりの相乗効果を生んでなんたるHOWもっちゃり。

もう少し具体的に書くと、表面がひきというか噛み切り耐性のもっちりだとすると
中身はべたつくほどではないけどやはり接着系のねっちりを担っていて、
噛み入っても噛み入ってもねちの山(種は強力粉か?)てな具合。

いい!なんかいい!俺食ってる!

てな感じで、動かしているのは口だけなのに
全身で夢中に咀嚼しているような感じになれてなんかいい!

この時点での私の感想は「粉もんじゃなくて練りもん」だったかと。

で、最初からついてくるソースでかなり味がついているのと
小麦粉の比率の高さから来る高カロリーさのおそれより、
当初マヨネーズを使うのをやめようと思っていたのですが
やはりふきやさんにきてこれをつかわないのも…と思って使用を決意。

なんだかすごく不思議なぽったりふわん感のため、
なかなかスプーンから離れないのをえいやっと振って落としたら
まだ熱さの十分残る生地の上におちてもぷっくりまるんとした形状を保ってます。
で、食べてみると…これは…マヨネーズというか…カスタード???
基本的に私はマヨネーズは酸味が強い方が好きなのですが、
それとは対極にあるふんわりとした甘みのあるもので、
ねっちりした生地と果物系の酸味のあるソースの組み合わせに
まったくちがく味覚と食感を与えてくれてこれは面白いなあと。

そしてなによりうれしいのがこの量で、「大きいので」と頼んだので
特大ではなく大のサイズが出てきたみたいですが、
それでもかなりの満腹の量なので値段を考えるとすごいなあと。

「二郎はラーメンではなく、二郎という食べ物である。」
なんて表現があるそうですが、それこそ
「ふきやはお好み焼きではなく、ふきやという食べ物である。」
って表現が合いそうでこれははまってしまったなあと。いつ再訪しようかなと。
関連記事
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/tb.php/1037-0422b37d

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif