FC2ブログ

ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2020.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2020.07

2020.06.30 Tue » 明日はどっちだ?


六月三十日!

もう今年も前半が終わったことになるのですね~~~。

前半の思い出なんて,節分大祭の写真コンテストに落選したことを除けば
あとは新型コロナ一色だったような気がします。

って,思い出しちゃったじゃないですか節分大祭写真コンテスト落選。
まあでもどんたく写真コンクールも山笠写真コンテストも開催されないから
落選を2回逃れられたのかもしれませんね。・゜・(つД`)・゜・。

ということで半年の振り返りは終えて本日のみの振り返り。

会議は口から先に生まれたかのような人がいるので長引くかと思ったのですが
司会役の人が話下手だったので1時間程度ですんなり終了してました,
って司会は私だったのですが(笑)。

で,何とか無事に水無月大祓式&飾り山の御神入れを拝見できました。

例年,といえるほど見学できていないので不明なのですが
今年は他の行事がないからかマスコミなどかなりの取材が入っていました。
イメージ的には「全流お汐井取り」の時の筥崎浜にいる取材陣くらいの人数が
集まっているように思えたので多分例年の「御神入れ」の時より多かったのではと。

一年の「折り返し」,悪いものを「断つ」などの意味が込められているのか
お祓いにつかう木を折ったり布を手で断ったりするところが印象的で
明日からの後半戦,自分もこれまでの悪しき因習から離れられるとよいな~
と祈りながら神事を拝見しておりました。

20200630wakatsu.jpg

で,その後御神入れですが,2018年は大雨で記憶では
雨をよけて桟敷席の下の空間から拝見したのでほとんどわからなかったのが
今回はそこそこ近くで見ることができてよかったです。

20200630miageru.jpg

という感じで6月30日を終えることができましたが
明日からはどんな感じになるのでしょうね?

今日帰宅時に筥崎浜にいたる参道の三号線沿いの入り口を見ると
閉まっていましたが明日は開放したりするのかなあ?
明日からは特に「~~をする日」というのが決まっている分,
山自体は存在しないけれども例年と同じ時間場所などで
「活動」を再現しようとする人は多いと思うのですよね。

それに対して個々がどんな動きをしてそれが俯瞰的にみると
どんな動きに見えてその見られた動きが見た人にどんな影響を与え
最終的にどういった「流れ」や「運動」になっていくのか…
ということがもう全く予測がつかない分興味がわいちゃうよなあ~などと。

20200630yokisenu.jpg

こんな予期せぬ切幣吹雪みたいなことに出会えるとよいなあと。
スポンサーサイト



2020.06.29 Mon » 一縷の可能性


もう明日で六月も終わりですね~~~。

毎年6月30日は櫛田神社の飾り山の御神入なのは
頭の中に「知識」として存在していて
結構前から「今年は舁き山関係の行事がない分,
櫛田神社の御神入れは見たいな~~~」と思っていました。

なので「6月30日」と言われたら「その日は用事があるので」と断れたのに
先日「火曜日に会議を入れましょう。」と言われてたんですよね。

で,「火曜日=6月30日」ということを確認できる頭脳が私には存在しないので
「はい!火曜日でOKです!」って返事して,
カレンダーに打ち込む際に気づいて。・゜・(つД`)・゜・。になっていたのですよ。

私の仕事ってカレンダーじゃなくて曜日で動くことが多いからと言い訳したいですが
こんな凡ミスをしまくるのはやはり自分に根本的な欠陥があるのだと思います。
いやほんとこの手のスケジュール管理が超苦手なんですよね…。

何時からなのかなあ~御神入れ…と思って過去のブログを見てみると
博多カレンダーにも書かれている「水無月大祓式」が2018年は16時からあり
その後御神入れがあるようですね…。


てことは…明日会議が13:30からだから,なんとか15:00までに終われば…。

って感じで思い立って無理やり会議終わらせて16時ころに戻ってこれたとしても
「今年は大祓式の簡略化の関係で御神入は16時前に終わりました!」
とかなっている可能性が高いよなあと。

まあでも「絶対無理」と思っていたけど少し可能性が出てきたので
明日は会議がバンバン進むようにバンバン頑張るで~~~!!!

2019年は帰宅が夜になってますね。

20190630street1.jpg

2018年は土曜日だったので時間的には大丈夫だったようですが
大雨で全然見られなかったようですね。

20180630ooharai1.jpg

20180630ooame.jpg

2017年も見学できていなくて2016年の山笠の写真貼っていました。

20170630kakidashi.jpg

20170630kotsu.jpg

ということで3戦1分けレベルの戦績なので明日も無理な気がしますが
無理せず可能であれば帰宅してみられるように頑張りたいなと。

2020.06.28 Sun » まぼろしの「まぼろしの御朱印」


「まぼろしの御朱印」と言われて皆さん何を思い浮かべるでしょうか?

最近だと,令和最初の日の御朱印を求める人が多かった記憶があって
確かに櫛田神社でも多くの人が並んでいたのを写真にとっていました。

でも今日の話題はそれではなくて,
みなさん追い山の日の御朱印がどうなっているかご存知ですか?

と思って過去の写真フォルダから証拠を探していて???になったのですが,

まず,2019年ですが,これ意図してなかったのでかすかにしか写ってないですが
この年は社務所は閉まっていて窓の前に
「各自自分で押せるハンコ」が複数設置されていて
組み合わせて押せば御朱印が出来上がるようになっていました。

2019gosyuin.jpg

で,2018年の追い山の写真がどこにあるかわからなくて探せませんが
2017年にこういう張り紙がなされていました。

2017gosyuin.jpg

こんな感じなので「7月15日は手書きの御朱印をもらえない日」と思っていて
ならば例年7月15日は追い山終了後社務所はお休みになるけど
今年に限っては追い山がないから社務所も普通に開いているかも…
なら御朱印もしている可能性があって,そこに「令和二年七月十五日」
って日付入れて手書きの御朱印をもらったら
すごくレアな御朱印になるんではないか???
と思いついてうはうはしていたんですよね…。

でも,今年も例年同様午前三時に祇園大祭はされると立て看板が出たので
おそらくそんな時間に神事を済ませたあとだから
神職の方々は例年通りお休みされるのだろうなあ…と。

なので「あああせっかく一生に一度の「7月15日」の御朱印を
GETできるチャンスだったのにな~~~まぼろしになっちゃった」

等と思いつつ2016年の様子を見てみると,
2017年のような張り紙はないんですよね…。
写真小さくて読めないでしょうが白色の装束の神職さんの後ろに
いつも貼っている「御朱印受付」の紙が貼っているので,
後ろの時計を見ると15日の2:40分頃ですが
社務所の中にひとがいたら書いてもらえたのかなあ?????

2016gosyuin.jpg

御朱印がこれほどブームになったのってここ数年のような気がして,
それだから社務所の人も対応しきれなくなって7月15日は書かなくなったけど
御朱印なんて存在がそれほど知られていなかった頃だったら
山笠が開催されている頃などに社務所で御朱印受け付けていたのかもしれないなあと。

まあでも追い山あとに社務所閉めるのはきっとかなり昔からでしょうから
やはり7月15日の御朱印はずっとない可能性も捨てきれないなあと。

まあ,きっと7月15日も出勤前に櫛田神社によると思いますので
その時社務所が開いていたら御朱印を頂いてみようと思います。

って,同じ発想の人がわんさかいて行列出来たらら即断念しますが。
って,前にも書きましたがきっと今年も社務所は閉まっているに100カノッサ。
って,カノッサの屈辱なんて若い人はもう誰もしらないんだろうな~~。

2020.06.27 Sat » あと10分


今日も櫛田神社の飾り山の飾りつけを拝見してから出勤。

その後なんとか書類を間に合わせてビデオミーティングに臨んだら
自分の書類全然使われず。・゜・(つД`)・゜・。で終了。

で,お昼ご飯食べてメールの返事に1時間くらいかかって
その後2時間程度で終わる予定だった書類を作成していたら
4時間たった今終わらないまま帰宅迄10分となってしまいました。

なんかだめです眠いでもお腹空いたでもしんどさもないのだけれども
つかいすぎた筋肉が力入れてもすかっと力抜けるようになるように
(こういう状況を私は「筋肉が笑う」っていうんですが
そういう表現他の人は使わないようですね検索しても出てこない)
脳みそも力入れてもすかっと抜ける状態になっています。

これ,脳みそフル回転させたときにはあまりならない感じで
今日のように脳みそにあまり負荷かけないけど長時間廻した時
に特になるような気がします。

ということで今日は起承転結まるでなしで終わらせてもらいます。

20190627kazaritsuke.jpg

2019年の6月27日は8番山の飾りつけの写真。田中人形師でしょうか?

20180627seatu0.jpg

2018年は前日の桟敷席販売の写真。
う席が一番「購入するための待ち時間のコストと結果のバランス」がいい気がします。買いたいなあ~~。

20170627taikodai.jpg

2017年は太鼓台の設置の様子ですね…この建材は今はどこに眠られているのだろう。

2020.06.26 Fri » おっかねえお金


昨日の話。

出勤前にディーラーによって車検の見積もりを依頼。
で,代車にのって出勤してお仕事して帰宅をしたわけですな。

スーパーによって半額以下の刺身もGETできてうはうは気分で運転してたら
駐車場ではぱらぱら程度だった雨がみるみる強くなっていって
博多区に入ったくらいでむちゃくちゃ激しい豪雨に。・゜・(つД`)・゜・。

まあでも代車はディーラーの車だからかフロントガラスの揮発材がいい感じで
夜の豪雨だけど雨がぱらっと広がってさっと散る感じなので視界が良く,
あまり怖くなく運転出来て良かった~~~これが自分の車だったら~~~
まあでも後は無事に家につけたら駐車場からは濡れずに戻れるし~~~
とか喜んでいてハタと気づきます。

借りてる駐車場に入るためのゲートのリモコンを持ってくるのを忘れた…。

もう当然ディーラーは閉まっているからリモコンを取りに行くわけにもいかず
大雨&運転になれていない代車でこわごわ自宅近くの駐車場を探します。

最初20時~翌8時500円上限の駐車場を見つけたけれども
狭くて駐車が難しかったので断念して他を探してみると…
大博通り沿いだというのに最初20時~翌8時で300円上限!
しかも広いので停めやすいので自宅からは少し距離あるけどいいか…
と停めて大雨の中歩いて帰ったのが昨日の話でした。

で,今日は本当は12時ころまで家で作業をしてから出勤しようと思っていたのですが
色々と用事も出てきたし出勤前にリモコンをディーラーにとりに行こうと思って
早起きしてなんとか9時半までに最低限の仕事を終わらせて出勤!
その前に櫛田神社によるとちょうど人形の飾りつけが始まっていて
これはじっくり拝見したいな~~~と思ったのですが
後の予定を考えるとと思いなおして10分ほど見学して
駐車場に向かって料金表の看板を見ると…

確かに翌8時までは最大300円だけど,8時以降はなんと
40分で200円!!!

そりゃこの辺は都会ですが近くに昼でも1時間100円は
ある中で40分200円!!!

このドケチな私だから雨降ってなかったら気づいただろうに
昨日は大雨で夜で慣れない代車で気づけなかった!!!

まあでもこれもし最初の予定通り12時ころまで停めていたら
駐車料金が天文学的な数値になっていて,
おそらく私そこにへたり込んでしまっていたんだろうなあと…

そういう意味ではなんか虫の知らせのようなものがあって
「山笠の飾りつけみたいけど今日は用事あるし…」
と思ってその場を早めに去れたのは神様の思し召しなのではと。

まあでもこれで「夜間料金が変に安いとこは注意!
フットインザドアで昼料金で稼ごうとしている可能性が高い!」
事を学んだので今後は注意したいと思います。

ってその後駐車場のリモコン取りにディーラー行って
そこで提示された車検&修理代の総額から考えたら
駐車場代なんてはした金に過ぎないのも確かなのですが
なんかこうこの手の出費にだけ妙にこだわってしまうのは何故なんだろう…。

20190626sajiki2.jpg

2019年はGETできた桟敷席の写真を誇らしげにあげておりますね…。

20180626sajiki.jpg

2018年は桟敷席販売の雨の様子の写真。
やはりこの時期には豪雨がつきものですよね…。

20170626chair.jpg

2017年は桟敷席販売を終えた後の片づけの写真。
ことしは9時半過ぎに境内に行きましたが神職の方々の姿は見えずでした。

2020.06.25 Thu » 5分前!

最近本当に作業にかかる時間の読みが出来なくなっていて,
今日も2時間程度で終わる予定だった作業が5時間以上かかった。・゜・(つД`)・゜・。

20190625flower.jpg

2019年は山小屋横の夫婦銀杏と一緒に咲くノウゼンカズラの花の写真。

20180625colachair.jpg

2018年は山笠の桟敷席販売前夜を過ごすパイプ椅子の写真ですね。
「エア山笠」で今夜一人で櫛田神社で一夜を過ごしてみようかな。

20170625redleaf.jpg

2017年は…なんの葉だろうこれ?
3年とも赤い色に関連したものを選んでみました。

2020.06.24 Wed » ダメすぎる


昨日「今日する予定だった仕事5時間分くらいが全然できていない」
と書いておりました。

で,今日やりましたよ4時間かけて!!!

5時間の仕事が4時間で済んだラッキー!とお思いでしょうが
2つ分で5時間を予定していた仕事が,
1つで4時間かかってしまったんだな。・゜・(つД`)・゜・。

そういうのもあってあと10分で帰らないといけないので
今日はこんなんで帰らさせていただきます。

20190624naname2.jpg

2019年の6月24日は山台の足へ文字を書いているところの写真。

20180624CREAMCHEEZE.jpg

2018年は半額で買えたトマトとチーズのサンドイッチ。
これ好きなので今からの帰りに出会えたらいいのにな~。

20170624hakataeki.jpg

2017年は博多駅の飾り山ですがベールの中の飾りつけはまだな感じですね。

2020.06.23 Tue » 博多津灯台


昨日は本当に時間なくて「1分前!」というタイトルで
実際には5分くらいで全部作業おえて帰宅しました。

今日はまだあと20分くらい時間あるな~~~楽勝~~~♪
って,今日する予定だった仕事5時間分くらいが
全然できていないだけなんですが。・゜・(つД`)・゜・。4時間40分の遅刻。

てな感じで仕事の方はさっぱりダメダメな日々が続きますが
櫛田神社運はなんだかいい感じで,人形解きも棒締めもみられて
今日は境内を巡る壁に飾られる灯籠の設置の作業を拝見できました。

例年,お賽銭箱横のチラシとか置いたりする台に
協賛を募集する灯籠の見本とチラシがおかれるのですが
今年はそれをみかけなかったので飾らないのかなあと思っていたら
数は少ないものの毎年よく見かける広告の灯籠が
てきぱきスムーズに設置されている手際の良さに感動しておりました。

しかしまあ,神職の人たちは,この状態から

20200623tourou137.jpg

この状態までわずか10分くらいの間で作業ができるのに,

20200623tourou148.jpg

同じ時間かけてわたしはなぜこれだけの文字しか打てないのか。・゜・(つД`)・゜・。

さてあと5分なので無理やりまとめないと。

山笠を照らす明かりと言えば,後は通りに巡らされる提灯がありますが
今年はあれは設置されないと思います。
でもそれは櫛田神社からでて道という道に神様を廻らせる
山笠の移動していく先を照らすための「道しるべ」としての提灯であれば
この壁に飾られる灯籠は,各流に山を放ち,その後舁き棒などが戻ってきて
かつ1年間飾り山としてここにあり続ける場所を照らしているのだなあと。

そういう意味では今年は道に山はいかないけれども,
ここにくれば山はある,という安全基地的なものとして
ずっと灯ってくれるために櫛田神社の飾り山は新調されたのかなあと。

20200623tourou149.jpg

おそらく祇園大祭の期間しかこの灯籠は灯らないでしょうが
山小屋の明かりは100円払えばいつでも灯りますので
博多部の港にいざなう灯台的な明かりとして灯ってほしいなあなどと。

2020.06.22 Mon » 1分前!

すみません今日はミスに対応していたらもうこんな時間。・゜・(つД`)・゜・。
んでも気づいて教えてくれた若い人に感謝。

2019年は山小屋にベールがかかっているので,こんな早い時期から
すでに人形飾りが終わっていたのでしょうかね???
しかし,7月1日まで公開せずに隠す,ということを知ったのもこの2年くらいだった気がします。

20190622kazariyama1.jpg

2018年は青空に映える提灯…今年もあんまり梅雨っぽくないですね。

20180622cyouchin.jpg

2017年は,人形を飾る前なのか解いたあとなにか分かりませんが
おそらくは飾る前だろうと思います。
20170622yagiri.jpg

それではみなさまおやすみなさい!

2020.06.21 Sun » まぼろしのあしあと


昼にFBSのテレビ出演をすませてから出勤!

まだギャラは振り込まれていませんがダウンタウンが
『ダウンタウンDX』でもらうギャラが500万らしいので
私も半額の250万くらいはもらえるでしょうかはした金ですが。
https://smart-flash.jp/entame/105488

・・・・・・・・・・・・。

で,その後全然進まない仕事にてこずっていると
あっという間に16時が来て日食ですよ日食!

これを逃すと次は10年後らしいので見たかったのですが,
日食があることを知ったのが二日前くらいだったので
今回も日食グラスを購入できなかったので直接みるのは無理でした。

でも,無茶苦茶古い望遠レンズで撮影してみると…

20200621nissyoku1.jpg

20200621nissyoku2.jpg

太陽本体はハレーションでぼやけまくっていてわかりにくいですが,
古いレンズ故盛大に出ているゴーストが日食の形!!!
ちなみに鹿児島では雨降ってて曇り空だったから全く見えなかったようで
そういう意味では福岡は晴天に恵まれてよかったなあと!

とかなんとかいていたらもうこんな時間!
今日は父の日だから酒のつまみ関係が半額になっているといいな~。

20200621ashiato.jpg

2020.06.20 Sat » 東京ララバイ


今日はZOOMでビデオ会議をしたのですが,
「1時間くらいで終わるだろう~~~♪」とおもっていたのが
3時間以上になってもう本当に疲労困憊。

今日は記録係も兼ねていたので会話についていきながら
キーボードでぱちぽち打ち込んでいて更に疲れたのもあるのでしょうが,
やっぱりビデオをミュート出来ないビデオ会議は,
通常の対面の数倍疲労しますよね…私だけでしょうか。

これ,全国の偉い人と一緒に会議するから疲れるだけで,
同僚とかの気兼ねない人相手だとここまで疲れないのですかね?
あと,私は不細工なのもあってビデオ会議とかはかなり逃げ回っているのですが
何回も経験して慣れてくると対面の会議と同じような感じになるのかなあと。

まあでも,これまではこの会議するために旅費全部向こうもちで
1泊2日で東京出張出来ていたので,会議に臨む姿勢も
旅行気分のうきうきが伴っていたからかもしれないなあと。

とか書いていたらもうあと5分ででなければならなくなりました。
東京出張なら今頃は半額弁当とか買って飲み食いできていたころか…
まあでも今日も帰りに半額品を買えるとは思うので
今日はホテル宿泊気分で半額晩酌を楽しむぞ~~~!!!
窓からみえるのはスカイツリーじゃなくて中洲の夜のネオンでしょうが(笑)

20190620rakusen.png

20180620hakatasta.jpg

20170620yamagoya1.jpg

2019年はどんたく写真コンテストの落選を知ったことを書いておりました。

2017,2018年はどちらとも博多駅の山小屋の写真。
これ,1年越しの写真なのに同じ日にとった感じですよね。
これだけ「毎年同じ」ものが毎年でなくなる哀しさ。・゜・(つД`)・゜・。

2020.06.19 Fri » 疲労困憊


ただいま22:30になりました…

明日の会議に必要な書類を再配達で受け取るために
18時には自宅に戻ってぱちぽちお仕事お仕事…

なんとか21時までには終わらせたいよね~とか思っていたら
なんだかんだで時間が延び延びになって
何とか無事に提出できたのが22:18でございました。
基本的に自宅での作業はサボりがない分進むのですが
それでこの時間までかかってしまったので結構疲労困憊。・゜・(つД`)・゜・。

明日もZOOM会議ですがビデオオフにできない会議なので
少しでもイケメンに写るためには早寝早起きが必要なので
本日はもうこれにて晩酌に移らせていただきます。

2019年の6月19日は…土居通りに提灯がかかりだしたのですね…

20190919cyouchin.jpg

この提灯のファイル名,6月19日なのに「20190919」で9月19日になっている…
おそらく去年のこの日も時間がなかったんだろうなあ自分。・゜・(つД`)・゜・。

20180619soccer.jpg

2018年は…寿司食いてえなあ寿司。廻っているのでいいからお店で。

20170619nakamura1.jpg

2017年は…中村学園大学の交差点の202号への不満を書いてました。

最近城南区のお仕事に行ってないから,今度久しぶりに行ったら
うそのようにかいぜんしていたらいいのにな~~~などと。

2020.06.18 Thu » まぼろしの0番山笠


週に1,2度しか外出せず連日家でリモートワークしていた頃が
もうずっと昔のことだったように最近は毎日出勤しております。

まあでもそのおかげで昨日は山解きをみられたんだし~♪
と思いながら今日も山小屋を見に行くと…
本日は山台に関する作業をされていました。

202006180banyama1.jpg

昨日の今日でもう山台作業なのか…と驚きながら様子を拝見して,
「今日中に棒〆めとかして完成させるのかなあ…
それならば今日なら昼からの会議に間に合えばいいから
出勤をもう少し遅らせるか???」と悩んだのですが
作らないといけない書類もあったのでそのまま出勤しました。

まあ,出勤して正解で,今日最低限終わらせないといけない仕事が
終わったのが21時ですからね。・゜・(つД`)・゜・。

まあでもいつもは21時半すぎてからブログ書くのですから
今日は30分ほど余裕ある~~~♪♪♪ということで,
今年夢想していることについて書いてみようと思います。

202006180banyama2.jpg

今年は山笠が中止(延期)になって,舁き山はすべてなく,
飾り山も新しく作るのはこの櫛田神社のもののみとなっています。

だから当然山台も今年棒締めされるのは櫛田神社のもののみですが,
山台苦さんのブログなど拝見すると,山台が完成すると
試し舁きってされますよね…舁き山だと当然でしょうが
飾り山でも博多駅で試し舁きをされているのを
生で見たことはないけど山笠ナビさんで見たことはしょっちゅうある記憶が。

で,例年櫛田神社の山台が完成したときに試し舁きをしているかを
探してみたのですがぱっと検索しただけではみつかりませんでした。

よくよく考えると例年であればこの時期はすでに清道の桟敷席の
建設が進んでいるので,山小屋で山台を組んでしまうと無理なんですよね。

・・・・・・・・・・・・・・。

ここで考え違いに気づきました。今年は桟敷席建設がないから
今年だけは櫛田神社の飾り山の山台が清道で試し舁きできるのでは!
と思ってすごい興奮していたのですが,よく考えたら
足どめ稲荷前経由のルートをたどると例年でも清道に行ける…
と思ったらやはり無理ですか牛さんの所までですか行けるのは…

・・・・・・・・・・・・・・。

ということで「櫛田神社の飾り山の山台を試し舁きできるのは今年だけ」
という妄想は間違いだったと気づきましたが,
「清道で試し舁き」は実際今年だけしかできないかもしれません。

202006180banyama3.jpg

で,少なくとも今年「山を舁く」ことができるのは,
櫛田神社の山台が完成した時の試し舁きの時だけで,
今年「台あがり」をできるのもその時だけなのかと。

ならば,ずっと櫛田神社で山笠に携わり続けてこられたけれど,
おそらく通常では山を舁いたり台上がりなどをされるはずのなかった
宮司さんが台上がりされて,神職の方々が山について
試し舁きで清道を一周とかされたら,
一番でも何番でもない0番山となるのではないかなあなどと。
しかも勢水を周りからかけるのではなく,
宮司さんが甘露水を台から撒けば古事にのっとることもできるのか…と。

まあ,一番の問題は「Soial Distanceを保って山を舁けるか」で
両端の棒にそれぞれ4人ついて8人くらいだと距離確保できると思うのですが
そんな人数で人ひとりのせて舁くことは可能なのだろうかなどとも。

まあ,このブログですからおそらくこんなこと書いた翌日には
すでに完成して矢切もついて山小屋に据えられた山台を発見するのでしょうが,
でもそれは0番山が無かったことの証明にはならないわけで…。

2020.06.17 Wed » 早起きは無限の得

今日は朝一じゃないけど早目の出勤でしんどいなあ…
等と思いながら出勤前に櫛田神社によると,
なんだか清道にいっぱい車が停まっています。

これはもしや?と思って山小屋の方を見ると…
山解きをされているところを拝見できました!!!

20200617yamatoki1.jpg

20200617yamatoki2.jpg

ああああと7分ででないと。・゜・(つД`)・゜・。

まあでも山笠行事のほとんどない今年に
こうして拝見できたのはかなりのラッキーなので
私の下手な文章を添えずとも写真だけで良いですよね~~~。

20200617yamatoki3.jpg

あと5分…ということで今日は写真だけでその感動を速報し,
明日文章でまた違った感想を舁きたいと思います。

あああ 舁きたいで この文字が出る 山のぼせ

2020.06.16 Tue » 3分で!


今日も時間がありません!!!
んでも若い女性のために頑張ったのだから良いとしよう!!!

って,名前の漢字の感じから女性かなっておもっているだけで,
女性かどうかは知らないのですが…
リモートワーク期間に仕事を始めた人なので
メールとチャットのやり取りだけなので性別は不明なんですよね…
これもある意味現代風の人間関係だよなあと。

で,いつものように過去3年間の6月16日をたどってみると…

2019年の6月16日は写真なし!
東京じゃなくて首都圏に出張に行っていた日でしたね。

2018年は八田公子カメラマンの写真展に行っていました。

20180616iwataya.jpg

20180616photos.jpg

山笠がないから最近お顔を拝見できず残念無念。

2017年は膳のラーメンを食べておりました…

20170616zenramen.jpg

あああ食べたいよ膳…今年はもう9月までは
城南区のお仕事ないしお出かけの仕事もない…。・゜・(つД`)・゜・。

2020.06.15 Mon » 目指せ薄い本!

六月十五日! 月の前半終了!

四月五月はあほほど長く感じましたが,
六月はあっという間に半分過ぎた気がします。

山笠を知ってからは「六月=山笠の準備最盛期」というイメージが強くなり
新型コロナで延期(中止)になってしまった今年は
いつもの準備が行われないことを嘆いて,
けれども例年とは違い「準備を拝見する時間」が無くなった分,
その時間を「ウソ山笠」を書くための時間に注入できるぞ!
とか思っていたのに,6月8日に数百字書いただけで今日まで来てしまいました。

で,今度自宅に来客があるので…ってなんか友だちがいるかのように
匂わせて書いてみましたが嘘で借りてる部屋の設備改修の作業で
部屋に入られるので,せめて逃げ出されないレベルにはしないとと思って
部屋を片付けていると出てきたのがこちら。

20200615nishinihon.jpg

西日本新聞社の広告局が毎年作成される山笠のミニ新聞(?)ですね。
A5サイズ(?)の無料パンフレットも複数作成されますが
これが一番版が大きい分山笠マップも大きくて見やすいので
いつも見学時のカメラバックに折りたたんで入れているのですが
それが今年発掘されたというわけです2年前のものが!

これは今年は発行されないのだろうな…。・゜・(つД`)・゜・。

んでも今年こそ作ってほしいんですけどね…
延期(中止)が決まるまでの山笠振興会での話し合いだとか
延期(中止)の案が出された後から各流でどんな話し合いがなされたのかとか
来年を見据えて振興会の偉い人たちや各流の総務さんたちの決意だとか
そういうのって毎日の紙面やテレビなどで報道されてい入るのでしょうが
なかなかそれをひとまとめで見られる機会はなかったりするので…

と思って発行日を見ると「2018年6月29日」と。

20200615nishinihon2.jpg

おそらく7月1日に合わせてこの手のミニ新聞やパンフレットは作成されるから
今年まだその手のものをみかけないからといって,
発行されないかまではまだわからないのか…。
ということである意味今年だけしか出せない「号外」として
西日本新聞社様が出してくださらないかなあ~~~。

まあ,こんな感じのミニ新聞やパンフレット的な紙面にはならないとしても
某ナビの人とかが何かしらインタニューなどで記事にはしてくれる気もするし…

人生で一度くらい「薄い本」とか出してみたい気もするのですが
今こそその機会では…A5フルカラー8pパンフを100部だと
印刷代はいくらするんだろう…(笑)。
てかお金より時間がない…。・゜・(つД`)・゜・。

今これを書いていてすでに22:40…さすがにもう晩酌に移ります。

2020.06.14 Sun » 6月14日


4月5月とほとんど自宅でリモートワークだったのですが,
6月に入ったら結構出勤の日が増えて,
今週は火,木金土日と連日出勤して連日時間が足りません。・゜・(つД`)・゜・。

ということで今日もあと10分ででないといけないので
過去の6月14日をたどる内容になりますなります。

2019年の6月14日は…東京出張の写真なんですが,
9%のストロング系酎ハイ500mlを2本と発泡酒1本飲んでますね…

20190614dinner.jpg

この9%のストロング系酎ハイはあっという間に酔いが回って
しかも私の場合記憶を無くして「寝落ち」することが多いので
最近全然飲まなくなりましたがこのころは飲んでたんだなあと。

いやほんとこのストロング系は皆さま止めた方が良いですよ。

2018年は櫛田神社の法被手ぬぐいを買っていましたね。
今年は山笠ない分こんな感じのグッズをいっぱい買いたいなあと。

20180614tenogoi3.jpg

2017年は東京芸大の無料の展示会を見に行ってましたね。
「ひろがる布 つながる糸」というもので,京都市立芸術大学の
三橋遵先生の『Through the Memory』という作品に感動してました。

確かに今見てもすばらしいのでじめじめした季節に
冷涼な風を送るつもりで再掲します。

20170614nunoito4.jpg

20170614nunoito3.jpg

20170614nunoito5.jpg

20170614nunoito6.jpg

2020.06.13 Sat » ダメ人間の証明


母さん 僕のあの時間 どうしたんでせうね?

とか聞きたくなるくらいにいつの間にか時間はなくなり
あと10分でブログ書かないといけなくなりました。

19:30ころに仕事がひと段落して「今日はじっくりブログ書ける~」
とか思っていたのですが…気づけばすでに21:30。

麦わら帽子はきっとゆらりと風に揺れて谷底へ落ちたでしょうが
私が飛ばした時間はつるべ落としのようにすこ~んと無に帰しました。

って,元ネタの「母さん,僕のあの帽子,どうしたんでせうね?」
って何から来ているのだろうと調べたら
映画『人間の証明』からきているらしいのですが
映画も元となった森村誠一の小説も読んだことないのですよね。

で,この言葉自体は西條八十さんの『ぼくの帽子』という
ものらしいですね…
このあたりは以下のブログに教えてもらいました。
https://kazahanamirai.com/bokunobousi.html

って,こうした導入部分だけで何の展開もオチもつけられない
ことこそが自分が「ダメ人間」である証明ですね。・゜・(つД`)・゜・。

おかんから「こんな人間にしか育たんで,お前に費やした
時間と金と人生はどうしたんでせうね~~~~」
とか言われそうで。・゜・(つД`)・゜・。血涙。

涙を拭いて過去の6月13日を振り返って終わります。

20190613sea.jpg

2019年の6月13日はたぶん佐賀に仕事で行った時の写真。
すごく水がきれいでまた行きたいです!

20180613miokuri.jpg

2018年は櫛田神社の飾り山を解いているところの写真なのかなあ?

20170613ttatekan1.jpg

2017年は…あああこのたてかんはまた涙を誘う…みたいよこの看板。・゜・(つД`)・゜・。

2020.06.12 Fri » ひいひいはあはあ


昨日は出勤して職場じゃないとできない仕事は終えてるし~
今日12時までの仕事も終えたぞ~~~少しのんびりするか~~~
と思っていたら電話が来て…「はい!出勤させていただきます!」

まあでもそこまで急ぎじゃないからまずは櫛田神社に参拝して…
無事に参拝おえて今日の櫛田神社の様子をtwitterに書くか~~~
と思ったら再び電話が入って「はい!すぐ参ります!」
「すみませんが私すっとばして偉い人たち同士で話しておいてください!」

さすがに上記のままの言葉で言えるはずはありませんが
実際そんな感じで偉い人たち同士で先に打ち合わせをして
いただいた上でその後えらい人たちにあいさつ回りをするという
なかなかない体験をしていたらすでに夕方になっておりました。

その後それを同僚に報告してこまごました仕事をして
ブログ書き始めたらあと10分で出ないといけません…。・゜・(つД`)・゜・。

まあでもこんな感じで久しぶりに対面での打ち合わせをいっぱいしましたが
やはり直接会って話すのは通じやすいし偉い人相手でも少し楽しくもあるなあと。

まあでも正直「通勤時間を全部仕事の作業時間にあててるからまわっている」
のが今の状況なので,こんな感じで出勤して打ち合わせをして時間をつかって
作業ができない日っていうのは週に一日以内に収めないと
新型コロナ対応が続く現在無理なのも確かなんだよなあと。

あと3分…なので過去の6月12日のふりかえりに移ります。

20190612sajiki2.jpg

2019年は桟敷席の建設の写真。まだまだ序の口って感じですが,
後ろの山小屋みるとすでに人形が解かれていますね…今年はどうだろう?

2018年は明太子の写真。今日はスーパー寄って帰りますが半額で買いたいな~。

20180612mentaiko.jpg

2017年は神崎の櫛田神社が神崎そうめん発祥の地ということを書いていました。
そうめん食べたい~島原そうめんが食べたいな~
カロリーが困りますが。・゜・(つД`)・゜・。

20170612kushidamiyasoumen.jpg

2020.06.11 Thu » ひいはあ


とうとう梅雨入りしましたね~~~。

朝は結構激しく降っていたので今日は出勤なのにやだな~
と思っていたら私が出勤するころには雨が止んで
自分の日頃の行いの良さを実感できましたね!!!

で,出勤前に櫛田神社にお参りしたのですが,
雨上がりの参拝でいいなあと思うのが
朝から雨が降っていて最初に止んだ時に行くと
遅めの時間でも境内を掃除される心地よい反復音が聞けて
その音で私の乱雑な心も掃き清められる感じで
落ち着いて参拝できるのがいいよなあと。

で,お参りすんで拝殿の中を見ると…
奉納品としてマスクがありました。
これはある意味今年ならではの光景だなあと。

ということでマスクを買うならBitoway~~~!
株式会社ビトウコーポレーションだそうです。

20200611mask.jpg

桔梗はつぼみはついていますがまだ咲いていませんでした。
やはり山笠準備が始まらないと見守る相手がいないので
境内の花も開花が遅れるのかもなあなどと。

20200611kikyou.jpg

などとのんびりブログ書いていたらあと3分ででないと!

20200611ajisai.jpg

2020.06.10 Wed » 時の記念日


6月10日!

時の記念日!

晴ボンの誕生日!(小山田いく『すくらっぷ・ブック』)

しかも今年は時の記念日の百周年だったのですね~~~。

そんな貴重な日なので時間を貴重に使いたかったのですが
ほんと今日はやらねばならない作業が多すぎて仕事ばっかりの一日でした。・゜・(つД`)・゜・。
まあでも正直今日の自分はサボらず頑張れたと思います
何とか間にあっただけで良しとしよう今日は疲れました。

ということで明日は出勤でもあるので今日はもうこれにて終わります。

20190610line2.jpg

2019年の6月10日は,川端通商店街の飾り山の位置を示すラインの写真…
今年は見られませんが櫛田神社の飾り山はあるもん!

20180610bukkenn.jpg

2018年は夢に見た物件がすでに売れて更地になっているのを見た写真。
ちなみに今年も無理を承知で夢気分で1件問い合わせたのですが
本日「他からの買付けが昨日はいりました」ってメールが届きましたよ~~~。・゜・(つД`)・゜・。
まあおそらく「お前みたいな貧乏人には無理!」って相手にされなかっただけだと思いますが(笑)
「昨日」買い付け入りましたってそんな対応まともに相手されてないのバレバレだよね~と。

20170610yamakasa.jpg

2017年は山笠のチラシ…こんな年だからこそ出せる本とかチラシとかもあるような気がするのですが。

2020.06.09 Tue » 甘い生活


今日は出勤でございました。

今日は大事な会議があって,そこで緊急事態宣言ぶりに会った人がいて
外見がかなり変わっていたのにびっくりしました。
たぶん外出自粛期間でかなり飲み食いしたんだろうな~~~と。

と,他人事のように言っていますが今もお腹のズボンがきついなあと
思いながらこれを打っているので私も「太ったなあ」と思われたんだろうなあと。

ああああと5分くらいで出ないとやばい…体型は変わったのに
仕事の遅さは変わらないのは何故。・゜・(つД`)・゜・。

まあ,外出自粛の甘い罠に引っかかって甘いもの食べすぎて
こんな体型になるような甘い性格の人間ですから
仕事にかかる時間の読みも甘いのはあたりまえですよね~。・゜・(つД`)・゜・。

20190609airport.jpg

2019年は飛行機の写真なので1泊2日の出張の帰りだったのかな。

20180609okunodo.jpg

2018年は奥の堂のお店で山笠の扇子が売っていることを書いていた気がします。
山台苦さんのブログで扇子はもう作ってしまったと書いてあった気がして
ことしは地元以外の人の購入者が少ないだろうから残る数も多そうなので
それを売ってくれたらいいのにな~~~などと。
個人的には扇子は使わないのであれですが手ぬぐいが欲しいなあ~~~。

20170609sora.jpg

2017年は櫛田神社の正門の上に広がる青空の写真。
なんかもう関東とかでも梅雨入りしたそうで福岡も明日は雨模様みたいですね…。
まあでも雨になると紫陽花も桔梗も生き生きするからそれを楽しみに頑張るぞ~~~!!!

2020.06.08 Mon » ウソ山笠への道


最近山笠ナビさんが「エア山笠」で盛んにツイートされているし,
千鳥足さんが山笠コースをたどられたりしているので,
私も「エア山笠」ならぬ「ウソ山笠」とかいうネタを書こうか…
ネタなので小説みたいにはならないけれど台本みたいな感じで…
今日はちょっと時間あるし…とか思って20時から書いていたのに,
たった400字くらい書いただけでもう21:30近く。・゜・(つД`)・゜・。

さすがにこの文字数でブログに挙げるわけにはいきませんので
今日はもうやめますがなんとかブログ3日分くらいで完成できたらなあと。

てか明日出勤で大事な会議があるのですがそのための書類準備しないと
いけないの忘れてた…なので今日はもうこれで終わります。

20190608mtfuji.jpg

2019年の6月8日は東京に行っていたのですね…
富士山みたいよ富士山。今年は山開きはしないようですが…
ってことは登山道と山小屋の電気でのライトアップというか
山肌に線で結んだ星座のような光の模様が夏の間光るのが
今年はないのかなあ…意外と九州の人は知らないのでは富士山の夏の光の道。
あああでも光らない夏の富士山もそれはそれで見てみたい~~~。
https://mtfuji.keizai.biz/headline/311/

20180608kikyou0608.jpg

2018年は愛する桔梗の花が。今年ももう咲いてそうだなあと。
明日出勤するときに咲いてくれていたらいいな~~~。

20170608sajiki2.jpg

2017年は桟敷席の建設の写真ですね…
あ席とい席の向こうに見える山小屋にはまだ人形が見えるので
今年の山解きもまだ先であると思います。

2020.06.07 Sun » ウィンドウズ ショッピング


6月6日は定番の「UFOが落っこちた日」という
ドラえもん絵描き歌のネタを書く余裕もないまま過ぎてしまいましたが,
6月7日の今日は皆様いかがお過ごされでしたか?

私は「今日の午前中に終わらせるぞ~それが終われば遊ぶぞ~♪」
と思っていた仕事が終わったのが18時過ぎでしたので(笑)
そのあとはベランダで育てているネギを収穫するなど
非常に充実した一日を過ごせてもうこんな時間。・゜・(つД`)・゜・。

まあでも外に出る機会が減ると家の中で命に触れられるのがありがたくて
意味もなくベランダに出てプランターを見てにやにやする時間が増えたので
今プランターの数3つだけどあと2つくらいなら増やしてもいいかな…

ミニトマトとか欲しいけど今からじゃ遅いか…
あんまり増やすと台風とかで室内に入れないといけない時大変だし…

まあでも一番のネックが「買いに行くこと自体が面倒」で,
新型コロナ以降,スーパーに行く回数を減らすために
まとめ買いをするようになったのですが,
そのせいで一度に買う量が大量になって食料品だけでも大変なのに
これにさらにプランターと土を買うとなると荷物が大変…

とか思ったら全品送料無料で今はamazonより使い勝手が良い
ヨドバシ.comで培養土も取り扱っているのか…しかも安い。

https://www.yodobashi.com/category/6353/72125/72128/

てな感じで思案しているともう21:30ちかくになりました…
緊急事態宣言出ていたころはこの時間ほとんどネットが動かなくなりましたが
日曜の夜というのもあるかもですが今日はそこそこ動いているなあと。
そういう意味では外で飲んだり働いている人の数が増えたわけで
経済は確実に復活しつつあるのだろうなあと。 ネット空きて天下の夏を知る

ま,私は外に出てウィンドウショッピングとしゃれこむことはできず
家の中でウィンドウズでショッピングを夢見るだけで
この週末は終わりそうですがそれもまたよい週末だったのではと。

20190607seidou.jpg

2019年の6月7日は山笠の太鼓台(時計台?)の建設が始まった光景で
今年は見られないことを思って寂しく思いましたが
それより気になったのは清道旗の基礎の様子で
なぜか基礎の周辺だけ地面が荒れていましたね…なんだろう?

20180607dekimachi1.jpg

2018年は出来町公園のオブジェの写真を撮っていました。

20170607tai.jpg

2017年は鯛の握り寿司の写真…鯛食べたいタイ!

2020.06.06 Sat » 見逃すな!


今年の飾り山,櫛田神社のもののみ新調されることは耳にしていましたが,
詳細を西日本新聞社さんがニュース記事にしてくれていました。
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/614560/

今年から中村信喬さんと弘峰さん親子が担当されるのですね~。

で,新装山笠が7月1日から公開予定とのことですが,
では現在の飾り山は何日まで飾られるのかなあと。

20200606omote.jpg

去年のブログを探してみると6月11日に「いつの間に」とあったので,
もうそろそろ解かれるのかもしれませんが今年はどうなのかなあと。
例年だと,人形師の方が複数の山を担当される関係で
早めに解いたりする必要があったような気がするのですが
今年に関してはそれがない分,中村人形師親子の新作が完成し,
その飾りつけの日まではこれまでのものを解く必要もないかもなどと。

でも,例年通りの日程で解かれる可能性も高いと思いますので
1年間見慣れた飾り山ですが最後の見納めをぜひぜひ。

20200606miokuri.jpg

そういえば中村弘峰さんといえば昨年の東京出張の際に
お銀座で開かれた個展を拝見したのでその感想を書きたかったのですが
その前後にいろんな仕事がばったばった入っていた関係で
書けずじまいで終わってしまってほぼ1年たってしまいました。・゜・(つД`)・゜・。

20200606pola.jpg

んでもこうして櫛田神社の飾り山で父子鷹魂(?)をみせてもらうと
やはり書きたくなるよな~~~なんとか1年以内に書くぞ~~~!!!と。

2020.06.05 Fri » 無効で惨い

6月5日!

今日は大安!

ということで何かいいことあるかな~~~♪♪♪
とウキウキしながらお仕事していたのですが,
起きるのは面倒くさい仕事のメールへの返信ばかり
期待が無効(65)になるむご(65)いですな六月五日は。・゜・(つД`)・゜・。

ということでなんだか今日はいつもに増して「やり遂げた感」がないまま21時に。
今から取り戻すには遅い時間だし明日は出勤なので今日はもう店じまいします。

まあ,これまで「週2」ペースでの出勤でよくなっていたのが
来週からは結構出ていく必要が増えたので…。・゜・(つД`)・゜・。

20190605ramen.jpg

2019年の6月5日は…カップ麺を食べてますね…。

20180605komatuna.jpg

2018年は,小松菜の切った後がバラの花に似ているとか書いていた記憶が。

20170605nokekushida2.jpg

2017年は,野芥の櫛田神社を発見したことについて書いていましたね。
例年6月はあちこち移動が多い時期だったのですが今年は新型コロナでなしになってばかりですな。
まあ,今年の忙しさの中半日かかる移動を週に1,2回入れろと言われたら無理なのも確かですが。

あああ仕事関係なしでぶらりとどっかに遊びに行きたいな~~~いつになるやらですが。

2020.06.04 Thu » オンエア山笠


山笠は福岡を代表する祭ですが,日本三大祭というと
「東映まんがまつり」「花王ヘアケア祭り」「ヤマザキ春のパン祭り」がある,
なんていうのがネットでよくネタになります。

で,ってつなげる予定だったのですがうまくつながらないのでいきなり言うと
埼玉県の奇祭として「埼玉政財界人チャリティ歌謡祭」というのがあるらしく,
こちらもネットでよくネタになります。

県知事や各地の市長さんや県会議員さんとか有力企業の社長さんなどが
生バンドで歌うという歌謡ショーらしいのですが,歌っている偉い人自体ではなく
それを盛り上げるために駆り出されている下っ端の人たちの
何とも言えない表情とのコントラストが面白くてネタにされることが多いようです。

で,そういう意味では,今年は山笠が中止になったので
山笠関係の偉い人たちが歌で競う歌謡山笠とか開催してくれたらな~などと。

高島市長さんとかは歌とか上手そうですが,某会長さんなどはどうなんでしょうね…
先日某神社の夏祭りで記憶では恵比須流と西流ともう1つの流の若手の
カラオケ合戦がある時に,ステージの上で黙して語らずといった感じで
座られていましたがうたうとなればうまいのかもしれませんね…。

と,上で書いて気づきましたがすでに某神社の夏祭りでは
3つの流でのカラオケ合戦が存在しているのですから
それを全流れで舁き山だけじゃなくて飾り山出している流の
総務さんが歌う対抗戦してくれると面白そうなのにな~~~
エア山笠ならぬオンエア山笠とかいかがでしょうか~~~と。

歌いたがりはいっぱいいそうなので話を持ち掛けると
でてくれる偉い人たちは結構いそうですよねえと。
で,偉い人たちだけだと画的に・・・・・なので,
子ども山笠部門と赤手ぬぐい部門にごりょん部門とすれば…
あああほんと見てみたいなあ~~~どうにか実現できないものかと。

20190604itoshima1.jpg

2019年の6月4日は糸島に行っていた模様です。
この糸島の付け根からみる福岡市の風景が好きなんですよね。

20180604giboushi.jpg

2018年はギボウシの花の写真。これは今年まだ見ていないので見たいなと。

20170604kitaakita1.jpg

2017年は…この写真見て発泡酒冷やすの忘れていたのに気づきました。・゜・(つД`)・゜・。
氷入れて飲みますかね酔いが遅くなっていいのではないかと。

2020.06.03 Wed » 日常への復帰


久しぶりの出勤前に櫛田神社へ!

「山笠に似合う花は?」と聞かれたら
みなさん何の花を思い浮かべるか興味深いですが
「山笠の準備期間に似合う花は?」と聞かれたら
私はやはり紫陽花の花を思い浮かべるなあ~という感じで
六月の声を聴いて境内はいろんな色のいろんな形の紫陽花が
それぞれその場でその花を開かせていました。
直径十何センチもありそうな大きな花は
あかあおしろき むらさきみどり いろんな色が
いっぱい満ち溢れた豪華さだというのに,
どこかこう落ち着いた,自分が咲き誇るのではなく
誰かを見守るように咲いているように見えるのは
私の気のせいばかりでもない気がするのですが
何故そんな風に見えるのかなあと。

20200603ajisai.jpg

まあ,だいたい日陰とか小蔭とかに咲くことが多くて
かつ大きく見える花も実際には小さな小さな花の粒が
ひとつひとつそれぞれ集まっている花だから
大輪の花というよりかは弱き物たちの共同のようにみえるからなのかなと。

20200603ajisai2.jpg

まあでもそんな感じで,一見大きくド派手に見える山笠人形とかも
その1つ1つは細やかな細工それぞれから成り立っているわけで

20200603kazariyama.jpg

オチを考える時間なくもう帰らなければならなくなりました…
あああこれが日常に復帰するということですね。・゜・(つД`)・゜・。

2020.06.02 Tue » いつもと同じ風


六月二日!

昨日,「明日6月2日の承天寺の大般若会(夏祈祷)もあるだろう」
と書いてありましたが行われたようですね詳細は山笠ナビさんのページにて。

https://www.hakata-yamakasa.net/yamakasanews/2020/06/02/natsukito2020/

開始時刻を間違えていました山笠ナビの中の人情報ありがとうございました。
正確な開始時間も教えてもらったのですが,今年だけの時間である可能性が
高いようなので,もう正確な時間をあげるのはやめて
「朝の早い時間に始まって終わっていた」と思ってください。

これまで「通りすがった経験」もなかったので
何時開始なのかなと思っていましたが,通常の出勤スケジュールを考えると
その時間に承天寺のあたりを歩くことはまずないだろうなあと。

こんな感じで,六月入ってすぐの行事は結構執り行われましたが,
それらはいずれも「神事」だから今年も行われるのであって,
山笠の「祭事」にかかわる準備の関連は全然行われなくなるのだろうなあと。

『博多カレンダー』には6月1日に千代流の祇園寄りと書いてありますが,
それは今年行われなかったことがムハラグさんのツイートでわかりました。

でもakioozawaさんのツイートで今年も記念扇子は作られたのを知り,

これはすごく貴重なものだなあと。

まあでもこうして大般若会では経典をパタパタさせて風を起こし
扇子も当然パタパタさせて風を起こすものであるからして
六月のこの時期はどんどん暑さを増す博多の街に
いろんな風を起こし風をいきわたらせるための活動が求められ
その集大成として流に風を起こす山笠があるのかもなあなどと。

山笠ナビさんが「エア山笠」というハッシュタグなどでよくツイートされて
それは「実物のない」「空の」みたいな意味の「エア」になっちゃいがちですが,
山笠の通り抜けた後に山の起こした風を皆が感じるように
今年は山笠自体はなくても,山が起こしてくれたであろう風を感じることは
できるだろうから,過去から未来から続いてきた博多部の「流」に立つ人が
毎年感じていた「博多の風」を今年も感じられるようにしたいなあと。
そういう意味での「風として動くエア」として「エア山笠」を愉しみたいものですね。

20190602guide1.jpg

2019年は櫛田神社のガイドツアーの様子の写真でした。

20180602natukitou.jpg

2018年は…承天寺の夏祈祷に通りががっておりましたね(笑)。
本当に私の記憶力は風のようにすぐに消えていく。・゜・(つД`)・゜・。

20170602wakame.jpg

2017年はぎなんの木の根元から生えた若い芽の写真。
明日は出勤だからどんな感じか様子をみてみたいなと。

2020.06.01 Mon » 未来への手紙


六月!

先日,櫛田神社の総合神庫前に笹竹が複数本束ねてあったので
何か注連おろし的な行事でもあるのかな~と思っていたらなく,
六月の山笠準備期間の幕開けは何もなしで終わるのかな~~~
等と思っていたら恵比須流で注連おろしの神事があったのですね~~~

山笠ナビさんのページで詳細がわかったので良いのですが
この場に自分がいけていないことの寂しさと嫉妬の嵐(笑)。

これだとおそらく明日6月2日の承天寺の大般若会(夏祈祷)もあるだろうなあと。
まあ,冷静に考えたら恵比須流の注連おろしも見に行けたこと一度もないし
夏祈祷も見に行けたことは一度もないのでこれは例年通りではあるのかなと。

今年の六月に関してはこんな感じで「~~の行事はあった」「~~はなかった」
のような感じで,行事のあるなしをつぶさにみていく月になるのかなあと。

で,昨日「なかったことを嘆くよりあったことをみていこう」などと書きましたが,
前言撤回朝三暮四で,今年の私は「なかったことを嘆きまくろう」と思います。

それはなぜ?と言われたら正直な理由としては
「今年行われるような行事はなかなか見られない行事ばかりになる」
というのが一番の理由になると思います。
おそらくですが流に所属する多くの人が参加したくてもできない状況の中
私が見に行くことができるはずがないのは確かだなあと。

いやでもそういうリアルすぎる理由ではなくて,
一応格好の良い理由も書いておかないと「なんて子どもっぽい!」
と言われそうなので,タイトルの「未来への手紙」について書いてみます。

新型コロナ禍がその恐ろしさの渦を広げていく最中,カミュの『ペスト』
等の売り上げが上がり品切れ状態になったなどの話を聞きました。
かつて体験した「スペイン風邪」の流行への対策に学ぼうという
動きも結構あったと思います。

そんな感じで,未曽有の体験が起きた場合,人々が頼るのは
「類似した過去の体験」なのであって,松囃子や山笠の中止を聞いた際
私が探してみたのが「前回山笠が行われなかった時の記録」でした。

けれども戦時中というのもあってそのころの人がどのように「山笠ロス」に
対処したのかということの記録はなかったような気がします。
今ならまだ先の大戦の時の山笠の記憶のある方でご在命の方もいると思うので
そのあたりをまとめてくださる方がいればなあと夢想したりもしますが。

大黒流さんの総合サイトでも,昭和19年まではたどれるのですが,
昭和22年までの山笠中断の期間の写真は存在しないのですよね。

http://daikokunagare.com/data/early/1.html

戦後で写真などの物資が無くて写真を撮ることがなかったというのもあるでしょうが
「山笠がない」というその「ない」を写真に残すという発想がなかったのでは
ないかなあとも思います。
このあたり,一般人の書いた日記などを集めれば,
昭和21年あたりの「山笠をしたいのにできないもどかしさ」
等への記述などがあるのかなあ?などと思うのですがどうなのかなあと。

ちょっと話がそれたので本筋に戻すと,
「山笠がないからってくよくよしていてはだめ」という考えは正しいと思うのですが
くよくよしてしまうのが人間のさがであり,そのさがは未来永劫続くのであれば
未来永劫続く山笠の歴史の中では今後もいつかは実施できない時もくるだろうから
未来でくよくよしている人にむけて「くよくよしているのはあなただけじゃないよ」
ということを伝える気持ちで,いまここでくよくよしている自分をガンガンブログに書いて
ネットの広大なデータの海の中に捧げてみれば,いつか誰かの血潮とはならずとも
いつか誰かが流すくよくよした涙と同じ塩分濃度で元気を補給できるのかもしれないなあと。

「お前のような読者数の少ない泡沫ブログ書きの文章なんて即座に消去されて残るか!」
という冷静な突込みも聞こえてきますが,おそらくですがこの文章自体は残らなくても
AIの判断に使用されたデータセットの1データとして何かに影響しうることで
何かしら伝わることもあるのではないかなあ~などと夢想したりしております。

ということで六月はせっかく気候自体がじめじめしているのだから
山笠のないことになめくじのようにジメジメ字を書き連ねてみたいなあと。

でも本当にそういう意味では実際に山笠に参加されている方や
実際に準備段階から関与されている方に,「山がないから書かない」ではなく
「山がないからこそ山について今思うことを書き残しておいてほしい」と思いますね。

山に関する知識は山が毎年続いているときは「去年」を「目の前の先輩」に聞けばよいけれども,
未曽有の体験の時は「過去」の「残されたこと」に頼るしかないわけで。

20190601nishi1.png

2019年の6月1日は…たぶん西日本新聞のHPの変更について書いていたのかなと。

20180601ajisai1.jpg

2018年。櫛田神社の賽銭箱に飾られる花はいつもセンスが良くて好きですがこの紫陽花も好きだなと。

20170601kushida1.jpg

2017年は櫛田神社の社務所前の祭壇などの写真。
恵比須流の注連おろしは毎年早い時間なのでそれ用とは違うものかなと。

09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

09search.gif