FC2ブログ

ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2019.12 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2020.02

2020.01.18 Sat » 帰ってきた「山笠の報道のされかた」(その2)


※現在法事で帰省中で昔の写真ファイルを検索できないため
写真と本文は全く関係ありません


昨年の6月1日,山笠の準備が一挙に花として開いた日,
私は「山笠の報道のされかた(その1)」というブログを書いておりました。

「前編」ではなく「その1」とつけてあることからわかるように,
「後編」で終わらず「その4」で終わるつもりだったそのブログは
その後のバタバタで書き加えられることなく終わっておりました。

で,先日twitterで山笠ナビさんの中の人とやりとりしていただいていた際,
上記についての話が出て,「私のブログを楽しみにしてくださっている!」
とその時は思ったのですが,いざ半年以上前の自分の書いたブログを読み返すと,
山笠ナビさんの名前を出した上で書いていないという
大変失礼な状況になっていたことを大反省しました。
自分のこととして考えると,「あんたについて書くから!」と言われると,
どう書かれるのか不安でたまらなくなるとおもうのですが,
半年以上その状態にさせてしまっていたことを大反省して今から書きます。

20200118kushida1.jpg

で,「山笠の報道のされかた」というタイトルに戻りますが,
その1で書いた西日本新聞社による報道が新聞テレビラジオなどによる
公的な報道だとすると,それではあきたらない,より私的なものを求める
心性は誰にでもあり,それは自然にネットに求められていくと思います。

それで「自分がどんな感じで山笠に関する私的な情報を集めてきたか?」を
振り返ると,山笠振興会の公式HPなどで基本情報を集めた後は,
主にブログを通じてより私的でより顔の見える情報を集めていた気がします。

公的な報道ではやはり人形や振興会の偉い人や台上がりされる人々などの
上の方にその関心が行きがちになるのは避けられませんが,
人形を支える山台,山台の制作に携わる人々,そしてそうした人々の
つながりを支える町のつながりとそこで過ごされる日常について
その場に本人がいらっしゃるかのようないきいきした生の声で
記してくださっていた山台苦さんのブログに出会えたのは幸運だった気がします。

なんというか,花が咲くには1年間の根や木や葉の成長が必要ということは
よく言われますが,祭に関しても当日やその前後の明らかな準備だけでない,
1年間にわたるこまごまとした準備や,準備とは関係なくても,
町自体に栄養を与えるような日々の生活自体が重要なのだということを
気づけたのは幸いだったような気がします。
つい先日日常生活に関する更新を辞められる旨書かれてそれいらい
更新がされていませんが,冬の枝の中に春の芽吹きの姿を空想するように
また山笠の準備が進むころに更新していただけるのを楽しみにしたいと思います。

20200118kushida2.jpg

で,こうして山台苦さんのブログを読むことで「山を支える人」について
すごくリアルな知識を得られたのは行幸だったのですが人は欲深いもの,
「一人の人の視点だけではなく複数の人の視点が欲しい」という思いや
「山台苦さんはそう書かれているけど他の人はどう思われたのか?」
という疑問や関心が生まれてくるのは当たり前のことで,
ここでラッキーなことに八文字組などで山台苦さんと行動を共にされていた
千鳥足さんも丁寧にブログを書かれていたのも稀有なありがたさだったのではと。

同じ日に同じ場所で同じ準備に参加されたお二人がそれぞれに書かれた
ブログの内容の違いや一致をみることで1つの物事がより立体的に見えますし,
所属されている町や流が違われていたことで,
それぞれの独自なところなども見せていただけたような気がして,
色の違う2本の布がねじられることで役割を示す山笠のねじねじになるように
色の違う2つのブログが同時並走してくださったがゆえに
見えてきたことはいっぱいあったような気がします。

20200118kushida3.jpg

で,ふと「おふたがたのブログは十数年前から続いているけど
私がそれをリアルタイムで読み始めたのはいつくらいからだろう???」
という疑問がわいてきて過去記事を読み始めたのですが,
おふたりがゆらりんをされていたころはすでに読んでいた記憶があるなあと。

で,そのころはまだ私は東区に住んでいて,
「追い山とか朝早くて電車もないから見に行けない!」と思っていて,
集団山みせをメインに山笠期間に1度見に来る程度のファンの度合いでした。
それがなぜ桟敷券を買って追い山を見に行くくらいにのめりこみ始めたか…
それに山笠の報道のされ方がどうからむのか…というのが本題なのですが,
長くなったので今日はここまでにさせていただきます。
またしても山笠ナビさんの名前を出したのに書けてなくて申し訳ありませんが
話の流れを考えるとやはりこの流れになってしまいました。

でも,タイトルは「帰ってきた」ですが,ウルトラマンほどの長寿化はせず,
明日で終わる予定ですのでお付き合いいただけたらと。
スポンサーサイト



09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

09search.gif