FC2ブログ

ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2019.02 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2019.04

2019.03.31 Sun » 最後のお土産


タイトルを見て「また“平成最後の”系のネタか?」
「明日は新元号の発表だけどまだ平成なんだよ!」
等と思われたかもしれませんがそういう内容ではなく,
「旅程の最後に買うお土産」という内容でございます。

お土産なんてものは通常目的地を去るまでに買うものであって
博多駅についてお土産を買うのは「お土産買い忘れた!」
というときくらいだと思うのですが…
んでも博多駅は「福岡以外の地の名品も買える場所」であり,
ある意味九州内の有名なお土産であれば博多駅で買えることもあるので,
浮気やカラ出張の証拠隠滅くぁうぇsdrftgyふじこ…

閑話休題

で,今日はそういうネタではなくて,
「新幹線の改札内でのみ買える遠方の名品」について書いてみたいなと。

以前,兵庫県明石市,本日では明商が春のセンバツベスト4に入っておめでと~とか
市長さんがいろいろあったことでご存知の方もいらっしゃるのではと思う兵庫県明石市の
名物駅弁である,淡路屋さんの「ひっぱりだこ飯」を東京上野のTHE GARDENで
買えた話をブログに書きました
が,その後検索してみると,
なんと福岡限定の「ひっかぱりだこ飯福岡版」があるそうで,
小倉駅の「駅弁処」,博多駅の「駅弁屋たい!」で買えると知って
喜び勇んで博多駅内の駅弁屋を探してもみつからなくて,
残念と思って調べなおすと「駅弁屋たい!」は新幹線の改札内だと

160円払って入場券買えば新幹線の改札内にも入れますが,
2円の割引のために買い物袋を毎回持参するドケチの私が,
レジ袋節約80回分にあたる160円も追加で出すのは心が痛むので,
何か出張で新幹線を利用した時にでも~と思っていたのに,
前回の鹿児島出張からの帰りでは売り切れていて涙,していたのですよね。

で,今回の出張からの帰りは早い時間だったので,「駅弁屋たい!」を
のぞくとちゃんとあるのをみつけられて喜び勇んで購入です。

20190331hipparidako1.jpg

パッケージにはオリジナルと同じ明石のタコに山笠の絵が描いてあります。

20190331hipparidako2.jpg

山笠にくわしい山笠警察の方にみつかると,

・手拭いが全部赤手ぬぐいなのがおかしい
・締め込みが全員赤だと全員還暦でおかしい
・赤い水法被を着ている町はない
・先走りの人の服が法被なのに着物の右前で描かれている

などと総突っ込みされてしまいそうですが,
明石市の明石は海の中に赤石があったからと市役所HPに書かれてあるし,
昔の明石のお殿様は赤松氏だったとか(うろ覚え)だったりするので,
明石市としては赤色が好きだから赤を使ったとか,
白色バック赤黒2色刷りで平面的な塗りのこのデザインで
水法被と締め込みを忠実に白色にすると,表題や御幣のところの白が
わずかな面積なのにかなり目立っていることからわかるように
おそらくその部分だけ絵的に浮いた感じなってしまっただろうから,
全体の調和を考えてこの配色にされたんだろうと思います。

って,今もっとよく見たら台上がりの人の持つ鉄砲は
これこそ赤でいいのに灰色なんですね(笑)

で,肝心のお味の感想ですが,まずはふたを開けたところ。

20190331hipparidako3.jpg

次に分かりやすく具材を別皿にとりわけた写真をあげます。

20190331hipparidako4.jpg

福岡版の特徴である明太子に蛸,筍,人参などがトップに乗り,
その下に錦糸卵,シイタケ煮,葉物が敷き詰められ,
その奥のいっぱいの炊き込みご飯のさらに奥に練り物が潜んでいます。

20190331hipparidako6.jpg

蛸の弾力やみずみずしさを残したうえでの嚙み切りやすさ,
炊き込みご飯のちょうどよい塩加減と具材との調和の良さ
といったオリジナル版の良さを生かしつつ,
辛さ成分よりも出汁成分が強めで粒感も強めの明太子が
オリジナル版の味の調和を崩すことなく一粒一粒
味ご飯に絡む感じでこれはおいしいなあと思いました。

おそらく,最初明太子をどけてアジご飯と明太子などを
それぞれ別個に楽しみつつ半分くらい食べて,
その後全部のおかずを入れて混ぜ混ぜして
ご飯に均一に明太子をいきわたらせるとおいしい気がします。

で,おなかがすいていたので説明文を読まずに食べたのですが
最初に容器のまま電子レンジで温めて食べたほうがよいようです。

確かにそれの方がおいしそうですが,これはおそらくですが,
明太子は別に分けて温めた後に加えたほうが
ゆであがって焼きたらこみたいにならなくていいのではと思いました。

という感じでオリジナルの良さを生かしつつ福岡の良さも加わっているので,
旅行から帰ってきた福岡の人が「ご飯作るのも面倒だから駅弁でも買って帰るか」
なんて感じで旅程の最後のお土産として買ってもらえるといいな~と思うし,
福岡旅行に来た兵庫の人などにもお土産としてもすすめられられる気がします。

電子レンジでの温めを体験できなかったのが残念なので
また今度の出張の帰りにも買って温めた版の感想も書いてみたいな~と。
スポンサーサイト

2019.03.30 Sat » 雪洞がつなぐ季節


仕事に出るために宿泊先のホテルを出ようとしてハタと気づく。
「おそらく今日は飲んで帰ってくるからブログ更新できない。」

ということで昨日新幹線の中で書いたはいいものの,
画像の縮小ができなくて予約投稿にまかせていた
ブログの内容をあげさせていただきます。
新幹線の車窓の風景によって文章があちゃこっちゃにいく
リアルタイム性を楽しんでいただけたらと(笑)。

********************************

季節も年度末でなんとか帳尻を合わせようとしたのか,
昨日今日と無茶苦茶暖かくて一気に桜が咲きまくりましたね。
土日は少し気温下がるでしょうが,真冬のあの厳しい寒さなんて
戻るはずもないのでお花見のお酒でほてった体をするりと冷やしてくれて
よっぱらいすぎないいい感じの花見ができるのではないかな~と。

20190330sakura.jpg

20190330sakura2.jpg

今徳山駅を通過したらすぐ近くの川におそらくお花見用の
ぼんぼりが川沿いに並んでいる景色がみえました。い~な~。

そういえば今年は結局一回も福岡で大雪は降りませんでしたね。

閑話休題

で,そんな感じでふんわりとした春の日差しをあびながら
まぶしい気分でぎなんの木に萌え出したちっちゃいちっちゃい
緑の若葉の芽のつぶつぶたちを心で愛でてから,
翻って山小屋の方も見上げてみると,向かいに生えている木から
はらはらと結構な数の落ち葉が風に乗って散る姿がみえました。

秋ではなく春辺りに散る落葉を常盤木落葉とかいったよな~
とか思いつつもうろ覚えだったので調べてみると,
言葉自体はあっているけど,季語として使われ「初夏」らしいです。
そういう意味では「春らしいな~~~」と思って使ってみたくても,
さすがにまだ初夏とはいいたくはないからこの言葉はGWくらいまで
待って使った方がよさそうだなあと。

20190330bonbori.jpg

まあでも春分の日を過ぎて,日は平均よりも長くなっていくのだろうから,
そういう意味ではもう暦の上では夏に入り始めた,なんていっても…
「なんて気が早いんだ!」と思われそうですが,櫛田神社では
すでに山笠の雪洞の設置の申し込みが始まっていたりもするので,
なんというか春が来て確実に夏の気配がみえてきた,って感じかもなあと。

2019.03.29 Fri » これが表示されているときは


今日はお仕事終えたら新幹線で出張です。

道中のんびりブログ書いて更新する予定ですが,
旅先からブログ更新しようとするとセキュリティの関係か
メールでの認証が必要だったりして更新のページが開かなかったりする
ことが結構あるので念のため予約投稿しておきます。

そのためこのページが開かれているときは,

・セキュリティ関連などで更新ページが開かなかった
・仕事が残っていて新幹線の中で仕事をしていた
・ついつい気のゆるみで新幹線内で酒飲んで面倒になった

などの理由が考えられると思ってください。
ていうか今確認したら終電の1本前という遅い時間なので
酒飲んじゃう可能性高いな~と。

てな感じで内容はおっさんのどうでもいい出張話なので
せめて写真はきれいなものをと思って博多駅のチューリップです。
昨日今日で一挙に桜が咲きまくってきれいですが
博多駅のチューリップもちょうどいい感じなのでぜひぜひ。

20190329tulip1.jpg

20190329tulip2.jpg

20190329tulip3.jpg

2019.03.28 Thu » 節分大祭写真コンテスト授賞式に出席しました


今日はあったかかったですね~。
節分大祭の写真コンテストの授賞式に出席するため,
出勤をかなり遅らせた分午前は自宅の掃除をしたのですが,
窓を開けっぱなしにしないと室内は暑いくらいでした。
これで一挙に桜の開花が進んで週末は花見にぴったりなんだろうな~
って私は週末出張で博多にいないのですが。・゜・(つД`)・゜・。

で,本日ははえある第五十八回櫛田神社節分大祭写真コンテストの
授賞式に出席してまいりました。

20190328jusyoushiki1.jpg

ずらりとならんだトロフィーの写真を見て
「お,おまえさんももらえたのかいよかったねえ」と
思ってくださった方もいるかもしれませんが
これらは金賞銀賞銅賞をとられた方々が
櫛田神社以外にも西日本新聞などから複数贈られるものであって,
入賞だけの人はそのまえにある包装された3つをいただく感じでした。

んでも授賞式に出ると神事を一番いい位置で拝見できるので,
それだけでも出席する価値はあるな~と。
あと,宮司さんが博多カレンダーの説明にあわせて,
季節の移り変わりを写すことの意義なども語られていたので,
なんというかそういった写真を目指す価値もあるよな~などとも。

で,今回出席して一番勉強になったのが,西日本新聞社の
プロのカメラマンの先生からの講評なのですが,
私の記憶が正しければ今回から先生がかわられたと思います。

で,先生が金賞銀賞の作品の良かったところを解説されたのですが,
今回の先生は「シャッターチャンス」や「動き」への言及が多かったかなと。
記憶では先生ご自身が相撲などの写真を撮影されているともいわれていたので,
今回の先生が山笠写真コンテストの審査を率いられることを想定すれば,
今年の山笠は「動き」を映せるように頑張った方がいいんだろうな~と。

って,これまでこのブログで何回も書いてましたが,
私その手の写真撮る技術がまったくないので・・・。・゜・(つД`)・゜・。
私が撮れるのって下のような「静」的なものばかりなのでさてどうなるか…

20190328jusyoushiki2.jpg

まあでも,金銀銅の賞をとられた常連の方々からみると,
私などは芽吹き始めたぎなんの木の若葉なみのひよっこだと思うので,
葉葉を広げる様に失敗や落選を恐れず写真の幅を広げていきたいなと。

20190328jusyoushiki3.jpg

なんとか山笠の写真コンテストでもここに戻ってこれるようにと
意欲を新たにできたので授賞式に参加できてよかったです。

2019.03.27 Wed » 言葉はいらない


鹿児島の魅力を知ってもらうためには,
言葉はいらない写真だけで充分…。

20190327sakurajima.jpg


20190327flowers.jpg


20190327shiden.jpg

って,今日も文章書く時間なくなってしまいました。・゜・(つД`)・゜・。

んでもまたすぐ鹿児島に行きたくなったな~と。

新幹線のれば1時間半で着くのだから時間的な障壁は少ないけど
やはり料金だよな~~~と片道1万弱はきっついわと。

そういう意味では「地方再生」のためには,新幹線などの
料金を安くした方がいいような気がしますが,
それだとまたストロー現象を強化するだけになるのかなあとも。


2019.03.26 Tue » 次のスターは???


サッカー日本代表キリンチャレンジカップボリビア戦をみております。

前半からず~~~~~~~~~っと膠着状態で,
敵陣でボールは廻させてもらっているけど壁が厚い感じで
なかなかこじ開けられない状況だったので,
仕方ないのでパソコン作業を始めたところでのゴーーーール!!!

解説の鈴木隆行さんが「危険かもしれないけど一度自陣に
敵を引きつけてから持ち上がったほうがいいかも」言われてましたが,
選手交代で流れが変わってそういったプレーが出来たら点が入った気が。

ということで今日はサッカー観戦に時間を使ってしまったので
ブログを書く時間が無くなってしまったので手短にですが,
先日鹿児島に行って歓楽街を歩いていて,
やはりかごんまだけあってアーケードの飾りも焼酎だな~
なんて思って写真を撮ったりしておりました。

20190326tenmonkan0.jpg

んでもそういう「酒!西郷どん!」みたいなイメージもあるけど,
結構洒落とんしゃ~みたいな感じの飾りつけも多くて,
星が好きな私にうれしい星座関係のものも多くて,
なんでだろう~と思ってハタと気づく。

20190326tenmonkan2.jpg

20190326tenmonkan1.jpg

「だってここの名前は天文館」

サッカー,中島が手をあげているのをみながらなので,
全然調べられてませんが天文館はやはり天文を見る場所だったようで,
当時は薩摩だけが太陽暦を使っていたりするみたいですね~
今は人工の明かりでガンガンに照らされて星はほとんど見えないでしょうが
昔は星をバックに背負った桜島の姿などが見えたのかな~などと。

さてワールドカップの頃にはどの選手がスターになっているのかな~などと。

2019.03.25 Mon » 限りなく透明に近いブター(後編)


先日書いたブログ,お店の名前を書き忘れるという大失態。
店名:のり一  住所:児島市山之口町9-3 神川ビル 1階 (MAP)
営業:11:30~14:00 夜20:00~27:00(金土は28:00まで)
定休日:日曜日 駐車場:歓楽街なのでなし

お茶と沢庵を両方平らげてからも結構時間がかかったのですが,
店員の女性たちと酔客や観光客のやりとりが,
いい感じの手慣れといい感じの旅先の暖かさが両立していて
これが老舗ならではの空気感かもな~と思っていると着丼です。

20190325noriichiramen.jpg

唯一無二の感想:透明!

それこそ飲んだ後に食べるお茶漬けにかけるお茶のように,
いやむしろ何回もいれまくって「じゃー」になったお茶レベルに
ほんのりだけ黄色みがついた透明なスープにまずびっくり!

20190325noriichiramenup.jpg

(このアップの写真で透明感が少し伝わるかと)

もやしはブラックマッペかなにからしき細いタイプで,
鹿児島らしい赤身の小さめのチャーシューに
普通のネギがこんもりと焦がしたネギか玉ねぎが載るタイプでした。

細いのにシャキシャキ食感を保ったもやしを楽しんで,
主役の麺を引き出すと,麺は中太で結構太めのストレート面で
けっこうな柔らかさまでゆでられているので待ち時間が長かったのかなあと。
食感はふんわり食感でもっちり感が少し混ざる程度でコシとかはない感じかなと。

で,最初レンゲでスープだけ飲むとその透明さにあった薄さ!
んでもこれはしらふで食べたからで,酔って〆に食べに来た客には
絶対「ふう~~~ほっとするわ~~~」みたいな心地よさを感じさせて
くれるタイプのものだと思います。
なので貧乏舌の私には素材が豚骨なのか鶏なのか全くわからず,
むしろ昆布関係かと思ったのですが不明なので何も書けません。

んでも「これだけ淡い味わいだと麺と合わさったらどんな味になるかな~」
と少し不安だったのですが,麺自体においしさがある感じなのか
麺と合っても別に「味がなくて食べられない」感じにはならなかった気がします。

お茶漬けって最近では「お茶漬けのもと」などを使った味のきつめのものを
食べることも増えましたが,酔った後にうれしいのはどちらかというと,
だし汁とかではなく,本当にお茶だけをかけて漬物などのおいしさを楽しむ
ようなものだと思いますが,のり一さんのラーメンもそんな感じで,
出汁出汁主張しない透明なスープとごはん的な役割の麺の中に
もやしのシャキシャキ食感は漬物のしゃくしゃく食感のように響き,
生のネギの刺激や焦がしネギの滋味は海苔やおかきのようなアクセントになり
チャーシューは梅干しや鮭や明太子のようなメインディッシュとして働き,
お茶漬けが個人戦でない調和勝負の団体戦で挑んでくるように
のり一さんのラーメンもスープ麺トッピング全体のチームワークでせめてくるから,
酒に打ちのめされた胃や口腔にやさしく滑り込んできながら
食べ終わった後にはなんとも言えない幸福感に包まれるのではないかな~と。

20190325noriichinoren.jpg

そんな視点で店の外観を撮ろうとカメラを構えていると,
のれんをくぐって出てきた他のお客さんがみな
満足しきった心地よい安どの表情をされているように思えて
そういう意味でほんと存分にほっと一息つきまくれるお店なんだろうな~と。

2019.03.24 Sun » 限りなく透明に近いブター(前編)


鹿児島,実家ではなく仕事で行くときは鹿児島中央駅の近くに
宿を取ることが多いのですが,今回初めて天文館に宿をとってみました。

これまで天文館というと山形屋のイメージが強く,
そのため天神みたいな場所のイメージがあったのですが,
今回宿を取った場所は中洲的な歓楽街のど真ん中!なので,
飲み屋は無数にあるけどコンビニとか牛丼屋などの
一人で入りやすいファストフードとかが全く存在せず,
どうしたもんだか…と困ってスマホで検索すると…
なんとすぐ近くに「1杯350円のラーメン屋がある!」
格安ラーメン大好きの私の琴線が嵐のように揺さぶられて
迷うことなく入店!したのはいいのですが・・・

値上げしてますな~。・゜・(つД`)・゜・。

20190324menu.jpg

中が500円で大が550円か~どっちもワンコイン越えか~
と思って最初逡巡してしまって食べるのをあきらめたのですが…
全体的にラーメンの値段が高い鹿児島で500円はすごいよな~
しかも味の方も結構評判いいし…と思いなおして食べてみることに!

昔からのお店でこんな歓楽街にあるお店なので,
勝手に昔の元祖長浜のようなお店をイメージしていたのですが,
店内は結構新しくて清潔で,若い男性二人以外は女性の店員さんが多く,
なんというか渡る世間は鬼ばかりとか牧のうどんみたいなイメージだな~
食券は自動販売機だけど出てくるのがこのプラの奴なのはいいな~

20190324ticket.jpg

なんて思っていたらすぐに鹿児島ラーメンらしいお茶と沢庵がやってきました。

20190324ocya.jpg

店内はカウンターが10数名座れ,後ろに6人くらい座れるテーブル席が
4卓くらいあってそれすべてが埋まっていてさらに待っている人がいる
くらいの混雑だったので,ラーメン自体が出てくるまでは結構時間が…

って,今日は時間がなくなってしまったので,ラーメンブログに
あるまじき「ラーメン本体が出てくる前にブログを一度終える」
ということになってしまいましたが,明日絶対後編を書きますのでお許しを。

んでもほんとこんだけ長々書きたくなるものがあったのだけは確かです。

2019.03.23 Sat » Hな本の行方


かごんま!

20190323kagonma.jpg

私が鹿児島に来るのはだいたい親の実家の田舎への帰省ですが,
今回はお仕事で来ているので都会の鹿児島中央でございます!

で,駅前の市電の乗り場近くで見かけたのがこちら。

20190323kagonma2.jpg

市立図書館から借りた本を図書館まで行かなくても
駅前の結構便利な場所で返却できるのはいいなあと。

んでもですね,「駅前の本を入れるポスト」というと,
「悪書追放BOX」とか言った名前(正式名称不明)の,電車で読んだ
Hな本を家庭に持って帰らないようにするためのポストを思い出して,
図書館への返却図書だけじゃなくてHな本もいれられてしまうのでは…

と考えてふと気づく。「九州に来てから悪書追放BOXをみていない。」

この,正式名称はわかりませんが「悪書追放BOX」って,
全国的なものではなくて関西だけの文化だったりするのかな~

んでも,インターネット及びスマホの普及などの影響で
最近本当にHな本を買うことがなくなったし,Hな本じゃなくても
電車の中に読み捨てられた雑誌をみることもまったくなくなったよな~と。

だから,九州で悪書追放BOXを見かけないのは地域差ではなく,
時代の変化によって必要でなくなったから設置されなくなっただけで,
九州にも存在していたのではないかと思うのですがどうなのかなあと。

子ども時代に「あの中身はいったいどうなるのだろう…」という
疑問しかもたなかったのですが,また新たな疑問が沸き上がってきたなあと。

って,今回は1泊二日なのに予定が詰まりまくっている出張なので
調べる時間もなく本日はこれにて終わらせていただきます。

2019.03.22 Fri » 結果発表!


先月,第五十八回博多総鎮守櫛田神社節分大祭写真コンテストに
応募するぞ~ということを書いておりました。

で,三月も半分が過ぎたどころかもう10日も残っていない
こんな月末年度末の頃になってもその結果が書かれてないので,
みなさま「あっ…(察し)」と思われていたのではないでしょうか。

私自身今年はばたばた忙しい中での応募だったし,
写真の裏側をみてタイトル見てもらわないと写真の意図が
分からない写真での応募だったので,無理だったかな~
と思っていたところに櫛田神社から封筒が到着!

20190322futo.jpg

どきどきしながら震える手で封を開けると…入選しておりました。

20190322flower.jpg

先日も書きましたがあらゆる撮影ポイントを知り尽くした
長年のベテランセミプロカメラマンも応募されるコンテストなので
金賞1名銀賞2名銅賞3名の精鋭に入るのは最初から無理でしたが,
なんとか入選20名に入ることが出来て良かったな~と。

あと,選ばれたものが,「裏を見てもらわないと意義が伝わらない」
写真としての完成度はあまり高くないけど,撮影テーマとしては
興味深いものでタイトルを見てもらえたら伝わるのでは???と
思っていたものだったので自分の思いが伝わった気がしてうれしかったです。

まあでも,今回の入選作は,撮影テーマとしてはよいものなのですが,
もっともっと良い作品にしていける撮影テーマだと思うので,
今後もこの撮影テーマでもっと写真的に良いものを撮影できるよう
頑張っていきたいな~~~と思えた出来事でありました。

しかも年度末でいろいろ抜けられない仕事が多い頃なのですが,
すごくうまい感じで用事がない日に授賞式があたったので,
授賞式にも参加できるのがラッキーだなあと。

20190322tegami.jpg

また授賞式に参加してその様子をレポートしますね~。

2019.03.21 Thu » 思い上がりを大反省


鹿児島の親からの荷物が先日届きました。

20190321pomero.jpg

中身はだいたい野菜や果物が主で,そこに空間を埋めるための
お菓子や食材などが混ざることが多いのですが,
今回は焼酎のプラの1合容器が入っておりました。

この手の焼酎のミニ容器が入ってくることも結構あるので,
何の気なしにとりあげてみると…包装がはがされた裸だな…
と思ってじっくりみてみるとマジックで書かれた「森伊蔵」の文字。

20190321moriizo.jpg

焼酎ブームはかなり収まってハイボールやストロング酎ハイが
ブームになってきた最近だというのに,
今更プレミアム焼酎をありがたかがって送ってくる
親の「変わらなさ」に安心を覚える気持ち半分,
『親の手前貧乏貧乏言ってるけど,一応プレミアム焼酎を
小容器で分けてもらわないといけないほど余裕がないわけでは…』
等と思って親の目に映る自分がふがいないままであることに
少し不安を覚えたりする気持ちも半分感じたりも。

まあでも,おそらく鹿児島在住の縁で手に入った貴重なものを
こうして子どものためと思って送ってくれる親心はありがたいな~
と思いながら「まあでも森伊蔵くらい自分で買おうと思えば買えるし♪」
とも思って結構あっさり一挙においしく飲み干してしまったのですが…

20190321moriizo2.jpg

森伊蔵は今でもまだ結構入手不可のままなんですね~
抽籤に当らなければまだ一升瓶で1万程度するようなので,
このわけてもらった180mlの森伊蔵で1000円程度したのか~
そんな高額な焼酎を自分の金で買うことは今後もまず望めないな~と。

あああそれならもっとちびちび飲めばよかった~~~。・゜・(つД`)・゜・。

まあでも,ツイッターで一方的にフォローしているお金持ちで面白い方が
「バーでウィスキー頼んだら“1杯五千円しますがダイジョブですか?”って
聞かれたから,お金のない人間に見られて不愉快だったから即店を出た」
みたいなことを書かれいたのをみて「お金持ってそうにみられる」ことを
求める心理があることも理解しましたが,なんというか
遺伝共有非共有すべての側面で親から受け継いだ「安価を求めるこころ」は
大切にしていきたいな~とこの写真を見て思いなおしたりなども。

2019.03.20 Wed » 日本一!



富士は日本一の山!

って,今回の東京出張ではその御姿をみることができずに残念でした…。

仕方ないので静岡在住の方からもらった富士山関係のお土産を。

20190320mtfuji.jpg

五穀屋という名前なのかなと。

富士山は静岡側と山梨側で結構印象が違いますが,
東京から日没時にはるか遠く漂うようにみえるものまた格別なんだよな~と。

ということで今日は朝一から結構仕事頑張って,
いろいろ「今日まで」の仕事をこなすのに集中したので
今日までは写真一枚の更新になったことお許しいただけたらと。

2019.03.19 Tue » 無事に帰ってきました


東京出張を終えて無事に福岡に帰ってきました。

お仕事終えて大荷物を持って駅に向かおうとすると、
結構大きな段差があったのに気付かず足を踏み出したので
慣性のついた荷物の重みで前のめりになって
あわや顔から突っ込んでこけるという大惨事になりそうでしたが、
なんとか膝を着けて受身的にこけられたので何とか助かりました。

貧乏性なので最近みんなつかっている「ころころ旅行カート」を買わずに
昔ながらのボストンバックをもって出張に行くというスタイルを維持していたのですが
寄る年波のせいで足腰が弱ったためこの手の荷物に振り回されて
こけそうになることが多くなった来たので
さすがにもう身の危険を感じ始めたのでころころを買わないとな~と。

んでもやはりコロコロは歩くときに面倒なので、
大きなリュックを買った方がよいのかな~
コロコロつきのリュックとかあるからそういうのもいいよな~

てな感じで戻ってきてすぐにまた次の出張用カバンのことを考える程度には
出張でいろんなところに行くのは好きで気分もリフレッシュできるのですが
昔は出張に出かけさえすればそれで完全にリフレッシュできたのですが、
今ではやはり体力的な無理が出てきて身体の疲労感が抜けない気がするので
明日は朝一出勤なのもあって本日はこれにてブログを終わらせていただきます。

写真がいちまいもないのもさびしいので宿泊したホテルのすぐ近くにあった
麺好きにはたまらない(?)日清食品の東京本社の建物の写真を。

20190319nisshinn.jpg

昔はここで音楽のライブとかしていた記憶があるのですが今はどうなのかなあと。

2019.03.18 Mon » 女性と俺の青春


先日ブログで書きましたが本日は女性5人との飲み会!
しかも男性は私一人!で飲み食べ放題のコース!文字通り酒池肉林!!!
これはきっとお持ち帰りコースだよな~ブログの予約更新するの忘れたの後悔!

と思っていたのになぜ私は21時にホテルにいて
こうして無事にブログ更新しているのでしょう…。・゚・(つД`)・゚・。

まあでも,結構いろんな思い出のある新宿の地で,
関東時代とは関係のないメンバーと楽しく飲み食いできて,
自分の青春だったと思える場所をスルー出来たのはいい経験だったかなあとも。

まあでも,若いころ自分が一番あこがれていたのはこの建物だよな~と。

20190318kinokuniya.jpg

こっちは若いころからまったく無縁だった建物ですが…

20190318isetan.jpg

って学生のころはコートとマフラーと手袋をここで買ったんだよな~
メンズ館とか言い始めたころから中に入ったことはないけど,
自分が学生の頃はブランド別での展開ではなくて,手袋なら手袋で
いろんなブランドが一堂に会して陳列されていたので選びやすかったんですよね…。
この手の「ブランドごとでの展開」じゃない「アイテムごとでの展開」を
しているデパートが福岡にあるとありがたいのですけど…
確か博多阪急がそんな感じの店舗展開していた記憶が…どうなのかなと。

まあでも自分にとっての新宿は今や未来を考える街ではなくて
昔を思い浮かべるだけの街だから,今後はやはり上野に定宿をつくるぞ~と。

そんな青春の蹉跌は酔いが進みすぎて前後不覚になってブログ更新できない状態に
なる前に終えて,今からゆっくりホテルの部屋で一人二次会を始めま~す!

20190318nijikai.jpg

それではみなさまよい酔いの宵を!

2019.03.17 Sun » 博多っ子純情in東京


東京!新宿!

20190317shinjuku.jpg

って,いいとものスタジオアルタがある東口方面で,
イケメンの私にぴったりのメンズ館がある伊勢丹より東に行って,
日清食品の建物があるあたりに来ているのであまり東京感のない光景ですが。

で,本日のお仕事はこちら!(嘘)

20190317waseda.jpg

左下に影が入っているし,特徴のある上の方がみにくいので,
ちょっとわかりにくいかもしれませんが早稲田大学の大隈講堂ですね。
まあ私は通りかかっただけでこことは違う場所でのお仕事でしたが。

で,タイトルの件に戻りますが,『博多っ子純情』では石堂高校卒業後,
浪人などを経て登場人物の多くは大学進学するのですが,
進学先の大学名は明示されてはいないけどほぼ確定できる気がします。

今東京にいて手元にコミックスがないので証拠が挙げられませんが,
黒木の進学先は絵に描かれた建物が特徴的だったので
これは明治大学だと分かったのですよね。

で,六平と阿佐の進学先は,おそらく早稲田だろうな~と思っていて,
でも明治のような特徴のある絵は描かれていなかった気がしたのですが,
今日実際に早稲田大学の横の道から敷地内を覗いてみて実感。

20190317waseda2.jpg

おそらくこの視点での絵が最初の受験時に使われていたはず。

こんな感じで博多っ子純情の東京時代に登場した場所などを
探して聖地巡礼してみるのも面白いかもな~などとも。

ラジオドラマも始まりましたし,また福岡戻ったらコミックスを読み返したいなと。

2019.03.16 Sat » 東京酒池肉林


東京出張!

20190316airport.jpg

いつもは上野あたりに宿をとるのですが今回は仕事の都合上新宿!
ここで新宿副都心の写真でもあればいいのですが
新宿での安宿定番の「歌舞伎町のさらに奥」なので
そういった光景は全くなしでございます。

そこそこ慣れた上野なら,地元民が使っていそうなスーパーの
所在などもわかっているのでそれなりになじんだ食材を買えるのですが,
新宿は慣れてないのでそういったお店をみつけることができておらず,
結局ドラッグストアとコンビニで買うしかありませんでした。

で,ホテルついて東京のラーメンやなど探索してみようかと思ったのですが
まずは書類を作成してしまわないとと思ってホテルでとった昼食がこちら。

20190316lunch.jpg

で,なんとか書類を作り終えて,明日は朝一で仕事だから
外に飲みに行くのはやめて部屋で飲もうか…と思って買ってきたのがこちら。

20190316diner2.jpg

もうほんと東京出張の意味全くないメニューでございますね。・゚・(つД`)・゚・。

しかし今回は!なんと!明後日の夜は!女性5人との飲み会!
それを糧にお仕事頑張るぞ~~~!!!

明日仕事がいきなり本番なので今日はそれに備えて早く寝るためこの辺で。
それではみなさまよい週末を!

2019.03.15 Fri » 一日遅れのホワイトデイ


みなさま昨日のホワイトデイは楽しまれたでしょうか?

私はバレンタインデイにゼロだったので
ホワイトデイへの参加資格自体がありませんでした。・゜・(つД`)・゜・。

なのでせめて白いものでも愛でようかと。

櫛田神社の総合神庫前の寄付者一覧の下に,
すごくかわいらしく咲いているのは何の花ですかね?

20190315whiteflowers.jpg

スイセンかと思ったのですが花の形状はすずらんぽく,
けれどもスズランはそんな葉っぱではないので…???

20190315whiteflowersup.jpg

こちらはゆきやなぎですね結構好きな花です。

20190315yukiyanagi.jpg

さて明日から東京出張なのに全然準備ができておりません。・゜・(つД`)・゜・。
ていうか1つ書類真っ白なまま飛行機に乗らないといけない。・゜・(つД`)・゜・。
ということなので本日は白づくしのブログと相成りました。
花の白はきれいでも,白い書類は大嫌い。・゜・(つД`)・゜・。

2019.03.14 Thu » 神様はみている


出勤時に櫛田神社による時,最近は
「トイレ横の入り口から入り,手水,参拝,牛さんに触って
休憩所でポケモンGOを立ち上げてぎなんの木を見上げて
清道から表参道に入り大博通りを歩いて博多駅」というルートを取ります。

んでも今日はマックスバリュによりたかったので,
休憩所の跡で西門方面に抜けようとすると視線を感じました。

まあ,私くらいのイケメンになると女性からの視点は…
「むけられる」のではなく「そむけられる」ことが多いので。・゜・(つД`)・゜・。
この視線の主は女性ではないだろうな~と思って視線の方を向くと。

20190314eyes222.jpg

二輪残って咲く椿の花が目のように見えたのですね~と。
どこか愛知県で開催された愛・地球博のマスコットキャラの
モリゾーとキッコロを思い出したりしました。

よくみれば剪定されたあとが見えるので,櫛田神社の神職の方の
遊び心なんではないかな~と思って楽しく思いました。

いっぱい咲きに咲いた花々の中で最後まで残った花なので,
少し盛りは過ぎていましたがすごくきれいだなあと思いました。

20190314eye.jpg

で,翻って椿の反対側をみてみると,先日移植された
切り木ボタンがもうつぼみをつけておりました。
ちゃんと根付いてくれるかな~と思っておりましたが
移植された最初の年からきれいな花を咲かせてくれそうで楽しみだなあと。

20190314kiriki.jpg

先日の初夏のような気温のあとにまた少し寒さが戻りましたが
ほんと季節は確実に春に近づいてきているのが実感できて楽しみですね。

2019.03.13 Wed » 道のみちのり


ぎなん祭から明けて本日,祭の跡を感じようとぎなんの木の根元をみても…
やはりわかりはしませんね~まあでもおからのかけらが少しわかったかなと。

20190313ginan.jpg

詳細は西日本新聞社のWebで確認できるのでこちらをどうぞ。
https://www.nishinippon.co.jp/feature/hakatayokatoko/article/493856/

で,その後櫛田神社の表参道を歩いていると,
石畳風の作業がさらに進んでいました。

20190313road1.jpg

アスファルトに石畳風の筋目を入れて終わりだと思っていたら,
その上にグレーっぽい塗料を全体にかけて石っぽくして
その後白の粒などを足して素材の違う石の模様感を増やして
石畳感を増していっているんだな~と。

20190313road2.jpg

これだけ丁寧な作業をされた石畳風ですが,
この上を山笠が通ったらどんな感じになるのかな~と。

このあたりは今年初めての体験になると思うので注視したいと思いますが,
年ごとに山の軌跡が重なり合っていったりしたらそれは素敵だろうなあとも。

2019.03.12 Tue » おきうと


本日はぎなん祭でしたが仕事関係で見学できず残念無念。
大がかりな剪定後すぐのぎなん祭ですから祭事もおおがかりだったのかな~
と思って様子の分かるニュースなどないかと探してみましたが見つからずなので,
また明日あたりにニュースが挙げられてないかを見てみたいと思います。

で,今回は来福された客人を案内していたのですが,
食事の場におきうとがあったので説明しようとしたのですが
材料がおきうとが「えごのり」なのに対してトコロテンが天草だ,
という知識を知らなかったので「濃いトコロテンです」と説明。

20190312okiuto.jpg
(仕事中に撮った写真からの切り抜きなので画像が悪すぎですみません)

で,その場に用意されていたのがポン酢とおろししょうがだったので,
それをつけて食されてからある人がいったのが
「トコロテンだから甘いかと思ったら酸っぱいんですね。」との言葉。

なんだか調べてみるとトコロテンに黒蜜をつける文化もあるんですね…
んでもおきうとに黒蜜をつけて食べる文化はないようなので,
トコロテン以外の類似でおきうとを説明しようとすれば
どう説明すればよいのかな~などと。

このあたり,なんというかある土地の文化を紹介するときには,
その紹介する相手の文化も把握したうえでないと難しいんだな~
ということを再認識する体験だったな~と。

まあでも今日は風は強かったものの結構あたたかくて
のど越しの良い冷たいものがおいしく感じるくらいでしたね。
奈良では3月12日のお水取りがあると春本番になるようですから,
福岡でも3月12日のぎなん祭のあとで春が本番どころか
最盛期になっていくのかな~などと。

2019.03.11 Mon » 春を追い越して


昨日の注連懸稲荷神社初午大祭で写真を撮っていると
ふと目に入った花の写真がこちら。

20190311flowers.jpg

おそらくシャクナゲですよね自信ないですが。

なんとなくイメージとしてはGWあたりに咲く気がして,
調べてみると「四月下旬~五月中旬」が開花期とあったので
結構早い開花なのではないかな~と。

そういう意味では今年はいろんな花が早めに咲いている気がして,
夏の到来が早まれば山の到来も早まるのかな~などとも。

まあでも,夏の場合,早く来たからと言って早く去るかは不明で
むしろ早く来れば来るほど収まるのも遅くなる可能性もありますが。
去年みたいな猛暑はもう去年のこととして今年は普通であってほしいなあと。

ということで本日は来福された客人の案内でブログ更新できませんので
予約投稿での更新です。はめ外さない程度に楽しめたらと。

2019.03.10 Sun » 雨の注連懸稲荷神社初午大祭


本日は一日雨!でしたね。

で,櫛田神社の境内で11時から始まる注連懸稲荷神社初午大祭を
拝見しようと思っていたのですがいろいろあって到着は11:20頃。

人の姿が見えなかったのですでに終わってしまわれたか~。・゜・(つД`)・゜・。
と思ったら雨が強かったからか全員がお堂か庇に入られておられました。

20190310hatuuma1.jpg

雨だと祭事の様子が拝見しにくいのが残念ですが
その分あたりの景色の趣が増す気がしてそれもまたよしだなと。

20190310hatuuma2.jpg

紅白の旗も雨に負けずしっかり立っておりました。

木蓮の花はまだもうしばらく先でしょうか。

20190310hatuuma3.jpg

で,花より団子でぜんざいの無料接待をいただけるかな~
今日は雨だからお客さんも少ないかも~と思って向かうと,
人数は少ないのですがその分休憩所にみっちり待たれていました。

20190310hatuuma4.jpg

お餅の焼けるぷくっと心地よい香ばしいにおいにおなかが鳴ったのですが,
雨なので正門に腰かけて食べるなんてことはできず,
休憩所で食べるしかないのですがそこはなかなか空きそうに
なかったので,結局今年もいただけないまま出勤とあいなりました。

20190310hatuuma5.jpg

まあでも,今年は仕事でぎなん祭を拝見できないので,
なんとか今日の初午大祭は見学出来てよかったです。

2019.03.09 Sat » 石畳

櫛田神社の表参道,石畳風の加工が佳境になってきましたね。

20190309road.jpg

これ,どういう仕組みなんだろう???と思っていたのですが,
基本的には「普通のアスファルトを敷設して,その上に
金属の石畳風のアミアミパターンをのせてプレスして
ギザギザを刻むのを繰り返す」ことで作成しているのだなと。

そう説明してしまうとなんだか簡単に思えてしまいますが
こうしたひと工夫を施すことで印象はかなりよくなるんだなあと。

自分もこんな感じで「そのひと手間でブログが魅力的に!」
なんて技法をみにつけたいのですが・・・
まあ無理せず毎日続けることでの轍の軌跡を残すのが精一杯ですが。

ということで今日も10分更新になってしまいましたがお許しください。



2019.03.08 Fri » イエローイエローハッピー


昔ウッチャンナンチャンのウッチャン・千秋・ウドの三方による
ポケットビスケッツのヒット曲『イエローイエローハッピー』があったなあと。


ということで(?)本日は黄色に関するあれこれを…

20190308yellow1.jpg

博多駅でみかけた黄色い電車。
わずか数両で運転していて行先表示とかもなかったので
なんか珍しい車両なんでしょうが調べ方がわかりません残念。

20190308yellow5.jpg

実家から送られてきたサワーポメロ。
皮剥くの大変ですがやはりおいしいよな~と。
福岡のスーパーだと熊本のパール柑が売られていることが多いので
シーズンの今試されてはいかがでしょうか?

20190308yellow3.jpg

櫛田神社のトイレ前にあるミツマタの花。地味ですが好きな花です。

ということで無理やり三枚黄色の写真を探してみましたが,
こうして3枚並べてみるとまたなにかいい感じでまとまる気もします。

2019.03.07 Thu » ぎなんの木の散髪


櫛田神社のぎなんの木の剪定,
ご覧になられた方はどんな印象を持たれたでしょうか?

20190304ginan.jpg
(剪定前の3月4日の写真)

20190307ginan.jpg
(剪定後の3月7日の写真)

3月5日に見たときはまだ剪定中だったので
クレーンの大きさの印象ばかりでしたが,
剪定がすべて終わった姿をみて最初に思ったのが
「こらまた結構思い切ったな~」というもので,
「スポーツ刈り」という言葉で自分が表現したかったものが伝わらず,
丸刈りにされて「なんか悪いことして反省したんですか?」と
聞かれる程度に短くした数年前の自分の散髪の時と同じ気分になっておりました。

「こんなに切り取って大丈夫なのかな?」と最初思ったのですが,
どのあたりを切ったのかを適当に推測してみた感じでは,
すごく太い幹の部分はまったくさわらず,
おそらく何度も同じ場所を剪定しているポイントがあって
今回もそこからの剪定だったのではないかな~と思いました。

20190307ginan2.jpg

このあたり町の古株の方などに以前の剪定の記憶がないかなど
聞いてみたいものですがどの程度昔なのかなあと。

ちなみに雨のため写真撮れませんでしたが,6日の朝の段階では
まだ切られた枝は清道に残ってトラックに積み込まれていっていましたが,
本日七日に訪れたときにはすでに枝はすべてなくなっておりました。
輪切りにして鍋敷きとかにしたらごはんおいしくなりそうだったのに残念。

まあでも,髪を切った日のあの「ちょっと生まれ変わった気分」を
ぎなんの木も感じられている気もするので,どこか初々しい気分で
春の日差し楽しまれつつぎなん祭をむかえられるのではないかな~などと。

自分も心機一転春めいた気分でお仕事頑張りなおしたいな~などと。

2019.03.06 Wed » これが表示されているときは

今日は今から飲み会です。

これが表示されているときは2次会を楽しんでいることなのでお許しを。

20190306flower.jpg

2019.03.05 Tue » ぎなんの木の剪定作業


昨日,櫛田神社のぎなんの木の剪定が午前に行われるらしい,
との情報をいただいていたので出勤前に立ち寄ってみると…

予想以上に大きなクレーンを使っての作業でございました。

20190305ginan1.jpg

クレーンにつるされたゴンドラに二人が乗って作業されるのですが,
1本のクレーンでゴンドラ用の2本と切った枝を吊るす1本の
合計3本のロープを操作する様は圧巻でございました。
Youtubeが編集サービスをやめてしまったので縦位置の動画なのに
横位置になってしまっていますが一応選定作業の動画をあげておきます。


トラックに書かれた名前をみると「若杉青松園」という
櫛田神社でよくみかける業者さんと思われましたので,
これだけ長い樹齢の木の作業をするのにも慣れていらっしゃるんだろうなあと。

清道の中側からみるとさほど形の変わった印象はないのですが,
道路側からみると山笠が入りやすいように切られているのがわかる気がします。

20190305ginan2.jpg

切り落とされた後の枝がさらに小分けに切られてトラックに載せられる様子を見て
「この枝もらって帰ればご利益あるかも~」などと思ったりもしましたが,
ぎなんの木の幹の太さと枝の太さなどを見比べると,
中央のぶっとい幹はすごい歴史があるのだろうけど,
今回剪定された枝などの歴史はそれほどでもないのかもな~などとも。

20190305ginan3.jpg

でも,宮司さんなどの櫛田神社の関係者の方々が
けっこう感慨深げに長い時間選定作業を見上げられていたので,
今回の規模のぎなんの木の剪定は珍しいことなのかもしれません。

20190305ginan5.jpg

このあたり,樹木医さんとかにみてもらったり,炭素による年代判定(?)
などで,「ぎなんの木の剪定の歴史」とか解説してもらうと面白そうだなあと。

仕事があるので作業の全容を見ることなく中座しましたがすべての作業を
終えられた後はどの程度さっぱりした姿になっておられるのかなあと。

2019.03.04 Mon » 山の気配


いつも愛読している山台苦さんのブログを読むと
明日3月5日にぎなんの木の剪定がなされるとのことでした。

時間は不明とありましたが,私のことだから出勤で寄ったころには
きっと剪定が終わっているだろうから,あとで比較するため
前日4日の本日写真を撮っておきました。

20190304ginan.jpg

ぱっとみは総合神庫方面の枝の繁茂の方が多い気がして,
清道入り口側で八番山がひっかかりそうな枝はないようにみえますが,
このあたりは空間感覚能力がなさすぎる私なので全く分かりません。

その後表参道を大博通りまで歩いていると,
石畳風の加工作業がかなり進んでおりました。

20190304ishidatami1.jpg

リアル石畳を車で通った時の「ぱっこん,かっこん」とかいう
浮いた石畳がまた落ちるときの心地よい音なども再現してもらえると
おもしろいですがと(笑)。

まあでも,こうして石畳の線が引かれることで,
漫画表現の効果線による視点誘導のように,
道の先の何か遠くに意識を持っていく効果があるな~などと。

20190304ishidatami2.jpg

ぎなんの枝に 道の線に そして道の先に
あらゆるところに山の気配を感じるころ合いになってきたなあと

2019.03.03 Sun » 『イ〇ンのばか』


生まれついての貧乏性なので,買い物したもののレシートは
全部財布に入れておいて週末などに家計簿ソフトに打ち込むのを
かれこれ15年程度継続しております。

で,本日もその作業をしていると…「あり?なんか値段が安い???」

20190303bptonkotsu.png

安さ至上主義の私にとってのマストアイテムがそろう
うれしいブラントであるイオンの「BEST PRICE」では,
袋のインスタントラーメンが5袋で160円弱(158~159円)と
格安すぎるのでまず値引きとかはありえないのですが,
それが147円になっている…20,30日とかでお得なのかな?
と思ってじっくりレシートをみると…外税表示になっていると。


20190303sotozei.png

外税表示で1品1品に内税価格が表示されないレシートって
家計簿打つ時にいちいち自分で計算しなくてはならないので,
その手のお店はなるべく避けておりました。
私が利用するお店では,ドン・キホーテ,サニー,Mr.Max(敬称略)
などが外税表示で消費税は合計しか表示しないタイプでした。

で,一番利用頻度が高いマックスバリュは内税表示だったので
これまで安心していたのですが何故???でもつい最近祇園店を
使ったときは内税だったから,これは筥崎宮前店のみか…
ならば月に1,2回程度しか利用しないから別にいいか…
と思いながらAEONのホームページをみていると,
「3月1日以降,税込み価格は小数点第2位まで」を表示とな…。

で,レシートの山からマックスバリュのレシートをわけてみると,
筥崎宮前店のが3月1日,祇園店のものは2月以前のものしかないので,
おそらく今日以降祇園店に行ったら外税表示になっているんだろうな~
。・゜・(つД`)・゜・。血涙

「1品ごとに消費税計算してそれぞれを合計」より,
「外税で合計金額を出しそれに消費税をかける」方が
合計金額として高くなってお店側に入るお金が増えるから
(切り捨て分のとりこぼしがなくなる)
お店側としてはその方法とりたいのはわかりますが,
消費者側にとっては百害あって一利なしなんですよねこの方法。

まあでも,まだ500円以下くらいであれば脳内の暗算で
1.08かけて間違わない程度の暗算能力は維持できているので
こつこつ外税レシートと暗算で格闘することを続けることで
認知症予防になるとポジティブに考えることにしようかと。

20190303ashibi.jpg

ちなみに,タイトルはトルストイの『イワンの馬鹿』からのもじりですが,
青空文庫になっているようなので時間あれば読んでみたいなと。
https://www.aozora.gr.jp/cards/000361/card42941.html

2019.03.02 Sat » 櫛田神社の初午大祭とぎなん祭について


最近は、価格自体は上げない代わりに商品の量を減らして値上げする
ステルス値上げだとかサイレント値上げというのがはやりだそうですが、
二月の野郎も気づかないうちに1割にあたる3日も短く終わりやがった…

なんで1年は365日なんだから12で割って1月を原則30日にして、
5回31日ある月にしたらいいだけのような気がするのですが
なんでこんな変なことになっているんでしょうね…
国立天文台のQ&Aを参考にするとローマ時代に不吉とされたから…
なんて説があるようですが…すべての道がローマに続くように
すべての非合理的な決まりはローマに続くのではないでしょうか!!!

てな感じでまだ心が全然3月になれていないのですが、
櫛田神社ではすでに三月の神事の立て看板が出ていたので文字起こしです。

20190302tatekan1.jpg

注連懸稲荷神社 初午大祭
平成三十一年三月十日午前十一時
午前十一時(祭典終了後)~午后四時ぜんざい接待

ぎなん祭(御神木「櫛田の銀杏」の祭典)
平成三十一年三月十二日午前十一時

今年は初午大祭のぜんざい接待について詳しい説明が追加されていました。

20190302tatekan2.jpg

「ぜんざい接待は、祭典終了後11時30分頃より500食準備しております。
無くなり次第、終了となりますのでご了承ください」

例年、結構な数の方々が並ばれるので私は食べたことがないのですが、
500食もあるのであればしばらく並んでいたら食べられそうだなあと。
今年は12日のぎなん祭が仕事でみられない分、初午大祭を
じっくり時間かけて見学してみたいなあと。

櫛田神社境内の牛さんの近くの椿の木、
巫女さんのきる白い衣装の袖口あたりに走る赤い紐のように
白地に赤い筋がするりと入るきれいな花が咲いているのですが、
一輪だけピンク単色の花をつけているのが印象的でした。

20190302tatekan3.jpg
09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif