FC2ブログ

ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2018.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2018.11

2018.10.31 Wed » 俺の全財産


昨日のブログは焦ったような感じで書いておりましたが、
実はその後もちょっとしたトラブルがありまして、
「財布を職場に忘れて帰ってしまった」というのがありました。

これ、電車での帰宅だと最寄り駅で気づいて引き返すのですが、
昨日は車出勤だったので、スーパーによって買い物するぞ~!
と意気込んでいつも財布を入れている尻ポケットを触って発覚。・゜・(つД`)・゜・。

まあ、いつも持ち歩いているカメラバッグの中に千円入れてあったので
なんとか買い物して帰れましたが、帰宅時に財布を忘れたのは初めてではと。

で、私の場合ちょっと困ったことがあって、珍しいとは思うのですが
「通帳やカード類を全部職場においている」のですよね。
これはこれまで安くて日当たりが悪い部屋にばかり住み続けていたので
「窓を少し開けて換気をよくしていないと部屋がカビる」可能性があり、
そんな部屋に通帳とかおいとけないので職場に置く習慣がついてしまい、
オートロックでカギをいつもかけて出かける部屋に引っ越しても
そのまま通帳を職場においておいたままになっておりました。

んだから自宅に戻ってもお金は増えず、財布がないのでカードもなくて
ATMでお金もおろせないので出勤時に切符買って手元に残った全財産はこちら。

20181031zenzaisann.jpg

ほんと手元に数百円しかないと博多駅とか歩いていても
買い物もできないから何の心も動かないし、
「ポケットの中の500円玉なくすと出勤もできない!」
「切符をなくした場合身分証明になるものがないから面倒になるかも!」
と思って結構ひやひやした気分で電車に乗っていておりました。
いくら銀行とかにお金あってもそれを引き出すすべがない状態で
しかも現金が全然ないとこんなに心細くなるもんだなあと実感。

なので職場の最寄り駅で改札を通り抜けた時にかなりほっとできて
職場の机に置き忘れた財布を見つけられたときはすごく安堵できました。
今回の件で反省して安心感を高めるためにいつも持ち歩くカメラバッグに、
千円ではなく一万円も足して入れなおしたところです。

あとは、財布を無くしても大丈夫なように、スマホに何か
電子マネー用のアプリを導入しようかなあ~と。

てな感じだっのと17時までの書類の対応で今日もばたばたしていて
写真が全然撮れず本日は写真1まいのみですが、
明日からはそこそこ余裕出てくるはずなのでブログ書きを頑張りたいなと。
スポンサーサイト

2018.10.30 Tue » 大ピンチ


「月末締め切り」とかいう締め切りは良くあって,
今回は3つがその「月末締め切り」でした。

そのうち2つをなんとか本日終わらせて送信終了して,
その後最後の1つに取りかかろうとしてふと気づくと…

締め切りは24時までではなく17時まで!

7時間の時間短縮!!!。・゜・(つД`)・゜・。


20181030yabai.jpg

昨日おいしく食べたヒラアジの刺身のキャッチコピーが
望まない形で役に立つ日が来るなんて。・゜・(つД`)・゜・。
いやほんとかなり時間焦ってますので本日はこれにて。

んでも明日17時までに書類終わればあとは時間に余裕有るはずなので
明日のブログを充実させることで本日はこんなんでお許しを。

それではみなさまよい月末の夜を!

2018.10.29 Mon » とてもおとくなしあわせ


昨日,「とてもちいさなしあわせ」というタイトルでブログ書いて
車で某スーパーに買い物によると…半額以下が超大量で大漁!!!

20181029lowprice.jpg

全部30円と50円で一番値引き率が高いのは十分の一!!!
いずれもおいしくいただきました。

んでも夜にこんなに食べたら翌朝の体重が。・゜・(つД`)・゜・。
と思ったのですが増えてませんでしたラッキー。

そんな感じでウキウキした気分で今日の出勤時櫛田神社に寄ると
先日から書いていた「橘の花」が今日は3つに。

20181029tachibana.jpg

この調子で少しずつ満開になっていってくれたらなと。

ちなみに今日のラッキーはヒラアジ刺身298円。
脂ものってまったりしているのに身もそこそこ締まっていて最高でした。

20181029hiraaji.jpg

ほんとこういう小さなラッキーを紡いで人生をラッキーにしていきたいなあと。

2018.10.28 Sun » とてもちいさなしあわせ


いつものように出勤前に櫛田神社へ。

きのうブログに書いた橘をみてみると…花が2つになってました(笑)。
(写真では小さくてわからないかもしれませんが)

20181028tachibana.jpg

この手の小さすぎるネタ関係の写真を撮っていると、
人から「何このおっさんわけわからん写真撮ってやがる」
とかキモがられたらやだな…と思う程度の羞恥の心はあるのですが、
本日は私が写真を撮っていると他の男性も同じように気づいて
楽し気に彼女さんにそれを教えておりました。
まあ、彼女さんは、???みたいな表情を浮かべていましたが(笑)

で、そのあとあしどめ稲荷神社方面に歩いていくと、
博多べいの石碑の上に…誰かが拾ったぎなんの実ふたつ。

20181028hakatabei.jpg

そしてそのすぐ横の梅の木にも拾ってかけられたぎなんの実ふたつ。

20181028ginan.jpg

先日、橘の木の横で拾って松の木におかれたぎなんの実がある話を
ブログに書きましたが、同じような出会いに2つあえてなんかいいなあと。

誰の手を 経てここにある 実とわが身

で、その後山小屋のほうに歩いていくと
仙台旅行後にその存在に気づいた萩の花が満開満載。

20181028hagi1.jpg

こんなに色鮮やかに咲く花だったんですね~萩(と思っているもの)。

20181028hagi2.jpg

花1つ1つは結構あでやかな姿なのですが、
小さく連なって長くしだれた枝に沿って咲くからか
風に揺れるさまはやはりけなげで、けれども冷たさを増す
空気に和らぎを与えてくれる感じでいい花だなあと。

あと、たぶん有名なんでしょうが名前を知らない白い花も盛りでした。

20181028flowers.jpg

てな感じであしどめ稲荷神社の参道にあたる(?)ところは
今が本当に秋の花がみごろなのでぜひぜひご堪能を。

2018.10.27 Sat » 橘の花


昨日は帰宅してからブログを書く予定でしたが
結局書けずに「念のため」が表示されてしまいました。
やはり前日帰宅が午前様でその後朝一出勤してからの飲み会,
しかも相手は旧友なので会話が楽しく飲みも進んでしまったため,
家に着いたら即寝でした。

一応,「スーツはハンガーに掛けている」「カーテンは閉めている」
などはできていましたが,ワイシャツは居間の床にぬぎっぱなしで
しかも居間の電気を点けたままで寝ておりましたね。・゜・(つД`)・゜・。

まあでも久しぶりにじっくりゆっくり眠れたので
気持ち明るく出勤前の櫛田神社参拝!を終えて
境内の橘の木が色づいてきたな~と眺めていてふと気づく。
もう実が食べ頃なのに一輪だけ花が咲いている???

20181027tachibana1.jpg

これはかなり珍しいことに遭遇できたのでは?
最近ばたばたしていてブログネタを拾えていない私に
神様が特ダネレベルのネタをくださったのかご利益ご利益!
と喜び勇んでカメラを取りだしたところで気づく。

これ,実をちぎったあとの皮と毛だわなと。

アップにするとよくわかるかと。

20181027tachibana2.jpg

20181027tachibana3.jpg

もしかしたら色づいておいしそうになったので,
鳥がくちばしでもいでとったからこんな感じでヘタが残るのかなあ?
そう思えばこれもまた自然の手による花と言えなくもないかなあ~
なんて無理矢理まとめても・・・まあ花ではなかったわなと。・゜・(つД`)・゜・。

ま,そうそう奇跡は起こらないので「安易にネタがふってくるを期待せずに
ちゃんと日々頑張ってネタを考えなさい」という神様よりの戒めだと思って
明日辺りはちょっとゆっくり博多部をぶらぶらしてネタ探しをしたいなあと。

2018.10.26 Fri » 念のため



無事かどうかは不明ですが一応本日のお仕事終了。

今日は夕方から飲みますがそれほど長時間飲む予定はないので
帰宅後ブログを書く予定ですが,飲み過ぎたりした場合にそなえて
念のための予約更新です。

これが表示されている時は「流れ酒楽しんでいるんだな~」
と思っていただけたらと。

20181026hakatasta2.jpg

写真は昨夜の電車が全部出てしまった後の博多駅の電光掲示板ですが
こんな表示は見ない間にちゃんと帰るようにしないと。

2018.10.25 Thu » すんごい久しぶり


すんごい久しぶりに職場で午前様を迎えそうです。・゜・(つД`)・゜・。

あと1時間くらいで終わると思うので終電には間に合うと思いますが。
てか明日は6時起きで出先直行なので家戻らないと無理ですが。

まあでも明日は夕方までで仕事終わってその後は
出張で福岡に来ている中高の友人との、
これまたすんごい久しぶりの飲み会なので
それを楽しみに頑張るぞ~~~!!!

20181025gozensama.jpg

2018.10.24 Wed » ジェットストリームアタック


おくんち?なにそれ奥君の家?
みたいにとぼけることしかできないくらいに,
今年は博多おくんちをみることが全然出来ておらず,
。・゜・(つД`)・゜・。でございます。

さてあと5分で写真をネットに挙げられる形式に
縮小して更新しないと電車に間に合わないので
今日はこれにて。

あああみのるほど頭を垂れて眠りましょ~~~

20181024tachibana.jpg

2018.10.23 Tue » タイトなスケジュール


櫛田神社で千灯明の消火作業を拝見して
その後職場に戻ってお仕事をしたので
本日は本当にもう時間がありません。

20181023sentoumyou.jpg

んでもこの消火作業を拝見しているときに
いろいろ面白いネタを知ることができたので
詳しくは明日書きたいと思います。

それでは皆様酔い夜を!

2018.10.22 Mon » 御神輿わっしょい

櫛田神社の博多おくんち,24日の御神幸パレードが有名ですが,
ある意味24日が追い山だとすると
22日の今日が棒洗いとお汐井取り的な日に当たる感じで,
見られてないので不明ですが香椎宮や太宰府天満宮などの神事を参考にすると,
「まず海の浜宮まで御神輿を運ぶ」のを「着輦」といい,
そこから戻って櫛田神社の境内で1日鎮座されるのを「駐輦」といい,
それでやっと24日に追い山に当たる晴れやかなパレードに
出られるみたいですね。山も御神輿もいろいろ巡らせることに意義があるのだろうなあと。
全然見ることができてませんが。・゜・(つД`)・゜・。

あり?でも本日22日は10時より浜宮祭があって,
午后4時より神輿潔め(浜宮まで)と立て看板にあったので,
浜宮祭で御神輿が浜宮に行っているのかと思ったのですが
私が櫛田神社に寄った11時頃には御神輿は本殿にあったので,
浜宮祭はどういったことをされる祭りなんでしょうね?

20181022omikoshi.jpg

今日22日の夜には櫛田神社だけでの「千灯明」があり,
これは灯明ウォッチングとはまた違う意匠が灯されるようですが,
朝の出勤時の清道にはなぜか灯明が7個だけおかれていただけで
その全容を私の高性能8Bitメモリ64KBの6809CPU並の脳みそで
AIを駆使したニューラルネットワークによる自動補完を施しても
どんな図柄であるかを推測するのは不可能でした。

20181022toumyou.jpg

って,「ニュートラルネットワーク」だとおもったら
「ニューラルネットワーク」なんですね~バイアスまみれの脳みそを反省。

で,なんとか20時半くらいに戻って千灯明の消火を見ようと思ったのですが,
味の素ゼネラルフーズがセンキュー以上を求めるのに
全然色よい返事を返せないまま時間だけが無駄に過ぎて
甲斐がないのはいいことなのに甲斐はあったりして
結局いつもより遅い電車になったので自宅到着は23時ペースに。・゜・(つД`)・゜・。

まあでも明日は11時からの秋季大祭は見学できるし,
城南区のお仕事は19:30には終わるので
千灯明の消灯までには戻れるはずなのでそれを楽しみにしようと
思っていますが,灯明ウォッチングは21時までと公示されてますが,
千灯明は別に21時までとは限らないので明日戻ったら終わっていたりして…
ってそれはそれで非常に私らしくてむしろそれが楽しみではありますが(笑)。

さ,この何もない清道に脳内妄想力で総天然色の灯明画を灯すのじゃ!

20181022toumyou3.jpg

2018.10.21 Sun » うれしくない漆黒


さて先日の灯明ウォッチング,『博多灯明25周年記念誌冊子 
博多灯明100万灯へのあゆみ』をもらえた感動は昨日書いたのですが,
その後画像処理できるパソコンで撮影した写真をみると・・・

。・゜・(つД`)・゜・。全部真っ黒。うれしくない漆黒。

山笠の朝山や追い山の時の社務所前の神事の撮影などでも
「暗い中を上手に撮るスキル」が自分にまったくないのを痛感しましたが
今回の灯明ウォッチングでもまた痛感させられるだけの結果に終わりました。

まず,スタート地点の櫛田神社で日没後の青く碧く蒼く高さを誇る空に
遠くから鋭利な刃で切るように白く顕わに引かれた2本の飛行機雲が
ちょうど本殿の上辺りでクロスしてまた互いに去って行く様をみて
素敵だなあと思って灯明と飾り山と一緒に写したのですが…
文章で説明しないと,いや説明してもなかなか伝わらないだろうなあと。
ほんと現地で見たときは感動的な光景だったんですよ・・・・・・。

20181021hikoukigumo.jpg

で,まだ明るいこの時点でこの写真の出来なので更に日が落ちて
真っ暗になったとの写真の燦々たるや。・゜・(つД`)・゜・。

大浜公園のはまかぜ広場で山崎雄一氏によるオカリナの演奏を拝聴したのですが,
満月近い月からの白く静謐な明かりが降り拡がる中
地からの灯明の光のゆらめきを音に代えるようにオカリナを吹く様子が
素敵すぎたのでその感動をなんとか写真に撮ろうと頑張ったのですが…

20181021oohama.jpg

。・゜・(つД`)・゜・。真っ暗にもほどがある。
「フォトショップの覆い焼きツールをつかえばなんとかなるか?」
とofficeが2007だったころの知識を思いだしてphotoshpCCを入れてみましたが
覆い焼きツールの使い方がわからず使えませんでした。・゜・(つД`)・゜・。
昔は直感的に理解できたのですが最近のadobeは全く手も足も出ません。

その後奈良屋地区のおそらく「Hair Design Gram」さんの店員さん(?)が
笛を吹きながら皿回しなどをするというすごい芸を披露されていて
それに見入っていた子どもたちという素敵なシーンにも出会えたのに
こちらも写せた写真は残念無念。・゜・(つД`)・゜・。

20181021naraya.jpg

その後御供所の奥の堂あたりのGA-195だかのビルの近くで
「おいっさおいっさ」と山笠のかけ声で遊ぶ子どもの姿を
動画に撮るのはできなかったので残念がっていたら
無限に飛び続けるシャボン玉に喜ぶ子どもの姿の撮影はできたので
喜んでいたのですがこれもまっくら。・゜・(つД`)・゜・。

20181021syabondama.jpg

まあでもこうして真っ暗だから子どもさんが写っていても
だれだかわからないからアップしても大丈夫だろうと
思ってアップしておりますが,もし不適切だと思われたら
お手数ですが連絡いただけると削除しますのでお願いします。

で,最後に櫛田神社に戻って,今年は神物庫(?)の二階から
灯明を消す作業を拝見して動画に撮っていたのですが
「最後の最後は誰が消すのかな~?」と思っていたら
別に子どもたちにトリをとらせようとしていた感じでではなかったので
おそらく偶然だと思いますが最後のトリは子どもたちが
しかも二人一緒で協力して消していたのがなんだか良かったです。

20181021lastone.jpg

てな感じで本当にいろいろ素敵な瞬間に出会えたのに
それを伝えられるような写真に撮れなかったのは残念無念。
やはり山笠の朝山や追い山などの撮影を考えると
フルサイズミラーレスを買うしかないかなあなどと。

2018.10.20 Sat » 「お得」な灯明ウォッチング


今日は仕事で宗像に行ったので、間に合うように戻れるか
心配だったのですが、むしろいつもよりスムーズに帰宅できたので
早い時間から灯明ウォッチングを見学できました。

ならば灯明の写真を一杯載せたいところですが、今手元にあるのが
非力パソコンしかなくて暗い画像を明るくしたりできないので
ちょっと違う話などを。

例年博多町家ふるさと館ではこの日にいつもはお金のかかる
展示棟を無料開放してくれるので、今年もみようかな~と思ったのですが、
昨年はそれで長谷川法世先生の『博多っ子純情展』にみいってしまって
灯明自体をほとんどウォッチングできなかった思い出があるので
今年は涙をのんで灯明見学をメインとしました。

20181020furusatokan.jpg

まあでもふるさと館をあきらめた理由のもう1つとして、今年は
「スタンプラリーがあって景品で20周年記念本がもらえる」のが大きかったかと。
この手の市販もされずISBNもつかない自主出版の本は図書館にも
所蔵されることが少ないので今日の機会を逃すとみることはできないのだろうなあと。

で、櫛田神社でスタンプラリーがあることを知って、結構多くの人が
スタンプラリーのスタンプを押してもらっていたので、
「回るのが遅くなって品切れになっては困る!」と思ったので
あまり写真などを撮る余裕もなくスタンプGETだけが目的になってしまいました。

20181020stamps.jpg

で、回るのが指定された4か所のうち、櫛田神社で1つめをもらい、
旧御供所小学校に行って2つめをもらうまでは普通だったのですが
その後大浜の公園で3つめのスタンプをもらうと、「おお~3つめですね!」
と結構珍しいような口調で言われて、そして本がなくならないかと
焦った気持ちで最終チェックポイントの博多小学校に到着すると
「おお~スタンプ4つそろいました~~~記念誌の贈呈です~~~」
と当たりくじでも出たかのような元気な声と拍手をされたので、
スタンプラリーをそろえた人はそんなに多くなかったのかもと。

んでもまあ焦ってでも確実に入手しようと思った自分は正解で
フルカラーで100p弱あって紙も分厚くて立派なこの本、
発行部数などを考えたら出版には結構お高くついている気がして
そんな貴重な本をGETできたのがお得すぎて本当にうれしかったです。

20181020book.jpg

『博多灯明25周年記念誌冊子 博多灯明100万灯へのあゆみ』

しかも書いてある内容もかなり興味深いので、20thと25周年の違いとかも
書いてあるのかなど楽しみながら今から晩酌しながら読むので
今宵はこれまでとさせていただきます。
それではみなさま良い夢をウォッチングしてください!

2018.10.19 Fri » 明日の休みは


あすのやすみは 灯明ウォッチング!
あちこち どちこち いい灯火(とも)

(笑っていいとものオープニングの節で)

ということで明日は灯明ウォッチングですね!
それ以前に出さないといけなかった書類はなんとか完成!!!!!!

オイラの書類も実れ実れ実れ~~~~~~~~!!!!!!!

20181019tachibana.jpg
(写真は櫛田神社の境内の橘の実です)

ということで今日は結構お仕事頑張って電車の時間ぎりぎりなので
本日はこれにて更新させていただきます。

2018.10.18 Thu » 星降る街角


櫛田神社にこの時期恒例の菊の花の献花が。
子どもの描く怖くないおばけって感じでユーモラスで可愛いので
毎年楽しみにしておりますが,これって菊の花を星とみなせば,
星空をまとって夜を巡らせる夜の精にみえたりもするなあと。

20181018kiku.jpg

櫛田神社にいろいろなものを奉納されている森下章一氏による献花ですが,
もしかしてご自身でこの花を育てていらっしゃる可能性はありやなしや???
まあでも博多のどこかでこの菊の花が毎年育っているのであれば,
その最初の頃の姿などをみてみたいものだなあなどと。

で,この菊の花が地上の星だとすると,これまた恒例となった
博多駅のライトアップの飾り付が現在真っ最中ですね。

20181018hakatasta.jpg

これもまた秋と冬と空気が澄むにつれて天高く遠くなってしまう星を
手に届く地上に移してくれる地上の星系の営みだなあと。

で,もう一枚なにか地上の星系の写真でもあれば…
と思いながら探してふと思い出した面白い写真。
先日,ぎなん落としが終わってぎなんの実がなくなった話をしましたが,
上の菊の花の写真を撮った10月17日に,拝殿近くの橘の木の
横にある松の木をみると・・・なぜかぎなんの実がぽつりとひとつ。

20181018ginan.jpg

これはおそらく落ちたぎなんの実をどなたかが拾って
大事な物に思えて地面におくのはもったいなくなって
松の木の上に置かれたのだろうなあと。

なんかこういうのをみると,全然知らない人と「ぎなんの実を大切に思う」
という気持ちで繋がれた気がして嬉しくて写真を撮りました。

って,もしかしたらどこかで「こんなきもいおっさんとつながったとか
勝手に思われてきしょくて泣きそう!」とお思いのかたがいるかもしれませんね…
あなたのその悪寒の原因が風邪ではなく私だったらごめんなさい…。

まあでもこんな地上の星探しが楽しくなるこの時期,
盛大に地上に星を敷き詰めてくれる灯明ウォッチングでまず楽しみたいですね。

2018.10.17 Wed » 大勘違いを大反省


「お歳はいくつですか?」  永遠の18才!
「今日は何年の何月何日ですか?何曜日ですか?」 
平成29年の10月17日水曜日!
「私たちが今いるところはどこですか?」 おとといきやがったとこ!

ということで・・・・・昨日のブログで大ポカをしでかしたことに気づく。
今年は平成30年だから,今櫛田神社の鈴にかかっている鈴緒が
平成30年1月1日と書かれているのは当たり前なんですね…。・゜・(つД`)・゜・。

20181016suzuo2.jpg

おっさんなので記憶力は乏しくなってきた自覚はありますが,
まだ認知症関係は大丈夫だと思うのですがちょっと自信をなくす出来事でした。

冒頭の質問項目は,認知症の簡易スクリーニングに使われるらしい
長谷川式簡易知能評価スケールというものの一部らしいのですが,
それを開発された精神科医の長谷川和夫氏も89才となり,
ご自身も認知症になったことについて語ったことがニュースになっていました。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180818-00008562-bunshun-life&p=1

お医者さんという賢さ,かつご自身が認知症の研究者である人が
認知症になっていく自身を観察する状況というか,
日々の自己観察の主体である自己がもろくなっていく感覚を体験するのは
どんな感じなのかなあと想像がつきませんが,
認知症自体に対しては対策できない分,日々の食生活などを
もう少しちゃんと見直さないとなあと反省しているところです。

んでもなんでそんな間違いをしたのかを振り返ると,
なんか「鈴緒がきれいになった!」ってすごく思ったから
「新年に向けて掛け替えされたんだ!まだ秋なのに!」と思ったのですが,
秋になって日の当たり方が変わっていつもと変わらぬ鈴緒が
いつもとちがってきれいにみえただけなのかもしれません。

最近の見当識のあやふやさを反省する意味も込めて久しぶりに
立て看の文字起こしをしておくんち関係のスケジュール確認をしたいなと。

20181017okunchi.jpg

秋季大祭(博多おくんち)日程
十月二十日  午后六時 博多灯明ウォッチング
          終日   古賀市農村物産市
二十二日   午前七時 浜宮祭(午后三時まで甘酒接待)
         午后四時 神輿潔め(浜宮まで)
            終日 五穀豊穣市
            夕刻 千灯明
二十三日  午前十一時 秋季大祭(終日甘酒接待)
            終日 五穀豊穣市
            夕刻 千灯明
二十四日    午后二時 御神幸・博多おくんちパレード

今年は23,24日両日とも午後は仕事があるのでメインの
イベントはみられませんが,22日の神輿潔めを拝見できたらなあと。

20181017gokokuhoujou.jpg

あとは最近野菜を全然摂れてないのでここで野菜買って
秋の夜長を楽しめるようにじっくり料理をしたりしたいな~
おそらく20日に帰宅したあとは21日は暇なはず…それまでがんばろ~~~!!!

2018.10.16 Tue » 超先取り!


本日も出勤前に櫛田神社に寄ろうと思うと…
土居通り沿いに建つ街灯などに御幣が貼られておりました。

20181016gohei.jpg

山笠の時などに通り通りに榊が飾られるのは記憶にあるけど
松囃子などの時にあったっけな~~~???と
自分の灰色の脳細胞に呼びかけてみても返事はまったくないので
記憶は不確かですが結構珍しいのではと思います。

で,境内に入ると神職の方などが集まってなにやら準備を始めていたので
灯明ウォッチングやおくんちなどの準備が本格化しはじめたのだろうなあと。

20181016junbi.jpg

で,参拝しようと思ってお賽銭箱の前に行くと…
鈴を鳴らすための綱(鈴緒というようです)が変わっていました。

20181016suzuo2.jpg

おくんちのこの時期,秋の収穫祭のイメージが強いですが
流鏑馬を行うところも多いな~と思っていたのですが
さらに「注連縄の掛け替え」などをこの時期にするところも多いようです。
櫛田神社青年会による注連縄の懸け換えは記憶では二年か三年に一度で
も少し後に行われるような気がしますが,鈴緒はまた別に替えられるのだなあと。
奉納者も「宮総代会」となっていて青年会ではないので日も別なんでしょうね。

んでも,よくよくみたら日付は「平成三十年一月一日」なので,
平成最後のおめでたい元日に合わせた日付にされているのだろうなあと。
けっこう気が早いなあと思ったりもしますが,秋の盛りを祝うことは
秋の頂点を祝うことで,それは即ち冬の始まりでもあるわけだなあと。

そういう意味では,この「平成三十年一月一日」と書かれた鈴緒を,
本当に「平成三十年一月一日」の始まりの時に引くことのできる
超絶縁起のいい人たちはどなたになるのかなあ~などと。
正月初詣では櫛田神社の中継とかはないのですかね鹿児島ではみられないでしょうが
録画しておけばみられたらいいのになあと。

2018.10.15 Mon » 薔薇の木に薔薇の花咲く


タイトルの,「薔薇の木に薔薇の花咲く」,その後に
「何事の不思議なけれど」と続いて良く聞くフレーズなわりに,
誰のどういった言葉か全然知らなかったので検索検索健作。

北原白秋が大正三年に発行した『白金之独楽』に収められた
「薔薇二曲」というもので,私は聞いたことがないのですが
NHKで歌がよく流れていたもようです。

https://www.nhk.or.jp/kids/nihongo/song/index_60.html

で,その後『芸術の円光』にて,
そうした何の不思議のないことを「そんなの当然じゃん!」って
見過ごしてしまう人は残念な人で,実は驚くべき神秘なのに!
そこを驚けるような心をもてるからこそ宗教も哲学も詩歌も
自然科学もうまれるのに!ってことをいわれていたそうです。

まあ,そんな当たり前のことに驚いて宗教や哲学を考えられるような
高尚な脳みそが私にはないのは残念無念でございますが,
本日出勤時に櫛田神社の清道におかれた薔薇の花をみてびっくり!

同じ株から咲いているのになんで花が全然違うの~~~???

20181015roses1.jpg

なんで同じ株の花なのに色が全然違うの~~~???

20181015roses2.jpg

「薔薇の木に薔薇の花咲く 何事の不思議なけれど」じゃなくて,
「薔薇の木に薔薇の花咲く 大事で不思議だけれど」でんがな~!
とか言いたくなる感じで,ほんと自然は不思議に満ちあふれているなあと。

まあ,おそらくこんなわかりやすい不思議に目を奪われてばかりでは
宗教や哲学などの高みに到達することはできないのでしょうが,
でもこうしたわかりやすいもににも「なぜ?」と思える生活自体は楽しいので,
「どっかになぜが落ちてないかな~♪」などと楽しく探せるような
心の余裕だけは失わないですむような生活をいじしていきたいですね~と。

こっちは注連懸稲荷神社や博多べいのところにある紫式部の花。
これは違う株が交差しているだけかもしれません。

20181015murasakishikibu.jpg

2018.10.14 Sun » 急ぐと粘る


出勤前に櫛田神社に寄ると,結婚式が多く行われる日だったようで
拝殿では結婚式の本番が執り行われており,
社務所前では前撮り(?)というか式の前の記念写真を撮る夫婦もいて,
秋のすんだ空気の中ふんだんに降り注ぐ太陽のきらめきの中
より一層に白くまばゆく輝く花嫁様の姿がきれいでした。

「独身だからねたみそねみながらみてたんでしょ!」と思われそうですが
この年になるともうそんな感情もほぼなくなって,
「いいな~華やかだな~」てな感じの,ある意味叶姉妹さんとか
高見沢さんとかTMrevolutionとかサッカーの本田さんとかに
遭遇したら思うような感情がわいてくるので楽しい感じだなあと。

で,そんな華やいだ空気に誘われて,櫛田神社の境内に
秋の花などないかな~と探してみたのですが,
他のいっぱいのつぼみを背に早くに咲いた山茶花の花と

20181014sazanka.jpg

名前は分かりませんが緑の葉に赤い実がいっぱいなる木が
試石横のキキョウの横に実っていたくらいかなと。

20181014red.jpg

それよりむしろ私の心に響いたのは,
注連懸稲荷神社横に一本だけ残った白いヒガンバナや,

20181014higanbana.jpg

試石の横に一花だけどまだまだ華麗に咲く芙蓉の花でした。

20181014fuyou.jpg

季節に遅れてけれども嘆かず,むしろ他の花が去った後で
滅んだ一族の末裔としての誇りと決意を胸に抱いているかのように
凛と咲く姿にあこがれを感じたりもしますが…
そして内心「全然仕事で咲けてない自分だけど,
いつかこの花のように遅咲きでも咲ける日を信じて」なんて思ったりもしつつ,
実際にはイネの花のような地味すぎる花のようなものが
気づかぬうちに自分にも既に咲いたのであろうからこれから再び咲くことはないだろうなあと。

んでもなんとか花は地味でもなんらかの実を結べたらな~
なんて思って頑張って今日も仕事したのですが・・・・・
進まんな~書類真っ白~。・゜・(つД`)・゜・。□□□←真っ白な書類

もういいです咲けないけど酒ならあるから今日も飲むぞ~!

「体の悪い部位と同じ部位の肉とかを食べるとよい」という考えは
「同物同治」という中国の薬膳からきているそうですが,
ならば旬の物をいっぱい食べて自分の旬を取り戻すぞ~~~!!!

20181014syunn.jpg

2018.10.13 Sat » 一週間前 一週間後


先日香椎で開催された香椎灯明まつりを見学した日のこと。

20181006kashii.jpg

本来は今日の一週間前の10月6日土曜日開催のはずだったようですが,
台風の残り香ならぬ残り風の影響で7日(日)に延期になっていました。
日曜の夜に祭を開催すると翌日は仕事や学校で少し困りますが,
土日月の三連休の場合延期しても特に子どもへの影響は少ないのでいいなあと。
んでもそういう意味では来年のGWは十連休になるようですが,
どんたくの開催日には影響はないのかなあと。おそらく無いでしょうが。

で,香椎灯明まつりの話に戻すと,博多部の灯明ウォッチングは
櫛田神社や旧御供所小学校などの広場に灯明を並べて
大きな絵を描くタイプのものが多い気がします。
しかし香椎の場合は市街地の道路のみを使うので
そのような横の広がりはむずかしいため,
縦方向へ広げているのが特徴的だなと思いました。

20181013kashiitoumyou1.jpg

あと,博多部灯明ウォッチングの場合,灯明の袋には
何も書いたり描いたりせずに,灯明の連続で絵を描くのに対し,
香椎のものは灯明1つ1つに絵や文字がかいてあるのが印象的でした。

私オタクな割に参加したことはないのですが良く見聞きする
コミケなどの同人誌即売会のカタログに似ている感じで,
灯明1つ1つがそれぞれ1個人として自己主張していて,
けれどもそれが総体として1つのジャンルとしてまとまる感じかなと。

20181013kashiitoumyou0.jpg

まあでも,こうして1つ1つに描いた人がいるからか,
「これ私の!」「これ,〇〇ちゃんが描いた奴!」などと
1つ1つを指さしながら見ている人たちが多くて,
そういう意味では「僕の、私の」感を得やすい祭かもと思いました。

そんなこと考えると博多駅の有田焼のタイル画は,
香椎の灯明のように1枚1枚は別個に個性ありつつ,
大樹のタイルで結びつけられることで総体としてのまとまりの存在するので,
博多部の灯明と香椎の灯明の両方の利点を持っている感じかなあと。
でもそういう意味では博多部の平面の灯明アートに
袋への描写を加えてより細かい表現をすると北朝鮮のマスゲームみたいな
驚くべき緻密な表現が・・・ってデザインを作る人がさじを投げそうですが。

(時事通信社のyoutubeより)

閑話休題

あと,博多部ではなく香椎だけかなと思ったのが,川にかかる橋に
灯明をならべることで川面に灯明画を映していることでしょうか。

20181013kashiitoumyou2.jpg

てな感じでついつい比較の視点で見てしまいますが,
当然ながらそれぞれにそれぞれのよさがあるのが当たり前なので
どちらもこれからもずっと続いていって欲しいなあと。

20181013kashiitoumyou3.jpg

20181013kashiitoumyou5.jpg

一週間前の香椎の灯明が終わって,一週間後は博多部の灯明ウォッチング!
私は仕事の関係で全部はみられませんが終了時間には間に合うと思うので
今年もみんなの息の合った息による消火活動を拝見するぞ~~~~~と。

2018.10.12 Fri » 櫛田神社と如水庵


基本的に出勤時は大博通りを歩くのですが、通り沿いに如水庵があって、
店舗先に太鼓焼きのサンプルがおいしそうな餡子を開いて飾られているので
あああ食べたいな~と思いながら通り過ぎます。

てな感じで「おいしそうなお菓子」にばかり目が行ってしまって
全然気づかなかったのですが、店舗の入り口の上に幕が飾ってあって
そのマークが櫛田神社の3柱の神紋なんですねこれは初めて知りました。
20181012josuian.jpg

なんか由来があるのかなあとお店の公式HPを読んでみたのですが、

チ~ン!

お、つまみ用の鶏肉を焼いていたトースターが焼き上がりを知らせて
食べてくれとせがむので、冷めてしまわないうちに食べないと。

ということでこの件については後日にということで
みなさまよいフライデーナイトをお過ごしください!

2018.10.11 Thu » 今から晩酌


明日6時起きですが自宅に戻ったのが22:40。

別に対して「忙しい!」というほどではないですが、
むしろそうであるからこそ「6時間睡眠確保」にチャレンジしたいので、
23:45くらいに布団に入り24:00に眠りにつき6:00に起きるためには
早くブログを更新して晩酌を開始しなければ…
20181011bansyaku.jpg

とうことで、結構不思議なネーミングの「枝豆ポテトサラダ」を
フライングしてちょっと食べてみると…なんとも面白い味。

ポテトサラダに枝豆の青臭い味がついているのがなんだかな~
と思ったのですが、つぶされてない丸のままの枝豆も入っていて
それと食べると枝豆自体の滋味が前面に出ることで
ポテトサラダの枝豆感は枝豆とポテトサラダのコクを上手につないでくれて、
モフモフした触感はうれしいけれどもどこか物足りなさを感じることのある
ポテトサラダのポテトの空気含んだ感がなくなって
もう前面がしっかりしみじみした滋味が前に来つつも
背景にこってりしっかりしたこくとうまみと甘みのマヨ成分がきておいしいなあと。

なんだか久しぶりにスーパーの惣菜で「組み合わせの妙」を楽しめてよかったなあと。

では、こんな感じでねっとり潤った口腔を気ぱちぱち気体でリフレッシュるために
発泡酒をあけさせていただきます~ぷしゅっとな~ではではみなさま良い夜を!

2018.10.10 Wed » 小さい緑みつけた


出勤時に大博通り経由で博多駅に向かっていたところ。

20181010wire1.jpg

保健所のビルのところに天井まで伸びているワイヤーの
週末部分があるのですが,気になったのはその上の緑の部品。

20181010wire2.jpg

これは一体何の働きのある部品なんでしょうね?
布とかを固定できるような機構は存在しないようだし…ねえ。

・・・・・・・・・。

今日も本当に時間がないけどFC2ブログの調子が戻ったので
写真三枚載せたいな~~~と思って本日撮った写真を眺めると,
一人一花運動で道路の植え込みが植え替えられていたようで
新顔の葉っぱがコールスローサラダみたいにおいしそうでした。
これも緑色の共通点あったので載せました。

20181010green.jpg

最近の日々はばたばたしすぎてレッドゾーン!とかいうと格好良いですが
実際には赤点仕事続きで。・゜・(つД`)・゜・。血涙状態なので
せめて小さな緑で中和できるようにしたいなあと。
早く人生の信号が緑になってくれますように。

2018.10.09 Tue » キンモクセイのかほり

※最近FC2ブログの調子がおかしくて写真のアップロードが困難なため
写真が1枚しか載せられなくてすみません。


先日,櫛田神社のぎなん落としに今年も遭遇できなかったことを書きましたが,
境内をでて土居通りを北上するとぎなんの実のなる銀杏もいっぱい生えていて
道路に落ちたぎなんの実が拾われず踏まれ割れて,
まあそのなんだな臭いがただようのがこの時期でございますね。

20181009ginan.jpg

ということで秋の訪れを知らせる臭いがこのぎなんの実の臭いだとすると,
少し秋の深まったこの時期気づかれるようになったにおいとして
キンモクセイのにおいがあるなあと。

そういう意味では,ぎなんの実の臭いがあるからこそ,
その後それを打ち消すような良いにおいが欲しくなって
それでキンモクセイがいっぱい植えられるようになったのかな~などと。

こういうの,植樹の歴史などを調べている人などいたら分かりそうですが
今日も本当に時間がないので調べられないことをお許しを。

んでも,ちょっと面白い記事を発見したのでリンクを張ります。

https://www.excite.co.jp/News/bit/00091161497065.html

上に書いたようにやはりキンモクセイといえばトイレの芳香剤の
イメージが私にはあったのですが,よくよく考えると
最近トイレでキンモクセイの香りをかいだ記憶がないなあと。
で,リンク先の記事を読むと,「キンモクセイ=トイレの芳香剤」
というイメージが余りに強くなりすぎたので,キンモクセイのにおいをかぐと
反射的にトイレをイメージされるようになったので避けるようになったそうです。
その後はラベンダーや石けんの香りが定番になったそうでいわれると納得。

そうなると今の子どもとかはキンモクセイのにおいをかいでも
トイレを思い浮かべずにすむんだな~などと思うと共に,
北海道旅行に行ってラベンダー畑とかみたらトイレを思い出すばかりで,
時をかける少女とかは思い出さないのかなあなどとも。

2018.10.08 Mon » きれいな花には・・・


きれいな花にはトゲがあるとは良く聞きますが,

とげ,ありすぎやろ~~~~~!

20181008rose.jpg

これ,記憶では聖福寺むかいあたりのマンションの植え込みですが,
たぶんこれ薔薇以外にとげのある葉を選んで植えてますよね。
おそらくイワシの頭みたいな感じでやくよけなんだろうなあと。

今日はあと5分ででないといけないのでこんなので更新です。

2018.10.07 Sun » また夏がきて~♪


昨日は台風が過ぎても雨風が残っていて台風一過とはいきませんでしたが、
今日はきれいに晴れてくれて連休中日は行楽日和でしたね~って、
台風がひきつれてきた南国の熱気が去ってくれず暑くてたまりませんでしたが
みなさまはいかがお過ごしでしたでしょうか?

んでもまだ午前の内は涼しい感じで、冷泉公園でみかけた
地区の運動会をされている人々も颯爽とした表情をされていましたが、
運動による熱にお酒による熱が加わりさらに外部から
台風の後の熱が加わることで午後の参加者は大変だったのではと。
まあでも地区の運動会に参加できる人であれば、
だいたいほとんどが山笠にも参加されているだろうから
暑い中に運動するのはへっちゃらなのかもしれませんね。

20181007undoukai.jpg

で、その後博多駅まで歩く際にちょっと寄り道して聖福寺へ。
「仙厓さんと七日間」という、
私の世代だとなぜか「7days war 戦うよ~♪」って曲が脳内に響いてしまう
ネーミングの催しがあるのは知っていたのですが
今日は仕事だから無理だよな~と思いつつ様子だけ拝見しに。

201810077days.jpg

宝物館の特別拝観は13時からと時間まで遠かったので無理でしたが、
お茶は500円で随時の模様だったのでちょっと参加してみようかと迷いましたが
やはりまったく飲み方も知らないおっさんが一人でというのは
ハードルが高いので勇気が出ませんでした。

こういうの、ある意味外国人なら気負いなく参加できるだろうし、
自分も海外旅行中にけっこう平気で教会などを拝見したこともあったので、
そんな感じで日本語わからないふりして参加すれば
緊張や気負いなどなく日本文化体験できるのかなあなどとも。

まあでもほんとそんな感じでものを知らない日本人でも
気軽に日本文化を楽しめるようなしかけをもっといっぱい開いてくれると、
自分のような人間にはありがたいのだけれどもな~などとも。

「仙厓さんと七日間」は今日までですが明日8日は
茶壷献上式典 茶壷口切の儀というのが13時からあるようですね。


201810077poster.jpg

ちょっと出勤時に通りかかるのには遅い時間なので悩みますが
明日午前洗濯や部屋掃除などがはかどって出勤が遅くなったら
通りすがってみたいな~などと思っております。

2018.10.06 Sat » もやもやが残る


台風!

直撃も危ぶまれていた台風25号ですが,
風はそこそこ強かったですが雨はほとんど降らず助かりました。

台風関係なしで週末は車で出勤することが多いので
今日も車で出勤したのですがJRや西鉄が結構運休していたらしいので,
車出勤を選択したのは正解だったような気がします。

20181006ginan1.jpg

んでも通勤時にそれほど大きくない飛行機が福岡空港に
着陸しようとしているのをみかけたし,
福岡空港のHPをみてもそれほど欠航はなかったので,
意外と飛行機の方が台風には強いのかなあ等と思いました。

そういえば以前も台風かなにかでJR西鉄全部運休していて,
でも地下鉄空港線のみ動いていたのでなんとか福岡空港に到着できて
それで飛行機が無事に出発したので事なきを得た記憶があったのですが,
ブログを探してみてもみつけることができませんでした。

20181006ginan2.jpg

で,朝の出勤時は「帰宅する頃には台風一過で星空がみえるかも!」
なんて思っていたのですが風も残るは空もぐずついたままだわで,
前回の24号の時同様すっきりしないもやもやが残る感じだなあと。

まあでも,熱や風邪で寝込んで学校休んだけれども
一晩寝たらすっきり回復して翌朝元気元気!になれたのが
遙か昔のことであるように,日本の季候の免疫力も老化したのか
「台風一過」という現象自体が見られにくくなる,
なんて気候の変化もあるのかもしれないなあと。
ゲリラ豪雨とかも昔はありませんでしたものねえと。

まあでもこうして台風一過でないことにも少しはいい面もあって,
本日10月6日開催予定であった香椎の灯明祭り
今日のこの時間まで存在をすっかり忘れていたのですが,
台風の強風のおかげで10月7日に延期になったようなので
明日7日の仕事を早く片付けられたら見に行けそうだなあと。

20181006kashii.jpg

まあ…でも…今日のこの仕事のだらだらすすまなさを考えると…
無理かもしれないけれど…明日早起きして早く出勤すれば…ねえ。

2018.10.05 Fri » かすかな希望


出勤前に櫛田神社へ!

はい!これが昨日ぎなん落としが行われた夫婦銀杏の木です!

20181005tree.jpg

さすが優秀な櫛田神社の神職の方々が良い仕事されているので,
完膚無きまでにぎなんの実は残っておりません!!!!!

これまでいくつもの実が落ちていた地面にも,
ぎなんの実は皆無で葉っぱも殆ど落ちておりません。・゜・(つД`)・゜・。

20181005field.jpg

プライベートが充実しないことはいつものことなのですが,
最近はお仕事の方もいいことが起きなくて残念無念だったので,
祭や年中行事への偶然の遭遇なんてラッキーを期待していたのですが,
今年もぎなん落としの日程があわずなんだか寂しいなあ~
なんてことをブログに書いて更新するために写真を加工しようと思い,
このブログの1枚目にあげた写真を拡大して発見。

形の左の方にかすかに残るぎなんの実。

20181005ginan1.jpg

石碑のてっぺんの上に紅葉にまざって結構残っているぎなんの実。

20181005ginan2.jpg

なんだかふとこうして残っている実をみつけたことで
「うまくいかない仕事にも一縷の可能性が残っているかも~」
とか思えて不思議と元気と勇気をもらえた気がしました。

おそらくこうして落とされず残ったぎなんの実は

・高いところにあって竿が届かなかった
・石碑が邪魔になって竿をいれることができなかった

という,到達することが難しい高嶺の花という高樹の実だと思うので,
正攻法で「落とそう」と思っても手に入らないものなんでしょうが,
ぎなん落としの祭事が終わって人がぎなんの実に意識を払わなくなったあとでも
かわらず「落ちてくるのを待つ」のをやめなければいつか実は自然に落ちて
それを自分が手にすることもあり得るんじゃないかな~などと思い
希望を捨てずに締め切りが立て込むこの2週間を頑張ることで
将来の成功につながる最初のステップを進められる可能性にかけようかなと。

と,まあこうしたすがるようなブログを書いておりますが,
おそらく明日の台風などでいつの間にか落ちてたりして
口をぽかんと開けて空を見上げ続ける自分は笑われるだけかもしれませんが(笑)。

20181005ginan3.jpg

まあでも,近くの夫婦銀杏のぎなん落としが終わって,
清道入り口のぎなんの木も秋の深まりを実感されたのか
その葉の紅葉が明らかになってまいりましたね。
いつか自分にも実りの秋が来ると思って頑張りましょ~~~!

2018.10.04 Thu » 毎度毎度のすれ違い


今年は大きな台風2つが福岡を避けてくれたので安心していたら
25号は結構直撃コースになりそうで気をつけないといけないですね。

で,こんな状況だと週末の行事などはどうなるのかなあ?
と思いながら福岡の祭や年中行事について詳しい『新修福岡市史』を読んでいると
10月6日の期日固定の行事として櫛田神社のぎなん落としが取り上げられていました。

で,「10月6日まで待っていたら台風でぎなんが全部落ちちゃうから日程早められるかも?」
そしたらまた見られないな~櫛田神社のぎなん落としはいつか見てみたいと思いつつも,
一度も遭遇できたことのない祭りだから今年こそは!と思って過去のブログを探してみると,

日程を探ろうとして失敗しているブログを2017年に書いており

2011年10月6日(木)赤口
2013年10月3日(木)赤口
2014年10月4日(土)先勝
2015年10月5日(月)赤口

結局2017年は10月4日の10時からだったことをつきとめておりました。

で,本日の私ですが,昨夜は22:45頃に自宅に着き肉食って寝て
今朝は7時に櫛田神社に寄って出勤して物理的な仕事をこなしたので,
金曜日はゆっくり昼から出勤でOK~なので5日だったら良いな~
と思いながらおそるおそる検索してみると…今日すでに終わってました。・゜・(つД`)・゜・。

くやしいので朝日新聞のyoutubeを貼り付けて自分が撮ったように見せます。



で,同じようにTNCテレビ西日本のyoutube動画を同じように貼ろうとしたら
こちらは自分のブログには貼れないようだったのでリンクのみあげます。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00000006-tncv-l40

毎日新聞は有料記事だったので読めず,西日本新聞は本日は文字だけだったので
明日また充実した記事で詳細を知らせてくれるのではと期待しております。

ということでもう何年になるかのすれ違い人生なので,
今日はもう他の写真は貼らず上の動画の引用だけで終わらせていただきます。

来年の10月4日は金曜日なので1/2の確率で仕事が昼からになるので
みられる可能性もあるのですが多分そういうときに限って,
10月4日じゃ無くて他の日に移動するんだろうなあと(笑)。

2018.10.03 Wed » ほんの小さなできごとに


「今日中に出します!」と宣言していたお仕事が、
案の定全然進まなくて今日は一日仕事ばかりしていました。

なのであまりブログにかけるようなネタはないのですが、
本日その完成した書類を郵便局に出しに行った時の話。

やはり「今日ちゃんと出せた」ということを明示したいので、
夜遅くに書類を出すときはポストに入れずに
博多駅の近くの郵便局のゆうゆう窓口に出しに行くことが多いです。

20181003postoffice.jpg

封筒に「料金後納」と書かれていた封筒だったので
夜間窓口に差し出して「消印だけお願いします」と差し出すと
窓口のおにいさんが笑顔で受け取りその場で消印を押して
「はい、押しましたよ」と笑顔で確認して集荷BOXにいれてくれたので、
なんだか今日の疲れをねぎらってくれているようでうれしかったです。

でも、ふと思い出したのが別の郵便局で同じようなことをしたときのこと。
その時は昼で窓口があいている時間だったので、郵便担当の女性に差し出して
同じように料金後納の封筒に「消印押してください」というと「できません」と。
はあ???なんで???と思ったのですがその時調べたら、
消印には「料金を払っています」「だからこの切手は再利用できないために汚すよ」
みたいな意味があるそうで、まだ料金を払っていないものには消印を押さないと。
そんなこと知らなかったのでその窓口で少し「なんで!」「無理です!」
という押し問答をした記憶が出てきて恥ずかしいな~と思ったのですが、
ではなぜ今回は消印を押してくれたのだろうかと。

もしかしたら今日のおにいさんは「消印有効とかを気にする人が多いから、
間違いではあるけれどもサービスで押してあげよう」と思われたのであって、
ある意味「自己犠牲による奉仕精神」があったからこそのあの笑顔だったのかな~?
と思ったのですが、も少しよく調べたら
「料金後納」とは別に「料金受取人払い」というシステムもあり、
受取人払いの方は消印を押してもいいようなのですね。
んだからもしかしたら本日の封筒は「料金受取人払い」だったのかもしれませんが
まあどうせならおにいさんのご厚意をいただけたと解釈しておこうかと。

で、その後締切仕事が終わった解放感を味わいながらいつものスーパーによると
ちょうどお肉の半額シールが貼られた直後で大量GET!しかも5%OFF。

20181003nikudaisuki.jpg

そのほかどうするか迷っていた話が意外とすんなりいい方向に収まったり、
知り合いのすごい栄転話を聞いたりして今日は結構ラッキーデイだった!
と思ってこの肉の一部を食べて本日は終わりとしたいと思います。
明日も物理的な仕事が満載で。・゜・(つД`)・゜・。ですが頑張るぞ~~~!!!

20181003flowers.jpg

2018.10.02 Tue » 驚きの紅白!


先日、櫛田神社の西門の階段のところに工事が入っていることを書きましたが、
宮城から帰ってきて久しぶりに通ると・・・階段自体は普通の石ですが、
踊り場というか中ほどで平らになっているところは朱色の石の道になっていました。

20181003nishimon1.jpg

この写真は雨の日に撮ったものなので雨に濡れて光って
色が結構派手目にみえますが、晴れた日には朱色感は
あまり強くなくて落ち着いた感じに見える気がして、
そういう意味では晴れの日はまわりの明るさのじゃまにならず、
けれども雨の日でまわりが地味になると赤さを増して
風景に明るさを灯す役割になっていい感じだなあと。

20181003nishimon2.jpg

で、狛犬も以前のものとは違ってかなり真っ白になっていたので、
今度のはどなたが寄進されたのだろう…と思ってみてみると、
土台には「明治三十三年」と書かれていたので、
以前の狛犬を移動して石像の修復屋さんみたいなところに依頼して
年月を経て表面に付着していたものなどを落とす作業をされたのだろうなあと。

20181003komainu.jpg

で、往時のぴかぴかさを取り戻された狛犬をみていると、
この石像はこんな真っ白なものだったのか~と驚いて、
往時のまま再現された姫路城が「白すぎでは?」みたいに
言われているらしいと耳にしたことありますが、
そういう意味では往時はこれ同様に真っ白で清冽な
印象を参拝者に与えていたのだろうな~などと。

大英博物館が本当は色のついていたギリシャの古代彫刻などを
真っ白にしたスキャンダルがあるということを、
藤村シシンさんの『古代ギリシャのリアル』で読んだ記憶がありますが、
https://ddnavi.com/news/299852/a/
日本の場合はセピア色補正や地味補正やわびさび補正などがかかって、
もともとの真っ白さとか極彩色さとかが失われている可能性もあるので
全部が全部「往時のまま」となってしまうのも残念ですが
いろんな「往時のまま」を体験できるのもまた楽しいものだなと。
09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif