FC2ブログ

ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2018.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2018.05

2018.04.29 Sun » 海を越える愛


本日櫛田神社で拝見した古式傘鉾御神入れについて
いつもの感じでブログを書いていたのですが、
調べる中で傘鉾に描かれた絵と歌に関して
なんだか素敵な関係を見つけた気がしたので
今日はまずそちらについて書かせていただくことに。

いろんな書や絵が並ぶ中、なんだか不思議に心に残る絵があって、
それは中村信喬先生が描かれた中納言定家の姿と歌でした。

20180429teika.jpg

あとの2枚が小野小町の「花の色は うつりにけりな いたづらに
わが身世にふる ながめせしまに(解説ページ)」と
柿本人麻呂の「あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の
長々し夜を ひとりかも寝む(解説ページ)」のものだというのは分かったので
おそらくこの定家の歌も百人一首の中の歌だろうとは思ったのですが
定家は定家でも記憶力低下ばかりの私なので定家の歌の内容は分からずでした。

んでも、「よくみる百人一首かるたの絵とは違って反対側から
描かれているのがなんかいいな~」と思っていたのでした。

んで、今調べてみるとやはり百人一首の中の歌で

「来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに
焼くや 藻塩の 身もこがれつつ (解説ページ)

この段階で「あああ愛する人を待つ歌だから正面ではなく背中から描くことで
待つ侘しさを描写されたのか…画力のある人はいいよな~」と感心して、
「では、この「まつほの浦」ってどこだろう?」と思って調べたら
兵庫県の淡路島の北端…こんなよくなじんだ地の歌を
知らなかった自分を大反省したのですが、そこでふと思いついたこと。
淡路島の北側には明石市があり、柿本人麻呂が祀られている
柿本神社があるよなあと思って地図で確認すると…ほんと南北。

20180429akashikaikyo.jpg

そう考えたら明石海峡を挟んで明石と淡路でそれぞれの歌人が
逢えない夜のもどかしさをうたったのだと思えばなんかロマンチックだな~
そうした思いが行きかう海峡だからこそ
源兼昌「淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に
いく夜寝覚めぬ 須磨の関守(解説ページ)」の歌ができたのかもしれないなあなどと。

んで、ここまで書いてふと先日鴻臚館に入った時に
塩を炊きながら恋人を思う歌が福岡で詠まれて万葉集に入っていることを
紹介するパネルがあったよね~と思い出して調べてみると
西日本シティ銀行による「博多に強くなろう」講座の鴻臚館のページが出てきて
そこに鴻臚館に紹介されていた歌があったので引用させていただきます。

志賀の海人の一日もおちず焼く塩のからき恋をも吾れはするかも
志賀の浦に漁りする海人家人の待ち恋ふらむに明かし釣る魚
かしふ江に鶴鳴き渡る志賀の浦に沖つ白波立ちし来らしも
今よりは秋づきぬらしあしひきの山松かげにひぐらし鳴きぬ

んで、何の気なしにこの歌の内容を読んでみると、先の百人一首の
藤原定家と柿本人麻呂と源兼昌の三首の要素がすべてここにあるように思えました。

志賀の海人の一日もおちず焼く塩のからき恋をも吾れはするかも
志賀の浦に漁りする海人家人の待ち恋ふらむに明かし釣る魚
かしふ江に鶴鳴き渡る志賀の浦に沖つ白波立ちし来らしも
今よりは秋づきぬらしあしひきの山松かげにひぐらし鳴きぬ

届かぬ思いを海が隔てる陸地と島に託すのが古からの人の常と思えば、
明石から淡路島を眺めるのとと同じように
博多から志賀島を眺めていた人がいたのかもしれないな~とか、
そうした海を越えた恋しい気持ちを届けたい思いはいずこもいつの時代も
鳥に託されて海にはなたれ、鳥の音として海峡に響いたのだろうなあなどと。

まあでもそういう視点でこの2枚の絵のある傘鉾を

・一緒にいられるのは三福神が勢ぞろいするときのみ
・それ以外の時は各流に分かれて行動せねばならない
・お互いを思って鈴の音を鳴らせ揺らぐ風に思いを託している

なんて想像をしながらみるとロマンティック…???
とは言えずに妄想が激しすぎるだけですわなあと。

20180429seizoroi.jpg

まあ、実際にこの傘鉾を持って歩かれる人にとっては
「重い!」「暑い!」という感想しかないでしょうが
ほんとでも中村先生の絵以外のすべての絵や書にも
いろんなお考えが託されているのがひしひしと感じられましたので
そうした熱い思いを伝えるために頑張ってほしいなあと。

20180429mochite.jpg
スポンサーサイト
09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif