ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2018.02 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2018.04

2018.03.31 Sat » 第五十七回櫛田神社節分大祭写真コンテスト授賞式


先日の3月28日,定刻の30分遅れで出発したので
もう確実に授賞式には間に合わないだろうと思ったのですが
運転(?)頑張ってくれたのか遅れが結構挽回されて
櫛田神社に到着したのは授賞式開始十分後でした。

これくらいの時間なら・・・と思って境内の神職の人に伺うと
後から入ってもいいですよと言ってもらえたので遅れて授賞式へ。

玉串奉奠などが終わった後に宮司さんより挨拶があり
メモも何もしてないあやふやな記憶を頼って要点を書くと

・去年よりも応募数は増えたらしい
・審査日は3月15日、審査者は10名程度(神社と西日本新聞の写真の人など)
・金賞1名、銀賞2名の作品が博多カレンダー(部数1万部)に掲載される
・その他市の広報などにも使われることもある
・山笠のコンテストもあってそちらの方が応募件数も多いが
 受賞者の数も増えるので頑張ってほしい

などのお話をされていたような気がします。

20180331contest1.jpg

で、その後西日本新聞社の写真の人の講評があり

金賞:タイミングとか豆の袋の位置などが完璧
銀賞の1枚目:空の色がきれい
銀賞の2枚目:(ちょっと忘れてしまいました)

などの講評の後に銅賞の写真の講評が続いたのですが、
印象的だった講評として「説明的すぎる」というのがありました。

「説明的」の正式な定義はわかりませんが、私なりの解釈でいうと
「場面の説明や写真の意図や背景をわかってもらおうとするあまり
余計なものなども写しこみすぎて散漫になっている」感じかなあと。

確かに、よほどうまい人が構図などを考えたうえで撮った写真なら
説明的で広い画角の写真もドラマティックに見えたりするでしょうが、
そういうレベルになれない者にとってはアップで
表現したいものを単独でシンプルに切り取った方が伝わりやすいよなあと。

そういう講評を考えると、次の山笠写真コンテストなどでは、
山笠全体を説明的に撮るのは避けて印象的な一部を撮れるようにしたいなあと。

で、その後賞状と記念品の授与式があったのですが、
金賞をとられた人は「櫛田神社賞」「福岡コンベンションビューロー会長賞」
「西日本新聞社・西日本写真協会賞」「KBC賞」と4つからの賞を
重複して受け取るので受け取った賞品の量がすごいことになっていました。
まあでも受賞者の名前を聞くとみなさんコンテストの常連さんだったので、
『お、よく名前をみかけるあの人はこんな感じの人だったのか~』
とかいう気づきもあって楽しかったです。

ちなみに私は入選だったのでいただいたのは櫛田神社からの賞状と、
櫛田神社、西日本新聞社・西日本写真協会、KBC(敬称略)からの賞品でした。

20180331contest2.jpg

フォトフレームを2ついただいたので、ここに入れて飾りたくなるような
写真を撮れるようになれるよう頑張るぞ~と意欲を新たにしております。

20180331contest3.jpg

ちなみに入賞作は

3月28日(水)~4月3日(火) 櫛田神社
4月5日(木)~4月11日(水) 福岡銀行博多支店
4月13日(金)~4月18日(水) 西日本シティ銀行博多支店

の期間場所で掲示されますのでお暇な方はぜひぜひ。
スポンサーサイト

2018.03.30 Fri » 意外と知らない桜の疑問


いつものように櫛田神社に寄ってから出勤。

白妙桜のもこもこ綿のように膨張する白を堪能した後,

20180330sakura2.jpg

下部に一部だけ桃色に染まる花との対比も楽しみ,

20180330sakura0.jpg

今が盛りの角館しだれ桜を見上げて良い気分になって

20180330sakura1.jpg

本殿に降り注ぐ朝日の感じが素敵だったのでその横の桜と一緒に撮影。

20180330sakura5.jpg

「葉桜になる前に撮ればもっと綺麗だったろうな~」などと思いつつ
本殿を後にして牛さんの体を撫で,無数の若葉が萌えだしたぎなんの木が
朝日を背負って萌えに燃えまくっている様を撮った写真をみてふと疑問。

20180330ginan.jpg

「花が咲いて散ってから葉が出る」木と
「葉が出てから花が咲く」木という違いがあるのだなあと。

桜梅などはどちらも花が先で葉と実があとですが,
銀杏などは葉が先で花は目立たず実は後になりますよね。

おそらくなんですが銀杏などの「葉-花-実」という順番の方が
多いと思うのですが,日本人の心をとらえてやまない
桜と梅ははぜ花が先なのかなあなどと。

このあたり植物学などを調べて行けば明確な答えが出るのでしょうが
せっかくの盛りの桜を夜桜で楽しむ時間に使いたいので
本日は疑問をメモ目的で書き起こしたところで更新させていただきます。

それではみなさまよい桜体験を!

2018.03.29 Thu » 仙台の川内


私としてはかなり長い計1週間の出張を終えて
やっといつもの出勤パターンに復帰できた~
とほっとした気分で出勤したら,出張の間に
ためてしまっていた仕事の締め切りが集団で襲ってきて
なんとか逃げ切るのが精一杯でもうこんな時間。・゜・(つД`)・゜・。

まあでも「うわああん」と打って変換キーをおせば
ちゃんと。・゜・(つД`)・゜・。と顔文字が出てくる
なじんだパソコンと打ち心地の良いキーボードで文章打てるのは
やはり至福なので「戻ってきて良かった~」と思えますね。

んでもカフェとか図書館などでみかける文筆業ぽい人たちが,
最近のうっすいノートパソコンのさらにうっすいキーボードで
ぱちぽちすごいスピードで打ち込んでいる姿などみると,
頑張って最近のソートパソコンのキーボードに慣れることで
「ノーパソしかないからといって仕事サボる自分」を脱ぎ捨て
「どこでも仕事のはかどるイケてる存在」になれるのかなあと。

・・・・・・・・・・・。

と,こんな自分語りだけ書いていても寂しいので少しネタを。

先日の宮城出張時に地下鉄の仙台駅で電車待ちをしていると,
宮城の仙台にも「川内」駅があることを発見。

20180329station1.jpg

よくよく見ると「かわうち」と読むそうで,
東北大学のかわうちキャンパスがあるところになるそうです。

20180329station2.jpg

おそらく鹿児島県薩摩川内市の人なら,宮城県に仙台市という
おなじ「せんだい」でも字が違う町があることをほとんど知っているでしょうが,
宮城県仙台市の人の場合,「川内駅(かわうちえき)」なんてあるが故に
川内を「せんだい」と読むことを知らない人も結構多いのだろうなあと。

ちなみに仙台市の国内姉妹都市は大分県竹田市,長野県中野市,
徳島県徳島市,愛媛県宇和島市,北海道白老人町で薩摩川内市は無し。

http://www.city.sendai.jp/sesakukoho/shise/gaiyo/profile/yukotoshi/index.html

薩摩川内市の友好都市は公式HPだとみあたらず,
Wikipediaで愛知県の東郷町があげられているくらいでした。

そういう意味では国内の姉妹都市とかも規模や知名度,
お金盛っている自治体かかどうかでその数が変わるんだろうなあとも。

と,ここまで書く中で写真見直していて,「是非食べたい!」と思っていたのに
食べ忘れてしまっていた「ずんだ餅入りたい焼きの鯛きち」の写真を発見。

20180329taikichi.jpg

あああずんだ好きで鯛すきだから是非食べたかったのに・・・・・。
再度宮城に行ける機会はちょっと難しそうなので残念無念。・゜・(つД`)・゜・。

2018.03.28 Wed » 残念無念


櫛田神社での節分大祭写真コンテストの授賞式,
開始時間には遅れるけど式の途中でつくことはできそうだから
どうせなら外で授賞式の様子を見学してブログに書くぞ!
と意気込んでいたのですが,出発時刻の遅延のため
どう考えても時間内での到着が無理になってしまいました残念無念。

今日は福岡戻ったらお酒のでる送別会に出るので,
念のためこの時点で予約投稿しておきます。

2018.03.27 Tue » バッテリーが

あと4%。充電し忘れてました( ;∀;)
いつもの涙顔文字が出せません。

このタブレット,充電中は操作できないので
念のためこの時点でブログアップさせていただきます。

博多で山笠に触れたことで,これまで全然知らなかった
この地の祭についてしるきっかけになるのってなんかいいものだなと。

20180327dashi.jpg

ああああと2%に。
それではおやすみなさい。

2018.03.26 Mon » 【ネタ】大分に負けた山笠【ネタ】


昨日宮城から帰ってきたと思ったら今日は午後からまた神戸出張!

20180326kobe2.jpg
せっかくなのでお昼我慢して現地でラーメン食べるぞ~~~!
と思ってぐうぐうなるお腹をなだめすかせまくって現地につき
目的地の「山笠ラーメン」を食べようと喜び勇んで店の前にいくと…。

お店がなくなっている!!!
大分からあげと鉄板焼きのお店勝男とな!!!

20180326katuo.jpg

自分の過去のブログを読み返してみると,

2014年訪問時:山笠ラーメン単独
2015年訪問時:中央の「長浜博多山笠」に加えて、
「久留米六ツ門」「戦国熊本ラーメン」「とんこつ隊」追加

という遍歴があったので,博多から久留米,熊本に南下したのち,
鹿児島まで南下せずに東に向かって大分につき,
そしてこのお店のある神戸に来たと思えば納得できなくもないかと。

まあでも山笠ラーメン食べることしか意識になかったので
ショックのあまり他の選択肢が思いつかず,
結局何も買わずにホテルの部屋についてこのブログを書いております。

んでも山笠ラーメン以外にも阪急のビルも改築中だし,
神戸新聞会館がなんかすごいどくとくの質感で再建されているし,
そごうの向こうになんか大きなビルが建っているしで,
神戸の三宮はここ数年でかなり大きく変化したような気がします。

てかこの神戸新聞会館ビルの質感が本当に面白い感じで,
西日本新聞のビルで外壁がイムズってな感じの不思議さで面白いので,
できたら神戸を訪れてぜひ実物を見てみていただきたいなあと。

20180326kobe.jpg

まあでもそういう意味では福岡は天神あたりの再開発が本格化するらしいし,
身近なところでは三井ガーデンホテルやLINEビル予定地だったところ
当たりの再開発が進んでいるし,櫛田神社の表参道の
鳥居横にも大きなビルか何かが経ち始めているので,
ここ数年で福岡を離れた人は戻ってくると私が神戸に
この数年で感じた変化以上のものを感じられるのだろうなあと。

ま,なじんだ風景がなくなること自体は悲しいですが,
街の新陳代謝だと思えば生きている証そのものなわけで,
自分のノスタルジーで街の成長を否定するまでには
まだ自分も年を取ってないはずと思いたいなと。

2018.03.25 Sun » 山より高いこいのぼり


宮城出張より戻ってまいりました。

仙台といえば七夕祭りが有名で、最近は川端通り商店街で
七夕飾りが飾られるのをみてなじんでいる人も多い気がします。

で、それについて私は「博多で見られること自体はうれしいけど、
それって「博多でみられるからわざわざ仙台まで行かなくていいよね」
みたいになって、観光チャンスを逃す結果になるのでは?と思っていました。

で、本日福岡に戻るために仙台空港についてびっくり。

20180325tanabata.jpg

なんて巨大な七夕まつり!飾り山より高いかもしれません。
ということでタイトルを屋根よりじゃなくて山よりとしましたが、
ちょっと無理やりすぎましたかねすみません。

20180325tanabata2.jpg

まあでもこういうのみると、川端通り商店街に来ているものとは違う、
もっともっと迫力あるものや、逆にもっともっと華麗なものとかが
本場仙台では並ぶのかもしれないな~と思って興味がわいてきました。

んでも七夕のころは山笠と重なるし・・・と思ったら
8月6~8日での開催だそうなので全然かぶらないのですね。

今回は仕事が結構詰まっていてほとんど街歩きなどできなかったので、
もう一回くらい仙台に行く機会を作れたらよいのですがどうかなあと。

20180325kokeshi.jpg

2018.03.24 Sat » 宮城最後の夜


仙台のスーパーで買いものを続けて思ったこと

・海の幸へのこだわりはやはり強い
・ホヤは別格としてホタテ,タラコ,昆布などが福岡より多い
・マグロにもそこそここだわりがありそう(これは全国どこでもか)
・お菓子類は東京とそうかわらない
・東北産のお菓子もあるが,一袋200gで300円台のかりんとうなど
個人でなかなか手を出しにくいものが多い。あとは岩手のせんべいとか
・洋風のスナック菓子などは
・日本酒は安いものもおおくてやはりよい

てな感じでございましょうか。

それではみなさまよい週末の夜を!

20180324goodnight.jpg

2018.03.23 Fri » 福岡あるある


出張先でのお仕事中にスライドをみているとエクセルによる強制改行で

中途
半端


と表示されているのを「中洲川端」と読んでしまったことより
「お!これはいい発見!中〇〇端と書いて中に文字入れさせたら
福岡県民は中途半端じゃなくて中洲川端って入れることでブログ書こう!」
と喜び勇んでホテルに戻って調べてみると何件も同じネタが出てきて
あるいみ定番の「福岡県のあるあるネタ」だということを知りました。

ということでなんとかブログネタを探そうとホテルでタブレットにむかっている私。

おかしい…本当ならば今日くらいは外で飲み食いする予定だったのに…

今の職場からは私一人だけの参加なのですが名古屋時代の知り合いが結構いて,
帰りの地下鉄のホームで元後輩の女性にばったり遭遇。

お互い一人だったので車内でいろいろ話していて,
「むふふこの調子でおしゃけとか一緒に飲んじゃったりして。」
な~~~んて思ったりもしましたがまあそんな展開になるはずもなく。

まあでも今日は21:20からサッカー日本代表の試合があるから!
ワールドカップを占う大事な試合!見逃すわけにはいかないし!

しかも昨日書いていたコープですが,いろいろ半額に出会えたので
マグロ刺身大量2つに北海道産イカのフライに北海道の
ホタテと鮭をつかった味ご飯に日本酒720ml全部合わせて1500円でしたし!

20180323hangaku.jpg

いいテレビにいいつまみがそばにいてくれて,
他になにがそばになくて文句を言えましょうか!

まあ,実際にはサッカーのキックオフに間に合わそうと思うと
おそらく刺身の半額品には時間早くて遭遇できないし,
今日は金曜日だから値引き惣菜の争奪戦が激しいと思うので
今日は昨日のような僥倖は得られないとは思いますが,
今からまた昨日のコープに行って一人飲み用のつまみ買ってきます。

それではみなさま良い週末を!

2018.03.22 Thu » 出張!

出張で仙台!川内じゃなくて仙台!
たぶん数年ぶり2回目の仙台!

20180322sendai.jpg

東京にはもう2,30回ほどは出張したことがあるので,
「それなりにブログを書き終えてから外出しよう」と思うのですが,
仙台はこれで2回目なので,ブログを書こうと出てこぬネタを
うんうん考えて時間を浪費するよりかは街歩きをしたいなと思うので
本日はこれくらいで切り上げて今からスーパーに買い物に行ってきます。

というより,このブログを上げるために写真加工しようとして
思い出したのですが,出張時に持ち出す軽いけど非力な
タブレットだと「カメラの画像データのプレビュー」が出来ないので
撮影日時をたよりに1枚1枚開いて何が写っているのか確認しないと
いけないのでいつののような「写真を見て思い出しながらブログ書く」
っていうのが不可能なんですよね…上の「仙台駅」って書いてある
写真を探すだけでも10分ほどかかってしまったので。

「まあじゃあせっかくだから一人でも居酒屋とか入って
地の名産品を食べなさいよ」というつっこみが聞こえてきそうですが,
やはり私の趣味はスーパーなどをみくらべて
「一般人の何気ない食生活での違い」を知りたいのが一番なので
今から宮城のコープに行ってきますコープなら地元の商品多そうなので。

今日駅からホテルまで歩く間のスーパーで気づいたのが

・生のままのホヤは1個100円程度で売っている
・ゆでたホヤとかむいたホヤなども売っている
・北海道が近いからか「たらこ」の品ぞろえがよい
・せりをいっぱい売っているのが仙台らしい

あとはラーメン屋さんなどもずっと眺めていたのですが
いまいち仙台のラーメンの傾向はわからずじまいでした。

なんかいい出会い,できれば半額で海産物GETできたらな~などと。

2018.03.21 Wed » 根まできれい

雨はうっとおしいですが博多駅前のイルミが綺麗にみえるのはいいよなあと。

20180321sakura.jpg

上の桜が綺麗に咲くためには,下の根が頑張る必要があるわけで,
雨はその下の根の輝きを可視化してくれるような存在なのかも知れません。

ということでなんとか明日からの出張という花を咲かす準備終了。
雨の中帰ります。

2018.03.20 Tue » 第五十七回節分大祭写真コンテスト結果発表


本日2月20日は旧暦の2月4日なので、節分の翌日になるわけですね。
そういえば以前櫛田神社の節分大祭の写真コンテストに応募した、
ってことをブログに書いていたけど結果はどうだったのかい?
と覚えていてくださった方がいたら気にかけてくれてありがとうございます。

で、先日郵便受けをみてみると櫛田神社から封筒が届いていたので
びっくりどきどきしながら開封をしてみると・・・入選しておりました!
金1銀2銅3で入賞が20人なので26人に入れたわけですね
三十六歌仙より十人も少ないなんてなんてすごいんでしょう!

20180320result1.jpg

・・・・・・・・・・。

これまでも節分大祭の写真自体は撮っておりましたが、
「コンテストに応募しよう」と明確に意識したのは初めてで
意識して初めて「むしろ山笠よりも難しい」ことに気づいて
「みてみて!これみて!」といいたくなるような写真は撮れず
無理くり探したような写真でしたがよかったと胸をなでおろしております。

で、授賞式の様子をブログに書くために参加するぞ~と
意気込んで日時をみると・・・28日午後三時よりとのこと・・・

その時間につけない。・゜・(つД`)・゜・。

15時に間に合うためには地下鉄の祇園駅に14:45くらいに
つく必要ありますがその電車に乗れる可能性は5%程度。
次の電車は14:52だけどそれに乗れる可能性でも20%くらいで、
おそらく実際には14:59か15:07あたりに祇園駅につくので、
走る能力のない私が櫛田神社につけるのは15:20くらいか…
自分の努力でどうにかなる問題ではなくて相手の問題なので…
神事が終わるころに出張の大荷物もった不景気なおっさんが
ぜいはあいいながら拝殿に入ろうとするのは不謹慎だよなあ…

27日のあしどめ稲荷の初午大祭が出張で見学できないのは
わかっていたのですがまさかこんなことに。・゜・(つД`)・゜・。
なんとか善後策がないか明日探してみますが…あああ。

・・・・・・・・・・。

このままだと画像1枚だけなので、
「同時に応募したけど選にもれた没写真」を挙げてみます。

豆まきの時、落とし物を壇上にリレーで届けたり、
持ち主がわかった落とし物を上からリレーで戻したりする、
みんなが輪になって動くさまが見ていて気持ちよくて、
下から投げられた落とし物をつかもうとする一瞬をとらえた
この写真が正直一番自信があったのですが、
手袋がどろどろになっているのが絵的に悪かった気がします。
長岡大雅アナが持っている帽子をつかむところとか撮れていたら
よかったのかもしれませんが。。。次回の課題にしよう。

20180320otoshimono.jpg

ブログに書きましたが歌舞伎役者の方が豆まきをしたときは
太陽が入りすぎて全体的に靄がかかっていい写真なかったのですが、
スターの持つオーラのようなものが表現できたかも、
と思って出したのですが、ぼやけて光が濁っているし
画質悪いしごちゃごちゃしてるかなあと。
豆とかお菓子のちらばり具合は好きなんですが。

20180320star.jpg

・・・・・・・・・・。

この程度の写真しか撮れない人間がよく入選できたなあ、
という感想を持たれた人がほとんどだと思いますが、
それこそ昨日の写真のように「発芽中」の可能性を
組んでくださったと思うので今後の発展を頑張りたいなと。

2018.03.19 Mon » これが表示されているときは


芽をのばすための頑張りが続いている証拠だと思ってお許しを。

20180318hatsuga.jpg

2018.03.18 Sun » 固さ自慢


先日西新を歩いていたとき一蘭が目に入りました。
んでも一蘭は高級なのでこの日も無意識でスルーしていたのですが
目に飛び込んできた「日本初」「この店限定」の文字に興味をひかれました。

20180318ichiran0.jpg

で,もう少しよく見てみると,麺が選べて「カタ麺好きのための」
剛鉄麺,というのがあるとのこと。

20180318ichiran1.jpg

「日本初」「この店限定」とか言われるとかなり興味が増したのですが,
『なんで西新限定なんだろう?』と不思議に思って,
いろいろ思いを巡らせるために視線も巡らしてみたら,
はかたやが視線に入ったのでそっちに入ってしまったのですよね。

20180318hakataya.jpg
(先日のブログ参照)

今調べたら西新店だけではなくて天神店でも食べられるそうですね。

『ハリガネ』を超す,というのはなかなかすごそうで,
これで私の好きな「バキボキ崩れるような潔い歯離れ」を
実現した麺だとすれば一蘭の高値をおして食べてみたいのですが。

ちょっとどんな感じなのか他の方のブログなどを調べてみます。

今日はちょっと慌ただしくてこんな内容だけで終わってすみません。

2018.03.17 Sat » 街の角度


本日は赤坂で用事があって天神経由で帰宅。

で、まずは天神から赤坂に向かおうと思うと
ほんと黄金が攻めてくるみたいなまぶしすぎる西日にびっくり。

20180317akasaka.jpg

朝に大博通り博多駅まで歩くときも日の黄金に驚きますが、
夕方のころの天神から西の日の方がすごい気がするな~
というのは以前も書いたような気がします。

私だけでなくほとんどの人がそうじゃないかなと思いますが、
博多部の地図を思い浮かべるときは縦横の碁盤の目をイメージして
山笠の流に該当する海からの縦の筋を南北、
箱崎から天神へ向かう横の筋を東西とイメージしていると思います。

でもそれが実際の東西南北とはずれている知識はあったのですが、
『せいぜい15度くらいなのかな?』と思っていたのですが、
今地図で調べると30度ちょいくらい傾いていますね。
方角で言うと博多部は「北北西-南南東」と「東北東-西南西」くらいの
軸になるので、だから「え?あんな北に陽が落ちるの?」とか思ってしまいます。

20180317kawabata.jpg

20180317kawabata2.jpg

(私のイメージでは福岡市役所あたりに落ちそうな気がするけど
今の時期だと元祖長浜屋あたりに落ちる感じでしょうか)

で、天神から赤坂くらいだと傾きは10度ちょいくらいになるし、
大濠公園あたりだと東西は水平になるので、
福岡部の人たちはこういう感覚にはならないのかなあとも。

そんなこと考えると同じ福岡市内でも「太陽を一番黄金に感じる時間」
というのはかなり変わっていて、そうした相違がつもりつもって
「居住地での生活リズムの違い」みたいなのあるのかもなあと。

ちなみに全国のほかの大都市で東西南北とのズレ見た感想としては

都市部の広範囲でズレがない:京都、名古屋、大阪、札幌
都市部で結構ズレの角度が異なる:福岡、宮城
碁盤の目感自体が乏しい:東京の山の手線内、横浜

とか思ったのですがどうなのかなあと。

これだけ見ると「海から離れたら碁盤の目は東西南北に出来る」
「海に近いともとの海岸線に従う」という感じなのかなあと。

まあ、同じ地区に住んでいても建物の向きで日のあたり方も
全然変わるので、都市の角度の要因はさほど大きくないのでしょうが
街の印象に結構影響を与えるのかあなどとも。

まあ、予定の詰まった旅行だとなかなか一箇所でゆっくりできず
一日の日の移り変わりを感じるような時間のすごし方できませんが
旅先で日がな一日ホテルで本読んで日の運行を眺めるような
旅行もそろそろ楽しめる年になってきたのかもしれないなあなどと。

2018.03.16 Fri » 福大vs.西南


またしても西新!

お昼を安くすませる方法の1つとして「学食や公共施設の食堂や
社食をつかわせてもらう」というのがあります。

んでも西新にある西南学院大はオサレ過ぎて入りにくいし,
大学の図書館の入り口には「ここは一般人は入れません」とか書いてあるので
学食とかも入れないのかな~などと思ってノーマークだったのですが,
学食は「西南クロスプラザ」といって地域開放が公式HPでも謳われており
しかも「クロス」は「十字架と人の交流をかけた」だじゃれらしいので,

急に西南学院大への近寄りがたいイメージが崩れたので入ってみることへ。

んでも入り口に制服を着た小学生の子どもと保護者の集団がいて
さすがにここでカメラ出して写真撮るとやばそうだと思って
スマホで食べたものを撮影しただけですが,
こちらが「とんこつラーメン+ミニチャーハンセット480円」です。

20180316seinanramen.jpg

ピンぼけすぎてすみませんがご了承のほどを。

このぶれてぼけた写真でも分かるようにかなり醤油が強めで,
基本のトッピングはもやしネギ叉焼で,出食のカウンターに
紅ショウガとごまがあったので最初から載せました。
チャーハンは学食なので作り置きですが丸くもられておりました。

で,食べてみるとやはりスープは醤油が全面にでてくるもので,
脂も結構多くてワイルドな感じで,麺は細麺で食感は
結構ざっくり歯離れ良好な感じの私が好きなタイプでした。

で,ここで自分の過去のブログを探して福大のものを調べてみると
なぜだか同じようにぶれた写真しかなかったのですが,
どちらもかなり醤油強めのワイルド醤油豚骨なんですね。

tonkotsusoapup.jpg

で,福大と西南の比較をしてみると,

スープ:どちらもかなり醤油強め脂多めのワイルド醤油豚骨
麺:どちらもとんこつ用の細麺を使用。
トッピング:どちらも「もやしネギ叉焼」は共通だが福大はのりもある
チャーハン:西南は丸くもってくれる校風にそくしたオサレ配膳
福大はしゃもじで平らに盛る飾り気のなさけど唐揚げ一個つき!!!

karaageup.jpg

で,価格は福大が当時で410円,西南は現在480円なので,
地価などを考えると西南もかなり頑張った価格ですが
やはり福大のほうがコスパでは良い感じなのかなあと。

んでも西南のクロスプラザは場所が良すぎで
かつ利用したがる一般人もあまりに多そうなので
ここで価格を安くしすぎると一般人が利用しすぎそうだよなあと。

今大学はお休みらしく学生さんの姿が少なかったですが
ほとんど一般人のみの利用しかないのにほぼ満席だったので,
授業ある頃の学生さんは大変なのかも知れないなあと。

で,今このブログ書くために西南学院大のHPをみていると,
私が食べたクロスプラザ以外にももっと「学食らしい」学食もあるみたいなので,
福岡市総合図書館に行く際などにそっちの学食もチャレンジしてみたいなあなどと。
とはいえ大学の図書館が一般人利用禁止なので
学食もクロスプラザ以外は利用禁止かもしれないので続報はないかもしれません。

2018.03.15 Thu » やお八にいってきました


今日も西新!

今日はラーメン以外がいいな~と思いつつぶらぶら歩いていると
「うどん250円、そば300円」の文字が目に飛び込んできました。

牧、ウエスト、小麦冶などのチェーンで安い店はよく知っているけど、
駅前の個人店でこのお値段は安いな~と思って入店です。

20180315yaohachimise.jpg

住所:福岡市早良区西新4-9-1 (MAP)
営業:9時~23時

横長の10席程度のカウンターのみの細長いお店って、
ラーメン店だとよくみかけるけど、うどんやさんだと
最近あまり見なくなったな~なんて思いつつお店に入ると
「うどんとそばどっち?」と聞かれます。

店内の調度などは昔ながらのお店って感じですが、
うどん屋としてのシステムは最近よくある
「基本のかけに自由にトッピング選んで合算する」タイプでした。
この手の「さっと2,3トッピングを選ぶ」という行為が苦手なので
まごまごして頭真っ白になってしまったのでかけ250円のみで注文です。

ほんとほどなくスピーディーに出てきたのがこちら。

20180315yaohachiudon.jpg

さておつゆはどんなお味でしょうかね~と思って
まずはどんぶりから飲もうと思うとむちゃくちゃ熱っつい!!!

おそらくなんですが、ほとんどのお客さんが天ぷらをのせるわけで、
天ぷらはあげおきだからつゆを冷たくしてしまうので、
その分つゆをあつあつにしてくれているのだろうなあと。
当然、ぬるいよりよほどいいのですが、このどんぶりを
素手で普通に持てている店員さんにプロ意識を感じました(?)。

麺は博多のうどんらしいふんわりしたやわめの麺で
心持ち太めでかつ1本が長い感じに思えました。
おつゆのあつあつさ+麺の太長さがあいまって、
なかなか麺を全部すすって口に入れることが出来ず、
途中で噛み切ったりしてしまったのがお恥ずかしかったです。
量は最初「そんなに多くないかも?2倍で400円にすればよかった」
と思ったのですがそれは勘違いで、やはり天ぷらをのせるためなのか
どんぶりが結構深くて、その奥に麺が一杯入っていたので
量的には満足でブログ書いているこの時間までお腹すいておりません。

あと、サービスでのっけてくれた天かすが結構おいしかったので
おそらく天ぷらは全般的においしいかもなあと思います。

今度はそばも試してみたいな~と思いつつお店を後にしました。

写真が2枚しかないのでこのうどん屋さんの
最寄の高校である修猷館の門よりみえた木の写真を。

20180315syuyukan.jpg

なんだか雰囲気いい木だな~と思って写真を撮ってみました。
なんかこの週末、3月17、18と文化祭みたいですね修猷館。
こんな時期に文化祭ってなかなか珍しい気がしますが、
1、 2年が主体になって受験が終わった卒業生をおもてなす、
見たいな感じなのかな~などと。この日なら修猷館の
学食体験とか出来るのでしょうが私は確実にいけないのが残念。

2018.03.14 Wed » 早帰りは三束の得


通常、私にとっての17時は「なんとかエンジンが暖まった」感じで
今から仕事頑張るぞ~って頃合なのですが今日はすでに仕事終了!
しかも中洲川端駅で降りたので久しぶりに商店街をゆっくり散策。

ぜんざい広場、営業してない日でも開放されて8番山みられるんだな~
などと思って博多川方面に回ってスターウォーズの写真など。

20180314starwars.jpg

ちょうどいい具合に主人公(?)に光が当たって輝き、
けれども暗黒卿(?)はその分暗黒さを深める感じでいいな~などと
思ったのですが、珍しいと思うのですが私はスターウォーズを
一作もみたことないので解釈おかしかったらすみません。

んで、櫛田神社によって、先日書いた「霜降り肉」椿の写真を。

20180314tubaki.jpg

アップで見るとほんとおいしそうに見えますよね~
これをみて霜降り肉以外を想像できる人は
まったく食欲に惑わされない聖人君子なんでしょうね・・・
あああ不健康とは思いつつこれくらいの肉でしゃぶしゃぶ食べたい・・・。

20180314tubaki2.jpg

変に味の濃いタレとかつけずにさっとした塩タレで・・・

20180314yukiyanagi.jpg
(写真は恵比須会館の前のおそらくユキヤナギ。)

で、清道にまわって本殿をみるとまだ日没感のあまりない太陽が煌々と。

20180314sunset.jpg

こんな時間だからまだ周囲のお店も全部空いていて、
西門出たところの野菜やさんがやっていたのでみてみると

「小松菜3束で108円!」

結構長く続いた野菜不足がようやく解消にむかう、
とのニュースを目にした記憶がありますが、
それにしても安すぎて喜び勇んで購入しました。

20180314kiomatuna.jpg

そしたら「かってすぐ湯がいて冷凍させるといいよ」とか
「お味噌汁に入れるといいよ」とかのアドバイスを
お店の人がしてくれて、それを聞いたほかのお客さんが
「私も昨日買って冷凍したよ。ほんと安いよねえ。」
とか話しかけてきてくれて、なんだかいい雰囲気だなあと。

早起きは三文の得、といいますが、早く帰るのもまた
いろんなお得に出会えていいものだな~と思って帰宅しました。

てな感じで今日はブログも20時ちょいで書き終わったので
もう今から晩酌にうつって早寝早起きを目指すぞ~!

2018.03.13 Tue » めんたいぴりり?


出勤前に櫛田神社に寄るといつもと違って朝からなんだか慌ただしい感じ。

みられずに残念だったぎなん祭は昨日だし,
なんかあったかな~と思いつつも分からないまま
本殿に向かうとみかけない立て看板発見。

20180313kanban.jpg

海外からの観光客用にわかりやすく大きく書いたのかな?
と思ったけれども日本語なのでちがうか・・・
と思って清道に戻って車に書いてある文字をみて理解。

20180313seidou.jpg

FILM STUDIOとか書いてあるからたぶん映画関係で,
おそらく『めんたいぴりり』の映画のロケかなんかなんだろうなあと。

んでもエキストラが撮影に参加するのが3月27日なので
まだ2週間以上あるから本日はまた準備なのか
エキストラ不要の撮影があったのかなあと。

もしかしたら2週間前からセットを組んで…とかだったら
面白そうですがその様子はネットに挙げられないのが残念ですね。

20180313tubaki.jpg

で,今日はいつもと違って西門から出勤したのですが
すぐよこの椿の花が真っ赤のもあれば白が混ざるのもあって
それが朝日に照らされてすごく綺麗だったのですが,
やはり花より団子の私なので「牛の赤身と霜降り…うまそう」
とか思ってしまったことをここで告白してお詫びいたします。

2018.03.12 Mon » 福岡市御三家の2つを征したラーメン屋


仕事で西新!

基本博多区と東区ばかりで生活していて、たまに城南区に
行くだけの私にとっては本当に縁がない街西新!
オサレな西南学院大学にハイソな百浜の最寄り駅の西新は
シャクレな難あり顔面の私にはもっとも縁遠い街!
なのでど緊張しながら街を歩いてお昼ご飯を食べる店を探すと

いきなり目の前に飛び込んできたはかたやの姿!ということで
異国の地でふるさとの言葉を聞いたような安堵の気持ちで入店です。

20180312hakatayamise.jpg

住所:福岡市早良区西新5丁目1-2 (MAP)
営業:24時間年中無休 

入り口は狭かったのですが奥のほうは結構広かったので、
調理場を囲んだカウンターのみのお店ですが20席くらいはありました。

で、ラーメン290円を頼んで出てきたのがこちら。

20180312hakatayaramen.jpg

基本的にはTHEはかたやといった味で、
川端店などとの違いを見つけるのは困難ですが
ほんの少しだけこっちの方が燻香が高めかなあなどと。

替玉したときに出てくる器もちゃんと「kidorikko」というブレのなさなので、
いい意味でどこでも同じクオリティをこの価格で維持できているんだなあと。

20180312hakatayakidorikko.jpg

まあでもよく考えたら福岡市の御三家といわれる高校のうち、
福岡高校の最寄のラーメン屋がはかたや堅粕店で、
修猷館の最寄のラーメン屋がはかたや西新店なんて、
なんて偏差値の高いラーメンなんでしょうはかたやは!

と思って筑紫丘の近くにないかと思って探したらさすがになかったです。
筑紫丘の一番近くにあるラーメン屋って何になるのかなあと。

ま、でもそんな感じだったので、修猷館の生徒さんや
西南の学生さんが食べに来たりするのかな~なんて思ったのですが、
12時~13時という時間なのに高校生の姿をまったくみませんでした。
もしかしたらお昼休みの外食禁止なのかもしれませんねと。

2018.03.11 Sun » 博多駅あれこれ


3月9日の話。
帰宅時に博多駅によると警察官や警備の人がわんさかいて
ものものしい雰囲気だったので何かと思えば
「卒業式後の生徒の特攻服での集合の阻止」だったようですね。

20180311kirakira5.jpg

その是非について私は明確な意見を持ちませんが,
ハロウィンの仮装のはやりやインスタ映え意識の向上などより
この手の「非日常的な装いによる日常からの脱却,高揚」の
イベントは今後もっと増えていくんだろうな~と。

んでもそういう意味では,「非日常」的な面が増えすぎて,
逆に若者の日常での装いの派手さは全般的に減少した気がするのですが。
コギャルとかの時代とかってもっと「日々ど派手」だった気がしますが,
最近の日常の若者をみて「派手だな~」と思う機会が減ったなあと。

まあ,私くらいのおっさんになるとみすぼらしい顔と身体で
安物の服着ているとほんとうに日々見苦しさが増すことを痛感するので,
お阪急でスーツ2着29800円セールがあるから買わないと!

20180311kirakira4.jpg

と思って写真撮っていたのですが今見たら残すところ明日12日のみ・・・。
明日は珍しく西新とか大名あたりに出没するので博多駅は無理。・゜・(つД`)・゜・。

20180311kirakira2.jpg

冬は青に,春はピンクに咲く博多駅のイルミですが,
昼は色としてではなく光そのものとして輝いてきれいだなあと。

20180311kirakira3.jpg

太陽光を受けてキラキラ光るように写すためには,
太陽-イルミ-カメラという位置関係が必要で
それだと太陽光が入り込んでフレアができてぼやけるのは
先日の櫛田神社の節分大祭での写真撮影失敗で書きましたが,
そうしたぼやけもありつつも昼のキラキラ感が
わずかでも伝わりそうな写真が撮れたと思ったのですが。。。
ピクセル等倍のおおきな画像だとまだ少しは伝わるのですが
ブログサイズに縮小するとまったくもってだめですね。。。

まあでもほんと晴れた日の博多駅前のきらきらは見る価値あると思うので
明日など見に来てスーツ買って帰られてはいかがでしょうか?

20180311kirakira.jpg

2018.03.10 Sat » いろんな花


明後日3月12日は午前11時より櫛田神社でぎなん祭でございますね。

20180310ginann.jpg

ここ数年みることができていた記憶がありますが,
今年は仕事が入っているためみられず。・゜・(つД`)・゜・。

くやしいので歴代のブログへのリンクを張っておきます。

2015年 祭の進行などをそれなりに詳しく書いています
2016年 ネタ切れで結婚式の写真などに逃げています
2017年 ネコ写真などに逃げていますが動画あり

今日は結構寒さが戻っておりますが,ぎなん祭のある12日には
20度近くまで気温あがるそうなので春の散歩がてらにぜひぜひ。

で,上の写真,看板の文字よりも目に入りやすいのは
北門の向こうで陽に照らされて咲く綺麗な着物の花たちでしょうが,
そちらではなく画面の右上にひとつみえる赤い花も印象的。

北門横のツバキかなにかの花は,子ども会のお祝い会とかの際に
赤い紙で作った花のような嘘のような大きさと鮮やかさでびっくりさせられます。

20180310flower1.jpg

で,そんなおおきな花を見た後で,手水舎と社務所の間くらいの
おおきな木の根元にふと小さな赤があるのに気づいて近づくと

おそらく同じ椿系の花だと思うのですが,先ほどの花とは全然違う
ちんまりと咲きつつも凛とした気高さのようなものがあって素敵でした。

20180310flower2.jpg

で,今日は車で出勤だったので聖福寺横の幼稚園の路地を歩いたのですが,
幼稚園の建物に隠れた日蔭にひっそり咲く花が素敵でしたが無知なので名前わからず。

20180310flower3.jpg

まあでもこうして「咲いた咲いた花が咲いたぞ~」って咲くことだけでも
うれしかった春の初期は過ぎ,咲いているいろんな花それぞれを楽しめる
程度に春は本格化してきた気がしますね明日の天気も晴だそうなので
またいろいろまだ知らなかった花を探してみたいなあと。

とはいえ私はやはり根っからの花より団子派なので,
ひっそり咲く花の上にレモンがなっているのをみつけて
そっちの方に意識が行ってしまいました。
意外とみた記憶ないのですよねレモンが木になっている姿。

20180310lemon.jpg

おそらく今日買って帰る酎ハイはレモンになるだろうなあと。

2018.03.09 Fri » 春を呼ぶ魚


春を呼ぶ魚といわれると何を思い浮かべるでしょうか?

さかなへんに春と書くと「鰆」でさわらと呼ぶそうですが,
そこまで鰆って日常的な魚でない気がして,
鰆を自分で釣った経験は皆無ですし,お店で一匹ままの鰆を
みたこともないので春といわれて思い浮かべる人は少ないのではと。

むしろ福岡の人だと「さわら?早良区か?」てなイメージが強い気がして,
「早良区の早良ってなに?」と思って調べてみても「早良」自体に
地名以外の何か意味があるような記述はみつけられませんでしたが,
少なくとも「早良」は「鰆」にちなんだ名前ではないようです。

んでも「早良」と「鰆」ではないけど「魚春」を結びつける存在があって,
それは「室見川のシロウオ漁」で,春の到来を感じる春の魚として
早良区の室見川のシロウオ漁を思い浮かべる人は多いのではと。
参考:早良区の公式HPの彩食健美ページへのリンク

で,昨日帰宅する際に久しぶりに川端通商店街を歩いたのですが,
そこの居酒屋のせいもん払いさんのいけすをみるのが好きなんですが

20180309seimon1.jpg

寒の戻りでいろんな魚が集まって暖をとっているな~
と思って横の空になっているいけすをみると・・・

20180309seimon2.jpg

空じゃない。

これっておそらくシロウオですよね室見川産なのかなあと。

20180309seimon3.jpg

お店で袋に入れられ売られているのをみかけた記憶がありますが
こうして水槽の中で泳ぐ様をみたのは初めてでした。
ウナギの稚魚とかは絶不漁で絶滅危惧種とからしいのですが,
室見川のシロウオ漁の調子はどんな感じなのかなあと。

暑いくらいに春が顔出した月初めがうそのようにまた寒いですが
花も魚も桜も鼻も春は確かにきているので,
シロウオを食べる機会はなさそうですがなにかしら
春らしいものをたのしみつつこの週末すごせたらなと。

2018.03.08 Thu » めん処三喜の和風ラーメン


昨日,住吉神社の御田祭を見学に行ってきました。
その様子については別ブログ「博多の祭・年中行事」に書きましたので
よろしければこちらで読んでいただけると幸いです (ブログへのリンク)

で,11時頃に御田祭が終わり,朝ご飯も食べていなかったので
近くで何かご飯を食べてから出勤したいな~と思って
ふと思い出したのが柳橋連合市場の近くの「めん処 三喜」さん。
以前確かHENOさんのブログで「中華麺と和出汁の黄そば」が
食べられることを拝見して一度お店の前まで行ったものの,
日曜日でお休みだったから平日のリベンジを期していたお店でした。

で,お店の前に着くと営業中の札は出ていたのですが,
磨りガラスの扉と窓からはお店の様子がみえず値段も書いていない…
この手のお店に入るのは緊張するのですが,店の外まで漂ってくる
おだしの良い香りにお腹がわれ先に店内を目指したのに連れられ入店です。

20180308mikimise.jpg
住所:福岡市中央区春吉1-7-1 (MAP) 
営業:8:00~17:00 定休:日曜・祝日 駐車場:なし

入る前の緊張をあっという間に解かしてしまう雰囲気のよい店内は
厨房を囲んで十人程度座れるカウンターが巡るのみの狭さで,
大きなゆで釜出汁用の小釜にごつごつしたコンロたちにレジ食器棚が並ぶ前で
おそらくご夫婦とその娘さんがそれぞれ独立してきびきびくるくる動かれて,
ゆで釜からの大きな湯気の動きを背景に注ぐときにぴょこっと浮く小釜の動きや
じゃこじゃことちゃんぽんの野菜を炒める音にからからと入口の戸の動く音が混ざり,
お店の中はいろんな要素といろんな動きにいろんな音で充ち満ちているけど
雑然ではなく整然とした感じなので非常に心地よく出てくるまで待てました。

20180308mikineka.jpg

和風ラーメンは430円だったのですが,朝抜きなのでも少し食べたいと
思って麺ダブルを+100円で注文して出てきたのがこちらです。

20180308mikimen.jpg

ネギ,もやし,のりなどは醤油ラーメンなどでよくみるトッピングですが,
刻まれた練り物と玉ねぎスライスが入り最初からゴマがかかるのが特徴かと。

で,まずはスープを一口いただきました。
馬鹿舌なので出汁の種類などはわかりませんがうどん用の出汁で,
少し甘みが強めなので親子丼などに近い味のように思えました。

で,合わさる麺は長浜ラーメン風のかなりの細麺で
食べ初めは「ごそっ」とするちょこっと粉感あるような
私好みの食感だったのですが,ラーメンスープより
うどん出汁の麺に吸われやすいのかみるみる食感が変わっていって
中間まではコシが少し高まる感じで,その後緩んで行った気がするので
麺二倍のWではなく普通の量で食べるのがいいのかも知れません。

まあでもこちらの和風ラーメンはスープや麺の感想を
それぞれ独立で書いても上手く表現できず,
トッピングと一緒に食べたときの全体としての印象がすごく良い感じで,
澄んだシンプルな和風だしの中に,細麺とネギが「もしゃっ」とした
千切りキャベツをわしわし咀嚼する時の喜びのような食感を与えてくれつつ,
刻み玉ねぎがつゆの甘さと結びつきつつ辛みのアクセントともなり,
薄く切られた練り物は摩擦系の食感の中につるりとした食感を加え
あっさりした味に隈取りをつけるような役割を果たしてくれるようでした。
そんなことを思いながら食べていると,厨房の人たちも同じように思えてきて
調理全般を担当する旦那さんと,出食や会計などを担当される奥さんは
それぞれ思うがままバラバラに動いているようにみえるのですが
その間で娘さんがお互いの無言を上手に言葉にし直してつなぐことで
3人としての全体としての和がある感じがして麺と人の印象が似ているなあと。

そんなこんなで,食べる前は「落ちついたしみじみした味」をイメージ
していたのですが、全く違ういろんな食感が混ざり合っていつつも
かつそれぞれが生き生き独立して踊っているような
予想外の若々しい食感に感服させられながらばくばく食い続けたので
あっという間に食べ終え満腹になれました。

他のお客さんを見ているとほとんどが「和風ちゃんぽん」を頼まれていて,
麺類+ミニ丼などのセットが650円からとも書かれてあったので
またそれらを食べに来たいな~と思いながらお店をあとにしました。

2018.03.07 Wed » 酔ってます

お休みなさい明日頑張ります

2018.03.06 Tue » 西流vs.東流(図書館戦争)


日々ブログを拝見している千鳥足さんの所属する大黒流の古ノ一が
『古ノ一五十年』という記念誌を出版され,福岡県や福岡市の図書館に
送って所蔵をお願いした話をブログで拝見しておりました。

で,場をわきまえる能力に欠けた私は「国会図書館にも納本されたほうがよいですよ」
などと余計な意見を酔った勢いでブログにコメントしてしまったのですが,
冷静になったあとで「本当に納本する必要あるのかな?」と不安になったので調べてみることに。

で,国会図書館のHPで納本制度について解説したページをみてみると
http://www.ndl.go.jp/jp/collect/deposit/rules.html

・本を出版したら国会図書館に納入する義務がある(国会図書館法第二十四条)
・納入しない場合本の値段の五倍相当の過料を罰則でとられる(同法二十五条2)

という有名無実な決まり自体は存在するようです。しかしまあ義務は謳われていても
罰則は存在しないだろうと思っていたら一応存在するのですね罰則。
おそらくこれで罰せられた人はいないと思いますが。

まあでも,古い資料を探したりする人なら,
「どこにも所蔵がないけど国会図書館ならある!」とか
「国会図書館デジタルコレクションで読むことができた!」
等の体験があると思うので,「後世まで出版物を残したい」
という希望がある場合はやはり保存に特化した国会図書館に送った方が
いいのかなあと思っておりました。

んでもここで「福岡県や市の図書館に寄贈すればそれでよいのでは?」
という疑問が湧いてきたので,そのあたりを調べてみようと思い,
昨年出版された西流と東流の五十年史の所蔵状況を調べてみることに。

西流による『西流五十周年史』は西日本新聞の記事によると
2500部,A4版288ページ,定価2700円で私も購入させていただきました。

東流による『東流のあゆみ』も西日本新聞の記事によると
1100部,A4版252ページで非売品で「県立図書館や市総合図書館などに寄贈」と。

で,全国の図書館での所蔵状況を調べられる「カーリル」および
全国の大学図書館での所蔵状況を調べられる「CiNii」で検索してみることに。

まず東流を調べると
・福岡市総合図書館:2冊(2階郷土,1階ふるさと)
・博多図書館:1冊
・国会図書館東京本館
・東京都立図書館

ニュース記事では県立図書館に寄贈されているのにHITしないのが謎なのと,
東京都立図書館に所蔵されているのは何故なのかなあなどと。

で,お次は西流と思って調べると
・福岡県立図書館2冊(郷土資料室,郷土書庫)
・福岡市総合図書館:3冊(2階郷土,1階ふるさと,閉架郷土資料)
・福岡市内の各分館各1冊×10
(東,和白,博多,博多南,中央,南,城南,早良,西,西部)
・東京都立図書館
・九州大学図書館分館各1冊×5(中央,医系,伊都,芸工,筑紫)

とやたらめったら所蔵情報があるのですが,国会図書館には所蔵がありませんでした。

20180306NDL2.png

20180306NDL.png

ということは,別に国会図書館に現物を納本しなくても
書誌データ自体は国会図書館のデータベースに入るので
もしかしたら福岡市や県の図書館に寄贈するだけでよくて,
国会図書館に納本する必要はないのかもしれません。

西流の懇切丁寧に網羅された寄贈蔵先をみるとおそらく
私よりずっと図書館関係に詳しい人が納本作業をされたと思うので,
その人が国会図書館に納本されていないのなら不要なのかも知れません。

このあたり,大学生の頃適当に図書館司書関係の授業受けて
その後の知識のアップデートがまったくない私ごときが
調べようとしたのがそもそもの間違いだったのかも知れません。

まあでも一つすごい面白いのが「二誌とも東京都立図書館にある」こと。
東流と西流の担当者がわざわざ東京都立図書館に送ったとは考えにくいけど
国会図書館が東京にあるから東京都立図書館のもの!
なんてジャイアニズムがあるわけでもないと思うので
どういうルートで入手したのかなどが謎だなあと。

とまあこんな感じで長々と書きましたが,私が一番主張したいのは
「国会図書館のカレーのメガ盛りはすごい!」ということ。

20170320obon.jpg

この写真の詳細に興味を持たれた方は昨年国会図書館で
これを食べたときのブログ記事をリンクから読んでいただけると幸いです。
http://hinemosunorakura.blog112.fc2.com/blog-entry-2182.html

2018.03.05 Mon » 大雨と年齢


いやまあすごかったですね昨夜からの大雨。
台風のような風の強さは感じませんでしたが
空気に占める雨粒の密度がすごかった感じで。

こんな雨にやられたらせっかく咲き始めた梅や桜の花は
無事ではいられないかも…と思いながら櫛田神社に寄ると…

何度も横を通った手水舎横の白梅の花びらのほとんどは
地面の水に身をまかせ列をなして流をつくっておりました。

20180305hanabira1.jpg

んでも,その奥にある紅梅のほうの花びらは
白梅ほど地面に見かけることがなかったので,
「咲き始めが遅ければ遅いほど花びらが残っているのでは?」
と思って他の木を見ているとたぶん正解。

トイレの横の,先の2本の梅よりあとで咲き始めた桜の元には
まばらに花びらの姿が拡がるくらいでしたし,

20180305hanabira3.jpg

春が過ぎるとサクランボで子どもを喜ばせてくれる桜の木は
まだほんの咲き始めなのが写真でわかると思いますが
その近くの地面には花びらは全然みあたりませんでした。

20180305hanabira2.jpg

んだからやはり花の花びらの強さにも年齢みたいなものがあり,
開花直後はまだ若いからバネがあって雨風をしのげるけど,
長く咲いて年老いてくると風雨にその身を任せやすくなるのかなあと。

ということで,結婚式で分かれる切れるという言葉を使わないように
この時期書いちゃいけなさそうな言葉なしでブログを書いてみました。

まあでも受験生なんてほんとほんの少し花開き始めたくらいの
復元力に満ちあふれた時期なのは確かなので何があっても
気にしえんすのレジリエンスを発揮して欲しいなあと。

20180305hanabira5.jpg

20180305hanabira4.jpg

雨風は 心の錦 珠となる

2018.03.04 Sun » 【ネタ】 九大 vs. 北大! 【偏差値関係なし】


先日,ニュース記事で札幌南高校の卒業式が仮装などで面白いことを知りました。
http://netgeek.biz/archives/113793

道内有数の進学校だそうなので国公立の2次が終わった後で数日で準備したのか
それともずっと前からコツコツ準備していたのか不明ですが
入試の結果待ちという「あqw2せdrftgyふじこ!」って
精神状況におちいりがちの頃にこうして打ち込めることがあるのはいいな~
なんて思いつつ札幌南高校のHPで進学実績をみてふと思う。

九大への進学実績が少ないな~と。

タイトルで「九大vs.北大!」なんて書きましたが,
細かい差はあるのでしょうがこの2校の難易度はほぼ均衡していると思うので
下宿などの費用が気にならない受験生なら「どっちをうけるかは趣味」と思います。

福岡で九大に行ける受験生が「北海道にあこがれて北大受験」という例は
実例を知っていてスキーとか好きな人ならわかるなあ~と思うのですが,
その逆で「北海道出身だけど九州にあこがれて九大に!」
というパターンってあるのかなあ?などと思ったのでちょっと探ってみることに。

本気でやるなら九大に乗り込んでいって拡声器で「北海道出身の人~」
とか言ってインタビューすると良いのでしょうがそんなこと出来るはずも無いので,
以下の手続きをしてみました。

1.ほぼ同レベルと思われる高校をそれぞれ3校ピックアップ
福岡市(福岡,修猷館,筑紫丘) 札幌市(札幌北,札幌西,札幌南)
2.上記6校のHPの進学実績より,九大と北大の合格者を採集

で,まとめたのが下の表になるのですが,
数学馬鹿だからこの数値のどこを
どう比較したらよいのかわかりません・・・・・。

20180304qdaihokudai.png

一応「遠い地方の大学の合格者数」÷「九大と北大の合格者数の合計」でみると
福岡市:11÷380×100=2.90%
札幌市:4÷330×100=1.21%

と,こう書くと2倍以上ですごい差のように思えますが
たぶん統計的に違いがあるとはいえないんだろうけどう~ん…

というかいざ実際に集計してみると
・北海道の人は九州じゃなくて沖縄にあこがれるかも
・同じ公立校なのに定員が結構違うんだなあ
・他大学への進学状況の影響を受けるよなあ~

などと思って「そもそもこんなデータの集計で何か言おうとするのが間違い」
という当たり前の事実に気づいたので変に考察するのはやめておきます。

まあでも,空腹時に食べ物の写真みるのが「飯テロ」なら
こんな感じで北海道について書くと北海道に行きたくなってきました・・・。
雪のある時期に行ったことないんですよね北海道・・・
でも無理なので先日福岡に降った雪の写真で北海道欲をごまかそうかと。

20180304hakatasta.jpg

20180304snow.jpg

んでも,つい先日までの大寒波に負けていたときは,
北海道へのあこがれなんて消し飛んで「大変そう…」と思うばかりだったので,
こうしてまた北海道へのあこがれが出てくるのは春めいた証なのかなと。

2018.03.03 Sat » ひな祭り!


ひな祭り!

なのでなにかひな祭り関連の食べ物が半額になってないかな~
ちらし寿司にはまぐりのおすましとか食べたいよね~
と思ってスーパーによったものの半額はありませんでした。

おそらくなのですが節分のときに準備された恵方巻きの数と
ひな祭りで用意されたちらし寿司などの量を比較すると
根拠ゼロですが恵方巻きの方が多かった気がします。

全国に昔からあるひな祭り用にあまりちらし寿司とか用意しないのに
関西発で新しい恵方巻きだけあんなに用意したらそりゃ廃棄も増えるわけで、
なんか恵方巻きをバッシングしたいがために意味もなく
準備量がおおいんじゃないかとか思ってしまうのですがどうなのかなと。

閑話休題。

ま、ということで食材でひな祭りを祝えませんので、
博多駅前のイルミネーションの桃色で祝わせていただきます。

20180303momo1.jpg

20180303momo2.jpg

20180303momo3.jpg

で、確か満月は昨日だったと思うのですが、今日雨が降ったからか
今夜のほうが月が妙に明るくて空をちらし寿司色に染めていました。

20180303moon.jpg

で、櫛田神社によると本殿上にきれいなオリオン座が見えました。
さすがに手持ちで撮った写真で星が写るはずがないのですが
いちおう「この辺に」ということを伝えるために空の写真を。

20180303orion.jpg

このあたりで空を見上げて二桁個の星がみえたのは久しぶりに思えて
女の子を祝う空のお計らいのおこぼれをいただけた気がしました。

2018.03.02 Fri » あなた色に染めて


JR博多駅の駅ビルの博多シティの2018年の
イメージキャラクターがジャニーズの亀梨さんに決まったそうで
コピーとして「7 amuse, 7 colors, 7th anniversary」というのと
「きょうは 何色のジブンに なってやろう。」というのがある模様(公式HP)

色といえば元ジャニーズの香取慎吾さんがツイッターで
「出勤の人の流れ見て 色がないなぁ.と 
俺は色だらけなんだなぁ.と 思う朝」


とつぶやいて炎上したそうですが,
まあでも「今の自分は何色ですか?」と聞かれて
自信をもって好きな色を答えられる人がどの程度いるかわからないし,
自分が聞かれたら「う~ん・・・どどめ色?」とか「人生灰色やわ~」
「カムバックサーモンとかありましたね~昔」
とか答えるのがおちで,自分の好きな青や緑です!って
胸張って答えることができるかというと無理じゃないかなと。

そんなこと考えると「あなたは何色ですか?」って質問は
かなり難しい質問だよな~と考えていたところでふと気づいたこと。

最近話題にしていた櫛田神社の手水舎横の梅を,
拝殿に近い紅梅,横の白梅,トイレ近くのピンクの桜と順に撮ったものです。

20180302colors1.jpg

で,この写真から何を気づいたかというと,
「奥にピンク色の桜があるから,手前のピンクっぽさもある梅は
ピンクではなく赤的な色味にしかみえなくなっている」こと。

んでも,例えば奥の桜のピンク色を消してみると…

20180302colors2.jpg

赤くみえていた梅はピンクっぽくみえ出すし,
手前の梅と奥のピンクの桜もどっちも消して白梅だけみると
なんというか白ではなく黄色っぽさが目立ってくる気がします。

20180302colors3.jpg

おそらくですが青空バックで写すとより黄色さが目立つのだろうなと。

これを「ある色の見え方は周囲にある色で変わる」ことを
示していると考えると,「自分は青色!」「私は赤!」なんて感じで
自分をある固定の色として見てもらいたい人って言うのは
ある意味周りとの調和をあまり意識していない人なのかも知れないなああどと。

そういう視点で考えると,自分は何色になりたいかと問われたら,
ある人がなりたい色を映えさせる補色になりたいな~
なんて思ったりしますが,それほど気がきくわけではないので,
「誰でも相対的に綺麗にみせることができる落ちついた灰色」
とかになる価値もあるかもしれないなあなどと。
09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif