ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2018.01 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 » 2018.03

2018.02.07 Wed » 12月ない!


※本日は写真と本文は全く関係ありません

今日は二月の初午の日でしたね。

先日「博多の祭・年中行事」の2月7日の項を書こうと思って
初午行事について調べてみたのですが,基本的には
全国の稲荷社の総本山である伏見稲荷神社のご祭神が
初めて鎮座された日が初午の日だったのでそれにちなんで
二月の初午の日にお祝いをされたそうです。

で,福岡でも宮地嶽神社(招福だんご祭),筥崎宮の稲荷社,
飯塚の大根地神社,住吉神社,鷲尾愛宕神社などで
初午祭が行われたそうなのですが,
櫛田神社境内の注連懸稲荷神社の初午大祭は
毎年旧暦で行われるので今日ではなかった模様です。

20180207shinbi.jpg

こんな感じで,伝統的な祭や行事の開催日をたどっていくと
「新暦でしているか,旧暦でしているか」が問題になり,
山笠などでも確か恵比須流では旧暦で行う行事が多いなどありますが,
ここで私が思った疑問が

「旧暦から新暦に変わったのはいつ?その時の様子は?」ということ。

20180207oni.jpg

で,暦が切り替わったのがいつかはすぐに見つかって

旧暦の使用を1872年(明治5年)12月2日でやめ,
翌日12月3日をいきなり明治6年1月1日としたそうですね。

師も走るから師走っていうほど慌ただしい12月が
ほぼまるまる一ヶ月消失していきなり正月に!
ってかなりな出来事のような気がするのですが,
このあたりの騒動について書かれた文章とかないのかなあと。

と思って調べてみると「月と月暦」というページにまとめられていて,
「給料一ヶ月分無くされた!」「月の周期がおかしい!」とか
すごいいろいろすったもんだがあったそうですごく興味深いです。
http://www.ganshodo.co.jp/mag/moon/files/m_c101.html

20180207kasa.jpg

そういう意味では明治5年から20年ほどの文献をあたると
さまざまな祭や行事が新暦に移行するか旧暦で行うかが
どのようなやり方で決まっていったかなどを探ることができそうで
山笠あたりだとそういうのを検討した研究って既にありそうだなあと。

そうした文献を探る能力がないのでみつかるかは不明ですが
すごくのんびり「思いだした折に」ペースで調べられるといいなあと。

スポンサーサイト
09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif