ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2017.12 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2018.02

2018.01.31 Wed » 節分前夜の予定


あああほんと今週は仕事しかしてしてないのでブログネタ無し・・・
んでも明日の朝一出勤が終われば2月2日は余裕があるので
櫛田神社の福迎祭(大お多福面くぐり初め)をみて出勤して
鬼神楽をみに帰宅することもできるはず・・・・・。

というわけでかなり遅くなってしまいましたが
櫛田神社の節分大祭の看板の文字起こしなどを。

20180131setubun1.jpg

二月二日  午前十一時 福迎祭(大お多福面くぐり初め)
     午后五時~六時 鬼神楽奉納

二月三日 午前十時 豆撒き宝撒き
     から午后四時 一、午前十一時 「博多座一行」
               一、午前十時半、午后三時半「くまもん」

二月三日は終日「厄除祈願」執行、祈願券一二〇〇円

博多座公演 「二月花形歌舞伎」の出演者として
中村(勘九郎,七之助,扇雀)さんが豆まきされるようですね。

20180131setubun2.jpg

この鬼神楽,昨年は拝殿の中でみることができたのですが,
今年は金曜日の夕方なので見学客多くて中に入れるか微妙だなあと。

んでも,鬼神楽に関する本ブログでの内容を確認すると

2016年:拝殿に入れて中の最前列での見学可能だったのが,
2017年にはお客さんが多くて17時からのものは
後ろからしかみられなかった
と書いてありましたので,
今年は更にみえにくくなっている可能性があるなあと。

20180131setubun3.jpg

確か記憶では17時からのものと18時からのものがあり,
どちらも鬼退治ストーリーの部分は同じですが,
収穫に関する神楽の部分が異なった記憶があります。

鬼神楽は動きも激しく階段落ちもありますので必見だし,
ほんとこの日に撒かれる豆はおいしいので必食です。
そういえば昨年はレジ袋を持っていっぱい貰って帰っている人もいた記憶が。

鬼神楽見てから川端通り商店街や中洲などで飲むなんてのも素敵ですし,
貰って帰った豆で晩酌もおつなものだと思うので未訪の方は是非是非。
スポンサーサイト

2018.01.30 Tue » 頑張るときに飲むもの


今日は一日頑張らないといけない日!
なのに寒くて寝つけず,眠れたと思ったら
寒さで途中覚醒してしまって無茶苦茶寝不足!
今こそこれを使うべき時が来たれり!!!!!

20180130monster1125

ということで2017年11月25日に博多駅でもらって
写真撮ってここぞという時のために大切にとっていた
モンスターエナジーを飲んでみました。

20180130monster

昔は結構この手のドリンク剤を飲むこともあって,
主に眠気覚ましの「眠眠打破」や「オールP」などを愛用していました。
特にオールPはアンプル剤というか薄い褐色のガラス瓶に入っていて
ガラスを折って飲むという「本物感」があって効いた気がします。
なんかオールPって関西でしか売ってなかったそうなので
ご存じない方は上のリンクをたどっていただけたらと。

で,モンスターエナジーですが,飲んでみての一番の感想は
「炭酸である意味はあるのかなあ?」ということ。

オロナミンCやリアルゴールドなども炭酸のドリンク剤ですが
量は140mlくらいなので飲みやすいですがモンスターエナジーは355ml!

ジュースとしておいしく飲むのであれば量は多ければ多いほどいいですが,
ドリンク剤として効果を求めて飲むのであれば355mlの炭酸は多い気がして
「朝っぱらからこの量はきついなあ」などと思いながら飲んでおりました。

とはいえ,最近私のマイブームであり,ツイッター界隈あたりでも
はやっている模様の「ストロングゼロ系ハード酎ハイ」だと,
家かえってぷしゅっとしてほんとあっという間に500ml飲んでしまうのですが。

20180130strongzero.jpg

まあでも,モンスターエナジーなどのドリンク剤は体を酷使して無理させるし,
ストロングゼロ系の酔うまでのスピードアップに特化したお酒で
体に無理させるのもダメなので,も少しゆっくりいい酒を飲めるようにせんとと。

2018.01.29 Mon » 博多駅、これ知ってた人いるのかな?


「古い記憶がぼろぼろ抜け落ちていく」系の
記憶の老化はまだそこまで進んでいないのですが
「新しいことを自然に覚える」系の記憶力がものすごく老化したので
もう何年も博多駅を利用しているのに時刻表を覚えておりません。

なので本日も駅について表示板で確認すると次の電車まであと15分。
ならばデイトスでものぞいてみますかね~と思って
振り返っていつもの焼き物タイルの柱を見てふと違和感。

下の写真で私が何に???と思ったか分かりますか?

20180129hakatasta1.jpg





正解は「なんか不思議な文様が浮かび上がっている」

20180129hakatasta2.jpg

これ、この手のガラスにはよくあることなのかなあ?
と思って近くのほかの柱を眺めてみよう…
と他の柱を見渡してもっとすごいことを発見。

「柱に番号が振られている!」

20180129hakatasta4.jpg

これ、おそらく広告のポスターなどを貼るときなどに
どの柱にどれを貼るかなどを指定するために
番号が振られているのはあたりまえなのかもしれませんが、
まさか天井近くにこうやって明示してあるとは思ってもいませんでした。
ちなみに変な文様があった柱は写真の14番の隣の18番でございます。

博多駅で待ち合わせのとき、これまでは「柱のところ」なんて指定したら
どこの柱かなんか分からないから指定することが出来ず、
そのため分かりやすい「博多口出たところ」なんて指定をして
外なので熱さ寒さに辟易しながら待ったりしたことがありますが、
こうして柱の番号があるのであれば「18番の柱で」とか指定して
駅構内で待つと空調も効いていいんだなあと。

まあ、そんなこと気づいても「待ち合わせをするような相手」が
いないので何の意味もないんですけどね・・・・・・・・・・。

2018.01.28 Sun » ご利益のある花


せんじつの「おみくじの国際性」を書いた日のこと。

境内のおみくじ結び場だけだとサンプリングに問題があるので
他の結び場の写真も撮ろうと思って山小屋脇の夫婦銀杏の木のところへ。

20180128omikuji.jpg

で、写真とってふと振り返ると夫婦恵比須神社横の石碑が眼に入り
そこに野牡丹の花が一杯咲いているのを発見してびっくり。

20180128nobotan.jpg

この野牡丹、以前より「長く咲いているなあ~」と感心していたのですが、
冬になってもうさすがに咲いてないだろうと関心を失っていたら、
誰もが身にしみているこの寒波の中でも一杯の花を咲かせていました。

「もしかして1年中咲く花なの?」と思ってネットで調べても
春から秋のようなので、この野牡丹が特別長く咲き続けているのだろうと。

で、気になって石碑をみてみると、「花本大神」と書いてあって、
やはり花本大神のもとにある花だけあってご利益あるんだなあと。

で、横の説明文を読んでみると…って、いつもの私なら文字起こしするのですが、
今日は超絶非力でWORD2003しか入ってないパソコンからの更新なので
画像の拡大や難しい文字の変換が出来ないので明日以降にさせてください。

20180128nobotan2.jpg

まあでも、花本大神というのは松尾芭蕉のことらしいので、
では、松尾芭蕉が野牡丹について読んだ詩などないのかな~
と思って探してみると…野牡丹ではなく牡丹ならある模様。

寒からぬ露や牡丹の花の蜜

で、どんな意味なのかな~と思って「芭蕉db」の該当ページを読むと…

「理が勝ちすぎてまとまらない句。この期の作品としてはめずらしいほどの駄作。」

なんだそうです・・・いいつながりあったら綺麗に終われたのですが(笑)。

2018.01.27 Sat » おみくじの国際性


いろいろあった正月やら成人式関連行事も一段落して,
節分まで行事もないこの時期ですのでネタがない…
なんかブログネタになることないかな~なんて思いながら
観光客で混み合う櫛田神社の境内を歩いていてふと思ったこと。

インバウンドという言葉がはやってからしばらく経ち,
一時ほどの「充ち満ちていた」感じはなくなりましたが,
今でも多くの海外からの観光客の姿をみかける櫛田神社だからか,
おみくじは日本語以外に英語,韓国語,中国語,台湾語の5種あります。
20180127oracle1.jpg

で,国によっておみくじの色が違うようなので,
結ばれたおみくじの写真撮って,
色を頼りに「国毎のおみくじ比率」を算出すると
ドメドメした本ブログも国際的になるのでは!と。

20180127oracle2.jpg

で,今から数えてみましょうかね~~~♪と思ってはたと気づく。

休みと思っていたら明日9時5時で出勤だった。・゜・(つД`)・゜・。

あああ28日は博多カレンダーによると博多祇園山笠振興会総会,
桶屋町不動明王大祭,千代流玉手箱引継式があるそうで,
どれも基本クローズドのものと思われますが
不動明王大祭の近くを通り過ぎてから東長寺の初不動にもうかがって
出勤するぞ~~~!と意気込んでいたのに9時から仕事とは。・゜・(つД`)・゜・。


ま,でもおみくじの件,数える時間が無くて証拠がないのですが,
ぱっと見の感想では韓国語が一番多かったようにみえました。

しかし,これも完全な私見なんですが観光客の出身国自体は
韓国より中国や台湾の方が多そうに思えるのですよね。

そういう意味では隣国の韓国から来る人は日本慣れしている人が多く
「持ち帰りたくないおみくじはむすんでいく」という文化を知っているのに対し,
中国からの人は日本は初の人が多く,記念におみくじを持って帰るため
おみくじをひいたても結んでいかない人の方が多いのかもなあなどとも。

各国でのおみくじの出る比率自体はおみくじを補充する神職の人に
聞いてみると教えてくれるかもしれませんが,
「おみくじをひいた人の中で結んでいく率に国や訪日経験での違いがあるか」
調べてみると面白いかもと思ったので,また後日時間があれば探してみます。

20180127oracle7.jpg

ちなみに,くじは「オラクルoracle」というそうなので,
お多福の お口 おみくち お多福る と覚えたらいいよ!
って無駄な成分多すぎて余計に覚えにくいっちゅうねん!!!

2018.01.26 Fri » 表の顔の公開


なんだかんだであっという間に1月が過ぎて月末になってしまいましたね~。
ということは1年の12分の1がすでに終わってしまうと言うことなんですが,
「1年の12分の1」だと「まだ10以上ある!」みたいな感覚あって
それほど過ぎた感じがしないのですが,同じ12分の1でも
「1日24時間の2時間をすでに浪費してしまった!」と思うと
かなり一杯費やしてしまった感が高まるのは私だけでしょうか。

と,いつもの無駄に長い枕を終えて本題に入ると,
1年の最初に私が掲げた目標の1つとして
「博多の祭や年中行事を一杯体験してその機能を考える」がありました。

『その割に最近ブログにあんまり祭や年中行事について書いてないじゃん,
昔は結構”明日は~の祭がある模様”とか書いていたのに・・・。』
なんてこと思ってくれるほどこのブログを丁寧に読んでくださっている方が
いるのかは不明なのですが,そうした記述が減ったのには理由があって
「それ専用のブログを作ってそっちに書いていた」からでした。

このブログは基本日々の生活の中で体験したことについて
等身大の自分の視点で感じたことをぐだぐだ書いていたのですが,
そうした「個人的な日記」的な要素の中に「祭・年中行事」について書くと
ごちゃごちゃになって整理や検索がしにくいな~と思っていました。

例えば「〇月×日にはどんな祭や年中行事があるのかな?」と思って
ブログで検索しようとしても「今日は半額品が一杯買えました」
とかいう内容が出てくると「どうでもいいわいこの貧乏人が!」
というつっこみしか出てこないので役に立たないのだろうなあと。

20180126hangaku.jpg
(この手の写真は表のよそゆきブログには貼りません!笑)

ならば,「博多部を中心とした祭や年中行事の予定」に特化して
それらの情報について事前に調べて書いていくブログがあると
私の個人的なぐだぐだ話が不要な人にも読んでいただきやすくなるのかなと。

あと,そうした「よそゆき」な「表の」ブログを作っておくと,
祭や年中行事を見学しているときに「こういうブログしているんです~」
などと紹介したりもできるようになるといいなあ~などという夢想もあって。

20180126kengaku.jpg

まあでもそんな感じでブログを分けても,結局このブログのような
いつものぐだぐだ裏の顔文章しか書けなかったら分ける意味ないよな~
などと思いつつ試しに2,3週間書いてみて「分ける価値のある違い」が
出来てくるかな~と書いてみたら,同じ人間が書いているので
結局似たような文章になってしまうのは確かなのですが,
「日付で祭と年中行事を整理するデータを毎日打ち込む行為」へのモチベーションの維持が
ブログ分けて書くとすごくやりやすいことには気づけたので,
とりあえず別ブログは1周回る1年間は継続して更新を頑張ろうと思っています。

当然こちらのブログもこれまで同様に継続していきますので
変わらずに読んでいただけると幸いですが,
またお暇なときなどに「表ブログ」の「博多の祭・年中行事」も
目を通していただいて,「頑張って真面目にしてますね~」などと
思いつつ読んでいただけると幸いです。

リンクはパソコンでは左上のプロフィールやLINKに貼ってありますが,
スマホ版では表示されないと思いますので,今後しばらく
本文最後に別ブログへのリンクを貼りつづけることお許しください。

博多の祭・年中行事へのリンク


20180126kotukotu.jpg
(写真は御供所の乳峯寺の門に掲げられていた書。すごくいい言葉だなあと)

2018.01.25 Thu » 準備の準備


出勤時に櫛田神社によろうとすると,
伝統工芸館のところに人だかりを発見。

20180125dento.jpg

なんだろうと思って掲示板をみると,以前どこかでみかけた
「博多人形ガチャ高級版」の発売日が本日だったようです。

通りかかったのがオープンの1時間まえだったので,
そんな時間からすでに待ちがあるならさぞかし売れただろう,
と思って調べてみると読売新聞の記事がヒットして
なんと15分で完売したそうです完成度高いですものね。
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180125-OYT1T50051.html

で,その後手水舎でひしゃくを手に取るとなんか変。
乱暴に扱われて壊れたのかな???などと思ってよく見ると…
ひしゃく竹に氷が((((((((((((つД`))))))))))さむ~

20180125koori.jpg

そういえば一昨日の夜寒すぎて寝つけなかったので,
昨日の夜はとうとう「エアコン暖房つけっぱなし」をしたんですよね~
んでもほんとこれだけの寒さの中光熱費けちって風邪ひくよりかは,
甘えだと思わず文明の利器をふんだんに使って寒さに打ち勝ちたいなと。

その後境内を見ると大お多福の設置準備がなされていて,
仕事でみられないのを恨めしい気分で眺めていたら,
なんというか予想以上の数のマスコミ各社が取材にきていました。

Yahoo!でぱっと調べた結果を上から並べてみただけでも

西日本新聞 http://www.nishinippon.co.jp/feature/hakatayokatoko/article/303755
RKB https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180125-00010001-rkbv-l40
TNCテレビ西日本 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180125-00000002-tncv-l40

大お多福の準備をたった十数秒ニュースに流すため,
マスコミの人たちもこうして数時間前からスタンバって
準備されているんだな~と素直に感心しつつ出勤しました。

20180125hodo.jpg

2018.01.24 Wed » 節分の準備


今日はあほほど寒かったですね~~~~~~~~~

いつものように櫛田神社に寄って手水をすると,
いつもと違った冷たさで手がじんじんと響いて痛み,
打つ二拍もいた~い。・゜・(Д`)・゜・。でした。

まあでもそんな寒さにめげずに櫛田神社の神職の方などが
迫ってきた節分大祭の準備に勤しまれておりました。

20170124fukuyose.jpg

で,最近かゆいところに手が届く感じで
私好みの記事を連発してくれる西日本新聞の記事で
「大お多福面の設置が25日である」
知識を事前入手していたので
これ幸いに予定合わせてみるぞ~~~!と意気込んでいたのですが,
どうしても抜けられない仕事が入っていて無理でございました残念無念。

20170124cyouchin.jpg

では,本番の2月3日はどうだろう?と思って曜日を確認すると土曜日。
これは確実に見に行けるだろうのでみるぞ~と思っているのですが
ふと疑問に思うのが「今年は節分大祭写真コンテストはある?」ということ。

昨年が56回だったので今年あるとしたら57回なので,
「第57回櫛田神社節分大祭写真コンテスト」で検索しても結果はゼロ。

昨年度までの審査結果については福岡コンベンションビューローさんが
過去2年分紹介してくれていて,

56回 応募総数49名175点 金賞1,銀賞2,銅賞3,入選20の計26点
55回 応募総数60名227点 金賞1,銀賞2,銅賞3,入選20の計26点

入賞確率を単純に点数で考えても56回14.9%,55回11.4%なので
先日の住吉神社で鯛の置物にあたるよりもずっと高いですし(笑)
金銀銅の同時受賞は避けられ入選との重複も避けられがちと考えて,
完全に重複がない「応募人数」でだすと53.1%と43.3%なので,
これなら私にも入選の可能性が???と思ったりもしますが
今年は応募自体がない可能性が結構あるような気がします。

ま,でももしかしたら今年もあるかもしれないので
こまめに節分っぽい写真を撮って練習に励むことと,
最近出荷数をコントロールして売り切れる店もけっこうある
豆まき用の豆を事前に買っておくことだなあと。
殻付きピーナツやお菓子の豆はやはり気分が出ないので。

20170124masu.jpg

2018.01.23 Tue » 未来のラーメン王たちへ


今日はイレギュラーな仕事が城南区であったので,
お昼ご飯を夕方まで我慢していつもの膳へ。

さすがにこの時間だと他のお客さんはほとんどいないな~
でも夜に向けて作られたフレッシュなスープなのかは不明だけど
今日のはあつあつで油も多めで味もしっかりあってチャーシューも
結構な厚さのものがどんぶりを覆い尽くすかのように広がっていて最高!

20180123zen.jpg

なんて思いながら食べていると背後の入り口から元気な声が3つ。

入り口横の自動販売機で「生いけよ生」とかワイワイ言っていて,
その後店内の「固さ表示」のプレート持って三人で麺の固さ談義を
しているのでどんな子たちだろうと振り返るとおそらく小3~5年くらい?

お~このくらいの学年で子どもたちだけでラーメン食べにくるだけでなく,
麺の固さをじっくり考えるなんて将来有望だな~♪とウキウキした気分で
どんな固さ指定に落ちつくのかを楽しみに待っていると
記憶では「ハリガネ2,カタ1」!なんて若さあふれる固さ指定!

親にご飯食べさせてもらってないネグレクト関係だったらいやだなあ~
と思いながら背中に必死に聴覚を移動させて話を聞いていると
声も明るいし「お母さんにばれたらやべ~」なんて話も聞こえたので
おそらく駄菓子屋の買い食い的な感じでラーメン食べに来たんだろうなあと。

こういう,「犯罪とかではないけど親に怒られそうな秘密の共有」って
こどもの健全な発育にすごく重要だと個人的には思っているのですが,
最近の家庭事情だとなかなかそういう機会って難しくなっているのかな?
なんて思っていたのでこういう姿をみることができてなんだか嬉しかったです。

そういう意味では,膳さんの280円という価格は,
子どものおこづかいでも食べられる金額であるという価値も存在し
「将来のラーメン王が最初に自分のお金で食べたラーメン」てな感じの
ゲートウェイラーメン的な存在価値もあるのかもしれないなあなどと。

なんというか,「塾や習い事の前にご飯食べといて」と言われて
お金渡されて独りで外食する子どもも多いのでしょうが,
そうではなくて「自分のおこづかいで」「娯楽として」「親に内緒で」
食べた外食って結構その後の食の嗜好に影響する気がするなあなどとも。

で,これだけ楽しい思いさせてもらったのだから
財力のある大人の面をみせたくて「あの子たちにこれで替玉を」
なんていいながら立ち去りたかったのですが
さすがにそんなことしたら意味不明と思われそうなので
そのまま心の中でお礼をしてお店をあとにしました。

2018.01.22 Mon » コロッケ気分


東京の雪のニュースが続いておりますね。

って私も被害者の一人で、本来ならば今日の夕方まで東京にいて
夜に福岡に戻ってくる予定だったのですが、
雪のため予定していた飛行機が欠航になるので早い便へ変更してねと。

で、前々回の「台風による落雷で福岡空港停電による東京引き換えし」
の記憶が戻ってきたので大事をとって早めの帰宅となりました。

あああ本来なら今頃東京を真下に眺めながら飛行機に乗っていたはずなのに…。

で、「かなり早く帰ってきたので汚いまま出発した自宅のお掃除!」とか、
「そのぶん充実したブログを書くぞ!」とか最初は思っていたのですが、
なんかこう東京にいるときに「雪や台風などに備える心のモード」に
なってしまったので、別に星も見えて晴れている福岡にいるのに、
「今日は雪だから部屋でじっとしてよう」モードになっております。

ま、でも雪のおかげで空港で面白い光景をみることができて、

1. 出発前に翼の雪を除雪する作業がある

20180122snv-6.jpg

クレーン車みたいなものに人が乗っていて、消防ホースのようなもので
粉末のようなものを吹きかけていました。冬の北海道やスキーで雪国に
行く人にとってはなじみの光景なのかも知れませんが私は初めてでした。

2. 雪の滑走路はかなりきれい

20180122snow2.jpg

雪だと昼でも滑走路の明かりがつくのですが、
白く拡がる空間の中に遠くまでぼんやりと明かりがつらなり、
近くの明かりは盛大にきらめいたりして
「ホワイトクリスマス」感あってゴージャスでした。

3. 雪の日の翼は黒い?

大雪を降らせる雲も飛行機で上がってしまえば下に見えるわけで、
昼の飛行機はさんさんと輝く太陽に照らされて
雲海が白と蒼の世界が無限にそれぞれの世界を
侵そうと試みつつにらみ合って平行に広げる光景がみえて
大好きなのですが、その2者に割って入る翼は無粋だよな…
と思ってみてふと気づく。「妙に黒くないですか?」

20180122wing.jpg

これ、私がほとんど朝か夜にしか乗らないからいつも黒いのに
気づかなかったのかもしれませんが、もしかしたら
雪の対策でふりかけていたものが黒く残っているのではなどと。

と、ここまで書いてブログを更新したら、ほんとは夜ご飯買いに
外出する予定だったのですが、不要不急の外出は避けるように言われているから
家にあるもんで簡単に晩御飯作って飲み始めるか・・・・・

と思ってはたと気づく。「今日は月1のびんペットボトルの回収日・・・」
祈るつもりでゴミ袋を置くところをみるとあるのは「可燃、不燃」のみ・・・。
せっかくこんな時間から外出るのだから、半額品にでもありつけたら
うれしいのですがまだ20時台なので難しいだろうなあと。
ならば雪だけど台風気分でコロッケでも買ってきましょうかね~。

2018.01.21 Sun » 三枚話


今回の出張は2泊3日なので本日も東京泊です。

なるべく荷物を減らしたいと思って非力なタブレットのみで来たら,
「写真のファイル名は確認できるがs縮小画面のサムネイルがみられないので,
どのファイルがどんな写真か確認できない」状況でございます。

しかも今日は18時現在で結構お酒が入っているので,
今のうちにブログ書いておかないと更新できない可能性大。
なので小説などでよくある「三題話」みたいに適当に開いた写真3枚で
何か感想書いてブログにさせていただきます。

20180121flower.jpg

秋葉原の近くの交差点でみかけた椿かなんかの花。
ぷっくりふくらんだつぼみがたわわに広がる中,
ただ一輪だけ凛としたさまで咲き誇る姿はすごく素敵だなと。
こんな存在に自分もなれたらいいな~なんて思いますがねえまあ。

この件については後日もう少し詳しく書きたいと思うのですが
先日までの物件物語の影響で,せっかく東京にきたのに,否,
高層マンションの多い東京に来たからこそ
「高層階のベランダや外階段はどうなっているんだろう?」
と思ってそればかり探してしまって空ばかり見ている自分がいます。

20180121pipe.jpg

んでもこのビルの各階のパイプスペースに立たされたら
ほんと一瞬で足がすくんで気を失って落ちちゃうんだろうなあ自分は。

福岡から離陸して,確か久留米に入る前に大分方面にむけて
大きく旋回しているところで雲の先に見えた山の頂上。

20180121mountain.jpg

広がる雲を水面ではなく雲面としたら,そこから頂を
みせる山は島にみえるんだなあと思った一枚でございます。

うぬぬ今日はもうこの時点でかなり酔ってしまっているので
上のブログ文章も変なものになっているかもしれませんが
旅の恥ならぬ旅先のブログは書き捨てということでお許しいただけたらと。

それではみなさま酔い夜を!

2018.01.20 Sat » 傷心旅行


これまでのあらすじ

「階層差」を気にして告白をためらったため
理想の恋人を他の男(かどうかは不明)にとられた
傷心をいやすため男は旅に出た・・・東京へ。


ということで出張で東京です。

そんな細かくかつ継続して私のブログを読んでくださっている方が
いるかは不明ですが,もしかしたら「お前東京出張の時はいい景色の
ホテルに泊まっているから,その景色で癒されてこいよ」とか
思てくださった方がナノレベルでいるかもしれません。

でもこれまでのいいホテルに泊まれた出張は「相手もち」なのに対して
今回のは「こちらもち」なので節約節約節約の宿でございます。

んでも「定価で5000円」の宿はさすがに狭さに辟易したので,
もう少し高めのお宿にしたので少しは窓の外の光景楽しめるかな~~~

20180120window1.jpg

などと思って期待を込めて窓を開けると…



20180120window2.jpg

一面壁~~~。

・・・・・・・・・・・。


まあでも景色がだめなら料理にて・・・と思って,
上野に泊まるときは「各地の駅弁が夜になると半額になる」
のでよく使う駅構内のスーパーTHE GARDENによると,
「分とく山 総料理長 野崎洋光氏 監修 特製 海鮮幕の内」
というのがあったのでそれをGETしました。

20180120bento1.jpg

まあでも海鮮といっても保存の関係で・・・・・
と正直あまり期待していなかったのですが,
かなり充実した海鮮でこれはすごくおいしそう!

20180120bento2.jpg

それではいただきます!

20180120teachers.jpg

2018.01.19 Fri » まあそんなもんだ 


今日は週で一番忙しい曜日なのでまじめに仕事したのですが,
やはり昨日の物件のことが頭にこびりついていたので,

「外階段のぽっかり空いた空間の恐怖」をわかって貰うために
「非常階段の手すりの壁が低いから宙に浮いてみえる状況」
を説明しようとEXCEL方眼紙でお絵かきしたり
20180119sotokaidan.png

「高所恐怖症 治療」
「高所恐怖症 系統的脱感作」
「高所恐怖症 認知行動療法」
などの検索ワードで調べてなんか自分でできる対処法がないか探して

「あああやっぱりあの子(物件)が欲しい!好きだ!愛している!」
と心から思ったのでまたその御姿をみたいと物件HPをみると。。。。

昼前にはまだあった気がしますが夕方には消えておりました

。・゜・(つД`)・゜・。
20180119asa.jpg

もう消えたので記憶に頼るしかないのですが,確か1月10日情報公開で,
ほんとその光景を求める人なら八万なんて格安で,十二万くらいつけても
借りる人はいたんじゃないかと思える物件だったので,
まあそれゆえにどけちな私でも借りようと決心できた物件だったので,
やはりすぐに借り手がついたんだなあ~~~~~と。

そういえば部屋を見に行ったときに「鍵があいていたので,前の見学者が
締めるのを忘れたのでしょうね」とか言っていたよな~~~~とも。

まあでも,物件の存在を知った後,不動産屋に行って
「既に借り手がついております」とか言われると,
脳内に理想的の物件イメージが残り続けて後悔しつづけたでしょうが,
借りられなかったけど内覧出来て「高所恐怖」を感じられただけで
なんというか「あわないところも理解した上での失恋」になったので
あきらめもつくもんだなあ…ってこんな長文書くくらい未練たらたらなんですが。

ふんだ,冷蔵庫置き場の天井低いから300L以上のは置けんし!
ふんだ,シンク横の作業スペースせまいから自炊あんま向かんし!
ふんだ,浴室の洗面所横の壁が透明だから覗かれるし!

ほんとそれくらいしか欠点無いな~冷蔵庫置き場のなんて
「板一枚外してくださいね」って言えばすむもんな~~~~。

まあ,実はすぐ近くで景観自体はそこそこ互角のマンションもあるのですが,

・最上階ではなく一階下
・広さが5m2ほど狭い
・2面採光だけど南西ではなく北西
・家賃は七千円高い
・んでも分譲タイプなんで細かい質感はこっちの方が良い

てな感じなのでちょっと手が出ないだろうな~と思っております。

まあでも年度替わりでいろいろ新物件も出てきてもおかしくない時期なので
この失恋を忘れさせてくれるお相手がでてくることをぎなんの木にお願いして
だれも興味持ってないであろうこの話題はこれにて終了とさせていただきます。

20180119ginan.jpg


2018.01.18 Thu » 完全予想外の結末


先日から書いていた「理想の物件」の件、その後ほんといろいろ考え、
それこそ自分のライフサイクルと次のステージに行く意義などまで考え
「8万なんて結婚している同世代だとむしろ安いほう!だからいい!」
と思ってその物件に住むことを決意し、不動産屋に行ったんですよね。

まあでも1件だけ決め打ちで見学となると変に思われるかな?
と思ったので、同じ「最上階角部屋」で7万円代と少し安いけど、
部屋が狭く特に収納が狭いので自分の希望とはちょっと違うよな~
と思っていた物件もみせてくださいと言ってみました。

で、どちらの物件も内覧可能だということだったので、
まあまずは第2希望の物件から、と思って内覧したのですが…。

これがまあ完全予想外。

いい方の予想外ならよかったのですが悪い方の予想外で、
そこで味わったのは「高層階で外廊下はむちゃくちゃ恐怖」ということ。

20180118yosougai1.jpg

しょっちゅう道路から見上げていたなじみのマンションだったのですが、
中の構造は不思議な感じで、田の字型というか、東区香椎にある
アイランドタワーのビルがそれぞれ1戸ずつで4つあり、
それがエレベーターからの人ひとりあるける外の通路でつながっている感じで、
読んだことないのですが心象的にはカイジの鉄骨渡りみたいなもので、
これは一緒に行った不動産屋のお兄さんもびびっていました。

これ、確証はないのですが上のツイッターのつぶやきの画像のところと思われて、
かつ「最上階だから天井もなく吹きさらし」なのでどんだけ怖いかと。



で、第1希望のマンションも同じ階数ですが、下から見た限り内廊下だったので
こちらは大丈夫だと信じて迷うことなくまっすぐに第1希望の物件へ。

20180118yosougai3.jpg

オートロックや宅配BOXなど設備も最高で内装もきれい、
廊下も内廊下なので大丈夫・・・と思ってエレベーターを降りると…

エレベーター横が非常階段になっていて、そこだけぽっかり
穴が開いたような空間があってそこでコケると落っこちそう…。

これ、1件目のひどい外階段での恐怖を感じることなく
いきなり第1希望の物件からだと気にならなかったのかも
しれませんがなんか気になってしまう…。

その後の廊下は内廊下だし玄関ドアも超豪華、部屋の中も最高だし
収納が各所にふんだんにあって「家具を外置きせず全部収納に」という
自分の好みにあった部屋の内装だったのでほんと内装は大満足!
築年数も2000年以降で新しいのにこの広さと内装で8万はむしろ安い!

しかも高層階南西2面の窓で、一番広い窓は横幅5mくらいあったりして、
窓の向こうはひらけているので景色はもう本当に最高!で、
春夏秋冬朝昼夜、晴風雨霧さまざまな景色の移り変わりを眺めながら
部屋で過ごせるなんてもう最高!なんですが・・・・・・・

ベランダに天井がなくアルミの手すりがついているだけ…。

これも酔っぱらって手すりに強くのしかかると落ちちゃうよな…
とか考え始めたら高所恐怖症感がうわっと出てきてしまって
なんだか落ち着かなくなってしまいました。

20180118yosougai22.jpg

私の場合、「密閉された空間」であれば最近は高所恐怖症はでなく、
飛行機とか20数階のホテルの部屋の窓から真下をみても平気なのですが、
この手の「開放された空間で仕切りが十分でない場所」があると、
途端に高所恐怖症がわっと出てきてしまうので、
部屋自体が十分広いのでベランダに全く出ないようにしてすごせば
大丈夫かなあとも思うのですがでも今こうしてブログを書いていて
手すり近くに立つことを思い出すとやはり萎える自分もいるなあと。

というわけで、最初自分が思っていた「物件の家賃の高さ」には勝てたけど
「物件の建物の高さ」に負けてしまった状態で、これは全然予想していませんでした。

んでも今冷静に考えれば「よっぱらって窓に突進すれば今の部屋でも同様に死ぬ」
「今の部屋の方が手すりの形状も高さも危険なのは確か」とも思えるので、
あの部屋の広さと景色を手に入れるために契約すればなれるのかもなあとも。

この物件自体はどこの不動産屋でも紹介可能な物件なので、
別日に別の不動産屋にお願いしてもう一度見に行ってみようか…
と思ったりもするのですが、出張の関係で一番早くても
次不動産屋にいけるのは来週の火曜日になってしまうので、
きっとこの週末あたりですでにほかの人にとられてしまうだろうなあと。
ほんと私でも「お得!」って思えた物件だったので開放的な高層階が
平気な人があの窓からの景色をみると一も二もなく決定するはずなので。

あああ出勤時にぜったいみる建物なので帰り道に部屋の明かりが
ついていたりしたら「俺が住んでいたかもしれんのに…」って
未練の心で見上げることになるんだろうな・・・完全予想外・・・。

んでもこうして落ちをつけてあきらめついた気がしているけど
でもやはりまだ「住めばなれるから契約しようよ!」
「無理なら引っ越せばいいじゃん一人だから気軽だし!
それくらいの費用をかけて賭ける価値ある物件だよ!」
などと思う自分が出てくるのもまたこれも完全予想外…あああ。

2018.01.17 Wed » 光の眠る場所


本日も櫛田神社に寄ってお参りしていると,
ちょうど神職の人が大麻を持ってお祓いをしているところで,
私も祓っていただけましたラッキーでございます。

で,そんなラッキーな気分で昨日書いていた物件を
昨日の帰宅時の夜の闇の中に探す感じではなく
昇りきった朝の光の中で見上げてみると…やはりいいなあと。

そんなこんなで今日もついつい物件について調べてしまったりして
ブログについて考える時間がなかったので過去画像にて。

今年の博多駅のイルミネーション,最終日は1月9日でした。

もうこれで来年までお別れか…と思うと名残惜しくて
いつもと同じような写真しか撮れないのもわかっているのですが
何枚もバシャバシャ撮影してしまったのでその中から何枚かを。

20180117illumi1.jpg

20180117illumi3.jpg

20180117illumi2.jpg

20180117illumi4.jpg

で,その後の出勤時に片づけをされているところに通りかかったのですが,
そこに多くのプラスチックコンテナが山積みされていたので
おそらくイルミネーションのLEDなどはここに納められるのだろうなあと。

20180117illumi5.jpg

年に1度光って人々を楽しませるイルミネーションの明かりも
それ以外の時期は光の当たらぬコンテナの中でひっそり長い時を過ごし
また地上に戻れる日を待つというのはなんだか蝉の一生のようにも思えて
なんというか年に1度の光を支えるのは長い長い闇なんだなあなどともふと。

2018.01.16 Tue » 恋に落ちて


さてどうしましょう。

いきなりあったかくなった今日の気温に心まで春めいたのか,
本日いきなり恋に落ちてしまってその人のことばかり考えてしまい
ブログネタなどを考える余裕などでてきません。

「仕事に打ち込まねば!」と恋心を振り切ろうと思ったのですが
けれども気になって気になってその人のことを検索してしまい
その人が写った画像をみてはその人との将来の生活ばかり考えてしまいます。

20180116fallinlove1.jpg

ダイニングにはどんなテーブル置こうか…
収納は多い方が良いよね玄関クローゼットキッチンにも…
キッチンはシンクの広さよりワークスペースの確保が重要だよね…
寝室はやはり南向きの方がお日様で目が覚めやすくていいよね…

一緒に住む愛の巣を空想の中で一緒に歩みながら
生活動線などをきっちりシミュレーションしていきます…

もう断られてもいいからとにかくプロポーズしたい!!!

月8万のお手当あげるから僕と一緒に住んでくださいって!!!!!

・・・・・・・・・・・・。

ということでだいたいおわかりでしょうが,本日何の気なしに見た
賃貸物件の検索ページで理想の物件にであってしまいました。

・私の住みたい博多部の町一位の町の物件!
・最上階角部屋ベランダは南西2面採光!!
・独り暮らしには十分な広さとちょうど良い程度の築年数!!!

ということもあって,月8万はきっついけど
一生に一度くらいその程度の物件に住んでみてもいいじゃないか!
とりあえず内覧だけでも!!!!!とジェットコースター並みに
高まる引っ越しモチベーションにまかせて不動産屋に
プロポーズの電話を入れようとしてはたと気づく。

同じ物件の同じ階で他の部屋も賃貸に出ている…。
で,部屋番号も出ていたのでみると,
一部屋はX01号室で,もう一部屋がX03号室(Xは階数)。

・・・・・・・・・・。

もしかして,X02号室の人が騒音主だったりして,
それに耐えかねて二部屋が出て行ったあとなのかなあ・・・。

20180116fallinlove3.jpg

・・・・・・・・・・。

なんとなく,このブログの「書いた希望は実現しない力」に頼って
恋に落ちた部屋との恋愛をあきらめるために書いた面も確かにあるのですが,
即時入居可と書いてあるならすぐに内覧できるはずなので,
一度見に行くだけでも行ってみようかな~などと。

まあ,一番あり得る結末は「南西向きの部屋は北向きの部屋に
入れさせるためのおとり物件でした~」って奴なんでしょうが。

ちなみに今日は本文にあう写真がありませんので
櫛田神社の四季を写した写真を入れさせていただきました。

20180116fallinlove2.jpg

2018.01.15 Mon » 速効のご利益!


先日のどんと焼き見学の前後の話。

見学前に櫛田神社に寄った話を書きましたが,
その時お財布に入っていたお金の最安値が100円…。

んでもこの日はいつもより大きなお願いをしたかったのもあって,
頑張って100円を入れて参拝をしましたHOWお大尽!!!

20180115100yen.jpg

で,その後どんと焼きを拝見して豚汁などをみてお腹空いたので
朝昼のご飯でも買って帰ろうかな~と祇園のマックスバリュへ。

ここ,1階のドラッグ売場と地下1階の食品売り場があったのですが,
14日で1階のドラッグ売場を閉店して地下1階に集約するために
15日19時より改装に入るのは残念無念な出来事なんですが,
そのために日頃値引かない商品が値引きしていて洗濯関係は半額!

20180115hangaku.jpg

ということで写真のものをすべて半額で購入できたのですが,
これ,いつも夜ばかり行って朝に行かないマックスバリュに
たまたま行ったから買えたのでお賽銭のご利益がすぐ出た感じかなあと。

まあでも,この明治通り沿いからは業務スーパーが撤退されて
マックスバリュも売り場が半分になられるのは残念だなあと。
んでも博多のこのあたりに関していえば住人の数が減った訳では
ないと思うし,すぐ近くに地下鉄の駅もできるから,
すぐに新しく魅力的なテナントが入ってくれるのを期待したいなと。
意外と近くにないクリーニング屋とかできると感激なんですが。

キャナルにも川端通り商店街にもないお店ができたらな…
と思ってそれを書いて終わろうと思ったのですが思いつきませんね…。

昨日はどんと焼きの写真など一杯撮れたのですが,
その後全然写真を撮れていなかったので,先日の雪の写真などを。
やはり降っているのがわかる写真はなかなか撮れないものだなあと。

20180115100yuki.jpg

2018.01.14 Sun » どんと焼きをみてきました


核家族化真っ盛り時代の新興住宅地育ちなので,
どんと焼きという行事を体験することなく育ちました。

で,今年の博多カレンダーの1月は「どんど焼き」
福岡市が各戸に配付する「福岡市政だより平成30年1月1日号」の
博多区版
でも地区のどんと焼きの紹介がされていたので,
この感じなら私が見に行っても部外者感激しくなりすぎないのでは?
と思って旧冷泉小学校のものを見に行くことに。

その前に櫛田神社でお参りを・・・と思って境内に入ると
消防団の人たちが清道の古札集積所から注連縄などを回収していました。

20180114kushida.jpg

13日の鏡開きの火にお焚き上げもするのかなあと思っていたのですが,
本日14日のどんと焼き用に持って行ったのは半分くらいなので
小正月の明日15日あたりに櫛田神社でお焚き上げがあるかもなあと。

市政だよりに「開始9時」と書いてあったので10分程度前に着くと
一般人や子どもの姿はほとんどみえず,準備されているのは消防団の人たちばかり。

20180114junbi.jpg

部外者感にあふれていて見学は遠慮した方がよいかと思ったのですが,
んでも目の前にはいつものなじみのある自宅もみえていて
疎外感と親近感が入り混じる不思議な感覚を体験していると
冷泉公園等にいた子どもたちが入場してきて俄に活気づきました。

市政だよりの記事で「博多小の子ども山笠の人形は,3年間保存された後で
このどんと焼きでやかれるのを,中学生になった生徒たちがみにくる」
というイベントでもあることを知ってから,地域のつながりメインで
動いてきた小中学校の時期を終え,高校受験を経て地域活動から
離れる前のイベントなんて素敵だな~~~と思って見学意欲が増したのですが,
自分の若い頃を思いだしたらその時期に地域のイベントには
恥ずかしくなって出たくないのも確かだろうので中学生の数はまばらでしたが,
おそらく子ども消防団の子どもと先生に引率された博多小の子たちが
来場されたので開始時には結構子どもはいたかなと。

博多カレンダーに「寳照院住職によるご祈祷」とあったので調べてみると
「お寺めぐりの友」HPに詳細が紹介されていて
もとは修験道の寺院だったそうなので修験道によるご祈祷だったのだと思われます。

20180114kitou.jpg

私のような知識のない人間には『孔雀王』みたいで格好良い!
などと思っていたら子どもたちに火を付けるための松明が渡され
あっという間に点火されました。

20180114tenka.jpg

初体験のどんと焼きでびっくりしたのが,竹の爆ぜる音が
かなり何度も鳴り響くことでこれは元気になって良いものだなあと。
これは写真では無理なので動画をあげておきます。



20180114keirei.jpg

で,ほどなくして消防団の人たちが敬礼していったん締められると,
その後豚汁やぜんざいの配付があったようでみにいくと
やはり寒い中のあったかい汁物はだれの心も温かくするようで,湯気の向こうで
子どもたちがすごくいい笑顔で受け取っていたのが印象的でした。

20180114tonjiru.jpg

で,結構あっという間に山と積まれた正月飾りが燃え,
その中にあった山笠人形も天城越えレベルで燃えていったのですが,
人形の中央にあったのであろう金属の心棒が残るのは当然として,
標題を書いた板が残り続けていたのをみてふと火に具象は消えども
書かれし抽象は残れりなんて思いつつその場を離れました。

20180114hyoudai.jpg

2018.01.13 Sat » 最南端で最泣いたん

今日は寒さはそこまでではなかったですが仕事で忙しかったのでネタの収穫ゼロ!
ならばせめて南国のあたたかさを堪能していただけたらとと思って
先日の鹿児島帰省のお話です。

開聞岳をみた後で指宿方面に戻ろうと車を走らせていると,
日本最南端のJR駅という看板を発見。

沖縄にゆいレールがあるのでJRでの最南端になりますが,
それでも風情ありそうだなあと思って行ってみると,
レールの向こうに開聞岳がみえるナイスロケーションでした。
名前は西大山駅というそうです。

20180113sainantan0.jpg

で,時刻表を見ると10分程度待てば電車がくるので,
どうせなら電車も一緒に撮影するぞ~と思って待つことに。

20180113sainantan2.jpg

ここに電車が入ってくると良い感じに写りそう~~~
などと思って電車がくるのを待っていると。。。。。

同じように考える人が多いみたいで後から後から車が増え
さらには大型の観光バスがついてホームはごった返して
結局撮影できたのはこんな写真。・゜・(つД`)・゜・。最泣き!

20180113sainantan3.jpg

まあでも今回は観光バスとはちあったからここまでの大人数だったわけで,
そうでなければも少し風情ある写真撮れると思いますので,
指宿観光などされるかたはこちらに寄られると良いと思いますよ~と。

2018.01.12 Fri » 春の入り口


今日も寒かったですね~~~~~(((((((((つД`)))))))

いつものように櫛田神社によると手水が凍っております・・・。

20180112temizu.jpg

さすがに手水全部が凍るなんてことはありませんが,
何度くらいまで下がると手水が凍るんでしょうかねえ。

博多部での鏡割りは11日にするところが多いみたいですが,
博多カレンダーによると櫛田神社の鏡割りは13日固定のようです。

20180112kagamimochi.jpg

鏡割り自体は神事として氏子さんたち120名とかで行われるようなので
様子を見ることは不可能ですが,おそらくこの大きな鏡餅ではなく,
神様に奉っていた鏡餅をぜんざいとかにして食べるのかなあ~
などと思うのですがどんな感じなのかなあと。
おそらくメディアが入ると思うので明日西日本新聞のHPを期待してみようと。

でもまあ鏡開きは無理でもお焚き上げの様子なら
外でされるだろうし結構時間もかかるだろうので
通りすがることはできるだろう~~~と思っていたのですが
13日は1日仕事が入ったので灰になった段階もみられない予定。・゜・(つД`)・゜・。

まあでも,こうして震える日々がつづきますが,
手水舎から本殿に向かうところの梅の木の花が
ちょっこり膨らみはじめたりして春の気配も感じられたかなあと。

20180112ume.jpg

明日からセンター試験のようで,まだ1次だから
受験という冬の入り始めのように思えるでしょうが,
梅が花咲くように天神様のご加護もいただけると思って
安心して春に向けて頑張って欲しいなあなどと。

「受験に関して縁起の悪すぎるお前の応援は逆効果じゃ!」
と思われそうなので本日はここまでにて。

2018.01.11 Thu » 2000円のラブレター


「予定を書くと実現しない」ことの多いこのブログですが
昨日は強い風雪にも負けず夜の十日恵比須神社に行ってきました。

こんな寒い中きているのなんて私くらいだろう,
なんて思って参道近くに来ると人!人!人!で,
博多の皆様の商売繁盛への熱意に圧倒されました。

20180111tookaebisu1.jpg

まあでも私の一番の目的は「鯛の縁起物で新顔がないか?」で,
先日住吉神社でGETできなかった黒い鯛「黒字になる鯛」が
あればな~なんて思っていたのですがさすがにそれはなく,
「めで鯛」は例年通り大と小の2種類があるのみでした。

20180111medetai.jpg

もうすでに大きいめで鯛2匹いるので小さいのを買おうかな…
と思ってみても「大は小を兼ねる」で小は別に良いかなあ…
とは十日恵比須神社に行く前から思っていて,
当初は中村信喬先生作の「えと恵比須」を買う予定だったのですよね。

20180111etokioku.jpg
(おぼろげすぎる記憶をたどって描くとこんな感じ)

これ,どなたかのtwitterか何かで写真を拝見したのですが,
「鯛に恵比須様がのる」今年の十日恵比須神社のポスターに似た感じで
今年の干支の犬に鯛をかかえた恵比須様が載る人形で,
そのかかえられた鯛の表情とかがかわいらしかったので,
「これを買って帰ろう!」と思っていたのですが・・・売り切れ。

20180111soldout.jpg

あの完成度で小800円はそれはすぐ売り切れるよな…
大3000円はまだあったのですが少し大きすぎて置き場がない…

さてどうしよう…その他の鯛グッズはもうそろえているし…
などと望月教授のABC予想よりよっぽど難易度の高い問いについて
宇宙際鯛ヒミューラー理論を援用しつつ思案にふけっていたのですが
代わる代わる福引きの景品を持って行く人たちをみてふと解脱。

福引きで当たる「めで鯛」が新しくなっている!

これまでは私も持っている,写真の「鯛の形そのまま」のものだったのですが,
福引きで当たる鯛は「えびす面」に似た感じで平面の板に鯛焼きっぽい
浮き彫りっぽくつくられた鯛が貼られているというもので作りが良い感じです。

あああこれ欲しい・・・・・・・。

んでも十日恵比須の福引きの景品の種類は,
なんでも調べてあるすごい本『新編福岡市史』のp.41,42によると,
平成23年実績で,「大福よせ」「福よせ」「福俵」「宝船」「福小槌」
「福起」「福満」「福差」「水明」「福尽」「日毎」「福暦」「福袋」
「御姿」「御神酒」「福杓子」「大判」「延寿」「延命茶」「算盤」
「えびす面」「福干支」「金蔵」「桝々繁盛」「福すくい」「目出鯛」の27種。

しかも,27種と云ってもやはり大当たり中当たり小当たりがあるはずで,
結構作りの良かった「NEWめで鯛」は中当たりくらいだろうから,
大当たり中当たり小当たりそれぞれ9種と仮定して
あたる確率の比率を「1:2:3」とすると中当たりのNEW目出鯛があたるのは
「(1÷18)×(2/(1+2+3))」で「1/54」になるのでしょうか???
(高校時代代数幾何も馬鹿でしたが確率統計も馬鹿だったのでわかりません。)

住吉神社の鷽かえの福引きも「赤黒金いずれかの目出鯛があたる確率」だと
「(1+1+2)/300」なので「1/75」程度でかすりもしなかったので
それよりほんの少し確率が高いだけのNEW目出鯛もあたるはずもないわな~
とは思ったのですが,年に1度の機会に何も持たずに帰るのはいやだと思って
2000円の初穂料でチャレンジしました福引き!!!!!

20180111fukubiki.jpg

で,福引きががりの人があたったものを声に出して言ってくれるのですが,
「まんぷく~」と聞こえてきたので,目出鯛はあたらなかったけど,
食べ物好きとしては「まんぷく」はいいじゃないか~と思いつつ
何がもらえるのかと思ってみると…大きな団扇でした。

みなさま思い出しましたでしょうか昨夜の凍てつく強風を。
あの中を巨大団扇を持って歩いて帰ることの大変さ大変さ。
しかも御笠川を越えたのですが,河口近くの川を
吹き荒れる風のすごさを痛感した帰り道でした。・゜・(つД`)・゜・。

まあでも,やはり「大きいことは良いとこだ」で,
飾ってみると部屋がものすごくおめでたい感じになるのは確かなので,
「どうせあたらないし」と思って福引きやめなくてよかったなあと。

20180111manpuku.jpg

こんな感じで今年は最初からおさえてしまわずいろいろチャレンジしていきたいなと。

2018.01.10 Wed » 極寒の日にあたたかいものを


こんなに寒くて雨雪混じりの強風が吹き荒れると
カメラ取り出す気にもなれないので写真がなくてネタもなし。

ならばせめて写真だけでもあたたかくなりましょう,ということで,
正月に撮ってきた鹿児島の通称薩摩冨士,開聞岳の写真をどうぞ。

20180110satsumafujinagasakihana.jpg

で,この長崎鼻の海岸から臨んだ薩摩冨士の写真を見て,
静岡の由比ヶ浜あたりからみた富士山が思い出されたので,
調べてみると安藤広重が東海道五十三次の由井で描いた光景は
「薩埵峠」というところからの景色になるみたいですね。

で,「薩埵」という文字に薩摩の薩が使われていたので,
もしかして鹿児島と関連が???と思って調べてみましたが,
薩埵は「さった」と読んで仏教用語の有情,衆生などの意味があったり,
菩薩の意味があったりするので薩摩とは関係なさそうでした。

で,菩薩さまなら「大菩薩峠」に近いのかなあと思って,
大菩薩峠がどこにあるかと思って調べると山梨県の塩山市で,
静岡と山梨って富士山の領有権を巡って仲悪い県だよなあ…
と思って地図を開いてみると,
静岡の「薩埵峠」と山梨の「大菩薩峠」を結ぶ直線の
ちょうど中間くらいに富士山の山頂があるのをみつけてちょっと興奮。



そんな感じで薩摩冨士と富士山の光景との類似を書いていくと
イッシーで有名な池田湖からみる薩摩冨士は
河口湖からみる富士山に印象が近い感じがします。

20180110satsumafujiikedako.jpg

池田湖手前の菜の花畑からの光景は富士吉田から山中湖に
出るところあたりに似ている感じかなあと。

20180110satsumafujinanohana.jpg

ということで南国の冨士の写真で心をあたためたので,
今日はこの辺でブログを終えて十日恵比須に出撃予定です。
あまりに雨風が強くなったら明日にしますがどうなるやら…。

2018.01.09 Tue » 元気が出る噴水

一の位十の位百の位,神職の人が一等の当選番号を
一桁ずつ読み上げていく盛り上がりの雰囲気の中,
すでに一の位から外れていた私は心の中でため息をつき,
けれども当選者が出る前にその場を離れるなんて大人げないことを
新年の最初からして今年を台無しにするわけにはいかないので,
皆を応援するような笑顔を浮かべているつもりで立っていた。

目の前の妙齢の女性が,連れ立ってきた友だちに「え…,え…」
と声をかけ,そして最後の数字が読み上げられたとき,
「きゃっ」と短く声を上げて,暗い境内の中表情はみえないが
かすかに浮かぶ体の動きだけでも伝わるうれしいびっくりの仕方をして
輝く舞台の方に駆け寄り笑顔で「今年の抱負は?」という問いに
答えてから起こった境内の拍手があちこちから鳴れば鳴るほど,
私の心はその振動に打たれ萎縮し,スクランブル交差点の
四方八方に急ぐ人の流れに取り残されたような独りを感じた。

20180109usokae.jpg

「比べて私は・・・表参道を歩ける存在ではないな…」
と心の中でつぶやいて,鬼すべの火に供える消防車を
入れるために開けられた臨時の出口より住吉神社を離れ,
心のかすみを映したように煙ぶる空から放たれる
冷たい小雨を体に帯びながら音などないオーケストラ通りを歩いた。

・・・・・・・・・・・。

すみません後で載せる写真だけじゃ寂しいなと思って
小話と思って小説口調で書いたのですがえらく長くなっても終わらず,
時間が無くなったので結論を書くと,雨を避けるために
キャナルの中を通って帰ったのですが,まだ早い時間だったので
噴水ショーがあって,せっかくの機会だからとみてみたのですよ初めて。

20180109fountainshow3.jpg

いやはや想像以上にゴージャスでいいもんですねキャナルの噴水ショー。
おかげで住吉神社で体験した寂寥感を光でみたすことができました。

20180109fountainshow1.jpg

昼間にみた記憶はあったのですが,昼間だと水しかみえないので,
それにあわせて喜ぶ子どもがかわいらしいな~てな感じなんですが,
夜は建物全体がイルミネーションでライトアップされている中で,
噴水の水がいろんな色でライトアップされるのでゴージャスさが増すのだなと。

20180109fountainshow2.jpg

公式HPを拝見すると17:30~22:10までが
夜のライトアップあるようなのでお近くの人は是非是非って,
キャナルがオープンしてから早二十年以上とのことなので,
地元の人には当たり前の光景なのかもしれませんが。

20180109fountainshow5.jpg

2018.01.08 Mon » 新春初泣き。・゜・(つД`)・゜・。


昨日は博多駅から自宅に向かわず住吉神社へ。
1月7日と言えば久留米の鬼夜と太宰府天満宮の鬼すべ・鷽かえが有名で,
後者はさだまさしが『都府楼』でその情景をうたっておりますが,
同じ神事が住吉神社でもあると知ったので拝見しに行くことに。

基本的には1月7日は「追儺祭」の日にあたり,
その中の神事として豆まき,鬼すべ,うそ替えがあるようです。

祓いの言葉を上げられるときに,櫛田神社だと宮司さんが
あげられるなど,基本「一人であげられる」のが多い気がしますが
住吉神社だと5名程度の神職の方が同時にあげられていたのが印象的でした。

で,祓いの言葉などが終わると境内の明かりがすべて落とされ
闇に包まれた本殿の奥より豆まきをする声が聞こえてきます。
町中の神社なので街灯などの明かりで境内はまだ目がきくのですが
拝殿の中はやはり真っ暗なので鬼は外の声と
まかれて跳ねる豆の音だけが動くのを追っていると
拝殿の中で鬼は外と高らかに2回唱和したのちに
別の人が低い声で福は内と4回唱和するのがくり返されていました。

拝殿を出てからは鬼は外の回数の方が増えた気がするのですが
あまり法則性はみつけられないままみていると,
大きな火のともった松明が拝殿の中に巡らされた後に
境内に穴をあけて集められていた古札の山にともされると
おどろくほどあっというまにわっと大きく高く燃え上がりました。

その後,ちょっと順番は忘れましたが
宮司さんが矢を放ったり火に向けて刀で切ったりなどと
子どもが鬼を追いかけて鬼を結びつけて退治するなどの
神事が行われてから鷽かえに移りました。

で,鷽かえ,鷽の木人形を人ととりかえる神事という
知識自体はあったのですが,その取り替えた鷽に番号があって
福引きになっているというのは全く知りませんでした。

でも基本的にくじ運がないのは自覚していて,
これまで自費で宝くじを買ったことがないくらい
くじについては興味関心のない私なのですが,
でも今回は違います!文字起こしするのでこの景品をみて!!!

20180108keihin.jpg

六等 五本 神矢 神菓
五等 三本 清酒 神矢 神菓
四等 二本 清酒 神矢 神菓 干支土器

と,ここまではいいのですが…

三等 二本 めで鯛 清酒 神菓 神矢

おおお最愛の鯛の縁起物が景品とは!
んでもこのめで鯛は十日恵比須神社で3000円で頒布しているので,
昨年すでに2鯛GET済みなのはブログで書いたとおりなので平気!

ががが!!!

二等 一本 銀鷽 清酒 神菓 めで鯛
一等 一本 金鷽 清酒 神菓 めで鯛

って,銀の鷽も金の鷽もいいのですが
二等のめで鯛は普通の赤い鯛ではなくて黒!で「黒字になる鯛」!!!
そして一等の鯛は金色の鯛で「金運上昇鯛」!!!!!!!!!!!!

20180108medetais.jpg

先日,鯛を釣り上げるおみくじがあることを書いておりましたが,
その巨大バージョンは当然手に入るはずがないと思っていたのに,
まさか福引きで当たる可能性があるとは!!!!!!!!!!

ということで喜び勇んで「替えましょ替えましょ♪」∞と
ウキウキ気分で鷽を替えた・・・・というのは正直うそ,
「あの黒か金の鯛が欲しい!」という純粋で素直な気分の高まりはあれども,
「300分の1の確率であたるはずなどない」という悲観というか
「見つめて自覚しろよ現実を」感にさいなまされていくので,
くじ引きが進むにつれて気分は高揚することなくだだ下がりで,
昔々「お父さんが早く帰ってきたら遊びいけるのに!」なんて思いながら
遅い時間に飲んで帰ってきた父親をみたときのような寂寥感にさいなまれつつ
一応最後までくじ引きをきいておりましたがやはりあたりはしませんでした。
てか,一等は私のすぐ前の人があたったんですがね…50cmのずれ。・゜・(つД`)・゜・。

この辺,釣り上げるくじの宣伝用として「一般人には手に入らないもの」
として設定されていればまだこの寂寥感はでないのですが,
「くじで誰かはあたる」のに「くじなので努力のしようも無い」ので
「あああ神意の前に人はなんて無力なんだろう!」とか思っていけませんね。

なんというか,あるアイドルにあこがれていて,
当然アイドルとつきあえることなどないのもわかっているし,
すごいイケメンなどと結婚したとしても平気でお祝いできるけど,
イベントなどで「このくじに当たった人と付き合います!」
なんてされて実際にくじの当たった人と付き合っている姿をみせられたほうが,
正統なイケメンにつきあわれるほどよっぽど
心の傷が強い感じに似ていると思うのですがわかってもらえるでしょうか?

って,そもそもいい年こいたおっさんが景品の鯛がはずれた哀しみについて
まさかこんな長い文章を書くとはどなたも思わないでしょうが,
んでもなんというか本当に「くじ」で決められることが自分は苦手で,
そういう意味でcontrollability希求が強いんだろうなあなどと。

で,基本的にこのうそ替えの神事はうそに300本くじがついているので,
「くじをたくさん買う」をすると鷽かえ神事に支障が出るので不可能,
ならば他にGETできる機会が無いのかと探してみると…
ブログ「シャミセンのぶらり日記」の奥さんがあてられた報告が!
https://ameblo.jp/20hayabusa08/entry-12234713979.html

その他の神社でのGET情報がないので,この黒い鯛は
今の所住吉神社でしかGETできないのかと思えば絶望的ですが,
かすかな希望としては「鷽かえではなく初詣での開運福みくじ」であたられていること。

なので,住吉神社で福みくじがある機会を狙って通い続ければ,
鷽かえ以外の機会でも手に入る可能性もある気がするし,
先ほどのブログの写真を見ると,黒い鯛も頒布している可能性が
あるように思えた気がするので,もうちょっと情報を探ってみたいと思います。

こんな事書くと「そんな無益な欲求は神様の火で焼いてもらえ!」
とつっこまれそうですが,意外とこういう「欲しい」は
いろんなやる気につながる気がするのですがどうなのかなあと。

20180108fire.jpg

・・・・・・・・・・・。

と,ここまででWORDのデフォルトでA4用紙3枚分書いております…。
ブログの文章なので改行は多くて文字数自体は少ないのですが,
この情熱を仕事にも活かせたら少しは評価も上がるだろうに…。・゜・(つД`)・゜・。

2018.01.07 Sun » 福岡vs.鹿児島


年末年始に鹿児島の親の実家に帰省した際,
降りたのは実家に一番近い新幹線駅だったのですが,
乗ったのは鹿児島中央駅からでした。

年末年始は閉まっているお店が多いので,
鹿児島中央駅を利用することがほとんど無かったのですが
今回利用して初めて「駅前のイルミネーション」をみることができました。

20180107kagoshimaillumi3.jpg

今調べると名称は『KAGOSHIMA CENTRAL ARC』というもので,
これで2年目にあたるようです。

親の実家に一番近い新幹線駅などは人口も少ないので
電気はいっぱいあってもイルミ自体は・・・なのですが,
鹿児島中央駅のイルミは,なんというか「よそにはない工夫」がある感じで,
予算などは博多駅に及ぶはずもないとは思うのですが
及ばずとも遠からずの素敵さがあるように思えました。

20180107kagoshimaillumi1.jpg

博多駅のイルミは青が基調なので,青好きの私の好みなのですが
やはり青は光量が弱く感じるようでLEDの数の割に目立ちにくいのに対し,
鹿児島中央のは金色なので膨張色的にはたらいて
LEDの数が少なくてもゴージャスな感じになるのかなあと。

あと,メインが天井におかれているので,見上げる行為をすることで
自然とイルミに対しての敬服的な心情がわき上がって,
それでイルミ全体を良いものと思いやすいのと,
幾何学的紋様を連ねることで狭い空間に拡がりを感じられるのと,
少し神戸のルミナリエ的イメージを得ることができているのかなあと。

まあ,一番の理由は「駅前に木が無いから博多駅や東京の
イルミのように木にまきつける事ができない分,
単なる劣化コピーにならずに済んでいる」のだろうと思いますが,
本籍が鹿児島の人間としては鹿児島にも頑張って欲しいなあと。

20180107kagoshimaillumi2.jpg

2018.01.06 Sat » 福岡市消防出初式をみてきました


福岡市消防出初式をみてきました。

10時開催で最初の分列行進はみたかったのですが,
その後は市長や県知事の挨拶などが30分ほど続くので遠慮させていただき,
10:45からの演技の部に間に合えばという感じで会場のマリンメッセに。

最初サンパレスについたときにいっぱい人がいたので
「これみんな出初式の見学者???」と一瞬思ったのですが,
ラブライブ!サンシャイン!!のAqoursのライブがあって,
その前の物販かなにかで来ていた人たちのようです。
東條希とかは知っていますが新しいバージョンの模様です。

で,出初式の会場のマリンメッセについたらちょうど
インスタ映えしそうな一斉放水が終わったところで残念無念。

20180106dezome3.jpg

で,会場に入って音楽隊ドリル演奏を聞くと救助訓練が始まって会場が暗転。
なんで救助訓練なのに真っ暗にするのかなあ???と思っていたら,
ロープを使って人力で天井まで昇るところや懸垂降下をサーチライトで照らす
演出があってキャッツアイでもみている感じで格好良かったです。

20180106dezome6.jpg

20180106dezome4.jpg

まあでもほんと同じホモサピエンスのはずなのにこの人たちは
なんでこんなことができるんだろうと感心しきりでした。

で,その後纏会による消防伝統技術演技。

20180106dezome2.jpg

はしご乗りなどの大技などに注目が行きがちですが,
観客席でみていた消防団OBと思われるおじさんが
「あれ,ずっともってるだけでもすごいつらいんよ」
等と言っているのが聞こえてきたので確かにそうだろうなあと。

20180106dezome7.jpg

最初「子どもはあきるだろうからヒーローショーなどあれば」
などと思っていましたが,ロープを昇る所などは子どもの歓声もあがり,
太鼓などに合わせて踊ってしまうのを親にたしなめられる感じだったので,
はしご車試乗とかだけでなく演技の部もお子さん必見だなあと思いました。

あと,光と闇の演出とかもきれいで劇的なので,
そのあたり親御さんも満足できるイベントだと思うので是非是非。

20180106dezomelast.jpg

2018.01.05 Fri » おみくじの結果


みなさま「おみくじ」をひくのは好きでしょうか?

私の場合,けっこうな「気にしい」だったので,
悪い結果が出ると折に触れてそれを思いだして
う~んとなってしまうのでこれまであまりひいてきませんでした。

しかし年を取って物忘れが激しくなったので,
悪いことが書かれていても覚えていられなくなったし(笑)
魅力的なおまけがついてることも増えたので
最近では楽しんでおみくじをひくようになってきました。

んで今年,櫛田神社のおみくじをみてみると
「櫛田神社 特別謹製 博多良縁みくじ」が出ておりました。

20180105ryouenmikuji1.jpg

博多祝いめで鯛のおいさときおいの根付お守り入りで300円はお得!
とは思うものの,もうこの年で「良縁」はないよなあ・・・・・
などとほんの少しためらったのですが,その後の説明文で

「人・物・事」の「縁(えにし)」
良い方向へと導きます。


とあるので,「恋愛だけじゃないよ~」と思って迷わず引かせていただきました。

20180105ryouenmikuji2.jpg

あとでくじをじっくり見ると以下のような文章も書いてあり,
なんというか私のようなKKOへの配慮が結構ある文章だなあと。

20180105ryouenmikuji3.jpg

で,中をあけてみると・・・なんと大吉できおいちゃんも満面の笑み。

20180105ryouenmikuji4.jpg

で,良縁への道しるべを読んでみると「本ば開いてみらんね。」
とあって,その後の指針も現在ブログで目指していることに近いかもと。

20180105ryouenmikuji5.jpg

で,その後の具体的な項目もすべて良い感じ…

20180105ryouenmikuji6.jpg

で,ついてきた根付けも300円なのに細かく立体的な加工がされていて
「良い仕事してますね~」といいたくなるものなのでオススメです。

20180105ryouenmikuji7.jpg

まあでも今年はいろんな縁(えにし)をたどることで
「いにしえ」からの流について知りながら
そこで得た見聞を写真や図表などの「絵にして」行きたいなあと
思っていたのは確かなのでそのための勇気をもらえた気がします。

さてほんと今年はいろんな縁を拡げるために頑張るぞ~と。

2018.01.04 Thu » 博多部の玉せせり


昨日筥崎宮の玉せせりを見に行って撮った写真をブログに上げました。
で,ネットでどんな感じで報道されているのかな~と調べてみると,
今回は朝日新聞DIGITALが9枚も美麗な写真を載せてくれているので,
格好の良い玉せせり写真をご覧になりたい方はこちらからどうぞ。
https://www.asahi.com/articles/photo/AS20180103001289.html

プロの写真を見ると眼福なのは確かではありますが,
上手に撮る才能のない自分を自覚してみじめな気分になるのも確かなので
「ならば,新聞社さんが興味を払わないネタを調べて自尊心回復!」
と思って,「博多の玉せせり」について調べてみることに。

最近頼りまくりの『新修 福岡市史 民俗編一』の
【福岡市歳事暦p.292】をみると筥崎宮以外の玉せせりについても記述がありました。

〇恵比須祭 東区大字弘 恵比須神社
かつて子どもたちによる「玉やれ」が行われていたが,現在は祭典のみ

〇恵比須大祭 西区今宿一丁目10-32 二宮神社
赤い褌姿の子どもが,4つの組に分かれ,木製の玉を持って家々をまわる
「玉せせり」を行う。迎えた家では玉に神酒をかけ,子どもに菓子などを渡す。

〇玉競祭 西区姪の浜三丁目5-5 住吉神社
事代神社(西区愛宕浜)での祭典の後,玉を受けた
締め込み姿の漁師らが,姪浜の町中で激しく玉を競り合いながら
住吉神社へと向かい,神前に奉納する

このうち,姪浜の住吉神社のものは存在を知っていて,
今調べたら2017年の様子がYoutubeに上げられていました。



で,その他にもないかなあと同じ福岡市史に再録されている
【『博多年中行事』再録p.481~482】を読んでみると発見。

〇沖浜夷祭 博多大浜本町沖浜夷祭
 三十年位前までは(本の販売が昭和十年なので明治四十年くらいか)
この町内の子どもが集まって水茶屋を経て中島町の夷堂へ行って
玉せせりをし,道々夷神の絵像を配った

〇磯崎宮玉取祭 糟屋郡新宮町磯崎神社 午後二時から玉競祭がある。
これは周囲一尺五寸の丸石を砂に埋めて,二組の若者が之を取り合ふのである。

〇筥崎宮玉取祭 筥崎宮の玉せせり

〇(旧三日)官内町玉競 博多官内町の子どもは同町阿弥屋伊三郎の
網にかかった雌雄の二箇の木玉をせり合った。
子どもは裸に新兵児を締め前鉢巻で大浜の海岸で玉を洗って,
蓮池,中小路,竪町,大浜,金屋町,横町等をせり歩いた。…(中略)…
十日まで子ども頭の宅に祭って通夜をして千ざいろうをして歩いた。
…(中略)…十日は東公園の夷堂に供へ

〇姪浜事代神社玉競 先述の姪の浜玉取祭

大浜や官内の町名があることより,博多部にも昔は玉せせりがあったんだなあと。

20180104tama.jpg

で,博多部の玉せせりについて調べるために,博多祇園山笠振興会が
1975年に出した『博多山笠記録』の博多津中年令階梯制の箇所をみると,
明治三十年前後の生まれの人たちの回想をもとに博多部の玉せせりについて
記述した箇所(p.8~9)があって,博多部の多くの町で行われていた
玉せせりにかんする記述が多くあったので表にまとめてみました。

20180104tamaseseritable.png

要約すると

・博多部の全域で玉せせりがなされていた
・主役は小学生くらいであって大人はしていなかった
・競るよりかは「家々をまわって玉をお届けする」感じ
・玉に御神酒をかけ,御礼にお菓子を子どもがもらう
・玉は大小2個のことが多く,雌雄の特徴を有するものもあった
・恵比須神社との結びつきが強く,玉は海からのものが多い

などの共通性があるように思われました。

20180104guuji.jpg

筥崎宮の玉せせりは,子どもの玉せせりも存在しますが,
大人の競り合いで豊作を占うなど,「大人が主役」なのに対して
博多部の玉せせりはどちらかというと「子どものおつかい」的なものかなと。

これは完全な妄想なのですが,博多部には山笠があるから,
「町同士で競り合うことで町内の団結を高める機能」は山笠に集約されたのに対し,
筥崎などではそうした機能が玉せせりに集約されたため,
筥崎宮の玉せせりは勇壮なものとして維持されたのかなあなどと。

まあでも,こうして博多部の多くで玉せせりがされていたのなら,
どこかの神社のお社などにまだ残っている玉があるかもしれないなあ~と。

2018.01.03 Wed » へたくそ初め


正月の櫛田神社,当然初詣客の行列ができて満員御礼でございますが,
参拝の列以外の境内はそれほど混んでいるわけではないので,
3日10時からの「元始祭」の様子を拝見することができました。

防寒酔うと思われるベールが下ろされていて
中の様子はあまりわからないのですが,
お酒や鏡餅や鯛を神様に捧げる神事が確認出来ました。

20180103kagamimochi3.jpg

その場では気づきませんでしたが鏡餅を持っている人,
眉やもみあげの整え方がすごくきれいで表情も
お公家さんみたいなので神楽とか担当される方なのかなあと。
そう考えたら櫛田神社の神職の方々って,
巫女さんは本日も浦安の舞を奉納されてましたが,
男性陣が神楽などを奉納されることはあるのかなあと。

20180103urayasu.jpg

20180103meotoebisu.jpg

その後11時よりの夫婦恵比須新年祭を少し拝見してから
住吉神社で正月の松囃子が開催とのことだったので
見に行こうと思っていたのですが忘れ物をしていたのに気づき,
戻っていたら時間が無くなったのであきらめて玉せせりに直行。

参道の両脇のうち,カメラマンが多くいるのは「天神側」なので,
天の邪鬼というか他のカメラマンに馬鹿にされるのをおそれて
私はいつも「箱崎側」で撮影するのが主でございました。

んでも今年の目標として「も少し前に出て行こう」というのがあるので,
カメラマンの多い「天神側」に行って,なんなら他のカメラマンと
話でもしようかと思って参道に乗り込むと…すでに「天神側」は満員。
余裕を持って行ったつもりだったのですが,ここ数年どの祭も
昔にくらべて混雑度合いが増してきた気がするので,
玉せせりもご多分にもれずで,結局いつもの箱崎側で撮影することに。

で,待っているときに一番びっくりしたのがこれ。

20180103chikaramizu.jpg

半紙に墨で書いたのであれば確実に溶けるはずですが,
こうして溶けもせず表面に浮かんでいるのはどんな素材なのかなあと。
山笠の勢水のバケツにもこれがあると面白そうですが。

で,肝心の玉せせりの写真ですが,ほんと動きもの苦手なので
撮影している時点で「ダメだなあ」と痛感してしまうレベル。

バレーボールのアタックとブロックみたい・・・。

20180103volleyball.jpg

これを九十度回転した角度で撮影できていたらなあ…

20180103tamaseseri2.jpg

んでも,今年は力水をかける人がうまい感じなので,
いかにも玉せせりらしい「力水の舞い散る姿」は撮影できている!
とそれだけを励みに撮影して,最後の玉を神職の人に渡すところを撮影!
これは良い写真が写っているはずだ~~~!!!と思って戻って
今確認してみた写真がこちら。。。。。

20180103lastpass2.jpg

いや・・・その・・・力水は写ったけど・・・
力水で肝心の玉を収めているところがわからない。・゜・(つД`)・゜・。
こっちはまだ渡す前の写真なので「完了」感にとぼしいですし・・・・・。

20180103lastpass.jpg

ということで今年もまたど下手な撮影で終わってしまいました。

まあでもこれが毎年の「へたくそ初め」なんでいいかもとは思いますが
今年こそは山笠写真コンテストで「入選」を目指したいので,
うまい人に教えてもらって独学の徒手空拳を脱するのを目標にします。

2018.01.02 Tue » 新春お年玉クイズ!


新年明けるとセンター試験を皮切りに入試シーズン真っ只中になりますが、
数年後にセンター試験がより思考力重視の問題になるようですね。

「大学入試が変われば小中高での教育も変わる」と考えられているそうで、
「鯛は敵で不快」なんて鯛好きには許せない学習形態が推奨されるみたいなので、
「うちの子はまだまだ入試なんて」といわず対策が必要になるご時勢かなと。
(念のため書いておくと「鯛は敵で不快」は「対話的で深い」です)

なので小学生で学ぶ知識を用いた思考力クイズを出すので解いてね!

問1 ある中年男性が正月にすることもなかったようで
以下の2枚の写真をブログにあげました。
この写真からわかる自然現象について説明しなさい

20180102hi1.jpg

20180102hi2.jpg
   
答えは、「雲の隙間からこぼれる光芒が1枚目は上向き、2枚目が下向き
なので、おっさんは初日の出をみられなかった」が正解!。・゚・(つД`)・゚・。

ちなみに「太陽の動き」は小学校3年生理科で学ぶそうです。

では、続いての問題。今度は思考力の前段階の知識問題です。

問2 タイトル、作者、出だしの組が間違っているものを選べ

あ 井伏鱒二 山椒魚 山椒魚は悲しんだ
い 梶井基次郎 檸檬 あの日湯島聖堂の白い
う 芥川龍之介 羅生門 ある日の暮方のことである
え 宮沢賢治 永訣の朝 けふのうちに とほくへいってしまふ
お 

で、ここらで思考力を問う問題を作ろうとして、
「ブログに2枚の写真をあげた中年男性の心情に近いものを
記述した文学作品を問2より理由を挙げて選べ」というのを考えたのですが
正解が思いつかない・・・・・。・゚・(つД`)・゚・。

「初日の出が見える隙間と脱出のための隙間」
「みたいものがみえないのと出たいのにでられない」、「悲しんだ」の出だし
などとの類似により『山椒魚』を答えに選んでしまう人が多いと思います。

んでも『山椒魚』で記述されたものは「出たさ」そのものではなく
「出口と言う直截的な解法が存在しない状況にいる存在の悲しみ」
であると思うので、「みたかった初日の出が見られなくて残念無念」と
「年の最初からこんな感じかあ~やっぱ運のない人間ね私は」
という正解としての中年男性の心情と『山椒魚』は全然違うなあと。

これを引っ掛けの選択肢に出来そうな単純に「残念無念」を記述した
国語の教材をあげて終わろうとしたのですが探せませんでした…

しいて言うなら『永訣の朝』の中の「生を願えどもかなわない無念」の方が近いし
中島敦の『山月記』とかあたりも近そうだけどどちらも正解には遠いわなあと。

『今年は面白いブログを!なんていってながらまたこんな中途半端な』と
あきれられた人も多いと思いますが、このネタなんだかんだで
2時間くらいいろいろ考えてのこの結果なので、思考力を問う問題って
「皆が納得いく正解」をつくるのってすんごい難しそうだなあと
思えただけでも自分にとってはいい経験だったのでお許しいただけたらと。

初日の出はみられませんでしたが綺麗な初日の入りはみられました。

20180102hinoiri.jpg

写真とれませんでしたがすんごい綺麗なスーパームーンの初月の出も
みられて月の砂漠気分でルンルンドライブできたので今年は良い年になりそうだなあと。
09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif