青春の味ふたたび
2017/01/31(Tue)

朝の出勤時,ちょっと時間に余裕があったので
博多川でコイキングでも釣るかと櫛田神社の西門からでると,
キャナルに向かうエスカレーターに乗る人がみえました。

まだ9時前だけどキャナルは入れるんだなあと思って
夜ではなく朝でひとけのない中でのうぃんど~しょっぴんぐも
いいもんだなと思って歩いてみることに。

さしずめ私ならティファニーじゃなくパパスで朝食を
てな感じかなあと思いながら通り過ぎてEASTに移動すると,
目に入ってきたのがシェーキーズの店舗。

20170131shakeys1.jpg

みなさま食べ物に関する様々な「最初の出会い」をお持ちでしょうが,
自分にとってかなり印象の強いお店としてシェーキーズがあげられます。

降りたか登ったのか覚えてませんがアメリカンなプレートが
いっぱい掲げられた狭く暗い階段に長いこと並んで,
やっと入れた店内は赤く照らされどもまだ暗く夜の雰囲気で
親に連れられていく店とは違うどこか大人びた印象がありました。

はじめて食べた,パンのようなふかふか生地ではない
薄い生地のピザ自体が目新しくて魅力だったのも確かですが,
香辛料強めなのに表面によるからぼっさりしたポテトや,
透明な油と唐辛子しかないのに味はするスパゲッティなどの,
「ある意味アメリカらしい潔い大味さ」みたいなものを
はじめて体験できたのがすごく印象に残っています。

20170131shakeys2.jpg

あかん印象が強すぎて,思い出したことを書けば書くだけ
書いたこと以外の記憶がぼろぼろ出てきてまとまりようがありません。
さすがにこれ以上遅くなると明日に響くので今日はこれにて。

んでもいつか一度食べに行って,今と昔の印象の違いを楽しみたいなあと。

20170131shakeys3.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 博多部周辺 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
まといと麺ゆで
2017/01/30(Mon)

休日でゆっくりできた昨日のブログ書きから一転,
空腹できゅうきゅういいながらネタを考えているので
見る写真見る写真すべてに食べ物フィルターがかかってしまいます。

なので先日のふるさと館の餅つきの前にみた纏ふりも,
いなせな消防団のお兄さんたちの勇壮さなどには意識が行かず,
まといのひらひら(馬簾と呼ぶそうです)が
茹でられた麺のようにみえてそれにしかみえません(笑)。

あああたっぷりなお湯の中に解き放たれた麺たちが,
各々自由に分かれてのびのびと泳いだ後で,
手練の箸捌きによってそれぞれの独立性は維持しつつも
仲良く並んで一つの流れとしてどんぶりに横たわる…ああうっとり。

・・・・・・・・・・・・。

と,まといの話からはずれて麺ゆでの話になってしまいましたが,
そういう視点で見てみると,それまでまったく考えてこなかった
纏ふりの得手不得手を麺ゆでの枠組みで検討出来るのかもなと。

おそらく何も分からないと纏の棒をぐるぐる回すばかりで,
自動するめ作りマシーンのように馬簾は丸く拡がるばかりで,
少し閉じてさす傘みたいにしかならないのかなあと。

んだからこんな感じで彼岸花のように上下に拡げたり,

20170130matoi1.jpg

回転性もありつつ上下へのひねりを加えてバラのようにできるのが,
麺を固まらずに自由に泳がせる段階での上手さに似るのかなあと。

20170130matoi2.jpg


で,その後麺を固めてしまわずに,あくまでしなやかな独立性と
総体としての流れとしてするりとまとめるのが,
この一番手前の人のするりとまとまった馬簾なのかなあなどと。

20170130matoi3.jpg

と,大きな鍋で麺を湯がいたこともなければ,
纏ふりを間近にみるのなんてはじめてな
W素人の私が勝手に感想述べてみました。

このあたり,「纏ふりの名手」とかの書いた文章や
youtube探してみたりしてみたいなあと。

とかなんとかいいながら,調べる気力が出ないレベルで
お腹空いてしまったので今宵はこの辺で。
この記事のURL | 博多部周辺 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ぷっくりもち肌
2017/01/29(Sun)

今日の書類はクロネコで出すのが指定されていたので、
博多駅構内のクロネコの当日扱い締め切りの18時に間に合うように帰宅。

こんな時間に博多駅にいるのは久しぶりなので、
ヨドバシを少し覗いてみたりしてから
祇園のマックスバリュにたどりついても19時前!

こんな時間だと半額商品ないだろうな~と思ったら、
鮮魚コーナーが半額になっていました。
こちらの魚コーナーは、加工したものか刺身かのみだと思っていたら、
鮮魚が早い時間に半額になるから私がいつも利用する時間だと
売り切れているんだなあと思いつつ買ってみましたいとより。

20170129itoyori.jpg

最近帰宅して5分くらいで食べられるものしか食べてなかったので
こんな感じで「出来上がるのを待つ時間」を愉しむのは久しぶりで
なんだかいいもんだなあと。

いとよりの 煮付け仕掛けて ブログ書き
字あまりじゃないけど意味なし(笑)

20170129seiro.jpg

そういう意味では本日見学した「ふるさと館のもちつき」では
出来上がるのを待つことあたわずで出勤しましたが。
記憶では昨年もそんな感じでしたが、あれって待っていると
御餅もらえたりするんでしょうかね?

20170129mochi.jpg

何故か「30日」と思っていて見学の予定なしに通りかかったら
消防団のまといの様子を運よく見学できたのですが、
そちらが入ったメモリーカードが現在ないのでそちらは紹介できず。

あと、まとい自体は見学できたのですが、もちつき自体は
あいにくの雨模様で傘をさす人が多かったので、
遠目からではまるで様子が分かりませんでした。

20170129kasa.jpg

傘の色 競う傍目に 一目散

あまりに餅つきの様子が見えなかったのを
神様が慮ってくださったのか、
どんよりした雲の中にまるで夏のような
雲の白を見る事が出来たのはなかなかよかったです。

20170129kaima.jpg

さてそろそろ煮えてきたようなので今宵はこの辺で。
この記事のURL | 博多部周辺 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
100円以下の魚たち!
2017/01/28(Sat)

いつもいくスーパーの鮮魚コーナー,
ブリとサーモン丼が98円,イカオクラ丼が88円というのは
そこそこレギュラーメニューとしてみかけるのですが,
先日びっくりしたのがヒラス丼98円。

20170128hirasudon1.jpg

ヒラスは一般的には「ヒラマサ」に相当するようで,
ブリより貴重で高いらしいのでほんと社長さんありがとうでした。

20170128hirasudon2.jpg

ブリより青味が少ない分うま味が前面に出てくる感じでおいしかったです。

で,こちらは自宅近くの某スーパーですが,
定価は278円の連子鯛塩焼きですが値引きでなんと60円!

20170128tai60.jpg

この金額なら私でも買えると喜び勇んで購入です。

「真鯛より安い鯛なのかな?」と思って調べてみると,
連子鯛は「キダイ」に相当して,マダイ,チダイ,キダイの順に
高くなるそうなのでより高級な鯛だった模様です!

20170128tai2.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・。
こんな私がいつかこのお店で食べる機会は…

20170128unagi.jpg

いや別に一緒に行ってくれる相手がいないだけで私だってそこで食べるお金くらい…
って相手がいないのとお金ないののどっちが恥ずかしいのかわからなくなりました・・・
ってどう考えてもどっちも恥ずかしいだけなんですけどね・゜・(つД`)・゜・。
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
真っ昼間から!!!
2017/01/27(Fri)

もう掲示されて時間たってしまいましたが
やっと櫛田神社の節分看板を撮影したので文字起こし

20170127kanban.jpg

二月二日 午前十一時 節分福迎祭(大お多福面くぐり初め)
       午后五時  鬼神楽奉納
               午后五時 神楽開始 「鬼神楽」

二月三日 午前十時 豆撒き・宝撒き
       から    午前十一時 くまモン
       午后四時 豆撒き

終日 「厄除祈願」祈願券一枚 千二百円

オススメは,2月2日の午後五時からの「鬼神楽」ですね。
去年終わった後でもらった豆のおいしかったことおいしかったこと。

今年は二日が木曜,三日が金曜と平日ですね。

で,その後「がちゃがちゃで博多人形がワンコインでゲット可能」
というニュースをどこかで得ていたので博多伝統工芸館に行くと…

会期が1月26日~2月7日だというのに,
初日26日の12時23分に売り切れたとのこと大人気!

20170127urikire.jpg

ちなみに西日本新聞の紹介記事によると,
2月2日に補充するみたいなので,午前にがちゃぽんして
その足で節分福迎祭を見学すると福が連続して良さそうですね。
鯛の博多人魚人形とかあればいいんですが。

で,その後出勤のため博多駅に向かって,
お昼ご飯でも買って載るかと博多ステーションフードによると,
お昼前なのに半額品があって全部半額でそろいました!

20170127hangaku.jpg

半額と言えば夜のイメージですが昼にもあるんですね
休みの日に昼酒飲む時に感じるどこか背徳的な
贅沢さを感じて楽しくお昼を食べることができました。
この記事のURL | 博多部周辺 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
うそつきなメモリー
2017/01/26(Thu)

櫛田神社の節分大祭の準備の…そろそろパソコンに
「の」が連続しています!とつっこまれそうなのでやめますが,
櫛田神社紹介さんがリツイートされていた朝日新聞の
紹介写真が「作業中」+「太陽入れ込み」という私好みで,
なのに逆光でかすみ状態になっていないという上手さで嫉妬の嵐。
ツイート埋め込みで写真を引用できそうなのでチャレンジ。




私が太陽とか入れて撮るとすぐに白飛びしてかすみ状態になるのですが,
カメラもレンズもいいものなので単純に腕の問題なのですよね。・゜・(つД`)・゜・。

20170126shirotobi.jpg

まあでも写真の才能ない分観察力で勝負!ということで,
出勤前に撮影した今年の節分大祭の設備の写真載せて,
去年からの変更点を書けば今日のブログいっちょ上がり!
みなさんはこの写真で違いがわかるかな~~~~~~!

20170126thisyear.jpg

さて検証のために昨年の証拠写真を載せてみますかね~
と思って似たような画角の昨年の写真を探し出して気づく。

20170126lastyear.jpg

「去年より人が登る台が低くなったと思ってたけど間違い」

1枚目の,今年撮った誰もいない台組だけの写真だと,
地面と人の立つところの距離は人の高さほどもない低さで
「すごく近いな~今年は低くしたんだ」と思ってました。

んで,去年の紅白幕で飾られて人も居並んだ写真をみたのですが,
節分大祭の提灯が並ぶところの紅白枠との比率などを考えると,
高さは全然変わってないわけでございますね。

去年あれだけ高く遠く感じたあの台の高さも,
実際にはこんな低いものだったと知って,
高さの認知がいかに主観的なものであるかを痛感した出来事でした。

おそらく,下に人がいっぱいうごめいているのが見えると思いますが,
そんな感じで「豆欲しい~」「ボール欲しい~」と飢えた気分で見上げるから
ボールをもっている人が遙か高い殿上人のごとくにみえるわけだなあと。

20170126too.jpg

ふと,貧乏人とお金持ちにお金みせると,貧乏人の方が
お金の大きさを大きいと判断するという話を思い出して。・゜・(つД`)・゜・。

まあでもこれで台の高さなどに変化がないのは確かめたので,
それならば勝利の方程式にも変化はないはず。

1.舞台に近い方が確実にとりやすい
2.大きな袋などをもって掲げるとよい

まあでも昨年同様福豆1袋とお餅1つゲットできたらそれで十分なので
なんとかそれだけはゲットできるよう頑張って参戦するぞ~!。

20170126water.jpg
この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
同じ口をみている 
2017/01/25(Wed)
twitterやニュース記事で25日に大お多福の飾り付けが
あると聞いていたので出勤時によってみると…

予想以上に多くの報道各社が詰めかけておりました。

「静止画用カメラをもった新聞記者が2,3人」くらいかなあと
勝手に思っていたのですが,

・西日本新聞社:酉目じゃなくて金とえんじの高級腕章をつけた記者の方
・テレビ局:社名が確認出来たのがRKBとTVQ,あと2社くらいで,
カメラだけじゃなくて進行(?)の女性やリポーターぽい女性がいた局も

てな感じでかなり本格的な取材状況でした。

20170125houdou.jpg

で,出勤しないといけないので完成までいられず中途で退散したので
どんな感じだったのかなと西日本新聞社のページを見てみます。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_toshiken/article/303702

新聞社の写真をブログに無断転載する勇気はないので
リンク貼るだけなので意味不明でしょうが,リンク先の写真に
「11時16分撮影」と丁寧に撮影時刻が書いてあったので
それに相当する時刻で自分の撮影したものをみてみると…

20170125otafuku1.jpg
おそらくこの写真が西日本新聞のHPの写真とほぼ同時刻かなと。

で,自分の写真のexifみてみるとこれで焦点距離30mmなので,
西日本新聞のカメラマンのレンズはかなりの広角だろうことが
推測できたりして面白い体験でした。

まあでもそんな感じで報道のプロの方と同じ口をみているわけで,
同じ月をみているのならロマンチックではありますが,
同じ口をみてロマンチックになるわけにもいかないので,
違う口をみるべえとまともな写真はあきらめて裏側に。

20170125ura.jpg

実際に口をくぐった方なら分かるでしょうが,
狭い口を通してでは表と裏を同時に把握すすることができず,
額,目,口と水平に3つに分かれたパーツを上手にはめるには
表側からの指示で裏側がお面をせり出したりしないといけません。

その時の方向はやはり「浜-おか」「箱崎-?聞こえず(天神?)」で
あまり新奇性のある情報ではないなあ…と思ってみてみると
棒に何か文字が書いてあります。

20170125stick1.jpg

20170125stick2.jpg

柔道用・・・???

20170125kanban.jpg

清道入り口のおなじみの看板もはさむ部分をよく見てみると…

親切。

20170125kanban2.jpg

・・・・・・・・・・・・。

とまあこんな感じでいつもと変わらぬ重箱の隅ブログしか書けませんが
節分では是非とも豆をゲットしてあたらしい節を迎えたいなあと。
この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
麺単品三食
2017/01/24(Tue)

もう十年単位で麻雀していないので記憶は曖昧ですが,
麻雀の役のセットでめんたんぴんさんしょくというのがあり,
確か「面前平和タンヤオ三色」の略のはずです。

で,それをタイトルのように麺単品三食と漢字変えて書けるなあと
思いついたのでメモ代わりにツイートしたのがつい先日のこと。

で,その日の昼にCUPの八王子ラーメンを食べて昨日ブログを書き,
今日も昼にCUP麺を食べてゆっくり感想を書こうかなあ…
と思っていたら・・・・・

今日の朝食はバタバタしていて信州味噌ラーメンを単品。

20170124shinsyumiso.jpg

昼はもっとバタバタしていたのでBig系の味噌ラーメンを
4分どころか1分待っただけの,生とかハリガネとはまた別の
「バキボキ」状態でぼそぼそ食べるはめに。・゜・(つД`)・゜・。

20170124dekabutomiso.jpg
(作り方が無茶苦茶だったのでこちらは商品名はかきません)

まあでもこんな感じで麺単品三食とつぶやいただけで
実現してしまうなんて,ある意味言霊ってあるんだなあ~と。

ならばもっと起きてうれしいことつぶやいておきますか!

と思っていろいろめでたい言葉を考えてみましたが,
やはり一番起きてうれしい言葉は「採択」だわなあ~。

目指せ「麺単品三食」ならぬ「全作品採択」といきたいなと。

まあでもこんな調子でブログ書きに時間かけていると
晩ご飯までも麺単品になりそうなので
今日はこの辺で切り上げて晩ご飯買いに行ってきたいと思います。

ちなみに今日は偶然2食とも味噌ラーメンになりましたが,
信州味噌はすごく柔らかくふんわりした味噌味だったのでよかったですよ。

20170124shinsyumiso2.jpg

私の貧乏舌では隠し味のりんごの味は分からなかったし,
野沢菜はほうれん草ほどラーメンには合わないかなとも思いましたが,
お店で食べるとたぶん味噌とリンゴの調和はもっと実感できそうだなあと。
この日清の麺ニッポンシリーズは「実物食べに行きたい」と
思わせてくれる程度の完成度と「新奇性」があっていいなあと思いました。
八王子と信州は近いと言えば近いので両方食べに行きたいなあと。
この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
八王子ラーメンが独特でした
2017/01/23(Mon)

お昼ごはんを買いにスーパーによると、「賞味期限切れ近くによる特売」
なんて私にとってのフェロモンむんむんの掲示がなされていたので
近づくと、日清の高そうな麺が格安となっていました。

個別のお店の名前が出る「有名店コラボ」系に関しては、
「やっぱその店で食べないと全然違うし」と思うのですが
ある地域全体の名前を関した「ご当地系」に関しては
何故か食べてみたくなる私で、例えば
「久留米の○○軒コラボ!」とか言われてもあまり食指が動かないけど
「久留米の食堂系!」とか言われると買いたくなる自分がいます。

そんな自分にとって今回見かけた日清の「麺ニッポン」は魅力的に思えて、
お店にあった「八王子」「尾道」「横浜家系」「信州味噌」全部お買い上げ。

201701234ramens.jpg

さあて今日はどの子にしようかなあ~♪楽しく迷って、
一番イメージが沸かない「八王子ラーメン」をチョイス。

20170123hachioujilabel.jpg


東京じゃない「首都圏」に住んでいたころ、八王子の駅に
降りたことはないけど通過したことはそこそこあったところなので、
街としてのイメージはあるのに八王子ラーメンは聞いたことないなあ…
と思ってパッケージを読み込むと、八麺会が定義していて
「きざみたまねぎ入り」「醤油ベースのたれ」「表面を覆っている油」
の3点が特徴のようです。
キャラクターの「はちどん」、一見ごくごく普通のキャラクターですが、
箸で持ち上げられた麺が八の字なのがアイディアあっていいなあと。

201701234kayaku.jpg

で、中身を見てみるとノンフライの麺はかなりの細麺で、
かやくが先入れあとのせの2種とのり、スープは液体ですね。

その後説明どおりに作ったのがこちら。

20170123hachioujiramen.jpg


まず感心したのは「透き通ったスープ」で、昔のCUP麺だと、
麺から出る油と粉、粉末スープから出る粉でにごることが多く、
すっきり系醤油のもつきらきらした透明感がなかったのですが、
これはラーメン屋さんで食べるとき並みの綺麗さだなあと。

で、その綺麗さにひかれつつまずはスープを一口のむと、
透明な味の中から甘さが先頭に出てくるタイプでした。

これ、裏蓋に書かれたあった説明でも書かれてあって、
八王子ラーメンは甘みが特色みたいですが、
たまねぎからくるだけでなくスープ自体も甘い気がしました。

たまねぎ自体は生をフリーズドライしたのかフライしたのか不明ですが
いためて焦がすタイプではないような気がしました。
酸味はあまりなくさくっとした食感を添えるタイプかなと。

麺はノンフライでかなりの細麺のなのでぼそぼそ感はなく、
インスタントなのでもちもち感とかはないけど
そこそこしっこりしたコシ自体は感じられるものでした。

で、食べ続けていると最初に感じた甘さ中心の味から
普通の醤油ラーメンのコク中心の味に変化していく気もしました。

CUP麺でこれだけ「素材の面白い組み合わせ」が感じられるたし、
ご当地のお店では酢を入れて味に変化を加えるみたいなので、
東京出張時に八王子まで行って食べてみたいなあと思いました。

この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
酉目本新聞
2017/01/22(Sun)

風も強いので今日は外出は控えて昨年撮った写真の整理。

いい写真が全然無いなあとため息ついて自分の才能のなさを嘆きますが,
才能以前の「撮影ポジションの悪さ」もやはりあるよなあと。
いやむしろ,センスや才能がない分,ポジションが重要になるのだろうなと。

で,良い撮影ポジションをとることができるのはどういう人かと言えば,
祭やイベントなどの場合「公式のカメラマン」であって,
そうした人たちの多くは識別のために腕章をつけていることが多いので
「自分もあの腕章あればいいのになあ~」と思うことも多いです。

で,腕章なんて業者に依頼すると結構安価で作成出来るので
ならば偽造しちゃえばいいよねえ~♪とデザインを考えることに。

まずは福岡だとフリーパスになれるであろう西日本新聞!
今年酉年で西と酉の字が似ているのを知ったし…
あと,西日本新聞のマークって目玉焼きに似ているから,
日を目にして「酉目本新聞」って腕章つけてるとばれないかも!

20170122torimehon.png

櫛田神社の場合,腕章は基本黄色で,櫛田神社と書いているのとか,
博多カレンダーとか書いてあるのとか複数あるみたいですね。

ならば,櫛の字を「木節」にして「田」を「日日」にして
「木節日日(きせつひび)神社」とすると
「季節日々」みたいでちょっと詩的でばれないかもしれません!

20170122kisetuhibi.png


同じように博多カレンダーは「十専タタ力レンダー」として
「じゅうせんたたりきレンダー」とすればばれないかも!

20170122kisentata.png

・・・・・・・・・・・・・・・。

で,こうして博の字を「十」と「専」にわけてみると,
「じゅうへん」の文字であることが分かるのですが,
みなさま「博」以外で左に十がつく字を思いつきますか?

これが意外と無いと言えば無くて,wikipediaにあったものといえば,

十・卄・卅・千・𠥼・協・博(博)
午・升・半・卒・南
卍・卐・单・𠦤・㔼・𠦴・𠧈・𠧉・卛

ということで,「偏」の一般的なイメージである「ひだりにある」
で考えると博と似た字は協力の「協」しかないんだなあと。

で,「じゅうへん」は数字の10以外に「十分に」という
満ち足りた感じがある感じみたいなので,
十分に専らだから博士っぽくなるし,
複数の力が片寄らず調和して満ち足りるから協力なんでしょうねえと。

ちなみに博も協も小学校4年生でならうみたいなので,
「みんなで協力するのが博多たい!」って覚えるように
協博ならぬ脅迫してみるのもよろしいかもしれません。
この記事のURL | 小ネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
博多駅の大行列にびっくり
2017/01/21(Sat)

出勤せんと博多駅によると…みたこと無いような大行列。

20170121gyouretu1.jpg

写真では小さくてよく分からないかもしれませんが,
博多口の出たところからバス停まで横4人ぐらいで行列があって,
それがさらに3列ほど折れ重なっているので,
1000人はないにしても数百の規模で行列してました。

20170121gyouretu2.jpg

任天堂の新ハード,スイッチの予約が今日からと聞いてましたが
それにしては年代層が上だしなあ…と思って行列の先をみてみると
「駅長おすすめのJR九州ウォーキング」の参加登録者でした。

参加者の書かれた情報によると参加登録で40分待ち!とのこと。
しかも2016年の秋にのべですが150万人の参加!
JRの利益にはそれほどつながらないような気もしますが,
沿線住民の福利厚生にはかなり役立つイベントだとは思うので
この調子でずっと続いて欲しいなあと思いますね。

20170121contents.png

「150万人達成記念!国鉄メモリー旧筑肥線を歩いてみよう!」
という内容もともかく,ポイント2倍!というお得感の演出や,
なかなか戻ってくれない正月太り解消欲求が高まりやすい週末に
そこそこいい天気だったのが重なった結果だったのかなあと。

ほんと私もなんとかダイエットに本腰入れないと…。

この記事のURL | 博多部周辺 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
トップニュースに!
2017/01/20(Fri)
出勤してさあ今日も一日仕事頑張るぞ~~~!
と意気込んでYahoo!のトップページを開くと
節分の準備をしている写真がニュース欄にありました。

20170120topnews.png

節分は日本全国どこでも祝われる行事だから
どこでも準備中でしょうねえと思って開いてみると,
なんと櫛田神社の準備の光景でした。

7時2分リリースのニュースは読売新聞のものなので,
福岡だけでなく全国のYahoo!のトップに掲載されたのであれば
全国かなりの人の目にとまったのではないかなあと。

まあでも,私のごくごく限られた体験においてですが,
節分大祭の盛大さでは櫛田神社はかなりすごい気がするので,
全国ニュースとして取り上げられるのは当たり前かもしれませんね。

ちなみにその記事によると神庫の深淵の中から外の世界を見通している
巨大お多福面が日の目をみるのは25日になるようです。

20170120eye.jpg

てな感じでつい先日新年を迎えたと思ったら
いつの間にか3週が過ぎ,節分大祭が間近に迫ってまいりました。

テント下にうずたかく積まれていた縁起物も,

20170120seidou.jpg
(1月15日撮影)

いつの間にかお焚き上げされていて,
昇った想いが残した羽毛のみになっていましたが,

20170120yuu.jpg
(1月19日撮影)

今朝の出勤時にみてみるとそれもすっかり流されていて,
心残り無く節分大祭の舞台設置を待つのみになっておりました。

20170120mu.jpg
(1月20日撮影)

まあでもこうして具体的なものが形を変えて無に帰るがゆえにこそ
歴史や概念や想いや時の流れというものが認識されうるんだろうなあ,
なんて考えて「私ちょっと哲学してる?」なんて思ったりしましたが,
よくよく考えたら鴨長明の有名な無常観に過ぎんよなあとも思って反省。

でもまあ代わり映え無いつまらんことしか思いつけないことはまた
大きな流れの一員であることの証明でもあるわけなのでとも。
この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大人の人生ゲーム
2017/01/19(Thu)

「人生は一行のボオドレイルにも若かない」 By 芥川龍之介

「ボードゲームで面白いのは人生ゲーム」 By 私

人生がまだ始まったばかりの少年時代に遊んだ人生ゲームは、
「起こるかもしれない夢」を目指す楽しさあったけど、
人生がまた恥増したばかりの中年時代に遊ぶ人生ゲームは、
「怒るかもしれない嫁」を避けるスリルばかりなのかねえと。

まあでもほんとこの年になって同年代の人と
酒飲みながらやってみたいな人生ゲーム。
すごく自分の人生を走馬灯せざるを得なくなりそうですよね。

いったいどんなぼやきが出るんだろう。
いったいどんなむかしを懐かしむのだろう

20170119wedding.jpg

もうすでに起こりうるイベントは見えすぎていて、
どれだけ祈りをこめて勢いよくまわしてみても
ギャギャギャときしむだけで回らないルーレットに
自分重ねながら駒をただ進めるんだろうなあと・・・。

20170119road.jpg

てな感じで書き出すとなんかすごくやりたくなってきました人生ゲーム。

「疲れたおやじ限定の大人の人生ゲームオフ会」とかあればなあ。

20170119last.jpg
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夫婦の秘密
2017/01/18(Wed)

今日は朝一出勤で,ほんの少し早く出勤したので
朝の櫛田神社で写真撮る余裕がありました。

20170118kushida.jpg

朝の静謐の中「神様独り占め~♪」などと浮かれつつも,
かすかに揺れる鈴緒の動きに同じく参拝した人の想いを感じ
それぞれの想いは違えども向けられる先が同じことに
連帯感のようなものを感じて出勤です。

で,その後はぐだぐだしながら一応一日仕事をしたのでブログネタがなく,
なんかひねり出せないかと過去の写真を見ていて発見。

20170118meotoginan1.jpg

飾り山の山小屋隣の夫婦銀杏のおなじみの解説札でございますが…
読み飛ばさずゆっくり読んでみると…

「この夫婦銀杏は大樹三本の内手前一本が雌木」

20170118meotoginan2.jpg

ということは残り二本は雄木ということなんですよね。

まあでも日本で一夫一婦制が主流になったのは
ここ最近だって小耳にはさんだ気がするし,
少なくともこの夫婦銀杏が夫婦銀杏になった後のことでしょうから,
ある意味いろんな夫婦のあり方を受け入れ得るものとしての
夫婦銀杏の姿だと思ってもいいのかもなあと。

「夫婦銀杏になるように狙って二本を人為的に近づけて植えた」
と思っていたのですが,もしかしたら自然に三本が絡まって生えて,
それが珍しくて自然と崇拝の対象となっていったのかもしれないなあと。

また時間ある時に木がどんな感じで生えているのかじっくりみてみようと。
この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【挑戦状】君にこの違いが分かるかな?
2017/01/17(Tue)

昨年末に故障して泣く泣く修理に出していた
カメラ用のレンズが帰ってきました歓喜の涙。・゜・(つv`)・゜・。

修理工場に送る時に衝撃を避けるために捨ててもいいタオルで巻いて出したら
すごい丁寧に別袋に入れて帰ってきたのは驚いたし面白かったです。

20170117lens.jpg

年末年始に写真撮れないのは困ると言うことで,
義兄に貸していた古いレンズを返却してもらって使ってましたが,
なんか白っぽく写るというか,しっとり感や奥行き感が足りないのが
みたからにわかっていやだったんですよねプンプンですよ!

ほら私,味の違いの分かる男だし画質の違いも分かる男なんで!

で,皆さんにも同じ条件で2つのレンズで撮った写真みてもらって,
明らかに画質が違うのを体感して欲しいなと!!!!!

では,今からあげる2枚の写真,どっちが高いレンズで
どっちがあんまり高くないレンズか分かるかな?????
(どちらも絞り4.0,シャッター速度1/160,ISO800で撮影)

2017011770.jpg

20170117105.jpg

・・・・・・・・・・。

自信をもって答えられた人がいるでしょうか?私は全然無理でした。
「古いのは白っぽく写るから今のレンズじゃないとダメだね」
なんてほざいていた年末年始の自分をタコ殴りしたいです(笑)。

ピクセル等倍画像の中心部をトリミングして縮小したもの同じ順番で貼ってみると…

20170117702.jpg

201701171052.jpg

ちょっと違う気がしますがこれも原因がレンズの画質なのか
ピンぼけなのか手ぶれなのか全く不明ですし,
「ネギがきれいにみえて何が意味のあっとよ(博多弁あってますか?)」
というつっこみが聞こえてくるの間違いなしですね。

一応正解を出しておくと,1枚目の方が高いレンズで
2枚目の方は高くないレンズなので基本1枚目の方が画質がいいはずです。

まあそんな細かいことはどうでもいいですが,
でもせっかくレンズが復帰したので,
1年かけて櫛田神社に復帰してきた梅の写真を。

20170117ume.jpg

この梅は境内の更に境内(?)に入るところ,
馬の銅像の近くにある小木の梅なので
今にもはぜんとする白ぷっくりを
目前に楽しめるので是非ご覧ください。
この記事のURL | 写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
人気倍増計画
2017/01/16(Mon)


「櫛田神社紹介さん@kushida_hi」のツイートで,
櫛田神社境内の梅の花がもう開花したと知ったので見に行きました。
いつもは通らない大正天皇行幸殿前の梅がすでに結構きれいに咲いていました。

20170116ume1.jpg
(博多カレンダー1月の建物,錦鯉がいるところの梅です)

で,その後西門から出ようとして数多飾られた絵馬をみたのですが,
その絵柄のほとんど,正直9割近くが「招き猫」のものでした。
まあ,櫛田神社で一番求められているであろう御利益が
「商売繁盛」であることから来ているのでしょうが,
やはり博多祝いめで鯛非公式応援鯛としては,
雄伊沙と貴緒衣の絵馬がずら~っと並んで欲しいですよね。

20170116yakimochi.jpg

で,博多祝いめで鯛が有名になる方法として,
現在はさまざまなメディアに紹介文を載せたり
イベント時にパネル展示などをしていたりしますが,
その手のトップダウン的な広報はもちろん最優先でしょうが
やはりボトムアップ的な盛り上がりも欲しいよなあと。

で,先述の櫛田神社紹介さんのツイッターを拝見する限り,
歴史館にある「三池典太三世」、「天国」作の刀などの縁で
刀剣乱舞ファンの人がフォロアーさんに多いようです。

艦隊これくしょんも刀剣乱舞もまったく体験したことはないのですが,
擬人化された人たちをもとにしたゲーム及び二次創作がさかんで,
福岡市博物館は圧切長谷部を見る人で行列ができているそうですね。

んでも現在の博多祝いめで鯛では雄伊沙と貴緒衣の夫婦しかおらず,
絶対数も少ないし夫婦だとCPが固定されてあqwせdrftgyふじこ
まあそういうこともあるし,AKBやエグザイル商法もあるしで,
サブメンバーならぬサブ鯛を増やすのも一つの手かもと。

なので,雄伊沙と貴緒衣を「全体を代表する鯛」として,
山笠の各流の「推し鯛」を新たに設定すると面白いかも,なんて思って,
いつも圧倒的な情報量で感心させられっぱなしの
「市場魚介類図鑑」の「タイと呼ばれるもの」ページを閲覧。

恵比須流はそのまま「エビスダイ」が存在しますねものすごく縁起良さそう。

大黒流は黒の字があるので「黒鯛」とかがわかりやすいかと。

千代流は千年ということで「センネンダイ」がおめでたいなと。

20170116ume2.jpg

と,ここまでは簡単ですがそのあとが・・・・・

中洲流はオサレな人が多いから「おしゃれこしょうだい」

とこの時点ですでに無理矢理ですが,西と東なんて抽象的な概念に関連づけるのは・・・

干支だと東が卯で西が酉かあ…他にないかと探したら
中国の四神が「玄武-青龍-朱雀-白虎」かあ…
玄界灘の玄って玄武の玄で北の意味なんですねはじめて知った!
これは面白いということで,
東流は,東を「青龍」で表すから「アオダイ」
西流は,西を「白虎」で表すから「シロダイ」

20170116torii.jpg


さて残るは土居流…そもそも「土居」って土~居う意味?
と思って調べたら「水害対策の堤や土手のこと」らしいですね。

「ツチダイ」とかいればいいのにと探してみてもなく,
「ど」からはじまる鯛は…「ドクウロコイボダイ」
これはちょっとイメージ悪すぎるよなあ…と思案して,
土居流の法被は久留米絣で色が濃いのがおおいので,
土も固まれば石になるで「イシガキダイ」にすると,
「壁になるもの」としては同じになるかもなあと。

20170116table.png

とまあ,こんな感じで勝手に各流に鯛の種類をあててみましたが,
実際に直会などで食べられる魚に各流で特徴あったりするのかなあと。
このあたりの直会料理についていろいろ調べてみたいなあ~などと,
空腹で食べ物のことばかり頭に浮かぶようになったので本日はこの辺で。
この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
浮気から学んだこと
2017/01/15(Sun)

モテないモテないと書いてばかりの本ブログですが、
それは本当にモテない人たちからのやっかみを
避けるための社交辞令のようなものであって、
正直なところ僕にはつきあって2年の彼女がいます。

年は同じくらいなのでまあ年相応のくたびれ方をしていますが(笑)
朝から満面の笑顔で僕を照らしてくれる人当たりのよさと、
いろんな無理難題を飲み込んでくれる懐の広さがあるのが好きでした。

でも、そんな明るさと包容力とは裏腹に、壁のあるところもあって、
寝室は絶対別でないと嫌と言うのがまず1つめの壁。
これはまあ僕もいびきをかく方だから納得なんですが、
全く納得できないのが「ご飯を作るところを見せない」という壁。
『男子厨房に入らず』なんて古すぎる価値観があるわけではないようで、
料理以外の役割分担などはむしろ男女平等において進歩的だと思うのですが、
夕鶴状態で作っているところだけはみないように言われています。
まあ、食べるときは一緒で同じ料理取り分けて食べるから、
「なんか変なものでも入れてるんじゃないの?」という不安はないのですが。

20170115sunshine0.jpg

でもやはりどこか疑心暗鬼になってしまうのも確かで、
そういう視点で見始めると、彼女の仕事は夜勤が多いので
自分の生活リズムとあわないことや、泣き虫と言うわけではないけど
泣き出すと止まらなくなってじめじめする部分などもあって、
なんかもうだめかもなあ…という思いが強くなってきました。

で、いけないなとは思いつつもいろんな出会い系サイトをみていて、
今の彼女を越える条件のいい女性なんてまずいないよな・・・
って1年くらい出会い系サイトを見続けていたのですが、
昨年の年末に・・・・・運命の出会いが!

20170115sunshine3.jpg

今の彼女と条件などは変わらない感じなのになんと15歳も年下!
こんな条件のよすぎる子はすぐに他の男に奪われてしまうだろうなと
半ばあきらめ気分でメールを送ってみると…なんと私でOK!

で、正月休みの帰省などを終えてやっと逢ってくれることになったので、
キャナルの近くで待ち合わせてあってみました。

その後、キャナルの近くのお店で珈琲飲みながら、
いきなり職業や年収や親について聞かれたのはびっくりしたけど、
でもそれはなるべく早く正式なおつきあいをするためだとわかったし、
それで安心してもらえたので、食事などもすっとばして
いきなり自宅につれていってもらうことになっちゃいました!

こういうとすごく軽い女性だったと思われそうですが、
どちらかというと今の彼女にいっぱいある壁が少ない感じで、
試しに寝室や料理を作るところなどについて聞くと
「やだ、全部一緒がいいよ。そんな壁は私にはないなあ。」
とにこやかに笑ったので、おそらく隠し事のないタイプなのかと。

20170115sunshine1.jpg

彼女の家は博多駅のすぐ近くにあってまだ新しく、
しかも最上階に1部屋だけで南側にはルーフバルコニーがあるという
すごい良い条件だと聞いたので家賃を聞いてみると
今の自分の住んでいるところの家賃より1000円安いとのこと。
すぐ下の階にも空きがあるそうなので関係が深くなれば
そこに引っ越してきてもいいかな~なんておばかなこと考えながら
部屋にあがらせてもらうと…

20170115sunshine5.jpg

う~んやっぱりいくら広くてもワンルームは自炊派にはきついなあ…
そもそも畳に布団派なんだからフローリングはきついよね…

今、天袋付の1間の押入れ2つある部屋だから、
いくら2畳分くらいのクローゼットあっても狭いなあ…

南向きのルーフバルコニーは最高だけど、
目の前に高いビルがあって11時頃なのに直射日光射さないし、
隣のビルで働いている人とあっちゃったなあ…

JRや新幹線や高速道路が窓から見えるのは素敵だけど、
夜中になると音が気になるかもしれないなあ…

なんて思い始めて、今の部屋から浮気して
新しい部屋を契約するのを断念することに。

でもほんと立地、建物、敷地面積、築年数、などの条件は
最高だったのでどうしようかぐずぐず悩んでいたのですが
あっという間に他の人が契約したもようで
物件と人の出会い系サイトから姿を消していました。

まあでもこういう機会があったからこそ、今の部屋の
都会ではなかなかない日当たりのよさや
1部屋は狭いけど一応2DKといえる自分にとっては使いやすい
細切れの間取りのよさなどに気づけたのでよかったかなと。

20170115sunshine2.jpg

まあ、最初から「ネタ」だというのは分かっていたと思いますが
「彼女」が「住宅」であることに気づくのは
結構後半になってからだったのではないかと思うのですがどうでしょうか?

まあ、ほとんどの人が「文読み飛ばしていたからどうでもいい、
てかお前そろそろ麺類の話書かんと読まんぞこら」と思われた気がしますので、
また近々絶対いきたいあの店に行った感想を書けたらと。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
寒波に乾杯!
2017/01/14(Sat)

今日は寒かったですね~ってまだ継続中で明日が本番みたいですが。

なのでポケモンGOしながら写真散歩してブログネタ収集!
と意気込んでカメラのメモリカードをフォーマットして外出したのですが、
寒さのあまりかろのうろんで写真撮っただけで帰宅とあいなりました。

20170114karonouronshower.jpg

しかも撮影した時は「排気口から吹き降ろすすめ蒸気シャワー!」
を写せたと思ったのに全然写ってませんね残念。

ブログ書こうにも写真が数枚しかない・・・。・゚・(つД`)・゚・。

珍しくて買ったダノンヨーグルト(DANONEBIO)の
はちみつジンジャー味はなかなかおいしかったですよ。

20170114danonebiohoneyginger.jpg

はちみつと合わさることでジンジャーの辛味は抑えられ、
さわやかな酸味が前面に出ることで食べやすいですし、
生姜だと「おろし」と呼ばれそうなジンジャーのかけらも、
はちみつと合うと「果肉」と呼びたくなるフルーティーさがあるなあと。

お昼は上述のヨーグルトと半額で買ったフジパンのちぎりパン。

20170114chigiripan.jpg

休みの日だしカリフォルニア産のくるみを使用した
高級パンなのでせめても少し有意義な食事にしたいと思って
トースターで焼き直しをするとパンの背が高くて焦げました。・゚・(つД`)・゚・。

20170114koge.jpg


まあでもこうしてひと手間足して見る余裕や
それを失敗したのを笑って写真に撮るなんて時間の余裕は
この寒波による自宅への引きこもりの成果ではあるので、
忙中有閑ならぬ寒中有閑かもねえ~なんて思いつつ
寒中に一人かもねむために今日はこんな早い時間より飲酒開始です。

20170114santa.jpg

お供はドンキで買ったSANTA BY SANTA CAROLINA!
商品名がそのままメーカー名という正真正銘の正統派!
CARMENERE /PETIT VERDOT
チリワインですがサントリーが輸入しているのも正統派!
アルコール度も13度で750mlと
含有C2H5OH量も豊富なのに400円前半でHOW安い!
今日センター試験だったらしいので無理してお勉強ぽいこと
書いたけど明らかにぼろが出そうなので
このあたりで寒波に乾杯!でおやすみなさいです。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春からのまなざし
2017/01/13(Fri)

出勤時に櫛田神社に寄った際,「鏡開き」に関わる
準備でもしているかなあと思ってみてみても
そういった気配はないなあと思って出勤。

20170113kehai0.jpg

あとで益田さんの昨年のブログを拝見する限りでは,
関係者での新年会みたいなものがあるみたいですね。

まあでも鏡開きの気配はまったく感じませんでしたが,
倉庫方面からなみなみならぬ気配が・・・・・・
20170113kehai1.jpg

節分に飾られるおたふくさんでしょうが,
倉庫奥に片眼だけみえているので
よく分かりませんがニーチェの有名な言葉思い出しました。

まあでもこれは春からのまなざしのような気がするなと。

その後博多駅に着くとイルミネーションはもうあらかた片付いていて
あれほどキラキラ輝いていたものも昼行灯的で夜の気配皆無でしたが,
これもまた春の気配なのかもしれないなあと。

20170113kehai2.jpg
この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
もう一つのおしまい
2017/01/12(Thu)

1月11日は十日恵比須が最終日だったので,
吉塚駅で降りてそちらに向かいましたが,
良く考えたら博多駅前のイルミもこの日が最後でしたね。

なので12日の今日の出勤時に福岡銀行前で信号待ちしていて,
イルミネーションが絶賛解体中なのをみてびっくりしました。

20170112illumi1.jpg

クリスマスが過ぎてクリスマスマーケットが解体されていたときは
「これで猛威をふるった西洋熱病の流行が収まった!」
なんて思ったものですが,イルミ自体がなくなるのはなんだか寂しいなあ…
おそらくショックを受けるのは今日の帰宅時に博多駅に降りて
光らない駅前広場をみた時だろうなあと。

20170112illumi2.jpg

まあでもこうしてみてみると1本の木に絡められていた
イルミの電線の量たるやすごいものがあるので,
木としては紅白の出番を終えて豪華衣装を脱ぐ時の
小林幸子さんや美川憲一さんのような気分なのかも,
ってお二人の豪華衣装って何年前までの話だったんでしょうね。

20170112kagami.jpg

博多カレンダーによると明日13日は櫛田神社の鏡開きのようですが,
何か行事をされるのでしょうかね。
「櫛田神社紹介さん(@kushida_hi)」というtwitterアカウント
つい先日発見して貴重な情報を知ることができて重宝しているのですが,
そこ情報によると古札納所は15日までとのことですので
おたきあげ(?)などはまだ明日ではないでしょうが。

明日の出勤時に何か行事に遭遇できたらいいなあと。
この記事のURL | 博多部周辺 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
初笑われ
2017/01/11(Wed)

本日終わらせる予定だった書類が終わる気配なし。・゚・(つД`)・゚・。

ならばもう明日以降の自分に押しつけることにして、
逆に今日は少し早く帰って十日恵比須神社によって
先日の真っ暗写真のリベンジを果たすぞ!と吉塚駅に降り立ちました。

最終日、しかも21時過ぎだというのにまだ参拝客は結構いて、
露天も片付けながらですが半分近くやっていた気がしました。

20170111roten.jpg

でも境内に入るとすでに福引きは終わっていて、
20170111fukubiki.jpg

あまたの提灯が明るく灯れば灯るほど
それに灯されるものの無さがむき出しにされて

20170111sake.jpg

拝殿のすぐ近くまでになった行列の短さが
残された祭りの期間の短さを伝えていました。

20170111gyoretu.jpg

そして名残惜しくて本殿の横にまわってみると、
中では既に神職の方々が片付けにいそしまれていました。

20170111zouri.jpg

十日恵比須神社では草履に番号書いて識別してるんだなあ…
これはいい発見できたと喜んでいるともっとすごい発見!

20170111scoop.jpg

1つは「巫女さんも浅葱のはかまをきている」ことで、
もう1つは「のれん(?)に鯛の絵がある!」ことでした。

これ、外から見えるのは恵比須様のしるしの絵が見えるだけなので
おそらく正面から参拝だけした人は気づかなかっただろうなあと。

20170111tai.jpg

まあでも年に一度の祭りの最終日というのは、
妙に名残惜しくてものがなしい気分になってしまいますが、
もれ聞こえてきた露天商とお客さんの会話で

「もう会えないのさびしいわあ」
「また、来年ここで会いましょう!」

というやり取りがあって、年の始まったばかりのこの時期に
もう来年の約束をするなんて鬼も笑い始め、
鬼に笑われはじめだなあなんて思うと
どこか楽しい気分になって帰ることができました。

20170111cyouchin.jpg
この記事のURL | 博多部周辺 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大満足
2017/01/10(Tue)

昨年の十日恵比須でずっと欲しかった鯛の縁起物を
無事にGETできたことは以前ブログに書きました。

で、その後1年、飽きて意識にのぼらなくなるかな…
なんて思っていたのですが全然そうではなくて、
毎日眺めては朗らかな気分になれるものだなと気づいたので
「職場にも鯛の縁起物を飾りタイ!」と思ったので、
今年も昨日1月9日に十日恵比須神社によってみました。

結構一杯写真撮ったのですが、カメラの感度の設定を間違えていて
全部真っ暗な写真になったのは。・゚・(つД`)・゚・。ですが、
鯛の縁起物自体はまだ売り切れてなくて無事にゲットすることが出来ました。

で、本日出勤時に鯛の縁起物を持っていこうと思ったのですが、
ふと「家と職場に分かれておくから、この2匹がそろうのは今日だけ」
ということに気づいて、2匹での写真を撮ることにしました。

本当は宗像大社で昨年見かけたピンクの桜鯛をゲットして、
おいさときおいの博多祝いめで鯛にしたかったのですが、
今年見に行ったらピンクから金色に変わっていたので、
ならば色形とも好きな十日恵比須神社の鯛でそろえようと思って。

20170110meotodai.jpg

で、まずは2匹を普通に並べてみると・・・この時点で結構いい感じ。

20170110meotodai2.jpg

KISS MY FT2ならぬKISS TAI ずっとちゅ~
ってな感じでしょうかでもなんかやらしさは皆無で
こつんと頭合わせて合図してる感じでいい感じだなと。

夫婦恵比須神社の幟にある掛け鯛と同じポーズを。

20170110meotodai3.jpg

思わず中島みゆきの『二隻の舟』が脳内に鳴り響いて、
「二匹の鯛~♪」と歌いだしてしまいます。

20170110meotodai4.jpg
それだけのことで わたしは海をゆけるよ~♪

まあでも、鯛をアルファベットで書くとTIEになって、
結びつきや絆という意味になりますので、
夫婦鯛以外にもさまざまな結びつきを祈るものとして
鯛に願いをかけて今年一年頑張っていきタイ!ですね。

20170110meotodai5.jpg
この記事のURL | 博多部周辺 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「けいじがかり」
2017/01/09(Mon)

電車の駅っていろいろ掲示物にこっていることが多くて
これまで香椎駅や博多駅でいろいろ手の込んだ掲示を見つけて
楽しく思うことが多かったです。

で,吉塚駅に関してはほとんど利用しないのもあって
これまでおもしろい掲示物に出会ったことがなかったです。

んでも本日出勤時に吉塚駅によると…

20170109kis-my-ft2poster.jpg

あ~キスマイとかいう,今調べたらKis-My-Ft2が正式名称らしい,
ジャニーズ事務所のアイドルさんをフィーチャーした
KISS MY NAGASAKIのポスターがありますねえ。

20170109kis-my-ft2train.jpg

20170109kis-my-ft2train2.jpg

ラッピングされたかもめが停まっているのを
博多駅でよくみかけるのでもうなじみの風景だなあ~
と思って通り過ぎようとすると不思議な違和感。

左のこれは何でしょう?

20170109yoshimywhole.jpg

YOSHIMY NAGASAKIとな。。。

20170109yoshimyup.jpg

当然ながら普通のおじさんたちなので
ジャニーズなんかじゃね~ずって感じですが(失礼)
おそらく同僚の女性がわざわざ写真撮ってくれて
こうして手間暇かけて掲示物作ってくれたと思えば
なんだか嬉しくなるんじゃないかなあなどと。

まあでもほんとJRの各駅での掲示コンテストとか開催したら
面白そうだし結構力作集まりそうな気がするのですが。

んでも実際にそんなコンテスト開催したら,
切符のパンチかすで絵を描いた西梅田駅の職員さんのような
すごい作品を駅長から業務命令で作るように言われて
サービス残業まみれになりそうなので怖い面もあるのかもなあと。

この記事のURL | 博多部周辺 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
貧乏による美しさ
2017/01/08(Sun)

正月に帰省していた時に撮った写真。

私の親ですから親も貧乏性で,洗濯物干しの
割れて砕けた洗濯ばさみを取り替え取り替え使っておりますが,
そのおかげでいろんな色が輝いてきれいだなあと。

20170108beatifulpoor1.jpg

自分自身は基本モノトーンが好きであまり色とりどりは好みませんが
こんな感じで「けちけち」をかき集めた結果
総体として色とりどりになるのはいいもんでもあるなあと。

20170108beatifulpoor2.jpg

さてあと5分で更新しないと帰れないので今日はこの辺で。

20170108beatifulpoor3.jpg
この記事のURL | 写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
早起きは三柱の得
2017/01/07(Sat)

今日は土曜日だけど朝一出勤~。・゜・(つД`)・゜・。

まあでもちょこっと遅くていいのさ~♪

などと思いながら出勤時に櫛田神社に寄ると,
正月の期間あれほど行列が押し寄せていた境内に人影が・・・

20170107hayaoki.jpg

ない?

20170107hayaoki1.jpg

ない…

20170107hayaoki2.jpg

ない!

ということで7時ちょい過ぎというたいして早くない時間に
3柱の神様を独り占めできる貴重な体験をできました。

普通の平日だと同じ時間でももう少し人が入るので,
そういう意味では正月明けの週末の朝だったからこその
静けさだったのかもしれないなあと。

で,その後いつもは飾り山からぎなんの木ルートで歩くのですが
めずらしく社務所方面にまわって歩いてみると,
社務所入り口にすごくきれいな生け花があるのに気づきました。

20170107ikebana.jpg
新年献華 華道 草真流 殿 

これ,下の写真のように昼などで外の明るい時だと
中は暗く見えて気づかないものですが,
まだ明け切らぬ朝の暗い外から明かりに照らされた
中をにみたからこそ気づけたわけだなと。

20170107ikebana0.jpg

そういう意味では「ちょっとの時間」「ちょっとのルート」
そして「ちょっとの心の余裕」などで変化つけるだけで
みえてくる世界が劇的に変わる可能性もあるのだから
私もたまには煮卵でものせてみようかなラーメンに。


この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
年賀状あれこれ
2017/01/06(Fri)

みなさま今年の年賀状はいかがだったでしょうか?

数年前に職場での住所録配布が廃止されてから
職場内での年賀状のやり取りがほぼなくなったので、
最盛期の半分くらいの枚数で終わるようになってきたなと。

20170106kushida.jpg

なので昔はだいたい枚数が足りなくなって
年明けに返礼用の追加はがきを買いに走ったものですが、
最近では買いすぎ&印刷しすぎた年賀状をもてあましがちです。

そこでふと思いついたのが「出す場所による到着日数の違い」の検証。
具体的には「博多駅などの24時間対応のゆうゆう窓口に出したほうが、
郵便ポストに入れるよりも早く着くのか?」ということ。

なのであまった年賀状を2枚用意して、

1.東区のポストに28日の夜22時頃に入れる
2.博多駅の郵便局のゆうゆう窓口に28日の23時頃出しに行く

の2条件で、鹿児島に元旦に届くかどうかを試してみました。

予想では、「1は元旦むりだけど2は元旦に届くのでは?」
だったのですが、元旦には1,2、の両方とも届かず、
電話で確認するとどちらも3日に届いたとのことでした。

20170106wakahachiman.jpg

ちなみに、4日の22時頃に博多駅に出しに行ったレターパックは、
6日の午後には東京についたと教えてもらったので、
年賀状に関しては予想以上に「仕分け作業に日数がかかる」のかなと。

もしかしたら近年の人手不足のため仕分け作業のバイトなどが
集まらなくなっているなどの原因も絡むのかもなあと。
年賀状の枚数減少-雇える仕分け人の人数減少-仕分けの負担増加-遅延
なんて流れがあるのかもなあなどと思うとなんだかやるせない気もするなと。

20170106ginann.jpg

ほんと、年賀状は「元旦に届くもの」ではなく、
「正月休みにしたためる書初めみたいなもの」にしたほうが、
余裕もあるから内容も充実して書く方ももらう方も
面白い気がするので、そういう動きができたらいいのになあと。

明日は年明け早々土曜日なのに朝一出勤なので、
今年もまたこんな感じで内容の薄いまま更新となりましたが、
書くことなくて「また飲みましょう!」とだけ添えられえた
年賀状の一言をみて「時間なかったんだろうな」と思うときと
同じような慈悲の心であたたかく見逃していただけると幸いです。

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
違うルートでの発見
2017/01/05(Thu)

今日はいつもと違うルートで出勤。

そしたら博多新三井ビル入り口にさしかかったところで
最近耳にすることのなかった

「キーーーーーーーーーン!!!」

と耳から脳みそに斬りかかる超不愉快な超音波に遭遇。

20170105mituibuild.jpg

これ,地下街などの入り口などで遭遇することが多かったので,
シャッターか何かの音かと思っていたのですが,
今日は時間に余裕があったのでその場をじっくり見てみると
おそらくこの不快な音はここから出ている模様。

20170105patlite.jpg

で,ブランド名と品番(BT-04QS)が書いてあったので調べてみると
パトカーのライトを商品のメインにおいたPATLITE社のスピーカーで
おそらくそこから「ネズミよけの超音波」を出している模様。

なんだか人間には聞こえない音らしいのですが,
私にはかなり鮮明に聞こえるので…私はネズミ。・゜・(つД`)・゜・。
まあお店にとってネズミレベルで招かれざる客である自覚はあるのでいいですが。

こんな感じでいつもと違うルートで困った体験もしましたが
違うルートで歩いたからこそバス停に掲示された
十日恵比須大祭のポスターに気づくことができました。

20170105poster.jpg

去年も今年も私好みのポスターだったので思わず撮影。
絵の中に「めで鯛おみくじ」が入っていたりして,
鯛好きには垂涎のお祭りなので皆様も是非足をお運びください。

期間は1月8日~11日と間近なので(詳細へのリンク)
去年一体のみ授与いただいた鯛の縁起物を今年もGETしにいくぞ~!

この記事のURL | 博多部周辺 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あなたのドレイ
2017/01/04(Wed)

正月三が日が過ぎましたね。

そろそろ櫛田神社に初詣できるかなあと出勤時に通りかかると…
そうでした櫛田神社は商売の神様,
おそらく本日が仕事始めの人たちでごった返しておりました。

20170104gyouretu.jpg

20170104gyouretu2.jpg

まあでも境内に入るだけだと行列に並ばなくていいので,
境内に入って私が真っ先に向かったのは縁起物の授与所。

20170104haiju.jpg

元始祭を拝見した時にみかけた土鈴に一目惚れしたけど,
その時は荷物が多かったので今日やっと拝受できました。

20170104doreisss.jpg

酉と鯛が一緒なんてなかなか珍しいし,
鯛が自分好みのどこかユーモラスさあるかわいさなので,
ついついこの土鈴の奴隷になってしまって,ワンコイン派の私が
1000円という初穂料もまったく気にせずでした。

20170104dorei.jpg

さっそく職場の机の上に飾ったので今日は仕事はかどった気が。
このぐーたらな私を仕事させる気にさせてくれるなんて
すごい御利益ある土鈴だと思うので皆様もいかがでしょうか。

まあ鶏ガラ鯛出汁ラーメンとか食べたくなる面もありますが(笑)。

さて今日中に年賀状の出せていなかった分を出す作業終えたいので
本日はこれにて終わりとさせていただきます。

この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
櫛田神社元始祭
2017/01/03(Tue)

2017年1月3日10時より櫛田神社の元始祭がありました。

昨年はじめて拝見したのですが,賽銭箱横のカーテンで
みえない記憶があったのでちょこっとだけ拝見…
と思っていると,供えられた榊と大麻(?)に
差し込んだ日の光が神々しくて見入ってしまいました。

20170103genshi1.jpg

その後も,供物を受け取る神職の人をのみ照らし

20170103genshi2.jpg

神楽(浦安という模様)を舞う巫女さまをのみ照らしで

20170103urayasu1.jpg

照らす者あっての照らされる者だなあなどと
わかったようなわからないような感慨にふけっていました。

まあでも,そうして神様に照らされた巫女様ですので,
私の汚れた視線は軽やかに阻止されておられました。

20170103urayasulast0.jpg

20170103urayasulast.jpg

その後夫婦恵比須神社新年祭が始まり,
某氏のブログではじめて知った
「夫婦恵比須神社では一本締めの仕方が違う」
写真をとろうと思っていたのですが
ぼ~っとしている内に終わっていて撮れず。・゜・(つД`)・゜・。

20170103shoes.jpg

仕方が無いので入り口におかれた靴の写真で考察すると,
去年に比べて圧倒的に増えていて,
氏子の方々の意欲の高さを伺うことができました。
この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
(修正版)時間が無い!
2017/01/02(Mon)

※昨日は時間が無くて焦って書いたので,
まるで意味が分からないままアップしてしまいました。
なので,一応なんとか意味が分かるように書き直したのですが,
それでもいまいち意味不明だと思いますごめんなさい。


***********************

帰省先の温泉で耳にした会話。
地元民ではないらしきおじさんが,
地元民かつ海関係のおじさんと話しておりました。

20170102umi.jpg

おじ1「知り合いがすごい立派なブリをいただいて,それなのに
5000円だか1万円の安さで買えたそうですごく喜んでました。」

おじ2「ブリはカマスが釣れるようになったら釣れるようになって,
今の時期ならキロ200円だよ。天然物より養殖の方が美味いし。
でも北陸でよく言う…ブリ…富山とかで取れるのは別格で天然が美味い。」

そこでおじ3がサウナに入ってくる。

おじ2「なあ,ブリの相場ってどの程度よ。」

おじ3「キロ200円ってとこか,3月になると300くらいになるが。」

おじ2「そうだよなあ~だからその売った人も絶対相場知ってたはずやで。」
といっておじ2退場。ちょいと気まずそうなおじ1。

おじ3「でもね,氷見のとかは天然がすごい美味いよ。
8キロ越えるような奴だと1万以上する。
あとカンパチは天然がおいしいね。」

20170102yuuhi.jpg

で,私が何が面白いかと思ったかと言えば,
おじ2とおじ3は言い合わせたわけでもないのに,
どちらも独立して「富山の氷見のブリは美味い」とおじ1に言ったことで,
海で魚の詳しいおじさんたちがあまり文脈にそっているわけでもないのに
話題に出したくなるほどの存在である寒ブリであれば美味いに違いないので
一度食べに行ってみたいなあと思ったわけですよ。

20170102hatuhinode.jpg

藤子不二雄原作の映画『少年時代』の聖地巡礼もしたいなあ…
富山行くならやはり冬の今しかないよなあ…あああ行きたい。
この記事のURL | 食べ物(福岡以外) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ