露天風呂の風景
2015/12/31(Thu)


昨日書いた温泉に今日も入りに行きました。

例年、大晦日の日は18時くらいから飲み始めるのですが、
今年は「田舎の温泉の大晦日の客の出はどんなものか?」を
知ってみたくて結構遅めまで露天風呂で粘っておりました。

で、分かったのが
17時くらいに私が到着したころに家族連れはほぼ帰宅
18時くらいで明らかに客の数は減少
18:30くらいでさらに客の数は減少

で、そうした時間まで残っている客だと、
正月に殊更な感情を持たない人が多いみたいで、
会話の内容は「最近イカが連れ出した。緑色の疑似餌がいい」
「今年は全然うなぎの稚魚が獲れなかった」などの話ばかり。

で、露天風呂で会話していた地元の人らしき二人のうち一人が
先に上がって去る際に言った言葉は「また明日」
今年最後のあいさつなのに「良いお年を」と会話ないんだなあ…
まあ明日も会う人同士ならそんなものなのかなあ…などと思いながら
私も上がって近くのAコープによったらすでに売り尽くしの跡で
半額品はゼロでございました。・゚・(つД`)・゚・。

んで、そんな話を両親としながら大晦日のテレビをみて、
年越しの瞬間など気にもせずにお休みと言って寝ていく姿を見て
やっぱ年をとるとこんなもんだなあ…などと思った後で、
ふと、「こうして両親と年を越せることにさほどありがたみを感じずに
大晦日に眠りにつけるのもあと何年くらいのこされているのか…」
なんてことを考えて、その結果「極力どうでもいい感じで適当に年越したい!」
と思うようになって、今現在こうしてまるで無意味なブログ文章書いていたら23:54.

また明日 交わす人にも 来る新年

なんのまとまりもおちもつきませんが、
それもまたいいもんだと言うことで。

それでは良いお年を!
20151231maki.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ラーメンの世代間闘争
2015/12/30(Wed)


ただいま帰省中です。
20151230umi1.jpg

都会に比べて安いのは土地と給料だけで、
そのほかのものは押しなべて高い田舎の生活ですが、
温泉に安く入れるのはメリットなので足しげく通っております。

で、サウナに入っているときに3人のご年配の人がぼやいていたのが
「今日は温度が低い!だから全然汗かかん!」ということ。

確かに、いつもは温泉もサウナも設定温度が高すぎて辟易していたのですが、
今日は自分にとっても入りやすい温度だなあ~と思っていて、
これはおそらく「都会から帰省してきた若者にも入りやすい温度」に
年末年始だから施設側が設定したのでは・・・?と思っております。

ちょっと正式なソースをたどることはできませんでしたが、
加齢とともに温度を感じる能力も老化していくため、
個人差はあれども老人ほど高い温度のお湯を好まれるようです。
で、普段の田舎の公共温泉の利用客のほとんどがご老人なので、
多数派を占めるご老人の好まれる温度に設定するのは合理的だと思います。
なので、普段の季節に小さい子ども連れの家族が入ってきて、
熱い湯によう入らん子どもがぎゃ~っていっているのをみても
「坊主…ここは大人の世界だから…線を踏み越えると火傷するぜ…」
なんてあほなことを思いながらみているだけでした。

んが!年末年始、一年で一番の「発言小町ネタのかきいれどき」なので、
息苦しい義家を抜け出して身も心もゆったりしたい若家族がお風呂に来て
なるべく長くお風呂に入っていたい若者が増える時期においても
「老人が自分にとって心地よい温度」を要求し続けるのは
なんか違うのでは…と思っていたので良い対応をしてくれたなあと。
20151230road1.jpg

で、高台にある露天風呂から海に落ちる日を見ながら
ぼんやりとそんなことを考えていたら、ふと思いはラーメンに向かいました。

「ラーメン界においては年配にあたる世代が、
自分の思ったままの感想を言ってばかりだと、
若い人が好むラーメンの発達の妨げになるのでは?」


ニュースでやっていてびっくりしたのですが、
今の18歳人口って自分の頃の半分くらいしかないみたいですね。

で、今の若い人たちはどケチの私でもびっくりすることもあるくらい
内向きの消費傾向があるみたいなので、ラーメン店なども
「将来まで長きにわたって客になってくれる若い世代」の獲得よりも、
「とにかく今金を出してくれて人数も多い年配世代」の確保に必死で、
そのため「年配が好むような、高度で高級で上品」なラーメンなどを
作ることが増えちゃっているのではないかなあと。

おそらく、お店の側としても高度で高級で上品なものを作って
それで評価されるほうが自信や自負につながることもあるのでしょうが、
そういうことでかえって「老人は食うな!若者にしか受けないラーメン」とか

「私はそれをラーメンとは認めません!」
「そんなラーメンを売るなんて今の若い人は何を考えてるんだ?」
「こういうお店は若い人たちだけでいってね」

みたいなお店が、ことラーメンに関しては思いつかなくなったなあと。
ものすごく正直に言うと「たたきに行きたくなるようなむかつく店」が
昔は結構あったんですが最近はないなあと言うのが実感なんですよね。

「無駄に高い食器や内装にこだわっているので超高いラーメン」とか
「何も考えずにラーメンにカキ氷のっけただけの受け狙いだけのラーメン」
「テーブルトッピングのマヨ入れ放題が評判の店」みたいな、
思わず否定的な感情が揺さぶられてしまうお店が出てきてほしいなあ…。

スイーツとかだと、マカロンにクリスピークリームドーナツに
最近ではパンケーキやさんなど、「後から思うと…」と
心地よい赤面を体験できそうな「その時だけの流行」がまだ存在しますが、
ラーメンに関して言うとその手の流行が収まっちゃったような気がします。

ある意味、つけめんが「ブーム」として終わらなかったがゆえに、
その後新たな種類のラーメンが「流行りもせず、また衰退もせず」になって
うたかたがかつ消えかつ結ばないからよどみとなって流れなくなっちゃったのかなあ…
なんてことを思ったりもしました。
20151230road2.jpg

かくなる上は「日本の若者ではなく海外の意外なラーメン」
から学んだほうがよいのかなあ・・・と思っていたのですが、
「ぶっこみジャパニーズ」という番組とかでは
そういう日本料理を成敗しに行くみたいですね…。・゚・(つД`)・゚・。

まあでも、こんな心配を「すでに終わってしまった世代」が
いくらしてもそれは本当に文字通り「余計なお世話」なんでしょうから、
若者の邪魔者にならないようにラーメンライフを継続していきたいなあと。

この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今年ラーメンの記述が少なかった理由
2015/12/29(Tue)


先日いただいたユニオンさんのコメントで
「最近ラーメン食べてませんね」というものをいただきました。

ほんと最近ラーメンについて書けていないのは自分でも実感中です。

こういうことを書くと、その理由として
「健康診断で引っかかったか?」「そんなにお金に困っているのか?」
などと思われるかもしれませんがどちらでもありません。

「ラーメンに飽きたのか?」と言われると、
正直ちょっぴり近い面はありますが実際にはかなり遠いです。

引き伸ばしてもなんなので答えを書いてしまうと
「自分の“ラーメンを表現する引き出し”が枯渇した」からです。
20151229neko1.jpg

今年特に目立った現象として、文章を半分くらい書いたところで
「この表現のネタ、昔書いたことあった」と言うことに気づいて、
過去のブログを検索してみると確かにほぼ同じことを書いていたので
そこで書くのをやめてしまうことがあげられます。

私が多用する表現で実感しているのは

・似た擬音を組み合わせたり並列したりする
(「ぱきぱき」+「ぽきぽき」=「ぱきぽき」など)

・背反しがちな性状を対にして提示
(澄んではいるけどコクがあり、こってりしているけどすすすと流れていき)

・口腔内での咀嚼の擬人化(ぬくもりだけ遺してするりと手を離れていく…)
・意味もなく混ざる美文調
・駄洒落、親父ギャグの多用

など、ちょっと考えただけですぐ集約されてしまいますが、
そういう「集約可能」なもの以外の、それこそ意外な表現というのを
最近まったくだせていないなあ…と痛感しておりました。

では、今まだ食べたことのない新麺を!と意気込んで食べてみても、
出てくる表現が似たようなものになってしまう失敗も多く体験して、

「どうせ新たなラーメン食べても良い表現できないし」
「じゃあ、いつものラーメンでいいか」
「いつものラーメンだからいつもの表現しか出ない…」
「ならばもうブログに挙げるのやめよう」

といった悪いスパイラルが生じて途中で書くのをやめたのが
今年は特に多かった気がします。
INPUTを変化させてもOUTPUTが変化しなければ、
INPUTを変化させる勇気がでなくなるのは当然であって、
このあたり、ブログを中断されてしまった人も
同じような悩みを抱えておられたのでは…と思います。
20151229minato.jpg

で、当初はここまで書いてから野菜の連作障害をネタにして、
こぼれ種などで同じ土地でもどんどん増える「シソ系ブログ」と
1年目はアホほど簡単に生えるのに重複して2年育てると
何故か育たない「ナス科系ブログ」に分けて、自分はナス系かも…
なんて考察して終わろうと思っていたのですが、こうした書き方も
「麺ブログの読者に連作障害について知ってもらう」効果はあっても、
麺自体の表現方法の拡大には何も寄与しないんだなあ…と思って断念。

どちらかというと「味の表現」は尊重すべき軸が伝統的に決まっている以上、
どんだけ毎年流行の服の細かな様相は変わっても、
服の印象の表現自体にはそこまで新たなものはなくて、
新たな表現のつもりが単なる服の物理的形状の説明にしかすぎず、
新たな表現の形容詞や、いわんや新たな評価の軸なんて
提示できる可能性がない程度のどつぼに麺の表現も入っているんだろうなあと。

なので、今からたとえば「一杯1万円」のラーメン食べてみても、
ブログはじめた初期の頃、高さに震える気持ちで六厘舎のつけ麺食べたときのような
「新たな表現を自分がしうる可能性」を期待できないのですよね自分自身が。
どんだけキリキリぜんまい巻かれてもしゅっと空回りするだけで
動けなくなってしまったからくりおもちゃみたいな自分の感性憐れなり。・゚・(つД`)・゚・。
20151229ichirinsya.jpg

まあでも、こういう状況に陥った場合、
冷静な思考能力をもってして自身の引き際をちゃんと理解できる人であれば、
現在の私のブログのような惨めな現状をみせることなく
すっと身を引かれるのでしょうが、あきらめの悪い私なので、
現状のように麺とは関係のない内容を続けながら、
なんか少しでもこれまでと違う麺の表現の仕方ができないかな~と
探り続けるつもりではありますので、つまらなさに我慢していただける
ぎりぎりまでみなさまにはおつきあいいただけると幸いです。
この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
これが表示されているときは
2015/12/28(Mon)

帰省しました。

久しぶりに19時前から飲むので、
杯を重ねてしまうとブログ更新できない状況に
なってしまいそうなので予約投稿しておきます。
20151228illumi1.jpg

博多駅のイルミネーション、駅前の広場はもちろん綺麗ですが、
ちょっと離れたところのものも風情あるのが多くていいなあと。
20151228illumi2.jpg

大博通りからJALホテルまで歩いて左折、
その後駅前通まで歩いて駅まで歩く、程度でも
色合いの違うイルミを堪能できるかもなあなどと。

20151228illumi3.jpg
この記事のURL | 博多部周辺 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
君はこのまちがいに気づけるか???
2015/12/27(Sun)

JR香椎駅には、絵心というか「掲示ごころ」のある駅員さんがいるようで、
香椎駅オリジナルの手の込んだ掲示がなされていることが多いです。

20151227wish.jpg
こちらは「長崎熊本どっちがウィッシュ?」の宣伝を
ポスターそのまま貼るのではなくていろいろと小物を作って
立体的に掲示しているのですが写真ではわかりにくいですよね…。

一番の力作は改札近くにおかれることが多く、
これまでで私が好きだったのは、
「フェルトをつかった60歳以上のやつ」と、
「色紙かなにかで特急を一杯作っていたやつ」でした。
おそらくですが芸術系の学校で学ばれたのか
もしくは幼稚園や保育園などの幼児教育あたりを
学ばれた人が作っているのではないかな…と思うのですが
これは勝手な思い込みなので真偽はまったく不明です。

んで、本日みてみると、掲示は「ガチきっぷ」という、
18~24歳の若者専用の格安切符のものでした。
20151227gachi.jpg

で、これを良く見てみると…なんだか違和感。
20151227gachiup.jpg

どこに違和感を覚えたかわかりますか?

答えは、「眉毛のあるはずのヒト(駅長)に眉毛がないのに、
眉毛がないはずのうさぎさんには眉毛がある」
ことなんですが…

いやでも私が覚えた違和感はそれが理由ではないなあ…

だって実はJR九州の「駅長キャラ」は眉毛がないのが正解。
ekicho_img.gif

https://www.jrwalking.com/form/satisfaction_cgi/satisfaction.html より

でも、なんかこの駅長さんともイメージがぜんぜん違うなあ…
ほうれい線がなかったりしてちょっと若い感じに描かれているからか?
でも駅長はみどりの窓口にたたないだろうから
若く描くのが正解だよな・・・・・と思ってはたと気づく。

「顔が真っ白+眉毛がない=イヌガミ家の一族のスケキヨ」

に見えるからなのか!と(スケキヨの画像検索結果へのリンク)

出来れば…駅長さんの顔に色を塗ってくれると、
この違和感はすぐになくなると思うのですが…(笑)。

まあでもこんなこと思えるのも「手作り」をしてくれているからであって、
「切符のパンチ穴で絵を描く」なんてレベルは目指さなくて良いので
いろんな掲示物で今後も楽しませてくれるとうれしいなあと。
この記事のURL | 福岡情報 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
博多駅のイルミに起きた変化
2015/12/26(Sat)


家に帰ろうと博多駅の博多口からいつものように
イルミのある広場を通り過ぎようとしてふと感じたこと。

「お、なんか今日はいい感じ。」

クリスマスの喧騒が去ったからかな…
でも、クリスマスのかぷ~るへの嫉妬はネタ的なものが大きくて、
実際にはかぷ~るが一杯いても何も思わなかったんだけど
なんか今日は去年までと同じようないい感じのイルミに思える…

と不思議に感じてから気づいたこと。

「クリスマスマーケットが撤収作業中」であること。

20151226xmasmarket1.jpg

去年8だったヒュッテが今年は16に倍増したそうで、
それで商業イメージが増えたからだめだったのかなあ…
と思ったのですが、おそらく本場ユアラップでも
あんな感じの出店が並ぶのは同じであろうので、
クリスマスマーケット自体にも何も思ってなかったのですが…

で、気づいたこと。「音楽が流れていないから落ち着けるんだ」

今調べてみると、博多駅と天神両方とものイベントを
FUKUOKA CHRISTMAS WORLD 推進委員会というところが
管轄しているようなのですが、左に出てくる「出演アーティスト」をみても
基本的になんというか「JPOP系」「メリケン系」「高校生元気!系」のみで、
ユアラップ系がまったくないんですよね。
なのでなんというかクリスマスマーケットのユアラップ系のお店と
ガンガン元気一杯ビートが弾む系の音楽が合わなくて、
それで落ち着いてイルミネーションをみる感じになれてなかったんだなあと。

20151226xmasmarket2.jpg

クリスマスイブや土日等の若者や家族連れが多くなる日などは
今年の出演アーティストのラインアップで良いけれども、
期間の平日なんかは弦楽四重奏やらを地味~~にしてくれたりとか、
アコーディオンとかもいいよなあ…踊る人形とかがついて
自動で演奏されるオルガンの機械みたいな物を鳴らすだけってのもいいし、
それでは集客が弱いという場合は小学生や中学生のハンドベル演奏や
生ピアノ発表会、バレエの発表会の模擬演技とかしてくれたほうが
保護者層の呼び込みが出来るだろうし、
通勤で疲れた心には響いてちょいと一杯♪とかなりそうだよなあ…なんて。

20151226xmasmarket3.jpg

まあでもその手の客じゃ儲からないのも確かだし、
この手のイベントの維持にはお金が必要だってことは
神戸のルミナリエの話など聞くと痛感するので難しいところでしょうが。
この記事のURL | 博多部周辺 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新たな天気予報の必要性
2015/12/25(Fri)
今日でやっとクリスマスの喪も明けたので、
今日はちょっと早く帰って阪急の地下でも寄って、
クリスマス商品の半額とかないかみてみよう~~♪

と思って20時頃に阪急の地下に行ってみたら、
「売り切れ」張り紙がべたべた貼られ、
「行列最後尾」の看板が熱気のむこうにゆれていたりして
クリスマスモードフル回転でございました。

冷静に考えたら今日は金曜日、
就学中の子どものいる家庭、特にまだ「サンタさんを信じている子ども」が
居るくらいのご家庭だと、終業式のある24日夜にパーティーが必須でしょうが、
そういうのがない家庭やカップルとかだと、イブにこだわらずに
本日25日の夜に本番を持ってきた人たちが多かったんだろうなあと。

20151225kushida1.jpg

しかもイブの夜は雨が降っていたので自宅で過ごしたけど、
今日は38年ぶりにクリスマスと満月が重なったそうなので、
雪ではないけど、月明かりのホワイトクリスマスも通っぽくていいなあ~
ということで25日の今日に外出したかぷ~るは多かったんだろうなあと。

20151225kushida3.jpg

まあでもこんな感じでかぷ~るの行動には
その日の天気や暦や天文が複雑に影響するのですから、
気象予報士などが科学的に「かぷ~る予報」を出してくれないかなと。

「本日の18時~19時台のかぷ~る遭遇率は60%なので、
寂しい男の心の中での降水確率は80%を超える予想です
」とか

「本日は~~のイベントで大気が不安定になっており
福岡ドーム周辺ではゲリラかぷ~るにご注意ください」
とか

「今日は今年一番の冷え込みのため、かぷ~る遭遇率は下がりますが
その分かぷ~るの分子結合の度合いが高まる予報です」


「ただいまかぷ~るの目は強い勢力を保ったままキャナルの西北を…」



この辺、実際にはスマホ等の「位置情報」を使えばすぐに
街中のどのあたりにかぷ~るがいるかの判定は出来るので、
予想等しなくても雨雲レーダーのようにかぷ~るの実働を可視化できるし、
飛行機のレーダーのようにかぷ~るの飛行をみたりも出来るのか…

ビックデータ恐るべし…

なんとなくですが企業とかですでに解析されていそうだなあ…
GPSの位置データを勝手に解析すると問題なるかもしれませんが、
Twitterのカップルアカウントの動向の把握だとかはすぐ出来るよなあ…

まあでもそんなビッグデータの解析を担当させられるはめになるのは、
私に似たもてない理系エンジニアになることが多そうなので、
そうした人が憤死しないことを祈るだけでございます…
あああなんてすごくありえる嫌な話。・゚・(つД`)・゚・。

20151225kushida2.jpg

そんなリア充たちに心がやられたときは神社!神社がオススメ!
本日の櫛田神社も高き月からの清き光に照らされながら
いつもとかわらぬ夜の静寂を白く浮かび上がらせておられました。
この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
イブの夜の奇跡
2015/12/24(Thu)


「はあ~また今年のイブも一人かあ~。・゚・(つД`)・゚・。」
いつもは飲み会帰りの酔客と、これから出勤のお姉さま方ばかりが目立つ
夜の川中通り商店街にも、この日はイブだからか若いカップルの姿もみられ、
独り者のKはそんなことを心の中でぼやくしかなかった。
20151224kushida0.jpg
「いつもはよらずに帰るけど、今日は串田神社によって
“いい人が現れますように”ってお願いして帰ろうかな
ま、そんな不敬なお願いはしなくても、イブの夜に
神社がどうなっているのかはみてみたいよね」
とKは思って串田神社に引き返して鳥居をくぐった。

雪には変わりそうにないあたたかい雨がこまやかに空を漂い、
ともすれば寂寥を感じさせる夜の境内につややかな漆黒を帯びさせ
濡れた石畳は白熱灯のあたたかいあかりをやわらかく映していた。
20151224kushida1.jpg

「イブの夜だけど、いや、逆にイブの夜だからこそ
神社は静かなものなのかもしれないな~~」などと思いながら
お賽銭を入れて軽く会釈して鈴の緒を引いていつもならない
鈴をならしてから二礼・・・いい人とあえますようにとお願いして
神様に気づいてもらえるように!と思いっきり力をこめて二拍手すると、

「そんなに強く打っちゃ、神様にうるさく思われてしまいますよ。」
と横でくすりと笑う女性の姿が目に入った。
「え…あ…すみません。」とKは驚いたときのいつもの癖ですぐに謝って
それから何が起こったのかと

・・・・・・・・・・・・・・・。

このあと、出会った美女と一緒に川中通り商店街の
真ん中にある「なかすや」というラーメン屋で愛を叫び、
その後、実際に起きた面白い出来事に結び付けて終わらせる
筋は出来ていたのですが、ここまで書くのに45分くらいかかっていて
もうおなかがすいてきたのでこのネタは終わりにします。
20151224kushida2.jpg

私の出会いの願いは、お祈り終えて開いた目に映った
音もなく揺れる鈴の緒に幾度も打ち崩され奇跡は起きませんでしたが(笑)
世界中の子どもたちには明日の朝によい出会いが起きることを祈りつつ
晩酌にうつらさせていただきます。それではおやすみなさい。
この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
捨てる安売りあれば拾う安売りあり
2015/12/23(Wed)

今日は昼から出勤でございました。

いつものように博多駅の構内を歩いていると、
ごくごく普通な、正直もっさりした感じの大学生らしきかぷ~るが、
柱にもたれ、お互いはもつれ合いながら熱烈なちゅ~をしているのをみて、
クリスマスが街にかけた魔法の威力の強大さを感じながら出勤です。

なので、せっかくユニオンさんがマルキョウでの正麺の安売り情報を
くださったのに買いに行くことができず残念無念。・゚・(つД`)・゚・。

まあでも、捨てる安売りあれば拾う安売りもあるみたいで、
旧グルメシティ祇園店に買い物に行くと、
日本NO1ブランドの日清様の半生ラーメン
「九州のれん味巡り博多長浜ラーメン」がおどろきの54円税込。
20151223ramen.jpg

賞味期限が12月24日ってなってあって、
クリスマスのこの時期にラーメン食べるのは・・・・
という人が多かったために売れ残ったのかなあと。
まあでも私にとってはうれしいクリスマスプレゼントになりました。

結構一杯残っていたのでお近くの人は買われてはいかがでしょうか?
私は明日の帰宅時にもよる予定なのでその時点で残っていたら再度買おうかなと。
この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
うどんと食べる意外なもの
2015/12/22(Tue)

みなさまうどんと一緒にあわせるご飯ものとして
どんなものを体験されてきたでしょうか?

天ぷら天丼、牛丼とろろ飯、おにぎりにお寿司に
山菜ごはんに赤飯にカレーに親子丼に鉄火丼に…
ありとあらゆるものを体験されてきたと思います。

しかし!「ご飯もの」として単体では珍しくもないし、
ラーメンと一緒にあわせたことはあほほどあるはずなのに、

「うどんと炒飯」

を一緒に食べたことのある人はかなり少ないのではないでしょうか。
少なくとも私はこの年になるまで上記の組み合わせをしたことがなかったです。

で、先日福大そばのレストランみつるさんによったあと、
すぐ近くだったので福大の学食の前も通りかかっていて、
メニューを眺めていて思いついたのが上記の組み合わせ。

なので本日、「善はいぞげ???(善なのか?)」で福大第2食堂を訪問して
かけうどん190円に炒飯250円を同時注文したのがこちら。
20151222udoncyahan1.jpg

絵的にはぜんぜん違和感がないなあ~~~。

写真で見ると、炒飯のかまぼこのピンクと卵の黄色が
なんとなく「ちらし寿司」に見えてきますが、
現地では炒飯の香りがするので散らし寿司には見えませんでした。

んが!学食の炒飯、しかも250円で提供してくれるものなので、
どちらかというと「炒飯風ピラフ」といった味のもののため、
脂ぎっていなくてかつ炒められた香ばしいカリカリ感はないので、
うどんと一緒に食べると「鳥めし」のような味に感じられてしまいました。

なので、「う!うどんと炒飯食ってる!あああ俺いったい何を!!!」
みたいな背徳的な感情がわきあがることはあまりなかったなあと。
20151222cyahanonly.jpg

でもこうして、炒飯のみで写真をあげるとちゃんと炒飯に見えるのに、
うどんと一緒に写ったとたん「ちらし寿司に見える」ようになったり、
うどんと一緒に食べたとたん「鳥めし味に思える」ようになったりするなどで、
「うどんが持つ他を和食化する同調圧力のパワー恐るべし」だなと。

このあたり、ラーメンと天ぷらやラーメンと寿司食っても、
天ぷらをフライに感じたり、寿司をカリフォルニアロールに
感じたりはしないので、やはり日本人にはうどんの方が強いのかなあなどと。

ま、でももしかして、「福大+学食」なんてワードで
このページにたどり着いた福大生がいたらひとこと。

「将来こんなネタしか書けないおっさんになってしまわんように、
今しか出来ない学生生活を充実させてといてな~~~」
。・゚・(つД`)・゚・。

まあでも、冬至の長い日差しに照らされなくても
存分に輝いて見える学生さんたちばっかしだったので心配無用でしょうが。
20151222udoncyahan2.jpg
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雨上がりの朝空に
2015/12/21(Mon)
出勤前に櫛田神社によってみると、
昨夜からの雨があがり朝の日が差し込んでまいりました。
20151221ameagari1.jpg

やはり雨上がりの日差しはいいもんだよな~~~と。

太陽へ続くこの輝かしい一本道を写真に収めようとすると
おっちゃんじゃま~~~(笑)。
20151221ameagari2.jpg

んでもその後おっちゃんがいない写真も撮ってみましたが、
いてくれたほうが「現場感」があっていいもんだよなあと。
20151221ameagari3.jpg

その後、いつもは牛さんの方に戻っていくのですが、
今日は川端通り商店街側に歩いていくと…
20151221ameagari4.jpg

う~~ん写真では現場にいたときのみずみずしい感じが伝わりません…残念。

仕方がないので最後は明らかに水水しい写真で。
20151221ameagari5.jpg

櫛田のやきもちやさんのところの写真なので、
本日は変に落ちをつけず変わりに
もちをつけて終わりにさせていただきます。
この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
昼だから気づいた博多駅イルミの舞台裏
2015/12/20(Sun)

夜にはかならずみとれてしまうイルミネーションも
昼にはきずかずみおとしてしまうのは仕方のないことで、
通勤時にあまりじっくりイルミをみたことはありませんでした。

んで、今日博多駅に行ってふと気づいたのがこちら。
20151220wishbouquet1.jpg

WISH BOUQUET?

みんなの願いが輝くピース
大切な誰かへのメッセージや
あなたの願いを書き込んで
WISH BOUQUETを
完成させよう


願いの花束…なんだかいいなあ…と思ってみてみると
小さな透明のアクリルかなんかの板に願いを書いて
ここに飾ることが出来るのですね…
20151220wishbouquet2.jpg

この2枚を組み合わせると絶対
「縁」を「緑」ってよんじゃうよね…なんて思いつつ
これは夜には気づけず、昼だからこそ気づけたなあ…
と思いながら再び説明を読み進めていくと…
20151220wishbouquet3.jpg

有料なのか…ていうか500円か…って思った人が多かったみたいで、
あまり願いのピースは飾られておりませんでした。

まあでもあまり願いが飾られていない理由は値段以外にも
「駅前の人がいっぱい通るところに自分の願いは書きにくい」
というのがあるのかな…とも。
神社等の絵馬は人に見せるためではなく神様に見ていただくために
書いてつるすものであって、境内に吊るせるからこそお金を払うのであって、
こうして人がたくさん集まるところに自分の願いを書きにくいよなあ…
だから数が少ないのもあるかもな…

と思ったのですが、もいっかい良く考えると
七夕の短冊にはざくざく欲望を書けるよなあと。

やっぱ500円は高いからという理由だけなのかなあ…
ただで配布したらみんな喜んで描くのかなあ???
このあたり期間終わりに近づくにつれて値段下げていって
描く人が増えるかの社会実験してくれたらなあ~などと。

この記事のURL | 博多部周辺 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
櫛田神社のクリスマス!
2015/12/19(Sat)
本日も出勤時に櫛田神社に寄ってみると、
櫛田会館横の楓が真っ赤に紅葉してました。

おそらく今年の暖かさで紅葉をためらっていた楓が
ここ数日の寒さと新年準備の気配に刺激されて
一挙に赤さを満開にさせたんだろうなあ~と。
20151219kaede.jpg

で、そのおかげで常緑の緑とあわせて
クリスマスカラーになっているなあ~と思ってのタイトルです。

赤と緑と来たら白も欲しいよねえ…
白飛びしている空を白といったら自分の露出技術のなさを
宣伝することになるので植物での白を…
なんてさがしてみると、すぐ横の木が「灰の木」とな。
20151219hainoki.jpg
ほんと植物の名前を全然知らないので初めてしった名前ですが、
画像検索してみるとなかなかはかなげでいい感じの花が咲くんだなあと。
シンデレラって「灰かぶりの姫」という意味らしいですが、
王子に見初められたりしなければこんな感じで咲けたのかもねえなどと。

なんとか3枚目の写真でタイトルにオチをつけたいのですが、
やはり神社の写真でクリスマスに結びつけるのは困難でした。

まあでもこれで「24日のイブの夜の櫛田神社をレポートする」という
ちょっとしたネタを思いついたのでこれは実行してみようかなと。
平日なのでいつもと変わらぬ静かな様子だとは思いますが。
20151219kushida.jpg
この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
拝啓 福岡県公安委員会さま
2015/12/18(Fri)


通勤のため博多駅に向かうときにいつも思うこと。

この信号が危ない!!

20151218signal1.jpg
博多口の向かい、福岡銀行と西日本シティ銀行で挟まれた
博多駅前通りがT字路で博多駅に合流する交差点でございます。
現在綺麗なイルミネーションがあるところと言えばすぐ分かると思います。

ここの信号の順番は、

1.駅ビルに平行の流れ(薬院から大博通りの流れ)
2.博多駅前通りから駅ビルに平行の流れに右左折する車専用
3.歩行者専用

を繰り返すのですが、この2の時に車用の信号が青になったのをみて
銀行側から博多駅に歩行者が横断しそうになって、
右左折を急ぐ車やバスなどにひかれそうになる事案が多発しております。
20151218signal4.jpg
(心象としてはこんな感じ)

「歩車分離信号」ってでっかく書いてあるだろうが!とつっこまれそうだし、
正直自分も「不注意な人が多いなあ…」と思っていたのですが
でっかいコロコロひいた外国人観光客がひかれそうになったのをみて、
この掲示方法だと外国人にとってはかなり分からないことに気づき、
自分が「歩車分離信号」という掲示に気づけていたのは、
ただ単に毎日通勤で使うことによる慣れゆえなんだと気づかされました。
(外国人以外にもコロコロ引いた日本人観光客もよく引っかかっている)

でも、最近他の場所でもすごく歩車分離信号が増えて来たけど、
この交差点ほど車専用の信号につられて歩行者が歩くところは少ないなあ…
とちょっと疑問に思っていたのですが、本日その謎が解けました。

この交差点では歩行者向けに音声アナウンスも流れます。
で、そのアナウンスの内容はほぼ以下の通りです。

「まもなく信号がかわります 青になるまでお待ちください」

別になんの変哲もない普通のアナウンスです。

しかし!この音声アナウンスと信号のタイミングが最悪で
「まもなく信号が」といったところぐらいで車用の信号が青になります。

20151218signal3.jpg
(この状態。車用の青につられて歩行を始めてしまう)

なので、信号待ちでぼ~っと弛緩していた脳が
「まもなく」という言葉でいきなり元気になってしまい
すぐさま「車用の信号が青になった変化」を認識してしまうので
反射的に青への変化に反応して歩き出してしまうのだと。

なので、出来ればここのアナウンスを
「歩行者は、歩行者専用信号に従って横断してください。」
として、歩行者信号が青になったときに
「歩行者信号が青になりました。歩行者は横断をしてください。」
とかいうアナウンスがあればわかりやすいのかなあと思いました。

で、こういう要望はどこに出したらいいのかなあ?
なんて思って信号機をみていると「福岡県公安委員会」って書いてあったので
信号機の管轄は都道府県の公安委員会なのかなあと。
20151218signalkouan.jpg

まあ、ここの交差点で右左折時の歩行者巻き込み事故が多発した、
ということは聞かないので単なる杞憂かもしれませんが、
音声アナウンスを変更するくらいは安いものだと思うので、
もしこのブログを公安の人がみかけていたら変更して欲しいなあと。

訪問者数の少ないこのブログですが、
「訪問者数に困ってやった」とかいって私が犯罪を犯さないかと、
公安の人には監視されている可能性が高いので(笑)
これを読んでいる公安の方いらしたらぜひぜひ。

最後に公安ならぬアンコウの写真を貼ろうと思いましたが
そんな意味のない考案を反省して今宵は終わりとさせていただきます。
この記事のURL | 博多部周辺 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
こんなところでも新年準備
2015/12/17(Thu)

先日櫛田神社を歩いていて見かけた光景。
20151217hitoyasumi1.jpg

説明の看板を支える柱がはずされていて、
看板のみがたたずんでおられました。
20151217hitoyasumi2.jpg

なんだか「ひと休み」っぽくていい感じだなあ…
と思って写真を撮っていて、翌朝また訪れたときに、
看板の柱に何か液体を塗るか拭くかしている業者さん(?)が
いるのをみて、こうした何気ない看板とかも
ちゃんといろんな人の手が入っているんだなあと感心しておりました。

たぶんなのでウソかもしれませんが、
新しい説明の木札とかも増えていたり
木が新しくなっていたりして、
細やかなところで新年を迎える準備がされているのだろうなあと。
20151217hitoyasumi3.jpg

私も見習って少しずつお掃除を積み重ねていかなと!とは思うのですが、
実際見習えているのは「ひと休み」ばかりだなあこのブログ。・゚・(つД`)・゚・。

まあでもそろそろクリスマスに向けて怨嗟のお焚き上げをするぞ~~~(笑)。

この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
幸せのおすそわけ
2015/12/16(Wed)

城南区のお仕事の日。

信号待ちにつかまって残念な気持ちでふと横を見ると…
20151216yellowpost1.jpg

ん?

よく見るとポストが黄色いのですねなんだかかわいい。
20151216yellowpost2.jpg
場所は福大と中村学園大をむすぶはなみずき通りの
金山団地の交差点というかサニー七隈店の交差点のところです。

詳細はこちら http://hanamizuki-st.com/guide/

調べてみると「幸せの黄色いポスト」と呼ばれているみたいなので、
けちな私ですがみなさまに幸せのおすそ分けです。
まあ、仕入れ値ゼロ円ですから(笑)

そのほか大判小判の写真を…
20151216yellowpost3.jpg
ってこれは「黄葉ん木葉んやんけ…」って思って
眉間にしわ寄せられた人もいるかもしれませんが、
まあそれが幸せならぬしわ寄せをおすそ分けできた証ということで…

・・・・・・・・・・・・・・・。

でも今日はほんと人のためにいろいろと働いたのは確かなので、
こうしてネタのない日になったことをお許しいただけたらと。
この記事のURL | 福岡情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
年末モード開始!!!
2015/12/15(Tue)
12月13日は暦では「正月事始め」といって、
この日から正月準備をするみたいですね。

まだそんな気分ではないなあ…と思っていたら、
月に1度の不燃物の回収日が14日で終わってしまって、
「もう今年は不燃物が出せないのか…」と思ったら
不思議と年末気分になってくるのが不思議です。
福岡市をはじめ不燃物等の回収が月1回しかない
自治体にお住まいのみなさま、回収日にご注意を!!

でも、そんな暦の変化に合わせたのか、今日はいろんな木々が
「一挙に葉を落として片付ける手間をはぶいてやろう!」
とでも思ったのかいたるところで落葉大奉仕セール開催中でした。
20151215yellow.jpg

櫛田神社でも青き衣をまといてナウシカが降りてきそうなくらいに
ふかふかした黄色いカーペットが出来ていて圧巻でした。
あと、年末年始の祭事の看板が出ていたのでいつものように文字起こしです。
20151215yellow2.jpg

櫛田神社年末年始祭事表

平成二十七年大晦日    午后四時 大祓式 午后十一時 除夜祭
平成二十八年 正月 元日 午前0時 旦祭
二日 午前十時 浜宮祭
三日 午前十時 元始祭
   午前十一時夫婦恵比須神社新年祭
家庭・職場に神棚を祀り感謝の心を育てましょう

三日のは予定的には見られそうだけどすごい混んでいるんだろうなあ…

そしてその後博多駅に行くとすでに注連縄と門松が!
20151215kadomatsu.jpg

今年はあたたかくてクリスマスモードさえあまり高まってないので、
ことさらこの注連縄と門松を気が早いと思ってしまいました。

え?クリスマス盛り上がってないのは独り身のお前だけだって?
そんな突っ込み気にしないぞ~~~~~~。・゚・(つД`)・゚・。
この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2015福岡ラーメンブログ賞発表!!!
2015/12/14(Mon)
そろそろラーメンブログ界では「今年のラーメン!」の発表が
出そろうころなのでそれを読むのを楽しみにしておりますが、
私の場合今年はほんとラーメン活動がほとんど出来ていないので
その手の企画が出来ないのが残念無念…

けど!ラーメン自体は食べられてないけど、
ラーメンブログは毎日2桁は拝見しているのだから、
ラーメンブログで今年の賞を設定すればいいじゃん!
ということで始めましょう2015福岡ラーメンブログ賞

まず最初の「誰も読んでないのに更新頑張ったで賞!」
ひねもすのらりくらりかなのく~ねるさんに!
20151214goldprize.jpg

お次の、「食べたラーメンの平均価格が小」
おおおこちらもく~ねるさんに!
20151214goldprize2.jpg

最後の、「意味不明で再現性のないオノマトペ多用症」は…
20151214goldprize3.jpg
はいこちらもく~ねるですね。・゚・(つД`)・゚・。くしょ~

・・・・・・・・・・・・・。

てな感じで、「私に賞をもらったらブログが呪われる!」
「訪問者数が減ったらどうしてくれよう!塩の代わりにごままくぞ!」
とか言われそうなのでボケに終わりました。

まあでもほんと私にそんなことが起きたら絶対ブログ中断しまくるだろうなあ…
と思うような出来事があってもずっと続けられている先輩ブロガーのお姿を見て
なんだか自分も頑張りたいなあと思える出来事が多かった年だとは思うので、
写真だけになりますが黄金の延べ棒をその方々に差し上げたいとおもいます。


20151214goldenramen.jpg

ってこれは黄金の(手)延べ棒(ラーメン)やんけ!
しかも半額かよ!!!!!
っていかにも私らしいオチがついたところでこのネタ終了です。
この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
けっこうはまる 熊本の亀せん
2015/12/13(Sun)
祇園の旧グルメシティに、そんなに有名ってわけでもないし、
高級ってわけでもないけどご当地を感じさせるおやつが
まとめられているコーナーが出来ていて、
その中で面白そうだと思って買ったのが亀せん。
20151213kamesenfront.jpg

熊本の味屋製菓合資会社(熊本市南区合志1丁目3番7号)製造で
見た感じでは歌舞伎揚げ風だと思って買ってみました。
20151213kamesenback.jpg

で、食べてみての感想「歌舞伎揚げとはぜんぜん違う」
20151213kamesenup.jpg

食感自体は歌舞伎揚げと似ているのですがそこまで油感はなく、
またぜんぜん違うのがしゃくしゃく食感の間から
醤油味と一緒に染み出てくるうまみで、
歌舞伎揚げがだしの味だとしたら、亀せんは香ばしい砂糖の味で
しゃっくりした元気さの中にほんわかやさしい甘みがふくらむので
ある意味それだけでは飽きてしまいがちな「やさしい甘さ」を
飽きさせずにずっとやさしく感じさせてくれる効果があるのかなと。

今調べてみたら熊本出身の森高千里さんがお好きだったみたいですね。

お値段も税込みで131円とお安く手に入るので見かけたらぜひ。
この記事のURL | 食べ物(福岡以外) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
TULIPに酔いしれて
2015/12/12(Sat)
20151212goldenroad.jpg

君の心に続く長い一本道は~~~♪

って、道の先にあるのは焼酎かい!

20151212goldenliquor.jpg
って、黄色い色系の写真が続いたので
この捨てられた靴が黄色だったらよかったのになあ…
まあでも踏みしめている葉は黄色系の色だしで。
20151212goldenshoe.jpg

ということで今日は飲みなのでまったく関係のない
黄色い写真をあげるだけで終わらせていただきます。
20151212goldentree.jpg

20151212goldenbuild.jpg
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
レストランみつるが最高!でした
2015/12/11(Fri)

先日の城南区のお仕事の日のこと。

学生時代を思い出したくて福大の学食などを訪問したりしたこともありますが、
全面ガラス窓の明るい空間にオフィス調の白いテーブルが無機質に並び
こぎれいな格好をした若い学生さん達がだらだらすることもなく
わははきゃははうふふ談笑しながらオフィシャルな笑顔で食事している様は、
普通の「社員食堂の大学版」みたいな感じしかしなくて、
なんか期待しているものと違うな~~~と思うことが主でした。

んでも、「ではいったい何があのころにはあったのか?」
ということがわからないまま学食探訪から遠ざかっていたのですが、
福大のすぐ近くにすごく雰囲気のいい店があるとの情報を得て
向かった先はレストランみつるさん。
21051211mitsurumise.jpg

住所:福岡市城南区片江5-46-18 (MAP) 駐車場:なし 
営業時間 不明ですが15時くらいに行ってもランチ食べられます

はい!みたからに合格!脳内でのど自慢の鐘も鳴り響けりゃ
仮装大賞の目盛りもあっというまに登り詰めて
あのファンファーレが脳内に鳴り響きながら入店です!
21051211mitsurumenu.jpg

アイスコーヒーの氷揺らすときのカラランという音に似たドアベルの音に
自分がまるで珈琲の中に一粒加えられた氷のように錯覚する暗い店内には
タバコと珈琲と若い学生の汗の匂いが流体のように満ち満ちています。

珈琲にちょっと入れてみたミルクが広がるように
目隠しされた窓からゆるりとこぼれ広がる午後の光しか
浴びない大学生はどこか影のある大人びた感じに見えて、
「彼女」じゃなくて「俺の女だ」なんて口走りそうな
最上級生の自負を背中にはすに座る男子学生と
男のタバコ奪って吸う姐さん気取りの女子学生が座るテーブルの向こうに
後輩達がかたまって座るテーブルがあって…あああ悶絶レベルのあの頃!!!

この雰囲気を壊したくないと目立たない店の隅のテーブルに座ると、
直角に腰を曲げたおばあさんが、それでもすすすと見事な平行移動で
お冷やとメニューに笑顔を添えて持ってきてくれて、
この方から見たら私も学生と変わらぬ若い衆に見てもらえるも~♪
などと勝手に若返った気分で450円のランチを注文です。

で、ランチを待ちながら今度は後ろの席の違う学生の会話に耳を傾けると、
おそらく新入生歓迎飲み会の打ち合わせをしている文化系の先輩後輩。

台風並に先輩風吹かしまくるおそらくは4年生と、
水飲み鳥並にへこへこ指示に従いまくるおそらくは2年生の関係は
存在自体が光り輝く体育会系の人達であれば大学構内でも出せるのだけれども、
そうした人達の前ではえへへと弱気をみせることしか出来ない文化系の学生は
暗さと煙にみちたこの手のお店でしか先輩面出来なかったよな~~~~~
なんて懐かしさと恥ずかしさと後悔と羨望と愛と哀が
脳内で疾風怒濤しまくっていると先ほどのおばあさんの娘さんらしき女性、
まあ娘さんとはいっても私より年上の女性が持ってきてくれたランチがこちら。
21051211mitsurulunch.jpg

オーバルステンなお皿の中で一番目立つのがハム!切っただけのハム!
マカロニサラダ!なめらかさせてないごつい系!
豚カツとエビフライ!衣のジューシーさが命のフライ!
そしてそれを支える熱き情熱のご飯!変に表面つやつや成分入れてないので
ほっくりして噛み込むと味がしっかりしていてこのご飯はおいしい!

量的にはそれほど多くはないのですが、15時なんてアイドルタイムに行っても
揚げ置きではなくてその場でちゅわわわと音たてて揚げてくれて
あつあつのフライにほかほかのご飯を出してくれて450円はすごい!の一言。

まあでもこんな感じで、かなりのおっさんにとって「懐かしい!」
って思えるほどの「あの頃感」を提供してくれるお店って
最近ほとんど出会えてなかったので感動しきりで御座いました。

「全メニュー制覇」は無理だろうけど、パスタとサンドあたりに
チャレンジしてみよう~~~~と再訪を心に決めつつ会計して出ようとすると
「忘れ物はありませんか~~」と優しい声で尋ねてくれる娘さんの声に
『また今度忘れ物を拾いにやってきます』と心の中で返事をして退店しました。
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ええか~~~ ええのんか~~~
2015/12/10(Thu)
20151210eekaeenonka1.jpg

写真は川端通り商店街のせいもん払いさんの水槽の魚。

20151210eekaeenonka2.jpg
博多駅と祇園駅を結ぶ連絡通路から地下鉄駅に出たところの
デジタルサイネージに表示されていた広告。

「神戸アニメストリート」が目玉ロゴ使用中止 村上隆さん申し入れ受け
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151209-00000025-san-l28

ある意味、「高尚な芸術行為」として無差別絨毯告訴とかを
してくる可能性も無きにしも非ずと思うのですがどうかなあと。

まあぱっぱり同じ名前ならこっちの方の人が断然好きだなあと。
20151210eekaeenonka3.jpg

表題の「星守る犬」単体でもいいのですが、その後のストーリーである
「日輪草」とセットになってこその効果がある本だなあと。
まあ、私が目指せるのは奥津さんの生きかたしかないというのもありますが(笑)
この記事のURL | 博多部周辺 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
[ネタ]宗教の裏側をあばく!
2015/12/09(Wed)
20151209ura2.jpg

僧侶の運ぶ看板の裏側は!!!!

法然上人の…あと読めず

20151209ura1.jpg

ということで今日の写真はいつもの櫛田神社ではなく
東京の増上寺で撮影したものです。
20151209urazojoji.jpg

某アナウンサーが行く年来る年を担当して
頂点に登り詰めた時の場所だったなあ…
除夜の鐘では煩悩が収まらなかったようで
捕まってしまいましたが今はどうされているのやら。

スカイツリーとの相乗効果なのか、浅草周辺は
海外からの観光客で満ちあふれていて落ち着けませんが、
主役の座を退いた東京タワーのかわらぬ気品を
寺院の落ち着いた雰囲気の中たのしめるのでオススメです増上寺。

門の前から撮ったこの写真のすぐ先が地下鉄の「大門」駅で、
その先徒歩10分以下のところがJRの「浜松町」です。
20151209urazojoji2.jpg

これまでは京急の利用が多くて未訪問だったのですが、
モノレール乗るために浜松町で乗り換えるときに訪れてみて
ちょいと足伸ばす価値のある場所だなあと思いましたので、
皆様も東京出張の帰り際などに訪れてはいかがでしょうか?

最後は福岡の宗教の裏側を!

って、おそらく新しく入られたのであろう櫛田神社の権禰宜さん(?)が、
太鼓の練習をされている姿でございますが。
太鼓にあんちょこを貼ってあるのがなんだかういういしい。
20151209ura3.jpg

今の時期だと6:30に朝を知らせる太鼓が簡単になって、
その後7時台に結構長く太鼓が打ち鳴らされるのは知っていましたが、
太鼓と共に読み上げられている文章がこんなに長く複雑なのかと知って
そりゃ最初は紙を貼らないと無理だよなあと思った光景でした。


この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
この「ごますり器」がすごい!!!
2015/12/08(Tue)
先日、さぬきうどんやさんでうどんを食べたときのこと。
(このお店についてはまた時間ある時にかけたらなと)

ネギと天かすで食べていたのですがもう少し味の変化が欲しいなあ…
と思ってカウンターの薬味を見てみるとごますり器を発見。
20151208gomasuriki.jpg

豚骨ラーメンやそうめんにゴマを入れるのはよくしますが、
うどんにはあまりいれないよな~と思いながらも
食べていたのが冷たいぶっかけだったのでゴマは合うだろうと思って
ごますり器をくるくるまわすと…

なんつうスムースな回し心地!!!

福岡の豚骨ラーメン屋でよくみかける、
ちょいと飛び出た棒でうすのようにまわして挽くタイプのものが
パンクした自転車の車輪で無理やり走るときのような
引っ掛かりと振動を指に伝えて疲れさせるものだとしたら、
こちらのごますり器のものは高級電動自転車で
きれいに舗装された道路を行くときのようなすい~すい~で
「ただし摩擦を0とする」なみの気持ちよさでした。

で、調べてみると京セラの商品なんですねこんなのも出していたのか。

京セラの公式ページがみつからなかったので、
アマゾンの紹介ページへのリンクはこちら(アマゾン)。
アフィリエイトとかではないのでご安心を。

最初見たとき、サイズの大きいやつで1600円近くしたので、
買うのあきらめていましたが、小さいやつなら600円程度か…。
買ってみようかな…。

ラーメン屋さんに備え付けるごますり器を全部これにして欲しいですが、
そしたらゴマの消費量が増えてお店の方は困るかもしれないなあなどと(笑)。


この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ラブリー ラーメン クリスマス
2015/12/07(Mon)
これが表示されているときは楽しいことがあって
24時までに帰宅出来なかった時なのでお許しを。

東京からの帰りの飛行機、晴れているときは
ぼ~っと夜景を見続けていればすむのですが、
曇りだと夜景が見えなくて暇なので手帳に落書きして過ごします。

テーマは、「クリスマスにちなんだラーメンのアイディア!」
ということで、隣で小難しい顔して本を読みふける紳士に
みられても平気な高尚なアイディアを出したいよね~~~

って書いたのがこれかい!
ramenxmastree2.jpg

まあでも、一番下の「シナチクで幹、ネギで葉、
卵の黄身と刻み紅ショウガを散らしてクリスマスラーメン!」
っていうのは、豚骨ラーメン店だとどこでも出来るよなあ~
卵黄の代わりに揚げ玉、紅ショウガの代わりに七味をつかうと、
うどん店でもできるよな~~~~なんて思ったりも。

まあ、のぞむべくならクリスマスにラーメンのことなんて考えたくないけど
多分今年はクリスマスで空いたラーメン屋で一人
ラーメンと一緒に涙をすすって、「え~い胡椒いれすぎちまったい」
とか言ってちょちょぎれる涙の言い訳をするのだろうなあ…。・゚・(つД`)・゚・。
この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
二郎系の総本山!三田本店に行ってみました!
2015/12/06(Sun)

ホテルが東京タワーの近くだったので、三田は徒歩圏。
最近はダイエットのため控えておりますが、
やはり性根はデカ盛大好きな私なので、
「ラーメン二郎系の総本山ならマシマシで食べても良いよね!」
と自分に言い聞かせて訪問したのですが…日曜定休。・゚・(つД`)・゚・。
20151206ramenjiro1.jpg

んでも行ってみて初めて知ったのですが、
日本のお坊ちゃま大学の雄である慶応大学様のほんとすぐ横で、
なんというかそのギャップに驚かされました。
20151206ramenjirokeio.jpg

あと驚いたギャップが、「店が薄い!」こと。
「たった一つのホールケーキを何人で食ってんねん!」
って突っ込みたくなるほど薄く切り分けられたシフォンケーキのような
風が吹いたら桶屋が儲かる暇もなく倒れそうな三角形の建物は、
「学生街のイニシエ系の古い建物で趣き感じさせながら営業」
てな自分の勝手な思い込みとぜんぜん違って面白かったです。
20151206ramenjiro2.jpg

今調べたら2度の移転を経ているのですね(wikipedia該当ページ)


土曜の夜なら訪問することが出来そうなので
次までに二郎食べても大丈夫なくらいダイエットして臨むぞ~~~!
この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今日は贅沢!(結構本当)
2015/12/05(Sat)


ホテルは豪華にツインルーム!
20151205deluxe1.jpg

って単に空き部屋が多いみたいなのでシングル予約なのに
ツインにしてくれただけですが!

晩御飯のお弁当も結構豪華!
20151205deluxe2.jpg

って、ただ単に昼の残りをもらってきただけですが!
でもこの枡本さんの亀戸大根のたまり漬けはうま~ですよ。


ワインだっておフランスさん!
20151205deluxe3.jpg

って、買ったのはLAWSONだし600円弱ですが!

まあでも今日で用事終わって明日はフリーな状態で
こうして広々としたホテルでのんびり出来るのはほんと豪華!
なので、そのよろこびをじっくりワインとともに流し込もうかと。

それではおやすみなさい。
この記事のURL | 食べ物(福岡以外) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
見下げてごらん地上の星を
2015/12/04(Fri)
今の時期今の博多今の時間 
人はイルミばっか見上げているでしょうが
結構いいのが足元のライト。
20151204misage1.jpg

入り込んだ水が水色に照らされて
ぷるんとみずみずしくころころしてていいなあと。

・・・・・・・・・・・・。

このあとぐたぐた10行くらい書いたのですが
今日はそんなこと載せるのはやめて飲んで終わりにしましょ~♪
まあでも「地上にも星はあるんだ~見つけて~」なんて主張より
空だけでなく地にも痴にも恥にもあまねく星をみつけるようにすれば
見つけてもらえなくてもいいわけだよな~なんて言い訳をして
すでに結構酔っている杯をすすめたいと思います。
20151204misage2.jpg

それではおやすみなさい。
この記事のURL | 写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
祭りのあとさき
2015/12/03(Thu)

今日はちょっと早めの出勤だったので、
夫婦恵比須神社はまだ祭りの雰囲気もなく
時折強く吹く風の中静かにたたずまれておられました。
20151203beforeafter2.jpg

幟が赤白青でトリコロールですな。
20151203beforeafter1.jpg

で、仕事終えて21時ごろに訪れてみると
祭りの装いはすべて残されているのに、
「すでに通り過ぎた」感でいっぱいでした。
20151203beforeafter3.jpg

まあでも、そう考えると、「何かが確実に存在した」
と思えるからこそ「過ぎ去った」と感じられるわけで、
これって実は「祭りに参加している時」に
リアルタイムで感じることはなかなかむずかしくて、
こうして祭りのあとを訪問して初めて覚える感覚なのかなあ…
だから私は祭りの後がすきなのかなあ…なんて思って帰宅です。

というところで明日は朝一出勤なので本日はこれで寝ます。
おやすみなさい。
この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
勇気が出ませんでした
2015/12/02(Wed)
12月2,3日、今日と明日は櫛田神社の夫婦恵比須大祭!
恵比須さまの大祭だけに「鯛祭」タイ!ということで、
一人だけど参加してみようかなあと思っておりました。
20151202meotoebisu1.jpg

で、仕事終えて21時過ぎ頃に境内につくと、
ちょうど一般千座式を終えた人たちが出てきていて、
恵比須会館の室内の明かりをバックに照らし出されたその姿は
向き合う談笑の姿次々とうつして過ぎ去る夜汽車のような夢心地で
なんだかみんな楽しげでいいなあ…と物欲しげに思いながら
次の参加者が集まるテントのしたをみてみると、
折からのそこそこの降りの雨のせいか参加者は少なめ…

この人数の中で仕事帰りのゆめタウンで6000円で買った
安スーツを着たおっさんが、ドラモリで買った
半額で11円になった焼きそばゆでめんともやしの袋携えて
座るとものすごく浮くよなあ…と反省してすごすごと帰宅しました。
20151202meotoebisu2.jpg

で、酒でもかっくらって気を大きくしたら22時頃に出て行って、
23時戻ってくればブログ更新できるかな???と思って
ウィスキーの水割り飲んだらのんびりモードに入ってしまいました。
明日は仕事の関係で参加できる可能性ゼロなので
今年の夫婦恵比須大祭への参加は出来ないことが決定しました。

20151202meotoebisu3.jpg
(はんこ押すのは仕方ないと思うけどこの落書きはなんかやですね)

まあでも来年の2、3日は金、土なので参加者は多いはず!
それならばおっさんが一人で混ざっても平気なはずなので
来年こそは参加させていただきます!!!!!

って、「来年は相手をみつけて!」って発想が出来ないのが
自分らしいといえば自分らしいのでしょうが。・゚・(つД`)・゚・。


この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ