FC2ブログ

ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2015.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2015.08

2015.07.19 Sun » 覗きの極意

今日は出勤でしたが急ぎの仕事はなかったのでのんびり気分。
ちょっと櫛田神社におまいりしてから行きましょうか…
といつものように手水舎によってみます。

20150706cheapliquorhisyaku.jpg
写真は7月6日にブログにあげたものと同じものです。

で、この日は気分的に余裕があったので、
ふと手水のほとばしる水槽(?)の部分の中を覗いてみると、
水槽の底には小石が沈められていて、
まっすぐな朝日がそのまっすぐさで水の透明さを強調しながら底にふりそそぎ
ほのかに帯びる冷涼な青が夏の暑さをどっかにやってくれます。
20150719nozoki2.jpg

こういうのを「甕覗きの青」って言うんだろうなあ…と。
参考ページ http://www.color-sample.com/colors/338/

で、こんなアホほど透明な水も、ほんのちょっと角度を変えるだけで
これまたあほほどすべてをはねつくす水鏡になるわけですごい不思議。
20150719nozoki3.jpg

この辺私が物理学とか馬鹿だから不思議に思うだけで、
理系の人とかだとこのあたりの原理を数式で説明できるのでしょうか?

ま、でもこうした現象から文系的に考察すると、
同じ水という無色透明な物質を見ても
「本来そんなに見えるはずもない鮮やかな青」を見ることも出来るし、
「まったく水関係なしにほかの物質を写してみる」ことも出来る以上、
「いろんな角度からいろんな視線で覗く」ことで
同じものをみても違うものを見出すことが出来るわけで、
そういう意味では「いろんな見方をすることで同じものから
無限のものを引き出すことが出来る」のかなと。

そういう意味では「この麺はうまい!」「まずい!」とかいった
1方向の軸に沿った方向からの覗き方じゃなくて、
いろいろねじれた方向にはりめぐされた軸を臨機応変に採用しながら
いろんな色を覗いてみることで「最近おいしいものないねえ~」
なんて不満を感じることはなくなるんだろうなあ~などと。

まあでもそのためにもまずは麺を食べに行かないといけないんですが…。
スポンサーサイト
09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif