幸せな閉店?
2015/01/31(Sat)
長崎市・佐世保市・雲仙市のゆめ市場の「キトラス」さんが
本日1月31日で閉店とのことだったので行ってみました。

ユニオンさんに「クルス」がオススメだとうかがっていたし、
閉店前だといろいろ値引き商品あるかなあ…と思ったのですが、
おそらくすでに値引きセールが前もって行われていたようで
本日午前の段階で店内はほとんどすべての物が売り切れておりました。
20150131kitorasulastday.jpg

店内の写真を撮るのは許可されないことが多いので遠慮しましたが、
ほとんど商品のないがらんとした空間は、さびしさではなくて
なんというかさばさばした身軽さのようなものが部外者には感じられました。

まあでもお昼ご飯に甘い物食べる予定が狂ったので
どうしようかと悩みつつ川端通り商店街を引き返していると
10個120円のミニ饅頭が売られていたのでそちらを購入。
20150131kokutoumanju.jpg

林田食品産業株式会社(佐賀県嬉野市塩田町大字馬場下甲4279のものでした。
本業は業務用のバラ明太子製造みたいですが、10円饅頭もしているみたいです。
http://www.mentai-umaka.com/uresino/index.html

餡もしっかり入っていて、生地はしっとりもっちりしていて
安い饅頭に良くある「ばっさぱっさ」した感じは皆無だったので、
1つ食えば落ち着いて、も一つ食えばうるおって、てな感じで良かったです。

20150131kagoshimabussanten.jpg

その後出勤のため博多駅に到着すると、福岡と鹿児島の物産フェアしてました。
こういうのに頻繁に出逢えるのが博多駅周辺に住んだメリットだなあと。
スポンサーサイト
この記事のURL | 博多部周辺 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
やっと無駄遣い出来るときが来た!!!
2015/01/30(Fri)
全然公式ではない、噂としての情報ですが、
キヤノンのEOS5Dの高画素機が出ると聞いて興奮しております。

デジカメinfoさんの情報から私の気になるところのみをあげてみると…
・5Dsとローパスなしの5Ds-Rの2種類
・50.6MPフルサイズCMOSセンサー
・5DS R はローパスフィルターがキャンセルされている
・常用感度はISO100-6400
・連写は5コマ/秒
・高精度61点AF
・1.3xと1.6xのクロップ撮影モード

なんと5000万画素とな…。・゚・(つv`)・゚・。歓喜の涙

5DMarkⅢが発売されて買おうかどうか迷ったけど、
画素数では2110万(5d2)から2230万(5d3)にしか上がらないというか
全然変化がないから買い換えなかった「画素数オタク層」が
一挙に怒濤のごとく買い換えると思うので結構売れるんじゃないかなあ…と。

画素数に目がくらんでNIKONのD800などに浮気せずに待っていてよかった…。
20150130my5d2.jpg
(噂の機種が発売されるまで頑張ってくれよ~現在の愛機5D2)。

まあでも、価格コムや掲示板などでは
「5000万画素も不要!」
「ISO上限が6400なんて少なすぎ!もっと高感度を!」
「5コマ/秒では連射が少ない!」

などの意見が結構見られて、ある意味不評な意見の方が多そうですが

「掲示板に書き込む人の持つ意見・感覚」と
「実際にお金を出して購入する人の意見・感覚」がずれているのは
非常に良くあることなので、今回は実際に出ればかなり売れるのではと。

勝手な予測ですが、
30万前後:バカ売れするがさすがにこの値段では出してくれなさそう
35万程度:「高いねぇ…」という反応が多いが実際にはそこそこ売れる
40万程度:「高い~。・゚・(つД`)・゚・。」という反応がほとんどだが意外と売れる
50万以上:確実に買う層はいるけど、1Dsの名前にしないと売れないのでは…
てな感じになるんじゃないかなあ…などと。
20150130my5d2_2.jpg
(噂の機種が発売されるまで頑張ってくれよ~現在の愛機5D2)。

まあでも、私のような「5D3をあきらめて次に備えていた5D2ユーザー」は
「1台分節約できたのだからその分高くてもええ!とにかく出してくれ!」
って気分であるのは確かなので、ほんと買えなくてもいいので出してねキヤノンさん。

20150130kikennakake.jpg
さてさて、実際に出たら買えるように、
今まで以上に半額品などのお得な買い物で節約しまくらないと!!!
ええ、半額以下のゴマサバを食べる並の危険な賭だというのは自覚してます(笑)。
この記事のURL | 写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パクツイからみる食べたいラーメン
2015/01/29(Thu)
全然問題みていないので嘘かもしれませんが、
センター試験の国語で「パクツイ」が出題されたみたいですね。

一応、知らない人もいるかもしれないので簡単に説明すると
「(他人のツイートなどを)パク(った)ツイ(-ト)」で、
人の言ったことなどの成果をパクって自分のものにして人気を得ようとする、
まあ、他人のふんどしで相撲を取る系のズルですわなと。

20150129hangakuika1.jpg
(写真は本文にまったく関係のない、感動の半額以下商品)

こうした「パクリ」に関してはおそらく有史以来ずっと続いてきていると思うので、
パクツイを現代特有の病理として捉える気はありません。
ほんと、オリジナリティ求めて「まだされていないこと」を探しまくった結果、
無意識のうちに過去に影響されてパクリとかわらないものしか出せないことなんて
それこそ星の数ほど経験してきておりますし、
それを避けるのが難しいこと自体もある意味有史以来の宿命だと思います。

んがしかし、「パクツイ」に関して、昔では出来なかった
現代特有の「対策」はgoogleさんがその気になったらすぐに出来そうだなあと。

それは、「オリジナルがいつ出されたのかを証明する機能」で、
『これってパクツイとかパクリの画像っぽいよな~』と思ったものを
現在の画像検索みたいなシステムで検索してみると
そのオリジナルが「いつ・どこで」出現したかを教えてくれるサービスあればなと。

これって、ツイッターの場合だとツイートした時間で
アーカイブされているだろうからまず可能だろうし、
画像でも基本的にツイートと変わらずに出来ると思うのですがどうなのかなと。

20150129hangakuika2.jpg
(写真は本文にまったく関係のない、感動の半額以下商品)

んでもこうした要求はいろんな人がかなり強く思っているのであろうのに、
Googleさんが提供していないのは、意外とオリジナルの同定は
単純ではない作業だからなのかもしれませんね。

もしかしたら、芸術作品が贋作かどうかを判明するときのように、
落款などの単純な一致不一致などでは判定できない「目利き」が
必要な作業なのかもしれませんねえと。

ま、でもそういう意味でふと思うと「うまいかはおいといてオリジナリティある!」
って心底思えるラーメン屋さんってどの程度あるのかなあと。
別に「このお店パクツイじゃん」とか思うお店にであったわけではないですが、
チェーン店でもないのに「公式RT」なお店はないこともないよなあなんて。

とはいえども、人の動きとかの「系譜」によらない、味だけでみた「オリジナル」って
目利きならぬ「舌利き」の美食家の人じゃないとわからないと思うので
そういった方が率先して「福岡市内のオリジナリティBEST10」とか提示してくれたら
そうしたお店をツアーでめぐるとかしてみたいのですが…。

まあでも、他の人に頼って祈ってするだけじゃなくて、自分自身でも探して
「おいしくはね~!でも面白くはある~!だから違う意味で“おいしい”~」
なんてお店といっぱい出会える年にしたいなあ…なんて、
1月が完全に過ぎ去ろうとしている頃に一年の計を書いていますが
ほんとそうしたオリジナリティあるお店探訪を頑張りたいなと。

私が思うのは、あそことあそことあそこと…ある意味あそこと…

「お前が書くと営業妨害にしかならんからやめとけ」という突込みが聞こえてきますが(笑)
この記事のURL | 食ニ想フ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
個人情報の優先順位
2015/01/28(Wed)
通販で買った荷物をひきとりに行ったときの話。

「免許証などの身分証明書の提出をお願いします」
「はい」と運転免許証を差し出す。
「免許番号を控えさせていただいてもよろしいでしょうか?」

というやり取りをされることは結構多いのではないでしょうか?

もっとレベル高くて「免許証のコピーをとらせてください」とか言われたら、
「個人情報保護方針はどうなっているのか?」と聞かれることも増えるため、
最近は安易にコピーをとらないようにしているところも多いでしょうが、
番号だけなら平気でしょうと安易に聞かれ、また安易に答えている人が多そうだなあと。
20150128kojinjoho1.jpg

「住所」と「免許番号」、どっちのほうを秘密にしたいですか?
と問われたら、結構な人が「住所」と答えるのではと思います。

確かに、住まいが持ち家の人の場合は、住所を知られるほうが嫌でしょうが、
住所に関してはいざとなれば変更することも出来るのですが、
運転免許番号に関しては基本的には変えることが出来ないんですよね。
(免停などになれば変わると思いますが)

なので、「住所」を教えるだけでは「今の住所」しかわからず、
それ以前の住所をたどるには戸籍や住民票などをたどる必要があるだろうし、
「文字データ」なので細かな違いで検索でヒットしないことも多いため、
住所をもとにさまざまな場所に散らばる個人情報を結びつけるのは
結構難しいと思います。
少なくとも「引越し前後の買い物データの結びつけ」はかなり難しいだろうと。
20150128kojinjoho2.jpg

「いや、それより氏名が一番使いやすいでしょう?」といわれそうですが、
これも「漢字を少し変えて偽名を使いやすい」「同姓同名が結構いる」
ことなどより、個人情報の集約において欠点があると思います。

しかし、運転免許番号に関しては、上であげたように「生涯変化しない」ものであり
「数字であるため漢字間違いなどでの偽装がしづらい」という検索上のメリットがあり、
いろんなお店で使われているため、それらの情報を集約しやすいという
すごいメリットがある気がします。

たぶん、免許番号を知られただけで、
免許取得後の住所の変遷などが全部ばれ、
更新毎の顔写真で年々どんな感じでふけていっているのかもばれ、
顔はふけていくのに借りるエッチなビデオは…
なんてことまで関連付けられてばれてしまうんだよなあ…と。

「個人情報抜かれるから~ポイントカード使わない!」とかいう人いますが、
それよりもっとすごくひもつけ能力高い免許番号の情報については
気軽に提供している人が多いんじゃないかなあと思います。
その辺、ある意味「集める側」も自覚せずに集めている人が多いんじゃないかなあ…
で、いつの間にかそういう情報が抜かれてビッグデータとして売られていると…。
20150128kojinjoho3.jpg

「じゃあいったいどうしろっちゅ~ねん!」と言われそうなので
某宅配の受け取り窓口での対応策を書いておくと
・健康保険証などの提示
・「1名ではなく2名での目視による同時確認」

などで代替出来るみたいなので、私はいつも保険証をみせるようにしています。

こんなこと書くと「なんか怪しい買い物とかしているのでは?」
と怪しまれそうですが、そういうわけではないのでご安心を。

今日も時間とネタがないのでこんな内容ですみません…。
明日はもっとよだれの出るようなおいしいブログを目指します。

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
JR九州 ~その血塗られた秘密~
2015/01/27(Tue)
巨大組織JR九州が起こした
血で血を洗う抗争の証拠をいまここに!

九州横断特急が血まみれに!!!
kyushuoudantetsudou1.jpg

あああここも血まみれ!!!
kyushuoudantetsudou2.jpg

ここまでも…完膚なきまでに血まみれ!!!

kyushuoudantetsudou3.jpg

なに?つまらん???
「JR九州の暗黒面が見たかったのに…」だと???

では見せてやろうJR九州の暗黒面を!!!

kyushuoudantetsudou4.jpg

・・・・・・・・・・・・・。

すみませんねネタがないとこんな感じの無理やりネタばかりになって。

んでも、西鉄の313系が1952年の運行開始から60年以上走り続けて
引退したニュース
がつい先日(1月25日とのこと)流れたくらいなので、
電車が塗装を変え路線を変え時には国まで変えて走り続けるのは知っていますが
ここまで「急場のしのぎ」的な塗りつぶされ方で運行しているのは初めてみたなあと。

まあ、鉄道ファンの人にとってはよく見かける風景なのかもしれませんが。

あああでも最近新幹線の利用ばっかりなんでどっか特急で旅行行きたいなあ…
佐世保か日田か別府あたり行ってみたいのですが…
kyushuoudantetsudou5.jpg
この記事のURL | 小ネタ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
一蘭に関する素朴な疑問
2015/01/26(Mon)
今日はネタがまったくありません…
何かネタがないかと先週天神方面に散歩したときの写真をみていると、
豪華な一蘭本社ビルの写真が眼に留まりました。
ichiranbld20150126.jpg

これって、おそらく「何かあったときにホテルやマンションに転用する」
ことを意識して設計されたからこんな感じの建物になったと思うのですが、
今現在10階以上とかは店舗として使われているんでしょうかね?

高層階から中洲方面の風景見ながらラーメン食べたらおいしかろうけど、
一蘭さんの場合味集中システムがあるから窓からの景色は楽しめないのかなあと。
ichiranbldmae.jpg

何度も訪問してクリアしていくとどんどん上の階にいけて
幻のラーメンを食べられるみたいなダンジョンクリア系のお店だったら面白いのに。
tenjinchikagai20150126.jpg

ものはためしで一回くらい体験してみようかなあ一蘭さんを…
『このからを~破るのはあなた~♪』
この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
えび天ラーメンを出すお店発見
2015/01/25(Sun)
キャナル前のグルメシティから櫛田神社に渡る信号待ちをしていて、
いつもは目の前の「がね屋」さんの高級なたたずまいに
「ほう~」とあこがれとあきらめの嘆息をもらすばかりなんですが、
今日はふと視線を中洲方面に向けてみると…「えび天ラーメン」ののぼり発見!
ebitenramennobori20150125.jpg

えび天ラーメンといえば、以前訪れたことのある
「丸八ラーメン(福岡市早良区田村7-7-4)」さんが
出されていたのを記憶しているなあ…
えび天じゃなくて煮干ラーメンを食べておいしかったので(そのときのブログ)
次はえび天を食べたいなあと思ってたら閉店されたんだよなあ…

などと思いながらお店に近づくと、こちらは
「焼とり・もつ鍋」のお店がだす「しょうゆラーメン」のお店で、
それにえび天が載るバージョンが750円とのことでした。
ebitenramenmenu20150125.jpg

今、看板をじっくりみてみると、お店の名前が「唐八」で
しょうゆラーメン600円と煮干しラーメン600円とあるので、
確認できていませんが丸八さんの関係なのかもしれないなあと。

唐八というと私の場合、さだまさしの『夢供養』の最初の曲を思い出して
その曲ははたあげで有名な長崎の公園から来ているみたいなので、
もしかしたら長崎からみのお店なのかもしれないなあと。
yumekuyou20150125.jpg

食べログ情報だと、唐八さんのお店情報は、
住所:福岡市博多区上川端町3-3 (MAP) 
営業時間:18:00~翌5:00 定休:不定
てな感じで、焼き鳥もつ鍋メインの居酒屋さんがラーメンを出す、
といった感じのお店なので、ラーメンは基本昼にしか食べない
私が訪問することは難しそうですが、全国的にも珍しい
えび天ラーメンを食べたい方はぜひぜひ。



この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
櫛田神社おたふく(修正)
2015/01/25(Sun)
昨日はパソコンでネットが出来なかったので、
スマホで写真撮ってスマホから更新したのですが
全然うまくいっておりませんでした。

スマホからみると写真はふつうに表示されるのですが
パソコンで見ると画像が巨大なままで表示されるのですね。
20150124otafuku1.jpg

ちなみに櫛田神社のおたふくさん、
正面(?)と海側の門のは24日段階でありましたが
川端通り商店街方面のはありませんでした。
例年、商店街側ってありませんでしたっけ?
20150124otafuku2.jpg

今日のブログは今から書きますが…ネタのタネが発芽しないなあ。・゚・(つД`)・゚・。
この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ラーメンブログの閉塞感続き
2015/01/23(Fri)
ブログとSNSの違いは無数にありすぎて語り尽くせませんので、
ここでは「食べたラーメンの感想を書き、(見知らぬ人を含む)他者と共有する」
という機能に絞って考察してみたいと思います。

こういう目的の場合、Facebookに関して言えばその気になればブログ的な
ものになり得るし、LINEの場合は見知らぬ人への伝達機能がほぼないので、
ここではtwitterに絞って考えてみたいと思います。

twitterとブログを比較したら、その一番の違いは「文字制限」ですよね。
「140字以内」っていうのはかなり大きいよなあと。

日本の場合、表意文字だから表音文字の国より内容豊富に出来るし、
ウォークマンやおせち料理的な「小型化、詰め込み化」を好む文化もあるので、
ほんとうにびっくりするくらい豊富な内容や起承転結、大どんでん返しを
仕込まれた名ツイートも多くてびっくりしますが、それでもやはり
基本的には何文字でも書けるブログに較べると内容は薄くなりがちです。

---------------------------------
アジアカップに夢中になってしまい書く時間がなくなってしまいました。
---------------------------------
kyaaa20150123.jpg

で、要点だけ書くと、140文字でも結構書けるのは確かなんですよ。
例えば、適当に空想で書いた以下の文で120文字です。

「AB飯店(福岡市博多区中洲1-1-1)ラーメン500円。
豚骨スープは濃厚で脂も多いが不快な匂いは少なく飲みやすい。
麺はCD製麺の中細麺。カタ麺で頼むと小麦粉の味が強く出て美味。
営業:11:00~23:00 定休:日曜日 駐車場:店の前に4台」

そう言う意味では「容量的にはそんなに書けないわけではない」のですが、
twitterで実際にツイートされるのっておそらく50文字程度が多いのではと。
その理由として、「スマホなどのデバイスでは文字を打つのがかったるい」
というのもあると思いますが、今の若い人達はスマホでレポート打って出す人も
いるように、スマホでの文字入力にはそれほど抵抗はないとも思います。

では、なぜ短い文章でしかつぶやかないのか???
それはおそらく「文章を書く目的が異なってきた」からだと思います。

私を含めブログ世代は「文章の書き手は自分のみ」であり、
「評価対象は自分の書いた文章でなされることを希望」しており、
「書かれた文章単体での評価」を期待していると思います。
なので、「内容が受けるかどうか」「受けなくても価値があるかどうか」
について責任を負うのは書き手である自分がすべてであり、
そのため、自分が「書ききった」と言えるまでの長さで書くのだと思います。
いや別に、偉大な作家の人生であってもボードレールの一行に凝縮出来そうなことや
140字どころか5.7.5の17文字で無限を表現できることも分かってますが
例えば「箸を置く のもためらわれ 底を漉く」とかを数秒で思いついたりもしますが、
でもそれは「あるお店のあるラーメンの味の個性を記述する」には
やはり足りないものであることも自覚しているのでやはり長めになると思います。
asagao20150123.jpg

しかし、twitterなどでみかける、ラーメンの写真とともに
「なにこの量www」とか「ラーメンの写真撮ってるオタク発見×3」
みたいなものは、どちらかというと「ツイート単体での評価」ではなく、
それこそSocial Networkに広がっていくことのみを目的としていて、
そこでリツイートやふぁぼなどでどれだけ評価されたかということのみを
目指す内容になってきていると思います。

なんというか、野球やサッカーで例えると、
ブログが「プレイの内容についてくどくど書く」ものであれば、
ツイッターは「応援ボードがテレビに映るのを期待する」ものや
「すごく盛り上がるウェーブや応援の一員や、出来ればそのきっかけになる」
ことを期待してなされている物が多い気がして、それらはかなり違うものだなあと。

で、そうしたものを求めると、リツートされるときにコメント入れやすくするために短くするし、
くどくど書いて「下手に流れの方向性をつくってしまう」よりかは、
「どんな流れにも乗りうるコンパクトな物」を目指すが故に、文章自体は短く簡潔なものになると。
なんというか「世界のつながりに適応するために、全体の一部となりやすくする」ことで
「自分自体が全体になることを避ける」傾向があるのかなあと。
ほんと鶏口となるも牛後となるなかれなんてまったくなくなった感じで
「いかに巨大で面白く動く牛の1細胞になれるか」を目指した表現が増えたよなあと。

いやね、「世界とのつながりを求める」ってすごい意味のあることだと思うんですよ。
「知り合い経由で6人たどっていくと世界中とつながれる」
という「6次の隔たり」「スモールワールド現象」などとちょっと似ていますが、
自分がリツイートした情報がいつのまにかすごい数のリツイートやふぁぼを獲得
しているのをみて、「なんだか世界は狭いなあ」と思ったり
フォロアー数の多いインフルエンサーが自分のツイートをリツイートしてくれたりすると
なんというか「流行伝播」うねりの一員になれた気分がしてそりゃうれしかろうと。

んでもねえ…そうしたことを求めるがあまりに、安易になされるのが
最近話題になった「つまようじ混入」やら「異物混入のねつ造」や
「過去に話題になったもののパクツイ」「犯罪や虐待画像などでの炎上狙い」などの
「のせられやすい人」をターゲットとしたネタ的なものへの集中なんだろうなあ…と。
iriyastreet20150123.jpg

で、それをラーメンに当てはめてみると、おいしさなどでの評価軸が薄れ、
「面白いネタ的なラーメン」「一般的にすでに評価が固まっている物」
「(たまたまなのに)出来の悪かったもの」などのツイートが受けるのは確かなので、
そちらばかりにツイートが固まってしまって、
「うけるラーメン探し」ばかりが目立つことで「何気ない良さのあるラーメン」
などへの注目がほんと減っていくんだろうなあ…と。

なので、なんとか若い人も楽しんでもらえるようなブログを増やすことで
若い人がブログから離れきってしまうのを避けつつも、
情報の速報性が重要な「新店情報」などでツイッターをフル活用していくのが
現実的な視点で一番良いことなもかもなあ…などと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

そうした危険性があってもこんな長くて内容の薄い文章書く
お前のブログよりよっぽどましじゃい!!!!!
それなのに長文書くお前は自己反省が足りんのじゃこのクソボケ!!!
と突っ込んでくれるような、上の長文におつきあいしてくださった人が
いるか不明ですが、そういう人だと「時間が無い時の文章は長くなる」
ことも分かってくださる方だと思いますのでなにとぞお許しいただけたらと。
この記事のURL | 食ニ想フ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ラーメンブログの閉塞感
2015/01/22(Thu)
みなさま、ラーメンの情報をどのように手に入れられているでしょうか?

私の場合、基本的にはHENOさんのページをのぞいて、
更新表示があるブログを順に眺めていくようにしています。

で、すごくいっぱいブログのリンクはあるのですが、
なんだかんだで定期的に更新のあるブログは3、40くらいかなと。
akurosufukuoka201501.jpg

で、そうしたブログに共通するのは、大変失礼な物言いになりますが
「書いている人がみなさん御高齢」ということ。
お孫さんがいらっしゃるかたも結構多いですので、
なんのデータも根拠も無い妄想ですが、
書き手のボリュームゾーンは50代なのではと思います。

しかし、わずか5年ほど前くらいだと、「新顔の若い書き手さんが登場!」
みたいな事も結構あった気がしますが、最近はほんとみかけないなあ…と。
某グルメな元高校生さんとかって今はどうされてるんだろうなどと。
boroboronopenki.jpg

ま、若い人の書くブログが少ない理由として一番に挙げられるのは
「TwitterやFacebook、LINEなどのSNSの登場」
であるのはまあ間違いないだろうと。
「ブログって楽!もうHTML直打ちなんて戻れない!!」って
私たちが思ったように、若い人たちが面倒なブログに目をむけることはないだろうなあと。

「若い人がどんなラーメン好んでいるかを知りたければTwitterかFacebookみなよ!」
といわれそうで、そうした目的自体はだいじょうなんでしょうが、
HTML直打ちで日記HPを書いていたころからブログに変化することで
「時系列的な思考に基づいた記述」しか出来なくなった変化以上の
ものすごい変化がブログからSNSに主流が変わったことでおきたのは確かで…
halfpricenamaharumaki.jpg

すみません今の時点で23:45なんでこの続きは後日にさせていただきます。
この記事のURL | 食ニ想フ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
祈りの行方
2015/01/21(Wed)
櫛田神社で古いお札やお守りなどを回収していましたが、
それをお焚きあげしていたのに出会えたのが19日でした。
destinationofprayers.jpg

んで、翌日20日に通りかかると灰が残っていたのですが、
本日21日にはすべてなくなっていたので、
あの灰はどこに行ったのかなあ…などと。
destinationofprayers2.jpg

感想がまとまるはずもないので今日は無理にまとめず
写真だけあげて更新させていただきます。
destinationofprayers3.jpg

nakasunokawa1.jpg

この記事のURL | 写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ラーメンと年収の話続き
2015/01/20(Tue)
さて、先日のラーメンと年収の話ですが、
都道府県別での「違い」を検討してみると、
次に知りたくなるのは「どの県と似ているんだろう?」になるかなと。

前回も「東京とかの都会は…」とか「関西は…」みたいな考察をしてましたが、
それは平面に都道府県名が散らばった散布図をもとに、
私が勝手に妄想しただけの結果であって全然根拠がない…
こういうときはクラスター分析を使うんだとMACのSE30くらいの時期に
先輩に教えられたのを思い出して分析にチャレンジです!

(注意)私いつも書いているように数学は大の苦手だから数学的根拠も知らず
ソフトの使い方だけ少し齧って知っているのでやってみただけなので、
ここから先は数学的にかなりあやしい「捏造系」だと思ってお読みください。


で、前回取り上げた「使っていい金額」「年収」
「ラーメンへの年間消費金額」「人口あたりの店舗数」を使って
6つのグループに分けてねとこっちが指定して出てきた答えがこちら。
tableofcluster.png

グループごとでの上記のデータの平均のグラフがこちら。
figureofcluster.png
「山形と福島で2つしかデータないのに平均出すなこのクソボケ!」
と怒られそうですが、ネタ系ブログなので見逃してもらうことにして
感想を書いていくと…

・山形と福島の属する<グループ3>は、年収が低い割りに年間出費が多く
また人口あたりの店舗数も多くてラーメン愛が一番強い

・逆に東京周辺と静岡愛知などの大都市圏の<グループ4>は他地域に比べて
年収がぬきんでているのに年間出費も人口あたりの店舗数も少なくて
ラーメン愛が一番低い可能性が…

・福岡はラーメン愛強そうだが、所属する<グループ1>はさほど特徴がなく、
もっと特徴がなく平均的といえそうな<グループ6>と比較した場合
「年収の割りにラーメン愛が強い」とは言えそうだが、
雪の多い<グループ2>の方が年間出費や店舗数は高くラーメン愛高そう

てな感じの、前回の考察とはあまり変わらないのですが、
なんか北のほうの都道府県に負かされたような感じで
意外な結果が出た気がするのですがいかがでしょうか…。

てかこんな結果が出てしまうと東北や北陸あたりにいってラーメン食べたくなってしまう…
大学卒業以来一度もあってなくて年賀状のみの付き合いの山形の友人を訪ねるときは今か!

まあでも、この結果はすごく重要な「ラーメンの単価」や
「客単価」などの情報が入ってないから、
「単価が安いから年間出費が低い可能性」を削除できてないのかもなあと。

前回あげた「Jタウン研究所」さんの続報だと、
「福岡は他の都道府県に比べてワンコイン派がすごく多い」
という情報が出されているので(詳しくは下のリンクからどうぞ)

http://j-town.net/tokyo/research/results/199319.html

「ラーメン愛が強い人ほどワンコイン派」という関係があれば、
今回私がしてみたクラスター分析の結果を覆すことができそうなんですが…

・・・・・・・・・・・。

最後ものすごい力業の我田引水でワンコイン派擁護をしてみました(笑)。



dendrogramoframen.png
(上のは分析で出てきた図で、似ている県が近くに位置しているものになります)

まあでもほんと今回の分析は統計的に怪しくて
詳しい人が見たらぶち切れられる内容なのは確かなので
そのあたりはゆめゆめうのみになされることがないようにお願いします…

あああつっこまれないためにももっとちゃんとしたデータがあれば!ということなので、
また時間あるときにデータを発見できたら続報書いてみたいなあと。

この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
翔悦の新ラーメン定食
2015/01/19(Mon)
城南区のお仕事の日。なんだか今日はラーメンだけじゃなくて炒飯も食べたい…
なら翔悦さんが盛りもいいので行きたいなあ…。

いつもなら翔悦さんの前を通るのは15時くらいのため
閉まっていて訪問できない日々が続いていたのですが、
この日は14時頃に通りかかって駐車場も空いていたので迷わず入店です。

syoetsumise20150113.jpg
住所:福岡市城南区樋井川3丁目1-14 グレイス西長住1F (MAP) 
営業:11:00~15:00 17:00~23:00 定休:? 駐車場は店の前に数台分あります

私の数少ない記憶だと、これまではランチの内容を示す白板に
「定食2種類500円orラーメン定食600円」の3つが書かれており、
ラーメン定食を注文すると無条件で「醤油ラーメン+炒飯」が出てきていた気がします。

しかし今回は表のランチメニューのホワイトボードに書いていなくても
通常のメニューとしてラーメンセット650円というのが出来て
ラーメン2種「台湾or天津」とご飯物系?種「天津・麻婆・炒飯・あと1,2種類」
の組み合わせから選べるようになっておりました。
これは、最近増えて来た福源さんなどの「台湾料理チェーンのさらにチェーン」
のメニュー構成にあわせられたと思うのですが、選択肢が増えて具材も豊富になったのに
お値段は消費税増税分くらいしか上がっていないのでうれしい変更だなあと。

「天津麺に天津飯」という禁断のマリアージュ(笑)を楽しもうかと思ったのですが
ここはやはり初志貫徹でと言うことで「天津麺」に「炒飯」で注文です。
syoetsuramenup20150113.jpg

まず、天津麺の方ですが、スープなどは中華スープをベースにした醤油味で
これは変わっていないと思うのですが、麺が変わったのかなあと。
昔は長浜系の細麺をそのまま使っていたようなおぼろげな記憶があるのですが、
今回のは細さは長浜レベルですが縮れが結構強めになっておりました。
スープが結構強めなので、ストレート細麺でもいい塩加減だったのですが、
縮れが強まることで醤油味の加減も良くなった感じかなあ…と。
麺にのる卵の方は十分に火を通したもので、食感としては
「噛み切り安いおあげorがんもどき」的なものだったので、
「とろとろ卵だとスープに混ざって全部食べきることが出来ない…」
ともったいなく思うハードボイルド貧乏性な私にはぴったりの固さでした。
syoetsuramenset20150113.jpg

炒飯は焦げやダマでこうばしさを演出するタイプではなく、
ご飯のすべての粒にまんべんなく油を行き届かせて
それぞれの粒は独立しているけどそれらは同じ油で
しっとりしっぽり一つにまとまっている感じの物で
アチチ的な若さもあるけど落ち着いた雰囲気な物だった気がします。

ま、でも一番おいしく感じたのは店員さんのたてられる音だったかなと。

中華料理系のお店ってどの店もジュウジュウいう炒め音に
チュワチュワいう揚げ音にゴウゴウいうバーナー音に
中華鍋を振るカコカコ音が聞こえて来て音はご馳走なんですが、
一般的なお店だとなんというか元気すぎて快活すぎて一方方向的すぎて
なんというか「受け取り方を吟味せずにただ繰り出される千本ノック」
だとか「キビキビがしがし技巧を誇る若い子の演奏や踊り」的な
気疲れを感じることも結構あります。

しかしおそらくはご主人があげる調理音は
チキティキチュワヂュワチャカチャッカジャッコガッコ…ちゃんちゃかちゃ~ん
みたいな感じで調理の中で素材が変化しているストーリーを感じさせてくれるし
調理が終わって景気づけに鍋を叩くところまでの流れが感じられて良いなあと。

で、出食終えてご主人(?)と奥さん(?)で夜の準備をされている時も、
まったくわからない中国語ですが、会話が命令でもなく拘泥でもなく
奥さんの質問にご主人が答え、それを受けてした作業の結果で
今度は奥さんがご主人に提言してそれを受けてご主人が思い出して作業して…
互いの泡に乗り合って上を目指すバブルボブルのような(わかる人いるのかこの例…)
単なるキャッチボールに終わらない小気味よい協同の会話がおいしくきこえました。

こんな会話する相手のいない私よってに、ラーメンとご飯ものの会話を工夫するしかないなあ…
ならば今度はどの組み合わせで食べようか…
天津麺と天津飯ほどじゃないけど、台湾ラーメンと麻婆丼も
結構かぶって面白いかもなあ…なんて想像しながらお店をあとにしました。
この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ワンコイン派を笑うなかれ!ラーメンと年収の話
2015/01/18(Sun)
さて、先日福岡の麺神様のツイートで「Jタウン研究所」というところが、
「ラーメン1杯に払っても良いと思う金額の県民性」という
面白い調査をされていることを知った件について少し書きました。

「Jタウン研究所」 http://j-town.net/tokyo/research/results/199240.html

1月17日の記事では「都道府県別の払っても良い金額」が出ていて
それのみを読んだ時点での私の感想としては
「都道府県で平均年収って結構かわるから、単に金額だけランキングしても…」
「年収低い割にラーメンにいっぱいお金を出せる県民性もあるかも!」
というものだったので、Jタウン研究所さんのページで出ていたデータに、
厚生労働省が行った平成25年賃金構造基本統計調査の
都道府県別データ
から「月収×12+ボーナスなど」で平均年収を算出して
こっからが統計に詳しい人がみたらぶちぎれられそうですが、
ヘタリアのように各都道府県を「擬人化」して
「どの都道府県さんがいちばんしまりやさんか?」などを検討するために
相関係数を算出してみました。
tableofcorrelations.png

したら都道府県の平均年収とラーメン1杯に出してもいい金額の平均の
相関係数は-.05(n.s.)で関係性がまずなさそうなので、
「お金持ちの都道府県だといっぱいお金だしてもOK」という
関係がないことが示されたような気がします。

「いやだからこの手のデータで相関係数は意味ないだろう!」
と怒られそうなので散布図描くのにとどめてみたのがこちらです。
nensyutodaseru.png

何の科学的根拠もありませんが適当に感想をあげると
・平均年収にかかわらず「800円」あたりに集中することが多い(全国平均も802円)
・東京が一番「年収の割りにお金を出さない」傾向があり、
神奈川、愛知、大阪など大都市圏において同様の傾向がみられる
・年収の割りに一番しまりやさんなのは福岡か…年収でほぼ同じな奈良との差が大!
・沖縄が年収のわりに出費可能な金額が高く、秋田島根宮崎山形なども似ている

てな感じの結果になっているなあ…と。

で、「福岡が一番しまりやさん」なんてことが少し推測されるかも…
なんていうと多くの福岡の人が「その分何杯も食べてるし!」
と反論するんじゃないかなあと思うし、実際私もそう思ったので、
都道府県別の「ラーメン食べている杯数」を探したのですが出てこず…

んでも「都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン] ver 1.5」さんで
ラーメン外食費用とラーメン店舗数のデータもあったのでそちらもあわせてみることに。

ラーメン外食費用
ラーメン店舗数

tenponenkansyuppi.png

まず、「1杯にいくら出してもいいか?」の回答とラーメンでの年間消費金額合計の間には
有意な相関がみられなかったので、ラーメンに高い金出してもいいという人がすなわち
年間トータルでラーメンにお金を使うわけではないことが確認されたといえる気がします。

また、ラーメンに年間で使った金額の合計と店舗数には有意な相関みられませんが、
10万人あたりの店舗数の数とは.76(p<.01)の相関があるし、
散布図でみても山形の位置が突出しているけど基本は綺麗な正の相関タイプなんで
基本的には「お店が多いほど使う金額が高くなる」のは確かかなと。

んでもちょっと面白いのが、この図は基本的には
「右上にいくほど店と客の両方の面でラーメン好き」を意味しそうですが、
山形はじめトップ層は「雪が降りそうな寒いところ」なのが大半なのに、
中間くらいには福岡鹿児島佐賀熊本など九州勢が来ることでしょうか。
あと、関西が全般的に左下なのでラーメンに関しては不毛の地だなあと。

最後に、相関係数の表を再度見てみると、平均年収と年間出費の間の
相関係数は-.29で5%水準ぎりぎりくらいなので、
「都道府県の平均年収が高くなるほど、年間にあまりラーメンに金を使わない傾向」
があるかもしれない可能性が示唆されたともいえるんですよね。
これはワンコイン派にとって力強い結果なのではないでしょうか!!!
高いラーメン食べられないのはお金がないからじゃないの!
むしろお金のある東京人的オサレちっく感性があるからなの!!!!って…

・・・・・・・・・・・・・・・・。

「ちゃんと個々人での年収と出費の関係をみてない、
都道府県擬人化による統計的におかしい類推のくせに!」と起こられそうだし、
ここでの年収は年収そのものよりかは「都市の発達度」だとか
「雪の降る寒い場所の平均年収は低くなりがち」という要因が
本当の主役であることは痛いほど分かっているつもりですが…。

まあでも、ターボ??なにそれ??クラッチ??意味不明!!
なんていいながら車運転してしまっているようなレベルで
全然統計くわしくなくて間違っている可能性高いですが
久しぶりにこの手のデータいじくりをしたので楽しかったです…

と思ってこの内容を終えようとしたのですが、
このブログ書くために調べものしていたら
福岡のワンコイン状況を考えるのにものすごく役立つデータが
先にあげたJタウン研究所さんの続報であることを発見!!!
明日は他のこと書きたいので明後日あたりにこの件について
もう少し調べて書いてみることで本日はここまでとしたいと思います。

http://j-town.net/tokyo/research/results/199319.html
この記事のURL | 食ニ想フ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
閉店につぐ閉店とその理由かもしれないこと
2015/01/17(Sat)
週末やること無いので自宅の掃除をすませて近場をぶらぶら。

毎日毎日博多駅との往復なのでたまには天神方面に…
と川端通り商店街を北上してみると…

長崎市・佐世保市・雲仙市のゆめ市場の
「キトラス」さんが1月31日で閉店とのこと。
kitorasuheiten.jpg

中洲川端の駅からすぐで博多座の目の前、川端通り商店街の入り口という、
条件がよすぎる場所なので賃料が高すぎたのかもしれませんね…
あと、これは貧乏性な私だけの感想かもしれませんが、
博多座利用者などをターゲットにしようとした余りに
内外装がある意味「オサレすぎ」になっていた気がして、
「地元のものを買うよ~」って気軽に利用しづらかったのかもなあ…

私の場合、これまではビビッて入れなかったけど
閉店と聞いて本日初めて入ってみて、意外とお値ごろな商品も多いことに
気づいたというのがあったので…閉店までにまた利用してみようかと。

で、天神でいろんなお店をひやかすつもりが
自分の懐の方が冷や冷やでカス状態なのに気づいただけで逃げ出して
いつものように祇園の業務スーパーで買い物しようと入店すると…
gyoumusuperheiten.jpg

なんとこちらも2月2日までで閉店!!!!!!

パスタと小麦粉、中華食材の安さは最強レベルでしたし、
中国以外の海外の面白食材も結構あって24時まで営業だったので
かなり重宝していたのでショック大きいです。・゚・(つД`)・゚・。
JR箱崎駅近くの箱崎店があるのでまだましですが…

で、家に戻って暇だったので某福岡の麺神様のツイートで
紹介されていた「都道府県別ラーメンに出してもいい値段」の
データとそのほかの数値とを掛け合わせて楽しんでいたのですが…
ramennensyucross.jpg

字が小さくてかつつぶれていて読めなくてすみませんがなんだか福岡独特…。
(真ん中の下が福岡、真ん中の上が奈良、右端が東京、左上が沖縄など)

福岡でお店をされることの大変さがこのあたりに出ているかも…なんて。

今日はもう時間なのでここであげておきますが、
他のデータとかともいろいろ検討して明日書いてみたいと思います。
この記事のURL | 食ニ想フ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
九州パン屋群雄割拠
2015/01/16(Fri)
20150116apelletubutubukokuto.jpg
アペルのつぶつぶ黒糖ロールの、サンドされたクリームはともかく
そのクリームの中に散在する黒糖のつぶの食感が面白かったので
これでブログを書こうと思ってアペルの沿革を調べていると…

昭和38年11月  糧友食品株式会社に社名変更

ん???「糧友」ってリョーユー???
アペルとフランソアとかが関係あるのは知ってたけど、
リョーユーと関係があるのは知らなかった!と調べてみると、
似た名前だけど実際は関係がないみたいで、
なんだか九州内の製パン会社はすごく複雑に絡み合っていることを
湾鉄調査部ブログさんの「糧友の謎」という記事で知りました。
鹿児島のイケダパンとかも絡んでくるまさに大叙事詩???

すごく丁寧に調べられていて勉強になったのでみなさまも是非お読みください。

http://wantetsu.blog61.fc2.com/?mode=m&no=1012

私もこういうしっかり調べたブログを書けるようになりたいなあ…
と心掛けるだけで、実際に書けるようになる気配に欠けるのが残念。
20150116apelletubutubukokuto_2.jpg
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
無くなってしまいました。・゚・(つД`)・゚・。
2015/01/15(Thu)
ここ数日は車出勤が続いていたので気づきませんでしたが、
博多駅前広場のイルミが絶賛取り外し作業中…
vanishedillumi1.jpg
毎日毎日前を通ってたから余りにも当たり前の風景になってしまってて
期間限定でなくなってしまうイメージがあまりなかったのでなんかショック。
最後にじっくりたたずんでお別れをすることが出来なかったなあ…残念無念。

「リア充むかつく!イルミむかつく!」なんていってましたが、
いざ無くなってしまうと駅前がさびしくてさびしくて…
vanishedillumi2.jpg

このタワーとかも、明かりが消えると寂しげというか、
よく子ども向けのお話やアニメとかで、他人を思いやれず
自分勝手する子どもが遊園地とかの独り占めが出来たのだけど、
誰もいない遊園地の寂しさと恐ろしさに泣き喚いて目が覚めるような
なんだか変な罪悪感感じさせる不思議な光景だと思ってみてました。

で、さびしい気持ちで自宅に向かうためいつも通る
キャナルへ向かう駅前通を歩くと、ここはまだイルミあるんですね。
vanishedillumi3.jpg

博多駅前のにぎやかなイルミの光の喧騒はさってしまったけど、
こうして落ち着いて音も無く咲く光は残っていてくれたので
寂しさは結構和らいだかなあ…と。

んでもここのとか西日本シティの前のもいつまで残るのか不明ですが
せめてあるうちはじっくり楽しみたいなあと。
この記事のURL | 博多部周辺 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ぜんぜん違う膳
2015/01/14(Wed)
正直、これだけ何回も膳さんに訪問を続けていると
もう新たな発見とか変化とかは望めないだろうなあ…
まあでもそのほうが変な気負いなくて気楽でいいよね…
と思ってお店に入っていつものようにカタ麺で頼んで
いつものようにスマホ見ながら出てくるのを待つのですが…

やっぱ何かしら「ぜんぜん違う」点があるもんだと感心させられます。

私のカメラ、手振れ補正がついてないのでピント合う範囲を狭くせざるをえず、
そのためラーメンの写真撮るとほんの一部にしかピントが合わず
ぜんぜんおいしそうに写すことが出来ないのが難点なのですが、
今日はそのピントの範囲が狭い欠点がよい方向に働いた感じで、
「いつもとの違い」がわかりやすい写真になってい気がします。
zenramen20150114.jpg

チャーシューがつやつやぺかぺか!!!

膳さんのチャーシューのいつものイメージは、
赤身の印象の強いさっぱりぱっさりしたものなんですが(下のは参考の2014年10月のもの)、
zenramen20141014.jpg
今回のは入浴後に乳液でもつけたばっかのようなつやぷやお肌で、
食べてみても脂のとるぅんととろける感覚もあるものでした。
で、そうした脂感の強いチャーシューがいつもより薄めに
スライスされていたので、口の中でふわりとほどける
羽衣系のチャーシューっぽくなっていてこれは膳さんでは初めてだった気が。
zenramen20141111.jpg
(上のは参考の2014年11月のもの)

「何度も繰り返し訪問」→「変わらないベースの部分の体得」
→「ベース以外の変化に敏感になる」→「変化の喜びを得るために再訪」
なんてポジティブなスパイラルが出来ているのかなあ…
こりゃまた間を空けず訪問してしまうよなあ…などと思いながらお店を後にしました。
この記事のURL | デフレラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ごめんねやっぱりこっちが大事
2015/01/13(Tue)
本当ならばもっとじっくりブログを書いたほうがいいんだろうけど、

鮮度抜群の買いたてほやほやの半額およびそれ以下ちゃんたちが
ぴっちぴっちもんどりうって俺を誘うから、
ブログよりもやっぱこっちが大事だから今から食うわ(笑)
hangaku20150113.jpg

奥さんとか子どもさんとかでこういうこと言えたらなあ…
私が言えるのは、今半額より大事なのは
虎の子はたいて購入したNEWパソコンのインストールが
うまくいくことなんですが…明日でたぶん大丈夫か。・゚・(つД`)・゚・。
hangaku20150113_2.jpg

まあでもなんだか久しぶりの「半額以下」に出会えたので感激して
いつもより大目に買い込んでしまいました。
明日朝早くなきゃお酒飲むんだけどなあ…
残念ですが今日はこれ食って早く寝ます。

今週は明日あさってと忙しい分、金土日と暇なんで
それ目指して頑張るぞ~~~~~!
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
安物じゃないのに銭失い
2015/01/12(Mon)
1月9日に書いていた「NEWパソコン」が届きました。

「サッカーアジアカップみながらのんびりセットアップを…」
なんて思いながら開封してセットアップを始めたのですが
トラブルにつぐトラブルでそっちのほうに頭かっかしちゃって
ぜんぜんサッカーの試合みられず。・゚・(つД`)・゚・。
せっかく一杯ゴールあったのに…。
maitta20150112.jpg

今頭冷やしていろいろ調べて、残っている解決可能性が
何であるかは明確になったので、明日中に結論出したいなあと。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ラーメンでモテる方法!!!
2015/01/11(Sun)
みなさんが趣味にお金を使う理由ってなんでしょうか?

「そりゃ、趣味をしたいからに決まっているじゃないか」
という答えが当然ながら返ってくるのは確かですが、
やはり人間だれもが「すけべえ」なので、
「趣味そのものがもつ魅力」意外にも、趣味を頑張ることで
「その結果としてモテる」こともモチベーションとしてあったりしませんか?

「キャ~そんな上手なプレーが出来るなんてス・テ・キ」
「なんだかいつまでもあなたの曲を聴いていたいなあ…」
「こんな素敵なお店で素敵な料理食べているとなんでも素敵に思えてきますね」
とか何とか言われたくてスポーツや音楽やグルメに勤しむ人は多い気がします。
20150111sagawatebukuro0.jpg

んが!ここまで読んで「けっ!」と私同様吐き捨てた人もいっぱいいて
「趣味の中に異性との色恋沙汰を持ち込むのはねぇ…デュフフwww」
「サークルクラッシャーになるのがオチだよ…」とかのレベルならまだしも、
「リア充」な人達への反旗のつもりでの趣味への没頭や、
抑圧した「モテたい」気持ちの反動形成としての趣味への逃避などの、
趣味をフロイトで言うところの防衛機制的に使っている人なども結構いるのではと。
「どうせモテないし~しようか」的なものがこれにあたるかと。

上のことを端的にまとめると、趣味にお金を使わせる動機づけは

モテ「たい」から金をつかうモテ希求(ききゅう)動機づけ
モテ「ない」から金をつかうモテ悲泣(ひきゅう)動機づけ


に大別できるといえるのではないでしょうか?
20150111sagawatebukuro.jpg

例えば男性が高い車を買う場合、ものすごく単純化すると

モテたい人:女性からの高評価を得られるブランドを重視
モテない人:スペックや技術、戦績や開発者ヒストリーなどを重視

てな感じで、モテたい人は「自分の価値」を高めるために車を道具的に活用して
いかに「魅力ある女性」からの高評価を得ることができるかを主眼とするのに対して、
モテない人の場合、車そのものが「対象」となり、
「女性以上に魅力あるもの」として車にのめりこむ点で
同じ車にお金を使っていてもその動機づけは全然異なりうるよなあと。
20150111sakuradango.jpg

で、そうした視点で「外食」という趣味を考えてみたのですが
なんだかこれは車のときのような関係にならないなあと。

「モテたい人:内外装や空気感、店のランクや恋人との利用シーンなどを重視」
については、確かにモテたい人はそういうことを考慮されると思うのですが、
「モテない人:味や調理技術、表彰歴や修行歴などの重視」になるかといえば
確かに「モテない人」がそういうことを意識するのも確かですが、
「モテたい人」もその手のことを重視するよなあ…?????

あり…どうしてこうなった…全然まとまらなくなった…
あと5行ぐらいでブログ終わるつもりだったのに。・゚・(つД`)・゚・。

もうでも車の例えあたりからおかしくなってきているのは確かで
これ以上時間かけて考えてもまとまりきらないことは確かだし、
そもそもまったくモテない人間がこれに結論出せるはずねえわなあ…
ということで今日はこれにて終わろうと思います。
この記事のURL | 食ニ想フ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
金銭感覚の老化
2015/01/10(Sat)
今の若い人達は、婚約指輪の相場としての「給料の3ヶ月分」
なんてキャッチコピーをしっているのかなあ…
調べたら「デーヤモンドはえ~えんの輝き」で有名な
デビアス社が1970年代に使用したコピーが元みたいですね。
しかもメリケンでは1ヶ月、ユアラップでは2ヶ月だったみたいで、
そんな訳の分からん基準に踊らされていた訳ですなあと。

ま、でも婚約指輪に限らず、「給料の○ヶ月分」というのは
高価なものを買う時の評価基準であったのは確かだったよなあと。
fukumikuji2015.jpg

自分の記憶をたどってみると、大学時代の夏休みは帰省もせず遊びもせず
4,50日くらい連続で泊まり込みのバイトをするのが常で、
それでもらえるのは30万くらいだった記憶があります。

で、当時は、例えば自動車の免許が必要で30万必要!って時は
「一夏を捧げればいいんだ!」という金銭感覚だった気がします。

それで、月のアルバイト代が10万くらいだった時は、
「半年アルバイト頑張れば60万の中古車買える!」と思って
アルバイトを続ける動機づけになっていたなあ…と思います。

こうしたことより、若い頃の金銭感覚は
「欲しい物を買う」=「そのために余分に働けば良い」というものだったので、
なんというか「頑張れば頑張るだけ欲しい物が買える」という感覚があったなあと。

んでも、この年になってくると、頑張っても月の給料はほぼ変わらないし、
「退職の年」や「働かせてもらえる年はあと~年」ということがわかることで
「○○が欲しいから~~ヶ月余分に働きたい!」と思っても叶わぬまま
仕事を辞めなくてはならない時期が来ることを痛感し始めました。
funassytalkshow1.jpg

そのため、欲しい物が「給料何ヶ月分であるか」ということを考えなくなり、
「欲しい物は”残っている生涯賃金”のうちの何%をしめるものか?」的な
視点でしか考えられなくなってきたなあ…と思います。
こう言うのって若い頃には分からなかった感覚だよなあ…と。

それに、老化で「~~が欲しい!」って感覚自体も落ちてくるので
その相乗効果で何だか最近つまんないなあ…と正直思います。

でも、こうしたことに対して「経済が上向きになって
ベイマックスならぬベアマックスな世の中になってくれたら!」
とかいう解決策ばかり最近では謀られている気がしますが、
無理に経済を活発化させようと笛だけ吹かれても踊る気にはなれないので、
飛びつきたくなるような魅力的な「価値ある商品」が出て欲しいなあ…と。

それこそ本日トークショーがあったらしいふなっしーみたいな
「新しい価値を生むもの」があれば、こうして皆が集まってくれるわけでねえ…。

funassytalkshow2.jpg

少なくともEOD5D後継(バッテリーグリップ一体じゃないフルサイズ)で
3200万画素以上のがでたら即買いするから…私の経済を動かすために
キヤノンさん頑張って欲しいなあ…などと。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
全力尽くしてますか? 最近
2015/01/09(Fri)
※写真は本文に関係のない六本松にあった九大の構内の写真です。
私九大の卒業生ではないんですが昔の写真ファイルに偶然発見したので
この地だと懐かしく思われる人もいるかと思いあげてみました。

ropponmatsuqdai1.jpg
現在メインにつかっているパソコンが、
最近なんだか不思議な挙動をしめしはじめました…
今のがWindows7なんで、「8」を通り越して「10」になってから
買い換える予定だったのにこんな時期に買い換えとは。・゚・(つД`)・゚・。
なので「10」までのつなぎとして安い「7」のマシンを購入しました。
工具無しでケースを開けられるらしいのでSSDでも増設してみる予定です。

で、そんなこんなで新パソコンの到着を待っているドキドキ感もあるのですが
今現在感じるのは「全然有意義な使い方できなかったなあ…」という反省ばかり。
ropponmatsuqdai2.jpg

CPU自体はRAWファイルの現像とか使えばフル回転することになるので
全力を尽くしてもらったことは確かなんですが、
「付属ソフト」の方は全然有意義な使い方が出来なかったなあと。

動画編集を目的に付属ソフトの充実したVAIOを20万近く出して
買ったというのに独り者だと「編集したい動画」を撮る機会がないから
動画編集系は結局1回もまともに使うことなかったなあ…。

思えば車にしても最近全力でアクセルべた踏みなんてしたことまずないし、
最大7人乗れるのに、二人以上で乗ったのって片手で数える程度…

そう言えば家族で住んでも大丈夫な庭付き一戸建てを借りていたけど、
結局野菜作っても食べてくれるのは虫ばかりだし、
部屋が空いていても泊まってくれるのも虫ばかりだったから、
無駄に感じすぎたから今の都会のアパートに引っ越し直したんだよなあ…

そう考えると、パソコンや車や住む場所に
全力尽くさせてやれなかったのはすべて、
私が「独り」でいるからなわけか。・゚・(つД`)・゚・。
ropponmatsuqdai3.jpg


いやいやなにを嘆く必要がありましょうか…
このことを翻って考えたら、来週頭に到着予定の
NEWパソコンを全力尽くして使い切ってあげることで
私の「独り」が解消されて新春にふさわしい「春」が
キタ━━━ヽ(´ー`)ノ━━━!! になるということですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

まあでも、パソコンも車も自宅も、「全力尽くした」
と言えるほど活用できなかった本当の理由は、

不景気で仕事量が増えたからと言って
不満たらたらだらだら仕事してしまって
そのため生活に余裕が出来なかったから

であるのは確かであろうから、それを反省して
日々真面目に全力で仕事することで生活に余裕を取り戻し、
余暇に全力に取り組む姿勢を忘れない、
という心がけが大事なのでは、と思っています。
ropponmatsuqdai4.jpg

一応、2015年になってからそうした心がけのもと
「今日はしんどいからブログいい加減になってもしかたないよね」
と最初から逃げてしまわずに、「未完成でもだらだら長くなっても
最初の最初から逃げのネタに走らず書くべきことを書いてみる」
と言う姿勢でブログ書きに臨んでいるのですが、はたしてそれが
成果となってあらわれているか…というと、読んでくださった人が
失笑されるのが聞こえてくるばかりですが、なにとぞ今後ともも
見捨てずおつきあいいただけたら幸いです。

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
縛られてこその美 ~ゆのまえ食堂~
2015/01/08(Thu)
※タイトルをみてあらぬ期待をされた方いるかもしれませんが、
そっち系の内容はあまりありませんのでご了承を(笑)。

鹿児島県のいちき串木野市で開発されたまぐろラーメンが好きなので
これまで複数のお店で食べてみてブログに書いてきました。
yunomaesyokudoparking.jpg

で、複数のお店で食べて気づいたのが「まぐろラーメンとしてのベース」
はかなり統一されている感じで、2002年に飲食業組合が開発した際に

・まぐろの頭、野菜、鰹、昆布などをブレンドした和風だしを基本とした醤油味
・麺は中細ちぢれ麺
・白髪ネギの白、糸唐辛子の赤、ネギなどの緑などビジュアルもこだわる

てな感じのルールというか縛りがあるのかなあと思います。

で、そういう共通点、というか「確固とした縛り」があるから
主役であるマグロの違いがより浮かびあがることになるのがいいのかなあと。

このあたり、完全に自由な私服を着ている高校生とかみると
大人との違いもみえにくく、中学生との違いもみえにくく、
そのため美醜や個性がみえにくくなり得るのに対して、
同じ制服を着て縛られた髪型にすればこそ逆に素材の善し悪しが
はっきりみえてくるのと同じことかなあ…

そういえばイケメンと同じ制服着て髪も同じ散髪屋で同じスポーツ刈りなのに
私はまったくだれからもモテなかったのはこのせいだったのか。・゚・(つД`)・゚・。

閑話休題

で、まぐろラーメン700円を注文して出てきたこちらをみて
最初に思った印象は正直「ああ、まぐろラーメンだなあ」というもので、
ていねいにとられた澄んだスープをまず一口飲んでも
「おお、これこれ、まぐろラーメンの味だよね…」と思って
透明感ある黄色の縮れ麺を食べても「そうそうこれこれ」みたいな感じで
どちらかというと「ゆのまえ食堂さんのオリジナルを楽しむ」よりかは
「まぐろラーメンの原型」をたどっているような感覚が最初ありました。
yunomaesyokudomaguroramen.jpg

んでも、おそらくそうした「まぐろラーメンという縛り」を守った
「他と変わらない味」を再体験する過程が最初にあるからこそ、
まぐろを一口食べた時の新鮮な個性との出会いがあるのかなあと思います。

てな感じで鮮やかに感じられたこちらのお店の特色としては

・まぐろのぷりぷりんとした歯ごたえが若々しい!
・十分にあぶられたまぐろの香ばしさがスープに溶けていい!
・くきっとした歯ごたえとほろ苦さの菜っ葉の存在がアクセントになっていい!
yunomaesyokudomaguroramenup.jpg

特に「レアさ」が必要なぷりんぷりん食感と火が通りまくるあぶりが
両立しているのは不思議だなあ…と思って後で調べてみると、
片面だけあぶるという手間をかけているからなんだなあと知って納得でした。

このあたり、「まぐろに関してはお店の自由かつ他のお店とのかぶりを避ける」
というルールも存在するように思えて、
「縛り」を与えられて、その中で「違い」を目指すからこそ、
新たな挑戦や新たな発想が必要となり、それ故に「技」としての
個性が育った結果なのかなあと感心しつついただきました。

まだまだ未訪のまぐろラーメンやさんがいっぱいなので、
さらにいろんなお店を巡ってそのさまざまな技の開花を楽しみたいなあ…
と思いながらお店をあとにしました。

yunomaesyokudomise.jpg
ゆのまえ食堂
住所:鹿児島県いちき串木野市曙町115 (MAP) 駐車場:店前に十分存在
営業:11:00~15:00(14:30?) 17:00(17:30?)~21:00 定休日:月曜日 
お店のHP: http://www18.ocn.ne.jp/~yunomae/

この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
なくて七草
2015/01/07(Wed)
ネットがつながらないので初のスマホから更新。
七草がゆつくろうと仕事帰りスーパーに寄ったら売り切れでした。

写真は鹿児島限定の火山灰よけの傘。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新春早々ついてる! お得ちゃんぽんに出会えました!
2015/01/06(Tue)
先日通りすがりさんにコメントでいただいた情報。

「野間の台湾飯店さんはラーメンよりちゃんぽんの方が安いです」

それは初耳!貴重な情報ありがとうございます!

しかも野間だと城南区のお仕事に行く通り道!これは行ってみたい…
けどお昼は15時までか…ちと難しいかも…

と思いながら本日お店の前に通りかかったのが14:40頃
4階建ての立派な建物に高そう…とためらい、
駐車場が片道2車線の広い道挟んで向かい側であることに躊躇し、
なにより「閉店寸前」であることに申し訳なく思って
通り過ぎようとしたのですが、やはり!と思って
一度は通り過ぎた交差点を左折して一回りしてお店に入りました。

taiwanhantenmise.jpg
住所:福岡市南区野間3丁目8−22 (MAP) 駐車場:店の道向かいに5台
営業:11:30~15:00 17:00~21:30 定休:木曜 
taiwanhantenparking.jpg

中華料理屋さんでよく見かける華やいだ赤の装飾も点在するけど、
木の艶のある黒、陶器のなめらかな白と青などの色合いの調度の印象が強く、
すべてが落とした照明の陰でひっそりそしてしっとり
落ち着いたたたずまいを示していてなんだか高級イメージありました。

でも、普通の人なら喜ぶそうした要因も、
貧乏性の私にとっては怖がる要因に働くので、
内心『あちゃ~、ちゃんぽんの方が安いといっても
ちゃんぽん800円にラーメン850円とかなのかなあ…』
とびびりながらメニューを見るとなんとちゃんぽん550円!!!
taiwanhantenmenu.jpg

このお店の雰囲気かつ閉店間近で客は私だけという状況で
ちゃんぽん単品を頼むだけではもうしわけないなあ…
と思ったのですがやはり初志貫徹でちゃんぽんを注文です。

で、注文してお手洗いで席をはずして戻ってくると、
お茶が出されていてその横には陶器のポットが…なんだか贅沢。
なんて思いながら、しんと静かな客席の向こうの厨房で
コトコトカコカツジュウジュウカチャカチャと小気味よい
調理配膳の音の流れを聞いているとちゃんぽん登場です。

taiwanhantencyanpon.jpg
いやはや単品の注文が大正解の盛りのよさにびっくりです。

一見、そんなに量が多く見えないかもしれませんが、それは
深めのどんぶりに惜しげなくなみなみとスープがつがれているからで、
野菜も麺も単品で満腹になる十分な量ありました。

メモしてないのでうそ書いているかもしれませんが
野菜はキャベツもやし(玉ねぎ?)ニンジンなどにたけのこも加わり、
十分な量の豚肉にえびや丸いきくらげ(?)なども添えられて
変にコショウなどで味を強めることなくあっさりと炒められていました。

スープもラードなどでクドクドさせられることなく、
心持ち薄めの半濁くらいのものであっさり飲みやすいものだったかなと。

あと、麺は結構太めで、表面はまん丸ではなく角もあるのですが、
表面はつやつやしているので口の中でぷるぷるんと元気よく流れてくれるので、
麺の太さによる噛み応えを感じさせたあと、粉感は感じさせず
つるつるのどに流れていく快活さがあるように思えました。

で、ここまでで大満足してちゃんぽんを食べ終わると、
店員さんがさっとやってきて丁寧な手つきですぐにどんぶりを下げたので
『あちゃ~やっぱり閉店間近だったからなあ…』と反省していると

なんとこのお値段でデザートもついてきました!!!!!
taiwanhantendessert.jpg

私の貧乏舌ではヨーグルトなのかチーズなのかもわかりませんでしたが、
牛乳系の酸味とコクと程よい甘さのムースでおいしかったです。

いやはや店内の雰囲気よし、ちゃんぽんの値段も量も味も良し、
店員さんの雰囲気もよくてデザートもついてくるサービスも良しで
なんともいいお店を教えてもらえたことに感謝しつつ、
次はラーメン580円を食べにくるぞ~!と決意を新たにしてお店を後にしました。

ちなみに排骨麺、牛肉麺、担仔麺(720~800円)や日替りランチ650円も
お得みたいですが、日替りランチのみ14:00までで土日祝はお休みなので御注意を。

この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
仕事始め日のびっくり
2015/01/05(Mon)
今日が仕事始めだった人が多かったと思いますが
みなさま今年最初のお仕事はいかがだったでしょうか?

櫛田神社に初詣をしたいなあと思って、
2,3,4日と通りかかるたびに焼肉の大東園さんまで
連なる参拝者の行列にくらくらして後日回しにしておりました。
kushidashrine20150103.jpg

「ま、でも5日は仕事始めでみんな出勤だろうから、
5日の出勤前に参拝すればいいよね…」と思って前を通りかかると…

3,4日よりもっとすごい行列!!!
櫛田神社の境内の道路沿いを越えて
冷泉公園まで続いておりました

kushidashrine20150105_1.jpg
これは商人の町博多だけの風習なのかなあと調べてみたら
全国いろんなところで仕事始めの日に社員全員や社員有志で集まって
神社に参拝する会社は結構多いみたいですね。
皆様の会社の仕事始めはどんな感じでしたでしょうか?
kushidashrine20150105_2.jpg

こんな行列に並べるはずもなく、出勤のため博多駅に向かいましたが
道すがらおそらく同じように参拝に向かわれるのであろう
複数人のサラリーマンの姿をみかけました。

ま、でもそれで改めて気づいたのが、
「出勤時にサラリーマンが固まって歩くのは結構珍しい風景」だということ。

夜だと、飲み会終わって同じ方向に帰るサラリーマンの集団を
みかけることは結構ありますが、朝の場合みながそれぞれ個々人で
会社に向かうため、朝に三々五々どこかに向かう集団を
見かけるのはかなり貴重な経験なんではないかと思いました。

というわけで、久しぶりに働いて疲れてしまったのか
今日は麺ネタがまったく出てこなかったので
こんな日記系での更新となりましたがお許しを。
この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ラーメンとちゃんぽんの値段の差
2015/01/04(Sun)
問:ラーメン屋さんに行ってラーメンとちゃんぽんがメニューにあります
2者の間にいくらくらいの値段差があればどちらを注文しますか?

日本語が正確でないのは自覚しておりますが、おそらくみなさま
私が聞きたいことはわかると思いますのでそのままであげさせていただきました。

私の場合、もともとのラーメンの値段での場合わけが入って

[1.ラーメンが450円以下の場合]
ちゃんぽんが+150円以上ならラーメンを選択

[2.ラーメンが500円以上の場合]
ちゃんぽんが+100円以上ならラーメンを選択

てな感じになると思います。

で、親の実家に帰省したときに、親につらられてやってきた
「みよしラーメン」さんの場合…
miyoshiramenmenu20141230.jpg

ラーメンが620円なのは鹿児島価格ですが
ちゃんぽんはなんとたった50円プラスなだけの670円!!!

これでちゃんぽんを選ばないわけにはいかんでしょうとちゃんぽん注文です。

で、ここでちょっと鹿児島のラーメンの歴史をwikipediaで調べてみましたが、

・鹿児島のラーメンは豚骨ベースだけど鶏がらに野菜や昆布・椎茸などと親和性が高い
・ちゃんぽんやうどんと一緒に出されるお店が昔は多かった

などとの特徴より、「ちゃんぽん的な野菜を一杯入れたラーメン」が原型にあり、
そのため価格がちゃんぽんの方に引っ張られていて
「ちゃんぽんを野菜抜きで注文するのがラーメン」的な位置づけだから
ラーメンの値段は概して高めだがちゃんぽんの値段は普通なのかなあなどと
思っているとちゃんぽん登場です。
miyoshiramencyanpon20141230.jpg

見てくださいこの具材の豊富さ。

キャベツもやし玉ねぎニンジンのどこでもある野菜に
豚肉小えびイカかまぼこさつま揚げなどの蛋白源が添えられ
きくらげや椎茸などのきのこ系からの出汁もも混ざる
「キャベツ野菜炒めラーメン」とは一線を画したまさに「ちゃんぽん!」

これだけ一杯具材が混載されていると、スープが弱く感じそうですが
ちゃんと強く味付けられたスープはそれぞれの具材に
いい塩梅で塩味をプラスしているので
「やめられないとまらない」感じでわしわし野菜をかきこむ
加速装置として働いてくれます。

麺に関しては店内に景気よく詰まれたトロ箱(?)をみると
イシマル食品(公式HP)のもので、ちゃんぽん麺としては少し細めかなと。
よくあるちゃんぽん麺の「ぶるんぶるんぷるんぷるん系」ではなくて、
「むっちりさらざら」的な弾性と粉感の印象が強い、
どちらかというとラーメン的な食感にふった麺かなと思いました。

* * * * *

訪問が年末だったので、『正月はめでたいけれども正月料理のオンパレードはちょっと…』
と思ったお客さんが多かったのか、私がいた間中店内はずっと満席で
大家族連れに老夫婦二人連れにお仕事中であろう中年男性一人客にと
さまざまな客層が「いつもの麺」の年内食べ収めに集っていた模様でした。

なんだかでもそうした「地に足着いたなにげない日常感」を
与えてくれるいいお店だったなあ…と思ってお店を後にしました。

miyoshiramenmise20141230.jpg

住所:鹿児島県いちき串木野市大里5642-1(国道3号線沿い) (MAP)   駐車場:店の前に十分
営業:昼11:00~14:30 夜:17:30~20:30 定休:木曜日(水曜日は昼のみ営業)

この記事のURL | ラーメン | CM(2) | TB(0) | ▲ top
今年の初ラーメン!!!
2015/01/03(Sat)
ここ数年、初ラーメンは「はかたや」さんに固定してきていたのですが
今年は「なるべく視野を広めてみる」を目標にしているので
他のお店がいいなあ…出来ればデフレラーメンで…と思いながら
馬出周辺を歩いていると福芳亭さん発見。

fukuyoshiteimise20150103.jpg
住所:福岡市東区馬出1-10-13 (MAP) 
営業:11:00~23:00(日月は21:00まで) 駐車場:なし 周辺コインPは豊富

よかった、330円だとまずは一安心。

香椎の九産大近くのお店が一時290円から390円に値上がりして
その後330円に戻したのですが、
こちらが390円だったらどうしよう…と思っていたのですが
330円だったので迷わず入店です。

fukuyoshiteimenu20150103.jpg

記憶ではカウンター6席に3テーブルくらいのコンパクトな店内は、
気のおちつかない高級感を演出するためではない
気のおけない日常感を提供するための気楽な和風でいい感じです。

で、出てきたラーメン330円がこちら。
fukuyoshiteiramen20150103.jpg

まず印象的だったのが表面に張る脂の層で、
きれいに透明な黄色い脂が4,5mm程度の厚さで拡がっていました。
この手の脂の豊富なラーメンは別に珍しいものではありませんが、
ふんわりさせてる膳さんや、あっさりさせてるはかたやさんなど、
脂を前面に出さないことが多いデフレラーメンの中では珍しく感じました。

では、スープ本体も濃厚なのかなあ…正月料理に慣れた胃に
いきなりこってり濃厚はきついかも…と少し身構えたのですが
スープ自体は醤油が前面に出るしっかり塩味だけど非濃厚系だったかなと。

で、カタ麺で頼んだ麺をいただくことにすると、
まず印象に残ったのがその白さ。
今写真でみるとそれほど「ホワイト」って感じではないのですが、
表面がつるつるつややかだったので光を集めやすく
そのため白さが目立ったのかなあ…などと。

で、そうしたつるやかな麺なので歯ごたえはもっちり系か?
と思って噛み込むと意外なほどざっくりぽっきり離れるタイプだったので、
量の多い脂をするりと持ち上げすぎず、さくさくと口の中を流れて
脂も一緒に運んで行ってくれるので口の中をさらりとしてくれていいなあと。

で、こうした麺だとバリカタで頼むともっとばっきばっきになるのかなあ…
と思って替え玉100円をバリカタで頼んでみると…
バリカタだとムゴムゴした弾力あるゴム系の食感だったのでまた意外でした。

私の勝手な思い込みでは、湯で時間の上昇により「粉感から弾力へ」
変化するのが普通な気がするのですが、その逆をいく変化だったので、
面白い麺だなあ…固さ指定を変えて替え玉した甲斐があったと満足でした。

トッピングはしっかり味付けで固さ香ばしさもしっかりしたチャーシューと
きくらげで、味の強めのスープと躍動感ある麺に合った感じでした。

強敵ひしめく福岡のデフレラーメン界ですが、この脂の使い方などで
オリジナリティある存在になっている気がしますので、
みなさまもぜひぜひ…って私が書かなくても、
九大病院に県庁に県警がひしめくこのゾーンなので
お昼時とかは阿鼻叫喚レベルの混雑なんだろうなあ…とは思いますが。
この記事のURL | デフレラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
亜流ええねん ~焼酎蔵の日本酒がうま~でした~
2015/01/02(Fri)
ちなみにタイトルの元ネタは魯迅の『阿Q正伝』ですが(青空文庫)
その内容とはまったく関係が無いので気楽に読んでいただけたらと。

***********************

いつもは「ビールから焼酎お湯割り」という継投で飲むものですが、
元日くらいは日本酒飲みたいよね~と思っていたら
親の実家の隣のおじさんが日本酒くれたので飲んでみることに。

コンビニとかでもみかけることのある「祝いの赤」の「海童」を作っている
濱田酒造さんの焼酎蔵である「金山蔵」が作った日本酒で「薩州正宗」の
純米吟醸酒720mlバージョンのものでした。
写真撮るの忘れていたので公式HPの画像をお借りしましたが、
もし具合が悪い場合はお手数ですが教えていただけると幸いです。

sassyumasamune.jpg
http://satsumanoseisyu.com/item/ よりの画像。

「ここ40年ほど日本酒の蔵が無かった鹿児島で作られた日本酒!」
「徐福伝説もある霊峰冠岳の伏流水を利用!」
などといったレジェンド系は公式HPをみていただくことにして
日本酒経験のほとんど無い私のそのままの感想を書かせていただきますと

「すんごいフルーティーでするするのどに流れ込む軽快さがあり」
「いい意味で日本酒の枠から脱却できた味」のような気がします。

日本酒ってどんだけすきっとフルーティーなものであっても、
風呂上りの女性のうなじから伸びる後れ毛のような
「とろん」とした米の味が残っている気がします。

それはそれで味があって風情もあってわたくしも大好物なんですが、
たまにはくっきり青く刈り上げた若い女学生のような
「とろらない、しゃっきりごはんのような米の味」がするのを
飲んでみたいなあ、とも思っていたまさにその味だった気がします。

で、ふと思い出したのが同じ濱田酒造さんが、
焼酎による乾杯条例に合わせて作成した「海童スパークリング」で、
そちらがある意味焼酎蔵であるがゆえに焼酎であり続けているのに対して、
こちらの「薩州正宗」は焼酎蔵がつくった日本酒であるがゆえに、
日本酒の蔵がどうしても残してしまう部分をきっぱり透明にして
スカッとした爽快さのあるものに出来たのかなあ…などと。

osorakukanmuridake.jpg
(写真はおそらく酒に使用された水の大元にあたる冠岳の積雪)

日本酒経験に乏しい私なので嘘八百の感想書いているかもしれませんが、
少なくとも30分足らずで720mlを一瓶空にしてしまったのは確かです。

公式HPから通販も出来るようなので興味をもたれた方はぜひぜひ。
この記事のURL | 食べ物(福岡以外) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ