ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2012.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2012.12

2012.11.28 Wed » 膳の味が変わった??

住所:福岡市中央区小笹3-5-18 (MAP) 
営業:11時~25時(定休日なし)

城南区のお仕事の日なので外食。
いつもなら新鮮な刺激を求めて行ったことのないお店探すのですが、
この日は沖縄で沖縄そば一杯食べてきたものの感想を書けていないので、
容量の乏しい私の脳みそは沖縄そばの感動を忘れてしまいそう…
だからなじんだ味ですませて記憶をなくさないように…と思って膳の小笹店さんに。

zenmise201211.jpg
お値段も280円で変わりませんし、
元気さと細やかさの両立した接客の良さも変わりませんしで、
「ああ、豚骨の国福岡に戻ってきたのだなあ…」と
感慨にふけりつつ待っていると出てきましたいつもの膳のラー……

zenramen201211.jpg
あり?こんなんやったっけ??
これってどっちかというとはかたやに近い??

ちなみに比較のために今年の6月に食べたものの写真はこちら。
こっちは大盛りなので肉や麺の量の違いは当たり前ですが、
スープの色合いなども結構違っている気がします。

zenramen201206.jpg

別に系列店だから似ていても全然おかしくないのですが、
膳とはかたやには結構な違いを感じていた私だったので、
なんだかびっくりしながらスープを一口。

う~んやっぱりはかたやっぽい味にシフトしてきている気がするなあ…。

膳:色は白色、脂:乳化 豚骨臭やえぐみ系は薄め 
   ほんのり甘め ほんのりぽったり

はかたや:色は茶系、脂:表面 ある程度豚骨臭などは残す 
       味は豚骨ストレート 粘性は低め

てな感じの違いがあるかなあと思っていたのですが、
この日の膳のラーメンは、茶系、豚骨臭などは薄め、
豚骨味が結構強く前面に出る、粘度は普通

てな感じで、以前の私の膳のイメージよりかなりはかたやさん側に近い気がしました。

こうした味の変化が、1日単位での「ブレ」によるものなのか、
月や年単位の「味の変更」によるものなのかわからないまま食べておりました。

私としてはこの日のスープの方が好きなので良かったのですが、
若い人には受けなくなるような変更なのかもしれないなあなどとも。

あと、面白かったのが固さ指定での麺の性質の変化。
これまで、最初の1杯時は固さ指定せずに普通で出してもらって、
替え玉時にカタ麺で出してもらうようにしておりました。
けれどこの日は店内の掲示をみると「ナマ」も出来るとのことだったので、
最初の1杯をカタで頼んでその後「ナマ」で替え玉してみました…。

いやはやこの麺のナマはなんだか想像と全然違うものでした。
最初のカタ麺の時はある意味普通のカタ麺で、
ちょいもちっとした感触を残しつつ噛むのがうれしい固さが増えて、
咀嚼LOVE派にうれしい食感で満足しておりました。
けどナマにすると全然違って、確かに固さが増えた気もしないでもないですが、
いきなり粘性が無限大にふりきったようなねっとり感が出てきて、
「こ、この「ナマ」の生は生麩の生かあ~~~」とでもいいたくなるような
もう不思議なむっちょり感で、これは元祖をカタからナマにした時に
生じる変化とは全然違う変化だなあと思ってびっくりしました。

てな感じで、安定をもとめて膳さんに入ったのですが、
予想外の変化をダブルで体験してしまってびっくりでした。

まあでも今回の文章はサクサク書けてすぐに更新出来たので、
こうしたびっくりはありがたいなあと。
また近々訪れて今回の変化がたまたまなのか恒常的なのかみてみたいなと。
スポンサーサイト

2012.11.24 Sat » 食べ放題情報!!(ユニオンさんに感謝)

いつもお得な食べ放題情報をいただきありがとうございます。

コメント欄にあるより本文にあったほうが他の方の目に
入りやすいかと思いますので、いただいたコメント再掲させていただきます。

---------ユニオンさんによるお得食べ放題情報---------

○すし食べ放題980円
回転寿司食べ放題が一日中40分980円です。
まだ一週間も経たない11/3からやってます。
http://www.f-kc.jp/index.php?option=com_content&task=view&id=167&Itemid=90
場所は博多バスターミナル8階です。

○焼き肉食べ放題1200円
http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400108/40031831/
竹下駅近くのフォレオ2F 焼き肉モンスターは
休日でも毎日ランチ15時まで1200円で食べ放題です。
焼き肉キング方式でタッチパネルで頼め楽々です。
自分的には寿司食べ放題980円より満足できました。

○吉野家が安くで食べられる可能性
250円で吉野屋牛丼が食べれるかもです。
福岡にも出来ると良いですね。

------------------------------------

焼肉食べ放題のリンク先をみてみると、サラダやデザートなどは
セルフで食べ放題できるので、より気軽に食べることが出来てよさそうですね。

今、沖縄に来ているのですが、晩酌の食べ物を「フレッシュプラザユニオン」
という24時間営業のスーパーで買うことが続いております。
unionmise.jpg
unionsyocyu.jpg

この泡盛などをみてユニオンさんを思い出していたところに
こうしてコメントいただけてなんだかうれしく感じております。

またいろいろ情報教えていただけるとありがたいです。

ちなみにスーパーのユニオンさんの揚げかまぼこモズク入りが
むちゃくちゃ食感が面白くておいしくてお気に入りになってしまいました。

unionkamaboko.jpg

本日も酔っ払い状態でのブログ更新なので
ご無礼などありましてもなにとぞお許しいただけたらと。

2012.11.23 Fri » くたくたの勲章

「この仕事の朝は牛丼!」と何故か自分の中で決まっている仕事があります。
んで、今日はそのお仕事だったので通勤路にあるすき家さんで牛丼の並。

さて今日も一日頑張るために牛丼頬張るで~!と気合入れているとでてきたのがこちら。

sukiyagyudon.jpg
あんさんお肉うすうすくたくたやんけ~~。

なんだかんだで3,4ヶ月に一回くらいはすき家さんで牛丼食べるものですが、
ここまで肉が精根つきはててくたくたになっているのははじめてみました。

で、通常なら「ちょっとこいつはひどくはないかい?」となるもんですが、
何故だかこの日は「がんばりよったね~お疲れさん~!」といいたくなる気分になりました。

なんかこうくたくたなんだけれど、決してまずそうにはみえなかったんですよね。
むしろ一日一生懸命働いてきたおっちゃんがみせる、仕事終えた安堵に
ほんのりの自負がまざったあのありがたい弛緩の笑顔に似ているような気がして、
なんだかよいもんだなあと。

きっと他のお客さんの牛丼に入る肉のために、
自分のうまみを惜しみなく搾り取って渡してきた肉であって、
長年まじめにまじめに生きてきた老人にしか出来ないあの笑顔に似たようなものを
何でか牛丼の中のしなびた肉に感じてしまっておりました。

なので、そうしたおっちゃんから「今度はお前ががんばれよ。」
とでもいってもらったかのような気分になっておいしく食べられたし、
実際今日は仕事の合間を縫って書類作成をする必要があったのですが、
なんとか切り抜けることが出来て書類全部出して出張に出られたなあと。

てなことを飛行機の中で機内モードのipod touchで書いていたら出張先到着。
明日は仕事の後で飲み会あるので更新できるかわかりませんが、
出来ればこの地にいる間にリアルタイムの感想書けたらなと。

出張先でいつもと違うパソコン使ってしかも酔っ払って書いているので
いつもに輪をかけて内容のないブログになってすみません。
ま、ちょっと更新があいてしまったので生存証明としてお許しください。

あ、ちなみにすき家のドレッシングは松屋と違ってフレンチの1つのみでした。
sukiyadressing.jpg
今度は吉野家のドレッシングの数を数えにいきたいなあと。

2012.11.17 Sat » 松屋って何屋?

住所:青森県、秋田県、鳥取県、島根県、香川県、高知県、
   大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県以外の県にあるもようです。
   全国制覇してないのが意外でした。

yasaimuryoken.jpg
ロハスな生活を心がけている私よってに、
無料券の誘惑には弱いですね~。

「”ロハで只だからタダ”って若い人にはわからんで!!」
と突っ込まれるかもしれませんがさにあらず。
私のロハスはLifestyles Of Health And Sustainabilityじゃなくて
Lifestyles Of Hesitate And Suspicious(to spend money)だから~
などと気軽にぼけてみようかと思ったのですが、
すごく調べてやっと出てきました上の単語たち。
「お金使うのにびびって疑い深い生活」のつもりですが、
うまくかけている自信がありません。

ま、そんなことはおいといて、
先日生野菜無料券を使いに松屋さんにいったんですよ。
で、たまには牛丼以外もいいかな~と思って
ハッシュドビーフを食べてみたんですよ、はい。

ご飯にかけるだけだからすぐに出てくるのかな?と思ったら
バッタンバッタンレンジか何かの扉を閉める音が何度も聞こえて、
いったいどんな手順でつくられているのだろうか…と
みえない厨房で作られている手順を想像していると出てきたのがこちら。

hushedbeef.jpg
固形として意識されるのがトマトと玉ねぎで、
トマトのみずみずしさと酸味を活かしたあっさりソースかなと。
なのでそれこそ飲む感じでさらさら流れていく感じだなあと。

で、今回の本題の無料券で出てきた生野菜ですが、
ドレッシングどれかけようかな~と眺めてみると、

dressing.jpg
いやほんと種類多いですね松屋のドレッシング。
ゴマ、フレンチ、黒酢、しょうゆ、カルビ、バーベキュー、ポン酢
七味や紅ショウガ…ってこんなにそろっているお店って
洋食やさんとかでもそんなにないんじゃないかなあと。
なので実は松屋は牛丼屋でも定食屋でもなくてドレッシング屋
なのではないのか…などと思ってみたりしながら食べておりました。

どうせならわざびマヨ・青じそ・中華風なども増やしてくれると、
うれしいのですが…特に牛丼にマヨ系であみあみかけかけしたいなあ…。
ま、マヨ系おくと無茶な使い方する人多いだろうから無理なんでしょうが。

2012.11.14 Wed » ラーメンブログに欲しい機能

お仕事で戸畑へ!!!

八福さんで食べてから戸畑ちゃんぽんの麺が気に入ったので、
今回は他のお店で食べて見聞を広めたいな~と探してみます。

まずは九州工業大学近くの福龍さん(北九州市戸畑区中原西1-1-36)
へいってみましたが駐車場がいっぱいで停められません…。
30分ほどよそにいってまた戻って来てもさっきとは違う車で
再度また全部埋まっていて、その人気の程がうかがえます。

「仕方ないので九工大の学食でちゃんぽんないか探してみようか?」
と思って九工大の門までいってみましたが…
国立大学って「図書館使います」って言えば
部外者でもサクサク車で中に入れるコトが多いですが、
なんか九工大の入り口は格式ありすぎでびびってしまい断念。

そんなこんなでお仕事の時間が迫ってしまって
結局食べたのはあんパンと珈琲。・゚・(つД`)・゚・。
anpancoffee.jpg


まあでもへこたれません食うまではで
お仕事終えてから近くのお店を探していってみます…

で、次に向かったのは寛太郎(北九州市戸畑区浅生3-14-21)さん。

kantarou.jpg
ぎゃぁあぁああああぁぁあああ定休日!!!

まあでも寒い中こういう温かい張り紙はうれしいなあと。
kantarouharigami.jpg

「お~し!こうなったら清水の舞台に登る気持ちで
貧乏なのにリッチに有料の若戸大橋渡ってマルケンさんだ!!」
と意気込んで若戸大橋渡ってマルケンさんにいってみることに。
おおおよかった駐車場は開いている…と思って近づくと…

marukenrope.jpg
店休日なのか駐車場にロープはってある。・゚・(つД`)・゚・。

で、この時点でTIME OVERで帰路につき、イオンで半額寿司買って帰宅です。
北九州まで行ってあんパン食べて帰るだけとは。・゚・(つД`)・゚・。

で、ここで何を言いたいのかというと
「ラーメン屋さんを定休日でぱっと検索できる機能あれば
 特に初めて行く場所でお店探す時便利なのになあ。」ということ。


たとえば「地域:福岡市東区 定休:火曜日」みたいな組み合わせで
お店を検索できるブログがあれば「その曜日にそこいっちゃだめ」というのが
ぱっとわかるのでいいのになあ…などと。

それぞれのお店の記事自体に行けば定休日の情報ある事多いですが、
「火曜日休みのお店は○○、××…」てな感じで一覧で出れば、
視覚的に把握しやすくて意識に登りやすいのになあなどと。

「じゃあ!お前が自分で作れよ!」という突っ込みは当然なのですが、
fc2ブログのカテゴリの使い方が今ひとつよく分かっておらず、
ラーメンを東区とか博多区とかのサブカテゴリに分けることさえ
出来ていないお馬鹿な私なので実現はまず難しそうですが…。

と、ここまで「マルケンさんの定休日は火曜日」というイメージで
ブログ書いていたのですが、食べログ情報では第1,3日曜が定休とのこと…。
てことは先日の黒門さん同様、「たまたまの休み」に出会ったわけなのでしょうか…。
もしかしたら神様が私にくれたたった一つの才能が「たまの休みに出会える才能」
かもしれませんね……って、ラーメンブログ書くには致命傷だよなあと。

で、ここまで書いてまた思い出したのですが、私のそういう欲求に
一番答えてくれそうなラーメンデータベースがこの記事の中に書いた
某所のサーバーにあったような気がしたのですが今なくなっておりますね…。
すごく便利で閉店時間検索とかを特によくお世話になっていたのですが、
今探してみても出てきません…。どこかに移転していたりしないのかなあ…。

2012.11.11 Sun » 野田首相が食べたラーメンはどこ?

野田首相が福岡に来られてたみたいですね。
記憶では橋下さんも来られてた気がするなあと。

で、「野田首相川端商店街を視察」というのを
ニュースで知った段階では「ふ~ん」程度だったのです。
おそらくあの店で帽子をかぶった写真をみても
「笑ゥせぇるすまんみたいやなあ」と思ったくらいだし、
ぜんざい食べたときいても「ぜんざい広場かあ」程度。

んが、「ラーメンを食べた」ときくと、「どこやろ?」と
俄然興味がわいてきてしまいました。

mns産経新聞ニュースの記事からすると、
ラーメンも川端商店街で食べた可能性が高いよなあと。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121110/plc12111021020018-n1.htm

デフレラーメン大好きの私ですので
最初におもいついたのは「はかたや」ですが、残念だけど
さすがに首相がはかたやでは食わんよなあ~と。

あと、博多に来て北海道の「どさんこ」は食べないだろうし…
おそらく豚骨を食べるだろうから川端らーめんも違うだろう…

そんなこと考えてから答え合わせをしようと検索してみると…
明確にどのお店と答えを出している記事を発見出来ず…。
仕方ないのでニュース記事の写真をじっくりみて推測してみます…
(上のニュース記事へのリンクより写真をご覧ください)

ラーメン経験値の高い人なら分かるのかもしれませんが、
私にはちょっとわからないなあ…はかたやでないのは確かだけど…

「一竜」さんかと思いましたが、一竜さんの水のピッチャーは緑だけど、
ニュースの写真に写るお水のピッチャーは透明だし
店の雰囲気全体的に一竜さんとは違う感じ…。

と考えると「風び」さんの可能性が一番高い気がするなあ…。

自分のブログで検索してみると2010年の9月に訪問してますが(過去記事)
fuubiramen.jpg

fuubionigiri.jpg

ラーメンとおにぎりの写真ばっかで店内の写真はなし。・゚・(つД`)・゚・。

fubikaedamamuryo.jpg
替え玉無料券もあることなので一度確認にいってみようかなあと。

2012.11.08 Thu » ミカエル堂の謎

行ったことのない土地に行く時は、なるべくスーパーに寄って
その土地だけに流通する普通の食材があるかを探すようにしています。

どの県でもオリジナルがあるのは醤油・味噌関係ですが、
スーパーで売られるパンも地方色あることが多いなあと。

で、宮崎駅のすぐ近くのマックスバリュをのぞいてみると、
「ミカエル堂(宮崎市大塚町権現昔865-3)のパン」のコーナーがあって、
全国統一されてないお店ならではの素朴な包装のパンが並んでいました。

michaelpan1.jpg

ジャリパンがメインのようでしたが、私が選んだのはカラーサンド。
ジャムやらクリームなどを挟んだ甘系のサンドイッチでした。
michaelpan2.jpg

んで、宮崎行の写真を見返していてふと思い出して、
「ミカエル堂」で調べてみると…最初に出てきたのは熊本八代のお店。

ミカエル堂(熊本県八代市)のHP: http://www.mikaerudo.com/index.html
県民ショーでシュードーナツが紹介されて人気の模様です。

で、宮崎のミカエル堂は2番目に出てきますね。
ミカエル堂(宮崎)のHP: http://www.michael-do.co.jp/

ま、でも別にミカエル堂ってそう特殊な名前でもないから、
どの県にもいっぱいあるんじゃないかな~と探してみると、
鹿児島にもありました~ ミカエル堂鹿児島(紹介HP)
http://373news.com/_life/gourmet/bakery/index.php?storyid=1699

で、そこからがみつからない…
「ミカエル堂 -宮崎 -熊本 -鹿児島」の検索式で
検索してみたのですが他の県での存在をぱっとは確認できず…。
検索結果を5ページ分くらいしか見てないのでわかりませんが、
ぱっと出てくるような有名店としては九州限定なのかなあと。

宗教には詳しくないのでよくわかりませんが、ミカエル様なんて
日本神話で例えたら「アマテラス-ツクヨミ-スサノオ」レベルの
有名さだろうから(???)、全国にあってもおかしくないのに
何故に九州のみなんだろう…と不思議に思っておりました。

もし、「ミカエル堂」という検索ワードでこのブログにこられて
「うちの都道府県のミカエル堂を見落とすとは何事だ!」
とお気づきの方いらっしゃったらコメントいただけるとありがたいです。

sunshine.jpg
写真は宮崎空港駅までのったSUNSHINEという電車。初めてみました。

2012.11.07 Wed » まくり(西長住店)がよかったです

住所:福岡市南区西長住1-7-28 (MAP) お店HP: http://www.makuri.jp/index.html 
営業:11:30~22:00(平日は14:30~17:00が準備中) 定休:不定休(月1)

城南区でのお仕事に行く時に使う道ぞいに
まくりさんが出来たのを知ったのは結構前のこと。

お店の前に駐車場の案内図が貼ってあるのはみかけたのですが、
通り過ぎるスピードで判別出来るほど視力はよくないので、
どこ停めたらいいのか分からず断念することが続いておりました。

けど今回は前の車の関係でお店の前で停まることが出来たので、
駐車場に無事たどり着けましたので訪問することに。
makuriparking.jpg

なのでまず駐車場の情報を書いておくと、
大池通りの長丘5丁目の交差点(7-11と吉野家があるところ)を
北側に入ってすぐ左折したところにあります。
100円ローソンのところからも入れそうにみえますが、
そちらは一方通行で無理とYahooの地図では書いてありました。

makurimise.jpg
黄色と赤をはっきりくっきり使ったお店の外装より、
店内もこてこての中華風なのかな~と思って入店したのですが、
壁の素材そのままにざっくり真白に塗られた壁やらは
アジアンだけど中国って感じでもないとでもいう感じだし、
下げた箸やらを入れておく大きなステンの容器が並ぶ様がみえたりして
なんかどこか不思議で素朴なオサレ感もあっていい感じだなあと。

で、いっぱいある麺メニューを前に悩むことしばし。
いつもなら一番安い「鶏ガララーメン450円」を選ぶのですが、
こちらのお店の場合は明らかに550円シリーズに
独自性あふれる麺がならんでいてコスパがよいよなあと。

ああでも貧乏性にとって「どのメニューも同じ値段」ってきつい…。
普通の人なら「何食べたいか」で決めると思うのですが、
「どれがお得か?」という評価軸もすごく出しゃばってきてしまいます。
「排骨麺だと肉一杯食べられるのでこれが一番お得か…」
などと「お得さ」ばかり考えている自分を反省して
「未経験のものを食べる」という評価軸で酢辣麺を頼みました。

で、出てきたのがこちら。

makurisura.jpg
いやまあほんと黄金。
写真はピントがあってなくてうまく伝わりませんが、
ほんと実物はぷるぷるぴよぴよ輝いている感じで、
子どもの頃味覚糖の純露を太陽にかざした時に覚えたような
わくわくする感じのきらきら感があっていいなあと。

綺麗なんでいつまでも眺めておいておきたいなあ…
等と思いつつもレンゲでとろとろスープをすくって一口…。

すあっつぱいい~~~

私もいい年こいたおっさんなので声には出しませんでしたが、
心の中ではすっぱいとあついを同時に叫ぶ上のような声を出していました。

うまさなんて大脳新皮質が必要そうな高度な処理はすっとばして、
脳幹にダイレクトに熱さすっぱさが飛び込んで全身ぱっちり気分。

ま、でもぼやけた脳に喝が入ったので意気込んで麺にいきます。
細めで表面はほんのりざらっと粒っとした感じもあって
これがスープにほんとよくかんらんで熱々の共生状態にあるなあと。
なので最初のうちは少しすすったらあちちになってしまうので
なかなか全体をすすれなかったのが恥ずかしかったです。

そんな感じなので食べるのに結構時間かかってしまったのですが、
麺はあまりのびる感じがなくて、最後までぬちゃっとなることなく、
ここちよい弾力もあって、存在感の強いスープの中で
最後まで元気に麺の存在感も感じさせてくれるのでいい麺だなあと。

てな感じで食べ進めていくと、最初は熱くて酸っぱいだけと感じていたところに
お、きくらげがさらにつるぷる感で口腔内を弾んでいくな…とか
細かいお肉がふれるとうま味がまた足されていいなあ…など
ほんとにいろいろな味と食感を内包していることに気づかされてきます。
これはおそらくきくらげと肉のつかい方がおもしろいからで、
どちらもかなり細かめにしてふんだんに入れているので、
具としてスープから独立するのではなく、スープに一体化するでもなく、
スープの一員としてうまみや食感を足す感じになっているのかなあと。

makurisura2.jpg
食べ終わってみると、時間進行につれていろんな顔をみせてくれる
ほんとホットな存在のまま飽きさせないすごい麺だなあと感心しました。
このあたり、どんな感じでスープの中身がなっているから
実現しているのかを知るためにも、耐熱硝子の透明容器で出してくれたら
見た目にもよさそうなのだけれどもなあ…などと妄想したりも。

訪問してすぐなのに、「次はどの麺にしようかな」
とHPのメニューみて考えてばかりになるのが困ったもんだなあと。

2012.11.05 Mon » 貧乏舌神???


貧乏神っていますよね。

きっと、誰にも平等に与えられるはずの「お金を得るチャンス」を
ことごとく駄目にすることで誰かを貧乏にする神様なのでしょう。

で、私の場合、とりつかれているのは貧乏神ならぬ
貧乏舌神なのではないだろうかと思わされることがあるなあと。


「質が高いと評判のお店に行って舌を鍛えよう!!」
なんて意気込んでお店に向かうことが私でもたまにあるんですよ。

で、東区の名店たつしさんにむかったのが9月30日の日曜日。
tatsushi.jpg
定休の曜日は忘れたけど平日だったから日曜は開いているはず~。
と思ったらかなりピンポイントでその日曜はお休みでした…。
tatsushiyasumi.jpg

で、今度は黒門さんで食べるぞ~と出かけたのが11月3日(祝)。
確か黒門さんもお休みは平日だったよね~♪

ぎゃあぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁ。・゚・(つД`)・゚・。
kuromonkyugyo.jpg

別に普通のお店の場合そう巡り会い運が悪いとも思わないのですが、
舌の肥えた人に評判の高いお店に行こうとした時に限って
こういうイレギュラーなお休みにあうことが多いのですよ私。

私の舌を肥えさせまいと裏で糸を引く貧乏舌神が
どっかにいるに違いありません…。・゚・(つД`)・゚・。
どなたか似たような巡り合わせの方いませんかねえ…。

あああ貧乏舌脱出までの道のりは遠いなあ…
と思いながら黒門さんの前の道をぼ~と眺めておりました。
kuromonroad.jpg

んでも特に黒門さんは営業時間も短いので、
この道を同じような気分で眺める人もおおいのだろうなあと。

2012.11.02 Fri » 筑後川あれこれ

先日宮崎に行ったのですが(後日まだ書いてないお店のこと書きます)、
その時に乗った飛行機がすごくちっさくて(今調べたらSAABの340Bとかいうプロペラ機)、
まあでも小さいから高度も低いのか景色が近く見えて面白かったのですよ。

chikugogawafromplane.jpg
その時にみたおそらく筑後川の写真。

で、飛行機からみた次の週にはその川のほとりでお仕事(大臣閣で食べた日です)。

syoukaikyou.jpg
間近でみるのは初めての昇開橋はやはり風情あっていいなあと。
なので佐賀側からだけでなく福岡側からもみてみようと
昇開橋温泉側にも渡ってみてみると…幸福の鐘なんてあるんですね。

koufukunokanesoto.jpg
『どうせこういうのってカップル用なので無縁だよな…』
と思ったのですが、昇開橋にかけて「昇(る)運、開(く)運」
なんてオヤジギャグもあるなら私でも鳴らしてもいいかも~♪

と年甲斐もなくはしゃいで建物の中に入ると………。

koufukunokanenaka.jpg
あああ鳴らすためのひもに
まったく手が届きそうにありません
。・゚・(つД`)・゚・。


写真じゃよく分からないでしょうが跳ぼうが
なにしようが届くはずないくらいの高さでした…。

あああわが幸せはげに遠きにありしか………などと、
遠く祖国を眺めているかのように立つ徐福さんのような気分で
空の遠くをぼんやり眺めてから筑後川をあとにしました。
jofukuzou.jpg

まあでも今度は体調良い時にまた来て、
昇開橋に落ちる夕日眺めながら温泉入れたらなあと。

2012.11.01 Thu » 念願の大臣閣へ

住所:佐賀市諸富町大字諸富津138-9 (MAP) 
営業:11:30~21:00ころ 定休:第2・4火曜

大川でお仕事。あああ平野の風景がたまりませんな~♪
加えて空の高さの充実した秋だから、メタボな私でも
ぐいぐい空の高みに意識があがることが出来ていい風景だなあと。
hashitosora.jpg

そうした風景のようにすかっと晴れ渡った気分でラーメン屋さん探しを
したかったのですが、この日はあいにく風邪で体調悪し。
なのでいつも行う「適当に車走らせてみつけたお店に入る」のをやめて、
ナビの周辺施設案内でお店の候補を探すことにしてみると………
おおお大臣閣さんが川渡ってすぐにある!これはいい!

『けど風邪ひいて味が分からん時にいったらもったいないかも?』
と少し不安に思いもしたのですが、別に体調良くても貧乏舌は貧乏舌
ならば試さな損損と思ってお店にと向かいます。
daijinkakuomise.jpg

お店をみつけて入った瞬間にあああなんて私好みとうっとり。

お店入って出迎えてくれた奥さんのいた右手の方をみると
厨房が窓からの光で優しく照らされてゆったり広がってみえています。

入り口近くのテーブル席に座ってほっと一息のびをして天井見上げると
素朴な木の素材をそのまま見せて作られた高い天井のうすぐらい空間が
そのまま下まで降りて包み込んだようなおちつける穴蔵のような空間が心地よく
そこから入り口越しにみえるのれんが光の流れにゆれるさまのまた心地よいなあと。
daijinkakuomisenonaka.jpg

あああもう食べる前からうますぎるがなと喜びながら待っていると、
こんどはおばあさんの方がラーメンを持ってきてくれました。並500円です。

daijinkakuramen.jpg

(注)ここから先、消毒用アルコールを直接かいでも
においを感じなかったほどのひどい状況での感想なので、
いつもに増して信頼性のない感想だとご理解の上お読みください。

ラーメン経験値自体少なめですが、
この手の泡のたつスープの経験値はほんと少なくて
どういう感じなのかわくわくしながらまずはスープを一口。

勝手なイメージで「泡がたってる=こってり濃厚」だったのですが、
この泡って濃厚の指標ではあってもこってりではないのかもなあと。

なのでまずはふわっとした泡の感触が、意外なほどの軽快さで
するんと口の上部を通っていく食感が走って、
それにつづいてスープの本体が、どろりとかべったりとかの
くどさのまったくない、ぽったりとろんとした小気味よい濃厚さで
舌にダイレクトに伝わる2段仕立ての感じかなあと思いました。

ビールだと冷たくない泡のあとに冷たいビールが来ますが、
こちらの場合熱くない泡の後に熱々のスープ本体がくるので、
私は平気ですが猫舌の人などは注意した方が良いかもしれません。

までもそうしたぷくぷく泡のようなイメージが最初に来るので、
おそらく結構濃くて熱々のスープなのでしょうがあっさり感じられるし、
濃厚一辺倒だと飽きも早くなってしまいがちなのを防いでいるのかもなあと。

あと、濃厚なスープって脂や変な甘さを伴うことも多い気がしますが、
そうしたものもあまり感じずにただ泡と濃厚さがある感じで
ある意味最後に残るのはあっさりした感じでもあるのが不思議だなあと。

麺の方もお気に入りで、結構しっかりとした歯ごたえがあるのですが、
芯を残したような固さでもなく、ゴムのように跳ねるような食感でもなく、
麺の断面に配置された小麦粉粒子それぞれが、誰も人任せにしてさぼったりせず
ちゃんと自分のところであがなった結果出てくる素直で充実した歯ごたえなのではと。
なので表面ばっかりとか芯だけとかいうのではない感じになるのかなあと。

で、あと面白く感じたのが、スープで口の中が
全体的にクリーミー気分になるのですが、
麺がつるんと口腔の壁や舌をなぞるとその部分は
スープの塩分が感じられるように思えて、
なんというか面白い流れを作ってくれる麺だと思いました。

チャーシューはあっさりした感じで、スープが
「肉からつくられたもの」という変容を果たしているのであれば
チャーシューは「肉そのもの」という感じのシンプルな味付けで
これは全体のバランスとして非常に良い感じだなあと。

まあでもほんと店の感じ味の感じお値段などどれもいい感じだったので、
また今度は体調万全の時に来て楽しみたいなあと。
09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif