ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2012.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2012.09

2012.08.30 Thu » 業務スーパーであれこれ

住所:福岡市東区筥松2-32-3 というかJR箱崎駅の横です
営業:9時~22時

私が買い物のベースとしているお店はトライアルですが、
ある意味底値ラバーで底値ハンターな性分を持つ私なので、
他の店が安い場合は他のお店に行くこともしばしばです。

gyoumusuperwide.jpg
で、今回の業務スーパー箱崎店さんに関しては、

ペンネやフリッジやマカロニ(トルコ産)が500g88円だし、
カットトマトの水煮缶詰(イタリア産)が58円であるし、
大量の豆板醤やウェイパーに「似た奴」も安くで手に入るし、
パン焼き用の強力粉が結構底値レベルの気がします。

箱崎駅すぐ隣と言うことで車で行くのが不安になりますが、
コインパーキングが1時間無料になるので安心です。

で、話かわってその近くの自転車置き場で目に入った自転車の写真。

gyoumusuperbicycle.jpg
ううむ…ここまで盗んでいく人の心も寂しいものありますが、
なんだかぼろぼろで置き去りにされたままの姿がより寂しいなあと。
出来れば持ち主さんが家まで連れて帰ってくれたらいいのになあなどと。

で、その後家に戻ってきてお店の写真をじっくりみていて気付いたこと。

業務スーパーってG7グループなんだ…ってG7ってなんだったっけか…。
gyoumusuper.jpg

センシンナナカコクゾ~ショ~カイギって学校で覚えた記憶あるなあ…
でも、ゾ~ショ~会議って何やる会議なんでしょうねえ~。
ぞ~しょ~がど~しよ~ど~しよ~って悩む会議なのかなあ…。
まあ、ある意味外れていないというか、今どの国の蔵相も
ど~しようと悩まずにいられる人はいないのでしょうが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

あいかわらずのオヤジギャグを反省してG7グループを調べてみると、
現在はG8じゃなくてG7ホールディングに成長されていて、
あの「オートバックス」のグループになる訳なんですね…
これはなかなか知っている人は少なかったのではないでしょうか?

ということでとりとめのない日記になってしまいましたが、
今から外食に出かける予定なので見捨てず次回も読んでいただけたらと。
スポンサーサイト

2012.08.29 Wed » 。・゚・(つД`)・゚・。

住所:ひみつ 営業:ひみつ

「夏バテならぬ夏ボケからの復活目指してブログの更新頻度をあげるぞ~!」
「そのためにもお昼を外で食べよう~!」ということで外出です。
そしてこれまで入ったことのなかったお店に入店して看板メニューを注文です。

食べたもの自体はおいしかったし、あくまで私見だけど窓からの光をいかした写真も
結構いい感じに撮れたし…あとはどんな文章を書くかだなあ…など思いつつ
全部食べ終わって満足して、お盆に食器をまとめて置くために、
麺の器をずらしてみたら、お盆にカピカピになった米粒を発見。

kometubu.jpg
。・゚・(つД`)・゚・。ご飯類頼んでないのに…。

私はそれほど清潔にこだわる方ではなくて、
パッケージのビニール袋の破片が混ざっていても全然平気だし、
グラスに脂が残っている感じなのもわりあい平気だし、
髪の毛が入っていても取り除けば平気な方だし、
ミニGが入っている時でも取り除いて食べる方なんですが…

なんでかこのカピカピになった米粒が大の苦手で…
ご飯の中にこれが混ざっていてそれを噛んでしまった時など
想像するだけでうぇってきてしまうくらいなんですが、
この場合は他人のご飯が固まったものが…うぇえぇえぇええ。・゚・(つД`)・゚・。

私の場合、こういう感じでうぇっとなってしまった場合は、
「はっきりした味のものを食べ直してお腹を落ち着ける」ので、
アペルの串団子69円を購入して食べてなんとかしのげました。
dango.jpg

まあ、こんな感じで新しい試みを頑張るぞ~♪と勇んで出かけた時に限って
こうして気をそがれる出来事に遭遇して出足をくじかれることが多い人生ですが、
風前どころか台風の前の灯火レベルのやる気をなんとか消さずに維持できたらと。

2012.08.27 Mon » みなとばし食堂で鹿児島ラーメンを食べました

住所:鹿児島県南九州市知覧町郡144−1 (MAP) 
営業:11:00~14:45 17:00~19:45

ドライブで知覧に到着。さてご飯をどこで食べよう…。
親の車なのでナビなどもなく、持っているのは
A1ぐらいの大きさの紙1枚に鹿児島全体が書かれた地図しかない…
どうやってお店を探そうか…と不安に思っているとお店発見です。

minatobashikanban.jpg
観光地っぽさのないふつ~の看板に、

minatobashimise.jpg
観光地っぽさのないふつ~ののれんがかかったお店に
なんだか安心して入店です。

店の奥の天井近くにおかれた小さめのテレビには夏の甲子園。
いい感じに時によってソフトフォーカスかけられた赤いテーブルにつくと、
これまたソフトフォーカスかかったグラスに入ったお冷やがコトとおかれる…
カウンターで新聞に読み入っているおじさんの背中と
それを照らす磨りガラスからの柔らかい光の加減とあわせて、
ある意味日本人の原風景の一つだよなあ…とでもいえそうでいい感じだなあと。

ラーメンは普通、大盛り、特製の蛍ラーメンと種類があり、
蛍ラーメンがいろいろトッピングが入っていて魅力的だったのですが、
初めてのお店はノーマルでということで大盛りを頼みました(値段失念)。

出てきたのがこちら。

minatobashiramen.jpg
「鹿児島ラーメン」の平均像がどういったものかは知りませんが、
あっさりした豚骨スープに断面積の小さめの叉焼が特徴っぽいよなあと。

もう食べてから2週間経っていて、かつメモもしていないので、
本当にあいまいで嘘八百な感想ですみませんが、
スープはあっさりすっきりした感じのものだったかなあと。
あっさりの度合いで言えば長浜ラーメン系が近いのでしょうが、
長浜ラーメンが「あっさりした白濁」だとすると、
鹿児島のラーメンは「あっさりした白」てな感じで、
濁った感じが少ない分、白感が長浜より多い感じがするのですが、
これはきっと私のきのせいでしょうねきっと。

叉焼は枚数が多いので全体的な量としては少なくないですが、
一つ一つは小さめで、これは何故だろうかと思っていたのですが、
もしかしたら「麺ともやしと一緒に食べると調度よい」大きさなのかなと。

あっさりしたスープと、博多ラーメンよりちょい太めくらいの麺に、
しゃっきしゃっきしたさっぱりもやしをあせて食べただけでは、
もやしが前面に出ちゃう感じでさっぱりしすぎて頼りなさげに感じそうですが、
この組み合わせによく炙されて滋味あふれたチャーシューをあわせて食べると、
ほんと控えめなメンバーを生き生きとさせる名リーダーが出てきたように
あっさりが協調しあって充実したさっぱりうまさが出てくる感じだなあと。
これがまた肉厚どでかチャーシューだとバランスとれないだろうしで。

なんだかでも店内の雰囲気もラーメンの味も全体的にほっとできるものなので、
知覧のいろんな観光地をみてほっと一息日常を取り戻したい時にいいのではなどと。

2012.08.25 Sat » はま亭がより良くなってました

住所:福岡市東区土井3-2-18 (MAP) 
営業:11時~21時

以前は結構足しげく通っていた「はま亭」さん。
最近は通りかかっても駐車場が満杯で入ることが出来ず、
そのまま通り過ぎることが増えておりました。
惣菜とり放題だし、その惣菜もちゃんと手作りされていて
おいしいので混雑するのも当たり前ですよね…。

しかし、この日はランチタイムからかなり外れていることもあり、
駐車場がかなり空いていて車も停め放題状態!!だったので入店です。

入ってみて気づいたのがメニューがいろいろ増えていること。
私の脳みそは記憶自動消去機構を備えた優秀さなので
ちょっと昔のメニューの記憶に自信ありませんが、。・゚・(つД`)・゚・。
記憶ではうどんの種類はかけ・肉・カレー・ざるくらいしかなく、
それにごはん(鶏飯も含む)をつけるかつけないかくらいだった気がします。
hamateimainmenu.jpg

しかしこの現在のメインのメニューをみると、
うどんを頼まずご飯と惣菜を楽しむ惣菜定食530円
惣菜定食に煮魚がつく煮魚定食690円なども増えているし、
「残しちゃうとやだな」という小食な人用のメニューなど増えていて、
なんというかより細やかな配慮が増えている気がしました。

hamateioptionalmenu.jpg
その他、期間限定で変わっていくイベント麺も増えた模様で、
みそカツうどんが終わって現在はカレーうどんとのこと。
せっかくなのでカレーうどん530円を注文して待つ間に惣菜をとりに行きます。

とり放題の惣菜の豊富さは健在で、記憶にあるだけでも以下の通り。

天ぷら類(ごぼう・なす・かき揚げ)・丸天・きつね
うどん用類(わかめ・昆布・天かすなど)
煮物(大根・昆布・こんにゃく・ひじきなど)
漬物(梅干・らっきょ・大根・干し大根など)
その他(レタス・まよサラダ・とろろ・卵)

注)私の記憶を書いただけなので他にもあるはずです。

で、どれをとろうかなあ…と目移りしていてふと気付く。

「カレーうどんでは天ぷらは食べられなさそう?」

普通のうどんだとスメに浸して天ぷら食べるのでいいのですが、
カレーうどんだとなあ…さすがにカレーつけて食うのは…ねえ…
塩でもあればそれふって食べるか…となやんで選んだ1回目がこちら。

hamateisouzai1.jpg
やはり貧乏性なので天ぷらは食べたいけれども、
醤油つけて食うのは避けたいし、いわんやカレーをやなので、
ちょっと控えめのとり方になっているかなあと

でもまあ大根に味がしみこみまくりで
ほろほろと口でほどけまくりでうまいなあ…
と思っているとカレーうどん到着です。

hamateikareudon.jpg
説明書きに「ココナッツミルク使用」と書いてあったので、
異国の味がしまくって和風のうどんや惣菜に合わなかったら…
と不安に思っていたのですが、それは杞憂と言った感じで、
基本的にはうどん屋さんのスメのうまさを利用した和風のものだったかと。

けれども、普通のカレーに普通にうどんのスメを足しただけだと、
ある意味すっきりしすぎてどこか頼りなさげになることもあるので、
そうしたものを避けて丸くさせるためにココナッツミルク使っているのかなと。

これまでは何も考えずにとにかく量が食べたくて、
うどんが出てくるなりにダイレクトに天ぷらとかを
どかどかトッピングしてがつがつ食べていたので、
このお店のうどん自体がどういうものか知らなかったのですよね。

でもこうしてカレーうどんとして他に何も足さずに食べてみると
うどん自体の食感に意識がいくことになって、こちらのうどんが、
思った以上にむっつりすけべならぬむっちりすべすべなのに気づいて、
これはおそらく冷やしで食べたほうが合いそうだなあと感想を持ちました。

で、カレーうどんを堪能してから惣菜とり放題の2回目です。
『やっぱりでもこのお店では天ぷらととろろを楽しみたい…』
そういう思いがふつふつ湧いてきて、しかしあるのはカレー…
気づいてないのかもしれませんが天ぷら用のつけつゆはなさそう…
何か代用できないものはないか…と思ってふと思いついてとったものがこれ。

hamateisouzai2.jpg
天ぷらになにか液体がかかっているのがおわかりでしょうか?
これ、大根の煮物の煮汁を天ぷらにかけたものです。
これで結構天ぷらのつけつゆの代用になるかもなあと。

まあでも、大根の煮物の煮汁だけだと甘さが強いので、
とろとに醤油をかけたものをつけながら天ぷら食べると、
これはこれで結構おいしいものだなあと思いました。
特になすの天ぷらが合う感じだなあと。
あと、梅干がほんと面白い食感で、ぷるんとした梅干を
口に入れてちょっと噛むとほろろんと全体的に均等に崩れて
口の中に広がっていく感じでこれは面白くおいしいなあと。

まあでもお店の方がいろいろ工夫して改悪せずに
改善をいろいろと加えて行ってくれているおかげで、
自分もこうして楽しみつつ満腹になれているわけで、
このお店はほんとこの感じでずっと続いてほしいなあと。

2012.08.24 Fri » 鹿児島うどんを食べてみました

両親が私にとっての実家を売って、父親にとっての実家に戻って
住み始めたので、現在の私の帰省先は鹿児島になります。

で、そこでの日々の買い物のメインはA-COOP。
田舎住まいがばれないように横文字でオサレを
装ってみましたが、ご存じの通り農協のコープですわな。
とは言えどもHPで店舗検索すると福岡県の福岡市には存在せず、
一番福岡市に近いのが久山店(糟屋郡久山町久原2618)なので、
『A-COOP?何それ?』という都会人もいるかもしれませんが。

閑話休題…

と話を戻すために打ちながら、ぱっと
「閑話休題、あかんわ九大」というオヤジギャグを思いついて
「誰かにすでに使われているかなあ…」と検索してみると、
誰かに使われているレベルどころか、5万件ものダジャレを集めた
「ダジャレナビ」に登録までされているではないですか!

http://www.dajarenavi.net/

よく見ると2004年からあるのですねこのサイト…。
どうしていままで気づかなかったのか…
オヤジギャグをつい言いがちの人で上記サイトをご存じで
なかった人がいましたら、是非ともみていただけると、
自身を振り返るいい機会になるかもしれません…。

本当の閑話休題。

で、エーコープで帰省中のご飯の買い物をしていると、
冷凍食品コーナーに気になるポスターが貼られています。

鹿児島うどんとな…先日の宮崎うどんにつづいて、
鹿児島のうどんの特徴もしらないなあ…どんなんだろう…

つけあげ(薩摩揚げ)とかのっかってるのかなあ…
あおさ(ヒトエグサ)とかといっしょだとうまそうだ…
冷やかけにキビナゴの天ぷらのっけてしょうがそえて…
あああうまそうだ~夏にあうよなあ…
いやいやそんなんじゃなくて桜島の灰を練り込んだうどん???

などと自分なりに鹿児島うどんの具やらをを想像して
鹿児島うどんとは何かをあれこれ思案してみてみると、
そこにあるのは普通の冷凍うどん。

kagoshimaudonpackage.jpg
「これのどこが鹿児島うどんなんだろう?」
といぶかしげにパッケージをよく見てみると

九州産小麦のチクゴイズミを使用ってあるけど、
筑後だと福岡であって鹿児島じゃないよなあ…
あ、でも甘藷デンプン使用か…しかも鹿児島産。
これは名前と西郷どんの絵だけに頼っただけでない、
結構ちゃんと鹿児島らしさをもった商品だと感心して購入です。
kagoshimaudonpackageura.jpg

で、適当にゆがいて適当に水にさらして適当にめんつゆぶっかけて喰ってみると
ぱっとした感想としては「サツマイモの甘みを感じる…かも?」というもの。

けれど馬鈴薯デンプンでつくったあんかけとか食べても
全然ジャガイモ感を感じたことはないので、
こうしてサツマイモの甘みを感じているのも気のせいだろうなあ…
と頭では分かっているつもりですが、やはり貧乏舌だし、
先入観に影響されやすい人間なので甘さを感じつつ食べ進みました。

kagoshimaudon.jpg
食感の感想を試してみると、タピオカのデンプンをつかった
有名なうどんのぷりんぷりん跳ねるようなコシはないけれども、
十分な噛み応えと噛みしめた時の粉感もありつつも、
噛む力を増せばさっと潔くかみ切れる感じでいいもんだと。

なので口の中での躍動を楽しむタピオカ系に比べると、
固から溶けていくまでの小麦感の変化を楽しむのが出来るのが
甘藷デンプンの特徴かもしれないなあと思いました。

このあたり、ものを知らない私にとってですが詳しく勉強になるHPが、
独立行政法人 農畜産業振興機構のページにありましたので、
甘藷以外にもデンプンを足したうどんに興味のあるかたは是非。

http://www.alic.go.jp/starch/japan/basic/200807-01.html

タピオカデンプンに関して言えば、有名になりすぎて
ある意味「混ぜ物」的なイメージもついてしまい、
もちもち感を得るための邪道的な扱いを受けがちのイメージありますが、
甘藷デンプンを鹿児島で使うと「地産地消」的なイメージになって
よいイメージになると思いますので、この組み合わせを活かして、
鹿児島うどんがメジャーになって行ってくれたらいいのになあなどと。

てか、上に挙げたキビナゴの天ぷらうどん食べてみたくなってきた…。
自宅で天ぷらをしない人間なので福岡のどっかのお店で
キビナゴの天ぷらあるうどんやさんないかな~などとも。

2012.08.23 Thu » つけちゃんぽんでリンガーのパーティションを楽しむ

住所:博多駅エキサイド 営業:7時~25時

実家の帰省の前に博多駅で何か食べて帰ろう…
雨男の私がそんなことを思ったからでしょうか、
博多駅に着いたら雨が降り出しました。

。・゚・。・゚・。・゚・。
。・゚・(つД`)・゚・。涙に加えて雨!

そう降りも強くないので、いつもなら折り畳み傘を出して歩くところですが、
この日は帰省用の荷物を持っているので外に出たくない…。
どうしようか…と思って決めたのがエキサイドのリンガーハット。
全国津々浦々にありすぎるがゆえにあまり利用することなかったのですが、
最近は料金かわらずの大盛りサービスが充実している感じで利用が増えたかなと。

ぱっと見の記憶+2週ほどまえの記憶なのであいまいですが、
記憶では店内にはテーブル席はなく、壁に沿ってカウンターがならび、
フロアには大きな机の真ん中にパーティションが立てられ、
パーティションを挟んでカウンターが表裏でくっついた感じになってました。

もしかして昔からあったのかもしれませんが、この手の
「目線はつい立てて隠れているが手元は開いている」机って、
最近のチェーン店タイプの飲食店でよく見かけるようになった気がします。

一蘭のような完全パーティションは味気ない、
けれども大きなテーブルに相席はいやがる人が多い、
ならば大きな机の真ん中にパーティションをつくればいいじゃん、
というのが大本の発想なんだと思います。
で、手元の部分を空けておいて、そこに調味料など置いていれば、
パーティションの表裏どっちにも調味料を別におく必要もない!
これは妙案だ!という発想に流れてきたのであろうと。

で、エキサイドのリンガーハットに関して言えば、
あいている手元の部分が広すぎて、
そのためパーティションの向こう側の家族連れの
子どもの食べている姿が丸見えになっているのですよね。
ちゃんぽんにピントがあって背景がぼけて誰かの判別は
不能だと思うので挙げさせてもらうとこんな感じの風景です。
ringerexsideoyako.jpg

私自身が行儀が悪く大食漢で親のご飯を狙ってばかりの子どもだったので、
物足りないのか親の分をかっさらって食べようとしている子どもの元気な姿がみえるのは
『食べもんにがつがつ出来るのはええことや』とほほえましいもんです。

までもちと手づかみまで行くのはお行儀悪いのも確かなわけであって、
それをほったらかしにせずにちゃんとしかっているのもいい風景なのですが、
はたと気づいたのが「しかっている親の表情が見えない」ということ。
目線がパーティションで隠れているので、声とはたく手しかみえないと。

はたかれた子どもの表情やその後のやりとり時の表情などからして、
親御さんは普通に適切な「はたき」方をしていたのでしょうが、
そのときの表情が見えないとなんだか全然印象が変わるもんだなあと。

ある意味だからこそしかったりする時はちゃんと子どもの目を見て、
何故ここでしかるのか目でちゃんと主張した上で、
かつ目で受容もしめしながらやらないといけないのだろうなあなどとも。

で、そんな感じで目線の高さのみのパーティションの功罪について
いろいろ考えているとふとまた違う風景が眼に入ってきました。

それはその家族連れの奥さんが食べるときに口だけが見えること。
これ、パーティションの開いている部分の高さが高いから、
口元は見えてしまっているわけなんですが、
食べている口だけ見えるのってなんかなあ・・・・といった感じでした。

食べている顔全体が見えている時の口はそう気にならないけど、
口だけ見えると正直ほんと怖いというかなんというかで、
なんというかみたくない光景なんだなあとびっくりしました。
そしてこの手のパーティションのところで食べていると、
自分自身もこういう感じで食べているところを見られていて、
相手に不快感を与えているんだなあと思うと結構なえてしまいました。

「いや、そんな内装の感想よりつけちゃんぽん自体の感想はどうなんだ!?」
というつっこみが聞こえてきそうですが、食べたのが2週間くらい前で、
正直あまり明確な感想を覚えていないのですが、
やはりちゃんぽんスープと味噌はほんとあうなあ…といった感じでした。
ringerexsidetukecyanpon.jpg

ちゃんぽんスープのコクと味噌からの自然な甘さと渋みが重なって
スープ自体は本当においしいものだった気がします。
で、出来ればこの付け汁をそのまま使ってつけじゃない
ちゃんぽんになったらうれしいなあ…というのが感想ですが、
そしたら500円なんて価格では出せないんだろうなあと。

まあでもこうして麺自体の味ではなくて内装について
ふやふやとどうでもいいこと存分に考えたり出来るのは、
ある意味リンガーハットという慣れたお店で慣れた味を
食べていることが出来ているからだろうなあと思えば、
やっとたどり着いた昼休みにゆっくり緊張を解きほぐしたい時に
気負わず普段使いするのに最適な証明かもしれないなあなどとも。

2012.08.18 Sat » 食べ放題の進化!(赤のれん・とん吉)

住所:福岡市東区箱崎6-12-5 (MAP)
営業時間:平日:11:00~1:00(日祭はAM0:00まで)

寄る年波に負けて胃袋が小さくなったわけではないのですが、
寄る年波による基礎代謝の減少および運動量の低下で、
「量は食べられるが食べると体重増に直結するので控えざるを得ない」状態に
なってしまったため、最近本格的食べ放題への足が遠のいております。

そういう私なので、ラーメンでしっかり腹を落ち着かせた上で、
サイドメニューをちょこちょこっと好きなだけ盛り合わせられるお店だと
一杯食べて満腹になれるけど食べ過ぎにもならなくてすんでいいなあ…
そう言う意味ではeラーメン.comさんが私の理想だなあ…
けど久留米は遠いので東区で似たようなお店出来たらなあ…と思ってました。

で、550円でラーメン食べると唐揚げ系の揚げ物も食べ放題に出来る
箱崎の「赤のれん・とん吉」さんが一番近いかなあ…と思っていたのですが、
「炒飯系の味のついたご飯」は食べ放題でないので、
肉よりかは炭水化物を放題したい自分は最近訪れておりませんでした。

で、先日お店の前を通りかかって発見です。
manpukulunchkanban.jpg

11時~15時のランチタイム限定ですが炒飯食い放題でっせ!
ご飯やふりかけ食べ放題は結構あるけど、
炒飯食べ放題はなかなかないよなあ!!しかも+100円のみ!!
ということで迷うことなく即入店です。

で、出てきたのがこちら。
manpukulunchsidemenu.jpg
ってラーメンじゃなくてサイドメニューやんけ!!
そんな感じでラーメンへのまじめな姿勢が足りないから、
他のラーメン愛にあふれたまともなラーメンブロガーさんに相手されんのや!!
というつっこみが聞こえてきますがすみません。

ま、でもそのまま続けるとサイドメニューは写真の炒飯・唐揚げ・サラダに加えて、
漬け物の種類も多くてあともやしの蒸したものなどがありました。

で、唐揚げと炒飯を食べながら待っているとラーメン到着です。

manpukulunchramen.jpg

握力を競うかのように思いっきり絞りに絞ったレモン汁が、
ちと苦かったり繊維質がひっかかったりするけどうまいように、
うま味も薫りも匂いも脂分も塩分も何もかもを
例え石が混ざろうとも絶対玉を拾いきるぞ~って感じで
ぎゅっと集めてくれたようなスープはほんと好きだなあと。

で、そうしたスープを細平麺がまといまくって
ずんずん口腔に運んでくれることでよりスープの
ぎゅっとした感が伝わってくるのもほんといいよなあと。

そうしたことで濃厚さを堪能できるので、ある意味
チャーシューはあっさりした箸休めになるよなあなどとも。

おそらくはサイドメニューの種類は少ないので、
「食べ放題出来た種類や量を誇りたい」タイプの方にはむかないし、
それをされると他のお客さんにまわらなくなると思いますが、
ラーメンをメインに腹12分めくらいの満腹を楽しみたい位の人には、
ほんとおすすめ出来るお店だなあと思いました。

是非ともお店に飾られた古い看板が歩んできた歴史並みに
このサービスが長~~~~~く続いてくれますように…。
manpukulunchmise.jpg

2012.08.11 Sat » 元祖でのチャレンジと閉店情報

長浜の「酒のやまや」で買い物のためドライブ。
ここ、お酒やら輸入食材が種類多くてかつ安くておすすめです。
yamaya.jpg
で、せっかく長浜にきたついでというかそれが本命でというかでラーメン食べよう。
でもどこで…久しぶりに元祖以外を食べてみたいなあ…
と思案していたところ、港3丁目に「真博多ラーメン港家」があるのを思い出す。
確か前回お休みで食べられなかったんだよなあ…。(前回の記事)

で、近づいていってみると、以前貼られていた看板が壁になく地に落ちている…
minatoyaheiten1.jpg
そして、店の前に行ってみると飲食店ではない名前が書いてありました…。
ということで港家さん閉店の模様です。あああ残念無念。

仕方ないので元祖に行くことに…っていったら失礼でしょうが、
何度食べても飽きないのですがあまりに多く取り扱われすぎて、
もうブログのネタにならないんだよなあ…と思ったところでふと思い出す。

「前回15分50円の駐車場で間に合うか試してみよう!!」
このときに書いた店舗すぐ上のトラストパーク長浜3の駐車場ですね。(過去記事)

コメントいただいたモックさんが実現されたということで、
私もしてみたいと思っていたところでいざチャレンジです。

まず、入庫してみると車庫内の道路は広めにとられていて、
登るのが結構楽なのですいすい上階に。
しかもそんなに混んでないので3Fですんなり停められました。
このあたり、不動産価格が冷え込んだ後にたてられたから、
土地を余裕持って使うことが出来ているのかなあと思いました。

で、特筆すべきはエレベーターの便利さ!!!
海側のエレベーターを使って降りたら元祖が目の前!!!

いやほんと結婚式の新婚さんかトップテンの歌手になった気分!!

って『トップテンって何?』と思ったナウなヤングもいるんだろうなあ…。

って、そんなどうでもいい感慨にふけっていたら15分は達成できません!
車庫の入庫時間が15:55だったのに、券売機で買った券の時刻は16:01!
あと9分で替え玉して外にある事前精算機に駐車券を通さねば!!

で、入店してみると盆休みだからか16時でもほぼ満席の客の入りです。
しかも盆で観光で来たお客さんが多いみたいで、
やはりお客が慣れていないとお店ももたつく模様で、
なんとなく軽快なあらよっとさがないまま時間が過ぎていく…。

向かいに座ったカップルが「いや~ん量が多くて食べられない~~
などあざ笑うようにして半分以上残していったり、
「こんな重いやかん持てない~~~」とかなんだか、
”ブランドバック持てるだけ持ち帰り放題”とかいうイベントあったら
100個くらい持って帰れそうな女性が猫なで声で甘えていて
それを彼氏が腕をぷるぷるさせながら注いであげていて…
いや決してリア充カップルにやっかんでるわけでは…。・゚・(つД`)・゚・。
とかなんだか思っていたらラーメン登場です。

gansoramen20120811.jpg
味の方はなんというかまあで、確かに他の方も書かれているように
薄くなっている感じかなあ…肉の塩分を頼りに食べる比率が増えた気がします。
あと、やはりほんのり麺の量は少なくなっている気もするなあ…
それになんか妙に替え玉などのオーダー通らないことも増えた気が…
これはおばちゃんがいない時だったからかなあ…

まあでも全体としての「元祖感」というのは全然揺らがないわけで、
そう言う意味ではかわらない良さがそこにある気もするなあなどと。

で、後で家族連れ(夫婦+幼稚園~低学年くらいの男の子2)も同席して、
正直『ありゃりゃまたこりゃのんびり食べられて間延びしちゃうかな?』
とか思ったのですが、旦那さんは元祖を食べ慣れているみたいで、
そして子どもへのとりわけかたも手慣れていてかつ上手で、
なにより男の子二人が元気にわっしわっし素早く食べる食べる…
なんというかほんと将来が楽しみな子たちだなあ…
「これ、おじさんから」とか言って替え玉でもあげたいもんだ…
などと思って「こういう真のリア充はいいもんだ…」
とのんびりほくほく気分になってはっと気付く

「ああ!15分チャレンジが!!」

オーダーが滞った替え玉出てきたのがお店の時計で16:09ころ。
これは無理だろうと思いつつ麺を食べてみると、
替え玉出てくるまで時間があってスープが冷めていたからか
あっという間に食べきってそこそこ急いで外に出て精算機にカードを通すと…

いやはや驚きの15分50円達成です。
gansoparking20120811.jpg

実際には16分なのに50円におまけしてくれていたからの達成でしたが。

おそらくですが、「精算機の時計が狂ってる!」
とかいうクレーム対策で数分のマージンはあるんだろうなあと。
で、数時間単位だと数分のマージンがあっても気になりませんが、
15分単位だとたとえ数分のマージンでもすごくありがたいんだろうなあと。

まあ、今回は「15分」にこだわったのでばたばたしましたが、
30分100円だと全然余裕ですし、ある意味すんごい直結さなので、
元祖巡りとかしない場合はトラストパーク長浜3はおすすめだなあと。
gansokanban20120811.jpg

2012.08.10 Fri » たつしに行ってみました

もう何回目になるでしょうか…
すくなくとも十数回は訪問したのですが、いつも車を停めることが出来ず、
さりとて路上駐車するのも気がひけてまだ食べることあたわずの名店「たつし」。

盆前の本日なら空いているかもね~と接近してみると…
おおお路駐の車がない…これは駐車場も開いているかも…

tatsushishutter.jpg
ま、こんなもんすよね私の人生。

ちなみに上の写真では小さすぎて読めないので店休日を文字で起こしてみると、
8月のお休みは2,16、23,30のいつもの木曜に加えて、
7から10に連休をとっているみたいなので、盆休みは営業の模様ですね。
盆で帰省してきた友人に福岡のラーメンのおいしさを伝えたい方は
たつしのご利用するのはいかがでしょうか?って私は未食ですが。
でもこれだけ多くのブログで評判いいのでおいしいに違いないと断言出来るかと。

で、本日は仕方ないので他のお店でも探してみようかと思ったのですが、
折からの酷暑の日差しに放置されたアイスのように気力が溶け落ちて行ってしまい、
結局近くのマックスバリュでお昼を買って帰ることに。

人気のないラーメンブログの書き手の私が分類するのでまったく信憑性ありませんが、
人気のあるラーメンブログっておおよそ以下の4つに分かれるのではと。

1.肥えた舌をもってして正確な味のレポートをする正統派
2.新店や隠れた名店の発掘が得意な足でかせぐ報道派
3.軽妙なネタ回しでラーメンという文化を楽しむ文化派
4.料理の自作などしてラーメン以外の食の楽しみも提供する自作派

貧乏舌だしフットワークも重く言えるギャグはオヤジギャグのみの
私に1~3を実現するのは無理なので、かろうじて目指せるのは4か…。
自作にしても本格派は無理なんで簡単系でせめたいなあ…
職場の果物ナイフだけで作れるものというスタンスがいいかなあ…
出来れば女性が真似してくれるようなオサレ系がいいよなあ…
などと勝手な理想を胸に抱きマックスバリュの店内を歩きます。

べ~ぐるとかいうやつにレタスとチーズとサラダ用のマヨ買って
ボイルしてマリネにしたターキー挟めばオサレっぽくなるかなあ…
おおおでもべーぐるって高いねえ…てかレタスも意外と高い…
あああピーマンなら1個9円で売ってるのになあ…
そんな金銭感覚の人間がターキーなどた~け~で
買えるはずがないので代わりに何買おうか…

ということで私が買って帰ったのは以下の食材。
sandsyokuzai.jpg

ピーマンとかにスティックかよ!!!
ターキーやらチーズはどこに消えたんだよ!!!

まあでもこっからどのように料理するか…
と期待してくださった方もいるかもしれませんが…
単に切って詰め込むだけです。
面倒くさいのでピーマンは2つに割るだけ。
sandpiman.jpg
かにスティックはもとから切ってあるし…。

で、完成品がこちら。



obakesand.jpg

なんじゃこりゃ~。
8月末に子どもが宿題しなさいと親にしかられていやいや
すねながら工作の宿題としてつくった「お母さん怪獣」みたいな怖さです。

obakesand2.jpg
横から見ても食べ物にあまりみえないのが面白い。
これ、ピーマンの代わりにレタスだったら
そう変でもないと思うのですが…なぜこんなにまがまがしいのか?

で、おそるおそる食べてみましたら、結構うまいですよこれ。
生ピーマンのざっしゅりきゅっしゅりした歯ごたえの中を
ほろほろと解けたかにスティックの繊維が包むように流れる食感がいいです。
で、これはちょっと言い過ぎですが、かにスティックのかにの味に
ピーマンの苦みが加わることで、トマトに砂糖かけてスイカのレベルでいえば
かに味噌食べているような味と言えなくもないという人もいるかもと言う感じ。
ま、どっちかというと皮付きの海老をがしがし食べている気分が近いかなあと。

sandpimanae.jpg
こちらははさめず余ったやつをあわせたものですが、
まあでもほんとピーマンとかにスティックって意外とあう感じで、
ビールにはちとあわないけどキンキンに冷やした白ワインとかに合いそうかなあとも。

と、今回はこんなネタで終わってしまいましたが、
も少しましな自作ネタとかもまた挙げることが出来たらなあとも。

2012.08.08 Wed » カラフル食堂のトンカツ定食

住所:福岡市博多区住吉3丁目14-6 (MAP)
営業:11時~23時 

晩ご飯には少し早く、昼食には遅すぎる日曜日の夕方、
地下鉄の渡辺通りで降りてご飯を食べる店を探します。

高級ホテルに近いのにサンセルコには安価なお店も多い、
そんな情報を耳にしていたので入ってみたのですが、
日曜の夕方なのでどの店も開いておりません。
柳橋連合市場も当然ながら開いているお店なし…
しかたない…博多駅まで歩くかあ…と那珂川を渡り始めたら
ほんの少し歩いただけなのに汗がだくだくと。・゚・(つД`)・゚・。

これはやはりこのあたりでお店に入って体を休めねば…
と思っていたら渡りきったすぐの所に食堂発見です。
colorfulsyokudomise.jpg
やってるかな…おお営業中だ…お店の看板はランチの価格か…
おお夕方6時ころという今の時間でもトンカツ定食530円か…
これは入るしかないでしょう…ということで入店です。

「カラフル食堂」というどこか陽気なイメージの店名から、
ちょいサイケ(?)パンク(?)いけいけどんどん(???)
上のどれも適切ではないですがどこか元気な若者風な店内を
勝手に想像していたのですが、いたって普通のうどん屋さんの内装でした。

カツ丼定食530円を注文してしばし待ちます。

日曜の夜ご飯には早い夕方という一番のアイドルタイムだっためか、
他のお客さんの姿はみえず、店員さんも一人でした。
けっこう出てくるまでに時間かかったので、
あちゃ~これは自分のためだけに油温めさせることになっちゃったかなあ…
などと申し訳なくおもったりしているとトンカツ定食登場です。

colorfulsyokudotonkatu.jpg
私がよく利用するような安い食堂のトンカツだと、
加賀で金箔づくりの修行でもしてきたのかと疑いたくなるような
薄っぺらい肉に甲殻類の殻のような衣のものが出てくることが多いです。

でもこちらのトンカツは肉自体が結構充実した厚みのあるもので、
薄めだけど物足りなくもない程度のあんばいの衣が
堅固に守られるではなく肉に食感を添える形でついているもので
肉が主役になっているある意味トンカツのあるべき姿のものだなあと。

だから食べてみてじゅわんと染みてくるものは、
衣からの油ではなくて肉からの脂であろうものであって、
なんというかお値段の割には充実したトンカツだったなあと。

おそらくなんですが出てくるまでに時間かかったのは、
冷凍トンカツを揚げてただ出すとかじゃなくて、
ちゃんと一からつくってくれたからなのかなあと思いました。

あと、写真だとそう大きくみえないかもしれませんが、
ご飯も丼サイズの器に入ってきて量的に十分満足できるもので、
これがランチタイム以外で530円で食べられるのはいいもんだなあと。

あと、私は頼まなかったのですが、うどん屋さんがメインのお店なので、
+50円でミニうどん、+100円で普通のうどんがセットできる模様です。

colorfullunchmenu.jpg
このトンカツを初め唐揚げや鶏南蛮などの定食が11時~14時の
ランチタイムだと500円で食べられるみたいなので、
それにうどん足して600円にするとかなり安価でお腹いっぱいになれそうだなあと。
09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif