FC2ブログ

ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2012.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2012.07

2012.06.17 Sun » 八福のちゃんぽんに感激

住所:北九州市戸畑区銀座2-1-18 (MAP) 
営業:11時~19:30 定休:日祝

往きはすいすい帰りはとろい…
てな感じで時間の都合で往路で高速使った出費をとりもどすべく(?)
下関から関門トンネル経由の下道でとろとろ帰っておりました。

お昼うどん1杯だけだったし、下関で1万歩くらい歩いたしで、
途中でもう1杯くらい食べて帰ってもよいよね~と思って
やっぱり寄ってしまったのがこのお店。
hachifukubicycle.jpg

遅すぎる昼ごはんなのか早めの夕ごはんなのか
判別つかない頃合いの訪問だったのですが、
それでもお客さんは3人くらいいらして人気のほどが伺えます。

ほんと店内は「昭和」ですよね。
意外と大きくとられた窓のすりガラスからの届く光に
新しくはないけどきちんと掃除され揃えられている物々は、
なんというか慣れない大事な席でちょっと緊張しながらも
それでもまじめに背を伸ばしているおっさんたちのような
なんかこう「古いながらも頑張ろうとする姿勢」や
「忘れたくない心意気」的なものが感じられていいなあと。

で、この日はラーメンではなくちゃんぽん400円を注文です。
ラーメンとは違いちゃんぽんは出てくるまで時間がかかるので、
常連客と大将との会話をつまみにお水をちびちびやって待ちます。

「福岡から仕事に来たお兄ちゃんがおいしいお店教えて
って言ったからこのお店教えたのよ!そしたらおいしかったって!」
お店の大将本人に、まるで自分の子を自慢するかのような
上気した口調で話すおばちゃんとそれをはにかみで返す大将…
こういうやりとりはその地のお店になっているからこそだよなあ…
などと思っているとちゃんぽん到着です。

hachifukucyanpong.jpg
みためほんとベーシックな具材を使ったベーシックなちゃんぽんで、
これを400円で出してくれるというありがたみ以外に
それほど特徴があるとも思えなかったのですが…麺が!!

出てくるのを待ちながらカウンターからみて右手、
お店の入り口側の棚に置いてあった、色が茶色で濃いめの、
薄っぺらく圧縮された袋めんの麺のようなものを
「これは何に使う麺?」と疑問に思っていたのですが、
まさかちゃんぽんに使うとはと驚いていました。

あとで調べると戸畑ちゃんぽんの特徴は蒸し麺と知りましたが、
食べた時の感想は「ほんのり半生入ったチキンラーメン」

麺の太さはほんのり細めで、チキンラーメンの「あとちょっと待て」
的な時間で食べた時のしっくりした歯ごたえのものかなあと。
しかし時間が経ったらのびてぶよぶよになってしまうこともなく、
カリとした心地よい噛み切り感とともにムチンとした粘り腰もほんのり感じられ、
ほどけず固まったところも不愉快などでない香ばしい味と食感のアクセントとなるなあと。
あと、普通のちゃんぽん麺の場合、よほど太麺でごりごりコシあるタイプでないと
野菜のバリボリシャッキリな食感にまぎれて隠れてしまうこともありますが、
このタイプの麺だと野菜にまぎれることなく独自を残ししかし不協和音になりもしない、
なんというかほんと味のある存在になるなあと感心しきりでした。

こうして、訪れるたびにそう新奇でも革新的でもないけど、
「やっぱすごいな」と思える落ち着いた感動を与えてくれるのが
こうして長い時間いろいろな人に愛されるお店の底力なのかなあなどと。
hachifukuparking.jpg


スポンサーサイト
09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif