ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2011.12 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2012.02

2012.01.30 Mon » 390円定食に歴史あり(姫だるま)

住所:糟屋郡粕屋町大字仲原2546-1 (MAP) 

先日長安に伺ったときの話。
ぼんやりと窓の外を行き交う車の流れをみていると、
現れては消え消えては現れる文字に気づきます。
390yennobori.jpg
昼定食…390円…。

これは…安い…390という数字が私のDNAをぶんぶんゆさぶって
二重らせんの中に入り込んで出てこなくなっちゃいました…

ということで1週間後にいそいそとやってきてしまいました。
himedarumamise.jpg

お店の前の営業時間をみると定休日が日曜日で、
昼の部が11:00~15:30(オーダーストップ15時)
夜の部が18:00~21:30(オーダーストップ21時)と2部制になっていて、
メニューにはいっぱいの居酒屋メニューが並んでいましたが、
迷うことなく定食390円を注文です。

写真を取り忘れていたのでメモの落書きですみませんが、
待っているとすぐに冷たいお茶とおしぼりを出してくれて、
390円だというのにサービスがよくてうれしい限り。
ocya.jpg
しかしまあ説明文が「色のついたお茶」って、
なんて語彙力無いんでしょうね私。・゚・(つД`)・゚・。

で、ついでなんでご飯の方もメモあげてみますが、
絵がへたくそなのは自覚しているし晩酌して寝る前に
記憶だけで適当に描いたので実物と全然違うのの自覚しておりますが、
どれもこれも?、?、?、(?)、(?)ばかりで松花堂弁当の箱さえも
でてこない食事関係の知識のなさにあきれる始末です。
bentomemo.jpg


お弁当の方はちゃんと写真ありますので、
メモの落書きでは伝わらないおいしそうさをみてください。
himedarumabento.jpg

メニューはご飯・味噌汁・漬け物・味噌甘辛煮(鶏・イカ・キャベツ)
オクラかなにかのはんぺんはさみ揚げ・白身かなんかの磯辺揚げ
黒胡椒いっぱいの目玉焼き・キャベツ・豆腐(揚げ玉・つゆ)といった内容で、
いやほんと390円でこれだけいただけるのは感動しきりだなと。

で、タイトルの「歴史あり」ってなんだ?
伏線の消化出来てないぞ?と思った人もいると思いますが、
このお店の390円という価格の割の充実っぷりに匹敵する
特徴になるのではなあと思ったのがメニューのミニ歴史講座。
minirekishi.jpg

私物理と地理歴史が一番苦手だったのでよくわかりませんが、
ミニでは収まらない深みのあるお話なのかもなあと。
今は太宰府は受験シーズンで混んでいるだろうから、
また春になった頃に観世音寺に訪れてみたいなあと。

そのほか一味と七味にかわいいオリジナルのパッケージ自作していたり、
姫だるまのイラストをつかった装飾をいろいろほどこしていたりと、
じぶんでいろいろやってみるのを楽しんでいる感じが共感できてよかったなあと。
スポンサーサイト

2012.01.27 Fri » カップヌードルKINGのキングっぷりがすごいです

コンビニで何かおもしろいカップ麺ないかな~♪
などとぼんやりながめる暇もないほどの存在感を発見。

日清CUP NOODLE KINGとな…。

しみったれな私なので、「どうせ350円くらいするんだろう…
普通のを2個買った方が安くつくんだろうなあ…」と思ったのですが、
麺105gでコンビニでも226円。安い!なので買ってみました。

お店だとそこまでなかったですがいざ買って帰って
手元に置いてみるとその巨大なイメージがさらにまします。

どのくらい巨大かといえば…

国宝姫路城より高い!
himejicastle.jpg

鍋の野菜セットの10数倍広大!
nabe.jpg

けどゾウリムシよりは小さいみたい…
zourimushi.jpg

(印刷した写真は岩国市立ミクロ博物館HPよりお借りしました)
http://shiokaze-kouen.net/micro/content/mail2.php?nmb=255

ゾウリムシって私がなんとかかえる牛肉ステーキのような
ぺらぺら平べったいイメージあったのですが、
peraperasteake.jpg
ヘチマスポンジの糸くずが出てきたような感じだったんだなあと。
あああわたしも一度肉眼(?生で)電子顕微鏡体験してみたい…。

閑話休題

じゃあ海老も伊勢エビクラスのが入ってるんだろうか…
某謎肉もサイコロステーキクラスのものが…
とか思ってみますがさすがに具材の大きさは変わらない模様で
(嘘です通常より大きいみたいです。期待しすぎたせいですねこの感想は)
麺などの味も変わらないように思えました。

いや、実際には変わっていないのでしょうが、
「なんか大味というか薄味に思える」という感想を抱いたのは、
視覚にだまされやすい私の幼稚な舌のなせる技かなあと。

まあでもほんと今このブログ打ちながら横にある空になったカップを
みるごとに何度も「でけえなあ…」と唖然としてしまうので、
みなさんも一度試されはいかがでしょうか。

2012.01.26 Thu » ラーメンのほんとのフォント

先日書いていた「ラーメンにあまり使われないフォント」の件。

『適当に似合わないフォント選んであげればOK!』
と楽ちんに思っていたのですが、
どのフォントを選んでも結構似合うものですね。

しいていうならば「教科書体」を選ぶと
「飯食ってるときに勉強おもいだしたくない…」
といった気持ちになるくらいかなあと。
kyoukasyo.png

これではネタにならない。・゚・(つД`)・゚・。
仕方がないのでフォントじゃなくて「模様」をみてみるか…
ということで画像検索した素材をおかりしていろいろ試してみたのですが…

まずは!さわやかソーダ水イメージの水玉!
mizutama.png

似合わない。・゚・(つД`)・゚・。
ラーメンとソーダ水自体あまり味が合わないものですが。

こんな感じで他の模様を試してもどれも似合いそうになし…。

水玉2
mizutama2.png


チェック模様
check.png


ラーメン自体の写真(元祖長浜屋)
gansoramen.png


いや、もう少し選べば似合うのもあるのかもしれませんが。

ラーメン屋の看板などの文字が似通ってみえる理由として
「フォントはともかく模様をつけにくい」
というのもあるのかもしれないなあと。

2012.01.24 Tue » 一風堂・一国堂・二金堂

またしてもネタがなくなったので過去の写真のサルベージ。
北海道旅行時の写真をみてみると紹介出来てない
ラーメン屋さんの写真がまだまだあるなあ・・・・・・。

名古屋時代の友人が北海道に勤務していたころ、
毎週末ごと通っていたラーメン屋があるというので
つれていってもらったのが、初代一国堂ヨドバシ店。
住所:札幌市北区北6条西5丁目1-22 
ヨドバシカメラマルチメディア札幌店1F北向き
営業:11時~25時

「濃い味が好きな君には薄く感じるかもしれないけど」
と友人が言うし、「名古屋コーチン使用!」とか書いてあったので、
上品すぎて私には合わないかもとおそるおそる食べてみました。

ikkokudoushio.jpg
(ラーメンの写真はヨドバシ店の塩です)
いやいやかんなりうまみと塩味はっきりしているよなあ、
というのが半年以上前でメモもないけど頭にはっきり残っている感想。
よくわかりませんが塩分に関して福岡は全国平均より低めなのかもなあと。

で、そのときは友人と一緒だったので、ヨドバシ店の写真を撮ることが出来ず、
翌日商店街をふらふらしているときに本店をみつけて写真を撮ったのがこちら。
ikkokudouhontenmise.jpg

微妙に一風堂のロゴデザインに似てなくもないなあと。

以前、一風堂と味の時計台の豚骨ラーメン用ブランドの二金堂が
ロゴのデザインで似ていると書いたことがあります(過去記事)

nikinandtokeidai.jpg
(小さくてすみませんが写真左に二金堂のロゴがあるのがわかると思います)

そう考えると一風堂・一国堂・二金堂は3店お互い似ていることになりそうだなあと。

ま、書体が似ているのが一番大きくて、この手の書体は
他にもいろいろ使われていて類似するものはかなりあるのでしょうが。

まあでもそういう意味では、「ラーメン屋にまず使われないフォント」って
何があるのかなあと。この件はも少し考えてまた書いてみたいなと。

2012.01.22 Sun » 長安に行ってきました

住所:糟屋郡粕屋町大字仲原2589 (MAP)
かつて福禄寿というお店のあったところのようです。
営業:昼11:30~14:30 夜:17:30~23:00(不定休)

いつもコメントいただけてありがたい
まみさんに教えていただいた長安。

地図で調べてみるといつもよく通る道のすぐ近くなのに、
全然気づかなかったのが意外でした。
宇美方面への県道68号沿いの流ればかり意識していて、
原長者原方面の県道607方面はほとんど意識なかったんだなあと。

こんな感じで近くを通りながら気づけないという
不思議な縁の結べなさもあるよなあと思いつつ、
ネットで教えてもらえて出会るという、これまた
不思議な縁の結び方もあるものだと感慨にふけりなから入店です。

と、気軽に入ったかのように書きましたが、入る前は
『2階に宴会場がある立派な作りなんでちとびびる…』
『のれんとごうごううなる脂まみれの換気扇がない…
 値段も書いてない…私が入って大丈夫か…』
とかなり緊張していたのですが、入ったところのランチ紹介見本の
680円という文字をみつけてほっと胸をなで下ろします。
cyouanmise.jpg

テーブルの紅、椅子の白、それらをぎゅっと締める艶黒の輪郭、
てな感じで基本的には中華料理屋さんらしいメリハリある色使いなのに
店内は不思議なほど落ち着いた印象なので何故かなあと。
おそらくはメインの明かりが広く採られた窓からの自然光のみで、
森の中のような自然な光のグラデーションが店内のあちこちにみられ、
人工の明かりはダウンライトなどであくまで補助的につかっているだけだからかなと。
あとは、余計なBGMなどもなく、他のお客さんの落ち着いた会話が聞こえてくるだけの
寂しくはないありがたい静かさが店内にあるからなのかなあと。

で、メニューを見ると刀削麺だけでもいろんな種類が。
・トマト玉子スープ ・ザージャン(醤油味) 
・汁なし坦々味 ・汁あり坦々味が
おそらく昼夜共通価格でそれぞれ650円。

ランチメニューの方には、
・チンジャオロース ・海鮮刀削スープ麺 ・牛筋刀削スープ麺
がそれぞれ680円で+150円で小炒飯+ミニサラダ+餃子2個付き。

悩みに悩んだ末で海鮮をセットで頼んでしばし待ちます。

最初出てきた炒飯とサラダがかなり小さくみえて、
大食いの私に足りるだろうか・・・・と不安だったのですが
出てきた海鮮刀削スープ麺の本体の量をみて不安がなくなりました。

cyouanset.jpg
セットは写真のものにさらに餃子2個がつきます。

刀削麺のみをアップするとこんな感じ。
cyouantousyoumen.jpg

基本的には「海鮮ちゃんぽんの刀削麺バージョン」と言った感じで、
キャベツ豚肉もやしというちゃんぽん系のメインの具に、
えび、いか、貝柱などの海鮮がいっぱい混ざり、
きくらげニンニクの芽しめじなどの山の幸もふんだんで、
キャベツの中に海鮮のかけらをさがす砂金堀り的なものとは一線を画した、
貝が一杯の潮干狩りレベルで海鮮が惜しげもなく使われていて大満足。

スープは私の貧乏舌では成分などは全然わかりませんでしたが、
こくはあるしうまみも十分系だけど油的な強さは控えめな感じで、
野菜や海鮮の味を邪魔せず、麺には十分味を与えてる感じで良かったなと。

で、肝心の刀削麺ですが、私の数少ない刀削麺体験とは
違ったタイプのものだったのでおもしろかったです。

これまでのものが、きしめんとかほうとうのイメージに近く、
削ってあるけど長い、「ぴろぴろふわふわ」的なイメージだとすると、
こちらは短めで、イメージとしては味噌汁とかに入れる
そうめんの切れっ端(つぼふし?)が巨大化して
むっちりにっちりもっちり感がすごい増加した感じとか、
ニョッキを切れるまで伸ばしてゆでたかのような感じというかで、
なんというかいろんな「っちり」感を凝縮したかのような
おいしくも不思議な食感が楽しくもあり、
様々な海鮮野菜それぞれの食感にそれぞれの調和を与える感じで
なんだかいいなあと思いました。

あとおもしろかったのは餃子の皮の感じで、
餡が少なめで肉汁もない感じですが、
その分皮のふよんふよんただよいつつももっちりという
これまた時間進行のある食感が楽しくて良かったです。

cyouankansyasai.jpg
ちなみに1月25,26,27日は感謝祭で
餃子450円が200円とのことなので是非。

2012.01.21 Sat » きらめきの島 奄美を飲んでみました

製造:奄美酒類株式会社 (HP) 

実家の床サン(うちでは床の間をこう呼ぶ)に鎮座していたのを奪ってきた焼酎。
黒糖焼酎って意識して飲むのは初めてだなあ…どんな味なんだろうか…
黒糖だから黒っぽいのかなあ…黒糖だから甘いのかなあ…
などとイメージを膨らませながら化粧箱から瓶を取り出すと…

白!いや正確には透明!!
kiramekinoshimaamami.jpg


まあ確かに色ついている焼酎ってそんなに多くないというか
古酒とかくらいしか色つきのイメージはないですが、
黒糖なので黒イメージあったところにこの透明だったので結構びっくり。

まあでも「煌めき」って名前をつけたくらいですから、
おそらく南国のあふれんばかりの陽光に照らされて
きらめく光を水面にこぼれんばかりにたたえる海の
その奥の海底までどこまでも透明な水をイメージされているから
このパッケージなんじゃないかなあと。
写真じゃ伝わりにくいですがほんと透明感にあふれた瓶です。

で、まずはそのままストレートで飲んでみます。

これまた「甘いのかな?」予想と全然違うすっきりくっきり。
なんというかほ~んと雑味のないさわやかな印象が
SEA BREEZEの液体ではなくつけたときの印象を
飲んだかのようにさささとかけていきます。
甘い系ではなくてある意味さっぱり酸味系かなあと感じましたが
貧乏馬鹿舌の感想なので信じないでください。

まあでもよくよく考えたら黒糖自体すでにある意味精錬されたものだから、
そこからつくった焼酎は癖のないさっぱりしたものになるんだろうなあと。

そのさっぱり感のおかげかずっとストレートで飲んでしまい、
翌朝起きたらお昼近く…週末で良かったです。

まあでも、奄美だからってわけでもないですが、
やっぱり夏を感じさせてくれる味に思えるので
一番いいのはロックで、切った柑橘あたりが合いそうだなあと。

2012.01.20 Fri » POPなやつら

あいもかわらずネタがありません…。
今週末こそは外食できるはずなのでこうご期待です。

デジカメの写真をあさってもネタが出てこないので、
買って半年まったくメモリーカードの中をみてなかった
携帯電話の中の写真をあさってみて出てきたのがこちら。

shikipad.jpg
95%引きもすればたしかに売りつくしだなあ

tshirtstopants.jpg
ちょっとトライアルさんTシャツとズボン下間違えちゃだめですよ。

pantstotshirts.jpg
と思って隣みたらズボン下とTシャツも間違っている…。

単なる誤植ではないなんだか強い意志のある誤植なのかも。

だから半額だったのかもしれませんが。

ちなみに一応まだズボン下をはかずにいられる
若さはたもてているつもりですが、
単にメタボだから脂肪で防寒してるだけかもなあと。

2012.01.19 Thu » うどんやで入れ放題のもの

うどんやで入れ放題のものといって
思い浮かべるのはなんでしょうか?

どのお店でも確実に入れ放題であろうのは
「七味唐辛子」でしょうが、それ以外でぱっと思いつくのが、
「ねぎ」、「天かす」あたりがよくみかけられて、
「わかめ」、「山菜」あたりだとうれしいものになるかと。

福岡の人だと牧のうどんの影響で「追加のすめ」
資さんの影響で「とろろ昆布」、どぎどぎ(どきどき)系で「しょうが」
などを思い浮かべるかもしれませんが、
どれも福岡で初めて体験したもののような気がします。

で、ブログネタがなくて昔の写真をあさっていてふと思い出したのが、
東京出張時に京急品川駅の立ち喰いうどんのえきめんやでみつけた入れ放題のもの。

所在&営業時間は京急ステーションコマースの該当ページをどぞ。
http://www.keikyu-sc.com/ekimenya/ekibetsu.html

ekimenyamise.jpg

お店自体の特徴としては「関東風と関西風のつゆを選べる」で、
ekimenyaselectable.jpg

ekimenyaudon.jpg
麺自体の特徴はほんのり細めでコシもそこそこある系と
当時のメモに書いてあるのを発見しましたが、
このお店で七味意外に入れ放題だったのは…


「これがいい年こいたおっさんの字か!!」とあきれられること
必至など汚い字のメモ用紙をもとにすると、
gomamemo.jpg

うどん用におかれているのではなくて他のメニュー用かもしれませんが、
すりごまをうどんに入れることが出来るのが珍しかった記憶が。

で、このど汚いメモに書いてあるように、うどんにすりごま入れると
何故か印象がサッポロ一番塩ラーメンに。
これ、豚骨ラーメンにごま入れてもそういう印象になることはないし、
そうめんつゆにごまいれてもそうならなかったのに不思議だなあと。

2012.01.18 Wed » はよきてや

新年に「今年は更新頻度をあげる」と思った時に、
「書けるラーメンネタがなくなったら写真ネタで」
と思ってはいたのですが、1月をまだ3週も過ぎていないのに
もはや写真ネタになってしまいましがおつきあいください。

busstop.jpg
はよきてや そっちやのおて こっちにさ
(西鉄バスを待ちわびつつ詠める)

hekomuchihei.jpg
地平線 ふくらむでなく へこむのね
(和白干潟より雁ノ巣香椎人工島方面を臨む)

今調べてみるとレンズによる地平線のゆがみは、
全部が全部へこむのではなくて、
へこむのが「樽型収差」、ふくらむのが「糸巻き収差」
とつかいわけるみたいですね…。
収差をいやがる人も多いでしょうが、この程度じゃなくて
ど派手にゆがむレンズ買って高層ビルとか撮りたいなあと。
で、六角形の光の連凧が差し込む写真…ああ撮りたい。

2012.01.17 Tue » マルちゃんの中の人って?

スーパーでお買い物。カップ麺コーナーをみてみると、
受験の合格にかけたネーミングのカップ麺を発見。
オヤジギャグ愛好家の中で密かに愛されている
「マルちゃん がんばれ!受験生」シリーズですね。

「やきそば勉当で必勝祈願!しょうが焼味」
「麺づくりで点づくり ごま油香るわかめ塩」
「とんとん拍子に合格豚カレーうどん」

1201_jyukensei.gif
(実際に買い物するお店で上記商品を買おうと思ったら
レギュラーの商品しかなくて結局ごつ盛りを買ったため、
写真は下記のHPより転載させていただきました。
不都合ありましたらお手数ですがご指摘ください。)

詳しくはこちらのページをご覧いただけたらと。
http://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2011/12/3_18.html

やっぱ食べ物には小難しいコピーとかよりも、
こういうオヤジギャグ系の方がおいしく感じるよねえ、
ありがとうマルちゃん!オヤジギャグで広告うってくれて!と
勤務先でオヤジギャグ言っては呆然とされてばかりの
私としては喜ばすにいられません。

「こうしたギャグを受け入れてくれる企業風土があるのかな?」
と疑問に思って東洋水産のHPを眺めてみて、
ブログ上のネタとして、

研修制度のページを見て「オヤジギャグ研修がある?」←あるかい!!とか、
組織図のページみて「ギャグ管理部でもあるのか?」←あるかい!!

とか書いて終わらせようとしたのですが、
よくみればR-1グランプリのメインスポンサーをしていて
本当に笑い志向の風土ありそうだし、
スローガンも「すべては笑顔のために」なんだなあと。

子どもや学生などの若い人や母親層の笑顔を目指した広告がメインになるでしょうが、
できればおっさんがむふふと笑顔になれるこの手の広告も継続していただけたらと。

2012.01.14 Sat » ラーメンセンター試験、昨日の解答と明日の予想!!

昨日の答えは
①丸幸ラーメンセンター (過去記事)
②ラーメンセンター三幸 (過去記事)
③えびつラーメンセンター (過去記事)
でした~。全問正解の人はおられたでしょうか?

「もっとセンター試験にかかわるネタかと思ったら
ラーメンセンターという名前だけのネタだったかよ
そう呆れられた方もいらっしゃると思います。

本当は、私自身も「ラーメン系の内容でセンター試験ぽい問題作れたら」
と思ったのですが、これがほんと思いつかないものですね。

□国語!

世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし(伊勢物語・八二段)

上の「まし」と同じ用法のものを選べ

①わが身一つならば、安らかならましを、(更級日記)
②かならずさるさまにてぞおはせまし。(源氏物語・宿木)
③やさいましましあぶらおおめ!(ラーメン二郎)

(ネットの学校 Hello Schoolの「まし」解説ページを参考にさせていただきました。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
いや、おっさん…センター国語はもう終わったから…
明日は数学と理科の理系科目だから…

□物理!

替え玉を放り投げて入れてくれるラーメン屋さんがあります。
10m先のお客さんのどんぶりに命中させるためには、
初速度Voとした場合…あqwせdrftgyふじこlp

物理なんて特に嫌いだから全然できそうにありません…じゃあ数学なら…?

□数学!

ラーメンスープの塩分が気になるメタボおじさんがいました。
300g分のスープを全部飲むのは危険と考えて、
毎回100g分を残すことにしました。
しかし、そこでおさまらないのがメタボのゆえんで
「スープ残す分ラーメンタレ入れて塩分きつめてもよいよね!」
「紅ショウガいっぱい食べてもいいよね!」とか甘えております。
通常のスープの塩分がX%、ラーメンタレの塩分濃度がその5倍、
紅ショウガの塩分量が100gあたり7gだとすると、
「タレと紅ショウガ入れるくらいならスープ完飲しとけよ」と突っ込まれる
量の組み合わせは以下のうち何個あるでしょう?

タレ:5g 紅ショウガ10g
タレ:5g 紅ショウガ:20g
タレ:10g 紅ショウガ10g
タレ:10g 紅ショウガ20g
タレ:20g 紅ショウガ:30g

ええと、問題だしたがいいが答えはどうなるんだ…?

タレYg、紅ショウガZgとする
スープ100g中の塩分:Xg
タレYg中の塩分:5X/100g=1/20Xg

X<1/20X+7/100Z → 19/20X<7/100Z → 95X<7Z
???????????????????????
うがああああqwせdrftgyふじこ!

とにかくわかるのはどれも塩分セーブには焼け石に水ってことでえ!

しかしまあ中学レベルの一次方程式の問題さえ作れず!
そりゃついていてなくて文転するわなあ・・・・・・・・・・・・・・。

ここまで全然写真ないのでせめて最後は花の写真など。
lavenderkana.jpg
受験生皆がおのおのの花咲かせることできますように。

2012.01.13 Fri » ラーメンセンター試験

もんだい

以下の写真よりどこのラーメンセンターであるかをのべよ(5点×3)

問1:お店の写真がなかったのでラーメンの写真を。
ramencenter1.jpg
ここはわかりやすいだろうなあと。


問2:これは難しいと思います(ヒント:佐賀県)
ramencenter2.jpg

問3:
ramencenter3.jpg
これもいきなりだと難しいと思いますが、
昨日書いたところなので簡単かと

「ラーメンセンター」って名前のお店はもっといっぱいあるかと思いましたが、
ぱっと出てきた手持ちの写真はこれだけでした残念。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
センターというか入試では大失敗したくちですが、
こうして古傷がずきんとしないでネタに出来るくらいには
なんとか取り返す事ができてきたんじゃないかなあと。

私の失敗の理由が頭真っ白になって何やっているのか
わからなくなったことだと思うので、焦らず
楽しむ気持ちで臨んでくれたらなあと。

って、まさか受験生がこのページを見てくれているとは思いませんが。

まあでもみんながんばってほしいなと。
少なくとも「結果はともかくがんばった」っていえるようであって欲しいなと。

あ、いちおう上のネタの正解は明日までもちこしです。

2012.01.12 Thu » えびつラーメンセンターに揺られてきました

住所:遠賀郡岡垣町鍋田1-1-18 (MAP) 
営業:24時間営業

飯塚での用事が早めに終了。
晩ご飯食べて帰るにはまだ時間早いので、
宮若市あたりに温泉あったはずだからそこに入って
その後ラーメン屋に通りかかったら食べて帰ろう…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
と思ってたのに迷いに迷う。・゚・(つД`)・゚・。
ナビはあれども精密な地図だとどのあたりにいるのかわからないし
おおざっぱな地図だと道がないところを走っていることになる…
もうなんだかわからなくなったので、「とりあえず遠賀川下ろう!」
となってぐちゃぐちゃやみくもに車を走らせていると…発見!
ebitsuramenmise.jpg
ほんと山道で迷った旅人が民家の明かりをみつけたときのような
それまでのこわばった緊張がほっとほどける気分で入店です。

私が子どもの時分でもすでに昔感を感じる存在だった
「国道沿いのドライブイン様式」を忠実に守っている店内なので、
広い店内のステンの厨房、飾り気もそぎ落としもない机いす、食品見本…
みえているものすべてがトイカメラで撮った写真のように見えてきて、
なんだかタイムスリップでもしてきたかのような気分。

そして、広い店内にはテレビや有線などの音もなく、
厨房も広いので調理の音も届かず、おそらくは空調からであろう、
けれどもどう聞いても船のエンジン音にしか聞こえない
ドッドッドッドッドッドッ…という音が店内全体に低くただよい、
ガラスではないプラの窓やカウンターなど全体が音と共に揺れ、
窓の外は車通りが少なくて真っ暗だから店内の明るさが浮いてみえて、
実はここは異世界を行く船の中で、道に迷った私がみている幻なのでは…
などと不安になったところでラーメン(450円)登場です。

ebitsuramen.jpg
まず、ぱっとみてわかるのは麺が細麺ではないことでしょうか。
私の勝手な印象では麺の細さの順は長浜→博多→北九州→全国平均
という感じになるのですが、やはり北九州の太さだなあと。
食感は粉っぽくもなくぷりぷり系とかでもなく、どこかに極端によらない
全体のどこをとっても「めん」てな感じの麺で安心できる感じかと。

スープに関してはあぶら分が少なめなのであっさり系ですが、
しっかりとしたうまみ感が薄れることなく続いてくれるので、
あっさりだけど「食べてる」実感がわいていいなあと。
で、これは私の貧乏馬鹿舌では判別できなかったのですが、
のどの奥に何か「あ、これってあの味だよね」という、
特徴のあるスパイス的な味覚をかすかに、けれども何度も
残していく感もあっておもしろかったなと。
カレーか唐揚げのような…辛みや刺激につながらないスパイスか、
それともただ単にニンニク成分なのか…自分の舌にまったく自信がないし、
食べログなどで確認してみてもどなたもそうした感想を書いていないので、
やはり私の勘違いに過ぎないとは思いますが。

チャーシューはスープなどとは別個のプロセスで作られている感じで、
食べたときには「ホワイティ~」などと思いながら食べた記憶があるのですが、
写真で見る限りはしっかりチャーシュー色しているので記憶間違いかと。

ebitsuramenmise2.jpg

ラーメン自体は3号線の福岡教育大近くにある城山店
(宗像市武丸字水谷2328-1 こちらも24時間 (MAP))でも同じでしょうが、
なんだかでもここのお店の一番良いところと私が感じた、
レトロ、なんて言葉では表現出来ないような不思議な感覚、
ただっぴろい店内と音はあるけれども意匠的な音ではない世界に
ほっぽり出されて感じる不思議な浮遊感のようなもの、
誰もいない銭湯で水音だけ聞いてつかっている時の浮遊感のようなものは、
こちらのお店じゃないと体験出来ないと思われましたので、
興味を持たれた方は是非夜にこちらを体験していただけたらなあと。


2012.01.10 Tue » 新春初ポカ&都市高速の難しさ

私の記憶:11日までにパソコンで入力してその後郵送すればよい

現実:10日までに入力し、10日までに届いてなければならない

新春初ポカでお恥ずかしい限り。・゚・(つД`)・゚・。
ということであわてて書類作成して都市高速使って堤まで。

toshikousoku.jpg
(写真は別の日に都市高速を下からとったものです)

自分のミスなので都市高速代は自費…。なのでせめてブログネタにして元をとろうと
思いながら運転していたのですが、私の運転技術のなさもあると思いますが、
福岡の地図が頭に入っていないと難しいと思う点があったので挙げてみようかと。

今回、香椎東から堤まで利用したのですが、

1.そもそも路線全体をしめした地図があまりないため、
   どこで分岐してどういけばいいのかのイメージがしにくい

2.千鳥橋JCT直前で分岐の頼りになるのが「天神」「博多」の地名ですが、
  この2つの地名から西と南方向を理解するのは素人には難しい
   (「百道」と「太宰府」とかの方がわかりやすいかなあと)

3.香椎東から半道橋あたりまで、5号線にむかう頼りは
  「野芥」の地名なのに、、5号線に分岐する手前では「福重」表示が増え、
  しかも分岐のちょうど手前では5号線のマークと「西九州道」しかなくわかりにくい

これを読んで、「福岡を知らん田舎者が何を言うか!」
と思う人もいると思いますが、初心者にもわかりやすい表示には
正解がない分いろいろとよりよいものを目指していってくれたらなあと。
それが事故や渋滞などの減少につながるのは確かでしょうし。

福重同士がつながった際には案内表示の入れ替えもあると思うので、
「福岡に詳しくない人が通った時に困った点」などを
モニター調査したうえでの案内の取り替えなどあればなあと。

kitakyusyukuukou.jpg
(写真は都市高速とは関係のない道の写真です)

2012.01.09 Mon » 新春初の登頂成功!!

今日のブログは山に魅せられた男が決死の覚悟で
冬山にアタックしその頂を制した記録を熱く語ります。





まずは山頂の証拠写真をお見せしよう!!
sancyousetsumei.jpg


48m!!!

いや、正確には名前は知っていたけど訪問したことのなかった西公園をぶらぶら散策していたら、
そこが山であって山頂の表示をしてあったのでびっくりしたという事情なんですが。
荒津山(荒戸山)という名前だったのですね。誰もが場所わかると思いますが一応住所と地図を。
住所:福岡市中央区西公園 (MAP)

これだけのいい場所なので古くから整備されていたようで、
その分木々は大きくその幹を枝を伸ばしており、
正直視界が遮られて遠望を楽しむのは難しいなと。
nagahamayahoumen.jpg
(西駐車場近くの展望台より元祖長浜屋方面を臨む)

でもその分育った木がもつ空気を可視化してくれる作用というか、
公園の木々ではなかなか難しい木立を渡る風にふれて気付くことが、
街の海の印象が強い長浜周辺で可能になるのでいい場所だなあと。

あと、光雲神社も訪れたのですが、ここの参道がほんといいですね。

terumosandou.jpg
写真では伝わりにくいでしょうが、はるか遠くには雲の世界がかすんでいて、
その前には現実の街並みが雑然と並んでいて、
そしてその雑然にしみこむように参道と境内の緑が降りていくので、
今からあの雑然の街並みに戻ってもこの清い世界につながって
いられるのかなあなどと思えるような流れ感のある光景でよいものでした。

2012.01.08 Sun » 丸星ラーメンがやはりよかったです

久留米市高野2-7-27 (MAP)
営業:24時間年中無休だと思っていたら第2、第4木曜日が休みだったのですね。

丸星ラーメンに関してはもう結構このブログで書いていて、
しかも前回の記事でまとめをしているので、
まとめの記事 その前の記事 最初の訪問の記事

今更書くことなどなさそうな気もするのですが、
何度行っても変わらない味がありつつも、
何度行っても「おおお、こういう面もあったのか」
と思わせてもらえるのが老舗の懐の深さなのかなあと。

「丸星ラーメンではカタ麺と頼まないほうがよい」と
どこかのブログか掲示板かで書いてあった記憶があったので、
麺の固さを聞かれたときに「普通で」と頼みました。

maruhoshiramen2012.jpg
どちらかというと歯ごたえがある麺の方が好きなので、
やわやわのが出てきたら嫌だなあと思っていたのですが、
出てきたものは全然そういったものではない
「骨のある柔らかさ」とでもいえそうな感じだったかなと。

中細の麺は表層の感触自体は柔らかめですが、
ぬめぬめむちょっと歯がすぐに麺に入り込むゆる麺などではなく、
芯から表面まで均等に柔らかさをましていく断面全体で
むちぶるむわんてな感じに弾むような食感があるように思えました。
試しに替え玉をかためんで頼むと、上に挙げた特色が消えて
今度はざっくり潔い歯離れのよい芯の食感でこれもよいのですが、
やはり普通で頼んだときの弾む食感の方が合うなあと思いました。

スープもこの日はあたりというか、あぶら分などではなく、
とんこつのこつでもない「とん」が最初に立ち上がってきて、
それが塩味に収束していく流れが楽しいタイプでおいしかったです。
maruhoshimise2012.jpg
また今度はどんな「ほう」と「ほっ」を味わせてもらえるのかなと。

2012.01.07 Sat » 筥崎宮玉取祭(玉せせり)をみてきました

以前はじまるまでえらいこと待った記憶があったので、
私にしては珍しく開始時間などを調べて向かいます。

ちなみに「福岡県内徹底探検隊」(HP)さんによるタイムテーブルは

13:00 境内で玉洗式のスタート
13:25 玉取恵比寿神社(旧道を東に行ったところ)に玉到着
13:40 子どもによる玉せせり
13:55 大人による玉せせり
とのことです。

確かに写真で確認しても、

tamaidou.jpg
玉取恵比寿神社に移動しているのが13:19あたり

rope.jpg
ロープを張られて最前列が確定するのが13:30あたりなので、

境内の参道に脚立立てて本格的に撮りたい人:経験ないのでわかりません
最前列で写真を撮りたい人→13:10くらいまでに
最前列じゃなくてもただみてみたい人:13:30くらいまで

でいいのではないかなあと。ただし、地下鉄の駅からは
混雑している気がするので、JR箱崎から歩く方が楽かなあと。

「そんな前置きはいいからせせってる写真みせんかい!」
と思われの方もいらっしゃると思いますが・・・・・・。
いい写真が撮れてないからこそ前置きが長くなるのが人の常で…

・威勢良い表情で玉を持っている人が中心に写っている
・その周りを必死の形相でせる人たちの顔と手
・汗か涙か熱気の蒸気かと細かく舞う水滴
・それらすべてか主題となり得るメインを輝かせる陽の光

などがそろっていると良いのでしょうが、私が撮れたのが

tamaseseri1.jpg
中央の人が正面向いていたらよさそうですが…

tamaseseri2.jpg
なぜだか水がおそいかかるモンスターのようにぬめぬめしててなんだかきもい…

tamaseseri3.jpg
玉をもっているのが真ん中のお兄ちゃんだったらねえ…

といった感じでいい写真が全然撮れてないのが残念。

本気のカメラマンの人たちが撮っているのが
境内の参道中程の向かって左手側なので、
そこに脚立とかもって行って詳しい人にどう撮ればいいのか
聞いたりすれば上達もするのでしょうがなかなか勇気も出ず。

まあでも仕方ないので新年早々だけど来年に期待!だなと。

2012.01.05 Thu » はこざき麺彷徨

箱崎宮のかえりに箱崎のまちをふらふら。

やはり最初に足が向いてしまうのははかたやさんでしたが、
「今年は新しいお店にいっぱい挑戦出来る年にしたい。」
とも思いもあって後ろ髪を気にしつつもドンキホーテまで歩く。

私がかなり好きな「ナンバーワン」さんが箱崎にもオープンとの
うわさを聞いていたからなのですが、12月28日オープンと
オープンしてから間近なので行列が出来ていて断念。

numberonemise.jpg
長浜ナンバーワン 楽市街道箱崎店(福岡市東区箱崎5-1-8 MAP

「では赤のれん&とん吉のとん吉の方にチャレンジ。」
と思って歩くとおいしそうなとんこつ臭が漂ってきます。

が、それは新年初営業のための準備の匂いで、
お店は文字通りの「準備中」であり食べることはできず…。
(ちなみに4日からなのでこのブログ更新している時にはもう営業されてます)
akanorentonkichi.jpg
赤のれん&とん吉(福岡市東区箱崎6-12-5 MAP

では、もと箱崎亭のあったところにいってみよう…
たしか今のお店もかなりお安くでいろいろ食べられるお得なお店のはず…
よかったラーメンののぼりが立っている…

sanmarrumaru.jpg
あああここもあとちょっと空いてない…。
お店の名前は「福臨居」か「サンマルマル」かわかりませんが、
住所は福岡市東区箱崎2-39-4 (MAP) であっているはずです。

そんなかんじでいっそのこと麺ではなく吉野家の十勝豚丼で始めるか、
それともめんちゃんこさんとか昇龍さんとか…などと迷ったのですが
高校時代の数学の先生がいつも口にしていた「迷った時は原点にかえれ」
の言葉を思い出して結局入ったのははかたやさん。
たのんだのはラーメンに替え玉。

hakatayaramen.jpg

この味この値段この雰囲気がかわらずいてほしいなと思って初麺いただきました。

「あ、でも安くなってくれる分にはかまいませんから」
とへらず口を書こうと思ったのですが、こちらのお店の場合
これ以上安くするならかなりの店舗数にするか味を下げるかに
なるだろうから、下がりもせずでバランス維持してほしいなあと。


2012.01.04 Wed » うにの別名

住所:中央スーパー(北海道留萌市錦町3丁目) (MAP) 

今年の初麺について書こうと思ったらメモリーカードを
間違って持って帰ってきてたので画像がなくて断念。

仕方がないのでまたサルベージ作業をしていると
昨年の7月後半に北海道に行った時の写真が。

せっかく港町の留萌まで行ったのに、独りで居酒屋入る勇気が出なくて
chuosuper.jpg
写真のチューオースーパーで寿司やらうにやら買って
ホテルで食っただけだったなあと。
rumoiuni.jpg


unilift.jpg
麺リフトならぬウニリフトしても独り…

まあでも、スーパーで売っているウニだけどもさすがはその地で採れたウニ、
しかも詳しくないですがウニが一番おいしいらしい夏に食べたからか
「うまみと甘みのドモホルンリンクルや~♪」とでも言ってしまいそうな
うちゅっと口の中ではじけた瞬間にうまみとあまみがどこまでもしみこむしみこむ…

あああ手が無意識のうちに動いてぱくぱく口にウニを運びます~
食べすぎはプリン体が気になるけどしらんぷり(ん)たい~

・・・・・・・・・・・・・・・。
ごめんなさいもうしません。

で、ここからが今回のメインの内容となりますが、
ふと値段など調べるため値札のある写真をみてみると

rumoiunipackage.jpg
名前が生ウニではなく「生のな」

のなってなんなのな~?(ごめんなさい本当にもうしません。)

と思って調べてみると、北海道では



のな:ムラサキウニ
がぜ(がんぜ):ばふんうに

と呼び分けているみたいですね。ふ~ん。
いやだからばふんにかけたわけではなくて
素直に感心してのふ~んであって…。

更新頻度を意識するあまりこんなおやじギャグばっかで更新するくらいなら
ちょっとはまともな内容出来るまで待った方がいいのではとも思いつつ更新。
明日こそまともな初麺レポをしますので見逃してください。

2012.01.03 Tue » 天舟に行ってました

住所:福岡市博多区沖浜町2-2 (MAP) 
住所と地図が一致してませんがマリンメッセの手前です
営業時間は?ですが日祝が定休日の模様です

元日に「更新頻度を高める」なんて書いてしまったので、
何かネタがないかと久しぶりに使ったパソコンのサルベージをしていると、
出てきたのが2011年の8月19日に訪問した天舟さんの写真。

tensyumise.jpg
日記もメモもないのでどんな味だったのかを
灰色どころかどどめ色に腐れたわが脳細胞に問うてみます。
どんな味だったかなあ…おいしいと思ったのは確かだよなあ…
このしみったれた私が値段を忘れているのは珍しいなあ…。
マリンメッセ近くの天舟さんですよ…天の舟…おそらのふねかあ…

その船を漕いでゆけ~♪ おまえの手で漕いでゆけ~♪
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな~♪

いやそれは天舟ではなくて宙船の歌詞©中島みゆきかTOKIO

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

開け放たれたドアの向こうに夏の灼熱で白くかすみあがる空気のゆらめきが見えて
それが中華鍋がカコクヮングコガコ響く暑そうな店内を涼しく思わせてくれるな、
といった店内の記憶とかは思い出されてきたのですが・・・

ああ、思いだした。

店内には先客後客合わせて10人ちょっといたのですが、
ラーメンを頼んだ人は私以外もう一人くらいしかおらず
それ以外はみんなちゃんぽんかもやしラーメン大盛りだった記憶があります。
で、確か普通のラーメンだと普通の量ですが、ちゃんぽんやもやしラーメンに関しては
大盛り好きの私の気持ちをときめかさせるかなりのボリュームだった記憶があります。

tensyuramen.jpg
ラーメン店の分類にはいろんな種類がありますが、
私の中で「ラーメンよりちゃんぽんがうまそうな店」というカテゴリがあり、
それにすごい当てはまるお店がこの天舟さんだなあという記憶はなぜか鮮明です。

ということでこちらのお店のちゃんぽんを食べた感想を探してみたいなあと。

久しぶりにお酒飲んだ後にブログ更新したりしてますし、
新春早々薄い内容の更新が続きますがどうか見捨てずにお願いします。

2012.01.02 Mon » おあつい姫初めに酔いしれて


「どうせ姫初めなんて無縁なんだろうがこの羊頭狗肉野郎!
などと突っ込みながらも開いてくれた方ありがとうございます。

期待して開いたらこんなキモメタボおやじのページに
きてしまって苛立った方はすみません。

で、今回のタイトルのこころは
“熱い”じゃなくて“篤い”姫初め!
ということで、今年最初に飲んだお酒の
『芋焼酎 今和泉篤姫』指宿酒造協業組合について書いてみようかと。

女性だからピンクというカラーリングは当たり前といえば当たり前ですが、
やはりなんというか確実にハレ気分にさせてくれる、
背伸びして若者風言葉にチャレンジしたら「あがる」色ではあるなあと。
atsuhimebottle.jpg
(写真ではうまく色出てませんがもっと透き通ったピンク色できれいです。
透過光使わず似た色の背景で撮る自分のあほさ加減にあきれるばかり…(ToT))

日常用のお酒だと酒焼けおやじ色に似た褐色の一升瓶でも、
色は華やかだけどやはり持って頼りなさげな紙パックでもよいのですが、
正月などの日にはこうした華やいだボトルのお酒がうれしいよなあと。

ラベルの解説を読んでみる(打ちなおしてみる)と…
atsuhimelabel.jpg

「篤姫は、天保六年に今和泉家の長女として生まれ、幼少の頃はたびたび
今和泉家の別邸(指宿市・今和泉)を訪れ過ごしました。徳川家に嫁いでからは
温和で聡明な心をもち、幕末から明治維新の動乱をその優しさと芯の強さで、
江戸城の無血開城など、徳川家存続のために尽力しました。
この焼酎はその偉大な薩摩おごじょにちなんで、県内産の紅さつま芋を使用し
島津藩ゆかりの金山跡の地下水で仕込んだ、豊かな味わいと、柔らかな芳香が
楽しめる薩摩芋焼酎です。」

指宿酒造協業組合(HP)
鹿児島県指宿市池田6173番地1 (MAP)

初めて飲むお酒の時はまずは生で飲んでみるようにしてますが、
ひっかかりもなくすいすいくいくい喉を通って
すぐに体内に霧散していくかの飲みやすさにまずびっくり。
ピンクの瓶とグラスの中の無色透明を眺め眺め飲むからか、
飲んだ印象の無色さが強調される感じでほんと飲みやすいなあと。

こんな感じで生でも十分いけるのですが、アルコール度は
25度で変わらないため、このペースで飲むともったいないし
酔っ払いすぎそうだったので水で割って飲むことに。
しかしこれは家にまともな氷がなかったからであって、
おそらくですがこのお酒はロックが一番合いそうだなあと。

最後は鹿児島の写真などでしめようと思ったのですが、
手元にないのでこれまた昨年の姫路城で撮った羽子板など。
hagoitaofhimejijo.jpg

2012.01.01 Sun » あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。
初にお目にかかる方は今年こそよろしくお願いいたします。

ブログ上での今年の目標は「更新頻度の向上!」
そのため「こんな内容ならアップするなよ」
とか思われそうな文章が増えるかもしれませんがお許しを。

今年の元旦は、
ゆく年くる年→大福茶のつもりを飲む→年の初めはさだまさし

20120101sada.jpg
(テレビ放送を一時停止もせずそのまま撮影したものなので画質悪くてすみません)

→このジャケット私好みだなあ…ブランドわかって
私に出せる値段ならほしいなあ→睡眠→初日の出のため起床

20120101kumori.jpg
→まあ無理そうとネットで言われていたもんなあ…

・・・・・・・・・・・・・・・・。
昨年まではこのくらい書いて「ネタになってない…」と
更新を断念することが多かったのですが、
今年からは「薄い内容でもゼロよかまし」の精神で
更新していきたいなあと思っておりますので
なにとぞお付き合いのほどよろしくお願いいたします。
20120101karuta.jpg
(写真は昨年姫路城に行ったときに展示されていたものです)
09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif