ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2011.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2011.07

2011.06.28 Tue » 龍の里の最強セットはお値打ちです

住所:飯塚市川津430 (MAP)
営業:11時~26時半

飯塚でお仕事の日。近くに九工大があることを発見。
「国立の工学部=歴史あるというか古ぼけた校舎にくたびれた学食」
という勝手なイメージがあったのでそこで学生向け定食食べたいなと
向かってみるとかなりの近代的な建物でびっくり…
なんだか緊張してしまって敷地内に入ることも出来ず周辺のお店を探すことに。

まあでもそこは大学周辺、少し移動しただけで魅力的な数字に出会えました。
tatunosatomise.jpg
ラーメンに半とかミニとかつかないチャーハンつきで
550円は確かに最強だわと入店。

入ってみると先客がこれでもかというほど大量の
スタミナ丼かなにかを食べているのをみて気分があがります。
食券機をみるとどのメニューも量をどんどん増やしていける設定になっていて
学生の若く無限の可能性を秘めた(?)胃袋に優しいお店だなあと。

あまたの大盛り子たちがうっふんあっはん誘惑してくる食券機の前で
どの子にするか迷いに迷いますがまあ看板メニューが一番お得だろうと
ラーメン+チャーハンの最強セット550円を注文して出てきたのがこちら。

ラーメンど~ん!
tatunosatoramen.jpg

チャーハンもど~ん!
tatunosatoyakimeshi.jpg

いやこれは確かにラーメン+チャーハンでそれぞれ単品クラスだわと。

味のほうはメモ書きなどがないので再生できないのですが、
一番印象に残っているのがチャーハンの透明感でしょうか。
チャーハンの透明感ってなんだよと自分でも思うのですが、
味付けがピラフ風かといえば近い感じもするけど
米はピラフのように白濁してなくて透き通った感じもあって
口に運ぶごとに「うん、透明」など思っていた記憶が残っております。

まあでもチェーン店ライクに統一された感のある店の外装に比して、
店内は中華風のベースがありつつもばったり和に出くわす感じの
いい意味での統一されてない感があって、
完璧なチェーン店でも完全な個人経営店でもむずかしい
なんというかだらっと長居出来そうないい雰囲気があったなあと。
tatunosatoyatennai.jpg
こうした量・雰囲気に深夜営業の学生向け3拍子そろったお店って
最近なかなかない気がするので今後もこのまま長くあってほしいなあと。

スポンサーサイト

2011.06.27 Mon » マルケンがすごくよかったです


住所:北九州市若松区宮丸1-4-3 (MAP)
営業:11:30~19:00 定休:第1,3日曜

北九州でお仕事。

いやほんと坂が多いし道は狭くて一通も多くて
運転技能に乏しく高所恐怖症の私には厳しい街です北九州。

しかしまあそれは道路の面であって、麺の面でいえば、日々の
運転資金に乏しく高額恐怖症の私にもやさしい街です北九州。
wakatooohashi.jpg

で、この日はお気に入りの八福さんに行く予定で
若戸大橋のたもとまで来たのですが、
高いと信じていた若戸大橋の通行料が100円と知って、
「お、ならば渡ってマルケンさん行ってみるか!」とあいなりました。
marukenmise.jpg

お店に入ると大将のいらっしゃいに続いて
おそらくは娘さんの女性たちのいらっしゃいが続きます。
こう書くと最近のお店に入店したときにぶつけられる機械的な
「イラッシャイマセ」攻撃を連想される方がいるかもしれませんが
こちらのは大将の声が指揮者の一振りで、それにあわせて
娘さんたちがそれぞれの音色を奏でてくれる感じで心温まるものだなあと。

そしていらっしゃいでこころがあたたまった次は、
店の奥に張られたメニューと金額がしばれた懐をあたためてくれます。
ラーメン350円、ちゃんぽんやらチャーシューやら焼き飯も450円、
全てがワンコイン以下のメニューをみているだけで
なんだか癒された気分になるのは私だけでもないと思うのですが。

と、このあたりまで書いて肝心のラーメンの味を書かないまま
あわただしい6月中旬を過ごして3週以上経ってしまったので、
ラーメンの味の感想はあやふや過ぎるものになってしまいますが、
一番覚えているのはチャーシューのむっちり感。もっちりではなくむっちり。
写真ではばさばさ系に見えそうですが、繊維質ではあるものの
全体として噛んだときにむちとしたみずみずしい食感もあっていい感じだったかと。
というかこのお値段でむっちりを感じられる厚さがあること自体に感服です。

そのほかスープはあっさり系だけどさっぱりすっぱり系ではなくて
じわじわとおいしさが出てくる感じで麺は中細で
しっかりした食感で量も多かった気がします。
marukenramen.jpg

うまうまとラーメンを楽しんでいると常連と思しき女性が入店。
また大将に続いて娘さんたちのいらっしゃいませが続いてから
常連さんだと気づいた娘さんがひとこと。
「あら! ○○さんだったの! 丁寧にいらしゃいませいって損しちゃった!」
そういって笑いあって土産物を交換し合う娘さんと常連さん。
いちげん相手ではないしゃれてないけど通じ合うあいさつって感じで、
そういうやりとりが聞こえてくるとほんとラーメンがおいしく感じられます。
そして特筆すべきなのが店内のきれいさ。
店内の内装自体は時代を感じさせる古系のものたちなのですが、
女性が多いからかそれらは全てきれいに掃除されていて、
なぜだかふと大将自身も大切にされているのだろうなあと思えたりも。

まあそんな感じでなんというか私のようなおっさんがラーメン楽しむための
背景というか空気というかがすごく心地よいお店だったなあと。
marukenparking.jpg


2011.06.20 Mon » ひろせ食堂で痛恨の注文ミス

住所:久留米市梅満町1112-4 (MAP) 
営業:10:30~18:00 定休:曜、第2・4・5日曜

久留米でお仕事。
目印が岩田屋という市街地ど真ん中での狭い路地&一通との
壮絶な戦いをなんとか征し、街のはずれのレッドキャベツで
コーヒーかって駐車場で車のシートに体をあずけほっと一息つきます。
ああ至福…あとは久留米だしうまいラーメンくって午後の戦に…
と思った私に飛び込んできたのが「ひろせ食堂」の文字。
おおお知ってる知ってる!駐車場のすぐ手前に有名店が!!迷わず入店です。
hirosesyokudomise.jpg

入店してみるとおそらく店内のほとんどが慣れた常連さんたちで、
メニューもみずにさっと注文してさっと席に座っています。
そうした流れの邪魔にならずにすめばよいなあと思って、
「素ラーメン大盛り」と注文して座り流れにのれたと思っていたら、
「素ラーメンだけでいいですか?」と念を押すように聞かれました。
このときは、「元祖でバリカタって頼んだ感じかな?失敗失敗。」
位に思っていたのですが、その後各席にどかどか配置される
重量級の焼き飯軍団をみて大後悔。ここは焼き飯必須のお店だったんですね…。
確かによく考えたらひろせラーメンではなくてひろせ食堂だもんなあ…
まあでも仕方ありません、ラーメンに期待して出てくるのを待ちます。

低く小さいテーブル席や、今ではどこで買えるのかという
オレンジのTHEプラスチッキーなライトのフードなど、
どれもこれもが老舗の昔からの歴史をしめしつつも、
油や埃がこびりついたりなどの汚れ感はまったくなくて、
カラーで撮った写真をセピア色やクラシック系の色味に変換して
けれどつるつるの光沢紙に印刷したものを見た時に感じる
奇妙な新旧ごちゃまぜ感のようなものを感じているとラーメン到着です。

hirosesyokudoramen.jpg
まずはスープを一口。
脂も油もうまみ成分も、「何かがポンと前面に出てくる」感じはなく、
吸収の悪い画用紙に絵の具がにじむかのようにじわじわと伝わってくる感じで、
ある意味やわらかく、ある意味甘くやさしく、そしてある意味輪郭に乏しく、
いい意味での物足りなさが焼き飯と同時に食べるのを促しています。
なんだかほんと「あなたに会うために生まれてきました」的なベターハーフ専用ラーメン?
しかし私の横には焼き飯さんはいない…。

そして麺を一口。
ほんのり中太の麺は塩分をよく吸っている感じで、
口の舌先などではあまり感じないのですが、
嚥下時にのどの奥にかならずコツと当たって流れていく感じで
この食感というか嚥下感はなんだか面白くて、
米粒を嚥下するときの食感と比べたらその面白さが際立つかもと。
しかし私の横には焼き飯さんはいない…。←しつこい。

横の私より少し若目のおっさんがふっはふっはよろこびながら
焼き飯食べているのが自分が悪いんだけどうらやましくてうらやましくて、
食べているところ目に入らないように厨房ばかり見ながらラーメン食べます。

厨房の右手の麺のケースがある辺りに明り取り用の窓があり、
薄暗さと湯気に隠れてしまいがちな店員さんをはたと明るく照らすので、
ともすればバタバタになりがちな繁盛店の動きにいいリズムが出ている気がしました。
しかしそうした騒然とした店員さんの動きをピシと締めてくれるのが、
焼き飯作成を一挙に引き受けているのであろう奥さんの存在かなと。
注文を麺を配膳をとそれぞれ役割を変えながら動く若い人たちを
薄暗めな厨房の真ん中からしっかりとしたまなざしで率いているようでなんかいいなあと。

ちなみに駐車場は裏手にもあるみたいなので混雑時はこちらも。
hirosesyokudoparking.jpg

2011.06.19 Sun » うどんそばの松屋でワンコイン天ぷら定食

住所:筑紫野市大字原420-1 (MAP) 
営業:10時~20時 定休:木曜

朝倉でお仕事。お昼を楽しみに出かけたのですが
行こうと思っていたお店が閉店したばっかりだったり、
あまりにもインパクト強すぎて入店できなかったりして、
気づけば大宰府周辺まで戻ってきてしまっておりました。
matsuyakanban1.jpg

お、うどんやさん発見…手打ちうどんに二八そば…
店舗が大きくて立派だなあ…てことは高いだろうな…さよ~なら~
そう思って坂道に備えてアクセルを強く踏み始めると
なんだか私にあった感じの看板に踊る500円の文字!!
matsuyakanban2.jpg
気づけば颯爽とUかまして駐車場に車を停めている私がいました。

matsuyamise.jpg
入口付近に野菜などを売るテントを構えていたりもするので
なんというか気軽な印象が強くなってしまっている感じですが、
建物自体はゆったりと横長にたたずむ大きな日本家屋で、
おそらく昔はもっと高級志向のお店だっただろうなあという
どっしりとした風格のようなものがここそこに残る店内は落ち着けるなあと。

ワンコインをすぐに頼んで貧乏がばれないように
メニューをひとしきり眺めて思案する演技をしてみますが、
天ぷらにミニそばがつく天ぷら定食500円を注文です。

matsuyatenpuraset.jpg
天ぷらなんてここ最近半額惣菜でしか食べてない私なので、
この天ぷらの食感を説明することは無理ですが、
もうねこのお値段でエビがついてきているだけで私は満足。
てか揚げたての天ぷらだからタネがなんでもうまいに決まってるよなと。

おそばも私の貧乏舌では説明が難しいですが、
全体的にはもふっとした食感があるけど
さらざらと舌に感じる舌触りがおもしろい麺だったような気がしますが、
約3週間も前の記憶なので自信がまったくありません。

まあでも今回のはこの写真見てもらうだけで、ワンコインとは思えない
充実した内容が伝わるのではないかと思います。ごちそうさまでした。

2011.06.17 Fri » 飯塚ふらふら

お仕事で飯塚へ。食べたラーメンについてはまた後日に書きます。

約束の時間にはまだ時間があったので車を走らせていると麻生大浦邸の文字を発見。
すごくご立派だと聞いていたのでみてみたいなあと思い、
場所を探すために歴史資料館の駐車場に車をとめます。
あり…資料館入り口近くの観光案内図には載ってないなあ…
まあ、個人のおうちだから地図には載らんか…残念だから仕方ない、
と思って資料館の向かいにみえる里山を眺めて時間をつぶすことに。

oourateineko.jpg

お、貫禄あるネコさん発見、いいなあこのふてぶてしさ…写真撮ろう…
と思って近づいてみてふと気づく。この里山塀で囲まれているのですね…。
ん…なんかみたことある絵の看板だと思ったら自民党…麻生太郎の文字…
里山だとばっかり思っていたものが個人の邸宅だったとはたと気づきました…。

広大な敷地内に借景として小山を築く豪邸はいっぱいあるんでしょうが、
こうした里山を取り囲むように敷地が広がっているのは初めてみた気がします。
なんだかスケールの大きさに圧倒されるばかりでした。

oourateimon.jpg
興味を持っておそらく正門前まであるいてみると、
立派過ぎる門構えの中になんだか不思議な木があるのが見えます。
大きさや形自体はそう不思議でもない、こんもりした茶香炉のようなものですが、
木の幹をみてみると1本ではなく複数の幹が巡りたってひとかたまりになっている模様。
中入ってじっくり見てみたかったですが公開しているようにもみえなかったので退散。
あとで調べると春秋に1週間ずつくらいの公開のみみたいですね。
秋にはぜひとも公開を見に行きたいなと。

shiniidukanohashi.jpg
仕事終えて川岸の無料駐車場に車止めて新飯塚をふらふら。
そりゃ河が平野を作るのだから河からみた平野の姿が美しいのはあたりまえだろうけど、
なんだか飯塚の風景はまたいいなあと感じてふと思う。
おそらくは、ただっぴろい平野のその向こうに雄大な山がひろがり、
平野と山の境界に人が作ったボタ山が今ではのどかに
甲羅干ししているように見えるのがいいのかなあなどと。

なのに私が撮ってきた写真はこんなんばっかり…。
手前の枯れ木と向こうの緑の木がかつらのように見えているだけ…。
せっかくいいカメラ持っているのだからこんなネタ写真じゃなくて
きれいな風景写真撮れるように頑張りなさいよ自分…。
katsura.jpg

2011.06.16 Thu » まぐろカツラーメン!!

住所:いちき串木野市大里251-1 (MAP)
営業:11時~15時、17時~20時 定休:第2月曜

鹿児島に行ったときのこと。
まぐろラーメンを食べようと3号線をふらふら。
しかし時間が16時過ぎと悪かったのでほとんどの店は開いていない…
開いているお店は一度食べたことあるので他のお店試してみたいなあ…

などと思案していると利用予定の南九州道市来IC近くまで来てしまう…
あああ…今回はこのまままぐろラーメン食べられないままか…
tosaudonshimanto.jpg
ああ、食べ物やさんあったけどうどんやさんか…土佐うどん四万十竜とな。
うどんも好きだけど福岡の人間が鹿児島に来て土佐うどんはなんだか…
magurokatsuramennobori.jpg

ま、マグロカツラーメン???

帰福ぎりぎりにいい出会いがあったことを喜んで入店です。

おそらくコンビニ用に企画されたプレハブを使った感じの店内は、
最近のうどん屋さんでよく見かけるセルフ形式になっていました。
普通の営業時間内だとすぐに出てくるのでしょうが、
私がいったのは17時の夜営業開始直後だったので席で待ちます。
マグロカツとラーメン…合わさるといったいどんな味に…
妄想が兵どものように私の枯野の頭をかけめぐったころに実物登場です。

magurokatsuramen.jpg
まずはスープに漬かる前のマグロカツを一口。
いやこりゃうまい。開店直後で揚げたてだったのもあると思いますが、
なんというかじゅ~~~んってな感じで肉汁ならぬ魚肉汁が染み出てきて、
白身フライのようなバサバサではないもっちりしたマグロの身の食感が
サクサクカツの衣の食感をちりばめながら口腔ではふはふ踊ります。

「ではスープとあったらどうなるのだろう?」と思って
スープに漬かっていたところを食べてみるとこれもよいのですが、
最初の一口の「魚肉汁じゅーーーーん!」感は薄れちゃう感じかなあと。

ラーメンのほうは貧乏舌なので出汁の成分などはわかりませんが、
おそらくはうどん用のお出汁を大事にしたやさしいスープで、
醤油よりかは出汁のほうが前面に出てくるものだったような気がします。
麺は縮れの加水率高めのもので、スープの邪魔をせず寄り添う感じの麺かなと。

まあ正直マグロカツとラーメンを別々で食べてもよいかと思いましたが、
二つをあわせてみようとした心意気が新しいしなんだかうれしかったです。
まぐろラーメンにポンカレーに市来も串木野もアイディア豊富なので
また訪れた時にいろんな驚きをもらえたらうれしいなあと。

今からは夏も本格化するのでわさびきかせたつゆで食べる
マグロカツ冷やしぶっかけうどんとかもおいしいかもなあ…
ネギとかの薬味がんがんのっけて…一度自分でつくってみようかなと。


2011.06.15 Wed » ラーメンのほうの安全

住所:福岡県前原市神在1354-68 (MAP) 
営業:11時~20時 定休:木曜

唐津でお仕事。
sightofkagamiyama.jpg
とはいえ一歩手前の鏡山周辺でのお仕事だったので、
唐津市街に出ることなく国道202号で福岡に戻ることに。

anzenramenmise.jpg
お、安全ラーメンってあるなあ…安全食堂と関連あるのかなあ?
まあでもあるならあるで、ないならないでネタになるなあと思って入店。

外観はラーメン屋ラーメン屋した感じに思えますが、
内装はメニューや販促ポスターなどの数も少なくすっきりしていて
壁紙の白が色合いと量の両面で目立つ感じで意外なほど簡潔で清潔な感じ。
銭湯などで作業服脱いだおっさんが白パッチに長そでシャツ着ていて
中は真っ白だった時の感慨に似た…って例えになってませんねすみません。

で、こちらがラーメン500円です。
anzenramen.jpg

で、スープをすすってみると…まっすぐにすとーん!
この言葉しか思いつきませんまっすぐにすとーん!

基本はあっさりさっぱりスープなんですが、
ひとたび舌に味がひろがったと思ったらそのまますぐひっかからずに
まっさかさまに食道をおちてDISIRE胃に到達する感じでしょうか。
体験したことないけどフォークボールってこんな感じなのかなあとも。

私の貧乏舌では安全食堂と関連があるのかは判断できませんでしたが
なんというかスープの流れ方が面白いラーメンだったなあと。

麺はかなりの細麺で、でもしっかりとした
いい意味での芯がある感じでこれは私の好みでした。
あと、普通のラーメン500円はちょっと高めかと思いましたが、
硬軟違った食感をとりそろえたチャーシューの量は多めで、
こんもり気持ちよく盛られたねぎ山から景気よく盛られるネギの量も多く、
総合的なコストパフォーマンスとしては悪くないなと思いました。

midorijuuji.jpg

ネギの盛りの気持ちよさの余韻を感じつつ店を出て、
お店の写真を撮るときに気づいた緑十字のマーク。

・・・・・・・・・・・・・・。

ネギを十字に盛って「安全ラーメン」とかだと
お店の名前とぴったりになるかなあなどと。

おやじギャグで〆てすみません…。

2011.06.03 Fri » 丸八ラーメンで感動しました

住所:福岡市博多区博多駅前2-4-11 (MAP)

お仕事で博多駅へ。
さすがは都市部の駅前、平日だというのに警察の音楽隊が来ていて、
エコ活動の一環か木の苗を無料配布しておりました。
hakataekimae.jpg
駅ビルも改装して華やいだしで、なんとなく都会度が増したなあと。
まあでも都会だからこそ「都会らしからぬ」存在も残ることが出来るようで、
博多駅からそんなに歩かないビルの谷間にはこんなお店も…。

maruhachimisefront.jpg
びんぼ~舌の食日記さんで紹介されている(HP)のをみて、
おおおこれこそ私の求めていたお店!
次行くのはここしかないでしょうと決めていた丸八ラーメンさんです。

白を赤と呼ばせるだけの年月を経た看板のシール、
ラーメンのフォントに商品見本に成金草
サッシじゃない窓に窓型クーラー
すべての道がローマに続くように
何もかもが過去からの長~い道を歩いてきたかのような
その外観に惚れこんで入店です。

外観に増して昔を感じさせる店内は、
数名用のカウンターと小テーブル二つの狭さ。
そしてカウンター奥の調理場には、なんというか
リビングボードにちょうどよい大きさのテレビが
はまっているときに感じるような心地よい感じで
大将と奥さんが長年の位置を占めて仕事をされています。

どれもこれもお得ですが一番お得そうに思えた
ラーメンと小親子丼のセット480円を注文。
で、出てきたのがこちら。
marihachiset.jpg

もうね、このどんぶりにふたをつけてくれている様にノックダウンです。
なにがありがたいのかうまく説明できないのですが、
貴重な「食べ物」を貴重な「お客さん」にださせてもらってます、
といったさまざまなものを大切にすることを大事にする価値観のようなものを、
経済的価値や効率の追求といった価値のもと食事が作られがちな今においても
いい意味で捨て切れてないかたくなさがありがたい感じでしょうか。

ふたを開いて写真を撮ったのがこちら。
marihachiset2.jpg

まずはラーメンです。
なんというか安価なラーメンを食べるときは
「別物として楽しむ」“構え”が出来てしまっているのですが、
じいさんだとなめてかかった悪漢がすってんころりとかわされる漫画のように
私もいい意味ですってんころりしてしまう「別物ではない普通のラーメンさ」かと。

いや確かにチャーシューは蒸し豚を焦がしてみましたみたいな感じで
バッサバッサした食感であるのですがそれがある意味
サバサバしたすがすがしさで食感にいいリズムを与えてくれているし、
細すぎない麺は噛みごたえしっかりしていてスープの塩分を受けとめていて、
スープは最初からゴマがかかっているラーメンに多い醤油が前面に出るタイプですが、
味は均一的で平面的かというとそうではなく、
奥行きというかいい意味でのゆらぎのようなものを感じて、
なんというかほんと「普通のラーメン」の味だなあと思えます。

で、親子丼(もしかしたら玉子丼)に関しては、
もう感想はしょっぱ!その一言で、
皆が焼き飯を頼んでいた理由がわかった気がしましたが、
なんというかこの味こそこのお店にあうのだろうなあとも。

食べ終わって代金を払うために1000円札を渡すと、お金のざるか何かから
片手でちょいとつまめばそれがぴったりお釣りの520円。
ド派手な湯きり技とかとはまたぜんぜん違った軸での
なんというか歴史に裏付けられた技能の真髄を見せてもらえた気がして
なんだかそれだけで満足2倍2倍でした。
maruhachimise.jpg
09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif