ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2010.11 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2011.01

2010.12.30 Thu » 今年の〆麺は?

今年の〆のラーメンはどこにしようか…はかたやか…
でもはかたやだと年末年始も営業してそうなんで〆感がないなあ…
じゃあ元祖かなあ…と思って次に頭に浮かんだ疑問が
「元祖ならどのお店にしようか…」であることになんだか愕然とする。

この調子で行けばファッションブランドのヴァレンチノのように
無限に「元祖長浜や」が増殖していって、いつの間にか私のように
「本家はマリオヴァレンチノでしょ?」と思う人が増えていくのかもしれません。
(ちなみに調べるとGaravani( ヴァレンティノ・ガラヴァーニ)が本家とのこと)。

そんな辟易してしまう「うちが本家本元です」主張大会のそばで、
しっかりとした関係性を保ちながらも本家詐称などは試みてないなあ…
と私が勝手に思っていたのが「ぶんりゅう」だったので、
駐車場がある那の津店の方に行ってきました。
bunryumise.jpg

住所:福岡市中央区那の津4-2-8 (MAP)
営業:11時~15時

昼なのにフロントガラスに白いまま残る雪が降る中たどり着いてお店に入ると
「今日は替え玉無料だからいっぱい食べていってね。」との温かい声に迎えられる。
気づけばこの日が年内の最後の営業日で、かつ閉店の30分前くらいの時間。
メニューはラーメンが500円で、その他餃子や定食などもありましたが、
先の「替え玉無料」という天の声の前にラーメン以外の選択肢はなく注文。

週刊誌や漫画本などが並んでいたので出てくるのに時間かかるのかなあ?
と思ったのですが、『テニスの王子様』を1話分読む程度のすばやさで
ラーメンが登場したのは長浜ラーメンらしいという感じでしょうか。

bunryuramen.jpg
ちょっとこぶりのどんぶりに、それでも麺は普通より多く、
ネギも普通よりかなり多く、そこにチャーシューが載っています。
スープは表面に脂が粒丸と沢山浮かぶタイプで、
それ単体では白濁の少ないあっさりさっぱりしたスープに
こくやらうまみやらを上手に混ぜ込んでいっている気がしました。

麺は太さは中細くらいですがゆるめにゆがかれていますが、
スープをいっぱい含ませて、かつネギのシャキジャキニュキした食感が
麺のすきますきまに混ざることで面白い食感になっていいなあと。

チャーシューは固めしっかりしたものなのですが、
2,3咀嚼すると味もしっかり出てくるものなので好きなタイプでした。

で、替え玉用にネギを残し気味にして替え玉を注文すると、
多めの替え玉に大盛りのネギとチャーシューもついてきました。
麺とネギを合わせた食感がお気に入りだったのでうれしい限りです。

しかも、私の食べる勢いと体型をみて悟ってくれたのか、
丁度いいタイミングで「2回目もいくよな?」と聴いてくれたので、
遠慮することなく2回目もいただくことが出来てなんだかうれしい心遣いだなあと。

そうした心遣いはおそらく日常的になされている模様で、
あとからこられた常連さんとの会話を耳にした時に、
おそらくいつもこうして何気ない気遣いの中で会話をしてきたからこその、
なんというか年末にふさわしい「お互いお疲れ様」的な空気だよなあ…と
思えるよい雰囲気が伝わってきた気がしました。

自分がラーメン屋が好きなのは、味もともかく
なんというかこうした「雰囲気」に出会えることが多いからとも思えて、
そういう意味では今年の〆を良いものにしてくれたお店でよかったなあと。
スポンサーサイト

2010.12.30 Thu » 茅乃舎の敵を討ったお店は?

(これまでのあらずじ)
年末でうかれたおっさんがたまの贅沢でもしてみんべと
茅乃舎に行ったところさすがの品格に気圧されてしまい、
いつものようにすごすごと逃げるしかなかった冬の一日でした。

温もりを 求むるがゆえ 虎落笛

などとてきとうに詠みて逃げ去る道中目に入ってきた温かい文字。

kanban201012.jpg
わはは足しても280円じゃ~い!!
なんて目にも懐にもやさしい看板でしょう!!

めん代官喜十郎(住所:糟屋郡久山町大字山田2564-1)(MAP)

感想を書こうとして前回の自分の記事を読み返してみると、

2年前の2008年と同じ値段で、同じ注文、同じ感想
そして同じような写真の撮り方。

udontorimeshi.jpg
2008年の記事の写真
udontorimeshi201012.jpg
今回の写真

天かすが載っているかだけが違って注文も配置も器のはみ出させ方も一緒!

いつもと違う自分を試みて失敗したあとだからこそ、
こうした変わらない部分に気づけてホッと出来た気がしました。

まあでもこれもいつもと違う背伸びを試みてこけたからこそ、
地面近くから見た空の高さのきれいさに気づけたようなものだろうから、
来年度も傷だらけにならない程度で背伸びも試み続けていきたいなあと。

2010.12.29 Wed » 茅乃舎に行ってきました

住所:粕屋郡久山町大字猪野字櫛屋395-1 (MAP)

江戸の敵は長崎で討つように、
遊べなかった今年の夏の敵を年内に討っておこうと
今年はみられなかった久山町の蛍の名所をふらふらしていると茅乃舎の案内看板。

「おお、有名な茅乃舎!年の最後に高級なものでも食べてみようか!
よ~しおじさん今年最後だし2000円までなら出しちゃうぞ~すごかろ~!!」


と一念発起して車をさらに山奥にすすませていくと
風情ある萱葺き屋根のお店がみえてきました。

kayanoyamise.jpg

茅という語感よりも少し野趣あふれる感じかと思ったのですが、
どちらかというと「野において野であって気品あり」といった感じの、
不思議な落ち着きで冬の陽に照らされたたずんでいる姿をみて、
「うははこんなお店で食べるとさぞかしうまかろう!」と
喜び勇んで駐車場に車おいてお店に向かいます。

が、お店に向かう客お店から出てくる客とすれ違うにつれ、
「なんかちょっと格が違うオーラがあるなあ…」という感じが増してきます。
赤のれん節ちゃんやあかひげ薬局からエルガーラを眺めるときや、
川端商店街からリバレイン見上げるときに感じる違和感と同じものが…。
そして案の定予感は的中でお昼は3500円からのコースのみとな。

kayanoyaodoroki.jpg
(写真は茅乃舎の近くの伊野皇大神宮の狛犬です。雰囲気のいい神社です。)

これはさすがに通りすがりで試せる金額ではないなあ…と
飛び鳴り終わったジェット風船なみにあっけなくあがった意気は地に落ちて
すごすごと退散することとあいなりました…。
タイトルどおり「行ってきました」だけで「食してきました」にはなれず仕舞い。

kayanoyakaidan.jpg
この萎縮しまくった私の意気の抜け殻は
いったいどこに供養すればいいのでしょう…
と思いながら再度久山町をふらふらしていて見つけたお店は…
(この頁続く)

2010.12.28 Tue » 色白美人とでえと♪


「こんなタイトルだけどどうせ出オチだろ?」
「わかってるけど仕方ないから開いてやるよ。」

そう思われでしょうがその通りですごめんなさい。

まあでも普通の男性が普通の色白美人と
かりそめの一夜を過ごす程度の喜び以上のものを
私に与えてくれる色白美人のデータはこちら

年齢:いつまでも28歳
スリーサイズ:77-77-77mm(均整がとれている)
もう既に飽きられていると思うので歓喜の写真をば。
EF7020028LIS2.jpg

EF70-200mm F2.8L IS II USM!初めての白レンズ!
うははそこそこ大きい5DMarkⅡが小さく感じる!

縮小した、しかもセンスの悪い私の写真では、
この色白美人の実力はお伝えできなくて残念ですが、
いやほんとすごい解像力ですね。
EF7020028LIS2tree.jpg
ぱっと見きれいでもピクセル等倍にすると残念なこと多いですが、
このレンズのピントあたっているところはほんとすごくて、
「等倍画質」とでも称したくなるきれいさです。
キヤノンの一眼レフお持ちの方いたらお勧めですよこのレンズ。
EF7020028LIS2fune.jpg

さあてラーメン食べに行くついでにも少し試してこようかと。
まあでも最短距離が1.2mもあるので、
ラーメン屋で持ち出すわけにはいかないのが残念ですが。

2010.12.24 Fri » ワンコインが街にやってきた

いつのまにやらバスターミナルと名前を変えていた
博多駅バスセンターの名物企画として、毎月24日の
飲食店テナント共催のワンコインランチがあります。

しかし12月の24日はクリスマスイブ、
日ごろはワンコインランチをよろこぶような若者層が、
1年のこの日だけは見栄でも安いものを食べるのを避けたい日…
そのための客足の落ち込みを見込んでか、今月は
23,24,35とワンコインランチ企画が3日連続でした。
そのおかげで、23日の忘年会で博多に出た際、
初めてこのワンコイン企画を利用することが出来ました。

私が向かったのは名代ラーメン、いつもは600円の
ラーメンセット(ラーメン+半チャーハン)が500円とのこと。
nadaimise.jpg

このブログをみてくださっている方のほとんどが
実食されていると思うのであれこれ感想は書きませんが、
nadairamen20101223.jpg

私がふと思うのがここのラーメンはなんというか「ラーメン+替え玉」でなくて、
このセットのようにチャーハンや肉まんなどの
他のサイドメニューとあわせて食べたくなる気がします。
nadaiyakimeshi.jpg

だからといってラーメンだけだと物足りないわけではなくて、
昔子どもの頃どのクラスにも一人はいた、取り立てて目立つわけではないけど、
いろんなグループに呼ばれて、なんだかんだでグループ同士をつないでいるような、
そうした存在のような性質がこのラーメンにはあるなあと。
そして、そうした性質があるからこそ、折に触れて何度も足を運んでしまうのかなあと。

しかしこうして写真みて思うのは、ラーメンのチャーシューと
チャーハンの肉は別物なのかなあ…私の舌ではわかりませんでした。

2010.12.20 Mon » ラーメンフォークの喚起するもの

職場の若い子が出張で初めて名古屋に行くとのことで
いろいろと役に立たないアドバイスばかりしていたら、
お土産買ってきますよとのこと。

何も言わないでいると高いの買ってきそうな子だったので、
「スガキヤのカップめんが好きだからそれ買ってきて。」とリクエスト。

そしたら気をつかって「これでは安すぎる…」とでも思ったのか、
カップ麺と一緒にラーメンフォークを買ってきてくれました。
sugakiyaramenfork.jpg

ふぉおおおお…これは!以前キャンペーンの景品だった時、
あたらなくて手に入らず臍をかんだ記憶のあったあのフォーク!!
今は500円で市販されているのですねえラーメンフォーク。
実際のところは店舗で一度試してみて、
「おっさんがこれで食べるのはちと恥ずかしい…」となって
それ以降使ったことはなかったのですが、
CUP麺を部屋で一人で食べる分には全然問題ありませんので
さっそくスガキヤのCUP麺をラーメンフォークで食べてみます。
sugakiyacupmen.jpg

カメラのシャッターが右手でしか切れないため、
箸を左手で持って試みても不器用でつるつる落としてばかりだった
麺あげも簡単にできる便利なラーメンフォーク!
しかもフォークなのにくぼみもあるのでスープも楽しめます!
sugakiyacupmenmenlift.jpg

実際には、麺だけ食べようと思ってもスープもすくってしまったり、
結構一度に麺をすくってしまうので啜ろうと思うと大変だったり、
麺と一緒に箸なら噛んでもいいけど金属だとがきっとなったりして、
そう使い勝手の良いものではないのであまり使ったことはなかったのですが。

でもなんというかこの名古屋から離れた地において
スープに関しては店舗並みの再現性を誇るスガキヤCUP麺を食べるときに
それゆえに感じてしまう店舗との違い感をなくしてくれるアイテムかなあとふと。
例えると元祖長浜屋CUP麺を食べるときに、
茶っぱの混ざるぬるいお茶もそえられている感じかなあと。

今年は結局名古屋出張の機会はなかったので思い出ばかり募りますが、
マッチ売りのマッチのように思い出をぶわっと喚起させてくれる
ラーメンフォークがありがたかったです。

2010.12.18 Sat » さくら亭に行ってきました

住所:糟屋郡新宮町美咲3-1-10(旧3号沿い新宮ドーム1F)(MAP)
営業:昼:11時~15時 夜:17時半~21時(日祝は20時、火金は夜営業なし)
定休日:第1、3金曜

久しぶりにさくら亭に来てみました。
以前来た時は320円だったので350円になってからは初でしょうか。

カウンター席が混んでいたので奥のテーブル席に。
一人客が多いからカウンター席が混むのかなあと思ったのですが、
よくみるとカウンター席が禁煙席でテーブル席が喫煙席でした。

で、もひとつよくみると県名のついたファイルが立ち並んでいるのにも気づく。
sakurateifiles.jpg
え…なんだろ…ラーメン食べに来たのになんだか職場にいるみたい…
と思ってもっともっとよくみるとキャンピングカーで全国一周した際の
各県の観光パンフレットをファイルしたものとのこと。
sakurateizenkoku.jpg
こういうのは好きだなあ~
同じファイルでもこうした夢のあるものも挟めるんだよなあ~
などと思いつつゆかりのある県のファイルをみていると定食到着。

単品だと350円のラーメンにご飯とメンチカツついて500円でした。
sakurateiramenset.jpg

チャーシュー・きくらげ・ねぎ・のりとトッピングは十分、
しかも一見何の変哲もなさそうなこのスープの奥には、
豚ひき肉も隠れていたりして350円という値段を感じさせません。

スープはなんというか、以前一八ラーメンで感じたような(過去の記事)

安価で普通の価格のラーメンと同様のおいしさをつくるために、
おさえるべき隅をしっかりおさえることで、そこから全体としての
味を浮き上がらせる工夫がされている気がします。
この例えが適切なのかわからないですが、主観的輪郭的手法系?かなと。
ちなみに主観的輪郭は下の図をみていると真ん中に白い大きな楕円を
人がみてしまうということの例だったと思います。
syukantekirinkaku.png
麺は加水率がたかめなのでしょうかしっとりもっちりした印象でした。

このお店は学生は300円の学割サービスを実施しているので、
お店の中で学生を見かけることも多いです。
今日もおそらく高校生の集団がいたので、元気な会話を聞こうと思ったら
「いや、俺脂多いの食ったら腹こわすから…。」って…おっさんみたい(笑)。
まあでも若いのだから皆でワイワイ食べる楽しさで
腹はともかく心を満腹にして頑張ってほしいものだと。

学生で思い出しましたが、このお店のPOPで国語の問題です。
この言葉を正しい尊敬語にすると?
otabekudasai.jpg

そんなに自信はないけどおそらく「お召し上がりください」かなあ。

まあでも、こうしたのって先に挙げた全国観光地ファイルのように、
お店の方がプロ任せにせず手作りでいろいろなされている反映だろうなあと。
替え玉選手権とかいろんな工夫がなされているし、
接客もあたたかいしで、ほんといいお店だと思います

2010.12.12 Sun » 青いのれんの赤のれん

住所:福岡市東区奈多1-2-13 (MAP)
営業:?~23時ころまでのような気がします(不正確です)。

赤のれん系列って結構いろいろ食べているよなあ…と思って
単店で書いた赤のれん系の過去記事を並べると

・麺ズ赤のれんに行ってきました(2008/03/06)
・赤のれんクーニャンラーメンに行ってきました(2008/12/26)
・元祖赤のれん節ちゃんラーメンの住吉店に行ってきました(2009/03/12)
・赤のれん&とん吉に行ってきました(2009/12/06)

この他、ブログには挙がってないですが天神の節っちゃんには数回行っているし、
上のお店も複数回いっているしで、私はこの系統の味が好きなんだろうなあと。

で、この中で私が一番味の面で好きなお店は…となると、
奈多の麺ズ赤のれんになるなあということで訪問です。
mensakanorenmise.jpg

写真でもわかるように昼の遅い時間に行ったのに駐車場は満車の人気です。
白を基調としたシンプルで明るい店内は清潔な印象。
そのためか薄暗かったり雑然と蓄積されたものたちが並ぶ店を好む
時代外れのむくつけき私のような客は少なく、
ご家族連れとか女性同士でのお客さんも多くにぎわっておりました。

メニューは基本のラーメン480円、替え玉120円でラーメンを注文です。

mensakanorenramen.jpg

詳しい味の感想は前回と変わらないので赤のれん全体の中での
麺ズ赤のれんらしさに関しての感想をあげると、
赤のれんなのにのれんの地に青を選択する心の奥底にあるのかもしれない
冷静さやクールさを求める気持ちのようなものがスープに出ているのかなあという、
なんというか「落ち着けている」感じが強いかなと。

赤のれん系は全体的にしっかり脂、しっかり味の
どこかしらワイルドさも残るスープのような気がするのですが、
しっかりしているけど過度にならないように、どこかがつきだしてしまわないように
全体としてのまとまりを落ち着いて維持しつつもそれでいて強さは忘れていない…
なんというか野球漫画でいえば眼鏡をかけている役柄がきそうなイメージ(?)。

それと私の好きな粉コシ感のある細麺とシャキ歯ごたえのきくらげがあって、
シコシャキとした食感がスープに包まれる感じが好きだなあと。

替え玉すると600円となって既に極寒の私の懐に霜が降りてしまいますので
替え玉できませんでしたが、また懐も春になったころに再訪したいなあと。

2010.12.07 Tue » 99999Kmを迎えたお店は?

愛車プログレの77777Kmは小田部の一心亭にて迎え(過去の記事)
88888Kmは箱崎のはかたやで迎えておりました(過去の記事)

今読み返すと88888Kmのときにコメントで「つまらんばい!」
と一蹴されておりますが、やはりゾロ目が好きなので
今回の99999kmも狙っておりました。

テーマとしては、以前が一心亭とはかたやなので安価なラーメン店を設定し、
適当に国道3号線を走らせて99999kmを待つというもの。

まず最初に99999kmをしめしたのが東区の多々良川沿いのcoco一番屋。
しかし…どうせならラーメン屋がいいなあ…向こう岸には…一楽名島店!
cocoichirakumap.png
(Yahoo!の地図がうまく貼れなくてすみません)

だが…ここで渡って10000kmになっては…いやでも賽ならぬ麺は投げ入れられた!
ということでルビコン河なみの決心で多々良川渡って一楽へ。
なんとか99999Km状態で渡りきることが出来ました。
ichirakunajima99999km.jpg

大盛りラーメンを注文です。
ichirakunajimaramen.jpg

この写真を撮ってからばたばたして感想書かないまま
10日以上経ってしまっているので値段も失念してしまいましたし
詳しい味の感想は書けませんがやっぱ好きですねえここの味。
最近ご無沙汰気味でしたが比較的訪問回数多いお店だったので
橋を渡った甲斐があったというものです。

スープはそれ単品でのむとちょっとしょっぱく感じる人もいそうですが、
かなりの細麺のしっかりした歯ごたえを愉しみつつ食べるには
丁度よいくらいの塩加減だよなあと言ったものだし、
チャーシューは甘辛い味と薫じた感じがしっかり伝わってきて、
なんというかこちらはスープと麺とを合わせるというよりかは、
それらと違った食味と食感で変化をつけてくれる役割に思えました。
まあそんなこんなで99999kmもおいしい出会いが出来て良かったなあと。

ichirakunajimamise.jpg
一楽名島店:住所:福岡市東区箱崎7-4-2
営業:11時~22時半(水曜定休)

2010.12.06 Mon » カッパ食堂で満腹満足

住所:鹿児島市上荒田町44-32の2階 (MAP)
住所は地図からの推定なので不確かですが地図は正確です

お仕事で鹿児島へ!

今回は鹿児島大学の近くだから学生向きのお得食堂があればいいなあ…
と市電の唐湊からたばこ産業前まで歩きます。
しかしお店がない…JTの広大な跡地の向こうに木下大サーカスがみえるのみ…
ジョイフルはあるけど鹿児島に来てジョイフルは…
と思っていたら4ケタ以上の価格は何故か脳に伝達されない
ぽんこつフィルターを備えた私の眼でも認識可能な看板発見!
kappasyokudomenu.jpg

定食類がほぼ500円、うどんそば定食だと450円だし、
海鮮丼も500円…しかもご飯・コーヒーお代わり自由!
ということは、食後のコーヒーもついてこのお値段!
これぞ大学近くの食堂の理想像ですね…と思ってビルの2階へ。
kappasyokudomise.jpg

店内は雑居ビルの10畳くらいの1室に、記憶では
カウンター4席、窓側のカウンター3席、テーブル4席*2くらい、
6人程度が先に入店されていましたがそれで満員に感じられる
こじんまりとした雰囲気がいい感じです。

いろいろと種類があって悩みましたが、メニューの一番最初であり、
かつ大盛りであることが多い唐揚げ定食を選択!
窓から市電の行き交いを眺めてぼうっとしていると登場です。

(西郷)ど~ん!!てな登場音がつきそうなおかずの多さです。
(意味不明な方はこちらをどうぞ http://saigoudoon.jp/ )
kappasyokudokaraage.jpg

写真では後ろの方見えにくくなってしまっておりますが、
南蛮ぽいタレつき唐揚げが4つほどこごろりとサラダの上にころがり、
揚げ餃子にきんちゃく煮物デザートのヨーグルトに
お代わり自由のご飯になめことわかめとそうめんの味噌汁。

「カッパ食堂」という店名からカッパ的容貌のおっちゃんが
やっているお店かな~と勝手に妄想していたのですが、
狭い店内で多くの注文を一度にきりもりされているのはおふたりの女性、
メインの量の多さだけでなく、副惣菜もしっかり摂ってほしい…
という学生へのおっかさん的心遣いからのおかずの多さかなあと。

kappasyokudorollcake.jpg

食べ進んでいくと丁度良いタイミングでご飯のおかわりを勧められるし、
予定の時間に遅れそうだったので食後のコーヒーを断ったのですが、
そしたらロールケーキまでお土産にもたせてくれたしで、
なんというか価格の安さのみならずの心安さみたいなものも、
与えてくれるいいお店に出会えたなあとうれしかったです。
09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif