FC2ブログ

ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2010.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2010.10

2010.09.22 Wed » コピーに脱帽(天六うどん)


住所:大阪市北区天神橋7-2-13(天神橋筋六丁目駅からすぐ) (MAP)
営業:5:30~23:30 

大阪のまちを歩いていて感心させられるのがコピーの巧みさ。
おそらく、高度で良質なコピーなどは東京などの方が多いのでしょうが、
ともすれば高級料亭の料理のような繊細で難解なものになる可能性があるのにたいして、
大阪のコピーはありきたりの材料で、美味かといわれたらこまるけど、
ありきたりのはずなのにその組み合わせにびっくりするような料理とでもいえそうな、
誰でもわかる簡単でなじんだ表現なのに「おおおそうきよったか!」と驚いたり、
ポジティブな苦笑を誘ったりするようなおもしろコピーが多いなあと。

で、天六商店街(天神橋六丁目商店街)をふらふらしていたら見つけた看板。

「飽きがくるほどアゲガデカイ」こちらはまだ序の口。
tenrokuudonkanban1.jpg

この看板の裏手に回ってみると…
tenrokuudonkanban2.jpg

下品なくらいにダシが濃い!いやはやびっくり。

こんなのいわれたら入らずを得ないではないですか。
tenrokuudonmenu.jpg

で、うどん・そば定食をうどんで注文。

定食のうどんは天かすがのったハイカラだったので、
肝心のダシのお味の下品さを感じ取るのは難しかったですが、
確かに濃そうで、おそらく鰹節を大量に使ったことからくる
魚系の酸味が感じられたのが印象的だったでしょうか。
まあでもダシの濃さに関しては、セットの五目とり飯のほうに表れていて、
ごぼうやちくわにまでも味がようしみこんでるな~という感じでおいしかったです。
うどんの麺のほうはゆでおきの色白美人で歯ごたえはもにゅもみゅ系ですが、
小麦の粉感も感じられて適度な硬さもあっておいしかったです。
tenrokuudon.jpg

まあでもさすがは大阪、店内のBGMはお店のおばちゃんと
客のおっちゃんが繰り広げるとどまることを知らない会話。
データは知らないですがおそらく会話量を客観的に測定しても、
大阪の会話量は全国平均より高そうで、そうした日々の鍛錬(?)のたまものとして、
先にあげたコピーの上手さがあるのかなあなどと。

スポンサーサイト
09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif