ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2010.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2010.09

2010.08.29 Sun » 博多天神でとんこつラーメンを食す

住所:食べたのは歌舞伎町の向かいですが、新橋などにも多数存在のはずです。

今回の東京行で心に決めていたのが、
福岡に来る前に結構食べた経験のある博多天神のラーメンを
まだまだ全然少ないけれどもそこそこ福岡のラーメンを食べてきた
今食べるとどのような感想を抱くだろうということでした。

まず目に付くのがお値段のわりにトッピングが豪華ということ。
チャーシュー・ネギの基本形に加えて、ゆで卵・きくらげ・のりが加わります。
ずっと続いている替え玉無料サービスつきで500円ですので、
元祖長浜屋の価格設定とほぼ変わらない感じでしょうか。
hakatatenjin.jpg

では、スープはどんなものだろう…。
基本的には以前金龍でミルキー&シチューキーだと表現したような、
どこか西洋系の味もベースに感じるスープなのですが、
貧乏舌で細やかな味の違いを認識できない私の舌だと、
最初正直味がどこにあるか探してしまうほどの薄味に思えました。

で、店内をみると「辛子高菜や紅しょうがなどをトッピングして
ちょうどになるような味付けになっているのでびっくりしないでね。」
といった感じのことを書いてあったので納得。
確かに私も福岡に来る前はタダなんだから入れなきゃそんそん!
とでもいった感じで馬鹿みたいにいっぱい辛子高菜入れて食べていたよなあと。

麺はうまく表現できませんがもそぼそっとして粉感ありつつ歯切れがいい感じで、
これは私の好きなタイプの食感でした。
そして何よりうれしいのが麺の量が多いこと。元祖長浜屋ほどの量はないけど、
それに近いくらいの量が存在していて、東京の地価を考えるとすごいなあと。
hakatatenjinmise.jpg

これは何の根拠もないし外れているかもしれないのですが、
普通の東京の人で福岡のとんこつラーメンとして思い出すのが
一風堂・一蘭、そしてこの博多天神なのかなあと思ったりします。
で、福岡のラーメンの大半は、それぞれ福岡のラーメンとしての共通印象を保ちつつ、
この3者のどれとも違ったものかなあと。

近年の流通技術の向上で、全国どこでもご当地の味を楽しめて、
本場に行っても「あ、これうちの近くの店のとそうかわらんやん。」
と思えたりする食べ物の結構ありますが、
福岡のラーメンに関しては、おそらくは他の地方の人がこられたときに、
「ああ、本場で食べてみてよかった。」と思ってもらえるほどの、
地方ならではの味が場所に固定して保たれているのではないかなあと。

スポンサーサイト

2010.08.29 Sun » なんにもないことの意味

確か、新宿西口経由で紀伊国屋方面へ歩いていく地下道で撮ったもの。
「なにも表現しないことで何かを表現する」「空白による表現」
なんてくたびれた意外性による表現に慣らされ続けてしまったため、
「な…何か意味のある広告だろうか?」としばしの間立ち止まってしまったもの。
(実際には右下に誰かが戯れにおいた飲食店の利用済み客用の割引券があって、
大規模な空白+宣伝の意図のほぼ皆無な小道具による宣伝かもしれないですが)
emptywall.jpg

広告用スペースに広告が貼ってなくてま白にぞ状態なんて、
地方ではありふれた風景であって、最近ではもう
景気の悪さを感じさせる引き金にはなりえなくなっているなあと。

しかし大都会TOKIO、しかもお新宿!でこうした欠落があるのは、
地方とはまた違った意味というか印象があるものだなあとふと。

まあでももうひとつ考えてみると、地方ならではの
空白のびっくりさせ方とかなにかないものかなあと。

2010.08.28 Sat » 吉村家に行ってきました

住所:神奈川県横浜市西区南幸2-12-6 (MAP)
営業:11時~24時(月曜定休)

貧乏なので朝早い便で東京に来たためやることがない…。
展望デッキでお仕事でもして過ごそうか…
とか殊勝なこと思ったかと思えば開くファイルはラーメンの画像…。
airportirifune.jpg
そういえば入船食堂の元って横浜の家系とかいう記憶があるなあ…。
横浜までって30分くらいでいけるのか…そうだ、横浜行こう。

ということで京急のバスに乗って横浜に向かいます。
おおおこれが噂のレインボーブリッジ…確かあれがランドマークタワー…
こんなオサレシチーぞーんで私が求めるような
くたびれ系ラーメン屋ってあるのかな…と不安に思っていると、
バスはおされゾーンを通り抜けてしまいました…車内で写真撮っとけばよかった。

で、横浜駅について勘だけを頼りにふらふら歩いていると
破れ布のくたびれ感あるお店発見!

yoshimurayamise.jpg

おおお!有名な吉村家じゃないですか!
有名店に偶然出会えたので、行列できていたけど並ぶことに。

最初、どれくらい待つのか心配だったのですが、
ロット式というのでしょうか、8人単位くらいで入店していくので、
意外と流れはスムーズな感じでした。

このブログを読んでくださっている人の大半は入船食堂のラーメンを
食べた経験があると思いますし、吉村家の紹介自体は無数にあると思いますので、
ここでは吉村家と入船食堂の比較という視点で書いてみたいと思います。

スープはふんわりもこもこ甘めこってり感が前面に出てくるのが入船だとすると、
吉村家のほうはどちらかというと醤油が最初にすっきり立ち上がって、
その後ふわっとうまみと甘さが流れてくる感じで、
トータルとしてはそれほど変わらない気がするのですが、
味の成分の出現および流れ方のリズムが違うなあと思いました。
ある意味、好みとしては入船のほうが「うま~」という感じなんですが、
食べた後に脂とりすぎちゃったなあメタボ怖い…と思う感じだとすると、
吉村家のほうは、すっきりしているのでスープのみ過ぎちゃった…
塩分とりすぎちゃったなあメタボ怖い…といった感じでしょうか。
ま、どっちもメタボ怖いのはラーメンの宿命なんでしょうが。

yoshimurayaramen.jpg

麺は意外としっかりした歯ごたえがあって、
入船がむちむちぷりぷりん的な弾力面でのコシを楽しむ系統だとすると、
吉村家のほうは加水率がもう少し少なく心持ち太めで縮れも少しあって、
粉感の歯ごたえをたのしむ面が前面に出ている気がしました。

で、びっくりしたのがチャーシュー。いやこれがうまいの何の。
入船のが面積多く薄めに切ってあったのに対して、
吉村家のは大きくしかもぶあつめで、
そして蒸し鶏のようなふんわりした食感がありつつも、
叉焼の「焼」の字にふさわしいスモーキーさがあって、
香ばしさというかがあるかなと。

ある意味、むかしからの中華そばから樹形図で分岐するきっかけとなった
明確な違いとしての濃厚ふんわり感がしっかり前面に仁王立ちしてはいるのですが、
変に意識した示威行為のように小技を繰り広げてはいないどっしりした
ベースとしての強さおよび余計な装飾のなさが吉村家には感じられました。
なんというか、「うまい!そして何か加えてみたい!」と思わせてくれる、
ベースとしての強さ、ある意味素材的な強さがそこにはある感じかなあと。
しいてむちゃくちゃな例えをするとやめられないとまらないかっぱえびせんと
うまさにあふれたハッピーターンの濃い味の違いといった感じでしょうか。

まあでも、一度分化したわき目も、さらにあまたに分岐を繰り返していって、
分岐したものたちの総体としてのまとまり感を認識し始めて初めて、
最初の分岐の意味を捉えることができるのでしょうから、
元祖至上主義にならずにさまざまな分岐を楽しんで行きたいなあと。

2010.08.26 Thu » 新宿お散歩

用件終了後ホテルで仮眠をとって新宿の街をぶらぶら。
まずは都庁の展望台へ。
「まわりカップルだらけでおっさん一人じゃ浮いちゃうかな?」
と不安になりながらいったのですが、浮き方が別で、
ほとんど海外からの観光客に日本人がぽつねんといった感じでした。
tocyo.jpg

その後新宿駅の方まで歩いていると、ビルの前に人だかりが…。
「さすが大都会TOKIO!なにか有名人でもいるザマスか!」
と生来の野次馬根性満開で駆けつけたのがこれ。
mituibildkaraoke2.jpg

新宿三井ビルディング 第36回会社対抗のど自慢大会

おおお私がこれから知り合うことはないであろうTOKIOの
エリートリーマンたちがくだけた感じでカラオケ披露してます。
そしてそれをおそらくはこの三井ビル以外のとおりががりの人たちが、
強制も強い興味もないけれどもなにか受容的な
ふしぎなほんわりしたつながり感のなか見学している雰囲気がいいなあと。
mituibildkaraoke.jpg

社内でのカラオケ大会などは経験ありますし、
経験はないけれども商店街などの共同体でもありそうだなと思うのですが、
場の共有がメインのオフィスビルでこうした催しをするというのは珍しいのではと。
まあ、これは私がいわゆるオフィス街で勤務した経験がない珍しく感じるだけで、
結構どこにでもある催しもである可能性もありますが。

こうした異業種同士の集まりは、異業種交流会などでも体験できますが、
ともすれば交流できた数と内容の協議会になりがちな交流会に比べて、
こうした催しだと異業種同士で職場内の雰囲気やくだけ度などを
交流できる面でいいなあと思ったりしました。

2010.08.23 Mon » 一忠に行ってきました

住所:福岡県糟屋郡宇美町光正寺2-15-11 (MAP)
営業:11:30~21時or23時 定休日:木曜日

以前訪問して気にいっていた光正寺古墳を再度みようとドライブ…。
iccyuumise.jpg

あ、ここにもラーメン屋あったんだ…。
くらいで眺めただけでしたがさすがはわが貧乏症目!
iccyuukanban.jpg
「600円が500円に値下げ!」「ご自由におとりください!」
マジックワードが2つも入っていることを見落としませんでした!
吸い寄せられるように駐車して入店です。

入店してからランチタイムが11時から14時だということに気づいて、
あいたたご飯やサラダのサービス終わっちゃったか…
とラーメン大盛り単品550円を注文した写真がこちら。
iccyuuramen.jpg

その後、ランチセットでの注文でいいですよとの有りがたいお言葉。
ご飯もらって漬物辛子高菜サラダと追加してもう一枚。
iccyuuramenset.jpg
やっぱ単品よりもいろいろ増えたほうが豪華でうれしいですね~♪

スープは、上の2枚の写真のスープ表面をみてもらうとわかるかもしれませんが、
漬物とってサラダとった少しの時間で膜を張り始める濃厚タイプ。
けれどもしつこさやべったり感とかではないふんわり感に、
いい意味で「ざらさらしゃら」した粒状感が流れていく自分の好きなタイプでした。

麺は基本の細麺ストレートですがほんの少しだけど縮れも加えているのかなと。
噛んだときの麺はサクサク離れていく感じで、つるつる喉越しではなく
咀嚼して粉感を愉しむタイプかなと思いました。
+50円するだけの大盛りですが見た目以上に量も多くてうれしかったです。

具は、ノーマルでもいっぱいきくらげのっていてうれしいですし、
チャーシューは肉本体のみずみずしさと皮の香ばしさがたのしめてよかったです。

で、メタボ汗かきの私がいつものように汗をかきかきラーメンいただいて
お会計しようとレジに向かうと、おそらく店主のお兄さんが
まるで私が汗かいたのが店の暑さであったかのような申し訳なさそうな表情で
新品のタオルを出してくれて拭くように言ってくれました。

さすがにそこまでしていただくのは申し訳なかったので
気持ちだけ有りがたく受け取ってお会計して店を出ましたが、
ランチタイムの時間の件や最後のタオルの件やらで、
マニュアルを気にしていては出てこないこうした客一人一人に合わせてなされる
ひとつひとつの心遣いもらえるのがこうした個人店のだいご味だよなあなどと
ありがたく思いながらお店をあとにしました。

2010.08.23 Mon » 川内駅(鹿児島)に画伯あり!

「さだまさし?あんまり興味ないなあ」という方でも、
けっこうな数の方がNHKで深夜に放送される
「今夜も生でさだまさし」を視聴したことがあると思います。
で、パーソナリティー役の3人の後ろにあるホワイトボードに
ご当地の様々な名物などを小針画伯が描いたものの記憶のある人も多いのではと。
NHK:画伯の部屋HP http://www.nhk.or.jp/masashi/gahaku/index.html

で、先日鹿児島の川内駅で降りた時、ぱっと眼に入ったのは
華やかな色と形があまた連なることで何故かはかなさも醸し出す
つるされた七夕の飾りの流麗なさまでした。
sendaitanabata.jpg
祭りの飾りがどんだけ華やかでもどこか寂しげにもみえたりするのは、
祭りがいつかははかなく終わるしかないからなんでしょうか…。

ま、そんなことはともかく私がもっとびっくりしたのが改札付近にある、
おそらくは職員さんか誰かが描かれたホワイトボードの絵。
往路時に見た、川内を描いたより豪華な絵の写真を撮ることはできておらず、
復路時に撮ったポケモン列車の宣伝のものしか写真ありませんが、
なんというか丁寧でいいもの見せてもらったなあという感想でした。
sendaiwhiteboard.jpg
なんというかホワイトボードの絵も、祭りの飾り同様、
すぐに消されて無に帰ってしまうがこそきれいにみえるのかもなあなどと。

「きれいなものもいいけどあんまそっち系は…」という向きには、
改札出てエスカレーターで降りた「きやんせふるさと館」にて、
こういうものも売っている模様なのでそちらをどうぞ…。
sendaidango.jpg
ちんこだんご60円…今度買って紹介してみますね。

2010.08.21 Sat » 価格破壊による時給アップ?

通常、朝は自宅でご飯なりパンなりを軽く食べて出勤するのですが、
今日はいつもより早く出勤せねばならなかったのですき家で牛丼。

で、今そのレシートをみてふと気づいたこと…。
sukiyatime.gif

「トッピングなしの素の並280円かよ貧乏人があ!」
「しかも280円なのに5000円出すなよ迷惑者があ!」

これらも確かにそうなのは確かなのですがそこではなくて、

7時23分に注文完了、7時29分に支払している
→店内在席時間は6分 ということ。


通常とくらべてそんなに急いで食べた記憶もないので、
私の牛丼店平均滞在時間は5,6分程度なのでしょう。
なんというか、価格が安くなればなるほど
「さっさとかっくらって去らないと恥ずかしい」
ような気になるのは私の貧乏根性からなんでしょうが、
意外と同じように思う人は多いのではないでしょうか。

てことは…この牛丼さんの時給(?)を考えると…
280円×(60分÷6分)で2800円!
そんな計算をしてみると安いとしかみえなかった
別日に撮ったこの写真が急に高給取りのようにみえてくる不思議…。
sukiyagyudonoomori.jpg

では逆にやすい時給でひ~ひ~こき使われる(?)外食メニューって何だろう?
と思ったのですが、おそらくは「自分で焼いて食べるお好み焼き」かなあと。
システムで言うと「単品でねばられちゃうドリンク・バー」になるのでしょうが。

メタボ貧乏舌なのでいつも価格に関連させるのは量ばかりでしたが、
たまには「おいしく過ごすことが出来る時間」なども含めて
価格をみていくこともできるようになりたいものだなあ…と。

2010.08.11 Wed » 金ちゃんラーメンに行ってきました

住所:福岡市東区蒲田4丁目5-47-1 (MAP)

県道21号で土井から久山方面に向けて車を走らせていると、
いつも目に入る「伏谷埋立場」の看板の下に
目に飛び込んできたラーメン250円の文字!
kincyankanban.jpg
これはいいもの発見…と思って入り口に向かうと
創業35周年を記念してのラーメン250円餃子100円とのことでした。

kincyanmise.jpg
幟の文字が全部逆…風向きが反対だったらよかったのですが…。

夏の日差しを遮り続けるメラニンを湛えた漁師の肌のように、
店内は確かにいろんな35年が積り重なっておりました。
けれどもただ蓄積するだけではなく、
例えば蓄積の結果おちてくる換気扇からの油を
缶詰の空き缶をそのふたでくるりと巻きつけて
油受けにするなどの新しい工夫もみられたりして、
なんというか「過去にはまだなっていない進み行く古さだなあ」
など感じているとラーメンが出てきました。

kincyanramen.jpg
とんこつスープの形容として「白濁」というものがありますが、
こちらは白濁から濁りを引いた感じで「真白にぞ」とでもいえそうなさらさらタイプでした。
麺はもっちゃりした感じで近頃あまり食べたことがない食感に思えました。

ラーメン歴も短くとんこつラーメン歴はもっと短い私なので、
35年前のとんこつラーメンがどのようなものかわかりませんが、
その頃の感じを継続しているのかなあなどと思いつつ食べておりました。

kincyangyouza.jpg
餃子の方は焼かれた表面のところがパリパリともまた違う、
焦げのちょうど一歩手前の私の好きな焼き具合でおいしく思えました。

35周年でラーメン+餃子で350円だとすると、
次の40周年はラーメン+餃子+ご飯で400円だといいなあ…などと。

2010.08.09 Mon » 黒門のその先に

宗像でお仕事。14時過ぎくらいに終わったので目指すは黒門!

道路にはラーメンの幟、店舗には営業中の文字、
あああ今こそ夢の黒門ラーメン初体験の時…
これまでふられ続けた過去が走馬灯のようによみがえります…
。・゜・(つv`)・゜・。うれし涙ながしつつ左折!

あああ駐車場満車。・゜・(つД`)・゜・。悔し涙。

仕方がないので稲の緑を湛えた田んぼがはるか白い入道雲まで続く、
まっすぐな道をドライブドライブ…していると魅力的な看板発見。
まぐろ直売とな…いいなあまぐろ最近食べてないなあ食べたい…
でもまぐろ高いよ高嶺の花…ま、通り過ぎてみてみるだけ~♪
など思ってお店の前に来てみると「マグロ丼390円」の文字。

marujinkanban.jpg
店名:マグロのマルジン 住所:遠賀郡遠賀町尾崎232-1 (MAP)
マグロ丼営業:11時~16時(月曜はお休み)マグロ販売は元旦以外年中無休
HP: http://marujin.shop-pro.jp/

これなら私でも食~べ~ら~れ~る~♪と喜び勇んで入店。

これまで工場直売のみだったところに、この6月1日より
イートインスペースを追加したとのことで、
店内は工場に求められる清潔さをメインとしたシンプルな印象でした。

marujinmagurodonfuta.jpg
おおお、390円なのにふた付のどんぶり+お椀で豪華!

marujinmagurodon.jpg
開けてみるとどんぶり一面に敷き詰められたマグロ…これで390円!

「たれを別添えしてますが既にかかってますので」との説明を受けていざ実食。
舌には自身がないのでよくわかりませんが、
おそらくは漬けられたマグロの切り身はもっちりというかは
むっちりといった食感で密度が高い感じがします。
たれはつけなくてもいいというアドバイス通り、
すでについているたれとご飯とノリの量とで丁度よいバランスに思えました。
marujinmagurodon2.jpg

これで390円…ワンコイン派の私でもお釣り110円もらえる…。

「お前の写真カメラいいのにピントあってないから味の雰囲気伝わんねえんだよ!
お金のことばかり書かずにおいしさ伝わるよう味の詳細でも書けよこの貧乏舌があ!」


との突っ込みが聞こえてきますが、なんつうかこの充実した内容が
390円というpriceで愉しませてくれる姿勢自体にpricelessな喜びがもらえる内容だなあなどとも。

まあそんな感じでマグロ丼に満足してお店を後にしたのですが、
今これ書きながら写真をみてみるとまぐろ直売の方でも、
私でも買えそうなお値打ち商品あるんだなあ…と。
marujinkaesou.jpg
サイコロ500g乱れ食いとかしたいなあ…今度はこちらも試してみようかと。

2010.08.03 Tue » レストランさとうがよかったです

住所:福岡市博多区板付5-16-3 サトー板付店 2F (MAP)
営業:11時~22時(ランチは15時まで)

急にぽっかり時間が空いたのでお昼を外で食べることに。
目指すはコメントにもあった「ぽんぽこ亭」か「レストランさとう」

最初、ぽんぽこ亭に差し掛かって「お、駐車場も空いてる!ラッキー!」
と思って車停めて店内をのぞくと…「お昼終わりました~」とのこと残念。

では、15時までサラダバーが安価なさとうへ!

最初、1階の階段をみるとなんだか高級そうな外装…
実はお店間違っていたらどうしよう…やっぱやめとこか…と思いつつ
どきどきしながら2階の入り口に至ると安心できる値段のメニューがあってほっ。
satoulunchmenu.jpg

天井が高くひろびろとした感じの店内は
明るすぎない暖色系の明りで照らされた
ゆっくり落ち着ける心地よい空間かなと。

私は最安のカレー定食580円サラダバーつきを頼んだのですが、
お店自体はステーキなども充実した高級よりのようで、
店員のお姉さま方の接客も的確丁寧タイミングよしだし、
カレー付け合わせなどもわざわざセッティングしてくれるしで、
なんというか代金考えると申し訳ないくらいの給仕にありがたくも緊張です。
satoutukeawase.jpg

適度な暗さを保った店内からふと窓の外をみると
真白とでもいいたくなる夏の強烈な日差しが
けれども熱もなく音もなく広がっていて
内外・明暗・寒暑・高級店に貧乏症が一人…など
さまざまなコントラストが同時に襲ってきて
なんだか不思議な時間認識の弛み感をたのしんでいるとカレー到着。
satoulcurrey.jpg

ふおおおひさかたぶりのごろりんお肉様にご対面あなうれしや。
ピントがそこにしかあってないところがうれしさを表現してますね…。

ルーは洋食屋さん系とでもいうのでしょうか、
スパイスがひ~は~前面に出てくるタイプではなくて
おそらくは油脂分もつかったクリーミーとろみのそこかしこで
スパイス分のピリが散在するやさしいタイプに思えました。

サラダバーも記憶では10数種くらいあって、キャベツレタス系以外にも
豆類マリネ類ポテトサラダ海藻類コーン漬物豆腐にと種類が豊富で満足でした。
saladabar1.jpg

saladabar2.jpg


まあでもほんとこのお値段でこの内容、この落ち着きは
なかなか他店では経験できないと思うのでお勧め出来るお店だなあと。


09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif