2010 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2010 05
東区民にとっては第3の王将?
2010/04/27(Tue)
住所:食べたのは兵庫ですが全国いたるところにありますね

餃子の王将に京都と大阪があるのは小さいころから知っていて、
この地に来て博多王将があることも知ったのですが、
大阪王将には行ったことがありませんでした。

ちなみに九州のお店をHPで調べると
長崎(長崎県島原市新馬場町866-1)
大分(大分市大字森町583-1)
熊本(熊本市平成3-22-35)
宮崎(宮崎市青葉町110-1)

私が車で行ったことのある福岡佐賀鹿児島にはないので、
これは食べたことがなくてもむべなるかなと。

で、今回1泊2日なのに滞在時間12時間程度の
タイトなスケジュールで兵庫に行った時にみつけて入ってみました。

osakaohshomise.jpg
餃子の王将なのですから餃子を食べたかったのですが、
次の日の仕事の関係であきらめてラーメン480円。

osakaohshoramen.jpg
スープはおそらく鶏ガラ醤油なのですが、
塩ラーメンかと思うほどのすっきりした色合いと、
なんというか整理された折り目ただしさとでもいえそうな
すっきりしゃっきりスープが好印象でした。

麺は中華そば系の透明感ある黄色縮れ麺で、
ほどよいぷりぷり感と噛み切りやすさのものではないかと。

で、すごく印象に残っているのがチャーシュー。
写真では写す方向が悪くて大きさがわかりませんが、
結構な大きさな1枚もののチャーシューが載っています。
脂部分のねっとり固形感は普通といえば普通なのですが、
赤身部分の繊維質の食感が独特というかなんというかで、
これは私の文章能力ではうまく伝えられないのですが、
北斗神拳で秘孔をつかれた肉はこんな感じになるのではというかの、
繊維質が残り主張しつつもバラバラ感もあるといった不思議な食感でした。

まあでもトータルとしてはすっきりと上品さも感じられる
きれいにまとまった1杯に思えておいしかったです。
スポンサーサイト
この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
おやまうどんの写真が出てきました
2010/04/15(Thu)
住所:福岡市東区和白1480-1?(地図) 495号沿い九産大前福工大前中間あたりです
営業:10時~深夜2時

写真の整理をしていると出てきたのが和白のおやまうどんの写真。
資さん~官兵衛~丸亀製麺などのうどん店で活況の
県道607号から移動してきたお店ですね。
oyamaudonmise.jpg

「唐揚げうどん定食420円」
「ミニカツ丼or親子丼+うどん500円」などの看板が目立つので
ボリューム&コスパ重視系のお店?と思って入店。

しかし店内はオープンしたての新しさだけでなく、
デザイン自体が広々と落ち着け清潔感あるようになされていて、
女性客でも安心して過ごせる高級な印象を受けました。
そのせいかメニューにも内容充実の女性うどん定食とかあって、
食後のおしゃべりを愉しむ女性客が多くみられた印象があります。
oyamaudonmenu.jpg

写真の日付をみると1月のことなので
お味の記憶はあいまいすぎますが、
麺は透き通った透明感の高いものであった記憶が。
oyamaudonkatsudonset.jpg
ミニカツ丼のカツは満足の肉の厚さで
玉子はあまり固めずとろとろ重視に思えました。

おいしかったのでカツ丼もう少し量食べたいなと思ったのですが、
カツ丼+かけうどんだと880円になって少し手が届かないなあ…。
大食いの私にはハーフカツ丼セットとかあれば
値段と分量的にちょうどいいのになあ…など思いつつお店を後に。

まあでも普通の胃袋の人には店構えと量の割には値段もお安く、
営業時間も長くて車も停めやすいのでいいお店ではないかと。
この記事のURL | 食べ物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
そば処吉野家がオープンですね
2010/04/12(Mon)
吉野家の牛丼並270円セールが明日13日13時まで。

牛丼並だけだと足りないから箱崎の吉野家行って
はかたやの290円とはしごしようかなあ…。
などと思って店舗検索すると、噂には聞いていた
そば処吉野家が4月26日にオープンするのですね(参考リンク)
住所:糟屋郡粕屋町大字酒殿老ノ木192-1 (MAP)

吉野家の牛丼も好きですが単品だと物足りなく感じていて、
麺類とのセットを期待していた者にとってはうれしいニュースだなあと。

rukurusyashin.jpg
写真は「吉野家の牛丼の写真ないかな~」と探して見つけたルクルの写真。
まさか写真撮っているとは思いませんでした。
何がしたくてこの写真撮ってたのだろう?
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
んどう?
2010/04/11(Sun)
丸亀製麺粕屋店(糟屋郡粕屋町大字長者原280-1)やら、
資さんうどん門松店(糟屋郡粕屋町大字大隈113-1)やらOPENで、
sukesan.jpg
県道607号線が今熱いなあ~などと思いながら
先日天天、有さんを訪問したのですが、
その道中写真にとっておいたのがこちら。
udonnohantai.jpg

うどんの反対って何なのでしょう?

興味を持って調べてみるとこの看板をつけている
「官兵衛 住所:粕屋町長者原286-4(HP)」さん
昭和52年からの歴史を持つお店で、「ブラックうどん(HP)
なども作っているみたいでなんだかいろいろ面白そうだなあと。
kanbee.jpg

また機会があれば訪れてブラックうどんレポなど出来たらと。
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
天天、有がおいしかったです
2010/04/10(Sat)
住所:福岡県糟屋郡粕屋町大隈409(MAP)一九粕屋店の斜め前がわかりやすいかと。
営業:11:00~23:00 定休日:木曜日

かねてからその存在は知っていて、
道走る車の中からみえる広く開け放たれた入口の中にみえる
うす暗めの店内にならぶ丸椅子やカウンターの調味料類のなにげさなにひかれ、
入ろうかなと思いつつもなかなか実際に入る段まで行かず、
いこかもどろか思案橋の気分で門松駅前の長い橋を渡ってばかりだったお店にいざ入店!
tentenyuomise.jpg

普通500円、大盛り550円だったので大盛りを頼んで店内を見渡すと、
達成した替え玉の数を誇る張り紙があちこちに。
ある人のところは重ね張りがされていて
「次は○○杯いきます!」など書いてあったりして
長く常連さんから愛されている感じがして期待が持てます。

で、出てきたラーメンを見てしばしびっくり。

tentenyuramen.jpg
「鶏ガラ醤油ラーメン」との知識があったので澄んだスープかと思ったら、
みた感じはまんま豚骨醤油系の白濁系。
「豚骨王国福岡だから豚骨に変えてしまったのだろうか?」と思いつつすすってみると
とろっとした粘性を感じつつざらとさらの中間くらいの粒状感を舌に伝え流れていきます。
かといって脂をばんばん乳化させたとかいう感じでもなく、
表面の脂分がさっと引いて食べ進めるごとにさっぱりする感じでしょうか。

鶏ガラだからなのか、豚骨だと合わなく感じることも多い
もやしとスープとの相性が非常によく感じられて、
もやしラーメンとかあればいいのになあなどと思いつつ食べていました。

麺は固さなど指定せずに頼んだあとで、
「あ、カタでお願いしたらよかったかな?」と思っていたのですが、
固め好きの私にちょうどよいくらいのしっかりとした噛みごたえ。
咀嚼していくごとに比較的塩味が強めなスープと調和していく感じかなと。

チャーシューは大きさ厚さ固さ脂の量いろいろ取り揃えた4枚の大盤振る舞い。
じゅると崩れる脂身部分も、歯ごたえしっかり広大な部分のものもたのしめて、
お値段考えるとうれしいサービスだと思いました。

何もいれずに大満足だったのですが辛子ニラの存在が眼に入ります。
「ラーメンに入れるのであってご飯に入れないで」と
注意書きがなされるくらい愛されている模様…。
これは入れてみないと!と思って入れて食べてみると、
ニラの香りむんむん!辛さもひ~ひ~のまったく違う味わいに。
私は替え玉せずに入れてしまいましたが、
おそらく替え玉した上で全く別物として楽しんだ方がよいかと。
そういう意味では今回は試せませんでしたが、
より匂いのきつそうなニンニク味噌などによる変化を試してみたいなあと。

この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春もみじ
2010/04/09(Fri)
桜がその散る花びらで視線を空から地に向けるとすると、
春のもみじはその透明な若緑が高く高く続く様で、
眼を地から天に届けてくれる存在でしょうか。

桜もいいけど春のもみじもいいなあ…と思って検索してみると、
菟田野カエデ・モミジ資料HP様の記事(記事へのリンク)にて、
ずっと昔から春のもみじも愛でられ歌われてきたことを知る。
いやはやすごい情報量に脱帽することしきりのいいページでした。

この綺麗さを写真に残せたら…と思ったのですが…

harumomiji1.jpg
写真1:色のバランスなどは結構気に入ったのですが、
ピントが合ってないし手ぶれもあって残念な写真。
空見上げたときのまばゆさを表現した…嘘ですすみません。

harumomiji3.jpg
写真2:ピントなどはあっているのですが、
前景と後景どちらも存在感ないのでぱっとしませんね。

まあでも上記HPによるとGWくらいまでは愉しめるようなので、
も少し上手に撮れるよう再度チャレンジしたいと思ってます。

この記事のURL | 写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
うなぎなう?
2010/04/08(Thu)
うなぎなう

うなう うななう

うなるなう


季節:
鑑賞の手引き:ウナギを食べに行って夜は鵜飼を見にいく。
ウナギで精をつけたし、涼風吹く闇夜の川面に
舞う鵜飼の火をみて心も体も火照ってきた…。
さあこれからがんばんべ~と思ったら
いっぱい蚊に刺されていたので
ウナコーワ塗ったらしみすぎてムード台無しとなり
無駄に終わって唸るしかなかった夏の日のつぶやき。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

最近くだらないネタ系日記しかなくてすみません
うなぎ情報を得ようと開いた方お詫びいたします。

年度替わりの送迎会がらみの出費でうなぎは無理でしょうが、
週末はラーメン食べに行けると思いますので、
今度こそはちゃんとした麺レポートできるよう頑張りたいです。

画像がないのもさびしいのでなうならぬthenの写真など。

houkou1.jpg
湊川神社ぜん

motoko.jpg
神戸高架下ぜん

この記事のURL | 小ネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
増えてうれしいラーメンの具は?
2010/04/06(Tue)
今日のお昼はコンビニカップめん。
7-11のサッポロ一番OEM醤油味ヌードルです。
711cupmenfuta.jpg

私の入ったお店では醤油とシーフードのパッケージが変わり、
醤油は「豚肉15%増量」シーフードは「いか~%増量」とありました。

日ごろは気にしてなかったカップめんの具をまじまじと眺めます。
肉・卵・乾燥エビ・ネギ、メーカーを越えた王道のこの具たちの中から、
一番増えてよろこばれて売り上げ増につながる具は肉なのだろうか…。
711cupmen.jpg

私の場合、乾燥エビが一番好きでしょうか。

具を全部エビ!
麺にもエビ練り込み!
後のせ用かっぱえびせん付!

とかなら絶対買うのになあ…などと。

卵とかでもふんわり春のミモザラーメンとかで、
モフモフ好きの人にはたまらないものになるかもなあと。

試しにえび大増量のラーメン作ってみたら…

711cupebiebi.jpg

全然うまそうじゃありません。・゜・(つД`)・゜・。

こんな簡単な作業なのに使い方のわからないフォトショップだから
レイヤーが35とかになってしまってよくわかりません。
脳が若いうちに勉強しておくべきだったなあと後悔することしきり。
この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハイテクぼっかけうどんを食べてきました
2010/04/02(Fri)
住所:神戸市兵庫区新開地3丁目3-6 (MAP)
営業:8時~21時 定休日:第2・第4木曜

まだ若くていつもお腹がすいていたころ、
全然言うことなんてきいてやくれない腹の虫をなんとか抑えようと
たたき込むように食べていたのが立ち食いうどん。

今であれば選択肢として「うどん・そば・ラーメン・丼」などがあがって、
「今の気分ではどれ食べたら一番おいしく感じるだろう?」が判断基準なのに対して、
「立ち食いうどん・バーガーシティの100円バーガー・いっそのことパンの耳」
などの選択肢の中から「懐具合と腹もち具合と恥と外聞」のバランス取って
選ばれることが多かった立ち食いうどん。

そんな時代でしたので、300円以上のメニューの存在は知ってはいたのですが、
おそらくは高いものを食べられない哀しみで自分が壊れないように、
目には映れども意識にのぼらず存在に気づいてなかったのがぼっかけうどんでした。

で、こちらにきて神戸のうどんとして知られているのが、
「阪急(山陽・高速・阪神)そば」や「備前屋」などの店舗ではなく、
ご当地メニューである「ぼっかけうどん」であることを知って、
いつか神戸によることがあれば食べてみたいと思っておりました。

で、新開地を歩いていて看板にご対面!これは食べてみなくては。
cyuutaroumise.jpg

ぼっかけうどんを注文して待っていると
ヴぉお~むというコンプレッサーの音が店内に響きます。
目をやると湯きりのテボを入れると動くみたいで、
おそらくは自動湯切り機的なものだと思われました。

このハイテクのおかげなのか、うどんはぬめった感触がなくて、
麺の表面がなんだかさらさらさっぱりした感じでおいしく思えました。

cyuutaroubokkakeudon.jpg
すじ肉はかなり煮込まれているのか圧力かけてあるのか、
さくっと噛み切ることもできるタイプだったので、
噛み切れなくて顎が疲れるとかいうことはなく、
うどんと一緒に食べるのに適した触感でした。
そして味付けは甘さは控えめだったので
つゆの味を消してしまわず肉のうまみと脂を添えてくれるタイプの
調和重視のもののように思えたので自分好みでした。

こうして初ぼっかけ体験をしてふらふらと新開地の商店街を散歩していると、
他の店でまた見慣れないメニューを発見。
hokanomisenomenu.jpg

すじ天うどん…「ぼっかけ+こんにゃく」なのか、
それともにくてんのすじバージョンがのるものなのか…。

今検索しても「すじ天」自体の数も少ないし"すじ天うどん"では0件。
あああお腹無理してでも食べておけばよかった…。
この記事のURL | 食べ物(福岡以外) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
エイプリル元祖
2010/04/01(Thu)
新年度!

近年楽しみにしているのが博多大将さまのエイプリルフール元祖長浜屋ネタ(記事へのリンク)
いやはやほんと面白い。これでもかと繰り広げられた言葉あそびに影響されて
ふと私の頭に浮かんだ言葉は

元祖生肌屋!

・店員は全裸生肌サービス!ただし白長靴のみ着用!
・親指の生肌をスープに添えるサービスが頻発!
・お茶も生肌の温かさに調整して提供!


う~ん全然展開能力ないのが残念無念。

しかたがないので元祖ハマナカ屋!
太麺細麺ちぢれ麺!無数の種類からお好みの麺を!ただし毛糸!とかは…。

春なのに寒いおやじギャグしか思いつかなくてすみません。
そういう自分を反省しつつ、新年度はも少し面白いブログにしていけたらなと。

まあ、全然おもしろくならなくても、「ほうらやっぱりホラ吹いただけでウソに終わったな。
まあホラ吹いたのがエイプリルフールだから許したるわ。」
とお許しいただけたらと。
gansoramen.jpg
写真は元祖長浜屋2009年2月12日のもの。お家騒動以来食べに行けてないのが残念。
この記事のURL | 小ネタ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |