ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2009.11 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2010.01

2009.12.31 Thu » 杉能舎のビールがおいしかったです

今年は年末ばったばったして
仕事仕上げて出し終わったのが19時、
その後自宅に戻ってあわてて大掃除をして
落ち着けたころにはサブちゃんが歌っておりました。

最近晩酌もしてなかったから今日は飲むぞ~♪

ということでお歳暮でいただいたのを
この日のためにとっておいた杉能舎の地ビール(HP)を開けます。

1本目はPALE、明るめの黄色がきれいです。
suginoyabeerpale.jpg
フルーティーとうたわれておりますが、
フレーバーなどで何か具体的な果物に似させているとかではなくて、
甘みもあるのにしつこくなくさらりと流れていく感じ。
なんだかわざとらしい表現になりますが、
麦畑を渡る風のように喉をやさしく撫ぜて去っていく感じかなと。

続いてSTOUT。
suginoyabeerstout.jpg
よくある「苦くて甘い」的な、
苦さと甘さを同時に感じさせるけど独立している感じではなく、
「にあがまいい」という新語でも作りたくなるような、
上手に苦さと甘さが分離できない調和をしめしていた気がします。

そしてラストにAMBER
suginoyabeeramber.jpg
立て続けに3本なので上手な判断出来なくなってきてましたが、
それぞれある意味、「個性」を大切にしたPALEとSTOUTに対し、
こちらは正統派の落ち着きと、最小公倍数的とでもいえそうな、
さまざまなおいしい成分がバランスよく含まれた、奥行きの深い感じでした。

しかしまあ飲みすぎですね…。

まあでも、こうして大みそかにお酒いっぱい飲みたくなるのは、
それなりに1年頑張れた証なのかもしれないなあと。

そういう意味で、来年の年末も「ご褒美にうまい酒をのむぞ!」
と胸張って言えるよう頑張りたいものです。
スポンサーサイト

2009.12.29 Tue » まるやすにいってきました

住所:糟屋郡粕屋町戸原816-2 (MAP) 粕屋町商工会でのHPはこちら(HP)
営業時間:10時半~20時(日曜、祝祭日定休)

以前、同じ敷地の幸楽(過去記事)に伺ったことのある飲食街。
他のお店はどんなだろ~などと思ってふと店内をのぞくと、
ラーメン350円の文字が飛び込んできました。
安!
その価格にあがなえる私でもなく
おびき寄せられるようにするすると入店。
maruyasumise.jpg

横にまっすぐ広がる朱のカウンターに朱の丸椅子が等間隔に並び、
いい意味で弛緩し油断したおっちゃんたちの背中が上にのって、
各々が各々の食事をかっこんでおります。
こういう店の雰囲気はほんといいなあ…など思いながら、
替え玉がなさそうなのでラーメン大盛450円を注文。

目の前で塊肉がチャーシューと切られていくさま、
店内左奥で複数のちゃんぽんが同時に作り上げられていくさま、
チャーハンが半盛り大盛り普通盛りに盛り分けられていくさま、
店員それぞれがそれぞれの役割分担をもちつつ、
かといって完全な独立分業というわけでもなく、
いい感じに状況に合わせ役割を交代しつつ
多種のメニューを次々仕上げていくのをみているとラーメン登場。

maruyasuramen.jpg
スープはかなりあっさりタイプで脂分はあまり感じさせず、
麺もかなり細くてさささと歯離れよく噛み切れるタイプのものなので、
全体としてかなりあっさりさっぱりした印象でした。
そうしたあっさり感を一挙に引き受けるのがチャーシューで、
赤味主体で歯ごたえも残しつつも固いわけではなくて、
ほろと崩れる感じもあって私好みの触感でした。

こうしたチャーシューや大盛りの名に恥じない大盛り具合などが、
450円で実現していることに感謝しながら食べておりましたが、
なんとなくですがこのお店はチャーハンも安くて量多くておいしそうでした。
今度はラーメン普通に半チャーハンのセットで頼んでみたいなと。

2009.12.28 Mon » 年末だしうまいもんたべたい!

今日は一人だからお昼に時間ある!
仕事の煮詰まりの気分転換もしたい!
よ~し年末だしうまいもんでも喰いに行くか!


ということでお昼を食べに車を走らせ意気揚々(^o^)ノ…
なのになんかものすごい込み合いで意気消沈(ToT)。

おそらく、平日の「まだ仕事」の人たちの車と、
すでに正月休みに入った人の「正月用買い出し」車の、
両方が重なった感じだったのではと。

それでも何軒かまわったもののどのお店も満員!
あまり遠出すると時間内に戻れなくなると思って、
近くのスーパーで材料買って職場ご飯。
いつもはお湯を沸かして湯がくくらいにしか使わない電気鍋ですが、
他に人いないので肉とか炒めたりしてみました。
091228nikuudon1.jpg

091228nikuudon2.jpg

残念ながらおいしいご飯にありつくことかなわずでしたが、
ある意味年末にしか喰えない味を楽しめたのかもなと。

2009.12.24 Thu » さぬき安べえでうどん食べてきました

住所:名古屋市中区金山1-17-18 ループ金山 2F
営業:11:00~21:00
 
みなさんが最初に自分のお小遣いで食べた「外食」ってなんでしょう?
私の場合は小学校4年生の時にひとりで駅に出た時に食べた
立ち喰いうどんのかけうどんだったのではと。

「外で!」「自分のお金で!」「立ってご飯食べてる!」何もかもが衝撃。
そういうこともあってかこの年になっても何故か
駅構内に立ち喰いうどん系のお店をみつけると
妙にまぶしくみえて食べたい欲求が抑えきれなくなってしまいます。

そうした駅構内の立ち喰い系うどん屋さんで
名古屋時代一番お気に入りだったさぬき安べえを久しぶりに訪問です。

sanukiyasubeemenu.jpg
たまりしか食べたことがないのでつゆのことはわかりませんが、
しっかりというかしっとりとしたコシとでも表現できそうな、
ちゃんとした歯ごたえがあってかつしつこすぎない麺は、
さぬきから直送とかいう手間をかけているのに2玉で270円。
たまり醤油とからみつつも吸い込みすぎて
辛くなりすぎたりしないのもいい感じだなあなどと。
sanukiyasubeeutamari.jpg

「立ち喰いうどん系」と表現させていただきましたが、
このお店はちゃんと座って食べることが出来ますのでご安心を。

2009.12.23 Wed » 方向たち2

tabacobata.jpg
制度の変遷を乗り越えてきた
歴史の長さを感じさせてくれます。

directions.jpg
指し示すものたちの乱立。
どこに向かえばいいのでしょう。

2009.12.21 Mon » 福助のラーメンがよかったです

住所:名古屋市中村区名駅南1丁目(西広小路ビル?) (MAP)

もとからオサレ感高いけれど、
この時期はクリスマスのイルミネーションで
さらに輝きを増す名古屋広小路通り。
華やかで楽しげな人や車が次々と流れていきます。

そんな中、大河の流れからはぐれてしまい
川岸の淀みでむなしい回転を続ける木の葉舟のように、
ひっそりと来客をまっているラーメン屋が一軒。
fukusukemise.jpg

いつもならここで店内の様子を書くところですが、
店内というあたりまえの単語が何故かしっくりこない感覚。
軒先の一部がタバコ屋になっている「家」と表現するように、
まず圧倒されるのは屋内にうずたかく積もった生活感であって「店」ではない感覚。
しかもそれは「生活している感」にとどまらない「生活してきた感」であり、
その総体の片隅にカウンターがぽつんとあるかのような錯覚に陥ります。

fukusukemise2.jpg

そんな戸惑いから正気に戻すための号令のような
大きくしゃっきりした声で旦那さんが注文を聞いてくれたので、
おそらくは定番であろう醤油ラーメン480円を注文。
オーダー取りや配膳、お客さんとのやりとりなどは旦那さんがメインで、
ラーメンなどを作るのは奥様がメインでされている感じでした。

fukusukeramen.jpg
ラーメンのトッピングはチャーシュー、メンマ、ナルト、ゆで卵、
ネギ、わかめ、もやしなど盛りだくさんで、
麺は太めでしっかりした歯ごたえのストレート麺でした。
スープは透き通ったタイプではなくて茶色く濁らせた感じで、
醤油が前面に出るのではなくて甘みと出汁が前に来るタイプでしょうか。
480円というお値段を考えると非常にコストパフォーマンス高いなあと。

まあでもこのお店で味わってほしいのは店の雰囲気そのものではないかと。
雰囲気を味わうラーメン屋の代表格として今池の大丸ラーメンがありますが、
ある意味それに匹敵する雰囲気があるかもなあなどと。

2009.12.18 Fri » 24時間営業の寿司屋あれこれ

名古屋出張。
お仕事終えて飲み会終えてホテルまでふらふら歩いていると
柳橋市場のちかくに24時間営業の寿司屋さん発見。
やはり市場の近くだとチェーンなどでなくても成り立つのだろうなと。

丸八寿司 住所:名古屋市中村区名駅4丁目21-5  (MAP)

maruhachisushimenu.jpg
このメニューの書き方いいなあ…。
ランチだと490円からか…などと思いながら反対側をみると、

maruhachisushimenu2.jpg
落合巻、ドラゴン巻あたりは中日関係だろうし、
ロシアンルーレット巻はワサビの量だろう…、
んが!セクハラ巻に不感症巻って…
この日は食べ過ぎなので突入出来ませんでしたが、
また2月あたりに名古屋出張ありそうなので、
その際に突撃してこようと思います。

そういえば24時間営業の寿司屋で印象に残っているのが
大阪や神戸にあった「北新地まぐろ亭」。
神戸のお店は確か1500円で回転すしだけでなく、
ステーキやらの洋バイキングも食べ放題!
しかも深夜は半額の750円くらいでかつ時間無制限!という、
ものすごい豪気なお店があったなあ…などとも。

2009.12.16 Wed » 年末進行

clock.jpg
時間から…

clock2.jpg
逃げ出して…

kokumaroramen.jpg
ラーメン食いたい…。

ちなみに写真の時計台は名島公園で
ラーメンは3か月ほど前に食べた博多濃麻呂。
最近食べにいけてないのでまた行きたいなあ。

2009.12.08 Tue » 一心軒に行ってきました

住所:福岡市博多区上牟田1-6-25 (MAP)営業時間:11時~22時
アクセス&駐車場難易度:易

当初、大橋でラーメン食べようと車を走らせておりました。
都会の車運転能力に著しく欠け、かつナビもない貧乏ドライバーなので、
3号線からきよみ通りに入るまでは行けたのですが、
国道385号の南下しているうちにどこ走っているのかわからなくなり、
たどり着くことあたわず逃げ帰ってきたいつもの3号線。
うちひがれながら東区に車を走らせていると目にとまった
入出庫しやすそうな駐車場と坦々麺の文字。
isshinkenmise.jpg

坦々麺は430円、大盛りでも510円のうれしい価格。
迷わず大盛りを注文しました。

とろとろふわふわした感じのすりごまのスープの上に、
豚ミンチの炒めとネギがのるトッピングで登場です。
isshinkentantanmen.jpg

さてくうぞ~と麺をつかむと長浜ラーメンタイプの細麺。
これだとスープが絡みすぎるかなあ…など思ったら、
スープは「辛みそゴマ層+刻みザーサイ+醤油スープ」の階層構造。
そのおかげか、細麺に少し甘めの醤油スープの味がベースとなって、
辛みそゴマの濃厚さとザーサイのさっぱり触感が相互作用する感じで、
なんというかいろんな要素が並立した面白さがあると感じました。

坦々麺+チャーハンのセットも650円、
ちゃんぽんや皿うどんも480円とお安いので、
またほかのメニューも試してみたいなと。

2009.12.07 Mon » 残されしものたち

hanouenoato.jpg

haioku.jpg

wakabakare.jpg

2009.12.06 Sun » 赤のれん&とん吉に行ってきました

住所:福岡市東区箱崎6-12-5 (MAP) お店のHP
営業時間:[平日]AM11:00~AM1:00(日祭はAM0:00まで)

akanorenandtonkichimise.jpg
久しぶりに赤のれん&とん吉に行ってきました。

「今日はとん吉の方にしようかなあ」などと思うのですが、
生来のこってり好きが赤のれんの方を注文してしまいます。

らーめん550円はちと高めだなあ…など最初思っていましたが、
とり放題の漬物を取りに行ったらかなり立派な惣菜も取り放題。
この惣菜分を考えるとうれしいお値段ではないかと。

akanorenandtonkichisouzai.jpg
フライ関係(チキンナゲット、ハンバーグ、イカ)に、
サラダに各種漬物などがとり放題なので、
ご飯を一緒に頼むといっぱい食べられる気がします。

akanorenandtonkichiramen.jpg
いつもは堅めんでたのむのですが今回は堅さ指定なしで。
そうなると細平麺はよりいっそう麺とからむというか、
麺同士がふんわりとからんで編んだかごのようになって、
その中にたっぷりとスープがたまる感じで、
スープ自体のこってりさをがつ~んと思い存分楽しめる気がしました。
このあたり、居酒屋併設のお店らしい、
「呑んだ〆にうまい」ラーメンの味づくりをなされているのかなあと。

店内も「大学近辺の昔からあるアットホーム系居酒屋」の雰囲気満載で、
写真には撮れませんでしたが惣菜コーナーに入るところにある
食器棚がいい味出していたなあと。
昼は閉まっていて中は見られませんでしたが、夜のお座敷では
学生たちががやがやと飲んでいる活気を感じながらラーメンをすすれそうだなと。

まあでも今回もまた赤のれんを頼んでしまいとん吉未体験のままなので、
今度こそはとん吉を堪能してみたいなあと。

2009.12.06 Sun » ちいさい赤

chiisaiaka1.jpg
ち~さいあ~か~♪
chiisaiaka2.jpg
ち~さいあ~か~♪
chiisaiaka3.jpg
ち~さいあ~か~♪
み~つけた~♪

場所は新宮町の立花山登山道入り口(MAP)

頂上まで35分とのことなので
いっそ最後まで登ってみようかと思ったのですが、

ち~さいあきではなく 

でっかいは~ら~
でっかいは~ら~
でっかいは~ら~
み(に)つけた~
。・゜・(つД`)・゜・。


のメタボ野郎が昼飯も食べず水分も持たず
緊急連絡用の携帯も車に忘れた状態で登るのは危険と思って断念。

まあでも日々通勤時に見上げている立花山ですので、
一度は登って頂上からのパノラマたのしんでみたいなと。

2009.12.05 Sat » 締め切りせまる!

ANAの九州山口便利用時の搭乗券2枚で
リンガーハット・浜勝・ドラッグイレブンで
ご飯食べたりSOYJOYもらえたりする
とんでいただきますキャンペーン第3弾の
締め切りが12月6日までです。(紹介HP)

今回は浜勝のロースかつ定食が一番お得かなあ…
などと思ったのですが、浜勝は高級イメージあって、
おっさん一人で入るのはちょっと敷居が高く感じたので
久しぶりのリンガーハットへ。

ANAセットの内容は国産野菜のちゃんぽん+餃子6個でした。
ringerhatcyanpon.jpg

ほとんどのひとが食べたことがあると思うので、
味の詳細な感想は控えさせていただきますが、
久しぶりに食べたおおざっぱな感想としては
「なんだか自然な味になったな」といったものでしょうか。
なんだか昔はもっと何と表現すればいいかわからないのですが、
「作ったような」感じの味だったような気がしたのですが。
各店舗、各作り手の個人差が反映されやすくなったのかもなあなどと。

ringerhatcyanpon2.jpg
まあでもある意味かえてもらいたくないのは店舗ごとの座席配置。
今回、久しぶりに席について、そこからみえる視界にふと、
店舗は違えども昔も同じようにこの位置の席に座って、
同じような風景を眺めつつ、同じようにぼんやりしていたことが、
すごくリアルに思い出されてくる経験をしました。
数年前、数百キロ離れた町のリンガーハットでの経験なのに。

こうしたことは全国展開のチェーン店でしか
味わえない醍醐味かもなあなどと。

2009.12.02 Wed » 入門まぐろ経済学

nyuumonmagurokeizaigaku.jpg
なんだか経済学っぽい光景ではないかと。

タイトルに深い意味はまったくありません。
元ネタの『入門マクロ経済学』も読んだことないし…。
経済学よりマグロの安いお店の知識がほしいなあ…。
09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif