ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2009.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2009.11

2009.10.31 Sat » 88888kmをむかえた店は?

前回一心亭駐車場でむかえた我が愛車の77777Km。

1年経って,88888Kmが近づいてまいりました。
どうせなら今回もラーメン屋の駐車場がいいなあ…。
では,どこで?

88888Kmにちなんで八ちゃんラーメンなんていいけど,
ぴったりまでの残り距離では大宰府にも薬院にもたどり着けない…。
う~ん…ま,いいか,適当に3号線走ってみよう…。

と思って結局たどりついたのは…はかたや。
あまりブログに書いてませんでしたが,
何気に頻繁に訪れていたこのお店にたどり着いたのは,
やはり運命とでも言うべきなのでしょうか。

88888km.jpg

おそらくほとんどの方が実際に食された経験があると思うので,
スープやら麺やらの感想は書きませんが,店の感じが好きなお店です。

同系列の膳のほうは,どちらかというと「お値段以上」感を出すために
内装なども綺麗に今風にしているのに対して,
はかたやの方はなんというか「これでいい,むしろこれがいい」
とでもいいたくなる,なんというかほっとできる感があるなあと。

今もお金ないけどもっとずっと
ほんとにお金のない若いころ,
ある意味ただ空腹を満たすため
無心に食べた記憶があるから,
なんだかよけいなことなど考えず,
今になってもそうしたまっすぐな視線で
食べることが出来るからかなあ…などと。
hakatayaramen.jpg


ラーメンをおいしくいただいて,ほっと一息してから
「んでもこれでは88888kmの件が落ちないなあ…。」
と思い出して水を飲みながらうんうんひねり出す。

はかたや…はかったや…
88888kmもメーターがはかってきたや…。

最後はやっぱりおやじギャグかよ!

おあとが非常によろしくないようで。・゜・(つД`)・゜・。

住所:福岡市東区箱崎4丁目9-38 (MAP) 営業:24時間


スポンサーサイト

2009.10.28 Wed » 宝来軒がよかったです

住所:福津市津屋崎3丁目11-19 (MAP)
営業:11時~19時半(火曜定休)

「今日はこの店に行くぞ!」と意気込んで,
その店でラーメンを食べることを
第一の目的として訪れる店もあれば,
「おお,確かこのあたりはあの店が…。」
とふと思い出して訪れるお店もある気がします。

私にとっての宝来軒はどちらかというと後者で,
宗像大社付近で週末気分を味わって,
「そろそろ週末を閉じて家に帰らないと」という時の,
名残惜しさに別れをつけるために訪れることが多いかと。

照明をつけるか悩み始めるほんの手前の店内は,
おちついた薄暗さの中に差し込む窓からの光がやさしくて,
「まだまだ出てこなくていいですよ」などいいたくなるほど,
のんびりとゆったりした気分で時の流れを愉しめます。

houraikenramen.jpg
ラーメン並450円。

やさしいスープのうまみがじんわりと広がってきます。
最初は舌の表に…そして口全体に…
あっさりした味なのに飽きさせないおいしさなので,
「じんわり」感があちこちに消えることなく堆積していき,
なんというか「じんわり」空間の中に漂っている感覚におちいります。

麺は中細めんで小麦感の高いもっちりしっかりとした噛み心地で,
チャーシューも赤味中心のしっかりタイプだったかと。
ゆったり漂うようなじんわり感の合間にはっきりした感覚を挟むことで
感覚がリフレッシュされてまたじんわり感を愉しませてくれます。

ガラス戸の外には夕凪にゆれるのれんの文字。
いやはやほんと「宝」なお店だなあと。
houraikennoren.jpg

2009.10.25 Sun » 不思議な夕焼け

夕方,そんなに雲がない感じなのにぽつぽつ雨を感じる。
そのためかか夕焼けが不思議な色合いでした。
いつもの夕焼けが家に帰るために背中を押してくれるいろだとしたら,
なんというかその先にある夜の闇に誘うような怪しげな色…。

というわけで電線などの処理が
なってないことには目をつぶって,
色に目をむけてみてください。

091025sunset3.jpg

091025sunset2.jpg

091025sunset1.jpg

2009.10.24 Sat » 志の高いバイキング

住所:福岡県福岡市東区和白丘2-3-1 (MAP)
時間:昼11:30~15:00(680円),夜:17:30~22:00(880円)

前回,2009年4月18日に書いたバイキング志高(前回の記事)
かなり気に入っていたので再訪してみると…
780円から680円へのうれしい値下げ。
しかも内容はそれほど変わっておりません。
いやはやこのご時勢に値下げとは…
バイキング志高という名前に恥じない志の高さに感涙です。
ホテルのレストランなので店員さんのサービスもいいし,
店内も落ち着いた雰囲気で気ぜわしくないので
食がすすむことすすむこと(笑)。

shidakaviking1.jpg
1回…
shidakaviking2.jpg
2回…
shidakaviking3.jpg
3回…

あああ食べ過ぎました。・゜・(つv`)・゜・。

ピントのあってない写真からむりやり判別したメニューは…

和食:ご飯・おにぎり・ちらし寿司・サバ塩焼き・天ぷら各種・焼きなす・そうめん
    筑前煮・味噌汁・きりほし大根・漬物各種
洋食:ホタテ風フライ・ミニハンバーグ・スパ・カレーなど
中華:鶏から揚げ・野菜炒め・中華あんかけなど
サラダ:かぼちゃサラダ・春雨サラダ・ポテトサラダ・各種生野菜)
デザート:白玉ぜんざい・ミニシュークリーム・ゼリー)
飲み物:珈琲紅茶お茶ソフトドリンク各種

満足して外に出ると外壁に夜バイキングの写真が…。
shidakaviking4.jpg

おおおこちらもすごくよさそう…。
居酒屋営業のため1人でいくのは無理そうなので
レポートできる可能性はあまりありませんが,
もし機会があればこちらも訪れたいなあと。

2009.10.23 Fri » 決して叶わぬ望み

なんだかな…なことがあって納得行かず帰宅。

こんな日はやみくもに何かをがっついて
ただただ咀嚼を繰り返し
自らを動物化することで脳を解放させたい
…。
今こそ我に真の解放を!

続きを読む »

2009.10.19 Mon » けんちんそばを食べてきました

住所:東京都台東区雷門2丁目19-13駅をあがってすぐ。 (MAP)
営業時間:不明ですが結構遅くまでやっているのではと

sukerokumise.jpg
浅草によるたびに気になっていた立ち喰いそばやさんです。
ものすごい品数だよなあ…と思っていたら30周年とのこと。
ある意味1品1品が創意工夫の履歴書なんだろうなあと。

で,特にくぎづけになったのが“けんちん”の文字。
sukerokumise2.jpg
うどん,きしめんにくわえてけんちんそばも出来るのか…。
しかもメタボ解消!!

この日の朝ふと眼に入った港区保健所作成によるメタボポスターに
「プイッとなんかいってられんよなあ,私も」と身につまされ写真を撮った私を
ピンポイントで誘う文字につい入ってしまいました。
metaboazarashi.jpg
「そこで入るからメタボじゃん」とのつっこみが聴こえますが。

で,でてきましたけんちんそば330円がこちら。
sukerokukenchinsoba.jpg

当初「味噌仕立てじゃないんだ」と思いましたが,
けんちん自体は醤油仕立てのものもそう称すみたいですね。

レンコンなどの根菜とそばを一緒に食べると
根菜の強い食感にそばの食感が負けてしまいますが,
野菜食べてそば食べてというリズムで食べると,
スパン!とまっすぐ降りる野菜の食感のあとで,
つるんとひっくり返るそばの食感が続いて,
なんというか口の中で餅でもついているかのような
相反する食感が繰り返されるのが面白かったです。
どんぶりの見た目より麺の量がおおいのもうれしいご配慮だなあと。

2009.10.17 Sat » 流通センター西口で迷った結果は?

県道21号沿い,流通センター西口交差点の
トライアルコンビニの駐車場に車をとめて思案します。
今日のお昼は何にしよう~♪

ryutsucenternishiguchi.jpg
五識でラーメンもいいなあ…

susansyokudokanban.jpg
すーさん食堂(旧すーさんうどん)もいい…。

mantenkanban.jpg
天ぷら定食まんてんのランチも650円からかあ…。

さて,どこに行こうか…。

続きを読む »

2009.10.16 Fri » 散歩中に出会った小ネタたち

ある意味階段をのぼっているミニスカートですな。
sutetakutetamaranai.jpg

写真みるだけでもゴミ捨てたくなっちゃいます。


テトラ三兄弟♪
tetrasankyoudai.jpg
小さくてみえにくいですがカバーには「養生中」の文字。
なんだか波にもまれ疲れ果てた老テトラポッドが,
ベールの中でゆったり休んでいるように思えて写真撮りました。
実際には「養生中」=「乾燥中」みたいですが。

kagononaka.jpg
電線が繁茂しすぎで閉じ込められた気分に。
かごの中の鳥はこんな気分なのかなあなどと。

2009.10.14 Wed » 長浜の長浜ラーメン

久しぶりにつないだハードディスクの中にあった古い写真。
最初に買ったデジカメ(LUMIX-F1)のころだなあ…懐かしい。

はたと目にとまった長浜ラーメンの文字。
これってどこのお店やったっけ…。
こんな通りどこにあったっけ…中洲か?
P1020807.jpg

続きを読む »

2009.10.13 Tue » その先のむこう

通路側に座り離陸前から眠りにつき着陸時の衝撃で目を覚ます…。
全国をまたにかけてご活躍のエリートリーマンさんたちと違い,
珈琲をまたにかけてしまって余分にかかるクリーニング代に涙する
貧乏リーマンの私ですので,たまの飛行機は迷わず窓側を選び,
晴れた日は眼下の景色を食い入るように眺めるのが常です。
akashikaikyouoohashi091012.jpg

で,なじみある明石海峡大橋を写真に収めていると
ふと流れてきた機長からのメッセージ。
「いま左手に見えますのが関西国際空港です…。」

「え?みえているのは明石海峡大橋でしょう…?」
と思いながら意識を視界の端のほうに広げていきます。
「おおお!気にせんかったけどあれって関空かいな!」

なんていうですか私のイメージする明石海峡大橋はこんな感じで,
akashikaikyouoohashi090101.jpg

かつ初日の出のころにしかみない存在なので,
akashikaikyouoohashi070101.jpg

私のような井の中の蛙レベルの小者でも
橋の先には広大な大海が広がるイメージで,
脳裏に浮かぶのは大海を渡った異国だったというのに…。
実は視線の先にはすごく具体的な存在である関西空港があったとは…。

こうした「飛行機乗ることによる新たな視点の入手法」
を知ったよろこびでほくほくしながらこの日記書いて,
調べるためにYahoo!の地図を検索してみると…(MAP)
航空写真にして縮尺かえると,撮影場所から明石海峡大橋を見ると
その先には関西空港がみえることはすぐに分かることでしたね。
地理の点数が特に悪かった私なのでこういう視点なかったんですよね。

まあでも,飛行機など乗らずともこうした視点の変化を
容易に実現できる時代に子ども時代をすごした人たちが,
大人になったときにどのような世界観を持ってくれるのか…
そんなことを考える機会にもなってよい経験だったかと。

2009.10.12 Mon » お散歩写真

harunoyukue.jpg
つぎの春は来るのでしょうか…。

densen.jpg
なんだか最近電線が好きだなあと

2009.10.10 Sat » 二葉亭に行ってきました

住所:福岡市博多区博多駅東2丁目4-31-1F (MAP)
営業:10時半~23時半

博多駅で40分ほど時間に余裕があったので
どっかでラーメンを…と思っていたら眼に入った
「手打ちジャンボラーメン」の文字。
ドカ食い好きの私はホイホイ誘い込まれました…。
futabateimise.jpg

まあでもちょっとこの日はその後一杯食う予定があったので,
ふつうのとんこつラーメン500円を選択しました。
futabateiramen.jpg

まずは何も入れずに食べてみます。
スープは不透明の度合いが高い感じで,こってりしているのかな?
などと思うのですがすごくあっさりした感じで,
普通の太さの麺を持ち上げるとさらりと流れていく感じです。
チャーシューは赤味部分が多くて一見大味っぽく見えますが
旨みがじんわり染み出てくる歯ごたえとコクが
両方楽しめるものかなあなどと思いつつ食しておりました。

すると後から来たお客さんがラーメン食べず高菜のみ購入していきます。
お土産用の高菜のディスプレイもあり,お店も力入れている模様…。
futabateiramentakana.jpg
あ,どんぶりにたくさんあって入れ放題だなあ…どれ入れてみよう…。

いやはや高菜入れるとかなり印象変わりますねすごくいい方向に。
単に辛味が増したとかいうのではなくて,
茎と葉のバランスがよくて食感のよい高菜が麺とよく絡み,
そしてスープともよく絡んで,THE調和とか言いたくなります。
高菜もとんこつもどっちも負けてしまわずに
相乗効果的に味に深みが出るのと共に,
ぷりシャキもちてな感じの面白い食感も楽しめていい感じでした。

2009.10.07 Wed » 本日閉店

kuromon.jpg
こちらは遠賀郡の黒門さんです。
八福を食した後向かったら定休日でした。

この経験で月曜定休を体に染込ませたので,
次はきっと食べることが出来るでしょう。

で,いつもなら国道3号を通って帰るところ,
国道495号を使って帰宅してみました。
宗像の道の駅で気になるお店発見です。
munakatawasweets.jpg

製麺工房が作るを使った
新感覚スイーツ


いったいどんなのだろう…。
こちらもまた試してみたいなあと。

2009.10.06 Tue » 八福がよかったです

住所:北九州市戸畑区銀座2丁目1-18 (MAP)

久しぶりに北九州でお仕事,しかも戸畑に近い。
ということで念願だった八福に行くことができました。
hachifukumise.jpg

もうなんというか
「歴史を感じさせる」ではなくて
「歴史が感じさせる」とでもいいたくなるような見事な外観。
だから当然店内も「味のある」なんて表現などできず,
それこそ「味しかない」カウンター,テーブル,
おにぎりのケース,おしな書き,床のマット…。

すっと入ってさっと食してぱっと出て行くお客たちと,
てきぱきちゃきちゃきにこにこ対応しながら,
狭い店内でお客を上手にまわしていくおっちゃんおばちゃんたち…。
歴史ある繁盛店でよく感じる心地よく反復を続けるリズムのようなものが
このお店にはあるなあなどと思いつつラーメンを待ちます。

出てきたラーメンはこちら。
hachifukuramen.jpg
うまい。これ以上の表現はこの店では不要ではないかと。

そんな感じでラーメンを食べて大満足で店を出て,
熱った体をさまさんとでっかい若戸大橋を眺めます。
「橋がでっかくみえていい展望ポイントにあるなあこのお店」
などと思っていた際にふと気がついた住所表示(横向きですみません)。
hachifukujuusyo.jpg
正直なところ人気がない寂しい印象がぬぐえないこの通りが,
往時は銀座としてにぎわっていたのか…。
などと思いながら少し歩くと渡船場がみえてきてふと気づきます。
おそらくは…若戸大橋完成前は若松に向かう船がここから出ていて,
このあたりはほんと銀座という名前がぴったりの場所だったのだろうなと。

そんなことを思うとさっき感じたリズムがまたよみがえってきます。
おそらくは,橋の出来る前からず~っと繰り返されてきたリズムが。
橋が建つ間にも繰り返され,橋ができて往来が寂しくなってもまだ続き,
単に図体がでかいだけの若い息子を見るような気分で橋を眺めつつ,
橋のたもとでまだまだ元気にリズムを繰り返していく…

そんなことを思うと,そのリズムのほんの1音だけど参加できた気分になって,
なんだかうれしい気分になってお店をあとにしました。

いや,ただ単に歴史あるラーメン店でラーメン食っただけなんですけどね。
hachifukutohashi.jpg

2009.10.04 Sun » コスモス広場(古賀)に行ってきました

今日も行く当てもない麺ドライブでふらふら。
ふと目に入った看板には「コスモス広場」の名前が…。
薄紅の秋桜が秋の日の~♪ですなあ…。

ゆらゆら散りゆくさまが美しいのが春の桜ならば,
ゆらゆらゆれゆくさまが美しい秋の桜の写真を撮りたいなあ!
と思って駐車場に車をとめてカメラバック抱えていざ!撮影!

と意気込んだ私の眼に入ってきたのは一面のコスモス畑ではなく,
一面の地場野菜をメインとした地域特産品市場でした。
店内の写真は撮る事ができなかったので
古賀市のHP内の紹介ページをみていただくことにして(HP)
地域で作られた野菜の直売だけでなくて,
焼きたてほかほかのパン屋さんや,
その場で精米してくれるお米屋さんなどもあり,
お店の人もお客さんも活気にあふれている感じです。
その活気にあてられて,先ほどまでの花への写欲なんて消し飛んでしまい,
花より団子で買い物欲のままに買い物してしまいました。
kosumosusenrihin.jpg
本日の戦利品(鮭200円ピーマン100円ニンジン100円大根60円)です。

結局,魚も買ってしまったので麺ドライブは断念して自宅へ戻り
さすがにその後またラーメン食べに戻る気力もなかったので,
本日は自炊でお昼をすませることに。
kosumosudejisui.jpg
ラーメンとの出逢いがなかったのは残念ですが,
まあでもこういう週末もよいのではと。

2009.10.03 Sat » 須恵三洋軒2号店がよかったです

住所:福岡県糟屋郡篠栗町篠栗字篠栗3952-1 (MAP)
営業:11時~21時(不定休)

八木山を眺めつつドライブしていると有名な須恵三洋軒2号店を発見。
今回が初の訪問ですが店の感じがいいですねえ…。

雨風に晒されてきたのであろうのれんは,
赤地の部分は色が抜けて逆に白を感じさせ,
白地の部分は染められて逆に赤を感じさせてしまってますが,
年老い破れてしまっても風を上手にさばきゆらめいて,
お客さんをこちらこちらと出迎えてくれています。
suesanyouken2mise.jpg

厨房にそって横長にカウンターが並び,
その後ろに座敷席がまた横長に並んでいます。
「あけっぴろげ」とでも表現したくなる店内は,
大きな窓からの自然の光が昔風の店内をやさしく照らして,
風通しのよい店内には優しい風が豊富に吹いていて,
メタボ汗かきの私でも冷房ナシで心地よく過ごせました。

で,こういうお店ではあっさりしみじみ系のラーメンが…
等と思いながら大盛り660円(並は530円)を注文すると…。
suesanyoukenramen.jpg

ど~ん!とかの効果音でも書き込みたくなるどこってりですね。
ねぎわっさー,あぶらわっさー,乳化のあわもわっさーという感じで,
豪快な面構えにこってり好きの自分にとっては大歓迎です。

スープは出てきてすぐ食べたのに,表面の脂分と,
固形物の密度の高いスープ分が分離…とまではっきり分かれはしませんが,
ドラえもんとドラミちゃんの違いが出るくらいに性質の違うお味かと。
上のほうはワイルドなコクのある獣の脂感が十分あり,
下のほうはさらさらこぼれていく感じの高密度スープに
うまみがぎゅっとつめられて流れていく感じです。

そして中太の麺は固さ指定してなくても結構硬めに感じられて,
加水率が少ないのか「穀物食ってる!主食食ってる!」感じがしていいなと。

あと,写真ではぼけてしまってみえにくくてすみませんが,
チャーシューはこってりスープだからさぞかし脂が…
と思ったらなんというか余分な脂を丁寧に落とした感じのもので,
これがこってりスープにあう感じで面白かったです。

いやはやほんとはまる味でおいしかったです。

2009.10.02 Fri » おいしいラーメンの食べ方って?

tenryuramen0902big.jpg
(写真はお気に入りの天龍ラーメンですが,写真と本文に関係はありません。)

とある昼下がりのラーメン店。
育ちの悪い私がのそのそもったりとラーメンを食べていると,
きっぷのよさげな若い兄ちゃんがさっそうと入店してきました。

で,こちらがまだもったりべったり見苦しく食べていると
若い兄ちゃんのところにラーメンが運ばれてきました。

ズッ!  ズッ!  ズッ!
ズッ!  ズッ!  ズッ!


その後に7回で三三七拍子でも唱えたくなるような
心地よく響くリズムで短くしゃきっと3すすり。
これで1回分の麺を食べ終え,また同じリズムで3すすり。
麺を噛み切ったりレンゲにのせたりすることなく,
軽やかにすすりあげ颯爽と咀嚼しての小気味よい反復…

同じお店の同じラーメンを同じ時間に食べているというのに,
その兄ちゃんのほうがすごくおいしいもの食べているように感じました。

「“正しい”,”通の”ラーメンの食い方はこうだ!」とか
「ラーメン店でのマナーはこれが最良!」等と頭ごなしにいわれると
「そんなに堅苦しいこといわんでよ…」といいたくもなりますが,
こうしてはたで聞いて実際に気持ちよく感じられる食べ方に出会えた時には,
積極的に真似してみてみたくなるものだなあと。

いざチャレンジしてみると「麺のつかむ量がばらついてリズムなんて出せない」
感じでまったく真似などできないことを痛感させられましたが。
まあでも,少しずつ挑戦し続けていって,粋でうまそうな食べ方が出来るようになればなあなどと。
09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif