ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2009.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2009.07

2009.06.28 Sun » 薬王寺温泉に行って来ました2

地図はこちら(MAP)


古賀市の薬王寺温泉近くの薬王寺水辺公園を一周。

natsunosora.jpg
空が夏!って感じになってきております。

arukemasen.jpg
草木も生い茂りすぎて道があるとは思えない…。

そこそこ整備されているのに訪れる人が少ないからか,
遊具などに雑草の繁茂が襲ってきており,
うち捨てられた天空の城ラピュタの世界に見えてきます。
laputamitai.jpg

なんだか物哀しくみえなくもないですが,
自然を体験するために切り開かれた公園の人工物が,
こうして自然に戻っていくのをみるのもまた自然体験なのかもななどと。
スポンサーサイト

2009.06.28 Sun » 薬王寺温泉に行って来ました1

薬王寺周辺を歩いていて見かけた草花。

punipuni.jpg
このぷにぷにグミのような造形がきれいでした

ajisaikana.jpg
おそらくアジサイなんでしょうが…。

miniajisaikana.jpg
これもアジサイなんでしょうが…。
ゴルフボールくらいの大きさで可愛かったです。

草花は好きですが知識はゼロなのでどれも名前がわかりません…。。・゜・(つД`)・゜・。
誰か名前を教えてくださると幸いです。

「おお,今年の○△□は格別にきれいだね」などと
名前をしっかりわかった上で変化を愉しめるよう勉強しなくては。

2009.06.27 Sat » 言葉が足りない

「これはきっといい写真になる!」
そんなこと思いながら撮ったというのに,
あとで見てみたらがっかり。・゜・(つД`)・゜・。
だった写真をあげつらってみます。


nevercoming.jpg
「ああ,次の休館日はないのか…」
そんな寂寥を感じながら写真を撮ったのですが…。
看板に視点が行かないから伝わりにくいよなあ。
もしくはそらに暗雲が立ち込めてたりしてたらよかったのかなあ。

daikoukaijidai.jpg
水がたまった青ペンキの一斗缶は海を感じさせます。
んで,そこに浮く枯葉を風があちこちに運びます。
その様に大海原を縦横無断に駆け巡る船のイメージが湧いて,
喜び勇んで写真を撮ったのですが全然伝わらない…。
おそらくローアングルというか
船と平行な視点で撮ればよかったのだろうなあ…。
まあでもそれはそれでまた良くある写真になるのでしょうが。

line.jpg
これなどは何故か好きな写真なのですが,
写した本人がどこがよくて好きなのかさっぱりわかりません(笑)。

まあ,撮影意図が上手に反映できるよう日々頑張りたいなと。

2009.06.23 Tue » はくざんでラーメンを食べてきました

住所:春日市白水ヶ丘2丁目221 (MAP)  定休日:月曜日
営業時間:平日11時~22時(火・金15:00~17:0休業,日祝は21時まで)

hakuzanmise.jpg

「替玉2玉無料」の殺し文句にほだされて入店。
いや,「替え玉無料!」とかいうお店も結構ありますが,
おっさんになるとなかなかそういうお店で
「替え玉もう一杯!」と何度も言えないんですよね。
そういう意味では2玉くらいが無料なのが一番気兼ねなくて,
かつメタボにもやさしくてうれしいサービスのような気がします。

hakuzannobori.jpg
ラーメン(500円)を注文。
hakuzanramen.jpg

で,出てきたラーメンの第一印象は「ネギたっぷり」。
「う~んくさいネギだったらいやだなあ」と思っていたのですが,
なんというか香味と甘みが充実しており嫌なにおいはないおいしいネギでした。
丁寧にとられた感じのあっさりやさしいスープは,
ともすればさらりと流れて消えていってしまいがちですが,
ネギが調度よい具合にアクセントになってくれているからか,
しつこすぎもせず,しかもあきもせずにたのしめるものに感じられました。

そして写真を撮るのを忘れてしまいましたが替え玉にはスープつき。
冷めたスープが息を取り戻したかのように感じられてこれはうれしい気配りだなあと。

2009.06.21 Sun » 将峰でラーメンを食べてきました

住所:糟屋郡粕屋町長者原379-1 (MAP)
営業:11:30~20:00(第2,4火曜定休)

東区土井から県道68号に抜けようと思って道に迷ったときに遭遇。
あかしろみどりの「THE中華」的配色が鮮やかです。
syouhoumise.jpg

ラーメン520円,大盛りが600円。
替え玉がないとのことで大盛りを注文。
syouhouramen.jpg

けっこう澄んでいてあっさりに思えたスープですが,
乳化してない脂分が結構豊富なタイプで,
最初一口目からがつんと豚骨成分と元ダレ成分が攻めてくる感じでした。
そしてそうした強い味がさっとひいてその後調味料成分が続くので,
なんというか昔風ラーメンだけどしみじみ系ではないといった感じでしょうか。
麺はちょっと太めで歯ごたえもあり,
粉っぽいわけではないけど小麦粉感がある感じで,
私は食べ応えがあって好きなタイプでした。
チャーシューは脂分がメインで結構珍しい感じではないかと。
まあでも個々にさまざまな独特さがありつつも,
全体としてはまとまった感じのするいいラーメンだなあと。



2009.06.20 Sat » eラーメン.comの波乱万丈をたどる

住所:久留米市荒木町荒木3793-2 (MAP)
写真を整理していたら6月3日に食べたeラーメン.comの写真が…。
その後急に仕事が立て込んで日記書く暇もなかったので,
味の感想を忘れてしまった…みなさんはどう思われなのかな?
と思って調べるとまあメニュー形式やらですごい変化の仕方ですね。

いつも読ませていただいている福岡の著名ブログの情報をたどると…。

○2005年8月21日のeラーメン.com(博多大将さまの記事)
ラーメン450円。餃子や炒飯などは別売りだった模様。

○2006年5月15日のeラーメン.com(チャンポン仮面の麺日記さま)

ラーメン420円。炒飯セット650円

○2007年3月25日のeラーメン.com(今日のご機嫌さま)
ラーメン380円,食べ放題セット500円

○2008年3月8日のeラーメン.com(ロートタムの楽しき人生さま)

ラーメン単品なくなり食べ放題1本化500円(ただし替え玉80円)

○2008年6月22日のeラーメン.com(中年男の奮闘記さま)

食べ放題1本550円(ただし替え玉も無料)

ちなみに2009年の6月3日に私が食べたのがこれ。
eramendotcomramen.jpg

eramendotcomokazu.jpg

店員さんの威勢などもよくて元気さが伝わってくるし,
そもそもの店名や過去の100円割引券システム,
そして食べ放題システムの導入やメニューや価格の絶えざるの考察など,
いろいろ創意工夫こらして模索しているのが伝わってきます。

「その試行錯誤への意欲をラーメンそのものに!」
とのつっこみが聞こえてきそうですが,
なんだかこのお店からは頑張ってる一生懸命さが伝わってきて自分は好きです。
成果ばかり求められる世の中でなんでかほっと出来る空間だなあと。
これがなんだかんだで有名ブログにも取り上げられ
5年近く続いている秘訣なんだろうかなあと。

2009.06.19 Fri » 常滑にいってきました

名古屋出張のあと,セントレアに行く途中に常滑へ。
この時に続き2回目です。

常滑の特徴は使い終わった陶器などが
道路や壁の作成時に取り込まれていることかなあと。
tokoname7.jpg

こちらは父の,こっちは祖母の,
こっちは…係累かどうかもわからないけど
いにしえのひとが遺したのは確かな陶器。
誰かが何かしらを遺して行き,その集大成として今の町がある。
なんかいいもんだなあと。
tokoname6.jpg

何度訪問しても違った表情を感じさせる懐の深い街ですが,
雰囲気を感じるだけなら1時間でも十分なので,
名古屋出張などでお時間あるときは是非常滑で途中下車されてはと。
tokoname5.jpg

2009.06.18 Thu » メンマル(浅草)のラーメンがよかったです

住所:東京都台東区浅草2丁目15 (MAP)
時間:10:30~20:00

ウィンズ浅草の北向かいにある格安ラーメン屋さん。
名前は「らあめんまん○」が正式名称なのでしょうか。
お値段が290円と非常にうれしいので即入店。
menmarumise.jpg

皇居1周なんてしてお昼ごはんを抜いてお腹が空いていたので
2玉の大盛りラーメンを注文。それでも390円でほんと格安です。
menmaruramen.jpg

麺は普通の太さのねじれ麺でちょっと黄色みが強い感じでした。
比較的つるっとした滑らかな表面の麺は,
心地よい弾力と切れるときはサクと切れる歯ごたえでおいしかったです。
スープもその透明度の高さにあらわれたあっさりさっぱりタイプで,
けれども格安店に多い「業務用そのまま」とは一線を画した,
ととげとげしたりしないしみじみスープに思えました。
そしてそんなに油こくないのにいつまでも熱々だったのが印象的でした。
もやし,メンマ,チャーシュー,海苔もついて
このお値段とこのお味はほんとありがたいなあと。

2009.06.17 Wed » 東京お散歩2

皇居1周の前後に撮った写真たちです。

新橋駅に到着。
dentsuyoritakai.jpg
なんだか曇りだからかオサレな電通ビル(?)がなんだか不気味。
まあでもそれより高い水銀灯~♪という感じの1枚です。

日枝神社
syanel.jpg

提灯にカタカナはもうなれましたが,
それがシャネル,しかもこれだけ連なっていると面白くもあるかなと。

千鳥ヶ淵の近くの銅像
tomarigimittsu.jpg

3体の銅像それぞれの頭にはとが止まっていて少し面白かったです。

2009.06.16 Tue » 東京お散歩1

日帰り東京出張。
こんな時しか機会がないと思って皇居を徒歩で1周。
結構歩いたと思ったのですが5Km程度なんですね…。

koukyoishi.jpg
丸の内を眺める広大な空間の豪華さにびっくり。
そしてそこにつらなる石の椅子(?)の様子がおもしろかったです。

nanikore.jpg
街路樹の謎の実

koukyonoajisai.jpg
皇居のアジサイを後ろから。

2009.06.15 Mon » 馬鹿盛りぽんぽこに行ってきました

住所:大野城市大池1-5-23 (MAP)

仕事で外回り中に偶然通りかかった有名店。
大盛り・食べ放題好きの私の心をわしづかみにする
この店名に勝てる私ではありません…ということで入店。
bakaponmise.jpg

しゃっしゃっと鉄板をこすってきれいにする音と,
キャベツを刻むとんとんという音が調和して店内に響きます。
しかもキャベツは芯を丁寧に取り分けてきざんでいるようでした。

そうしたキャベツを楽しめるのはトンカツかなあと思って注文。
ご飯は…店名にもなっている馬鹿盛りだと+300円…
このあと仕事もあるし…ということでそれは泣く泣く断念。

で,出てきたのがこれ。
bakapontonkatu.jpg
写真の撮りかたが悪くてその大きさをお伝えできず申し訳ありませんが,
一番驚いたのが豚汁の大きさ。灰皿や箸のケースと比較するとわかるかなあと。
具も一杯でこれだけでも満足できる量かと。
トンカツ自体も量が多くおいしくいただけて満足でした。
これでご飯が馬鹿盛りだったら…その後の仕事が堪えただろうなあと。
またその後の予定がないときに訪れて馬鹿盛りチャレンジしたいなと。

2009.06.14 Sun » 名古屋散歩冗談編

名古屋出張のついでにちょっと名古屋をぶらぶら。
その際みかけた九州筑豊ラーメンの名前が麺屋原宿。
basarakakankeika.jpg
なにゆえ原宿??と不思議に思ってちょっと調べてみたら
原宿にあったばさらかの逆輸入ならぬJ輸入なのかなあなどと。


後藤新平宅跡。地図だとこのあたり(MAP)
housu.jpg


明治十五年,岐阜で板垣退助が刺客に襲われた時,
ここより人力車で駆けつけ応急手当をした
岩手県出身のお医者様の住宅跡の模様。

「いやいやそれでは応急処置にならんでしょ。」というつっこみと,
「Housu」って何?というWのつっこみが出来て面白かったです。

2009.06.14 Sun » 名古屋散歩普通編

桜天神社の1枚。
名古屋三大天神に数えられるみたいです。
sakuratenjinsama.jpg
都心部の狭い中に,それでも静寂の空間を与えてくれる場所でした。
maru.jpg

長者町からおそらく白川の科学館を臨む。
球形はやはりいいなあなどと。

2009.06.10 Wed » 長浜ラーメン元龍でラーメンを食す

住所:糟屋郡久山町大字久原(番地不明) (地図は正確です)

トリアス久山に行くなどでしょっちゅう使っている県道35号線。
で,その存在が眼に入りつつも,
2車線になってスムーズに流れ出した気持ちのよさに
あまり車を止めてよることがなかったラーメン屋に入ってみました。
genryumise.jpg

外観からも歴史が感じられますが,店内のつくりや内装はもっと歴史が感じられ,
迎えてくれるご夫婦も永くこの店を営んでこられた歴史を伝えてくれます。

ふつうのラーメンが500円,大盛りが550円で
50円アップのみのお得だったので大盛りをいただく。
genryuramen.jpg

一番の特徴はゆで卵が入ってくることでしょうか。
デフォルトでゆで卵が入る長浜ラーメンは珍しい気がします。

麺は麺は極細ではない細めんタイプで,スープはあっさりというのでしょうか,

「スープ=完全に溶けている分+溶けないが攪拌で混ざっている分」

という方程式(???)であらわしたなら,
前者が味の印象決定に後者より大きな役割を果たしている?
と思った感じのスープといった感じでした。

そうしたラーメンを,昔のつくりと照明なので薄暗い店内だけれども,
その分開けた窓から入る自然光と風のやわらかい流れを感じさせる,
なんだか落ち着ける店内でのんびり食すのは癒される時間だったかなと。

2009.06.09 Tue » 大宰府政庁跡に行ってきました

お仕事で大宰府へ。待ち時間が少し。
駐車場に500円払って天満宮を愉しむほどの時間はない…。
ということでいつも通るだけだった大宰府政庁跡へ。
朝から降り続く小雨のおかげで広い政庁跡を歩く人影は無し。
dazaifuseicyoato.jpg

政庁の面影はほとんどなく,遺されたいしずえたちが,
その上に広がりし偉大さが失われた寂寥感を伝えるのみですが,
そうした「ない」を提示し続けることで,
こうして跡としてあり続けることが出来るのだなあとふと。
dazaifuseicyoato2.jpg

ま,そうはいっても実際に目が行くのは若々しい花ですが。
アジサイは満開よりこれくらいが好きだなあ。
dazaifuseicyoatoajisai.jpg

2009.06.05 Fri » うまかもんで古うどんを食す

住所:糟屋郡新宮町美咲3-1-10 (地図) 新宮ボウル1F
営業時間:10:30~20:00 定休日:水曜日 駐車場:大量かつおすすめ

さくら亭でラーメンを食べようと新宮ボウルの駐車場に入ると
ふと眼に入った「室町時代(?時代の記憶不鮮明です)のうどんを復元!」の文字。
店内に入って「古うどん」について聞くと,全粉粒,塩なしで作ったものとのこと。
inishieudonsetsumei.jpg

で,出てきたのがこちら。古うどん定食(620円)。
inishieudonset.jpg

麺は細めでほんのり茶色が入る感じです。
食感は「ざっくり」といった感じで,
ざらっとした,しかし不快ではない歯ごたえというよりは歯ざわりが感じられ,
しかしそれは断面でのみ感じられて麺全体ではスムーズに入っていく感じでしょうか?
どこかで体験したことのある,でもどこか思い出せない,
そんな不思議な感覚にさせてくれる食感でした。

おかずの揚げたてから揚げとうまかもん(丸天のあげたもの)も
カリカリサクサクでおいしかったです。
店内のメニューは全般的にかなりお安く,かけうどんは280円,
定食も400円から500円台が中心で良心的。きどらない日常的なお昼どころに最適だなあと。

帰宅後古うどんについてネットで検索してみると,
製作しているのは東区蒲田3-3-10萬栄うどんである模様。
こちらもまた訪問してみたいなと。

あと,ここの駐車場は晴れた日に行くとほんと素敵で不思議な空間です。
是非とも愛車をつれて水玉仕様にカスタマイズしてお楽しみください。

umakamonparking.jpg

umakamonparking2.jpg

2009.06.01 Mon » サンキューで長崎ちゃんぽんを食す

住所:福岡市博多区博多駅南3丁目8-2 (地図)
詳しいお店情報はこちら(Yahoo!グルメ)

久しぶりに博多駅周辺をぶらぶら…していたら迷子状態に。
どこか休める場所はないのか…とさまよっているうちに
偶然みつけた長崎ちゃんぽんのお店「サンキュー」。
39cyanponmise.jpg

私好みの店構えにおびきよせられるように入店。
おそらく初代のご夫婦と息子さんで切り盛りされているもようで,
歴史が紡がれた伝承の味といった感じでお味のほうも期待できます。
で,息子さんの調理で出てきたちゃんぽん(650円)がこちら。
39cyanpon.jpg

撮りかたが悪かったため写真ではわからなくてすみませんが
一番気に入ったのが極太の麺ですね。
もっちりぷるんとした食感は食べてて楽しかったです。

スープはあっさりした感じでさらさら流れて行く感じですが,
太い麺といっぱいの野菜に負けることなくおいしさを加えてくれて,
縁の下の力持ち的な受容性の高いまとめ役といった感じでおいしかったです。
09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif