2009 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2009 03
男の手抜き弁当
2009/02/28(Sat)
今日もお仕事。
土曜日は弁当作らず外食することが多いのですが,
今日は仕事がつまってお昼抜け出せないので弁当。

bento090228.jpg
普通の弁当に飽きたので炒飯弁当。
油使わないのでどちらかというと混ぜご飯弁当ですかね。

自作だとこんな手抜きでも食べられるものです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 自炊 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
二股ならぬ三股の代償
2009/02/27(Fri)
本命一筋,人として当たり前のことでしょう。
私もそうしたいのですが出来ない事情があってこその懊悩…。


なんだか危ない不倫のような書き出しですが,
本命さえいないおっさんにそんな話があろうともなく,
マイルのはなしです。

出張の機会がすくなく,かつあまり航空会社を自分では選べない
そんな私の現在のマイル状況…

JAL:7398(2011年2月末まで有効)
ANA:9237(有効期限不明だがそろそろ切れ出すはず)
ワールドパークス:14673

あああどれもこれもものすごく中途半端!

なんとか有効に使う方法はないものか…。
この記事のURL | 小ネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
久しぶりに弁当の写真
2009/02/25(Wed)
今日も仕事であたふた。
ずっと会社に閉じこもりのため久々に弁当の写真です。

bento090225.jpg

2日足りないだけで何故こんな忙しく感じるのでしょうか?
2月は逃げるといいますがほんと実感。

で,なぜ2月だけ短いのだろう?と思って調べてみると
アウグストゥス皇帝のわがままのせいだったのですね…(Yahoo!知恵袋回答)。

英単語覚えるときの挿話で8月のくだりは知ってましたが,
それが2月の短さにも影響していたとは!

ちなみにアウグストゥス皇帝がそのわがままをいったのは
紀元前8年のことの模様。

2000年以上の時を経て,70億弱の世界人口に影響を与えつづけるわがまま!

ある意味あこがれます。

この記事のURL | 自炊 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鉢巻を締めなおす
2009/02/23(Mon)
週末にためられていたお仕事がどさっと提出されました。
そのとりまとめであたふた。
鉢巻締めなおして頑張らないと。
hachimaki.jpg
写真は博多祇園山笠の一場面。

この記事のURL | 写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
楽亭でラーメンを食べました
2009/02/22(Sun)
住所:福岡県福津市中央5-29-2 (MAP)  電話:0940-38-4310
営業時間:昼11:30~15:00 夜:17:00~22:00(日祝祭は20:30まで)
定休日:第2第4木曜 駐車場:店の前に10台程度で余裕あり

雨の中旧3号(495号)を走っていたら福津駅あたりでまた迷う。
で,なんとか戻れたと思ったところにあったラーメン屋がこちら。
rakuteimise.jpg

スープがあっさりとにんにくこってり,
麺も極細-普通-辛ねりなどセレクトできます。
私が頼んだのは「にんにくこってり+極細めんカタ」にて。

rakuteiramen.jpg
最初,油っぽいと思ったのですが,味のいっぱい詰まったとろっとしたスープは
結構な甘みもあってさくさく入っていきます。
極細麺にスープがよく絡んでこってり感を存分に楽しめます。
いやはやおいしくて大満足です。

某有名店(○蘭)に似ていると著名なブログ複数で書かれてありましたが,
そうしたお味を480円で楽しめるというのはうれしいなあと。
ちなみに,東区流通センターの宝フーズ監修みたいですね。
宝フーズさんがここでお店出してくれると通いやすくていいのになあなどと。

大満足で終盤辛子高菜を入れて食べてみるとこれが辛い!思わずむせてしまいました。
辛ねり麺を提供しているし,辛さにこだわりがあるのかもしれません。辛いけどおいしいです。
ご利用は計画的にというかご飯注文の後がオススメでしょうか。
この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お茶でもいかが(室だし写真2)
2009/02/21(Sat)
今日も室の中からさがしだしたとあるオープンカフェの写真。
opencafe.jpg
これでタイトルが「お茶でもいかが?」だったら,
この季節ほとんどの人に「さむいって!だれがのむか!」
とつっこまれるだろうなあと。
こんな写真もセットだとなおさら。
opencafeice.jpg

しかしこの記事読むのが春~秋だと
「確かに外でお茶するのもいいけどお前とはいや」くらいの反応だろうかと。

こんな感じで,写真の見え方には「みている人の環境」
ていうのがものすごく影響するのでしょうが,
なかなかそのあたりを意識して写真を撮ったことはないなあと。
撮るときは「自分が今ここを!」なんでしょうが,ただ景色を体験するだけではなく
写真に撮って残すという行為はやはり「いつのだれに?」という視点が入るのでしょうが,
そういったこと考えたことってほとんどないなあと。

と,ここまで書いて気づく。

「ああ,自分の子どもの写真撮ったりするときは,そういうことすごく考えるのだろうな」と。

確かに,行事を記念した集合写真とか撮るときは街角スナップと全然感覚違って
写真を渡す人のことしか考えなりがちだなあ…。

そういう意味では

スナップ・風景派:自分に宛てた手紙や日記のような写真
ポートレイト・家族写真派:他者に宛てた恋文のような写真

なのでしょうか…あああ私も恋文を書いてみたい…。
この記事のURL | 写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
室だし写真1
2009/02/20(Fri)
自分自身は体験したことはないのですが,
冬の厳しい折,深雪に覆われた室から,
保存していた野菜などを取り出して食べるシーンなどをみることがあります。
きっと厳しい冬の生活の中の楽しみの一つなんだろうなあ…。

それに似て,仕事が厳しい折は,昔撮りためただけで
全然整理もされていない写真の中から,
かすかでも食べられそうなものを探すのがよいのではと。
pipepipepipe.jpg

ほんとは,視界全体を分断するようにはびこるパイプがすごかったのですが,
あまりその感動を伝えるような写真にはなってないですね…。

sonyplaza.jpg
これも頭上全体を覆う様がきれいだったのですが,
24mmでは力不足…。

まあでも2枚とも「全部おさまった」としたら,
それはそれで想像が働かなくてつまらないかもしれないなあなどと。
この記事のURL | 写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
穴埋め写真(トンネルと馬車)
2009/02/19(Thu)
basya.jpg

そこそこ気に入った写真ですが,よくみると
馬車はこっちに向かってきておらず,向こうに去っていっている写真ですね。

シャッターチャンスに弱すぎる私です。
この記事のURL | 写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バスクリン世代
2009/02/18(Wed)
hashinoshita.jpg
光線が入り混じる橋の下で撮ったこの写真に目が行って一言。

バスクリンの入ったお風呂に入りてえ。

私の世代だと,「入浴剤=バスクリン」という方程式(?)が成立しそうですが,
若い人とかだと「入浴剤=花王のバブ」とかいう人もいるかもしれないし,
入浴剤と聞いて固形のものや袋入りのクラシエの旅の宿などが
真っ先に思いつく人も多いのかもなあと。

などとここまで書いて入浴剤で調べてみてびっくり,
上に挙げた入浴剤の分類は昔のことで,今はもっといっぱいあるのですね。

バスソルトやバブルバスまでは一応しっておりましたが,
バスフィズ…なにそれ?
バスオイル…バス油?水と油っちゅうことばもあんのになんだこれは?

自分が全然時代についていけてないことを実感。

この記事のURL | 写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
吹けば飛びそな信号機
2009/02/17(Tue)
月初めの出張時に溜め込んだ仕事であっぷあっぷしてます,
てなことで出張時に撮ったスナップでお茶を濁す日々。撮影行きたい…。

americansignal.jpg
なんでも丈夫でごついイメージのあったアメリカにしては
意外なほど繊細で頼りなさげなイメージの信号機だなあと。
なんだか台風でも来たらとんじゃいそうですが…。

台風の活きがいい(©さだまさし)九州とは違って
アメリカだと台風の被害は少ないのかもしれませんが,
でもハリケーンなどの話も聴いたりもしますよね…。
このあたりの危機管理はどうなっているのやらと。
この記事のURL | 写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
メタボとよばせない魔法の方法
2009/02/16(Mon)
お腹が空いています。
何かブログに記事書き終わったら晩御飯を食べよう…
そう思いながら出張時の写真をみております。
当然眼に入るのはこの手の写真ばかり。

bighumburger.jpg
これを注文するとウェイターに
「でかいけど食える?」といった感じの心配をされました。

日本でデカ盛りの店に入ってそんな心配された経験がなかったので
ある意味新鮮で,そして何故か喜んでいる自分がいるのに気づきました。

「海外だと自分のデブも目立たない!」
「海外だとやせてみられる!」
と。

「海外だと若くみられるの~♪」とうれしげな女性をみて
「なぜそんなことがうれしいのだろうか?」と不思議に思っていたのですが,
なんだかその気持ちがわかったような気がしました。

まあでも年齢と違って体型は自助努力でどうにかなるもの。
国内でもメタボ体型と思われないように頑張らないと。
この記事のURL | 小ネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
古賀市のラーメン半蔵にいってきました
2009/02/15(Sun)
住所:おそらく「古賀市中央2丁目1の何番」かになると思います。
古賀市役所前交差点のJA古賀側ですね(MAP
営業時間:11時~14時半,17時半~23時(平日)・25時(金土)定休:木曜日

古賀市で3号線から旧3号線に抜ける際,いつもと違う交差点で曲がったところ,
この御時勢なのにカーナビがない車なので派手に道に迷ってしまいました。
そんなときにラーメン屋発見すると何故だかうれしくて入ってしまいます。
hanzoumise.jpg

ご飯と餃子のつく定食750円なども魅力ですが,
体重が気になったのでラーメン500円を注文。

hanzouramen.jpg
極細の麺が非常に気に入りました。最初,丼が小さく見えて
「あれ,量が少ないのかな?」と思ったのですが,
深さがあるみたいで結構満足できる量あったかなと。
堅さの指定しなかったのですが,今度はカタ麺で頼んで,
ぱきぱきっとした食感をよりたのしみたくなる麺が良かったです。

スープは結構あぶら多めでとろっとした感じにも思えますが,
そんなにしつこくもくどくもないし,極細麺と調和する感じに思えました。

どちらかというとご飯と一緒に頼んで,「ラーメン→ご飯→辛子高菜」
の三角食べを繰り返すのがいい組み合わせになるかなあなどと。
この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バレンタインデーの気になる数値
2009/02/14(Sat)
本日はバレンタインデーでしたね
私にとっては「1週間ほど自分でチョコレートを買えなくなる時期
くらいのかかわりしかありませんが…。

まあでもふと思ったのが,
「この時期,独身男性で自分用のチョコレートを
買う人の数はいかほどいるのか?」

ということ。

そんな数字わかるかい!とも思いますが,
近似値的に推測できそうなのが「コンビニ入店時の年代・性別データ」
これで,“20~30代男性”あたりに判定されたお客のなかで
板チョコやらブラックサンダーやらチロルチョコやらの
「通常の自分用チョコ」の購入数を計上してみるといくらほどになるのだろうかと。

まあでもこれは去年までの話で,
今年などは「逆チョコ」などあるからデータにゆがみが出てしまいますか…。

ま,でもも少し考えると
「これは自分用じゃなくて“逆義理チョコ”として買ってるんです!」
という言い訳が今年からは可能になったわけでもあるのかなあと。

まあ,もうこの年になるとそんな言い訳などする必要など皆無ですが(笑)。

この記事のURL | 小ネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
やっぱりうまい天龍のラーメン
2009/02/13(Fri)
住所:福岡県糟屋郡志免町南里1-3-31(MAP) 電話 092-935-1588
営業時間:11:00~20:00

前回訪れたのは12月8日(以前の記事)。
それ以来ずっと「また食べたいなあ。」と思っておりました。
で,久しぶりにお昼空港方面に出る機会があったのでいって来ました。
tenryuramen0902.jpg
ぎゅっとつまった濃厚なスープがおいしいなあと。
で,変に味を作ってないというか何度食べても飽きないタイプの味だなあと。

前回から今回までの期間が約2ヶ月ちょい。
ますますはまってしまったので次は2ヶ月もせずに再訪しそうだなあと。

この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ノースウエスト航空の機内食(復路)
2009/02/09(Mon)
こちらは帰りの写真です。
フラッシュなしで撮影して,無理やり明るくした
往路の写真と比べて,窓からの外光を使うことが出来た
復路のほうが写真としては見栄えがいいかなあと。

northwestback1.jpg
夕食:ビーフの煮込み(マッシュポテト・温野菜)・海老・サラダ・パン・オレオ

northwestback2.jpg
夜食:ハムサンドイッチ・チョコ

northwestback3.jpg
朝食:チキンの焼き飯照り焼きソース・フルーツ缶詰・ブルーベリーマフィン・オレンジジュース

スカイチームつながりのKLMの機内食がまあまあおいしかったので(KLM往路 KLM復路),
northwestもそんな感じかなあ…と思っていたら,
アメリカン航空(以前の記事)の方に近い感じがしました。
アルコールが有料なのもアメリカン航空といっしょでした。

まあでも帰りはがらがらで3席全部使用して寝ることが出来て快適でした。
その分熟睡してしまい,食事配りだしても目が覚めず,
夜食はともかく朝食まで配ってもらえませんでした。

「機内食なんてまずいから空港で適当にdeli買って乗るザマス」
「ギャレからあたためなおしの匂いしてくるだけで気分が悪くなる」

などというおセレブさま達も最近多いみたいですが,
機内食がいまだに珍しく感じるほどの貧乏人の私ににとっては一大事。

CAにボディランゲージで必死に交渉した結果なんとか残りをもらえてほっとしましたが。
この記事のURL | 食べ物(福岡以外) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
朝の空港
2009/02/08(Sun)
朝の空港って好きですね。
ま,空港に限らずどんな日の出でも好きなんですが。
asanokukou1.jpg

でも,空港だと

・基本的に広大な地平線とともにみることができる
・窓ガラスが多いので施設内のいたるところに陽光が差し込んできて意外な風景が広がる
・真っ暗な中ではまったくもって無機的な建物や飛行機などが,
 日に照らされるとどこか命が吹き込まれてくる感じがしてなんかよい

てな良さがさらにプラスされる感じでしょうか。
asanokukou2.jpg

「まあ,そうやって安い早朝便にしか乗せてもらえないのを
ごまかしてなさい」


てなつっこみが聞こえてきそうですが(笑)。
この記事のURL | 写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
外国の日差しの不思議
2009/02/07(Sat)
お仕事終えてホテルまで歩いて帰る。
南国の夕方ゆえ日差しが強い…とだけ思っていたのですが,
写真見直して気づいたこと。

「日の当たっているところとそうでないところの差が激しすぎる」
あまり日本では体験しないコントラストがあるような気がします。
hikarinofushigi2.jpg

hikarinofushigi1.jpg

「あんたが露出補正出来てないだけでしょ。」というもっともなつっこみも聞こえてきますが,
まあ,原因が環境にあるとしたらなぜだろうと思いつつ地図など表示させていて思ったこと。

外国:東西-南北とはっきり直角にブロックわけされていて,
   しかも道幅が大きいので光はまっすぐ差し込んでくる?
日本:けっこう道は曲がっているので光が分散され柔らかくなる?

こうした光の加減を上手に生かすことが出来たらよいのですが,
私の場合まったく考慮せず撮ってあとで奇妙さに気づくことばかり。
奇妙さではなくそこにしかない現場感みたいなもの出せるようになりたいものです。
hikarinofushigi3.jpg

この記事のURL | 写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アメリカのカップヌードル
2009/02/06(Fri)
朝はやっぱりあっさりした和食食べたい…。
そう思いながら薬局を探しているとカップめんを売っていたので購入(99セント)。

カップそのままではなくて紙のがわがついている過剰包装。
americanramen.jpg
あああ異国の地でほっとできるマルちゃんの文字とトレードマーク。

お湯入れ前は日本のものより粉っぽい感じでしょうか。
americanramen2.jpg

お味のほうは…ポットがなくて珈琲メーカーのお湯で作ったため,
熱湯が用意できなかったせいもあると思うのですが,
もそもそしていて少し薬っぽいというかうまみ調味料が前面に出てくる感じでした。
americanramen3.jpg

で,カップめんが出来上がってから「箸がない!」事に気づきました。
フロントにいっても借りられないだろうし,
そもそもそんなことを頼む勇気もない…。
そんな私が発見したのは…
americanramen4.jpg

そう,氷用のトング。意外と快適に食べることが出来ました。
お下品ですみませんが緊急時にはオススメできるなあと。
この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
おそらくエアプランツが綺麗でした
2009/02/05(Thu)
散歩中に見上げた樹がすごくいいのでパシャり。
24mmではおさまりきらない巨大な樹なのに,
なんだかもふもふしていて優しい感じの樹です。

腕がないからどういいかがなかなか伝わらないと思いますが…。
airplants1.jpg

このなんだかふわふわ綿毛のようなものはなんだろう…。
と思って綿毛に注目して写真撮ろうと近づくと…。
airplants3.jpg

ああ,これってこれですね。
日本でも良く見かける,空中で勝手に生えるというエアプランツ。
airplants2.jpg

種類によるのか,環境によるのかわかりませんが,
おそらくエアプランツがすごく長くなっているんだなあと,
こういうのはみたことなかったなあと新鮮な驚きを感じる。

そういう意味では,「外国人がびっくりする日本の植生」ってなんなのかなあと。
盆栽あたりにびっくりするのかもしれませんね。

この記事のURL | 写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ノースウエスト航空の機内食(往路)
2009/02/04(Wed)
こちらは行きの写真です。(復路の記事はこちら

機内は暗くしかも通路側なので窓からの光も不可能。
そしてフラッシュのついていない我がカメラ。
まあ,機内食なんて食べ飽きているであろう人達の前で,
いい年こきすぎた一人客のおっさんがうれしそうにフラッシュたいて
機内食の写真撮っていたらもう周りの人にドン引きされそうなので
なんとかISO1600まであげて無理やり撮影。
そのためあまりおいしそうに撮れていないのを御了承ください。
写真がまだましなのは復路のほうですね(こちらもご覧下さい)

northwestgo1.jpg
夕食:牛肉とブロッコリーの煮物・ご飯・鳥からあげ・サラダ・パン・チョコケーキ

northwestgo2.jpg
夜食:パウンドケーキ(?)

northwestgo3.jpg
朝食:焼きそば・フルーツデニッシュ・フルーツ

特色としては「容器が使い捨てではないのかしっかり堅いものだった」でしょうか。

もう少しましな写真のある復路のほうも出来たら読んでください(こちら)


この記事のURL | 食べ物(福岡以外) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
節分
2009/02/03(Tue)
最近では在庫調整が厳密になってきているのか,
余って安売りされるクリスマスケーキやお節材料を
あまりみかけなくなったような気がします。

そして節分の豆まき用の豆もその例にもれず,
20時ころに買いに行ったらどのスーパーでも売り切れ。
落花生やら豆菓子やらは売ってましたがやっぱちがう…。

仕方ないので普通の大豆を購入。
ふたをしてフライパンで適当に煎る…。
5分位してはぜ始めたのでふたを開けてみると…。

かなりの焦げ焦げ!
そして恐ろしいほど堅い!

まあなんとか豆まきして食べましたが歯が割れそうでひやひやしました。

ittamame.jpg
写真は余った豆を後日煎ったもの。
ちょっとはうまくできるようになったと言えそうですが,
やはりかなりの堅さでした。

今確認すると水を吸わせておく必要があったのですね。
来年こそは完全な豆まきを目指します!
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
盛大な目詰まり
2009/02/02(Mon)
明日から1週間の出張です。
その準備のためにお仕事,そして印刷。
あれ,なんか色がおかしい…
今年の年賀状出したときはなんともなかったのに…。

と思って目詰まりチェックをしてみたら…。
hageshikumedumari.jpg

ラッキーなことに今までプリンタの目詰まりを体験したことがなかったのですが,
最初の目詰まりがこんなに盛大なものとは思いもしませんでした。

なんとかクリーニング2回して直りましたが。
たった1ヶ月でこんなになるとは…。
今まで半年くらい放置していても全然大丈夫だったのに。

エアコンがんがんかけてる部屋におき続けたのが原因かなあ。

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今では絶対撮れない写真
2009/02/01(Sun)
さて2月です。

今日もお仕事で写真撮影はかなわず。

仕方ないのでもっと昔の写真をサルベージ。

今住む福岡に出張で来たときの写真を発見。
初めて買ったデジカメ(LUMIX-FX1)のころですね。
こんな写真今では絶対撮らない,いや撮れないよなあ…などと変な感心をする。

daimaru.jpg
何故大丸の写真…

ims.jpg
IMSビルが珍しかったのですね…

sanporamen.jpg
いやサンポー焼き豚ラーメンもリョーユー焼きりんごも
コンビニなんかで毎日見かけてるし…。

そういう意味では,どの街にも,

(A)観光客しか撮影しない場所・物
(B)現地の人しか撮影したがらない場所・物

っていうのが存在するのは確かでしょう。

で,おそらくほとんどの人が「本物性」をもとめて(B)を撮りたがるのではと。
(B)が撮れて初めてその地を理解できたと。

ああでももうちょい考えると(B)は(B)でありきたりなのも確か。
あくびしている相方の写真とって「ほら自然な表情」てのと一緒になるのか…。
それならパキパキに化粧している姿の方が相方にとっては「新鮮!」でよい面もあるのかと…。

なんだかこんがらがってしまいましたが,
同じ場所を日々違った関心,できればよりよくなった関心を持ち続けて
撮影していき続けたらなあなどと。
この記事のURL | 写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |