2008 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2008 06
今日の弁当(080529)
2008/05/29(Thu)
最近ブログの更新が滞っている理由の一つとして
「自炊が増えた」というのがあります。

お店に食べに行ったときが一番ブログ欲わいてくるのですが,
最近は平日は弁当を作り3食自炊なのでなかなか外食できず。
健康とお財布にはやさしいですがブログのネタとしては厳しいです。

しかたないので本日の弁当の写真でも。
bento080529.jpg
麦ご飯・サバ・卵焼き・豚とジャガイモの炒め・そら豆煮物。

休日は外食するぞー!
スポンサーサイト
この記事のURL | 自炊 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自分の誕生花を知ってますか?
2008/05/26(Mon)
自分の誕生日の星座,誕生石,同じ日に生まれた芸能人…。
そういったものを知っている人は多いと思います。

しかし,自分の生まれた「日」の誕生花って御存知でしょうか?

ちょっと興味を持って,自分の誕生花を調べてみると
「ハイビスカス(勇ましさ)」from365日の誕生花さまHP

う~んなんとなくイメージと違うなあ…。

と思って他ので調べてみると
「アカンサス(不死)」 from FFJさまHP
「ムギワラギク(永遠の記憶)」 from イイハナ・ドットコムさまHP
「ジンジャー(信頼)」 from Tor WorldさまHP
「フクシア(激しい心)」 from 366日への旅さまHP

5つのHPすべての検索結果がことなります…。

まあ,この中だと自分が誕生花にしたいのはアカンサスでしょうか。
やっぱ「生きてるだけでまるもうけ」ですものねえ。

080526hana.jpg
写真はアカンサスではなく
鹿児島で撮った名前を知らない花です。
また機会があればアカンサスを撮影したいなあと。

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
花茶屋のカレーバイキングに行ってきました
2008/05/22(Thu)
鹿児島行で博多バスターミナル(交通センター)を使用したときに
みつけたカレーバイキング。
これだけ駅近くの食べ放題で800円はお得だなあと思っていたところ
訪問する機会に恵まれました。。
住所:福岡市博多区博多駅南2-8-19,電話:092-473-4123
営業時間:11:30~14:00

住所は上の通りとなっておりますが,交通センタービルに歩いていって,
道渡ったホテルルートイン博多南の1Fといえばすぐにわかるかと。

hanacyayatennai.jpg
清潔感のある店内は結構広く,待たずに座ることが出来そうです。
ただし,写真を撮ったのは11:45ころでしたが,12:10分くらいから
サラリーマンがどっと押し寄せてきたので御注意を。
テレビをつけてくれているのが一人客にはありがたいなと。

この日の料理の内容は,

カレー3種(プレーン・ホット・ハヤシ) ご飯(普通・バターライス)
パスタ1種 オムレツ1種 おかず2種(しそ梅ささみふらい・山芋短冊揚げ)
サラダ3種 デザート(プリンとミニケーキ5種ほど) パン ドリンク
hanacyayafood.jpg
hanacyayafood2.jpg
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鹿児島中央駅の謎
2008/05/06(Tue)
JR九州内では博多,小倉に続き3位の規模を誇るらしい鹿児島中央駅。
天文館方面の出口は人も多いのですが,
西口(?)にあたる方面はGWでも人影まばらです。
どこから見ても「みやげ物!」といった商品ではなく,
なんかその土地の人もその値段で買っているのでは?と思える
自然な売り方での特産品を扱う店も多くて穴場なのではと。

焼酎の展示量もすごいですし。
syocyu.jpg
syocyu2.jpg

あまり高い酒は飲まないのでわかりませんが,
私が好きな焼酎は,島美人,蔵の神,七夕でしょうか。

そこではたと不思議に思った看板がこれ。
yamagasa.jpg
右が最近お気に入りの「蔵の神」,真ん中はおそらく開門岳,
んがしかし左に何故か博多祇園山笠。

博多駅にも「黒豚横丁」や「つばめ2枚切符」などの
「鹿児島に来てね」という宣伝看板は見かけますが,
この看板は宣伝風のものではないよなあと。
なんとなくですが,「スペース余ったから写真入れとこ」的な感じで,
無料で入れられている気がします。
どうせなら山笠並みに歴史のある模様の(約400年?)
川内大綱引」とかにしてくれたらなあと。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
和田屋(西駅店)でラーメンを食す
2008/05/06(Tue)
桜島から鹿児島中央駅に戻ってラーメン屋を探します。
駅の西方面にラーメン屋がありそうな下町風のゾーンがあったので
そこを歩いて見つけたのがこのお店。

wadayamise.jpg
住所:鹿児島県鹿児島市中央町2-6 Tel: 099-255-0054
「駅西店」ではなく「西駅店」か…西鹿児島駅時代の名残の名前でしょうか。

wadayaramen.jpg
鹿児島ラーメンは比較的値段設定が高めの店がおおい気がしますが,
このお店は定食(750円)だとかなりお買い得感ありますね。
ラーメン出てくるの遅いなあ…まあ,混雑しているし仕方ないか,
と思っていたのですが,鹿児島ラーメンは一度におおくの麺をゆでて,
一挙に作る店が多いみたいですね。
太めでしっかりした麺だったので,のびる感じもなくおいしかったです。
定食だと半ラーメンになるといわれたのですが,
結構食べ応えのある量で物足りなくはないかなと。
スープはあっさり豚骨に魚介のだしがしっかり効いている感じでおいしかったです。
この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
桜島フェリーでうどんを食す
2008/05/06(Tue)
福岡に戻る高速バスまで時間はかなりある…。
ということで桜島にわたってみることにしました。

そこでまず困ったのは,
「鹿児島中央からどのバスに乗ればよいのか?」ということ。
私が見た限りでは「桜島フェリー」というバス停は存在しませんでした。
一応,地図と勘を頼りに「水族館前」に乗って正解でしたが。

ferry.jpg
JR鹿児島本線鹿児島中央-川内間が1時間2本程度しかないのを尻目に,
フェリーは多いときは10分間隔でひっきりなしに出航しております。
しかも24時間営業だし片道料金150円と格安。

そしてこのフェリーの名物がうどん。
ferrynoudoniriguchi.jpg
11時前くらいなのに多くの人が乗船直後にうどんを注文してました。
「そんなに我先にとがっつくほどうまいうどんなのか?」と
疑問に思いつつも自分も注文してみました。かけ400円。
ferrynoudon.jpg
かけなのにさつま揚げが入る豪華仕様。
そのほか,天ぷら,きつね,いなりなどが存在してます。

で,のんびり食べていたらみなが競うようにうどんを注文した理由が判明。
「乗船時間が15分程度と短いので早く食べないと着いてしまう」からですね。

雄大な桜島と地平線に消えていく弧を描く船跡を潮風に吹かれ眺めつつ食べる
昔なつかしのプラ容器に入った気をてらってないうどん。
意外と体験できない「アウトドアうどん」。おいしかったです。
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
濱田屋伝兵衛蔵を見学してきました
2008/05/04(Sun)
みその食堂でまぐろラーメンを堪能し3号線を走っていると
焼酎の蔵の無料見学施設があることを発見。

iriguchi.jpg
濱田屋伝兵衛蔵…「祝いの赤 海童」で知られる濱田酒造(HP)の一つで,
手作りにこだわった伝承の蔵みたいですね。

住所:〒899-2101 鹿児島県いちき串木野市湊町4丁目1番地 電話:0996-36-3131
串木野駅より鹿児島方面に3号線を走らせていると見落とすことはないかと。
詳しい地図は上記濱田酒造HPに存在してます。

ningyo.jpg
最初入ったとき,作業を説明する人形があったので,
「あ,本物は見られないのか?」と思ったのですが,
ちゃんと手作りの様子をみることができました。
hamadanaka1.jpg
人物にカメラ向けるのははばかれたので写ってませんが,
実際に働かれている方々の作業をみることができて興味深かったです。

23時ごろまでやっているレストランもあるみたいなので,
またいつか機会があればそちらもいってみたいなと。

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
みその食堂(いちき串木野市)でまぐろラーメンを食す
2008/05/04(Sun)
今年のいちき串木野市ツアーの最初はやはり「マグロラーメン」。
うまいと教えてもらった「みその食堂」に行ってきました(クチコミはこちら)。
住所:〒896-0053 鹿児島県いちき串木野市4285 TEL 0996-33-6321
営業時間:正確には覚えてませんが昼は3時までだった記憶があります。

国道3号線神村学園の向かいあたりといえばすぐわかるでしょうか。
misonomise.jpg
14時ごろだというのにまだ満席で待っている人が多くいました。
「それだけおいしいのかなあ」と期待しつつ20分ほど待って入店。
古民家を移築したらしい店内は居酒屋さん風ですかね。サイドメニューも多くある模様。
注文してからは比較的待たずに食べることが出来ました。

misonomaguroramen.jpg
混雑しているのにスープはあつあつで,
臭みが気にならないのにまぐろの風味が残っている感じでほんとおいしかったです。
misonomaguroramen2.jpg
わさびで味に変化をつけてもまたおいしい。
お茶や調味料なども取り揃えられていて気配りを感じます。

まだ,5店くらいしかまぐろラーメン食べたことはないですが,
スープに関してはこのお店が一番おいしかったと思います。
マグロのづけもおいしかったですが,スープがあつあつで出されるので
すぐに色が変わってしまうので,最初のまだ熱が通らない生の状態を楽しんだ上で,
麺を楽しんだ方がよいかと思います。
麺に関しては個人的にはもう少し固めが好きですが,
これは固めんが主流の博多ラーメンばかり食べているからでしょうか。

まあでもほんと満足できるおいしさだったと思います。
東京からJR換算で1263kmも離れたいちき串木野ですが,
是非とも食べて欲しいラーメンだなあと。

この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |