2008 01 ≪  02月 1234567891011121314151617181920212223242526272829  ≫ 2008 03
「閏」の意味?
2008/02/29(Fri)
今年は閏年で29日までありましたね。つい先日まで意識になかったです。
仕事の書類で「2月28日締め切り」とあって,
「ああ,この人も今年が閏年だと意識してなかったんだなあ」と思ったり。

子どものころは,「今年は閏年だ!」と結構騒いで
会話の話題にしていた記憶がありますが,
今年に関してはまったく意識にのぼりませんでした。

まあでも,地球がほんの少しずつこつこつと時間をへそくりし続けて,
やっと4年に一度つくってくれた「余分な一日」なのですから,
2月29日は無条件に祝日にしてくれたらなあ…などと。

話し変わってこの閏年の「閏」という文字,
「この字自体にはどのような意味があるのか?」と疑問に思いました。
閏年の天文学的定義などについては詳細な解説ページが多くありますが,
閏という字自体にはほとんど解説がありません。
「閏」…「潤い」…「余り」という意味があるという説明もありますが,
閏という文字がどういう経緯で余りという意味を持つのかについては説明がありません。

Yahoo!知恵袋に挙げてあった質問(HP
この問いが一番私の欲求に近いのですが,
質問者と同く「門に玉」と「門に王」の疑問は宙ぶらりんになったままです。

なんだかでもこれは漢和辞典調べたくらいでは解決できそうな問題でもなさそうです。
ちょっとこれは保留しておいて,また何かわかったら書きたいと思います。

2月の終わりなのに疑問を抱えたまま3月に突入することに…。
まあ,人生自体が疑問を抱えたまま続いていくものなのですから,
ある意味本来あるべき姿なのかもしれませんが。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
山ちゃんうどんに行ってきました
2008/02/29(Fri)
yamacyanmise.jpg
場所:糟屋郡新宮町大字三代793-8 (3号線「三代」交差点すぐ。)
電話:092-963-0407  営業時間:8:00~24:00 無休

「替え玉無料」という情報にひかれていってみました。
入り口にあった定食が「海老天うどん+たまご丼」で700円。
店に入ると,店内はかなり広く,カウンター席,テーブル席,お座敷席と豊富です。
100席くらいあるのかな?
小民家風の内装に和の明かり,お座敷からは中庭もみえて,
会話を楽しみつつのんびり食事したい人には向いてるかもしれません。
yamacyanniwa.jpg
広々とした座敷は,子ども連れの親御さんに人気のようで,
座敷で遊ぶ子どもが多くみられました。
愛知を中心にひろがるサがミチェーンも,
お座敷個室が小さな子ども連れに人気のようななので,
それに似た感じでしたか。
yamacyanmenu.jpg

yamacyanteisyoku.jpg
いざ,実食!
写真だとわかりませんが,定食だとうどんの量がミニサイズになりますね。

無料替え玉は2玉までOKですが気恥ずかしくなって1つで終了。
ラーメンの替え玉は経験あるけどうどんの替え玉は初めてだったので,
どんな感じで出てくるかと思ったら,
どんぶりにゆであがったうどんが入って出てくるスタイルでした。
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あっぱれブラザー
2008/02/28(Thu)
今まで,職場で自分用プリンタとしてつかっていたのがブラザーDCP-1000J
確か購入が2004年4月。スキャナとコピー機能がセットのレーザー複合機です。
インクジェットの複合機は多数あってもレーザーは当時余りなかったんですよね。
しかも原稿自動読み取り機能付。当時2万5千円くらいで購入したかと。

それが,先日壊れました。2万もするさらの感光体交換しても無駄でした。
ブラザーのHPによると「プリンタ本体の寿命は5年程度」とありましたが,
4年間とはいえ,2500枚印刷可能のトナーを10回弱交換したので,寿命かもしれません。

これまで,キャノン,エプソンなどの小型レーザープリンタも使用してきましたが,
紙送りの安定性,印刷された紙の曲がらなさなどでブラザーが一番よかったきもします。
決してまわしものではありませんので念のため。

そういうことで近くのヤマダ電機で,DCP-1000Jの後継にあたると思われる
brother JUSTIO MFC-7420を購入。
3月までならキャッシュバックもあってお買い得です。

FAX機能がついているなど,正確にはDCP-1000Jより1つ上のランクのものかもしれませんが,
箱のデザインも全然変わらないので

(DCP-1000Jの箱の写真)
dcp1000jbox.jpg


(MFC-7420の箱の写真。プリンタとロゴの位置,写真が文房具であることに注目)
mfc7420box.jpg

持って帰るときは「新しいもの買った~♪わくわく」という感じはなく,
台所のスポンジが古くなったので新しいものに買える程度の気分で設置。

そしたらまあ,
・本体がけっこう小さく,排紙等も考えられていて設置スペースがかなり小さくなった
・全般的にかなりのスピードアップ(ファーストプリント,1分あたりの枚数)
・特にスキャナのプレビューなどの時間がかなり短縮
・グラフィックの出力が細かくなって綺麗
・用紙トレイがついたので紙がほこりにまみれなくてよい

など,いいことばかりです。
実売3万前後のプリンタ,しかも4年程度しかたっていないのに,
これだけ劇的な変化があるとは思ってなかったので感動でした。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
宇宙飛行士募集ですか
2008/02/27(Wed)
JAXA 10年ぶり宇宙飛行士募集 若手確保、「きぼう」完成見据え
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080227-00000072-san-soci

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080227-00000073-mai-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080227-00000035-jij-soci
宇宙飛行士…昔あこがれていた職業ですね
小さいころから星をみるのが好きで,
小学生時代は地元の天文科学館が主催する星の友の会に毎月参加し,
「初めてお年玉を複数年ためて計画的に購入したもの」が天体望遠鏡で,
中学時代は理科2分野(生物・地学だったかと)の成績もよく,
高校時代も理数科に所属していた私なのに,数学物理で大こけにこけて
いましているお仕事は文系のお仕事。
まあ星好きとはいえども,「宇宙の起源を数式で解明」よりか,
星の写真の綺麗さや,星座にまつわる神話,星を見上げるときの人間の心理
などのほうの興味が大きかったので,当然の帰着でしょうが。

しかし諦めが悪いのでこちらのページの記事(HP
に挙げられた,宇宙飛行士の受験資格の項目をながめて
自分の宇宙飛行士適性度をチェックしてみます。


1、日本国籍を有すること
 2、大学(自然科学系※)卒業以上であること
    ※理学部、工学部、医学部、歯学部、薬学部、農学部等
 3、自然科学系の研究・設計・開発・などに3年以上の実務経験があること
   (修士号取得者は1年、博士号取得者は3年とみなす)
 4、堪能な英語力があること
 5、心身ともに健康であること
   (身長:149~193cm 視力:両目とも裸眼0.1以上、矯正1.0以上 など)
 6、協調性等、長期間宇宙飛行士業務に従事できる心理学的特性を有すること

1はクリア!2と3は微妙だけどそれ以外はバツ!
特に4がバツなのをアメリカ出張で身にしみたばかり!(笑)

基本的には,「科学技術庁」管轄のようなので,自然科学限定なのでしょうね。

まあでも,そう遠くない将来,人文科学や社会科学系の人間や,
芸術・体育系の人間にも,チャンスが回ってくるかもしれませんね。

・プロカメラマンは宇宙をどう写すのか?
・無重力空間を生かしたスポーツの開発
・宇宙滞在時の行動観察による長期滞在適性検査の妥当性検討
・宇宙体験が作家の執筆活動におよぼす変化 

とか,人類の発展に役立つかといわれたら困りますが,
知識として知ってみたくなる内容とも思うのですが。

まあでも,このニュースが私のようなじじいの懐古趣味に使われるのみで終わらず,
若い人達がばんばん「絶対宇宙飛行士になってやる!」と夢を持ってくれて,
将来の偉人の誕生のきっかけになってくれるよう祈ります。




この記事のURL | 何らかの意見たち | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大宰府は神無月ならぬ神無日?
2008/02/25(Mon)
この時期になると聴きたくなるのが,さださんの飛梅ですね。
日曜日,久しぶりに歌詞カードをみながら聴いていると不思議なことが。
1番(最近こういう言い方しませんね。)の後半,
「下るしかないと 気づかなかった」が歌詞カードに書かれておりません。
私が『風見鶏』をCDで購入したのが記憶では15年ほど前。
レコードで最初に出たのが1977年7月25日ですか。

初版等なら,レコーディング前に歌詞を印刷して,
その後変更したことも考えられますが,CD時にはその変更は反映しているはず…。

今現在,さだまさしの全歌詞を表示してくれるありがたいサイト
http://www.cai-insect.jp/sada/
で確認しても,「下るしかない」の箇所は記載されています。

たまたま,CDの歌詞カード作成時に乱丁があったのか,
それともレコード初版時も記載がなかったのか,気になるところであります。

まあでも「若干25歳」が作った曲に,20年近く感動をさせてもらっている…。
若い子たちをみて,「最近の若い者は…」などと思うことも
年とともに増えてきてしまいましたが,
若い人のつくったすばらしいものを素直に受け入れて
いつまでも自分を磨いていけたらなあと思ったのが昨日のことでした。

そして今日,少し時間があったので,開花の報が伝わる飛梅を
大宰府に見に行こうかと思っていたのですがやめました。
なぜなら今日は2月25日。今も変わらず国公立大の2次試験の日でしたね。
道真公もこの日ばかりは全国の大学で頑張る受験生を見守りに行って,
天満宮にはいらっしゃらないのかなあと思ったもので。
受験…私の場合は良い思い出はまったくないですが…
まあでもあそこでの失敗がなかったら今の自分はなかったとは思うので,
「あそこでちゃんと失敗しておいて良かった」とは強く感じます。

今日で終わった人はお疲れ様でした,
明日もある人は今日はゆっくり寝て最後まであきらめず頑張って欲しいなと。
この記事のURL | さだまさし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
森本健成アナの髪型のゆくえ2
2008/02/23(Sat)
土日なので平日と違う仕事をしようといつもは使わない新パソコンの電源を入れる。
妙に動作が重い…何故…?と思い少し調べるとHDDの残量があとわずか。
「ウィルスか!?」と真っ青になっていろいろ調べて原因が判明。

2月2日に書いた森本アナの髪型を更に追及しようと
「おはよう日本」の繰り返し録画をしたのを忘れてアメリカに向かい,
そのまま忘れて今日までずっと録画し続けていた,という理由でした。

消す前にざっと検証してみると…。

「(画面上で)右を下げ,左をあげる」パターン
morimoto4.jpg
morimoto1.jpg

一番ノーマルと思われるのは,
「あまりいじらず全体的に前に垂らす」パターンでしょうか。
私の中ではこの顔が一番「イメージに合う」顔ですね。
morimoto3.jpg

そして~みなさん既に考察が進んでいる「水曜日バージョン」
これは,2/6,2/13共通。2/20は真下貴アナだったので不明)
morimoto2.jpg

下2つの顔が特に同一人物にみえませんね…。

いつもみている15年前の古テレビではなく,
地デジでの比較的高解像度の動画であらためて森本アナの顔をみてみると

・愛嬌のある部分:丸顔,さがった眉毛・笑うと急激に出現する目じりのしわ
・渋い部分:目・鼻・口(特に歯並び)

が混在していて,髪型(+豊かな表情筋)が変わるとそのバランスが
一気にどちらかに大きくぶれるために,印象がころころ変わるのかなと。
このあたり,比較的ぶれない田村泰崇アナや松尾剛アナと違う感じですね。

お時間あれば続編もお読みください。
森本アナ論争の終結?
森本健成アナの髪型のゆくえ最終
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
猫にも白髪?
2008/02/22(Fri)
2月22日はにゃんにゃんにゃんで猫の日なんですね。
ということでベランダの下の空き地によく見かけるこの猫についてです。

neko.jpg

今の自宅に越してきた時期はメスの猫一匹だったのですが,
オスの若い黒猫が出現し,子どもが生まれ,
しばらくオス猫と子育てした後,オス猫を追い出し,
子猫となかよく遊んでいる時期を過ぎ,
まとわりつく子猫を威嚇して子ばなれをしてまた独りになってました。
その姿に,「ああ,母親だなあ!」と妙に関心しておりました。

その後,出社時刻が早まって,なかなか猫をみる機会がなくなっていたのですが,
この日は遅い出勤だったので,久しぶりに再会しました。

「あれ,なんか感じが違う?」
もこもこした感じは冬毛でしょうが,もっとぼわっとした感じです。
なぜかとよくみてみると,これまでは真っ黒だった毛の部分に
かなりの白いものが混じっております。白髪?

無邪気な子猫や若い旦那の黒猫と違い,長年の経験からか
かなり警戒心が強く目が合った瞬間逃げて行ったので,
写真に撮ることもできませんでしたが,あれはどう考えても白髪だったなと。
調べてみるとやはり猫にも白髪が生えるのですね。

人間の年齢になおすとおそらく私より年上であろうこの猫に,
もっと長生きして欲しいものです。

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
エディオン、販売したHD DVD機をBlu-ray機に交換
2008/02/21(Thu)
エディオン、販売したHD DVD機をBlu-ray機に交換

何気にすごいニュースのように思えますが…。エディオンあっぱれ。
記事によると,初代のHD DVDのRD-A1が39万8000円…。
それもそのままの金額だとBlu-Ray2台と交換できるなあ…。

しかし,おそらく既にHD DVDレコーダーを所有していて,
かなり活用していた人には,あまり朗報ではないのではと。
今から録画する分は,多少の不便さや細かい画質の差などあってもまあ我慢できても,
おそらく,値が張っても綺麗に保存したいと思ったほどのお気に入りの映像が,
Blu-Rayだと再生できない!というのが一番の問題でしょうから。
Blu-Rayを手に入れるためには,現在所有しているHD DVDと交換でしょうから,
同等のメディアへの書き換えのチャンスがないし,
たとえBlu-Rayも持っている人でも,書き換えの手間が面倒くさすぎるだろうしで。

机の上にCore 2 Duoの新パソコンとPentium-Dの旧パソコン2台並んでいるのに,
HDDの中身うつすのが億劫で旧パソコンしか使ってない自分には,
そんな面倒な作業出来るはずがないなあと。

技術的なことは門外漢なので全然わかりませんが,
どうせなら,ハードの交換と共に,これまで録画したHD DVDメディアを
すいっちぽんでBlue-Rayに書き換えられる
ハードを無償貸し出しなどしたほうが喜ばれるのでしょうが,
技術的に困難なのでしょうねえ…。

この記事のURL | 何らかの意見たち | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アメリカの不思議な植物
2008/02/18(Mon)
今日は一日仕事まみれでした。
ということでネタもないのでアメリカ出張時の写真です。

plantofamerica1.jpg
アメリカに行ったとき,ショッピングモールを散歩中であった植物。
しろいひげが可愛いのですが,名前がわかりません。
まあ,私が知らないだけで日本にもあるのかもしれませんが。

さすが外国,いろんな見たことない植物あるなあ…,
と思うこともあれども,「ここは日本か?」と思わせる出会いも。
plantofamerica2.jpg
おそらくは南天であっているだろうこの写真など,
日本で撮ったかのようにみえて,他の写真から浮いていました。
場所が変わるだけで変わるものもあれば,変わらないものもある。
そんな当たり前のことを再認識させられました。
この記事のURL | 写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
メジロ撮影に悪戦苦闘
2008/02/17(Sun)
自宅のベランダの前には結構立派な松の木があります。
これまでは,スズメかカラスが訪れる程度だったのですが,
最近メジロが集団で訪れてくれるようになりました。

すずめよりも小さく丸い感じの体つきや,
目の周りの白い輪がかわいくて,写真を撮りたくなる鳥ですね。

曇りの朝,しかも逆光という条件では無理だろうとは思えども,
久しぶりにSIGMAの18-200mm F3.5-6.3 DCを取り付け撮影。

いやあまったく撮れません。
チョコチョコ動くメジロにSIGMA君はジージーいって迷うだけだし,
レンズが暗すぎてシャッター速度が全然稼げません。
しかも換算320mmのはずなのに小さくしか写りません。
写真は,ピクセル等倍でトリミングした
「こんなへたくそにしか写りません」という例です。
下などは暗い写真を無理やり加工したのでノイズだらけですみません。
mejiro1.jpg
mejiro2.jpg

不思議なもので,こんな条件を体験すると,
「メジロ君,うまく撮ってやれなくてごめん」といった申し訳ない感情が出てきます。
メジロは撮ってくれなんて一言も言ってないのに。
もしかしたら鳥撮りの方たちが高いレンズとか買っている理由が,
上記のようなものかも…などと思った体験でした。
この記事のURL | 写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アメリカの飛行機雲
2008/02/16(Sat)
初めていったアメリカの田舎町から見た空の印象は,「ひろくて横に長い」でした。

日本で雲ひとつない青空をみたときは,どちらかというと
忍野八海のような「湧き水をたたえた深く透明な湖沼」を
どこまでも深く覗き込むように,視線を遠く宇宙に向けている気がします。
「枠」があるからこそ,その中になんとか無限をみつけようとする感じでしょうか。

しかしアメリカの場合,自然と地平線に目が行くので
「この空と大地はどこまでもどこまでも続くのか」といった,
深さではなく広がりを感じるような気がします。
視線をさえぎる枠としての山や建物などがないため,
視線が落ち着くことなく上下左右を探り続け広さにばかり目が行く感じでしょうか。

そんな感覚的なものではなく,「お,これは日本と違うな」と思ったのが
「飛行機雲がいっぱいある!」ということでしょうか。
やはりあれだけ国土が広いと飛行機での移動がメインで,
日本より便数がはるかに多いのかなあなどと。
まあ,もしかしたら単に私が滞在した場所が,
飛行機の航路にあたる場所だっただけかもしれませんが。

まあとにかく,“自分にとって”驚きだった飛行機雲の写真です。
contrail.jpg

contrail2.jpg

contrail3.jpg
この記事のURL | 写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
紫色の衝撃
2008/02/14(Thu)
仕事で疲れたので買い物せずに帰宅。
なんか食材あったっけ…ああ,父親から送ってきたサツマイモがあるな。
パスタと水煮大豆でカレーにしよう…。

そう思いサツマイモの皮をむくと紫芋でした。
しかもこの紫イモ,湯がくとゆで汁にものすごく色が出ます。
「まあでもアントシアニンは体にいいはず…」と言い聞かせ,
パスタも同時にゆでるとパスタも綺麗な紫色に…。
後から加えた水煮大豆の黄色と映えておいしそう…にはみえません…。
purplepasta.jpg

むらさきいもチップスやむらさきいもモンブランなどはおいしそうにみえますが,
パスタがむらさきというのは食欲を減衰するのかと実感した体験でした。
「あたたかさ」と「ムラサキ」というのがあわないのかもしれません。
まあでもお味のほうは普通のさつま芋だったので,なんとか食べることが出来ました。
この記事のURL | 自炊 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
しぼんでいく英会話能力
2008/02/13(Wed)
毎日が非日常であったアメリカ出張からはや3日。
帰国の翌日はまだ,普通に日本語で話されているのに,
いちいち「えーっと,これはなんてしゃべればいいんだ?」
と考えるクセが抜けず,また,日本語と英語でのカタコトの両方が頭に浮かんでしまい,
日本語なのに間のあいた会話しか出来てませんでした。

なんだか上記のような書き方すると,まるで英会話できる人みたいですが,
なんというか「話しかけられることへの緊張,びびり,身構え」が,
日本語に対してもあって,何はなされても「が,がんばって考えろ!」と
体が戦闘モードに入ってしまっていた感じでしょうか。

しかし3日目,しかも聴くのがメインの会議の仕事をすませた後ではそれもなくなり,
上の文章のような,「どう考えても英語では話せない長文かつ日本語らしい表現」
でしゃべるいつもの自分が戻ってまいりました。
なんだかちょっともったいない…。

まあでも,7月にもまた海外出張,しかもその時は
英語でかなりの意思疎通をする必要があるので,
同行の先輩に教えてもらった
English as a second language podcast(HP
で頑張って英会話の訓練続けようと思っております。

japanesepampasgrass.jpg
写真は,アメリカで結構みかけたすすき。
和の心の表現によく出てくるすすきですが,海外にもあるのだなあと。
英語では「Japanese Pampas Grass」。これは覚えておこうと。

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ベルヘラルド(BELLE HERALD)でのモーニングバイキング
2008/02/12(Tue)
久しぶりの名古屋だということで,名古屋時代のお気に入りのベルヘラルドへ。
まだ帰国翌日で,アメリカの毎食満腹生活が抜けきってないのもありますが。

名古屋というとモーニングのサービスが有名ですね。

・惣菜パンなども大量に食べられるシャンテーコジマ(参考HP)や,
豊田のうどんが出てくるモーニングなどありますが,
「場所が便利+値段が手ごろ」の2拍子揃っているのがベルヘラルドでしょうか。

・名古屋の巨大地下街(HP)「メイチカ」の東山線近く(メイチカMAP),
・ミッドランドスクエア近くの6番口から降りたところ
・ベルヘラルドのお店HPhttp://www.bc-cake.com/store/shop_meitika.htm

belleherald3.jpg
お値段はどの飲み物を頼んでも420円です。
パンは,甘い菓子パンメインですが,サンドイッチとゆで卵がつきます。
belleherald1.jpg

もっとゆったりホテルの落ち着いた雰囲気で…
という方はアソシアホテルのジャンシアーヌのモーニングバイキングも500円です。
http://www.associa.com/nth/rb_gentiane.html
マリオットのバーゴラではありませんよ。
あそこは2300円もするのに人が多くて落ち着けません。
まあ,それもオープン当時の話なので,今はどうなっているのか不明ですが。

私の場合,朝から落ち着い~た感じの人達が多いけだるい空間にいると,
なぜだか逆に自分が落ち着けなくなってしまうので,
ベルヘラルドの「どこか生活感がある」ほうが活力わいて好きですね。

福岡でもこの手のお店がないかなあ…。
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アメリカ5日目(スーパーで買い物1)
2008/02/09(Sat)
バスの利用法も習得したので,バスを使って近くのショッピングモールへ。
その土地のスーパーにこそ,その土地の生の生活があると思っている人間なので。

アメリカということで巨大建造物を想定していたのですが,
イオンとかとそう変わらない程度の大きさのものしか現地ではみつけられなかったです。
まあでも,スーパーの売り場面積世界一は中国で,上位5位はアジアみたいなので(HP),
広大なアメリカといえども,人口密度が低い田舎では,
敷地あたりの買い物客が望めないため,それほど広くないのかもしれません。

店に入っているテナントもそう珍しいものないなあ…などと思っていたら,
フードコートに日本食のファーストフードがありました。
ichiban1.jpg
いたるところで日本車をみかけて,その普及率によろこんだものですが,
日本食自体も結構な普及率だなあと。
ichiban2.jpg
メニューにJAPANESE FRIED RICEとあって,
「おいらジャパニーズだけどそんなの知らんなあ」と思いつつも,
3$という安さにひかれてそばとフライドライスを注文!

そしたら見落とし発見です。そばとフライドライスはサイドメニューで,
メインとなる料理を頼まなければならない模様。昼にはまだ早いのでお腹が入りません。
ichiban3.jpg
迷いましたが,先日の寿司が日本とそんなに変わらなかったことを思い出し,
「そばも乾麺に粉末なり液体のめんつゆ使えば普通の味のが出てくるよな…」
と思い食べるのをやめました。

そう思うと,「海外では再現困難な日本の味」ってなんだろうなあと。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アメリカ4日目(バスにチャレンジ)
2008/02/09(Sat)
同行者とタクシーで仕事の場所についてはたと気づく。
入場用のIDカード忘れた…。再発行は不可能なので入場できません…。
1人でタクシーにのると片道約20$…往復で40$…高い…。
かなり早めにホテルを出たので時間はまだ結構ある…。
「よし!1$で乗れるバスに乗ってみよう!」

車社会のアメリカだからか,バスのサービスは充実しておらず結構難しく感じました。
日本だと,バスの基点となるターミナルには,
そこそこ詳細に建物などが描かれた地図にバス路線が色で描かれていて,
バス停もかなり細かくそこに描かれていて,
「どの路線に乗ってどのバス停で降りたらよいか」がわかりやすいと思います。

しかしこの地ではそうした地図はなく,バスの路線が色分けされているのみです。
イメージとしては,「東京の地下鉄の路線図で,路線が交わるところにしか
駅名がなく,その間存在する駅については説明が書かれていない」という感じでしょうか。

「おそらくこの路線でよいはず…」と思う路線のバス停に行き,
現地の人に聞いてみたのですが,発音がまったく聞き取れません…。
なんとか発音が聞き取れたに教えていただき,不安いっぱいの中バスに乗り込みます。

バスの中では,日本同様,次の停車場の案内も出て,
「次,停まります」的な英語(STOP REQUESTEDだったか)も表示され,
一安心していて,「アメリカのバスは自転車を前に取り付け可能なのか」と
感心しながら乗っていたのですが,問題発生。
すべてのバス停の案内が表示されるわけではなく,一部のみだということ。
これにはかなり焦ったのですが,先ほど質問した現地の人にも助けていただき,
なんとか降りることができました。

そしてホテルで忘れ物を取って再び会場に戻るためにバス停に。
行きはバスターミナルから乗ったので,バス停はすぐにわかったのですが,
帰りはバス停がどこにあるのかわかりません。
busstop.jpg
写真の緑のものがこの地のバス停ですが,日本のものより目立たない感じですね…。
犬の散歩をしていた現地の人に聞いたのですが,
発音が聞き取れない私のためその場まで一緒についてきてくださりました。

ターミナル以外のバス停には停車時刻が書いてありません。
ターミナルでの発車には責任が持てるが,各バス停では正確な時刻は保障できないから,
責任問題を避けて書いていないのかなとも。
あまりに待ち時間が長いので,一緒に待っていた人と20分ほど話しました。
発音をほとんど聞き取れない私に気長に付き合ってくれて,
さまざまな話をしてくれた親切にほんとうに感謝しております。

一緒に待っていた人は,車椅子に乗っている人だったので,乗車のお手伝いをしようと
意気込んでいたら,車椅子専用の全自動乗降機がついていて,
運転手の手伝いも不要でスムーズに乗り降りできるようになっていました。
この辺は,さすがアメリカ進んでいるなあと思いました。

下の写真は自分が乗ったものとは違いますが,この地のバスです。
小さくてわかりにくいですが,2つのバスが連結されていてびっくりの長さです。
こんなところにもアメリカのでかさを感じられるかなと。
bus.jpg


この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アメリカ3日目(アメリカの食べ放題)
2008/02/08(Fri)
朝食はホテル近くのサークルK(日本のものかと思ったら本家はアメリカだったのですね)で
ハンバーガー的なものとドーナツ的なものを購入し,合計約3$。
circleKmorning.jpg
大きさを考えるとお得ですが,やはり安いためかおいしくなかったです。
その後終日でお仕事して,ホテルに戻る前に市街地で夕食を食べて帰ることに。
ハンバーガー2回,メキシカン2回,寿司…と体験してきたので,
そろそろ違うものを…と思いブラジル料理のお店へ。

串に刺さった肉をテーブルで切り落としてくれるというシステムや,
シェラスコという名前は知っておりましたが,
サラダなどのおかずもビュッフェスタイルが多いというのは初めて知りました。
しかも,肉やおかずなどが食べ放題とは…。
信号機を模した置物があって,緑にしていると「肉持ってきて!」というサインです。

食べ放題は好きですが,好きなのは米・麺類であって,
肉は余り好きではない自分にとって,惜しげもなくもってこられる
肉を食べ続けていると,あっという間に満腹になってしまいました。
店内が暗すぎて,手振れ補正のないKiSS-DXで撮ると
真っ暗な写真になってしまいましたが,雰囲気だけでもと思い載せておきます。

brazil1.jpg
1皿目:サラダバーのサラダは日本のものとそう変わらないかと。

brazil2.jpg
2皿目:豆料理。フェイジョアーダになるのかなと。黒豆のがおいしかったです。

brazil3.jpg
3皿目:右奥のPalm hearts(?)はたけのこみたいな味でしたが,
右前の唐辛子のピクルスが激辛!でしばらくしゃべれませんでした…。

なんとか肉10切れ程度に加えて3皿程度おかずを食しましたが,
全品どころか店内にある料理の半分も食べずにギブアップ…。
食べ放題では全品制覇がモットーなのになんだか完全に打ち負かされた気分です…。

店内を見渡すと,日本では結構太めな私が可愛く感じるほど,
横に大きい人達が沢山いて,これくらいビックじゃないとこの料理は食いきれないなと。

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アメリカ2日目(念願の海外での寿司!)
2008/02/07(Thu)
これまであまり海外旅行自体に興味はなかったのですが,
ずっと「一度は海外でしてみたい!」と思い続けていたことがありました。
それが,「海外で日本の寿司としてどのようなものが出てくるのか?」の体験でした。

初日の仕事を終え,市街地で夕食を食べる場所を探していると…寿司屋発見!
その名もSUSHIKING!いざ文字にしてみるとムシキングみたいですね。
sushiking.jpg

ふつうのにぎりとカリフォルニアロールを注文。さて,どんなものが…。

sushi1.jpg
シャリが生暖かく,米粒がちょっとつぶれた感じになっていて,
貝とアナゴがちょっと乾き気味でマグロとサーモンがちょっとばさばさしていた以外,
日本の回転寿司とそう変わらない程度のうまさがありました。
日本の回転寿司自体,普通の魚の刺身の新鮮さや歯ごたえと比較出来るものではなく,
シャリとの統一でなんとか食べられるというものであるのも確かですが…。

sushi2.jpg
こちらはおそらくカリフォルニアロール。
エビフライの巻き寿司の表面にゆでたえびとアボガトを張って,
マヨネーズに蜂蜜混ぜたようなものに照り焼きソースがかかっている感じのものです。
これはこれで「創作寿司」としておいしかったです。
きっと回転寿司で出てきたら好評なのではないかと。

まあでも日本とはいえ,日ごろ私が食べるような回転寿司だと,
どれも冷凍したものを解凍したネタですから,
同じ冷凍食材を使用した場合,世界どこで食べてもそう変わらないのかも知れません。
そう考えると,日本に観光に来た外国の方で,寿司にすごく期待して
回転寿司食べた人などは結構がっかりして帰っているかも知れないなあなどと。

しかし,アメリカのNYなどの大都会などとは違う,かなり田舎のこの地方においても,
ちゃんと寿司の店が複数あり,こうして普通の寿司が食べられることというのは,
「寿司」という日本の文化が世界各国で理解されるほど著名な文化であることが
確認できて,日本人として誇らしい気分になりました。
正直,「なんじゃこれ!」と言って楽しみたい面があったの事実ですが…。
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アメリカ2日目(古い村の写真)
2008/02/07(Thu)
今回唯一の観光らしき時間。スペインの影響が残るらしい古い町並みを見学。
なのにほとんど写真ありません…。

日本でなら,観光地に行った際,人前で写真を取るのは結構平気なのですが,
「ああ,やはり日本人は写真ばっかとってんな」とか思われたらいやだなあ,
などと変に思ってしまい,写真をほとんど撮れなかったのが残念…。
その社会をないがしろにするような「旅の恥はかきすて」はだめだけど,
こういうときは撮っておいてよかったんだよ…と,今振り返って後悔しています。

なんとか撮ることができた写真を少し挙げておきます。

oldtown1.jpg
教会の写真。
海外の写真などで「この空青すぎ!」と思ったりすることが多かったのですが,
海外で写真を撮ると色が薄めの印象だったSIGMAのレンズでも,
こんなに青い空の描写になることにびっくりしていました。
やはり世界で光線の様子が全然違うのだなあと。

oldtown2.jpg
おそらく古いスペインに関する銅像。
後ろのUSAロケットとの対比が面白くて撮影したのですが,
隠れすぎて銅像のみが目立つ写真になってしまいました。

oldtown3.jpg
チリ(唐辛子?)の飾り
この飾りが非常に気に入って,「持って帰りたいなあ」と思ったのですが,
さすがにスーツケースの中でくずさずに持ち帰るのは不可能だと思い断念。
その分写真とって置けばよかったのですが,帰国して気づいたら1枚のみ,
しかもアップでうつしていない…
青い空にチリの飾りのみアップで写したら,それは綺麗に映えただろうに…。

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アメリカ1日目(やはりハンバーガーがでかかった)
2008/02/06(Wed)
「退屈すぎておかしくなるかも」と思っていた長時間(12時間)フライトも,
3度も機内食が出てくれたり,前の座席についているモニターで
テレビやゲームが楽しめたりしたので意外と平気でした。
これまで,「長時間フライトの苦痛で暴れてつかまってしまうかも」
という恐怖から,いまいち海外旅行に積極的になれず抵抗感が壁となっていたのですが,
これで海外旅行の壁は「費用・語学・休みが取れるか」のみとなったかなと。
いや,費用と語学の壁が高すぎるのが問題なのですが…。
DFW.jpg

まあでもそんなこんなでダラスフォートワース国際空港に到着。
気温20度はあろうかという生暖かく湿った空気に
「え,ここは本当にアメリカ?梅雨時の日本の間違いでは?」と思ったものの,
英語で書かれた看板に大勢の外国人(この場合自分が外国人ですが),
聞こえる言葉はすべて英語…そしてどこまでも広大で横に広い景色を目の当たりにして,
自分が異国の地に来たことを痛感。
まあでも車は日本車やヒュンダイのものが結構ありましたね。

乗り継ぎが心配ですぐにセキュリティーゾーンに入ったため,
空港内で海外初の昼食としてハンバーガーを注文。
DFWhumberger.jpg

写真ではわからないと思いますが,やはりでかい。記憶では,直径12,3cmで
高さが8cmくらいあったでしょうか。そして尋常でないポテトの量。
まあでも,お値段のほうも空港内とはいえ結構した(写真で8$くらいか?)ので,
「安くてでかい」わけではなく「(日本人にとっての)適量がなくなんでもでかい」
といった感じでしょうか。
お味のほうは,日本で食べるものとほとんど変わらない感じでした。
「アメリカだから大味?」と思っていましたが,ほんと違いがわかりませんでした。
日本に比べて平均塩分摂取量がかなり低いアメリカなので,
「しょっぱさが足りないかも」と思ったのですが,塩味は結構きつめの感じがしました。

americahatake.jpg
その後,目的地までの飛行機から見えた風景。
広大に広がる幾何学模様(パックマンもいますね…)や色彩が日本とは全然違い,
海外に来た~~という興奮がどんどん高まるのを感じました。

勝手な推測ですが,大規模に機械によって自動で水遣り刈り取りをしやすいよう,
日本の田畑のような矩形ではなく,丸い形になっているのかなあなどと。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アメリカン航空の機内食
2008/02/05(Tue)
生まれて初めてのアメリカ出張に向かいます。
写真は乗ったアメリカン航空のボーイング777です。
成田出発は13時すぎなので,「昼過ぎているからすぐには機内食ないかな?」
「エコノミーだから機内食少ししかないのかな?」という恐れがあり,
「米を大量に食べておこう!」と思いおにぎり2個に牛丼セットという無茶な食べ方を。

そしたらまずすぐにおつまみと飲み物のサービス。
そしてまたすぐに14時ころに機内食出ました…。完食しましたがおなかいっぱいです。
昼機内食1
昼機内食2

内容は
・シーフードパスタ ・寿司(いなり寿司・えび寿司) ・パン(バター・ジャム)
・シェルパスタのサラダ ・アーモンドのキャラメルタルト ・パック入りの水

おにぎりに牛丼もひどい組み合わせですが,パスタ・寿司・パンのコンボはすごいなと。
まあでも寿司が硬すぎた以外はおいしかったです。

その後機内食を食べ終え,ゆっくり本でも読むかと思ったら
いきなり機内が暗くなり,みなさんお休みモードです。
「そうか…出発地ではなく,到着地の時刻に合わせた行動するのだな…。」
と気づいてもとき遅し,皆が寝静まる中眠れずにもんもんとしながらすごします。
「日本時間では到着は夜中23時くらいだけど現地時間では午前9時,
時差ぼけがすごくなるはずだから…」と思い必死に寝ようとしますが,
アルコールが有料で飲んでいないので寝付けません。
長時間フライトの退屈さと戦っていると,気流の関係で飛行機がかなり揺れます。
そんななかキャビンアテンダントのおじさん2人がものを配ります。
あけてみるとロールパンで作ったサンドイッチ…現地時間で3時,日本時間で19時,
これは,日本時間で来た人間が小腹すくと思って出されたものでしょうか。
夜中機内食
サンドイッチ1個にイチゴとオレンジジュースという量の少なさゆえ,
「到着まで5時間,お腹すきそうだなあ」と思っていたら,
現地時間7時ころに朝食的な機内食が出されました。
朝機内食
・デニッシュ2,フルーツという簡素なものですが,3回目なのでこれくらいが適量かと。

しかし,エコノミーでこのペースで出されるとすると,
ファーストやビジネスの人たちはこのペースで高級食材を出されるのかなあと。
いつか体験してみたいものです。
この記事のURL | 食べ物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
森本健成アナの髪型の行方…
2008/02/02(Sat)
NHK今年度の新キャスター発表…「おはよう日本」に島津アナ

これで,めまぐるしく変わる森本アナの髪型を日々楽しむことが出来なくなる…。
と変な哀しみを感じながらより詳しい以下のページをみていました。
http://www3.nhk.or.jp/pr/keiei/otherpress/pdf/20080201.pdf

そので気づいたのが,私がみていた,「ちりとてちんのあとの5分間のニュース」は
「おはよう日本」ではないのですね。
2008年度からはどなたが担当するのでしょうか。
森本アナはおはよう日本の週末担当になるので,さすがに
5分のためだけに平日早朝出勤させられることはないだろうから,
鹿沼健介アナが御担当になると考えるのが可能性が高いかと。
森本アナが週末だけだと髪型変わっても気づきにくいなあ…。
しかし,実は「おはよう日本」には髪型に敏感な専属ヘアメイクの人がいて,
鹿沼健介アナもばんばんに髪型変えてくれるかもしれません。

まあでも,こちらのページで見てみると,「おはよう日本」は毎年アナウンサー変わるのですね。
500人もいるのだから順番に回していく必要もあるのでしょうが,
「NHKの朝といえばこの人!」といった感じで育ってくれるよう,
固定してもらった方がうれしいのになあなどと。

と,ここまで書いて,「アナウンサーは固定して欲しいのに髪型は変化して欲しい」
という矛盾を抱えている自分に気づきました。う~ん。

お時間あればこちらもお読みください。
森本アナ論争の終結?
森本健成アナの髪型のゆくえ最終
森本健成アナの髪型のゆくえ2
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三井アーバンホテルのカレーバイキングがお勧めです
2008/02/01(Fri)
*現在,バイキングの内容が変化しております(2008/08/07現在)。
また,お気に入りのバイキングが減ってしまった…原油値上げうらめしや。
現在のバイキングの内容についてはこちらをご覧下さい
現在の内容

今のところ,福岡で一番お気に入りのランチバイキングが
三井アーバンホテルティーラウンジブルーベルのカレーバイキングです。
住所:福岡県福岡市博多区博多駅前2-8-15(博多駅か祇園駅がもよりです)
電話:092-451-5111(代表)営業時間:開始不明~14:00(ラストオーダー13:30)
カレーバイキングと銘打っておりますが,
3種のカレーのみならず,おかずの充実の仕方がすごいです。
日によって全然違いますが,写真を元に書いていくと
・日替わりカレー3種(雑穀米も選べます。キノコ,インド,和風でしたか)
・炒め物(ホウレン草とベーコン・牡蠣イカホタテ明太子などのシーフード・ベーコン)
・揚げ物(鶏餃子・ウィンナ・チキン2,3種・エビフライ・わかさぎ?・野菜)
・煮込みハンバーグ・ウィンナ・パスタサラダ・サラダ・ピラフ・スクランブルエッグ
・スープ・プリン・焼きプリン・フルーツ・珈琲or紅茶(ICE or HOT)
そのほか覚えてないですがもう少しあったと思います。
これだけの内容で800円は破格かと。
mitsuiurbanviking1.jpg
1皿目。30cmはありそうなお皿ですがおかず全種類のせるのは無理なほど種類が豊富です。

mitsuiurbanviking2.jpg
2皿目(食べすぎですね…)

mitsuiurbanviking4.jpg
和風カレーです。取る時こぼしてしまって汚い写真ですみません。

mitsuiurbanviking3.jpg
プリン2種です。いっぱい食べた後に甘さ控えめのプリンが落ち着かせてくれます。

値段は安いですが,ホテルの中だけあって,
シェフ・ウェイター・ウェイトレスと人数が多く対応もよいです。
客層はサラリーマンが多く「おしゃれ」とは言えませんが,
女性客でも大丈夫な落ち着いた雰囲気かと。
皆様も一度いかがでしょうか?



この記事のURL | 食べ物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |