2007 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2008 01
大晦日イブイブにさだまさし「大晦日」を聴く
2007/12/29(Sat)
今年もほんと残りわずかとなりました…。
クリスマスを過ぎたこの時期の定番は「大晦日」ですね。
車のCDをさだまさし『Mist』から『美しき日本の面影』にかえて出勤です。

(ここに歌詞の頭の記号を出したい…)クリスマスが過ぎたなら,今年を振り返る季節
すみませんまだ今年の仕事が終わってないので振り返ることが出来てません…。
ていうか…終わるのか…今年最後のお願いが,
「すみません,締め切り延ばしてください」だといやだなあ…頑張ろう。
(ちなみに,昔の歌集などで,歌詞の最初につく記号,
「庵点」というのですね(Wikipedia解説ページ
ブログ上での出し方わからないので出せませんが…)

ところで,今やっている長めの文章書きのお仕事,
はっと思いつくアイディアはだいたい先輩から教わったことです。
「あの先輩の教え」,「他の先輩の教え」,「またまた他の先輩の教え」…
それらは重なるものではなく,かなり質的に異なるものなのですが,
それらを順番につむいでいくと,自然と「イイタイコト」の流れとなってきます。

そこではたと気づくのが,共通の上司の存在の大きさ。
自分も先輩も,おのおの自分の意思で自己決定して,仕事してきたつもりでした。
しかしそれらは上司が持っていた大きな問題意識に照らされつつなされた仕事なので,
表面的にはてんでばらばらの先輩方の教えをまとめると,
今回書くことがもとめられている「大きな問題意識」の説明になりうる…。

そう考えると,すぐ下の海面しかみえない小さな帆船の私たちに,
遠くまで見渡しながら,けっして各自の目的地に直接向かう風ではなく,
おのおのが帆を操作することでおのおのの目的地にたどり着きやすくなる風を
上司は与えていてくれていたのでは…などとふと。

今年一年をふりかえろうとしても,ここ十年といった単位になってしまうのは,
年をとった証拠でしょうか。
まあでも,振り返るとだいたい思い浮かぶ感情が感謝の気持ちだということで,
少しは良い年のとり方が出来ているのでは…とも。

まあでもとりあえず今は,歌詞の通りに大晦日にちゃんと一年を振り返り,
気持ちよく一眠りして幸せになれるよう仕事頑張らねば。
スポンサーサイト
この記事のURL | さだまさし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小銭にふりまわされた日
2007/12/28(Fri)
年内締め切りの仕事関係の振込みをすませようと外出。
指定された銀行は三井住友銀行。
一番近くの支店でも,博多に出ないといけないので,
am/pmで提供されている@BΛNKサービスを利用することに。
これなら手数料105円で済むはず(もしかしたら+105円で210円)。

と思い手続きをすると,手数料が525円とでる。何故?
戻って検索してみると,福岡県のみ西日本シティ銀行の手数料が必要とのこと。
なんてむなしい…他の県なら105円(もしかしたら210円)なのに…。

その後,セブン銀行で,三菱東京UFJの口座から三井住友銀行に振り込むと420円。
@BΛNKの意味ないではないですか…。
(まあ,よく調べたら,他の九州の県では@BΛNKサービス自体が存在せず,
平日の引き出し,預け入れに関しては福岡の方が大分佐賀熊本鹿児島より
便利な点あるのも確かですが…。)

しかしまあ,居住地が変わらないとなかなか気づかないものですが,
銀行って意外と「全国規模」ではなく,ローカルなものですね…。
いや,他行利用の手数料さえ払えば全国規模なんですが,
100万預けても100円ちょいしか利息つかないのに,
一回機械操作するだけで525円とかとられるのってなんか癪にさわりませんか。

単なる私見ですが,三菱東京UFJが一番使いやすいかなあと。
ま,こんな小銭気にしなくてすむ稼ぎのある人間になれればいいのですが,
それは無理なんで,インターネットバンキングの手続きあたりをして
手数料節約にチャレンジせねばね…。

などと反省し,炭酸で気分を爽快にしようと
自動販売機で100円と表示されていたジュース買うと130円とられた…。
ま,たんなる業者さんの表示ミスなんですが。
100円と130円のどっちなんだ!?という賭けにまけたわけですね。
dodekamin.jpg

今日はもうこれ以上小銭にふりまわされませんように…。
この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
まだまだ来るな大晦日
2007/12/27(Thu)
皆様はもう年賀状はお済みでしょうか?
私はやっと今日の午前,特に急がない5枚を残し完成しました。

記憶では,「25日」までに出せば元旦に到着と聞いていたのですが,
それが「全国どこの地域に対しても」なのか調べるため,
郵便局のHPを調べてみました。

元旦到着の提出期限の情報自体は確認できなかったのですが,
HPの中に「年賀状トリビア」というものが存在しました。

http://www.yubin-nenga.jp/main/html/enjoy/

その中で注目したのが,
「もともと年賀状は,かきぞめの1月2日に書くものであった。」
というトリビア。

なんとなくですが,最近の年賀状は
「正月は何もせずにだらだらするために何もかも年内にやっておく!」中の一つ,
ある意味,仕事納めならぬ年内の対人関係納め,もしくは大掃除の一環,
といったイメージがあると思います。
結構な数の人が,年内に仕上げなければならない仕事と折り合いをつけながら,
ばたばたした気分で,来年の目標を考えるまもなく年賀状を書いているのではと。

それよりかは,大掃除も過ぎ,元旦で1年の計を考え,
テレビもつまらなくなり,時間がいっぱいある2日に,
緩やかな気分でじっくり今年1年の自分に思いを馳せながら書く…
そうしたものの方がいいものが書けそうだなあ,などふと。

まあでも,上のことは「メール」だといとも簡単に実現可能ですが,
やはり手書きの部分がない年賀状はもらっても味気ないですしね。
そういう意味では,ビジネス系はメールでも失礼でなくなり,
本当に出したい人にだけ,趣味の一環として今よりより手間かけて年賀状出す,
といった感じになってくれるといいのかもしれないなと。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
姫路駅で「えきそば」を喰らう
2007/12/24(Mon)
友人の結婚式から一夜明けて福岡に帰る日です。
当初は大阪まで出て買い物などして帰る予定だったのですが,
よく考えたら今日はクリスマスイブ…人ごみがすごそうです。
というわけで10年くらい食べてないけどおいしかった記憶のある
姫路駅ホームの「えきそば」を食べて帰ることに。
昔はプラスチックの器に入れてもらって車内で食べた記憶があるのですが,
今はなくなっている模様…。
普通が330円,麺1.5倍の大盛りで380円ですから迷わず大盛り注文!
んがしかし食券を買ってすぐ普通がタイムサービスで250円だと知る。
ああ~それなら普通を2杯食ったほうがよかったか。
himejiekisoba.jpg
でてきましたこの黄色いそば。
かんすいを使ったそばに普通の和風そばだしの組み合わせがおいしいです。

思えば,11月に行ってはまった沖縄そばも,かんすいのそばに和風+豚だしですよね。
どうも私はかんすいに目がないみたいだなあ…。
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
喫茶Yにいってみました
2007/12/21(Fri)
友人の結婚式参加で地元に帰省。
久しぶりに大都会の喧騒にもまれてみるか,と思い遠回りして大阪に到着。
その目的はただ一つ。噂の大盛り店「喫茶Y」を体験すること。
なんとか目的のビルに到着すると,「移転」のお知らせ。がっくり。
kissaYiten.jpg
まあでも移転先はすぐ近く,気にせず歩きます。程なく発見。
kissaYmise.jpg
店の概観もどこか「ちまちましてなく豪快」という感じがします。
さて入店。ちょうど出てくるお兄ちゃんたち二人に,あかるいおばちゃんが
「いっぱい食べてくれてありがと~いろいろおしつけちゃって~」と
元気に送り出すところでした。高まる期待。

んが!私に向けられた言葉は
「今で食事のメニュー終わっちゃったの。飲み物なら出来るけど。」
とのつめたいお言葉…あああ16時という時間が悪かった…残念無念。

まあいいや,3月大阪出張あるからその時はかならず…
とリベンジを誓いつつ駅方面に歩いているとみつけたビルの名前。
kissaYmetabo.jpg

「メタボ阪急」あ,確かにこの年で食べてたらそうなりますよね…。
年甲斐もなく大盛り店に挑もうとした自分を反省させてくれるビルの名前でした。
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
まだまだ来るな12月24日
2007/12/18(Tue)
さて,12月24日が近づいてきました。
来年一年が幸せな年になるように,この日に勝負をかけたいとおもっています。

一番お気に入りの紙に
一番お気に入りのペンで,
ありったけの思いをあなたに書いて届けたい…。


ということで,「年の初めはさだまさし」の葉書の締め切りが12月24日消印有効ですね。
え,クリスマス?なんですかそれ?

募集テーマが,

・あなたの2007年、2008年を川柳にしてください。
・笑える一行(一行で笑わせてください。)
・怒りの一行(今、怒っていることを一行にしてください。)
・今、歌ってもらいたい曲リクエスト
・我が家のちょっと変わった正月の過ごし方
・大みそか、正月の思い出
・ねずみに関する面白い話
・2007年「頭にきたこと」「面白かったこと」「うれしかったこと」「悲しかったこと」
・2008年に向けて、あなたがやってみたいこと、目標、夢

う~ん…。自分にかけそうなテーマは…。

「歌ってもらいたい曲」はmistの中だと「赤い月」になるので,まず無理ですね…。
あ,でも「正月の思い出」では,初日の出について少し書けそうかな。
セイヤングの頃にはまだ若く恥ずかしさもあって投稿できませんでしたが,
今回は一念発起して投稿してみたいと思います。
さて結果はいかに…?




この記事のURL | さだまさし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徳島から戻りました
2007/12/17(Mon)
2泊3日の徳島行から戻ってきました。
昨日18:00頃に徳島を出発しほとんど休まず福岡まで運転。
家について就寝できたのが昨夜(正確には今日)2:30ころ。
朝早く起きていつも週末にしている月曜の仕事の準備をして,
午前の仕事して昼食べながら午後の準備してなんとか月曜を乗り切れほっと一息です。

このように,日程的には無茶な徳島行でしたが,非常に楽しい旅行でした。
私がさだまさしファンだとよく御存知の先輩が,
“「いのたに」でラーメン→眉山に登る”という工程を組み入れていてくれたので,
楽しさ倍増でした。
その他,徳島以外でも,
山口県:山賊うどんのイルミネーションにびっくり
広島県:広島風お好み焼きを食すが尾道ラーメンは食せず
香川県:さぬきうどんを食す+瀬戸大橋記念館に感動
などについても明日以降書いて行こうと思っております。

とりあえず,寄る年波による疲れの取れなさゆえ今日は早く寝ます…。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徳島のさだまさしを堪能する
2007/12/16(Sun)
名所をみたあとで先輩が案内してくださったのが徳島ラーメン「いのたに」
小説『眉山』に実名で出てくるお店です。
お店にさださんのサインが飾ってある店を初めてみました。感動です。
sign.jpg
阿部前首相のサインまであってまたびっくり。
店のおばちゃんが気軽にいろいろ教えてくれて楽しかったです。
inotani.jpg
お味のほうは…?
さださんが「うまか!!」っていっているものがまずいはずがなく。
しいてレポートすると,どちらかというと昨日のラーメン東大が若向きだとすると,
いのたにのほうが渋い中年好みって感じでしょうか。
甘さがない分私はいのたにのほうが好みでした。

そして眉山へ。
本来ならば眉山にかかる月といっしょに撮るべきなのでしょうが,
昨夜は天気も悪く眉山と月が離れすぎていたので断念。
変わりに眉山からの徳島市外および淡路島を臨むの写真でお許しください。
まあでもほんと絶景でした。
bizan.jpg

ほんとでも先輩のお祝いで駆けつけたというのに,
名所名物うまいもづくしで逆に接待されて申し訳なかったです。
まあでも福岡での再会の約束も出来ましたので,このご恩はそのときに…。

この記事のURL | さだまさし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徳島の名所を案内していただきました
2007/12/16(Sun)
先輩の運転で空港に共通の先輩をお迎えにあがって徳島をめぐります。
まずは「うだつがあがらない」の語源のうだつで有名な脇町の町並み。
udatsu.jpg
古い町並みだと京都,高山,(滋賀の)長浜など行ったことありますが,
脇町は観光化があまりなされてなく,
古い町並みの中で普段の生活が営まれている感じがよかったです。
土産物屋で「のんだらのれん」のれんを購入。
このあたり,関西系のお笑いの文化が徳島にも多いのかなと思いました。

その後,東洋のグランドキャニオンと称される阿波町の土柱を見に行く。
正確には,アメリカのロッキー,イタリアのチロルとならぶ「世界三大土柱」らしいです。
docyuu.jpg
土柱の景色もよかったですが,面白かったのが土柱ランドなどのお土産屋関係。
パラダイス駐車場などあり,ほんとそこは“パラダイス(c)探偵ナイトスクープ”でした。

その後,西国八十八箇所参りの1番にあたる竺和山霊山寺へ。
manekin.jpg
マネキンさんが西洋の人で巡礼衣装がちょっとにあってない…。
マネキンが着ていて「あ,これ格好いいな」と思って購入し,
いざ自分が着てみると腹は出てるは足は短いはでまったく似合わない経験があるので,
体型から顔つきからすべて純和風のマネキンとか作ってくれたら巡礼衣装が似合うだろうに…などと。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徳島の名物(鳴門の鯛と徳島ラーメン)を喰らう
2007/12/15(Sat)
長旅を終えて鳴門到着。
先輩に案内してもらったお店で天然の鳴門の鯛を食べました。
味処あらし(住所:徳島県鳴門市撫養町大桑島北の浜51-1,電話088-686-0005)
詳しくはこちらへ。
http://gourmet.yahoo.co.jp/0005849248/M0036010077/
narutotaimenu.jpg

Yahoo!のクチコミでは,かなりの人気店で30~60分待ちが当たり前らしいのですが,
時間が15:30だったということもあり,すぐに入ることが出来ました。
narutotai.jpg
でっかく切った鯛の刺身が豪快です。
切り身一切れで,冬頃防波堤から釣れる小鯛1匹と同じ大きさくらい!
また,特に気に入ったのが鳴門ワカメの味噌汁。
しゃきしゃきした食感のワカメが出汁の効いた汁の中に大漁御礼してました。

その後初日のお仕事を先輩の職場で行う。
いっぱい仕事してます!というのがすぐにわかる部屋をみて,
たいした仕事が出来ていない自分を反省しつつ,俺も頑張ろう!と意欲を新たにする。

仕事終えて軽く飲んでお目当ての徳島ラーメンを食べる。
ラーメン東大(店舗は複数あり。HPはこちら。)
ramentodai.jpg
久留米ラーメンに甘みを加えて,醤油を増やした感じでしょうか。
卵を入れて食べるので,
「豚肉で作ったすき焼きに麺入れた」感じと私は思いました。
濃厚好きの私にはぴったりのお味でした。

その後ラーメンを食べた後にまた居酒屋で飲む!ことになったのですが,
紹介していただいたこのお店も魚介がうまく大満足だったのに
記念に取っておいた箸袋なくしてしまい店名わからず…。
頑固オヤジ風のおっさんの絵が目印のお店でした。

この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
岡山から瀬戸大橋で香川へ
2007/12/15(Sat)
今回の旅程で一番楽しみにしていた瀬戸大橋をわたります。
古本屋で買ったプロジェクトXの漫画で読んだ,
「男たちの不屈のドラマ 瀬戸大橋~世紀の難工事に挑む~」が
非常によい話で,それこそ「男が惚れる男」杉田秀夫の人間性に惚れ込んでいたので。

明石海峡大橋はわたったことがあり,それと同じ程度のものかな?
と思っていたのですが,全然スケールが違いますね。約10kmでしたか。
これだけの規模のものを作り上げた偉業への感服の思いと,
自分のしている仕事のちっぽけさへの恥ずかしさが入り混じるひと時でした。

なんかでもこうした「人間の小ささ」を感じさせてくれる巨大かつ有意義なものを,
これまた作ることの出来る人間もいるということが不思議でもあり,
自分が作ったわけでもないのに同じ人間として誇らしくもなれるものですね。
setooohashizenkei.jpg

そんなことを考えつつ渡りきって瀬戸大橋記念館へ。
のべ900万人の汗と努力をたたえる記念館も,さすがに時が経ちひっそりとしておりました。
当然見学者もほとんどいませんでしたが,これは別に栄枯盛衰的なものではなく,
瀬戸大橋の後もちゃんとつぎつぎと偉業が成し遂げられているがゆえに,
ある意味未来への健やかな発展の中,「ちゃんと過去になれた」証なのかなと。
いつまでも「瀬戸大橋すげ~」と言っていては,その次の「すげ~」が生まれませんものね。

その後,高松に行く時間がなかったので坂出の讃岐うどん屋で讃岐うどん食べる。
うまい!このコシ!富士吉田のガツンと噛み切れないコシも好きですが,
やはり讃岐うどんのぷりぷりとしたコシも最高だなあと。
sanukiudon.jpg
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
広島2:広島で尾道ラーメンを食せず
2007/12/15(Sat)
広島風お好み焼きを食し,満足して岡山方面に向かいます。
「14日中に四国に渡ってそこで泊まる」のを希望としておりました。
しかし,広島は結構広く,尾道という地名を目にしたのが24時頃。
尾道といえば尾道ラーメン!2号線から離れ尾道駅に向かいます。
onomichieki.jpg

青看板に従い,迷うことなく尾道駅に到着。
しかし,尾道ラーメンの店はどこもしまっていました…残念。
泣く泣くあきらめ車を走らせ,福山に到着した時点で14日の旅程を終えることにしました。

朝と夜の2食のみなのでおなかが空いて寝付けそうにないので,
ビジネスホテルの近くのコンビニに向かいます。
そこで見つけたのがCUP麺の尾道ラーメン…。
「製造したのは東京じゃないか…」と思いつつも,購入してしまいました。
cuponomichiramen.jpg

写真は,マルちゃんの尾道ラーメンです。
CUP麺でも,さかなのだしのうまさが伝わってきます。
ああ…普通に店で食べたらどれだけおいしいのだろう…。
インスタントのふにゃふにゃ麺じゃなかったらどれだけうまいのだろう…。
尾道ラーメン食べられなかった気持ちをおさめるために買ったCUP麺なのに,
余計に尾道ラーメン食べたさを増す結果に終わってしまいました。

まあでも広島出張は近々きっとあるはずなので,次こそは確実に食したいと思います。


この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
広島1:広島で広島風お好み焼きを食す
2007/12/14(Fri)
山口県に別れを告げ広島県にはいる。福岡出発後5時間くらい経過です。
これまで,渋滞などなくスムーズに進んでいたのですが,
「お,宮島まであと6kmか」と気づいて少しして大渋滞。
「なんか抜け道でもないか?」と思いはするものの,
ナビなし地図なし仕方なし…。1時間近く待ってようやく走り出しました。

結局,広島市内についたのが22時頃。もうお好み焼きやしまっているかも…。
と思いましたが,2号線沿いに深夜までやっているお店を発見。
「ふみちゃん」という名前を確認して,「帰ってから住所調べよう」と思い入店。
御夫婦で飲み屋とお好み焼き屋を開いている店ですね。
肉玉そばが定番なんでしょうが,それは以前食べたことがあったので「肉玉うどん」を注文

キャベツやらが鉄板に置かれ,うどんも鉄板におかれ,焼きスタートです。
とおもったらおばちゃんかかってきた携帯に出てます。
「今焼いてるから」と断ると思ったら結構長い間しゃべってます。
ああ~焦げ焦げばさばさのお好み焼き食べさせられるのか…
とその時はがっくりしていました。
しかし,出てきたものは全く焦げてもおらず,どちらかというと
「もちょいぱりぱりに水分飛ばしてもらったほうがよいかな?」といった感じのものでした。
fumicyanokonomiyaki.jpg
よく考えたら広島風のほうがキャベツに火が通る時間長くかかるから,
大阪風しか作ったことのない人間にとっては焼いている時間がながく感じるのでしょうね。

昼抜きでおなかが空いていたのでがっついて食べてしまい,
味わう感じでなかったですが,なかなかおいしかったです。
広島の人が大阪風を「たこやきが平べったくなった奴」と評すのに対し,
大阪の人が広島風を「焼きそばか皮の薄いモダン焼きだよね」
と評す意味が少しわかった気がします。
まあ,ソース好きの私としてはどちらも最高の食べ物ですが。

で,今住所や営業時間を調べてみたのですが,
広島市中区堀川町1-20の「ふみちゃん」や広島駅近くの「お好み村」の「文ちゃん」
が有名らしく,自分が行った「ふみちゃん」が見当たりません…。
どなたか国道2号線沿いのこの「ふみちゃん」の
住所がわかる人いらっしゃらないでしょうか…。fumicyanomise.jpg


このページをみてくださった方より,写真の「ふみちゃん」の住所電話番号を教わりました。
住所:広島市南区東雲3丁目5-19 TEL082-282-7637
教えてくださり本当にありがとうございました。
あと「浜文」と書かれてもあったので,御夫婦でされている居酒屋とお好み焼きを
あわせて「浜文」の方が名が通っているのかも…と思いました。
お勧めメニューとしては,「サラダ焼きそば」と「ヤングスペシャル」などがあるみたいですね。
今度うかがったときは是非どちらかを食べてみたいと思います。


この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
山口で「山賊うどん」をみる
2007/12/14(Fri)
国道3号線に別れを告げ,2号線に乗り関門トンネルへ(150円)。
そこを抜けると本州です。
いまどきナビもついてなく,製本された地図も九州のもののみなので,
道路の青看板だけを頼りに2号線をたどります。
こうした行き当たりばったりのドライブの方が,
「どこ走っているか」がわからず,「次にどんな地名が出てくるか」もわからないので,
逆に地名が意識に残りやすい気がします。

地名で「おお,ここがあの…」と思ったのが,熊毛郡でしょうか。
関西人にはおなじみの「道上洋三」のふるさとですね。
関西を離れ最近全然朝のラジオを聴くことが出来ていませんが,
変わらず阪神を応援されているのでしょうか。

そんな感慨にふけっているうちに夜になり,さらに2号線を広島方面に進んでいると,
突然目の前にものすごい量のライトアップがなされた場所を発見。
遊園地かミニーマパークか?と思ったらそこは飲食店。
今調べたら,「いろり山賊玖珂店」というところでした。

山城風の建造物,ちょうちんの山車,戦国時代ののぼりという時代テイストに,
神社,観音様,お地蔵様と寺社仏閣系が点在し,
巨大なサンタ看板にクリスマスツリー,その他無数のクリスマスかざりの洋風テイストが
かなりの光量で照らし出され,おのおのを主張しあっています。
ojizousamatosanta.jpg
おじぞうさまの向こうに,顔を入れて写真を撮るサンタさんの看板が見えます。

cyouchintoxmas.jpg

cyouchintree.jpg
ちょうちんとクリスマスの飾りの融合。

この不思議な感覚は,実際にそこに立ってみないとみないとわからないと思うし,
クリスマスの時期でないと伝わらないと思うので,お近くの人は是非。
現在,ブログで確認すると,山賊焼きやおにぎり,うどんなど,おいしいみたいです。
特におにぎりはボリュームもあっておいしそうです。食べとけば良かった…。
まあでも山口なら近いので,また秋芳洞などめぐるときに
よらせていただいて,味のほうもレポートさせていただきたいなと。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一般道で福岡~山口~広島~岡山~香川~徳島の旅へ
2007/12/14(Fri)
日曜日に徳島で仕事がありました。
社会科関係はどれも苦手ですが,特に「地理」分野が苦手な私の
福岡と徳島の位置関係の無茶苦茶なイメージ。

tokushimanoichiimage.jpg

これを書いているのは,実際に車で走って知識が増えたあとなので,
少しは正確な位置関係になっていますが,当初

・「大阪-岡山」間と「岡山-福岡」では,前者の方が距離がある
・「福岡-大阪」と「福岡-徳島」では,前者が後者の2倍程度ある
(九州地方と中国地方は「隣」であるが,「関西」とは隣ではないことからのイメージ)

と思っていました…。ほんと自分の無知に反省です。

まあでも,上記のような無知のため,神戸や大阪までなら絶対車で行くなんて思わないのに,
それよりもっと近いと思っていたので,「徳島に車で行く」と言ってしまってました。
しかも,山口,広島,岡山,香川も見てみたいこともあり,高速使わず下道を行くことに決めていました。

予想していた時間は「下道で8時間程度」

しかし実際には…そう甘くはない旅程が待っておりました。

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
携帯使う小学生は優秀 塾通いで持たされるから?
2007/12/14(Fri)
携帯使う小学生は優秀 塾通いで持たされるから?

小学生において携帯を「ほぼ毎日使用」群と「もっていない」群で,
先の全国学力・学習状況調査での正答率がことなり,前者が高かったという内容。
さすがに最近ではこの手の「数字のマジック」に簡単にだまされない人が大半で,
ブログなどでの反応も否定的,懐疑的なものが多い。

少し思いつくだけでも,
・塾通いの要因を排除してないですよね
・0.5~3%の差って統計的に有意なの?
・東京都教育庁自体が見出しのような考察をしているのだろうか?
とつっこみどころを挙げられるだろうか。

ところで,別の筋で思うのが,
「最近,Yahoo!トップページの「トピックス」欄って,
“キャッチーであれば噂やうそでも良い」傾向がかなり強くなってきたなあ,ということ。
昔はもう少しまともだったような気がするのですが…。
やはり,ページビューの多さがより資本的意味をもつようになってきたのかなと。

しかし,やはりYahoo!はまだそれほど歴史が長いわけではないからか,
本家東スポ的な,「ああ~そうだとおもってたけどこういったひねりもあったか」
と,だまされても喜べるような見出しの域にはまだ到達できていない気もします。
「どうせこうでしょ。→ああ,やっぱな」レベルにとどまっている感じでしょうか?

ここまできたら,Yahoo!トピックスも,
海保博之監修『東スポの戯法-爆笑見出しの知の理論』ワニブックス
あたりを読んで,東スポ路線を本格化して欲しいなあと。
まあでも,その際には,リンクの前に小さくアイコンつけて,
ジョーク見出しであることを明確に区別して提示してもらえると助かりますが。
この記事のURL | 何らかの意見たち | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カメラ何買おう…
2007/12/13(Thu)
今月中にカメラを買わなくてはなりません。
今悩んでいるのが,出たばかりのNIKOND300か,
D3には負けるだろうけどやはりフルサイズが魅力のCANNON5D。
本音としては5D後継機を期待して待っていたのですが,
今月中,待っても来年1月中という購入期限に間に合ってくれませんでした…。

一度街に出て試してみようと思ったのですが,近くのヤマダ電機に
D300+VR18-200のセットがあったので触ってみました。

第一印象は「思ったよりでかい」でしょうか。
KISS-DX+EF50mmF1.8Ⅱに慣れきっていたので,
その大きさ,ずっしり来る重さに少し戸惑いました。
まあでもその分質感はよいな~ごつごつした感じもいいなあと思いながら,
ファインダーをのぞきピントを合わせようとします。

あれ,半押ししても動かない?MFになってるのか?
と思いますがAFです。しかもピントあっています。
音も衝撃もなくAFが作動し,あっという間にピントが合っているわけですね。
超音波モーターの静かさを痛感した出来事でした。

EF50mmF1.8Ⅱや,たまに使う,SIGMA18-200DCなどは,
ギージーグルグルいう「カメラがんばってんな~」と思える振動が手に伝わって,
それが無くなって「あ,ピントあった」というのが振動から判断できたのですが,
高性能な超音波モーターだとそれが無いのか…。

そこでふとプログレに最初に乗ったときのこと思い出しました。
セルシオほどではないですが,かなり静粛性にはこだわった車なので,
「あれ,エンジンかかってんの?」と不思議に思ったし,
坂道でもエンジン音もほとんど上がらず平気で登っていく様をみて,
ガーガー回転数上がってギシギシいいながら必死で頑張るスパシオとの,
妙な一体感,みたいなものがなくなってしまうなあ…という感覚。

車に関しては,私のような感覚を持つ人も結構いる模様で,
心地よいエンジン音が鳴るように工夫された高級車もあるみたいですが,
カメラのレンズなどでは,やはり高くなると音はしないものが多いみたいですね。

確かに,静かな会場などで音がジージーなると,恥ずかしいのは確かですが…。
あと,振動があると高速連写など必要とする人にとってはブレに関連するから,
のぞまれないのかなどと素人なりに考えてみたりします。

なんかでも,今使っている振動の大きいレンズがジーコジーコいうときの,
「レンズも使い手である私も安物だけど一緒に頑張ってみよう」みたいな感覚が好きなので,
カメラ購入期限まで,「高画質だけど振動が結構大きいレンズ」って探してみようかと。
この記事のURL | 写真 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
ベリリウム?
2007/12/10(Mon)
ふとした折に元素記号を覚える歌(?)を思い出した。
「水兵リーベ僕の船七曲シップスクラークか」である。
で,最近とみに衰えてきた記憶力を試すために,該当する元素を1つずつ確認してみた。
水素ヘリウムリチウム…ベリリウム?
名称自体は出てきたのだが,なんとも実生活で聞きなれない元素。
他のものは,何も調べずとも
Liリチウム(電池),B(ホウ酸団子),C,N,O,F(歯磨き粉),Ne(ネオンサイン)
Na(塩),Mg(塩),Al(アルミ)Si(ガラス)…とあっているかはともかく思いつきはする。

しかしベリリウム…4番目という輝かしい位置にいながら何も思いつかない。
2族を縦に覚える暗記法「便器にまたがりかなりスリムなババを乱発」で,
便器をあてがわれていたかわいそうさしか覚えていない。
(ちなみにここの暗記法では「ベルバラ」と綺麗であるが,2番目の暗記法では
「覚える必要なし」と省略されていてこれもまた哀しい)

自分が馬鹿であることは自覚しているが,自分の不勉強のせいのみではないとも思われる。
おそらくではあるが,高校の化学まででは応用例が出てこなかったのではないだろうか。

ということでさっそく検索。
ウィキペディアの該当ページ
iElementの該当ページ


エメラルドですか。これは有名ですね。
ベリリウム銅,バネ,飛行機やF1など,YAMAHAのスピーカー,X線などか…。
マクラーレンのエンジンに使われていたというのが一番知名度が高い感じでしょうか。

やはり,自分が知らないだけでいろいろと使われているのですね。
さすが4番の位置は伊達ではなかったと。
どちらかというとさまざまな利点があるものの毒性が強いため使えていないという感じでしょうか。

まあでもこうして「ぽっかり開いていた知識の穴」が埋まっていくのは楽しいなと。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
すーさんうどん(原田店)に行ってきました
2007/12/09(Sun)
はま亭,すーさんうどん(トリアス久山店)を体験して,
こんどはすーさんうどん(原田店)に行きました。
場所は県道21号のトライアルマートと天ぷらひらおの間です。
隣接するトライアルマートの住所情報からみると,
住所は福岡市東区松島5丁目29になると思います。

惣菜のメニューに関しては,他の2店とほぼ変わらないです。
su-sanharadasouzai.jpg

天ぷら(ごぼう・かき揚げ・芋)
煮物(レンコン・たけのこ・こんにゃく・大根など)
サラダ(大根・マヨネーズ系など)
うどんの具(卵・わかめ・とろろ昆布・とろろ芋・きつね・練り物など)
ご飯の具(梅干・煮豆など)
などでしょうか。

はま亭,すーさんうどんトリアス店との違いは「カレーがある」ことでしょうか。
ただし,惣菜食べ放題のメニューにあるわけではなく,
「カレー」+惣菜食べ放題のメニューがある,ということです。
su-sanharadamenu.jpg

カレーに少し心動きましたが,カレーにあう惣菜ではないのでやはりうどんを選択。
惣菜の中にカレーがあるとうれしいのですが,コスト的に無理でしょうね…。
午後1時過ぎという,お昼時でほとんどのものが消費されたあとに行ったため,
おぼんや惣菜がないものが多く最初は嘆いていたのですが,。
すぐに補充され,揚げたての天ぷらを食べることが出来ました。
品切れないけど冷めた物ばかりよりかはよいのではないでしょうか。
なんにしろ,とろろ卵ご飯にうどんつけても500円なのですから文句は0です。
うどんが出てくるのが遅れたため,惣菜ほとんど食べてしまった食べさしの写真ですみませんが,
全体の写真もどうぞ…。
su-sanharadazenbu.jpg
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ボーナスがでました
2007/12/07(Fri)
ボーナスがでました。雇い続けてくれる会社に感謝でございます。
しばらくは,ホクホク気分で,いつもは目にも入らない
YAHOO!のトップページのリンクの中の「ショッピング」枠に目が行き,
「OMEGAの時計でも買っちゃうか~」などとみてしまいます。
しかし,こういうときに物欲をあっという間に治める秘訣があります。
それは「トヨタなどボーナスの高い会社のボーナス額をみる」です。
あっというまに「俺は稼いでないんだから身分不相応の贅沢は敵」ときちんと反省でき,
無茶なことをせずに済みます。
ちと自尊心がさがってしまう諸刃の剣ですが。

まあでも,同僚が話しているのを聞くと,
「今日はボーナスだから早く家に帰ってごちそうです。」というのが結構ありました。
給料が手渡しから銀行振り込みになってから,このような風景はなくなった,
と耳にすることも多かったですが,まだまだ結構こういう御家族も多いのではと。
また,「ボーナスでたから○×買う」という話も耳にします。

しかし,私には「ボーナスでたから~~」という思考があまり存在しません。
なぜだと考えふと思ったのが,「ボーナスという概念のない家庭に育った」でしょうか。
親も普通のサラリーマンだったので,ボーナスというものは出ていたはずですが,
「ボーナス出たからごちそうたべた。」,「ボーナスで旅行」などの,
「ボーナス出たから~~する」というイベントが全くなかったです。
親の給料日には,いつもは1本のビールが2本に増え,つまみも豪華になり,
「稼いだぞ」と上機嫌の親をみて,「給料日は親に感謝する日」という認識がありました。
しかしボーナスの頃にそういったイベントが全くなかったです。
ある意味,この世にボーナスというものがあるということもしらなかった気がします。
だからなんとなく,今でも「ボーナス=もらえてラッキーなありがたき授かり物」
という感覚が大きく,「自分の労働の上勝ち取ったもの」というイメージが出来ず
自信を持って使うことができない自分がいます。
月給は「自分が頑張った成果」と思えるのですが…。
年をとるにつれてどんどん父親と思考回路が似てくる自分から翻って考察するに,
おそらく,自分の親も同じような感覚だったからではないかと。

まあ,使わずに済むのであればそれに越したことはないとも思うので,
せっかく親から受け継いだ節約の感覚を今後も大事にしていけたらなと。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
元祖長浜屋値上げ?
2007/12/06(Thu)
まちBBSの元祖長浜屋スレッドをみていると,
来年より元祖長浜屋値上げとのこと…。
そこで紹介されていたソース(HP)。

基本的に,ラーメンと替え玉1回で終了なので,
その場合アップは50円,合計で450円が500円になるだけなので,
別にさしたる打撃はないのですが,なんだか少し残念ですね。

特に,替え玉を繰り返す人にとっては厳しいだろうなあと。
「元祖で何杯も食べて有り余るエネルギーを昇華させている青少年」が,
替え玉出来ないことで犯罪に走ったらどうしましょう…冗談ですが。

まあでも,私が元祖長浜屋を好んでいる理由としては,
「量が多くてむさぼることが出来る」ことがメインであるので,
値上げせずに麺の量が減って普通の長浜ラーメン程度の量になられるよりかは,
きちんと値上げしつつ,あの量はキープしてもらえる方が助かるかと。
この年ですから替え玉2回が限界ですし…。

しかし,原油高騰に関してはガソリン代以外あまり気にしてなかったですが,
今回のこの一件で「生活まで脅かされている」ことを痛感しました。
こんなことでしか気づけない自分の鈍さを反省することしきり。

値上がり前にいっぱい食べておこうと。
この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひょうたん(古賀市の天ぷらや)に行ってきました
2007/12/04(Tue)
以前県道35号線の古賀ICあたりを通ったときにみかけて
気になっていたお店に入ってみました。

天ぷら「ひょうたん」
住所:福岡県古賀市川原1527-1 電話:092-942-0593

拡大地図を表示
ランチ定食630円を注文。
ご飯・汁物(豚汁でした)・惣菜は取り放題です。
hyoutansouzai.jpg
この日の惣菜は,記憶に頼って書くと
漬物系(高菜・ラッキョウ・イカ塩辛・もやしナムル・梅干など)
サラダ(ごぼうマカロニさらだ・ひじきサラダ,酢の物など)
おかず系(炒めパスタ・肉じゃが・イカ炒め物など)
でした。
hyoutangohan.jpg

これに,一番安いランチ定食でも
天ぷら(梅ささみ・しいたけ・玉ねぎ・ちくわや鶉などの串物・その他魚介?記憶あいまいです)
などがつきます。
天ぷらが油きりバットにそのまま出てくるのが
揚げたてをほんとそのまま食せる,といった感じで私にとってはうれしかったです。
hyoutantenpura.jpg

このお値段で惣菜も食べ放題というのは安くて良いなと思いました。
古賀は3号線以外ほとんどまわったことがなかったので,
今後またいろいろいい店あるか探してみたいなと。

残念ながら閉店しております。


この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
紅葉撮影にチャレンジしたものの…
2007/12/02(Sun)
会社から見える山が大分色づきました。
深い緑の中に,赤,黄がぽつりぽつり鮮やかに目立っています。
社内の植木はもう紅葉の盛りを過ぎているので,
おそらく今週末が紅葉写真のラストチャンスだと思い少しドライブ。

最初,紅葉の名所に向かうも,「偶然見つけた秋を撮ってみたい」とふと思い,
これまで曲がったことのない交差点を左折。地図も気にせず適当にドライブ。
ついたのは薬王寺温泉近くの公園でした。

最初に目に入ったのがニシキギ。はじめてみたのですが枝の造詣が面白いですね。
これは今後注目していきたい植物だなと。
nihikigi.jpg

そのほか,あまり紅葉する木は植えられておらず,
光が良く当たりうつしやすいのはこの木くらい…と思って近寄ると,
小さい羽虫がものすごい量いました。
枯れゆく葉と無数の生の対比など面白いかも…などと思い撮影してみましたが,
センサーに埃が無数についている!といった感じにしかなりませんでした(ToT)。
kouyoutomushi.jpg

まあでも紅葉って難しいですね。
奥行きあるからどこかピントあわせてもほかの場所のボケが気になるし,
かなり絞るために安易に透過光つかったら細かいところつぶれて絞る意味なくなるし。
紅葉撮る人に高そうなカメラとしっかりした三脚のセットが多い理由がわかった気がしました。
おそらく,かなりの熟練と知識を要する被写体なのかなと。

そんな感じなので気に入った写真が撮れませんでした。
唯一少し気に入ったのがこの写真。
落ち葉となって地にあっても二人仲良くいるような気がして撮りました。
私も朽ち果てる時はこんな感じでいけると良いのですが。
ochitemofutari.jpg

この記事のURL | 写真 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
浦和敗れる!鹿島10冠!9連勝で逆転V…J1最終節
2007/12/01(Sat)
浦和敗れる!鹿島10冠!9連勝で逆転V…J1最終節

ものすごく意外でした…。
こういうニュース記事もあったので

やる気がでません横浜FCの主力選手

まあでもこれでACLは浦和,ナビスコはガンバ,J1は鹿島となって,群雄割拠状態ですね。
現在のところ日本を東京で東西に分けた場合,東2,西1ですね。

残す天皇杯も上記3チーム以外になる可能性が十分残っていると。

天皇杯トーナメント表

九州在住の者としては,
天皇杯準決勝が大分トリニータvsサガン鳥栖で,
決勝は浦和をやぶった金星の勢いで愛媛FCが来てくれて
九州vs四国となってくれると面白いのですが。

まあでも,今回の件で,
・最後まであきらめず挑戦の姿勢をくずさなければ結果がでることもある(鹿島側の視点)
・実力があっても,油断しているわけでもないのに,
不思議と成果が出せない時もあって,その対策はほんと困難(浦和側の視点)

のどちらもを実感できたなあと。

そういう意味では今日から12月。
1年を成果をまとめるなどという視点ではなく,
最後の1ヶ月全力で挑戦し続ける,という気分で頑張っていけたらなと。
この記事のURL | 何らかの意見たち | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |