ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2018.01 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 » 2018.03

2018.02.05 Mon » 麺ず倶楽部に行ってきました


先日の2月2日,櫛田神社で福迎祭を拝見した後で,
須崎方面に行って用件をすませたらちょうどお昼頃…。

20180205mensclubmushiki.jpg

土居通りにさしかかるとなんの工事かはわかりませんが,
巨大蒸し器のような車から大量の湯気がふかふかに沸き上がるのをみて
朝ご飯食べてない自分のお腹がぐ~ぐ~鳴り始めました。

今年は博多部の麺を食べる機会を増やしたいな~と思っていたので,
その先にラーメン屋があったのを思いだしてお店の前をみると
ワンコイン派の私にありがたいラーメン一杯500円~だったので
麺ず倶楽部さんに意気を決して入店してみました。

20180205mensclubmise.jpg

20180205mensclubmenu.jpg

住所:福岡市博多区古門戸町4-24 (MAP) 
営業:11:00~15:00 18:00~27:00 定休:日曜 (食べログよりの情報です)

入り口のレジとカウンターの間についたてがある形状より,
店の外からは店内の様子があまりわからず,
カウンター数席の小さなお店なのかなあ?と思いつつ店に入ると
博多の町家らしい「間口は狭いけど奥にすごい長い」つくりになっていて,
十人程度座れそうな長いカウンター席の奥にテーブル席も複数あって
けっこう多くの人数が入れそうな雰囲気でした。

「麺ず倶楽部」なんて私が書きそうなだじゃれの店名だったので,
お店の大将もどこかとぼけた感じの方なのかなあ~などと思っていたら
悪役商会の八名信夫さんのようなシルバーグレーの強面風の方だったので
店名と店主のギャップに驚きつつラーメン500円(税込)を注文です。

まあでも,店内いたるところに山笠関係のものが掲示されているし,
冷蔵庫には櫛田神社の節分福引きの引換券とかが貼ってあるしで,
この人もきっと気の良い山のぼせさんなんだろうな~
なんて思っているとラーメン登場です。

20180205mensclubramen.jpg

白濁は強めだけど脂はそこまで浮いていないシンプルスープに
皮はしっかり褐色がつき中は脂と赤身が半々程度の叉焼が2枚と
ざっくり切られた大ぶりのネギがたっぷりのるスタイルでした。

まずはとスープをいただくと,塩とんこつというのか,
それとも純とんこつとでもいうのか不明ですが,
醤油や辛みなどの添加のないシンプルでやさしいスープは
なんというかスープだけをすいすい何杯も続けて飲みたくなるような
「やめられないとまらない」系のちょうど良い塩梅の塩加減で
はっとした強いキャラがあるわけではないけど,むしろ毎日の味噌汁のように
毎日飲んでも飲み飽きないようなさらりとしたおいしさがありました。

で,お次は麺をと思ってスープに麺を探してみると,
麺は極細とまではいきませんが結構な細さの麺で,
麺の固さは普通でお願いしたのですがやわやわになることは無く,
細いのに結構な弾むコシがありつつ歯離れはよく,
スープの中でも麺同士があまり同じ方向にならず自由に踊り,
口の中で噛んでもぱらぱらと自由に離れていく感じだったので,
淡目のスープに変に味の面で影響を与えず,
けれどもスープ単体で飲むよりも食感が楽しくなる感じでよかったです。

あと,叉焼が結構独特というか,皮は結構強めの味付けで,
脂や赤身も見た感じしっかりはっきりした形状だったのですが
食べるとふわっとほどけるように口の中で溶けるのが完全予想外でした。

で,そんな感じで麺と叉焼を堪能していつもなら替玉に行くのですが
こちらのスープはついつい連続してすいすい飲んでしまうので,
替玉する前にかなり飲んでしまったので替玉を断念しました。

20180205mensclubmenuset.jpg

まあでも,この日は後でものを食べる予定だったのでセットにしませんでしたが,
こちらのお店はセットの内容がかなりお得だし昼以外もセット注文できるので,
また今度来るときは何かセットを頼んでみたいなあ~
んでも夜が27時まで空いているそうなので,飲んだ後に
このあっさりラーメン食べたら無茶苦茶うまそうだな~
などとと思いつつお店を後にしました。
スポンサーサイト

2018.01.23 Tue » 未来のラーメン王たちへ


今日はイレギュラーな仕事が城南区であったので,
お昼ご飯を夕方まで我慢していつもの膳へ。

さすがにこの時間だと他のお客さんはほとんどいないな~
でも夜に向けて作られたフレッシュなスープなのかは不明だけど
今日のはあつあつで油も多めで味もしっかりあってチャーシューも
結構な厚さのものがどんぶりを覆い尽くすかのように広がっていて最高!

20180123zen.jpg

なんて思いながら食べていると背後の入り口から元気な声が3つ。

入り口横の自動販売機で「生いけよ生」とかワイワイ言っていて,
その後店内の「固さ表示」のプレート持って三人で麺の固さ談義を
しているのでどんな子たちだろうと振り返るとおそらく小3~5年くらい?

お~このくらいの学年で子どもたちだけでラーメン食べにくるだけでなく,
麺の固さをじっくり考えるなんて将来有望だな~♪とウキウキした気分で
どんな固さ指定に落ちつくのかを楽しみに待っていると
記憶では「ハリガネ2,カタ1」!なんて若さあふれる固さ指定!

親にご飯食べさせてもらってないネグレクト関係だったらいやだなあ~
と思いながら背中に必死に聴覚を移動させて話を聞いていると
声も明るいし「お母さんにばれたらやべ~」なんて話も聞こえたので
おそらく駄菓子屋の買い食い的な感じでラーメン食べに来たんだろうなあと。

こういう,「犯罪とかではないけど親に怒られそうな秘密の共有」って
こどもの健全な発育にすごく重要だと個人的には思っているのですが,
最近の家庭事情だとなかなかそういう機会って難しくなっているのかな?
なんて思っていたのでこういう姿をみることができてなんだか嬉しかったです。

そういう意味では,膳さんの280円という価格は,
子どものおこづかいでも食べられる金額であるという価値も存在し
「将来のラーメン王が最初に自分のお金で食べたラーメン」てな感じの
ゲートウェイラーメン的な存在価値もあるのかもしれないなあなどと。

なんというか,「塾や習い事の前にご飯食べといて」と言われて
お金渡されて独りで外食する子どもも多いのでしょうが,
そうではなくて「自分のおこづかいで」「娯楽として」「親に内緒で」
食べた外食って結構その後の食の嗜好に影響する気がするなあなどとも。

で,これだけ楽しい思いさせてもらったのだから
財力のある大人の面をみせたくて「あの子たちにこれで替玉を」
なんていいながら立ち去りたかったのですが
さすがにそんなことしたら意味不明と思われそうなので
そのまま心の中でお礼をしてお店をあとにしました。

2017.12.14 Thu » ラーメンの「ベタ」の疑問


某店でいつものラーメン大盛を注文。

おいしい日があればそうでない日もあるのは当たり前で
残念ながらこの日は・・・な感じだったので,
自分にしては珍しく最初数口食べてラーメンたれを追加し,
ごま紅ショウガも早い段階で投入で食べました。

他のお客さんが「味がない…」と言っていて,厨房のお姉さんに
「ラーメンたれいれてください」と言われていたので,
この感想は私だけではなかった模様。

で,このお店で・・・な感想を抱くときの共通点として
「スープ表面に油が少なくすごく均一に乳化している」のがあるのかなと。

こちらが・・・な感想を持ったときのスープ部分。
20171214soup1.jpg

こちらはおいしいと思ったときのスープ部分。
20171214soup2.jpg

これが「油の乳化具合」の違いなのか,そもそも「油の量」が違うのか
については不明なのですが,ここで私が不思議に思ったのが
「ベタ」ってどういう感じで作るのだろう?ということ。

私が油の量を増やすための「ベタ」を注文するのは元祖長浜だけで
このお店で頼んだことはないのですが,
そういえば今まで元祖長浜で「ベタ」と注文したときに,
どのような調理工程が増えるのかについての知識がないなあと。

よくある工程としては,「どんぶりにタレ投入」「その後スープを注ぐ」
というものがあると思うのですが,タレと一緒に油を足して入れるのかなあと。

油はスープから分離した物なのかそれともラードとか別のものなのか…

自分ではラーメン好きのつもりですがそんな基本的なことも
意識せずに「ベタナマ」とか注文していた自分を反省しきりです。

んでも数分しかしらべてないですが元祖長浜のベタで油がどう増やされるのか,
そこで増やされる油の正体などについて書いてる記事がみつけられてないので,
またこんど調理工程よく見える元祖長浜で確認したいなあと。

その他,「コク味」が販売になったので,スープを作る際に
「コク味用成分」を分離するようになったため,
その分ノーマルラーメンにのこるコク味成分の量が減ったという,
ドラえもんとドラミちゃんのロボット専用オイルの濃さによる
性能差のエピソード
のようなな要因もあるかもしれませんが,
こうして味の違いにいろいろ思いを巡らせるきっかけをつくってくれるので,
・・・な味に出会うのもまた「おいしい」体験ではあるなあと。

写真2枚だけだと寂しいのでもう1枚ラーメンネタ。
「ラーメン食べ放題」ができる浅草の拉麺ビュッフェBUTAさんですが,
980円ではさすがに採算合わなかったのかやめられて
本格とんこつラーメン丸久(MARUKYU)になってました。

20171214marukyu.jpg

勝手な想像ですが同じ豚骨ラーメンなので経営は同じで
食べ放題をやめるために店名をかえたのかなあなどと。

2017.11.30 Thu » 【ネタ】ラーメンクイズ 求むラーメン通!【ネタ】


さて今からラーメンクイズを出します!

ラーメン好きのあなたでも分かるかな?

まずは以下の3枚の写真を見てください!

1.2017年11月14日の膳小笹店ラーメン大盛
20171130zen1114.jpg

2.2017年11月21日の膳小笹店ラーメン大盛
20171130zen1121.jpg

3.2017年11月28日の膳小笹店ラーメン大盛
20171130zen1128.jpg

さて問題です!
このうち私が一番おいしいと思ったのはどれでしょう!






・・・・・・・・。

分かりませんわなそんな個人的体験なんて。

まあ,正解は2枚目で,スープと麺の感じが一番好きだったのですが,
チャーシューで言うと3枚目が一番好きだったかなあと。

で,チャーシューに関しては理由がはっきりしていて,
写真でも分かると思うのですがほとんどが赤身の部分なのですが,
膳のチャーシューは赤身の部分でもぱさつかずじんわりしたうま味が
しみ出してくる感じで「もむもむ」した食感がおいしいので,
脂身などが多いその他の部位より赤身の方が私は好きだなあと。

で,写真から「なぜ2枚目が一番おいしく思ったのか?」を考えてみたのですが,
もしかしたら2枚目が一番「あまり乳化していない」感じかもしれません。
そんなこと考えたら私はどちらかというと「スープと油はそこそこ分離している」
感じのスープが好きで,別々のスープと油を麺が一緒に持ち上げる味が好きなのかなあと。

まあでも,こうして似ている写真を3枚並べられると
違いを探そうと躍起になってしまうのは人間の性だとおもいますので,
またネタに困ったら複数並べて何か思いつけるかを探してみることで,
ラーメン理解への長いけれどストレートな道の歩みを進められたらなと。

2017.11.22 Wed » 湯切りの疑問


某所のお仕事に向かう途中の某所でラーメン。

いつものおいしいラーメンですがこの日は特にチャーシューの盛りも良く,
麺がしっかりスープをつかんでくれる感じで大満足でした。

20171122ramen.jpg

ラーメンに限らず,食べ物は生き物なので毎度味が変わるのが常ですが,
このお店で私が個人的に感じる最大のブレは「麺がスープをつかむ度合い」

上にも書きましたが,おいしいな~と思うときは
麺が全体としてスープをつかみ,かつ麺が上手に表面に油をまとうことで,
麺-油-スープの立体感を伴う食感になっておいしいなあと思います。

んでもごくたま~~にですが麺とスープがなじまないというか,
麺が油ではなく水を薄いベールのようにまとってしまう感じで
麺とスープが出会うことなくそれぞれ単独に流れて物足りなく感じることもあるなあと。

なので,「もしかしたら湯切りの問題なのかな?」と思って調べてみると
湯切りが悪いとぬめりがでるらしいのですが,
そういったぬめりをこのお店で感じたことはないのでまた別の要因なのかなと。

で,こういう困ったときはいつもの文献検索だ!と思って
「湯切り」をキーワードに検索してみたのですが思ったような文献には出会えず。

まあでも食品系の文献って扱っているのが具体的な食品なので
私のような素人文系が読んでもイメージが湧きやすい気がするので
(そうしたことが数多のニセ科学にだまされる危険性も自覚しつつ)
無料で読める以下の文献をざっと斜め読みしてみました。

進藤・八戸・濱松 2017 うどん・そうめん類と中華めん類のゆで調理における
安定ストロンチウムおよび主要無機元素の挙動 農研機構報告食品部門

良く分からないのですがゆでめんの中のストロンチウムの残存量を
他の無期元素(Ba,Na,K,Ca,Mg,P,Fe,Zn,Cu,Mn,Cr,Mo)の残存の様相と
比較した場合,同じ2A族のカルシウムと一番似ていたらしいです!

文系なので上の結果の意味は全く分からないのですが,
やはり同じ2A族のBa,Mnのほうが,1A族のNaやKよりも似ているみたいなので,
「元素が麺にどの程度残るかを決めるのは元素配置!」なんてすんごい
宇宙チックなことがラーメンの丼の中でおきているのですねロマンチック!???

と,ここまで読んだあなたでしたら,さっきと同じこのラーメンの写真に
コスモを感じることが出来るのでは無いでしょうか…

銀河の写真をすかしでラーメンの写真にのせようと思ったのですが
レイヤー?なにそれコスプレする人?くらいの私のフォトショップスキルでは
全く無理でしたので2枚を一緒にのせて終わらせていただきます。
(銀河の画像はpixabay様HPより)

ginga.png
20171122ramen.jpg

ま,でもほんと一杯のラーメンを題材に無限に科学を語ることはできるでしょうから
どっかでそんなシンポジウムとか開いてもらうと面白そうなのになあと。
09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif