本人に届きますように
2015/04/13(Mon)
※今日のブログは世代闘争系でいらっとされる人もいると思いますので
いろんな世代の気持ちになってみられる人のみ先にお進みください。
あと、「本人」って椋本さんじゃなくて上の世代の人たちです。


先日のKBCラジオのイベントの会場にホンダのS660がありました。
20150413s6601.jpg

で、ふ~~~んと思いながらみていてふと思い出したこと。

「確かこの車の開発責任者はすごい若い人だったはず」

で、下の2つの記事を読んで判明したこと。
1. http://response.jp/article/2015/02/15/244352.html
2. http://response.jp/article/2015/03/31/247915.html

○開発担当者:椋本陵さん(26)
「オジサン世代には,我々の感性は理解できないでしょう」
「重役が居並ぶ企画会議で大見えを切ってから5年」

○椋本さんが開発責任者になれるきっかけを作った人:
60代前半の会社TOP。

本田本体の社長:伊東孝紳社長(1953年生62歳)「軽スポーツを作る!」と決定
開発部門のトップ:山本芳春(1953年生62歳)本田技術研究所社長

○椋本さんを「顔」として実質を握った人の年代:50代前後

本田技術研究所四輪R&Dセンター安積悟主任研究員(48歳)
シャーシー開発を手がけた深見政和主任研究員は
「年寄りはシャーシー系の私と、エンジニアリング系、
そして開発責任者代行の3人。この3人が平均年齢を上げている」

開発責任者代行が48歳および記事2の「開発責任者は50歳前後の社員が多い」
との記事より、開発のサポートに回ったのは50歳前後なわけですわな。

問:こういう流れで割を食ったのはどの世代?
答え:30,40代

20150413s6602.jpg

団塊ジュニアの大人数の中で埋もれつつも受験戦争乗り越えたら
バブルには乗り遅れ、氷河期の中就職し、人員削減の中で
「それでもなんか面白いもの作る番がくるまで!」
とか思いつつ社内で耐えてきたら、
「やっぱ若い感性が!」とかいわれてまたまたはしごをはずされて…

。・゚・(つД`)・゚・。

若い人にチャンスを与えるのはいいのですが、
そのために「余り若くないけどえらくもない世代」が
まだ得ていないチャンスを奪って与えるのはやめたほうが…

ここまで読むと、50代前後の方にいらっとされると思うのですが、
最近の銀行かなんかの社長交代劇で飛ばされたのは50代の方々なので、
ある一定の世代のことを言うのではなくて「上の決定による中間飛ばし」
全体が哀しいなあというのを本田のS660を例にして書いただけですので、
おそらくこのブログを読んでくださる年代で一番多そうな50代の人たちに
お怒りをおさめていただけるとありがたいです。


まあでも、「ツーシーターの軽」を買う世代は、
子育てで一生懸命でミニバン系が必須の3,40代ではなくて
50代以上以降の「青春取り戻し隊」の人たちか
20代のデートカーかであろうことは容易に想定できるので、
「実際に買う世代」と「その子どもの世代の開発者」という組み合わせは
いいという会社の判断なんだろうなあと。

まあ、欲しくても手が出る値段ではないのでどうでもいいですが、
5代目ロードスターの中山雅さんのマツダ入社が1989年みたいなので、
年齢的には「ホンダが捨てた世代」出身ですぜみなさま。

http://autoc-one.jp/mazda/cx-5/special-1118317/

ルサンチマンじゃなくてなんというかこう、やるせない気持ちをそのまま書きました。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
エコタイヤがなんかいいです
2012/02/13(Mon)
「そろそろしないとなあ…。」

とは思いつつも出来てなかったことは何でしょうか?

私の場合人生に関しては思いつきすぎて困ってしまいますが、
「別に不安でもなくお金払えばすむことなのに出来てないこと」
の筆頭にあげられていたのがタイヤ交換。

111111km.jpg
愛車プログレの走行距離が先日111111kmに到達したし、
新車登録から10年(11年?)経ってしまったので、そろそろハイブリッドかなあ…
AQUAならなんとか私でも…ならばタイヤ交換したらもったいないよなあ…などと思っていたのですが、
AQUAの納期は5ヶ月かかるとのこと…かなり遠いなあ…。

「まあじゃあ、車検まで持つ程度の一番安いタイヤでいいか。」
「今のがブリヂストンの当時は高級だったらしいREGNO GR9000だから、
今度は他のメーカーの安いの買ってどんだけ違うか体験してみたいなあ…。」

などと思っていたのでいろんなメーカー取り扱っているお店へ。

「すみません車検まで半年もてばいいので国産で安いやつを」
というお願いで勧められたのがYOKOHAMAのDNA ECOS。
まあそれでいいやと思ったらお店のおっちゃんがすすめてくるのが
「これおすすめ!エコ性能の等級がAAAだけど安いよ!」と指さした先にあるのは
BRIDGESTONEのECOPIAEP100Sというもの。

転がり抵抗が小さいとな…どういう意味だ? 
「タイヤなんてグリップ力があってへばりつく方がいいのでは?」
という思いがあったのに転がった方がいいとは…よくわからん…

まあでもそう言う意味では「転がり抵抗でAAA!」
とか言われているものを買ったらプラスマイナスどっちであれ、
これまでとは全然違う世界が体験出来ると思ってそれにしてもらう。
「ブリヂストンやめて他のメーカーっていってなかった?」とつっこまれそうですが、
いやほらやっぱ福岡県民としては横浜より久留米でしょうなどと理由付けして決定。

タイヤ交換終わった後お店のおっちゃんに
「ついてたタイヤすっごいつるつるでしたよ!」と驚かれたのですが、
タイヤやさんに驚かれるほどのつるつるさだったら
写真撮っとけばネタになったのにと大反省。・゚・(つД`)・゚・。

で、肝心のエコピアの感想ですがこれがもう全然違いますね。
エンジンかけてお店の駐車場をクリープで走る段階で
コロコロコロコロ…うわあどこまで勝手にすすむんやあ~~!

お店出ておそるおそるアクセル踏み込んでみると
もっとずっとコロコロコロ~~
タイヤコロコロ三コロコロ 
あわせてコロコロ六コロコロ~~~!!!
早口言葉になってないけどそう言いたくなるほどコロコロまみれ!

レグノの時がどっしり落ち着いていたとすると、
エコピアはタイヤが独立してコロコロしている感じで
なんというか元気な子犬がハッハッ楽しげに
先に先に歩いて行くのについて行く感じのコロコロさ。
かといって別に空回りするとかはないし、
本日の雨の中走ってもしっかり安定はしている感じなので、
そう動力性能犠牲にせずにエコ性能があるんじゃないかなあと。

まあ、まだ買って2日なのでこれからイメージ変わるかもしれませんが、
このコロコロ感は結構やみつきになるのでタイヤ交換考えている人は是非。

ただし、私が買ったのはEP100Sですが、今月新発売した
PZ-X、PZ-XC、PRVというのが最新版みたいなので、
最高級を目指す人はそちらがいいかもしれません。

タイヤの写真撮ってないのでタイヤ代わりの丸い椅子。
この椅子のあった公園の食堂についてはまた書きます。
tirejanaiisu.jpg

この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
新春初ポカ&都市高速の難しさ
2012/01/10(Tue)
私の記憶:11日までにパソコンで入力してその後郵送すればよい

現実:10日までに入力し、10日までに届いてなければならない

新春初ポカでお恥ずかしい限り。・゚・(つД`)・゚・。
ということであわてて書類作成して都市高速使って堤まで。

toshikousoku.jpg
(写真は別の日に都市高速を下からとったものです)

自分のミスなので都市高速代は自費…。なのでせめてブログネタにして元をとろうと
思いながら運転していたのですが、私の運転技術のなさもあると思いますが、
福岡の地図が頭に入っていないと難しいと思う点があったので挙げてみようかと。

今回、香椎東から堤まで利用したのですが、

1.そもそも路線全体をしめした地図があまりないため、
   どこで分岐してどういけばいいのかのイメージがしにくい

2.千鳥橋JCT直前で分岐の頼りになるのが「天神」「博多」の地名ですが、
  この2つの地名から西と南方向を理解するのは素人には難しい
   (「百道」と「太宰府」とかの方がわかりやすいかなあと)

3.香椎東から半道橋あたりまで、5号線にむかう頼りは
  「野芥」の地名なのに、、5号線に分岐する手前では「福重」表示が増え、
  しかも分岐のちょうど手前では5号線のマークと「西九州道」しかなくわかりにくい

これを読んで、「福岡を知らん田舎者が何を言うか!」
と思う人もいると思いますが、初心者にもわかりやすい表示には
正解がない分いろいろとよりよいものを目指していってくれたらなあと。
それが事故や渋滞などの減少につながるのは確かでしょうし。

福重同士がつながった際には案内表示の入れ替えもあると思うので、
「福岡に詳しくない人が通った時に困った点」などを
モニター調査したうえでの案内の取り替えなどあればなあと。

kitakyusyukuukou.jpg
(写真は都市高速とは関係のない道の写真です)
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
酔いは水色??
2010/07/01(Thu)
この季節、車を走らせていると
雨にぬれた山肌のどこか物憂げながら凛としたさまと、
低く垂れこめた霧のやわらげながらどこか冷酷なさまの
合い入り混じった光景にはたと見入ってしまうことが多いです。

で、その感動を残しておきたいと赤信号の合間に慌てて写真撮って、
期待しながらパソコンでみて驚いた写真がこれ。

blue_of_frontwindow.jpg
なんでしょうこの水色は?
レンズが故障して開放でしか撮れないことは気づいていたけど、
とうとうカメラ本体まで故障か。・゜・(つД`)・゜・。修理代いくら~~
とビビっていてはたと気づく。
あ、うちの車(プログレ)のフロントガラスの上って水色ついてたねえ。

しかしなんで水色なんてついているのだろう?

中古で買った車なので新車購入時の事情はわかりませんが
記憶をたどってみると「車酔い防止のため」だったはず。
バスにはたいていこの水色があって、
酔いそうなときはこの水色をみるとよいと教わった記憶があります。

で、なぜなのかを調べようとしたものの…見当たりません。
というか青いものが乗り物酔いに効くということ自体誰も書いていません…。

ガセでしたか…。
いや、うん10年も温め続けてきた勘違い、ある意味貴重だと思いましょう。

こうなると真相を知るのはどなたかもわからぬ新車時のオーナーさんのみか…。

さすがに調べて連絡取ろうなんて思いませんが、
なんだかふと、「まだ元気で走ってますよ。いい車をありがとう」と伝えたい気分になったりも。

まあそれはおそらく車検の期限が今月中、しかも10万Km間近で料金が高くつくため
車検通す覚悟決めるために「この車はいい車」と呪文唱えないといけないからでしょうが…。

もう雨はいいからボーナスがいっぱい降ってきてくれたらなあ…。
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
高速道路でレグノの実力を再確認
2008/06/19(Thu)
先日の出張時に高速道路を利用しました。
貧乏なので自費で高速道路を利用する勇気が出なかったのですが,
会社のお金だからと思って高速道路を利用。
なんだかんだで1月にプログレのタイヤ交換してから初の高速道路使用です。

その時驚いたのがREGNO GR-9000の静けさ。
以前,購入直後の感想(こちらをご覧下さい
ではあまり静かではないと書いたことがありますが,
高速道路での静けさは別格でした。
タイヤの音がほとんど気にならない!
なんだかほんとすべるように高速道路を走行できます。
これは前回のGR-8000よりかなり向上しているのではないでしょうか?

その際,「領収書必要だから」と思ってETC利用可能なのに
一般の出入り口で領収書もらったのですが,
ネットで簡単に料金照会できるのですね
http://www.etc-user.jp/

今度高速利用する機会があったらこれを使って節約せねば。
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ