FC2ブログ

ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2019.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2019.09

2019.08.14 Wed » 風の行方


今日は盆休みで出勤してもクーラーがつかないという
非常事態宣言が職場に出ていたので自宅でお仕事。

で,何とか終えてその結果をメールで出し終えて晩御飯を買いに行き,
いつものように飲んで食ってを一通りしてハタと気づく。

「ブログ更新しておりませんでした。・゚・(つД`)・゚・。」

20190814wind1.jpg

いつもなら「仕事終了→ブログ更新→帰宅」という流れがあるのですが
今日は自宅での作業だったので「仕事終了→買い物→晩酌」
という流れになってしまいブログ更新のことが全く抜け落ちてしまっておりました。

なのでもうしこたま飲んだ後でブログ更新すると変なこと書きそうなので
まだ一応意識が残っている今のうちに簡単に更新することにします。

写真はすべて先日開催されたいちき串木野市大里地区の七夕踊りの写真ですが
すべて「風」を感じさせるものを選んだつもりでございます。

20190814wind2.jpg

そんな感じで博多祇園山笠も「風」を感じやすい祭りですが,
みなさんはどんな風をどんな方向に向けて感じているのかなあと。

私の場合,風は岡側から浜側へと抜けるイメージが強く
その風の行き先は京都,てな感じで思っているのですが,
これも結構千差万別なんだろうなあと。

そういう意味では,山笠の時に感じる「風の軌跡」は
ある意味その人その人の人生や死生観や世代継承性などを
反映する可能性があるので,山笠が通り抜けた後に皆が寄せる
まなざしの先を訪ねてみると人々の生の行方を知ることもできるのかなあと。

あなたの風は,どこに吹いていきますか?

20190814wind3.jpg

私のかぜは,のどから?鼻から?ってそっちか~い(笑)。
スポンサーサイト



2019.08.13 Tue » 結果発表


博多に戻ってまいりました。

外洋に直接面する鹿児島の海辺の町に帰省していて,台風10号の影響で
数日前から結構なレベルの波がごうごう押し寄せているのを見ていたので
大事をとって13日中に戻ってきたのですが博多はまだまだ大丈夫そうですね。

んだから戻ってきた私の一番の心配事は第62回博多祇園山笠写真コンテストの
結果だったので,「ならばやはり主催者にお参りしてから結果を見よう!」
と重い荷物を抱えて櫛田神社に参拝してから自宅に戻り郵便受けをみると…

封筒発見!

20190813kekka1.jpg

昨日「入選:薄い 落選:厚い」という推理を書いていたので,
薄い封筒だったので「よかった!」と思ったのですが,
封筒をすりすり指でこすって授賞式への出欠を知らせるはがきが
入っているかを探って確かめてみるけど感じない…。・゚・(つД`)・゚・。

不安に思いながら自室に入り,おそるおそる封筒を開けてみると…
去年の入選時に入っていた「B4用紙の入選報告の紙」が入ってない!
と絶望に陥りながら入っている紙を見ると・・・なんとか佳作GET!でした。

20190813kekka2.jpg

「櫛田神社の境内に自分の写真が飾られる」ということだけが目標なので,
入賞などの大当たりは狙わずどちらかというと「こんなのもあるよね」
という脇を充実させる写真としての採用を目指しているのでこの結果は満足満足。

んでも…これも事前に恐れていたのですが,授賞式の日程が8/29なんですね…
その日は長期出張中なので参加できません。・゚・(つД`)・゚・。
ここで宮司さんのお話や西日本新聞のプロの方の講評を聞くのが
一番勉強になるのでありがたかったのですが残念無念。・゚・(つД`)・゚・。

「でもまあ,後日飾られているところの写真を写してブログ書くぞ~♪」
と思って展示会場と期間をみてみると
一、 八月二十九日より九月一日迄 櫛田神社
二、 九月三日より九月九日迄 博多町家ふるさと館
三、 九月十七日より九月二十四日迄 福岡銀行博多支店
四、 九月二十五日より九月三十日迄 西日本シティ銀行博多支店

20190813kekka3.jpg

ということで櫛田神社に展示されている期間は出張に丸被り。・゚・(つД`)・゚・。

ま,でもふるさと館に飾られている間には戻ってこれるので,
そこで他の作品見ていろいろ勉強するぞ~~~!!!と。

ほんと,技術の差に圧巻させられることも多いけど,
まなざしの方向やその深さにどきっとさせられることも多いので,
他の人の眼を知ることでよりいろんな山笠の姿をみていけるように
なれるようにしていきたいな~~~と。

2019.08.12 Mon » 裁きの時は近づかん

(本日の写真は本文とは全く関係のない鹿児島県市来大里の七夕踊のものです)

映画『オネアミスの翼』の挿入歌として,王立宇宙軍の軍歌があり,
うろ覚えでその歌詞を書いてみると「行く手を覆う混沌に~♪
裁きの時は近づかん~♪あ~あ~あ~王立宇宙軍~永遠に~」
というものがあり,何かの結果が下される前にふと思い出したりします。

で,私に近づいてきた裁きの時といえば…そうですね櫛田神社主催の
第62回山笠写真コンテストの結果発表ですね。

20190812tanabata1.jpg

これまでの流れでいうと,盆の帰省を終えて戻ってくると
・櫛田神社から封筒が届いている
・祈る気持ちでその封筒を持って部屋に戻る
・その間,封筒を指でこすって「往復はがき」が入っているのを確認する
・開けてみて結果を知る

という流れで進んでおりました。

で,今回山笠ナビさんのツイッター経由でコンテストに応募された方の
ツイートを拝見し,新たな発見をしたことが以下のこと。

・選に選ばれなかった人にも封筒は来る(こないと思っていた)
・選ばれなかった場合,参加賞のフォトスタンドが同封されてくる

なので,郵便受けをみて「分厚い封筒」が入っていると落選の知らせで,
薄い書類だけの封筒だったら入選の知らせになるわけですねと。
で,台風のことなどもあり明日福岡に戻るのですが,
重い荷物かかえてひいひいいいながら帰省先から戻り,
けれども「久しぶりの我が家~~~♪♪♪」などと思いつつ
郵便受けを見た瞬間にコンテストの結果がわかって落胆してしまうのか…と。

。・゚・(つД`)・゚・。
20190812tanabata2.jpg

まあでも,強がりでも自己欺瞞でもなく今回は落ちている気がするなあと。
これまではビギナーズラックというか「初めての応募者を落とすとその後
応募してくれなくなるかもね~」という判断の基,
若手として甘やかせてくれていたと思うのですが,
3回目になるのに全然上達していないどころかむしろ劣化している写真を見て
「そろそろ崖から落として登ってくるまでは親子と認めぬ」みたいな
獅子の親子みたいな感じで実力のなさを痛感させられる時期ではあるだろうなあと。

20190812tanabata3.jpg

まあでも落ちていたらまたこのブログで落選作について語る予定ですので
こうご期待!ってなんとか1枚佳作に選ばれさえすれば,
他の落ちた作品については楽しんでそのダメなところをブログに書けるので
なんとか1枚だけでも…。・゚・(つД`)・゚・。

だけど信じてる信じてるどうか信じさせて~♪槇原敬之『SPY』


でも,夢だったんだね~~~~~♪中島みゆき『夢だったんだね』

2019.08.05 Mon » 無がいっぱい


出勤前に櫛田神社によって拝殿に近づくと…

先日ブログに書いた藤城清治先生の版画『夕日どき ふる光時』の
飾るための台座はあるけど絵がなくて無が飾られている状況でした。
そしてその状況を差し込む朝日が煌々と照らす様は
なんだかおもしろいなあと思って写真を撮ったのがこちら。

20190804mu1.jpg

櫛田神社は夜になると中神門を閉めて拝殿には入れなくなりますが,
さすがに絵をそのままにしていると盗まれる可能性もあるし,
台風などで強風が吹くと絵が吹き飛ばされる可能性もあるから
こうして毎日どこかにしまわれているのだろうなあと。

で,振り返って正門の方をみると,今日はさほど早い時間でもないのに
ちょうど他の参拝者が無の状態で久しぶりに櫛田神社を独り占めできました。

20190804mu2.jpg

こんな感じで「無がある」ことを表現できるようになったのが
「ゼロの発見」だったとしたら,それ以前はどんな感じだったのかなあと。

てな感じでなんとか「無」関係で写真2枚載せられたので,
あとなんか1枚無に関連した写真を載せて文章書ければ…
と思ったのですがいい写真がみつからず。・゜・(つД`)・゜・。

ということで3枚目は「無」として今日は終わらせていただきます,
てな感じで少しは「無」でまとめられたかな~と思っていて,
ふと「3枚目が無い」ことはすなわち「4枚目も無い」わけで,
5,6,7,8,9……と無限大まで無が続くのですね。
そういうとなんだか無がすごく大きなものにみえて,
でもそれはただ巨大な無なわけであって,
どんだけ無を積み上げても0にいくら数をかけても0なように
無は無としてそこにあるんだな~などと。

と,こんなことを無理やり書いて「ネタが無い」ことを
表現できた気がしたので本日はこれまでにて~
無つながりで明日は台風が何事もなく過ぎ去ってくれますように。

2019.08.03 Sat » しっかりとおおらかと


いつものように出勤前に櫛田神社によって,
お参りをすませてから休憩所で一休み。
最近の暑さでなかなか「さ!歩くぞ!」ってなれずに,
休憩所でスマホいじくる時間が長くなって行けませんね(笑)。

まあでもそうしてのんびり時間をつかえば日頃気づかなかったことに
気づけることもあって,本日私が気づいたのが「天井の素材」

20190803tenjou.jpg

一番上で空と隔てる屋根の部分はまっすぐ製材された木材を
使用しているのに対して,下方の電灯などが吊るされている梁の部分は,
製材などされていない生のままの原木が使われているんだなあと。

まあ,おそらく原木を屋根につかっちゃうと隙間空きまくりで
雨漏りとかして屋根としての機能をはたせないので,
屋根の部分はきちっと製材されたものをしゃきっと居並ばせるのに対して,
梁の部分は両端で支えればいいだけだし他の木材と並べる必要もないので
こうして原木のまま使えて趣を演出できるのだろうなあと。

こんな感じで,おさえるべきところはしっかりしゃきっと整然とこなし,
ゆるんでいいところはおだやかにたおやかに趣楽しみながらできるような
そんな働き方をしてみたいものですが。。。。・゜・(つД`)・゜・。

頑張れ明日の自分! 負けるな明日の自分! まかせたぞ明日の自分!
だから今日はもう帰る~。・゜・(つД`)・゜・。。・゜・(つД`)・゜・。。・゜・(つД`)・゜・。
09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

09search.gif