FC2ブログ

ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2019.12 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2020.02

2020.01.26 Sun » シン・「山笠の報道のされかた」(その6)


※書いている私自身の想像をはるかに超えてジャンプの人気漫画のように
妙に長くなってしまった本シリーズなので,
今回は余計な導入抜きで結論から先に書きたいと思います。


それは「主戦場がtwitterなのが山笠ナビさんの強みである」です。

以下,この点について3つの視点から考えていきたいと思います。

1.リアルタイムツイートによる報道をすることの難しさ

これも,「実際にチャレンジしてみないとわかりにくい」ことだと思いますが,
カメラ片手に山笠のいろんな場所を訪れると,それを写真に撮るのに精いっぱいで,
そこで何かをツイートする気力というかタイミングを創出するのはかなりの困難です。
カメラをやめてスマホに持ち替えるだけでもどんどんシャッターチャンスは失われるし,
遅いスマホのカメラで撮った画質の悪い写真をなんとかみられるようにトリミングして
それに添える文章考えていたら…舁き山なんてあっという間に舁き終えてしまいます。

このあたりは本当に「でもやっぱりリアルタイムツイートが大事!」と思って
2019年の山笠で現地でのツイート増やそうとしてまるでダメになった経験から
どうやっても真似できないだろうなあと思っております。
でもこれは私の能力が足りないだけでもなく,新聞記者さんなども同じ感じに見えて,
櫛田神社の境内などで公的なマスコミ関係者の方々が取材されているのをみると,
結構な数の人がノートパソコンを手にもって文章や写真を編集されたりしていて,
そしてそこで完成させた文章や写真などを,そのままアップするのではなく
おそらく社内の偉い人とか編集を担当する部署に送られているのだろうなあと。
やはり,公的なマスコミだと情報の早さも当然求められるでしょうが,
内容のチェックなどを経ないと社名をあげての報道ができないため,
Twitterでダイレクトに情報発信というのは今後もなかなか難しいのだろうなあと。

20170712over60.jpg

2.既存のリアルタイム報道と現地にいる人が利用可能な情報のズレ

最近の若者はモノ消費ではなくコト消費にシフトしてきた…とか
体験型のイベントへの参加を希望する者が増えてきた…
といったことを耳にすることがずいぶん前から増えてきたように思えます。

確かに私も実感として「祭の参加者だけでなく見学者も増えてきたなあ」
と思うことが多くなり,まあそれはいい写真が撮りにくくなる面もあるのですが
基本的にいい傾向だよなあと思っております。

で,これまでの山笠に関するリアルタイムの報道がどうであったかといえば
追い山の日に放映されるテレビ各局の中継が該当すると思います。
清道に配されたメインキャスターとゲストと解説の詳しい人,
ルート各地に配置された現地レポーターをつないで撮影される番組は
山笠の歴史などもわかり各山の現在地のだいたいもわかり,
きれいなカメラアングルで撮られた迫力ある映像をもとに
お茶の間にいながら桟敷席や各ルートのベストポジションから見える
最高の視界を一緒に体験できるという面ではすでに完成されていると思います。

20170712doiasa.jpg

んでもそれは自宅にいる人にとっての完璧であって,
現地にいる人にとっての完璧とはまた違うのも当たり前で,
桟敷席で座っているとかでない限りテレビ中継を現地で見ることはできないため,
人が体験を求めて自宅から外に出ていく傾向が高まれば高まるだけ,
そこで求められるリアルタイムの情報の内容は変わっていくと思います。
なのでやはり祭りなどに関して言えば,その場にいる人が求める情報は
祭の背景や由来に関する含蓄と学識にあふれた内容ではなく,
「今何が起きているの?」「次は何が起きるの???」「次はどうすればみられるの」
ということだと思います。特に山笠に関して言えば,
偶然通りかかって山笠に遭遇してその勇壮さにすっかりはまった人たちが,
「え,もっとみたい!でもどこにいけば?」みたいな感じで
釣り上げられたサバのようにびちびちもんどりうっている姿を
みかけることが結構ありますが,そうした人が探そうとしたときに
一番目に触れることが多くかつ役に立ちうる情報源は山笠ナビさんのものになるのではと。

3.山笠のツイートをコネクトする

山笠ナビさんのtwitterをみていると,山笠に関してほかの方がつぶやかれたものを
いろんなところから集めてリツイートされているのをよくみかけます。
これはまあいろんなところからのこまめな情報収集活動の一面とともに,
新規フォロアーを獲得するための営業活動になるからされているのでしょうが,
こうした活動を通じて「同じようなこと考えている人もいるんだな~」
といった妙な連帯感というか一人じゃない感を味わうことができてよいなあと。

20170712asayamaato.jpg

で,山笠までまだ半年くらいある今の時期はリツイートされる話題は
ほとんど櫛田神社の飾り山についてのものに集中しがちなんですが,
実際に山が動き出したころにリツイートされる内容はやはり多岐に富んでいて,
「お~これは全然気づきませんでした!」「すごいいい写真!」
「こんなレア情報を…尊い」みたいに思うことをツイートしている人も多くて
なんというか「新たな報道の才能の芽吹き」みたいなものを感じることも多いです。
こういう気づきは別に自分だけが体験しているわけではなくて,
自分のツイートもどこかの誰かの気づきにお役に立てているのかもしれないし,
それが無理でも「うえ~んまたしても見学失敗。・゜・(つД`)・゜・。」
なんてツイートが誰かの慰めになっている可能性はまだあるかなあとも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

てな感じで思いついたことを取り留めもなく書き殴っただけになって
あまりオチもまとめもない状態で終わるのは忍びないですが,
山笠の魅力を語りだせば止まらなく尽きないのと同様に
山笠ナビさんの魅力もまた語りつくせないのだからというところで,
今回の一連のシリーズはこれにて終了とさせていただきます。
スポンサーサイト



2020.01.25 Sat » 「山笠の報道のされかた」80(その5)


で,そんな感じで山笠などについてブログで書き始めても
全然読者の増えない本ブログにテコ入れするために,
先行の成功者の特徴を比較しつつ自分の立ち位置をさぐることに。

その際,「山笠の報道のされかた」タロウ(その3)でも書きましたが
益田さんがその論理性で計算しつくされた至高のポジションで
それこそ清道旗のように最高の時の到来をいざなう存在であれば,
山笠ナビさんはそうした整合性などはあまりきにせずに
「とにもかくにも流の中に甘露水を撒きつくす」ことを目的として
ルートの重複や順番の合理性などは気にせず舁き入れていく舁き山のように
山笠地区のいたるところすべてのバケツから情報という勢水をもらい,
それをネットのstreamに撒きまくる存在に見えました。
なので「静の益田動の山ナビ」みたいな対比でとらえていたような気がします。
で,「直感に頼りすぎて論理的思考がすごく苦手」
「運動神経は皆無だが歩く気力は意外とある方」の私は
山笠ナビさんの手法をマネしてやっていけばいいよね~と思っていました。

20160711daikokubath.jpg


で,そんな感じで2年くらいこのブログで山笠について書くのが続き,
山笠についての知識も増えて訪問できる場所や行事も増えてくると
「山笠ナビさんの訪れているところを全部訪問してみたい」
「そしてその上で山笠ナビさんの未訪の場所を訪問したい」
と思うようになるのはある意味自然の摂理だと思います。

で,ここで気づくのですよね。「完全に無理」ということが。

お汐井撮りの出発,箱崎浜,戻ってきての櫛田神社での参拝なんて情報が,
ほとんどの流についてまとめられているのを見て「真似しよ~」と思って爆死!
朝山や流舁きなどの出発時間などが異なりつつも重複する舁き山の
写真を全部取ろうとして爆死!!!など,山笠ナビHPで当たり前のように
みてきたことを再現しようとしても,頑張っても3割程度しか訪問できない
爆死を何度も繰り返して初めて見える「山笠ナビさんのすごさ」を知れたのは
自分で真似しようと思ってしてみたからこそなのではないかな~と思います。
ほんとね~「次の流の舁きだしみるぞ!!!」との思いの元
重い体を不気味にゆらしながらでべでべ歩いている横を
しゃかしゃかしゃかとさっそうに駆け抜けていく山ナビさんの後姿をみて
これはもう全くかなわないなあと思うことばかりが起きる街角でした。

20170711ebisu.jpg

で,そうしたことはマスコミなどで山笠を取材されている人たちにとっても
圧巻に映られたからこそ,昨年のテレビで取り上げられたりしたのではなどと。
(録画できていないので内容確認できないのが残念無念ですが)。

で,ここではどちらかというと「網羅性」「神出鬼没性」について書きましたが,
山笠ナビさんが有されている,本当に外の公的なマスコミではかなわない
真の長所はほかのところにあり,それは現在のマスコミ全体を取り巻く状況の
反映でもあると思うのですが…とここまで書いて23:40になってしまいましたので,
「その日の内の更新」を守るためにあと1回だけ延長させていただきます。

20180712kage3.jpg

2020.01.24 Fri » 櫛田神社のキャッツアイ


ホストを睡眠薬か何かで眠らせて窃盗を繰り返した犯罪者を
性別が女性だから「令和のキャッツアイ」と称したニュースと
そこに添えられた画像をみて・・・となった人が多いと思われます。

ちなみにみなさんはキャッツアイの三姉妹ではどなたがお好みでしょうか?
私の場合これはもう子どもの頃から変わらず泪ねえさんが一番で,
泪姐さん>>>瞳・愛って感じですね~~~って
ジャンプでよくある「人気投票」みたいな感じのデータがあれば
他の人たちの好みがわかるのにと思って少し調べてみましたがみつかりませんでした。

閑話休題

で,本題の「櫛田神社のキャッツアイ」に話を戻すと,
櫛田神社の大お多福も正門北門西門の三姉妹だから
櫛田神社の三姉妹って呼んでよいのだな~~~などと思っただけですが…

まあでも大お多福の設置の様子を写真に撮りたくて,
けれども日程が分からないので1月16日のブログで
「いつだろう???」と書いていました。


で,その時は「毎年1月25日と聞いた」と書いていたのですが,
それをみた山笠ナビさんが「節分直前の大安の日らしい」という
情報をくださっていたのですが,それだと1月29日になって,
2月3日の本番まで日程が近すぎて飾る時間が短くてもったいないよなあ…
だから直前ではなくてそのもう一つ前なら24日かもなあ~と思っていたところで,
帰省やその後の風邪などで設置の日についての意識が遠のいた状態で
本日出勤前に櫛田神社によると…

すでに三姉妹とも設置がバリバリ完了しておりました。・゜・(つД`)・゜・。

20200124front.jpg

くやしいので検索してみると,本日令和二年1月24日(金)の9時半ころより,
神職と氏子20名程度で節分大祭の大お多福の設置がなされたようです。


20200124north.jpg


九時半のころは一度は起きたけどまだ不調が残っていたので
二度寝していたところだったので,その間を狙っての設置とは
さすが櫛田神社のキャッツアイ三姉妹の犯行は華麗だなあと(笑)。

そう考えるとこの三姉妹,それぞれが泪,瞳,愛にみえてきたりも…
みなさんはどのキャッツアイがお好みでしょうか?

20200124west.jpg

2020.01.23 Thu » 「山笠の報道のされ方」レオ(その4)


※今回のブログは「他者を使った自分語り」がメインになってしまいますので,
その手の自意識過剰な文章が苦手な方はそっとウィンドウをお閉じください。


私が昔からずっと持ち続けてしまっている欠点として
「優れた人の超越性が分からず,“自分でもマネできるんじゃね?”と思いがち」
というものがあります。そこまで人様のパクリをしまくっているつもりもなく,
優れた人たちへのリスペクトがないわけでもないとは思うのですが,
何の能力もないくせに「自分も頑張ればあのレベルに行けるのでは???」
とすごく安易に考えて行動してしまう自己評価能力の低さは壊滅的だなあと。

例えばこのブログの歴史をたどってみても,
HENOさんや博多大将さんやみおせるさんなどのラーメンブログをみて
「これを真似して書いておけば自分も人気出てライターになれるのでは???」
なんて思って書いていた時期もありますが…ねえ…読者は全然増えず(笑)。
まあ,ラーメンブログなのに感傷の強いべちゃべちゃした文章ばかり書いていても
人気が出るはずもないのですが,当時は「カメラは私の方が高い!」などといって
自分を鼓舞しながら書いておりましたがその結果は現状でお分かりかと。

その後私はみる側として山笠にのぼせていくことになり,
山笠ナビさんの情報などを頼りに準備段階の写真を撮りに行くことが増えました。
で,その場につくとだいたい山笠ナビの中の人がそこにいて,
私が気づいた初期のころはiPhoneで静止画動画両方撮られていて,
少し大ぶりな指の動きで文章入力してtwitterを打っている姿が印象的でした。

で,内心「カメラは私の方が高い!」などと思いながらバッグから
カメラを取り出しよっこらせと写真を撮り始めると
中の人はもうシャカシャカと自転車をこいで他の場所に移動されておりました。

20190711asayama2.jpg

昔からiPhoneのカメラ性能は評価されていましたが,
今のように「一眼レフ不要」などというような良さはまだない頃だったので
「iPhoneで撮った画質低めの写真+短文ツイート」の連投なら
「一眼レフで撮った画質高めの写真+長文のブログ」を1日1回書けば
きっとこのブログも人気が出てくるはず!!!と当初は思っていて
書き続けていたのですが,どんどん山笠ナビさんのフォロアーが
増えていくのに対して,全く増えない私のブログのアクセス数!
むしろラーメンについて書く機会が減ったためどんどん減少するばかり!!!

すみませんここまで書いて気づけばもう22:15!。・゜・(つД`)・゜・。カエラネバ
本当に自分語りばかりになってしまってすみませんが今日はここで終わります。
体調は戻りましたので明日かまた続きを書かせていただきます。

2020.01.22 Wed » またしてもごめんなさい


今日は朝起きて薬が抜けた状態で体温測ると36.5℃だったので、
「平熱戻ったよね~これで大丈夫!」と思って快活に家を出ました。

出勤前に櫛田神社によった時も、久しぶりに写真撮ってるな~と思いながら
古いお札のお焚き上げの準備や節分大祭の準備であろうテント設置などの
作業を拝見して、心を元気にして出勤をしておりました。

20200122tento.jpg

で、打ち合わせを終えて1つ目の仕事をしているころに?が浮かびだし、
2つ目の仕事の最中に?が???くらいになってきて、
1時間ほど休みがあったのでお昼ご飯を食べようかと思ったら
私にしては珍しく食欲がでなかったので食べずに
3つ目の仕事に入るともうきっついな状態になってしまいました。

ということで今日は夜に予定していた打ち合わせを
延期してもらって早めに帰宅をすませました。

薬飲んだら大分楽になったので、今からブログ書けそうなのですが、
打ち合わせを延期してもらって帰っておきながら
私的なブログを書くのも倫理的にどうなのかという思いもあるので
今日はもう明日に備えて休養を取るのが仕事だと思って休ませてもらいます。

若いころに比べて、「寝不足で早起きして出勤しても眠くならずに仕事できる」
「寝不足状態でもそんなに脳みそのパフォーマンスが落ちなくなってきた」
ように思い出していたので、「年を取るのも悪くないもの」などと
思ったこともありますが、やはりこうした「病気からの復帰」に関しては
昔に比べてずるずる引きずるようになってきたなあと実感しております。

昔のようにぱっといきなり高熱が出て翌日にはけろっとみたいなことはなく、
ひきはじめから悪化までの日数はそう変わらない気がしますが、
体調が戻りだしてから「全然大丈夫」と思えるようになるまでに
かなり時間がかかるようになってきたなあと思って老化を嘆いております。

インフルや新型肺炎など怖いニュースが飛び交っておりますが
みなさま体調維持を第一にお心がけください。
09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

09search.gif