ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2018.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2018.08

2018.07.16 Mon » 集団山見せでの貴重な体験


今は昔,まだ今年の山笠が始まったばかりのころに,
集団山みせで台上がりされる名士の方々の発表を目にしました。

半額商品マニアの私なので政財界の著名人には余り興味がないのですが
一目見て「おお!」と思ったのが恵比須流の見送り右肩に
太宰府天満宮権宮司 西高辻信宏氏があがられるということでした。

さだまさしフアンですからやはり太宰府天満宮には関心があり,
かつその影響で櫛田神社の牛さんを毎日撫でさせていただいているし,
今ふと思ってこのブログで太宰府天満宮関連で書いたものを調べると,
ぱっと調べただけで8本書いておりますね~
お時間ある方は「飛んだ梅,残った梅」だけでいいので
リンクを開いて過去のブログを読んでいただけると幸いです。

15年ぶりの太宰府
太宰府天満宮に行ってきました
大宰府は神無月ならぬ神無日?
飛梅のイメージ
無銭観光 in 太宰府(3)
飛んだ梅、残った梅 ←これを読んでもらえると嬉しいです。
早く飲みたいねん
梅が咲いたよ

と,どうでもいい自分語りを反省して本題に戻ると,
「太宰府天満宮権宮司」という肩書きを読んで
「宮司じゃなくて権宮司?宮司さんより権力のある人???」
と不思議に思ってちょっと調べてみるとどうやら宮司さんの下にあたるようで,
そういえば櫛田神社でも「権禰宜」さんはいっぱいいらっしゃるけど
「禰宜」さんはあまり耳にした記憶がないな~などとも思いながら
調べてみるとたどり着いたのは山笠ならぬ東大ナビというページ。
『東大受験生のための道真公の紹介のページかな?』と思って読んでみると,
西高辻信宏氏自身についての紹介で,プロフィール欄をみてびっくり!

久留米大学附設高等学校→東京大学文科三類
→文学部歴史文化学科(美術史学)卒業
→國學院大學大学院文学部神道学科に進学し、神主資格取得
→太宰府天満宮に奉職。
→ハーバード大学ライシャワー研究所の客員研究員(東大ナビプロフィールより)
という経歴だけでもスーパーエリートだというのに,なんと
「学問の神様であられる菅原道真公の直系代40代」とのこと!

道真公に直系の子孫がいらっしゃることなんて全然知らなかったし,
しかもその子孫が太宰府天満宮の宮司に代々なられていると知って
「実物は太宰府天満宮に行けば拝見できそうだけど
山笠の水法被姿をみられるのなんて今回限り!」と思って,
いつもは沿道で待っていただけの集団山見せでしたが
今回は呉服町交差点の山列まで行ってみたのですよね。

他の著名人がスタート時間直前になるまで姿をみせず
(辻仁成さんは結局みることができませんでした),
不安な中,西高辻信宏氏は早くから台上がりをされていたので,
そのご尊顔を拝見することに成功しました。

20180716ebisusanretu.jpg

まあでもほんと表情や所作か高貴というかノーブルですごくて(語彙力崩壊)
かといって別に常にほほえみを絶やさないような超人的なものはなく,
おそらくは畑違いの台上がりという大任を控えての不安な
表情なども示されるのですがそこにはたえずやわらかさがあり,
動きのすべてがなめらかで着実で,こんな人であれば
タンスの角に足の小指ぶつけてうずくまられることなど
ないのかな~なんて思っているとついつい
「でも,山が動くのを初体験すると表情を崩されるかも???」
などというよこしまな思いが出てしまいました。

んでもスタート地点での舁出しをみるといつもの博多座前でみられないから,
山列からスタート地点に移動する際の「一番最初に山が動く時の表情」
などを拝見できたら!とか思ってその時を待っていると…

20180716ebisukakidashi.jpg

ほんとその瞬間ににゅっとおじさんが出てきて拝見できずで,
やはりこれは不敬への罰があたったのだと反省したのですが,
んでもやはりその瞬間を拝見してみたい…という思いが消えず,
結局呉服町のスタート地点でその時を待つという予定変更。

ま,でもやはり初めての場所で見学するといつもと違う所もみえて,
スタート地点で見学して初めて知ったのが
「偉い人相手でも遠慮せず勢水をぶちかける」ことが多いこと。

20180716higashikioimizu.jpg

そんなことあるの知らなかったので恵比須流ではとれず
ようやく(?)東流でその瞬間を撮ることができましたが,

恵比須流でもその勢水の洗礼を西高辻信宏氏も受けていたので
その時はやはりびっくりされた表情をされていました。

20180716ebisukioimizu.jpg

まあでもこの勢水の洗礼は,「先に驚かすことでスタート時に落ちつかせる」
ような役割もあるように思えて,洗礼のあとすぐみなさん笑顔が戻り,

20180716ebisukioimizu2.jpg

その後落ちついた表情でスタートを迎えられておりました。

20180716ebisustart.jpg

と,こんな神様の御子孫を冒涜するようなブログを書いてしまうと,
せっかく久しぶりに姿をみせてくれるようになった櫛田神社の牛さんに
怒られてしまうかも知れませんが,これをきっかけに

20180716ushisan.jpg

買ったはいいもののそのまま積ん読になってしまっていた本を読んで
勉強する気になれたので,知識のない私に勉強の機会を与えるための
契機だったとなにとぞお許しいただけたらと。

20180716tenjinsama.jpg
スポンサーサイト

2018.07.15 Sun » 山笠終わりましたね~


山笠終わりましたね~

20180715seidou.jpg

日にち変わって見学に出かける頃には
「桟敷席での見学終わったら廻り止めまで歩いてそこで見学して,
その後西流の山崩しを見学して・・・・・って夢は大きく膨らんでいたのですが
見学した後って頭真っ白になっていて山崩しがあることとかすっかり忘れていて
上川端商店街でふと思い出して西流の山小屋に行こうと思うと・・・・・

すでに終わっているだけでなく近づけない人だかり!

20180715nishinagare1.jpg

まあでも波打つ人の海の中を獲物を掲げて意気揚々と歩いてくる
若者の姿など見られてよかったです教科書で見た青木繁の『海の幸』みたい。

20180715nishinagare2.jpg

で,その後『清道旗を掲げるところは写真撮れなかったから納めるところは!』
と思って櫛田神社の清道に戻るとちょうど任務を解かれた舁棒が戻ってきていました。

20180715kushidairiagain.jpg

基本舁棒はトラックで戻ってくるようですが,そのトラックが
まるで櫛田入りをする山の様に清道の中で1周して向きを変えるので,
舁棒は1日で二回櫛田入りすることになるんだな~などと。
(写真の轍をみると意味が分かりやすいと思います)。

まあでもこの舁棒に関して,昭和10年にかかれた『博多年中行事』では,

棒渡し 追山が終つて山笠が解かれると,翌年建設すべき当番町の若者
二十名ばかりが来て六本の棒を受け取る。これを棒渡しといふ。


との記載があり,今はどの流れも櫛田神社の総合神庫に舁棒を納めている
気がするのですが昔は各流で保存していたのかなあとか,
台渡しは今でもしている気がするけど昔はなかったのかなあなどと。

その他『博多年中行事』には翁面渡しという項目があり

六番山笠が櫛田神社を出ると,櫛田神社神殿前では翁面渡しの儀式がある。
社司は社庫に秘蔵の翁の面を今年の能当番の代表者へ渡すのであるが,
この時は面の奉納者である上須崎町町総代が立ち会ふことになつてゐる。
それから能楽堂に於いて翁舞を初として喜多流の能楽の奉納があり,
宮では祭典が始まる。


という記述があったのですがこれは今でもあるのかなあと。

とここまで書いて先述の「清道旗を収めるところ」を
写真だけではなく本邦初(?)の動画で公開です!

20180715seidouki.jpg



さてもっと色々書きたいことがありますが
それはまた明日以降にこつこつ書いていくことにして
明日は通常業務なので本日はこれまでにて。

2018.07.14 Sat » 一安心


おおお~久しぶりの我が家!やっぱりなじみのここが落ちつく~~~。

って,12日に追い山ならし,13日に集団山見せについてのブログ書いたから
『まさかホテルとってまでして見学しに行ってたのか???』なんて
思ってくれるほどよく読んでくださっている方がいればうれしいですが,
「久しぶりの我が家」というのはいつものメインパソコンのこと。

「かきやま」と打てば「舁山」と一発変換される山笠チューン(笑)がなされている
メインパソコンが12日の追い山ならし後にまったく立ち上がらなくなり,
それ以降いろいろと対策してみたのですがダメだったので,
なんとか14日の今日がんばったらうまく修復できました。・゜・(つv`)・゜・。感動。

15時頃にシステムが立ち上がったのでがんばれば本日の流舁きも見学出来たのですが
さすがにそれよりかはデータのバックアップが先だろうと判断して,
100G程度のデータを別のHDDに保存し終えてまずはほっとして,
念のためもう1つのHDDにもう一度バックアップをしながらこれを書いています。

ここ1年くらいの文章関係のファイルはほとんどクラウドにあげてもいるので,
その点でそこまで焦りはありませんでしたが,やはりクラウドも
無料のGOOGLEドライブだけに頼っていていきなりアカウント停止など
くらったら困るのでMicroSoftのOneDriveにも今保存しています。
今OneDriveへのコピーも終わりましたこちらは1.3Gか…。

空調完備の部屋にパソコンある人は良いのでしょうが,私のように
夕方はエアコンがききにくく30度近くなる部屋にパソコンある人は
HDDへのバックアップだけでなくクラウドへのバックアップも
複数するように心がけましょうね~と。

で,こんなことしていると時間は既に18:00。
あと70Gくらいが2時間くらいで終わることを祈りつつ。

・・・・・・・・・・・・。

とここまで書いて他の作業などをしながら待っていると
作業によるコピー速度の低下かなかなか終わらない。・゜・(つД`)・゜・。

本当はもっと早く帰って暮れなずむ博多の町の山めぐりをして
その様子をブログにあげてから早めに仮眠とって
明日の追い山に備えようと思ったのですが…

ということで本日は予定を変更して昨日の集団山見せのあとで
櫛田神社の清道内で行われていた踊りの様子を。

20180714zennya3.jpg

正式名称は「敬神婦人会山笠奉納踊り」というもので,
十三日の十九時から開始でおそらく二十時までです。

20180714zennya2.jpg

これは初めてみたのですが,わずか1時間の間で
明るかったまわりがとっぷり更けていくのにつれて,
最初は恥ずかしがっていた参加者さんが
どんどん踊りを愉しんでいく変化が見られて良かったです。

20180714zennya1.jpg

と,ここまで書いてなんとかコピーが終わりました一安心。

パソコンとの格闘を終えて追い山を前にして気が抜けてしまっておりますが,
どんたく写真コンテストも落選したので今年は山笠の写真コンクールも
落ちるだろうなあとはうすうす感じているし納得いっているので
変に気負わず気楽に追い山の雰囲気を愉しむ気分で臨めますようにと。

2018.07.13 Fri » 集団山見せ(前編)


さて本日は集団山見せでございましたね。

先日、10日の午前に櫛田神社で「献花・献茶式」というのが行われていて
草眞流の後藤覚徹先生が神前でお花を生けられる様子を拝見したのですが、
連日の暑さの影響か12日の追い山ならしの日にはかなり元気がなかったです。

20180713ikebana12.jpg

したら本日13日には新しいものに変わっていて、
私の素人目でみても飾り山を意識されているのは明確な気がしますが
仏像を拝見するときの静謐な感じなどもある気がして好きでした。

20180713ikebana13.jpg

で、上川端通りを北上していると8番山の姿が最初にみえて、
その脇には小さな白い紙が撒かれておりました。

20180713kirinusa.jpg

祓えの切麻かな?でもなんでこんな日に?毎日しているの?それとも何か?
と不思議に思って近づいてみてようやく気づく。
上に紐でつるされた山笠チラシを取るときに端が切れて落ちるわけですね。

・・・・・・・・・・。

となんかいつもの感じのブログ内容が続きますがここでいきなりゴージャスに!
集団山見せには何度も見に来たことがあるのですが呉服町での山列入りの
様子をみたことはほとんどなかったので本日はそちらをメインに。
で、有名人の方々などいないかな~と思ってみていると、
中洲流の見送りに華丸さんの姿が!

20180713hanamaru.jpg

いやはややはり芸能人はオーラが違うな~イケメンなのは当たり前ですが
眼力がすごいよな~と思って至近距離での生芸能人体験に感動していると、
なんとそこに昨年の中洲流総務、国会議員の井上貴博氏もやってこられて
(私のみ間違いだったらすみません)、NHKの朝の司会者と国会議員が
至近距離にいるという超ゴジャースな貴重な体験ができた気がします。
今年の中洲流舁山の標題「開運七福神」にあやかって私も開運しないかなあと。

20180713nakasu.jpg

で、さらに感動体験を山列でしたりしたので舁き出しの時間を忘れてしまっており、
集団山見せで山を舁いているところ自体はほとんど写真撮れませんでした。

で、とぼとぼ歩いて家路に向かっていると櫛田神社の方から
櫛田入りの練習を済ませた土居流がやってきたので、
「あああ集団山見せのあとに櫛田入りの練習すること忘れてた。・゚・(つД`)・゚・。」
と泣いていたらその後大黒流がやってきたので清道に向かい、
あこがれの撮影ポジションである「八田カメラマンゾーン」の横が
最前列ではないけど空いていたのでそこで待ち構えます!
ここで撮れたら櫛田入りを待つ舁き手、櫛田入りの瞬間、
清道廻り終えて戻ってくる山などのいろんな表情を撮れて最高だろうな~と。

20180713bestposition.jpg

先日の「あ」席もいいけどやっぱりここもすごいいいな~と感動したわりに
やはりその専用ゾーンの横からだったので太鼓台が邪魔になって
櫛田入り自体の写真はいまいちなものしか撮れませんでした。

20180713bestposition2.jpg
(これとかはお席の中間あたりで撮れば長くのびる影を面白く撮れただろうなあと)

んでもこのシーンに出会えたのが最高でしたこの写真で伝わるでしょうか?

20180713daikoku.jpg

これ、後ろにもやがかかっているのが分かると思いますが
これは砂埃でも八番山のドライアイスの煙でもなく
たぶんですが舁き手から立ち上った汗が霧のようになっている様子で、
こんなの見たのは初めてだなあと感動しきりでした。
やはりそうした感動シーンだったからか最前列の人に立たれて
その瞬間を撮影は出来ませんでしたが上の写真で様子はわかるかなと。

と、こんな感じで感動で終わってしまってはこのブログの名がすたるので(?)
最後はやはり私らしいエピソードで締めたいのですが、
冷泉公園の北で山を見終わったとき、近くにいた外国の人が質問に来ました。
内心「お~しおっちゃん結構山笠について詳しくなったから答えたんで~」と
うきうきわくわく気分で質問を聞くと

「おいさってどういう意味?」

え?あ?どう説明すればいいんだろう・・・・・
掛け声だというのは分かっているだろうから
やはりその「意味」を知りたいのだろうけど…
うわああ自分こんな基礎的なことも知らないなんて!
と頭真っ白になりつつ私の口から出してしまった言葉は
「Fight!」って、これ和製英語で使っちゃだめなやつ。・゚・(つД`)・゚・。

で、相手が明らかにそれは違うだろうと言う顔をしたので
「have many means…」と言ってごまかそうとしても無理だったので
「I don’t know sorry.」と言って終わりましたあああ私らしい。・゚・(つД`)・゚・。

でもほんとなんと答えればよかったのでしょうね「おいさ」の意味。
これはまたの課題にしたいと思います。

とまあこんな感じでしたがこれ以外にももっと印象的な出来事が1件あり、
そのほかにもいろいろ書きたいことが山ほどあった日だったので、
ここまでを前編とし、また時間あれば後編も書きたいと思います。

2018.07.12 Thu » トラブル連続


今日は追い山ならしの日!

ならしよりも追い山のほうが雰囲気は断然好きなのですが、
日中に行われるならしの方は写真を撮るのには最適なので
何かコンテストに応募できるような写真が撮れたらいいな~と参戦!

で、私直射日光をそのまま映して写真の中にフレアやゴーストといった
「光の破片や光によるもや」を写し込んだ写真が好きなのですが
それではコンテストには不向きなので、いつもはつけない
純正のフードをレンズにつけて写真撮影開始!

んが・・・それがまずかった・・・
適当につけたからリングの先の方で止まっていたようで、
今確認したらほとんどの画像の隅にフードが黒く映っている

血涙大号泣。・゜・(つД`)・゜・。

20180712kage.jpg

20180712kage2.jpg

トリミングすればいいのかもしれませんが、
櫛田入りまでの山列での写真は近くで撮影できる分、
それなりに画面いっぱいを使って撮影しているので
トリミングするといいところが消えてしまうものばかり。・゜・(つД`)・゜・。

20180712kage4.jpg

20180712kage5.jpg

で、もう一つ試みたこともすべて裏目になってしまっていて、
こちらは逆に距離がありすぎて豆つぶみたいにしか映っていないものばかりで
そのため頑張った割にはどれもこれもダメな写真ばかりでした。

しかも終わって出勤したら予想外のトラブルに遭遇してしまうし…。

ということでほんと今日はいろんな面で残念でしたが
よくよく考えたら近年追い山ならしと集団山見せの両方を
みられた年はほとんどなかったはずなので、そういう意味で
今日の追い山ならしはもとから見れなかったものだったと考えて、
きちんと区切りをつけて、明日こそトラブルなしの集団山見せにしたいなと。

20180712kage3.jpg
09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

 福岡在住のおっさんがのらりくらりと日常をつづるブログです。
 コメントは承認制ですが,宣伝やお店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますのでコメントもらえるとうれしいです。

 博多の祭・年中行事の予定に特化した別ブログはじめました。
博多の祭・年中行事

ツイッターもしています
 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif