必食のうどん ~ U don’t miss it ! ~
2017/06/17(Sat)

先日,佐賀の神埼の櫛田宮についてかきました。

で,櫛田宮のすぐ横には神埼市役所があったので
どんな感じかなとちょっと見学してみるとふしぎなのぼりを発見

20170617manholecardnobori.jpg

マンホールカード???

20170617manhole.jpg

よく見ればすぐ近くの地面のマンホールがカラフルで,
佐賀県か神埼市はマンホール自慢なのかな?
と思ってスマホで調べてみると全国の下水道局の企画で,
下水道関連の施設を訪れるともらえる無料のカードのようです。

http://www.gk-p.jp/mhcard.html

ただより安いものはない派なのでお役所の中の配付場所に向かい
無事にカードをゲットすることができました!

20170617card.jpg

で,その際一緒にチラシも渡されて説明されたのが
「このカードを提示すると肉うどんが150円引き!」ということ。

20170617card2.jpg

お昼に佐賀市でラーメン食べましたが,せっかく佐賀までこれたし
どこかでもう1麺どこかで,と思っていたところだったので
幸運な偶然に誘われて饂飩屋という名前のうどんやさんへ。

20170617udonya.jpg

饂飩屋 住所:神埼市神埼町神埼1-113-1 (MAP)
営業:11時~21時 定休日:水曜 駐車場:店の前に十分にあり

時間が17時過ぎという,お昼には遅すぎ夜には早すぎる時間なので,
休憩時間で閉まっているのでは?と思ったのですが開いていたので,
通常430円の肉うどんを150円引きの280円(税抜)で注文です。

時間が悪いので他にお客さんはなく,わざわざ一人のために
作ってもらって悪いなあ~だからぬるくても全然平気~
などと思いながら待っていると出てきたのがこちら。

20170617udon2.jpg

「天かす」くらいしか入れ放題でないお店も結構ありますが,
こちらのお店は天かすにねぎ・わかめ・漬物も入れ放題なので,
無料で海草の繊維質を豊富に摂れるのがすごいありがたいなと。

で,まずはつゆを一口…と飲んでみると,
やけどしそうなくらいのあつあつさにびっくり。
こんな時間なのでぬるくなりそう,と思っていたのですが,
ちゃんと丁寧にあつあつにしてくれた心意気がありがたいなあと。

で,肉うどんのつゆって肉からの甘さが混ざりきって
つゆ全体が最初から甘くなっているお店が結構ありますが,
こちらは肉自体もあまり甘辛くせずさっぱりした味で,
つゆにすっきりとした透明感残してくれるのがいい感じでした。

で,一番強く印象に残っているのが麺で,
一言でいうと「すごくやわらかい」麺でした。

そうかくと「ゆでられすぎでのびてふわふわぐずぐず系?」
と思われそうですがまったくそんなことはなく,
表面はつるんとしたなめらかな食感を保ちつつも,
でもぷりぷりとかしこしことかの抵抗はしめさず噛み切れ,
けれどもばらばらに砕け散る粉感や膨張感とかはなく
いい意味で「てろん」「ふにん」とした,物憂げな女性の柔肌を
イメージできそうなたおやかな感じで良かったです。

150円引きの恩恵を得られるのは2017年6月22日までなので,
興味を持たれた方は是非是非。
その際はマンホールカードを事前にもらっておくのをお忘れなきよう。

こんな美人良麺との良縁を結んでくれたマンホールカード,
福岡市だとどこでもらえるのだろう?と思って調べてみると,
キャナルのぽんプラザと福岡市役所で配付していたのですが
現在はどちらとも売り切れの模様です残念無念。

でも6月に再発行との情報もあるので,またGET出来たらブログに書きます。

http://www.city.fukuoka.lg.jp/doro-gesuido/somu/hp/manhole_card.html
スポンサーサイト
この記事のURL | 食べ物(福岡以外) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東京で食べたもの
2017/06/11(Sun)

ただいま東京より戻ってきました。

ブログに書きたい体験はいろいろ出来たのですが、
今日はもう時間がないので手短に書ける話題を2点ほど。

先日、熊本産の食用ほおずきを東京御徒町吉池で買ったと書きました。
熊本のどこがほおずきで有名なのかは調べてませんが実食してみた感想などを。

20170611hoozuki1.jpg

食べる前に「プチトマトに似た味」とかかれてあったので
そうしたイメージで食べてみたのですがあまりそんな感じはせず、
苦味甘み酸味が三位一体にならずキメイラ状に入り混じる感じで、
でもプチトマトほど水分はないのでそこそこまとまった味にもなる、
という形容しがたい味で面白いなあと思っておりました。

で、今このブログを書くために調べていて、
ほおずきがナス科の植物であることを知ってはたと気づく。
「甘みが強い肉厚のパプリカの味」ですなこれは。

20170611hoozuki2.jpg

でもほんと見た目に風情があっていい感じなので
夏のころに氷などとあわせて食べると素敵そうだなあと。

秋葉原のおにぎりやさんGABAでみかけた「牡蠣フライ食べ放題」

20170611kakifurai.jpg

私の記憶では福岡でこの手の食べ放題はみたことないし、
牡蠣フライは大好きなのでちょっと心動かされたのですが、
17時開始とあって飛行機に間に合わないので断念。

でも、最近揚げたてのフライを食べるとその瞬間に
口の中に口内炎というか大きな血豆が出来ることあるので、
45分制限で食べ放題とかしたら口の中すごいことになりそうだなあと。

ああでも1粒食べるごとにビールで冷やせば大丈夫、かなあ(笑)。
この記事のURL | 食べ物(福岡以外) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
裏メニューの注文
2017/06/08(Thu)

問1 あなたに裏メニュー提供や特別注文をさせてくれるお店は何店ありますか?
問2 なぜそのメニューを裏メニューや特別注文としているか知っていますか?

私の答 問1 0店 なので当然問2は回答できず。

昨日ブログで「明日は某ラーメン屋さんで初めてのチャレンジして,
その結果を即日ブログに書く予定なので是非是非!」と書いておりました。

某ラーメン屋さんとは膳小笹店さんで、
チャレンジの内容は「ベタナマ」と注文するつもりでした。

なぜそんなチャレンジをする気になったかというと、
先日「ベタナマ」の注文が通っているお客さんがいた記憶があって、
そしてつい先日「あぶら抜き」の注文が通っているお客さんもいたので、
「膳でもあぶら量指定できるのか!」と思って
膳のスープをベタで頼んだら面白そうだと思っていたのですよね。

でも、その後いろいろ思いをめぐらせていると、

・常連さんのみが注文可能な裏メニューなのでは?
・なので自分が注文したら「は?」とか聞き返されるのでは?
・少なくとも余計な手間はかかるだろうから嫌がられるだろうなあ

なんて思考がいろいろ湧き上がってきて結局注文するのはやめて
いつものように大盛りを麺の固さ普通で頼んでいつものように食べましたうまうま。

20170608zenramen.jpg

まあでも冷静になって考えると、「メニューに書いてない注文」
をしたことがあるのは、吉野家の「つゆだく」と、
半ば公式扱いと思われる元祖の「ベタなま」くらいなもので、
元祖でも「ネギもり」とかを頼んだことはないものなあと。

昔であれば常連さんだけに裏メニューを提供するのは、
客としては常連扱いしてもらってうれしいし、
お店としても常連さんがよろこんでひいきにしてくれたらいい、
というWIN-WINの関係だったと思います。

んでもネットの発達した現在、常連さんがついうっかり
「このお店では~~のサービスがうれしい!」なんてネットにあげたら、
それを読んだ常連以外の客がそのサービスの提供をもとめてお店が困ったり、
「俺だけへのサービスって行ったのに他の奴にも!」みたいな
常連間でのライバル心をあおる結果になったりする可能性もあるんだろうなあと。

でも、だからといって常連さんに「これ、サービスするけど内緒にしてね♪」
みたいな感じでお店の人がお願いして、それを受けた常連さんが
「○○店で~~のサービス!!!でも事情があってネットには
あげられないのでごめんね~~~~」みたいなことSNSとかであげたら
おそらく他のお客さんの嫉妬心を生んで、
トータルとしてお店の益にはならない気がするので難しいなあと。

てなこと考えたりしたので、非常に熟考した上で
膳さんでベタナマを注文してみるチャレンジを断念したわけであり、
決して弱気ゆえの誓約違反ではないことのご理解を。。。すみません。

またこんど裏メニューとか関係ないネタを探せるようがんばります。

櫛田神社での桟敷席の建設、もっとゆっくり進行するのかと思ったら
かなりあっという間に大方の枠組みが出来てしまうのですね。

20170608sajiki.jpg

記憶では飾り山の撤収がそろそろだった気がするので、
桟敷の向こうに飾り山が見えるこの景色もあと少しなのかなと。

20170608sajiki2.jpg
この記事のURL | 食ニ想フ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
LINEスタンプ化希望
2017/06/07(Wed)

ちょっと前の西日本新聞の記事で,
博多祝いめでたいのLINEスタンプができたようですね。

https://store.line.me/stickershop/product/1437393/ja

さすがの私でも120円を躊躇するほどお金に困っていないので
是非購入したいのですがそもそもLINEしてないので残念無念。
でもすごく使いやすそうなスタンプばかりなのはほんと感心しきり。

LINEは自分ではしてませんがこれだけ普及すると,
「LINE的なのり」とか「スタンプによる会話」
などの雰囲気も少しは理解できるようになってきて,
いつも行く魚屋さんの値札に書かれてあるコピーって,
ある意味「LINEスタンプで使われそう」な言葉だなあと。

20170607tai.jpg

20170607genkai.jpg

20170607bakuhatu.jpg

ということでブログのネタがなくてどうしようもなくなっている今の私の心境を
お寿司のコピーでLINEスタンプ的に表現したところで本日は終わりとさせていただきます。

んでも明日は某ラーメン屋さんで初めてのチャレンジする予定して,
その結果を即日ブログに書く予定なので是非是非!

この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
やすくておいしいにごり酒
2017/06/04(Sun)

そこまで厳格に守っているわけではないですが
「平日は糖分の少ない蒸留酒ONLY,土日や旅先は醸造酒OK」
てな感じで晩酌のお酒を決めているので,
土曜の夜は赤ワインを飲むことが多いです。

で,この土曜日も赤ワインを求めてルミエールの酒屋さんを覗いていると,
日本酒も結構安価で買えるんだな~ということを発見。

繊細で華やかな高級清酒を楽しむのは人と一緒の時がよくて,
一人で飲むときはどこか牧歌的などぶろくチックなにごり酒が好きで,
いいのないかなあとさがすと720mlで580円税込のこちらが目にとまったので購入。

20170604kitaakita1.jpg

「北鹿 北あきた にごり酒」
日本酒度が何をしめす数値か不明ですが-7.5で甘口らしく,
原材料は米、米こうじ、醸造アルコール、糖類、酸味料とありました。

冷凍庫に1時間半くらい入れるという乱暴な冷やし方でしたが,
最初飲んでみると,加糖ヨーグルトの乳清だけを飲んだように
甘みと心地よい酸味と香りが感じられました。

20170604kitaakita2.jpg

それはさわやかでフルーティーでいい感じだなあと思ったのですが,
にごり酒の「固形物としての米感」がちょっと寂しい?
と思って瓶の底をみると固形物が結構残ったままだったので
念入りに瓶をふりまくってみるといい感じのにごり具合になって
全面に出過ぎてすぐに抜けてしまいがちだったさわやかさが,
米感の甘さと絡んで適度に残るようになっていい感じになったかなと。

もうでもほんとあっさりさっぱりのめるのでくいくい進んでしまって
ラベルの「全国燗酒コンテスト2016特殊燗酒部門金賞受賞」の文字や
ぬる燗がおすすめられているのを試すまもなく冷やで飲みきってしまいました。

20170604kitaakita3.jpg

また,夏が進んで冷房がんがん入れる頃に燗で試してみたいなあと。
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ