三月の予定
2017/02/28(Tue)

みなさま二月はいかがお過ごしでしたでしょうか。

私はほんと「あっ」どころか「ぁ」って口から息出した瞬間に
白く像を結ぶことなく切りつける風に吐息のぬくもり
かっさらって逃げられたレベルであっという間に過ぎちゃいました。・゜・(つД`)・゜・。

仕事が充実しないのはいつものことなので仕方ないのですが
プライベートがまったく充実しなかったのを反省して,
二月晦日の本日28日の夜に三月前半の予定を考えてみようかと。

3月3日(金) 宮地獄神社 流雛神事 出張前日なので無理
3月5日(日) 太宰府天満宮 曲水の宴 出張中で不在

20170228sumiyoshi.jpg
3月7日(火) 住吉神社 御田祭 10時より~ 昼頃までなら可能かも

20170228shimekake.jpg
3月8日(水) 櫛田神社境内 しめかけ稲荷神社 旧初午大祭 11時より
朝一出勤の可能性があるなあ…一度でいいからぜんざい食べたい。・゜・(つД`)・゜・。

3月12日(日) 櫛田神社ぎなん祭 たぶん大丈夫。

・・・・・・・・・・・・・。

この手の祭事関係だけではなく対人面でのプライベートの
充実を目指さないと行けないはずですが,
「たいじんめん」って打ったら「鯛人面」なんて
変換される私なのでまあ対人ならぬ対鯛面の充実を図るしかないかと。

あ,そういえば3月といえば22日は
博多祝いめで鯛「おいさときおい」のメジャーデビュー日!

Amazonで調べてみるとディスクは初回限定のCD+DVD版だと2枚で19分7曲
背伸び,君のてのごい,いわいめでた,祝目出度(博多祝い歌)の4曲に
カラオケバージョンが3曲つくようです。


これを買うのを楽しみに3月を充実した月にしたいタイ!ですね。

20170228pink.jpg


スポンサーサイト
この記事のURL | 福岡情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1年の楽しみ
2017/02/27(Mon)

最近出勤時に櫛田神社に寄ると,木の剪定をよく見かけました。

20170227ketui1.jpg

クスノキの木を電動のこぎりで切る作業をみながら,
「どこを切るのかとかいろいろ考えるの大変そうだなあ」
と思っていたのですが,翌日みてみると…

20170227ketui2.jpg

かなり潔くさっぱりさせるのですね。

で,「こんなに切り込んだら復活に何年ほどかかるのだろう?」
と心配になってしらべてみると,クスノキは1年ですごく伸びるみたいで,
「年に1回の剪定ですませるには?」とか書かれる位なのですね。


まあでも,樹齢1000年を越える木もけっこうあるほど
長寿命を誇るクスノキの葉や枝は1年単位でどんどん入れ替わるようで,
ほんとそういう意味では「個としての葉や枝の寿命」と
「総体としてのクスノキの寿命」との関連性とかいろいろ考えてしまうなあと。
人間だと「細胞一つ一つと人間」とか「1人の人生と人類の歩み」みたいなものかなと。

で,ふと「では剪定されないクスノキってどんな樹形になるのかな?」
と思って調べてみると,諸説ありますが一応自生のクスノキの
最北限が東区の立花山にある七股の大樟だそうですね。

東区在住時は毎日のように横をとって帰っていたのに,
余り意識に登りませんでした立花山のクスノキ。

大人になって蛇恐怖症が増してしまって山の散策はしなくなりましたが,
3月中くらいだと蛇に遭遇しなくてすむのでしょうかね?
それとも冬眠明けで気が立っていて余計に危険なんですかね。
まあ,こんなこと書いているくらいなのでおそらく実際にはいけそうにないなと(笑)。

ちなみにこちらは手水舎横のクスノキ。

20170227ketui33.jpg

同じように剪定されていますが,こちらは
出始めた若い枝が残されているのがなんだか可愛い感じです。

1年でどの程度伸びるのかみていくという楽しみが1つできたなあと。
この記事のURL | 櫛田神社 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
これが表示されているときは
2017/02/26(Sun)
17時から19時という飲み会に参加してきます。
20170226flower.jpg

これが表示されているときは,その後2次会に行ったり
酔っ払いすぎた状況だとお思いください。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チョコと思い出
2017/02/25(Sat)
姉から届いた荷物の中に六花亭のチョコ。

20170225rokkatei1.jpg

教育費がかさみそうなこの時期,
北海道に行く金があったのかなどと
余計なお世話全開で荷物の奥を探ると,
甥っ子からの手紙で「修学旅行のお土産です。」

そうか甥っ子も修学旅行に行く年になったか…
なんて感慨にふけりながらパキポリ割りながら食べて
自分が修学旅行で買ったお土産を思い出す。

記憶では小学生では京都奈良に行って,
お土産で買った食べ物は「大仏」って焼き印が入ったまんじゅう(笑)。
既にその当時でもその手のまんじゅうは「ダサイ」ものとされていて,
「ネタ」として買っていた記憶があります。
あと,ホログラムを透かした光で大仏様が七色に光るたてを買った記憶が。
あの頃木刀とかお土産に買って帰った子は今ごろどこにおいてあるのかなあと。

んで,中学校は富士山から東京に行ったのですが,
このときは何をお土産に買ったか記憶にないなあと。
まあでも,行き先決定時に「ディズニーランドvs阿蘇」の戦いがあって
当時ディズニーが苦手だった私は執拗に草千里の魅力を語ったのですが,
ディズニーに決まって「もう絶対修学旅行なんて楽しまない!」と
すねた気分で行ったくせに,ビックサンダーマウンテンの
おもしろさにはまったんだよなあと(笑)。

で,高校は長野か新潟のスキー場だったので,
お土産は野沢菜とお焼きだった気が。

20170225rokkatei2.jpg

で!ここでふと思い出したのが中学校の修学旅行の話。
何を買ったのか全然思い出してなかったのですが,
野沢菜と書いたあたりでふと「静岡茶」を家に買って帰って,
それを親がおいしいおいしいとえらく喜んでいたのを思い出しました。

わずか10行程度上を書いている時には全く思い出せず
この世界にまるで存在していなかった記憶が
ふとしたきっかけで思い出されて,
その茶筒のふたがピンクで本体が薄緑で
高さ10cm位のものだったことがリアルに思い出されてきました。

なんの根拠もありませんが,野沢菜-長野-長野山梨静岡のグループ
と連想が来て静岡茶を思い出したんだろうなあ~などと,
今現在はドライブで静岡走っているとき
「茶畑のあの角の扇風機って何故ついてるか知っている?」
と聞いてきた人の面影などが思い出されてきました。

20170225rokkatei3.jpg

家にまだ2個チョコ残っているので,それを楽しむために
今日はウィスキーを買って帰ろうかなあとリザーブはまだ買えないけれど。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
プレミアムフライデーに思うこと
2017/02/24(Fri)

さてみなさま,初のプレミアムフライデーをいかがお過ごしでしょうか?

「思う存分酔っ払っちゃったんで今日は泊まって帰ります~♪」
なんて思っている人も入るかもしれませんが,
今日は話題になっていた「国公立前期試験前日」なので,
おそらくカプセルホテルも満室だと思いますのでご注意を。

20170222zenya1.jpg

で,元ツイートを探せないのですがツイッターでみかけた内容で

ツイッター:プレミアムフライデー?そんなものあるか!
Facebook:プレミアムフライデーに賛成!
Instagram:プレミアムフライデーで今日はワイン会♪

みたいな違いがあるのでは,というネタがありましたが,
ほんとツイッターを見る限りは「まるで関係なし」の人が多いなと。

というか金曜日が半ドンになっても,
土曜日出勤だったら基本的に何の意味もないですものね。
それなら「月曜午前休み」のプレミアムマンデーの方が,
まだうれしい気がするのですがどうなのかなと。

んでも今回のプレミアムフライデーに関して,
ツイッターでつぶやかれている内容をみていると,
現在の消費マインドの冷え込みの闇はすごく深い気がしております。

外食の価格と価値の問題にも少しからみますが,最近の
「みんな安いものしか食べてくれない」という問題は,
不況と冨の分配の二分化などがからむ庶民の給与の減少に主原因がおかれ,
庶民の給与向上にもつながるような景気回復があればいいのに,
という視点の人がほとんどのような気がします。

「若者の○○離れ」っていうけど,若者はお金もってないからでしょ!
みたいな意見は結構あってそれも真実でしょうが,
それとはまた違う,「消費への誘導に絶対のせられてたまるか」
みたいな「構え」をもつ人が昔より増えた気がします。

「他者の策によって消費させられる」ことを「他発的消費」として,
「自分の意志によって消費を決める」ことを「自発的消費」とすると,
前者を拒否する傾向がすごく強くなってきているなあと言う気がします。

『んだからこそ,「この値段には理由があることを説明すれば!」
という意見は正しくて,それが自発的消費の誘導につながる
最善策であることも確かだと思うのですが,
それにも一筋縄でいかない面もあるかなあと。

20170222zenya3.jpg

なんというか,価格の理由を説明しようと能弁になればなるほど
「価格を納得させられようとしている」という作為感が高まってしまい,
「他者の作為への従属」への嫌悪が沸き上がって思考停止してしまう気がします。

「ボジョレヌーボー」「乾燥ポルチーニ」「恵方巻」あたりへの反発は
まあむべなるかなって感じかなと思うのですが,
「はいはい炎上マーケティングですよね」
「ミスによる大量注文解決へのご協力依頼商法も飽きたね」
あたりなどの宣伝行為全体への「恐怖」「嫌悪」的な生理的反応を
もたれ始めたのって結構最近のような気がするのですがどうなのかなと。

・・・・・・・・・・・・・。

今日は「価格と価値」の話とは関係なく書こうと思ったのですが,
自然と関係し始めてしまってその結果全くまとまりませんでした。・゜・(つД`)・゜・。
まあでもこうして思いついたことそのままブログにあげていくと
あとで自然とまとまり始めると思いますので挙げさせていただきました。

で,ここからが今日一番書きたかったことですが,
私自身は「プレミアム」という言葉から「プレミアムモルツ」しか
思い浮かべないモードになっておりますので,
プレモルよりかはエビスが好きなのでエビス買って帰るべ~♪と。

20170222zenya2.jpg

この貧乏性の私にエビス買わせる効果があったのですから,
意外や意外でプレミアムフライデーって続けていくと
面白い効果を今後生むかもなあと思うがどうでしょうね。
この記事のURL | 食ニ想フ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ