ひねもすのらりくらりかな

福岡在住です。 すろーなペースで食べ物,写真などについて書いてます。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

2017.08.19 Sat » 昔の博多っ子


あああネットがつながるってすばらしいことですね~♪

ということで,帰省先でもする予定だった「山笠関係の記事検索」を再開。

で,その作業の際に,山台苦さんが引用されていた夢野久作の文章に関心持って
ちょっと調べてみるとタイトルが『近世快人伝』の書籍の「篠崎仁三郎」の箇所で
全文が青空文庫で無料で読めることを発見しました。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000096/card2140.html

で,「博多っ子の資格」の箇所を読んで,15,16でそんなご乱行を…など思いつつ
ふと「でもその当時の15,16才って別に今より大人じゃないよね?」
と思ってその当時の平均身長を調べてみると…

http://www.suku-noppo.jp/data/average_height_transition.html

1925年の15才男子の平均身長155.2cm,16才で158.8cm,17才で160.6cm
とあるので,今で言う中学生くらいの体形だったわけだなあと。

でも,昔の人は身長はともかく体重はあってどっしりしていたのでは?
と思ってBMIの数値調べてみても現代のほうがどっしりしている模様。
(1925年の24才男性で21弱,現在で22程度)

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2182.html

なので,文章で読むとすごい豪快な人たちのイメージありますが
実際にはけっこう華奢なおつきあいだったのかもなあなどとも。

20170819kikyou.jpg

閑話休題

で,話を元に戻すと,今回検索して読んでいた記事がこちら。

遠城 明雄 1992 都市空間における「共同性」とその変容:1910~1930年代の福岡市博多部.人文地理 44(3), 341-365.

リンクたどるといきなり英文が出てきて面食らいますが
Full Text PDFのリンクを押せば日本語のpdf出るのでご安心を

で,これが1910~1930年頃の博多部の共同体の関係について
商工業の発展や消費活動などの経済面や
山笠などの祭と年齢階梯制などの面から包括的に説明していて
すごく勉強になるのですが,こうした学術的な文章ではみえてこない
同時代の「艶っぽい」側面を「篠崎仁三郎」から知ることができるのかなと。

20170819fuyou.jpg

で,学術的な文章だし量も多いので私の能力では把握しきれないのですが,
自分で理解できてちょっと面白いと思ったのが各流での経済状況の話。

今の私の勝手なイメージでは,『大所帯は千代,東,西流かなあ?』と思うのですが
当時一番大所帯でお金持ちだったのは大黒流だったようです。

で,明治末期に櫛田神社に寄付した金額や,昭和4年の各流の成人男性数などの
数値があって,それらの数値を簡単に表にまとめるとこんな感じかなと。

20170819kushidakifu.png

これだと,大黒流の人数が多いし寄付をするようなお金持ちも多いので,
一人頭の負担はそれほどきつくなく大きな貢献できているのがうかがえるかなと。

で,ふと思い出すと櫛田神社の拝殿の鈴って確か大黒流の名前が入っていて,
それ以外にも大黒流が寄付したものが多い気がするなあと。
これまであまりそんな視点で見てこなかったのでまた興味持ってみてみたいなと。

ほんとでも上で紹介した文章,もっと無茶苦茶一杯面白いこと紹介されているので,
私の冗長な文章をここまで読んでくださるような読書習慣ある方なら
きっと読み通せると思いますのでよろしければ是非是非と。
スポンサーサイト

2017.08.18 Fri » 思無邪のラーメンが最高!でした

20170818kagoshima.jpg

せっかく鹿児島中央まで出てきたのだからラーメン食べて帰るぞ!
と思って一番街商店街の1本線路側の道(ベル通り)を歩くと第一ラーメン店発見。

どんな感じのお店かなと外から眺めてみると,黒を基調とした店内に
木の素材をそのまま生かしたカウンターがダウンライトに照らされ
シンプルでシックな白と金属の什器が並ぶ奥に見える厨房には
黒シャツタオル腕組み系の若いイケメン店員がいるシャレオツ系・・・

20170818hayatomise.jpg

薩摩思無邪 隼人 住所:鹿児島市中央町21-14 (MAP) 
営業:平日11時~24時(日祝は21時) 公式HP http://shimuja.com/

20170818hayatomenu.jpg

ラーメンは,豚骨と鶏の「薩摩」,豚骨の「博多」,鶏の「隼人」から選べて,
値段はどれも同じ680円税込でお店のおすすめは「薩摩」だったのですが,
「ゴボウ天が載る」のが面白そうだと思って鶏の「隼人」に興味が湧きました。

んでもこんなインスタ映えしそうなお店は未だにブログがメインの
時代遅れな私にはついていけませんな~と思って
最初は素通りしてTHE昭和系食堂でちゃんぽんでも食べようと思ったのですが,
なんかでも脳裏に先ほど店先でみたラーメンの写真が浮かんできて
それがとてもおいしそうに感じたので意を決して引き返して入店してみました。

すると若いイケメン店員さんがさっとかごを足元に置いて
「荷物入れにお使いください」とにこやかにアドバイス。
「あ,ありがとうございます。」とぎこちなく答えて
カバンを荷物入れに入れるとすでに冷たいグリンち~がサーブされている…
そして前客のラーメンを作る姿をみていると,若いイケメン店員二人が,
どっちが主,どっちが従といった感じではなく代わる代わる
それぞれの仕事をさっささっさと器に施していくてきぱき職人芸を拝見できたので
若さへの嫉妬がするするほどけて心地よくなったところに自分のラーメン到着。

20170818hayatoramen.jpg

まずはスープを一口。

あっつあっつの鶏スープは雑味のないすっきりしたものだけど,
弱さはなく逆にはっきりしっかりとした存在感があって,
ぷくぷく浮いた鶏脂と合わさってコクを支えたり,
しゃくしゃく砕けた生玉ねぎと合わさって軽快さを伝えたり
モクモク薫味を帯びた焦がしねぎと合わさって香ばしさを醸したり,
決してその透明なすっきりさを失わないでいつつ
さまざまな味覚を水面にたたえ輝かせている感じですごく良かったです。

で,そんなスープの中にはどんな麺が控えているのか?
と期待しまくりで麺を引っ張り出すと…色は白っぽいけど
黒いプチプチが混ざるのでおそらく全粒粉の中細麺が出てきました。

で,食べてみると…全粒粉の麺にありがちな「もそもそ粉粉」感は皆無で,
むしろ表面はつるんとした食感で噛むと最初少しぷりんと抵抗するけど
噛み切りはするりと言った感じで全体的には軽快なのどごしで
けれども全粒粉だからかジャリ粉感なしなのに小麦感はある感じで最高でした。

そうした素性のいいスープと麺を擁した丼ですから,
どんなトッピングもその水面で自分らしく咲き誇れるようで
焦がし玉ねぎと合わさって更に薫味と甘さを加える叉焼に
生玉ねぎと合わさって更にさわやかさとさっぱりさを増すゆで鶏に
和風感を加えるゴボウ天としゃっくりかみ応えを加えるブラックマッペ,
そして薬味の面ですべてに絡んで調和感をだす刻みネギって感じで,
ほんといろんな具材それぞれが生き生きと個性を発揮できている感じで良かったです。

ちなみに鹿児島ラーメンの名物(?)らしき,「食前の漬け物」も
取り放題でちゃんとありますのでご安心を。

20170818takuwan.jpg

最近帰省に高速バスではなく新幹線を使うようになって
なかなか鹿児島中央に出る機会がなくなってしまったのですが,
とりあえず再度訪問して今度は薩摩を体験したいなあと。

20170818hayatotennnai.jpg

2017.08.17 Thu » まだ

鹿児島にいます。

新幹線の終電で帰ります。

20170817kagoshima.jpg

2017.08.16 Wed » 電波のつながり


もうほんと帰省先の電波がひどい…。・゚・(つД`)・゚・。

育ちの悪い人間なので布団にごろごろしてスマホいじるのですが、
頭を右に向けると電波が切れ、左に向けて手を頭より少し上に上げ
窓側に15度くらいの角度を維持しないと電波が切れる。・゚・(つД`)・゚・。

私の場合、言葉も知らなければ知識も浅いので
ブログ書くときはネットでちまちま調べるのが常なのですが
ネットが遅すぎるのでそんな気力が出てこないので
明日までブログの内容がいつもにましてサボりがちなのをお許しください。

まあでもその分近場をぶらぶらドライブして楽しめてるのも事実で、
今回初めて帰省先の図書館に行ってみたりもしました。

ど田舎の小さな自治体なので図書館自体も小さく、
OPAC用のパソコンにキーボードはついていないは
本の冊数は少なく古くて選書にも偏りあってなんだかなと思いますが、
想像以上に「郷土史関係」の資料は豊富で面白そうでした。
田んぼを散歩しているとあちこちにうずくまっている
「田の神」さまについて詳細にまとめた資料などは
ネットで利用できるのはわずかでその地の図書館などに
行ってこそのものだろうので、
このあたりの電子化をこそ司書の人に頑張って欲しいのですがどうなのかなと。

その後温泉に入りに行ったのですが、こんな風光明媚なところでも
携帯のアンテナ4Gで4本入るのに帰省先では。・゚・(つД`)・゚・。
20170816sunset.jpg

まあでもこれが「ネット断ち系のリゾートを堪能」
だと思って今宵もここまでにて。

2017.08.15 Tue » 人のつながり


今日は少し遠出して初めてのラーメンを食べて
絶景かつ格安の露天風呂に入っていざ帰宅!
というところで道を間違って走ってしまったため
1時間くらいロスしたため夜ご飯の前にブログ書く時間取れませんでした。

なので先日みた情景の1枚の写真でのお話。

地下鉄祇園駅周辺を歩いているとビルにめぐらされた
足場で人が縦に連なっていました。

よく見てみるとバケツリレー形式で上から物を受け渡して下ろしていて
その連係プレーの妙に見入ってしまっておりました。
20170815tunagari.jpg

お盆のこの時期、「世代のつながり」はすごく実感されますが、
それは「~代目なに兵衛」などとしての「なに兵衛」の維持再生産だとすると、
こうした人と人とがつながっての共同作業っていうのは、
そこに顕れた形と言うものが時と表現型を変えて繰り返されるわけなので、
そういう意味ではなんらかの「まだされてこなかった共同作業のしかた」
などを探ってみるのも意味のある活動なのかもしれないなあと。

一昨日昨日と飲みすぎたため、今日はあっさり早い時間に戻れるかもしれないので
今はこの状態でアップしておいてその後追記できるのを乞うご期待でございます。

まあ、これをアップできるネット環境があるかが一番の問題ですが…
戻ったらもう少しましな格安SIMを調べて再契約しないとなと。
09profile.gif

く~ねる

AUTHOR : く~ねる

福岡在住のおっさんです。
コメントは承認制ですが、
お店の誹謗中傷などなければ
なんでも表示されますので
コメントもらえるとうれしいです。
ツイッター: 三鯛@tukushitai

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif